« 夏の記憶④(2014年) | トップページ | 船着き場にて »

2014年8月26日 (火)

夏の記憶⑤(2014年)

8月△日
 化粧水がなくなり、買いに行く。
 こう書くと、なくなるやすたすた買いに出かけたようだが、そうではなかった。冷蔵庫の扉の化粧水置き場(通年ここが化粧水の定位置)に手をのばして、「あ、ないのだった」と一度ならず思い、二度ならず思い……、そうしてだんだんないことがあたりまえ、というくらいまでになっていた。
 夏場わたしは化粧水しかつけないので、困らないわけではない。そしてこの家の者たちは皆同じ化粧水を使うので、困りは、4人に及ぶ。ただ、娘たちは若い身空ゆえ、こっそり代用の何かを持っているらしかった。二女と三女は、あまり困っているふうでなかった。
 わたしはどうしていたかというと、試供品でまかなっていた。どうして試供品がこうもたまるものか、ひきだしの試供品を置くコーナーには、およそ1回か2回分入りの小袋が箱にならべてさしこんである。化粧水もあるが、化粧落とし、洗顔、美容液、シャンプー&コンディショナーのほか、わたしには何だかよくわからないものもある。夫はどうしていただろう。水をはたきつけていたのではないだろうか。
 そしてとうとう出先からの帰り道、思いだして(よくぞ思いだした)、いつもの店のいつもの化粧水の前に立った。やっとのことだ、と思った。買い置きを考えないのか、と尋ねられそうだが、それは考えない。東日本大震災を境に、買い置きに気持ちが向かなくなった、と云って説明がつくだろうか。モノを使いきってはじめて、つぎのモノをさがす暮らし方がしたくなった。買い置きしておいたモノに切れ目なく移ってゆく暮らし方ではなくて。
 さて、とうとう、つぎの化粧水の前に立ったわたしは、ふと、わき見をした。馴染んで使いつづけてきた化粧水のとなりに、同じ化粧水の「エイジングケア」版が立っているのを見て、ふらふらと、それをもとめた。エイジングケアということばにこころを摑(つか)まれるなど、どういうことかと思いつつも。
 帰って落ちついてレシートを見て、いつもの化粧水の3倍の値段であったことに気づくのである。
 わあああああっ。
「あ、あたらしい化粧水」
「エイジングケアだってさ。ま、いいか、使ってみようか」
 という二女と三女の云い交わす声が聞こえる。ぺたぺたと、遠慮なく顔から首にかけてはたきつけている。3倍の値段だとも知らずに。
30歳以下のひとがエイジングケアの化粧水を使うと、肌は日に3か月ずつ年をとります。30歳を超しているわたしは、日に3か月ずつ若くなってゆくけれども」
 と、声をかける(もちろんつくり話である。念のため)。
 若き(30歳に満たない)ふたりの女は、それを聞くなり「いやだー!」と叫んでいる。あれ、男の声が混じっている。夫の声。
 ――夫よ、これは常のものとは異なるものゆえ、たっぷりとは使いたもうな。
 数日後、いつもの化粧水をもとめてきて、冷蔵庫の扉の置き場に置く。エイジングケアの化粧水とならべて、置く。ほっとする。

 8月△日

 台所のシンクの上の小さな電灯が点かなくなった。
 点検の結果、専門家に修理を頼まなければならないことがわかった。仕方がないから天井の蛍光灯を点けてみると、どうにも落ちつかない。小さな灯りがあるくらいが具合よく、煌煌と照らされると気恥ずかしいような気がしてくるのであった。
 東日本大震災のあと、しばらくのあいだ、晩ごはんをろうそくの灯りで食べていたことを思いだした。そうだ、ろうそく。わたしは燭台をとり出してろうそくを置き、火を灯した。なんと小さく、なんとやさしい灯りだろうか。
 そして今夜、この灯りのもと、あたらしい料理が誕生した。冬瓜をチキンスープで煮て冷やし、カッテージチーズ(朝、ヨーグルトを火にかけ漉してつくっておいた)と味噌のソースを添えたもの。オリーブとアンチョビがあればタップナードソースをつくるところだが、どちらもなかったので味噌、オリーブオイル、ツナを合わせてソースとしてみた。
 煌煌とした台所では、この代用ソースは生まれなかった。……と思う。

8月△日

 8月もさいごの週になった。
 ああ、夏が行く。
 暑さのせいだろうか、仕事のはかどらぬわたしであった。けれどよく乗り切ったという思いも湧いて、はかどらなさも、汗だくの作業も、寝苦しさも、いまとなっては愛おしい。夏に浸りこんだこの身は、さやかにつぎの季節をとらえている。

