« 喋る・しゃべる・シャベル | トップページ | 河童と小松菜 »

2014年9月30日 (火)

ゴースト

 不意にゴーストはあらわれる。
 最近思うのだが、「幽霊」と呼ぶより、「亡霊」と呼ぶより、それはゴーストと呼ぶのがふさわしい。「お化け」は、もっとちがうようだ。

Qさんのやり方を、わたしは強引だと思うのです。ひとりでどんどんはなしを進めてゆく様子が、心配でならない」
 と、ある日でんわの向こうで、友人が云う。声につよいかたまりのようなものがあり、それはいまにも破裂しそうだ。破裂したら怒りが蔓延するだろう。どう受けとめたらよいのか。
 破裂を招かぬよう、静かに受け答えする。
「このたびのことは、Qさんが企画してくださったことで、口火を切るのはなかなかに大変だったと思います。Qさんはおひとりで進めようとは思っておられませんよ。そんな方ではありませんもの」
「ヤマモトさんがそう思われるのなら、あるいはそうなのかもしれません」
 そう云いながらも、友人の声にはまだかたいものがあった。わたしはでんわ口で数秒黙った。
「このつぎ集まるとき、皆で相談することにいたしましょう。きっとうまくゆきますよ」
 友人は、「そうですか。そうですね」と云って、いきなりでんわをしたりしてすまなかった、ということばをさいごに受話器を置いた。

 でんわの主の友人は、ふだんは朗らかなひとなのだ。それがなぜか、常とはちがう顔を見せた。ゴーストにのっとられたな、とわたしは思った。

 よく知る人物が、とつぜん様変わりする。
 ある思いにからめとられた頑固な……ゴーストに変身する。よく知る人物のなかには、自分自身も含まれており、みずからのゴースト化に気づくときほど、やっかいなこともない。
 ゴーストはときどきあらわれて、ひとを驚かすが、驚き過ぎてはいけない(と思う)。ゴーストをしげしげと観察したり、就中(なかんずく)かまうのなんかは相手の思うつぼであろう。ふだんの……、いつもの……、ゴースト化する以前のそのひとをぼんやり思っていればいい。そうだ、ぼんやり。
 ゴーストは相手を脅かしたいのであり、相手に腰を抜かさせたいのであり、大騒ぎさせたいのだ。ぼんやりなどは、気に入らないはずだ。
 でんわの友人につぎに会うのは来週だが、おそらく、そのときにはゴーストは去っていよう。わたしも、でんわのことなどなかった顔で、友人ともQさんとも、仲間たちともよくよくはなしをしようと思う。

 ときどきゴースト化するみずからとも、同じようにぼんやりと相対(あいたい)したい。自分のこととなるとつい向きになり、ゴーストに向かって、あるいはますますゴースト化し、まわりの誰かと闘う構えになったりする。

「また出たか」と気づいたら、ぼんやり、そしてとろけるように優しく声をかけてやろう。
「まあ、ゆっくりしてゆきなさいな」
 ゴースト化するのは、さびしいこころなのだからね。


Photo
先週、山を歩いてきました。

まだ青い、ちっちゃなどんぐりが落ちていました。
どんぐりたちに合って、なんだか無性に励まされました。
どんぐりの未来と、わたしたち「ヒト」の未来が
重なっているといいなあと思いました。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

ゴースト可愛いらしいたとえですね。
私もなんだかゴーストに乗っとられている
この頃。笑


私のは
なんでも自分のせいおばけです。

なんだか友人との会話が減った嫌われた
仕事がうまくいかない自分のせい、と。

でもでもそんな苦しいときに
いい言葉に出会うものなんですよね。


*環境や状況が変わったのは成長の証。
*人格を否定されてるのではなく
仕事のやり方を注意されてるだけ。


ふんちゃんも環境や状況が変わって
落ち込んだことはありましたか?