Photo

この夏、百合に助けられた。
きらさぬように、飾りつづけた。
開花せずに蕾のまま落ちたりすると、
家のなかの誰かが弱っている合図のような気がして、
あわてて百合を買いに走ったりした。

化粧水はなかなか買わなかったというのに。

_1 

最初の写真は、居間の百合。
こちらは玄関。
百合は凛(りん)としてうつくしく、
あたりを浄化する力を持っているように思えた。
百合さんたち、夏のあいだ、
ほんとうにありがとう。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこ様

今日突然静かになりました。
何で?と思ったら蝉が鳴いていません、シーンです。

化粧水だけで過ごせるのってすごいです。
どれだけ少ないもので暮らせるかの実験をやった時に
化粧水だけをつけていたら
目じりがあかぎれみたいに切れて
そこに涙がしみこみ痛いのなんの。
まばたきをするので傷口はなかなかくっつかず、
とうとう皮膚科へ行って
お薬をもらったことがありました。
クリーム代を節約したつもりが
塗り薬というクリームに化けました、トホホ・・・

百合の姿と香りって好きです。
一緒に悼んでくれているような、
静かに支えてくれているような、
包容力を感じます。

投稿: ゆるりんりん | 2014年8月26日 (火) 19時54分

ふんちゃん皆様こんにちは。
私の夏は…とにかく気持ちが上手に
切り替えられたり未来の話をした夏でした。

さて、今の私の仕事の近況報告。
確認しているはずなのにミスの減りが滞ってきました。

今、ミスを減らす良い案を
模索しています。

この状況を乗り越えばきっと成長すると信じて

投稿: たまこ | 2014年8月26日 (火) 20時17分

ふみこさま、みなさま、こんばんは。
私も化粧水だけです。でも最近、皮膚がかゆくなることが増えて……何が原因か、貧血の薬を飲んでいることかもしれません。肝臓を疲労させるようなので。
高い化粧水を買った時にけちけち使っていいのか悪いのかと思った時のことを思い出しました。

夏場、百合は道端に咲いている時が多いのです!
もともとは誰かが植えたのかどうかは知らないのですが、郊外のアウトレットに向かう途中に、伏し目がちにたたずむ百合が、何本も見られます。
人工の小高い山?のようなところに生えていて、
連れて帰りたくもあり、その不思議な光景を見ていたくもありという様子です。

この夏の発見は、「自分の悲しみをきちんと認め、ゆるゆるともっていこう」ということでした。すこし気持ちがほっとしました。

投稿: おまき | 2014年8月26日 (火) 20時59分

ゆるりんりん さん

面の皮が厚いのか、
肌は頑丈です。
外側はわりと頑丈。

こころはどうかな。
もろい部分が、上等でない部分が
多多(!)あります。
そこへ、化粧水をたたきこんだり、
クリームをすりこんだりできるといいのですけれど。ね。

化粧水のはなし。
秋冬は、化粧水を休み(大好きなのに)、
いきなりクリーム1種類。
(青い缶に入った「二」の字の)。

投稿: ふみ虫 | 2014年8月27日 (水) 09時26分

たまこ さん

ミスも大事。
アインシュタインも平賀源内も
(今夏読んだのが、このふたりのことばだったので)、
失敗が大事であること、
ミスから得るものの価値について、
語っていました。

それをどう生かしてゆくか。
そこに何を見るか。
なのかもしれません。ね。

投稿: ふみ虫 | 2014年8月27日 (水) 09時33分

おまき さん

おまきさんのおたよりを読んで、
「認めなければ、変えることができない」
ということを思い返しました。

自分の悲しみ、弱さを認めてすすんでゆく。
これはわたしのいまの気持ちでもあります。
ともに、ゆるゆるゆきましょうね。
よろしくお願いします。

投稿: ふみ虫 | 2014年8月27日 (水) 09時36分

ふみ虫さま

百合の花、とても綺麗ですね。
贈り物によく選ぶ花のせいか
求めて自宅に飾る機会はあまり
ありませんでした。
時には我が家にも
百合の花を添えてあげたくなりました。