投稿: たまこ | 2014年9月30日 (火) 12時18分

ふみこ様
どんな気持ちにも
頂点があることを覚えておくと便利だと
言ってもらったことがあります。
怒りにも、悲しみにも、嫉妬にも、喜びにも。
そのうちゆるやかなカーブを描いて落ち着くからと。
頂点にいる時には
何かを決断するのも、
何かを表現するのも控えた方がいいことも。
昔、学生時代、
寮で生活をしていた時の先輩からの教えです。
それからカーッとなった時は
「今わたしマックスね」
と眺めることができるようになりました。
人のゴーストにまき込まれることも激減。
自分とも人とも気持ちよくつき合いたいです。

投稿: ゆるりんりん | 2014年9月30日 (火) 17時16分

たまこ さん

落ち込むというより、
げんなりします。
くたびれて萎む感じでしょうか。

自分に対しても、
状況に対しても。

「なりゆき」で歩いてきたわたしですが、
もう、思いがけないことばっかり。
成長しているかどうかはわかりませんが、
「信」は深まり、
「新」が胸に置かれています、いつも。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月30日 (火) 22時49分

ゆるりんりん さん

「頂点」。
このことばに、救われるお仲間が
きっとたくさん在ることと思います。

どうもありがとうございます。

わたしは、ときどき、
ひとの、そして自分のゴーストに逢います。
まだまだだなあ。
でも……。
ゴーストもときに、愛しくて。
えへへ。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月30日 (火) 22時53分

ふみさま、みなさまこんばんは。
只今深夜1時20分

毎年10月中旬に仕事の集大成である発表会を開くおきょうさんにとって9月中旬から当日まではまさに師走。

ゴースト、たくさん出現中!!(笑)

でも、ゴーストってたまこさんもおっしゃっていますが何かかわいい表現。

私は昔の映画ゴーストバスターズを思い出しちゃいました。
あの映画のマークみたいな、はたまた映画にでてくる最強のゴースト、マシュマロマンみたいなゴ―ストだったらとりつかれちゃってもいいかな・・・。
まいにち同じ自分より、波があって若返りそう(笑)

そして只今ふみさまやみなさまがゴーストバスターズになってくれております。

どうしょうもなく落ち込んだり、つかれたり、やる気でなかったり、怒りっぽかったり、逃げたかったり・・・・
そんな私にしゅ~~って消化器を使うように、お優しい言葉のシャワーでゴーストバスターしてくださってます。

がんばるぞっ

投稿: おきょうさん | 2014年10月 2日 (木) 01時30分

おきょうさん さん

ゴーストバスターズね、
あれは愉快な映画です。
細部を忘れてる……また観たいです。

とりつかれた「ひと」(あるいは自分)を見て、
いつもの「そのひと」(あるいは自分)の有り様(よう)を
忘れて、すぐと非難したり、
もっとわるくすると許さない姿勢をとったり。
わたしは、それが悲しいです。

いま……、
一時(いっとき)のゴースト化、
一度の失敗をに厳しくなっていて。
それが何を生むかと云うと、
失敗をしたくない空気です。
失敗しないように縮こまっていやしないか、
いまのわたしたち。

失敗がどんなに大事なものをひとにおしえ、
いいもんを生みだすか、忘れたのか、わたしたち。

そんな気持ち。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月 2日 (木) 08時25分

ふみこさま おはようございます。

ゴーストに時々のっとられます。後から考えると、何故あの時あんなことを言ったのか、あんなことをしたのかと…。まさしく憑りつかれてしまったみたいです。そうしてそういう混乱の中、何かを失くしてしまうのです。あるいはそんな時、思い切って処分して、後で後悔してしまいます。

実は、最近、ゴーストさんがお越しになられてました。少しのことできりきりしてる自分が…。そうしてそんな中、今回は圧力鍋の錘が行方不明中です。見つけださないと牛すじと大根が炊けない…。

昨日は、時間ができたので、前から行きたかった神社にお参りして、移動の電車で、初めてダブルデッカーの下段に乗り(私、電車も好きみたいです)、大阪のキタで迷いに迷い(ニュースでは見ていましたが、初めてのビルばかり…)、最後に好きなバンドのライブに行ってきました。
日常から少し離れてみると、ここのところ自分は、どうにかしていたなぁと思うのです。

ゆるりんりんさんの「頂点」という言葉、覚えていようと思います。やさしい気持ちでゴーストと付き合えるようになろう…。

投稿: あすちるべ | 2014年10月 2日 (木) 10時08分

あすちるべ さん

あすちるべさんでも、そんなことが。
だから、ゴーストは注目しちゃいけないのだわ。
ゴーストは、本来のあすちるべさんとは、
別の次元の存在です。

圧力鍋の錘は、どこへいったのでしょう。
ほら、お箸を仕舞うひきだしのなか。
もしかしたら、印鑑の置き場所。
洗面所のかごのなか。
(みつかって、牛すじと大根の炊いたんが
食べられますように)。

「ここのところ自分は、どうにかしていたなあ」と
気づける非日常のひとときを過ごすことも大事なんですね。
わたしも、ちょっと、出かけてみよう。
迷子になったり、寄り道しながら。


投稿: ふみ虫 | 2014年10月 2日 (木) 13時11分

ふんちゃん

 ゴースト…。
 頂点…。
 なるほどなぁ…です。

 そんなことにならないように、「人のふりみて我がふり直せ」なんだよなぁと日頃は、思うように心がけているつもりだけれど、
 家族に対しては、ゴーストになっちゃうことがあるんだよなぁと思いました。

 家で私がゴースト化すると、「あ、今日、ママ機嫌悪い」とか「疲れてるんだな…」とか言われているような…。
 自分がゴーストに乗っ取られてしまう時は、反省…だけれど、
 私の周りのお人がゴーストに乗っ取られてる…と感じる時、
 私は、そのお人にどんな風にできるだろう?と考えていました。
 何かをしてやろうではなくって、どんな風に付き合ったらいいのだろうかと…。
 たゆたゆと、「ありゃ、ゴーストに乗っ取られてしまったんだわ」と、少し距離を置いて、待っているといいのかなぁ。
 ゴーストということばのおかげで、それができそうな気がしてきました。
 名前をつけてもらえたことで、なんだか、こちらまでキリキリせずに見守っていられるような…そんな気持ちがしてきました。
 今、一緒の職場のお人が、たぶんゴーストに乗っ取られています。
 巻き込まれないように…、私も浮いたり沈んだりしていました…。
 ゴーストって名前をつけてくれたおかげで、ちょっと愉しくやり過ごせそう(*^。^*)
 ふんちゃんって、愉しくなるような名前をつける天才です!(^^♪
 おかげで、愉しくなっちゃうことが、今までもた~くさんありました。
 ありがとうございます(^^) 

投稿: もも(^-^) | 2014年10月 4日 (土) 06時24分

ふみこさん おはよございます

ふみこさんの 「でんわのことなどなかった顔で、
友人ともQさんとも、仲間たちともよくよくはなしをしようと思う。」
の言葉で 他のゴーストも姿を現さずに済んだと思いました。

なにか心にひっかかることがある時は
その人に 直接 言ってみる(理由を聞いてみる)のが
一番だと そう思っています。
それには勇気がいって、何度か心の中で言葉を考えているうちに
たいてい 気持ちがおさまって行く。
他の人に 気持ちのひっかかりを言ってしまうと 言葉が一人歩きを始めて
「あのひとがね・・・」となってしまうことが多くて
本当のお化けになってしまって たいへんですね。
ふみこさんの 言葉で 何人かゴースト退治できた気がします。

ふみこさん 今朝は冷たい雨が降っています。
秋はひと雨ごとに一度 気温が下がると聞きました
昨日も 今日も雨なので 2℃下がるのだろうか・・・と
単純計算をしています。
そろそろ あの虫 雪虫が飛び始める頃です
「ほれ  これこれ この虫!!」と ふみこさんに
教えてあげたいです。
そして 電話のお友達にも。そうしたら 小さなゴーストはどこかに行きそうです。

投稿: えぞももんが | 2014年10月 4日 (土) 06時39分

ふみ虫さま

大人になるほど
ゴーストの心が増えるのかな?!