化粧水は高価なものは使いませんが、
お肌孝行には
つとめるようにしています。
わが身にもお花を添えて、
とまではいかないのですが。

心もなるべく水を切らさぬように
瑞々しくいたいものです♫


投稿: CITRON | 2014年8月27日 (水) 13時00分

ふみこさま こんにちは

途中、雷雨がありましたが、お祭りも無事に終わり、ほっと一息です。来年は当番なので、片付けながら来年のことを思いドキドキしていました。

冬瓜とは2、3年前に「初めまして」でした。店頭では見ていましたが、どう料理してよいのやらわからず、いただいてた時はどうしよう…と。干しエビのそうめんつゆで煮て、葛でとろみをつけて冷やしたら、とてもおいしかったです。今年も何度か買い求めました。そうして、今年は白いゴーヤをいただいて、家の者たちはゴーヤの苦さがダメなので、どうしようか?と思ったのですが、ゴーヤチャンプルーを作ってみたら苦みも少なくて好評でした。来年の緑のカーテンは白いゴーヤも植えようと思います。先に言ってしまったら却下されそうですが…。何事も構え過ぎるのが私の弱点です。もっと柔軟でありたいです。

百合の花、きれいですね。清浄な空気が伝わって来そうです。

投稿: あすちるべ | 2014年8月27日 (水) 15時20分

CITRON さん

百合で気をつけたいのは、
花粉です。
赤いのがつくと容易には落ちないので、
おそるおそる扱います。

百合をもとめてきたときの気持ちが、
なんだかね、いいんです。
泡立ったり、波立ったりする気持ちが
凪ぎ、澄んできます。

投稿: ふみ虫 | 2014年8月27日 (水) 17時05分

あすちるべ さん

冬瓜を大好きなんです。
このところ、毎日食べています。

スープ、煮もの。
トマト、にんにく、ベーコンと炒めて
パスタの「実」にするのも、おいしいです。
きょうは、味噌汁です。

ゴーヤは、この夏、
生のままわしわし食べました。
玉ねぎ(これも生)のスライスとともに、
サラダ、酢のものとして。
夏のはじめに友人におそわって、ほんとうに
ありがたかったと思います。

お祭りの当番!
そうか、来年はどきどきしながら、ね、ね。

投稿: ふみ虫 | 2014年8月27日 (水) 17時07分

ふみこ様
涼しくなりましたね。
冬瓜、パスタもできるのですね。お味噌汁に入れて食べていました。
お化粧の話、微笑ましいです。私も、夏は、化粧水だけで終わることが多いです。これから、夏の疲れが出るのでしょうか。
夏の終わり、、、少し寂しい気持ちになります。

投稿: ゆきたん | 2014年8月28日 (木) 15時51分

ゆきたん さん

急に涼しくなって(東京)、
わたしも、夏のうしろ姿をぼんやり、
せつなく見送っています。

きっと、また、忘れものを思いだして、
ちょっともどってくるような気がしますけれども。
いろいろなことを「わからせてくれた」夏でした。

ゆきたんさん、夏の疲れが出ませんように。


投稿: ふみ虫 | 2014年8月28日 (木) 18時20分

ふみこさん、こんばんは。

ゆり、私も好きです。
カサブランカに元気をもらっていた時期があったなぁ、と思い出しました。

そうそう、ゆりの花粉。
つぼみが少し緩んだ時(指で優しく開けるくらいの時)にとると簡単ですよ。まだ花粉が粉々していないため、なんと、直になま手(?)でスッスーと花粉をとれますよ~。

すでにご存知かもしれませんが、気持ちよくとれて、何だか得した気分(単純!)に私がなったので、おせっかいしちゃいますねー。


投稿: くみ | 2014年8月30日 (土) 01時26分

ふみこさん おはようございます

“「いやだー!」と叫んでいる。あれ、男の声が混じっている。夫の声。”
を読み 冷蔵庫の前でざわつく皆さんの姿を 思い浮かべながら
クククとなりました。
ふみこさん うちも 家族全員が同じ化粧水を使っています。
300円違いで美白タイプもあって いつも 少し迷います。
私以外は 皆 男。男で“美白”に抵抗を感じる昭和の私は
結局 いつもの “さっぱりタイプ”を選んで
小さな「家族思い」に 心の中で自画自賛です。

この夏 森の中で ちいさな ゆり(くるまゆり)を見つけました。
3日後に 行った時には そこにはもう無かった。
誰かが とって行ってしまったのでした。
ここで咲くから 良いのに ・・・残念です。

ふみこさん 8月も もう終わりですね
夏の疲れは出ていませんか。
朝起きたら 明けの明星が見えるようになりました。

投稿: えぞももんが | 2014年8月30日 (土) 06時28分

ふんちゃん
ご無沙汰しておりました。
実家の母が検査入院、手術、となり、ばたばたと日々を送っておりましたが、万事無事に落ち着きまして、ようやくこちらへ伺うことができました。
嬉しく、ほっとして、また、感謝しております。