小さな誤解が重なることが
その気持ちを生むのかな?!

自分のなかのゴーストと
うまくつきあいながら
すすもうと思います。


投稿: 寧楽 | 2014年10月 4日 (土) 09時09分

もも(^-^)さん

ゴーストは、本来の姿ではない。
それを信じるか、信じないか。
そこに、人間関係の分かれ道があるような
気がしています。

待ったり、待ってもらったり。
許してもらったり、許したり。

ね。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月 4日 (土) 23時21分

ふんちゃん

「ゴースト」は「不意に」現れる。
そうなんです、「不意に」わが身がゴースト化していて、気付けずにいたこともありました…。
そして、そんなわたしを、知らないうちに誰かに許して(見逃して?)もらっていたこともあったに違いない。
あれこれ、思い当たると同時に、そういう(ゴースト化しつつある)とき、電話のご友人にとってのふんちゃんのような、頼もしい聞き手がいてくれる幸運というものについても考えさせられました。…自分もそんな聞き手でいられるだろうか、正直なところ、ゴースト化に同調して増幅させてしまったことも少なくないかもしれない。

すると、「ぼんやり」。
…このふんちゃんの表現が、自分にとって、これから、重要な、キーワードになりそうだと感じられ、今週ずっとこころに残っていました。

じぶんを含め、ひとのゴースト化を、「ぼんやり」、受けとめる…?
いいとか悪いとか、白黒はっきりさせることにこだわり過ぎないで、
ゴースト化したすがたを、その全てだと思ってしまわないように、ぼんやりと、受け止める。
決していいかげんに接しているわけじゃなくて、ひとを尊重するからこその「ぼんやり」なのかな。

この「ぼんやり」を心掛けることで、わたしの発する言葉や、行動も、ちょっと変えられるかも知れないと、気持ちが明るくなりました。


投稿: なこ | 2014年10月 4日 (土) 23時25分

えぞももんが さん

このたびのはなし、じつは少し前のことなのです。
でんわのあと、友人に会ったとき、
ゴーストは、きれいさっぱり消え去っており、
そのときわたしは思いました。

一時(いっとき)ゴーストになってわたしに
打ち明けることが友人には必要だったのだ、と。
そうしてくれたことを、友としてうれしくも
誇らしくも思ったのです。

雪虫!?
「ムーミン谷」にもいる、あの?


投稿: ふみ虫 | 2014年10月 4日 (土) 23時28分

寧楽 さん

ゴーストは、必要があって、
生まれるのだろうな。ね。

大騒ぎせず、ゴーストをそっと
見守ることも、大人の道なのかもしれません。
(自分のゴーストが、いちばん
やっかいです。見守りきれないからです)。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月 4日 (土) 23時30分

なこ さん

この数か月、
「ぼんやり」について、考えつづけているのです。
なこさんが「ぼんやり」をキーワードとして
位置づけてくださったこと、うれしくてうれしくて。

いろんな場面の、いろんな「ぼんやり」があると思いますし、
「ぼんやり」していちゃいけないこともあるのでしょうけれど、
それでもなお、わたしは「ぼんやり」を愛しく思いおます。
「ぼんやり」からは、うつくしいもの、
やさしいものが生まれます。
そう信じているんです。

ありがとうございました。
わたしも、こころが明るくなりました。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月 4日 (土) 23時35分