百合の花、とってもうつくしいですね。居間のお写真の赤い水差しは、川崎のお祖父様お祖母様のものだったと、以前ご紹介くださったのを覚えています。その水差しもうつくしくて…白い百合が映えて素敵ですね。
まわりの空気を浄化してくれそうな、百合。お写真を拝見しているだけでも、わたしの心のなかのざわざわが、浄化されていくような…。

エイジングケアの化粧水をなんだかもとめてしまったふんちゃんに共感し、やっぱりいつもの化粧水も買ってきて、冷蔵庫に納めほっとするふんちゃんに、またまた共感す。
エイジングケア……わたくし、揺れております…。今日、8月31日、誕生日なんです。30代最後の一年が始まり…エイジングケアの化粧水とな…と響くものがありまして(((^^;)
でも。お肌に限らず、年齢を重ねていく自分の身体と心に耳を傾けて、たまにはちょっと贅沢なケアをしてあげるのも、わるくないと思うな…。

暑い夏が過ぎ去りつつありますね。
突然激しい雨が降ったかと思うと、また急に太陽が照りつけたりという不思議なお天気が続いていた今週。火曜日に、それはそれは見事な虹が出ました。青い空に大きな七色の橋が二重にかかっていて、何とも幻想的で思わず見とれてしまいました。息子が横で、「みっちゃん(わたしの母をこう呼ぶのです)が早く元気になりますように。」と願い事をしてくれていました。
暑い暑い夏が、残してくれた贈り物でした。

投稿: なこ | 2014年8月31日 (日) 05時13分

くみ さん

お返事おそくなりました。

百合のこと。
どうもありがとうございます。
いいことをおそわりました。
いま、うちの百合はすべて蕾なので、
それが緩むという瞬間を待っています。

睨まれていると思うのか、
なかなか咲かない……。

どうもありがとうございました。

投稿: ふみ虫 | 2014年8月31日 (日) 18時41分

えぞももんが さん

「家族思い」の感覚、
ちょっと自画自賛、
だいぶ思いこみ……かもしれないけれど、
支えですよね、わたしたちの。
あはははは。

明けの明星。
宵の明星。
日の出日の入りの前後しか見えない、
不思議な存在。

おんなじ星を見ているんだな。
札幌と武蔵野で。


投稿: ふみ虫 | 2014年8月31日 (日) 18時47分

なこ さん

お誕生日おめでとう!ございます。

お母さま、術後の経過もよく、
虹にも祝ってもらい、
王子さまのやさしいことばも聞けて。

すばらしいお誕生日ですね。

わたしもここから、
なこさんの愉快な1年と、
みっちゃんのご健康を祈りました。

ハッピーバースデイのうたも、
歌っちゃいました。
聞こえましたかー?


投稿: ふみ虫 | 2014年8月31日 (日) 18時52分

ふんちゃん

 百合の花~、私もだ~いすきです(*^。^*)
 実家の母が、植えていて、毎年束にしてくれるのですが、
 家に連れてくると何ともいい香りがします。
 深呼吸をして、香りを吸い込んだりしています。

 今週…、お母さんから言われたこともあり、ちょっと祈りの場所へ一人で行ってきました。久しぶりに子どもたちと離れた2泊3日でした。
 とっても静かに本を読むこともでき、ココロの洗濯をさせてもらえたような気持ちになりました。
 またちょっと、新鮮な気持ちで、暮らしていこうと思います。

 化粧品…、同じくらいの時期に私もふんちゃんと同じことをしていたみたいです。私も試供品でつないでいました。なので、今回のふんちゃんのお話を読ませていただいて、一人パソコンの前でくすくす笑ってしまいました^m^
 なんだかうれしかったのです(^^)

投稿: もも(^-^) | 2014年9月 1日 (月) 10時41分

もも(^-^) さん

ご実家の庭に、
お母さま丹精の百合があって……、
それが、「束になって」届く。

物語の一場面(ワンシーン)の
ようですね。

2泊3日のひとりの時間。
新鮮なももさんが、いま、そっと咲いているような?


投稿: ふみ虫 | 2014年9月 1日 (月) 12時44分

ふみ虫さま

朝夕、涼しくなりました。

昨年とは違い
早く秋がやってきたようです。

今日は夏野菜を
思いっきり料理して食卓に
ならべています。

ゆり、私も好きです。
白いゆり、笹ゆりがすきです。

投稿: 寧楽 | 2014年9月 1日 (月) 17時17分

寧楽 さん

夏野菜を思いっきり料理して。
しあわせな 寧楽さん!

その食卓に知らん顔して
坐っていたかった……。

きょう(2日)は暑くなったけれど、
もう秋の空、秋の風、
すっかり秋の佇まい。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月 2日 (火) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)