ふみこ様
おはようございます。肌寒い朝です。
今朝まで、レポートに取り組んでいて、布団の中でゴロゴロしています

この3ヶ月間、ゴーストに苦しんできました。
相手のゴーストぶりをボンヤリみれたら、よかったかもしれませんが、
ゴーストが発する言葉に心が萎縮してしまい、自分が自分じゃなかったです。
ゴーストは、破壊力があり苦しかったです。
あと数日で、ゴーストと直接関わる時間は、なくなります。
ゴーストという表現にすれば、ゴーストに苦しんだ日々も、私の人生の中のプチドラマみたいにできそうです。
自分がゴーストにならないことを、今回の学びにします。

ちょうど、ふみこさんに、この数ヵ月の出来事を報告して、次のステップに行こうと思っていました。
ゴーストは、時に、相手の心を破壊していきます。
私が、そういうゴーストにならないことをここで、誓います。
 

投稿: ゆきたん | 2014年10月 5日 (日) 08時21分

ゆきたん さん

一時的にゴーストになるのは仕方ないとしても、
破壊、攻撃、いぢめ……、
こんなのをまとって暴れるゴーストに
ならないように。
お互い誓いましょう。

このたびゴーストに苦しめられた
ゆきたんさんの日日は、きっと、
今後の人生に生かされることでしょう。

時として……
弱いひとは吠えます。
自信を失ったひとは、狂暴になります。
自分を認めることを忘れたひとは、
ひとを責めます。

そうなってしまった「こころ」を
みつめなおす余裕とは、どこからどんなふうに
生まれるだろう……。
ゴースト化した自分のため、
ゴースト化した誰かのため、
できることひとつでも
みつけられたらうれしいのですけれど。ね。

数日間、もうひと学び、
がんばれがんばれ。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月 5日 (日) 11時33分

ふみこ様

涙が出てきました。
この研修は、教える立場の人間が受けている研修です。
私は、教える立場になっても、人として一緒に生きたいなと思いました。
絶対に上から威圧したり、攻撃しないようにします。

意見が言えなかったり、勉強についていけなかったり、、
そんな弱っている時に、言葉一つで、人は心を閉ざしたり、前向きになれたりします。

学ばなくては、いけなかったのだと思いました。
私が、これからの人生で、必ず必要になる学びだったのだと思いました。

投稿: ゆきたん | 2014年10月 5日 (日) 14時01分

ふんちゃん

 そうなんです…。
 前回、ふんちゃんにメッセージを書いていて、そう感じていました…。
 ゴーストにのっとられた!と思うことは、
 本来の相手ではなくって、ゴーストの仕業なのだと、
 相手の本質を信じることにつながるんだなぁと。
 それは、私も…。

 本当は…どうなのか…分かりません…。
 でもね、でもね…、
 私は、信じていたいなぁと思ったのです。
 本当は、ちがうんだよね…って。
 たびたび、すみません…(^^;)
 何度も…、ありがとうございますm(__)m

投稿: もも(^_^) | 2014年10月 5日 (日) 15時23分

ゆきたん さん

おたよりを読ませていただいて、
一方的に「おしえる」立場のひとなんか、
決して存在しない。
ひとは、
「学びながら」おしえ、
おしえながら「学ぶ」のだと
気づかせてもらいました。

ありがとうありがとう。

学びの場は、気づきのキャッチボールができることが
前提で成り立つんだなあ。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月 5日 (日) 16時29分

もも(^_^)さん

たしかになかなかにしぶとい「ゴースト」も
存在します。
が、ゴーストになったみずからに
気づけずゴーストのままでいつづける存在は、
どう考えても悲しいです。
気づいて本来の姿に戻れるように、
ぼんやりと傍らに立ち、
祈ることしかできないかもしれない。
責め立てたり、
何かを突きつけたりするのではなく、ね。

戻る道って、簡単じゃないです。
戻りにくく、恥ずかしくもあり、
プライドや自信損傷する場合もある……。
ゴーストでいるほうがめんどうでなくなっていたりね。

ももちゃん、
「ほんとうは……どうなのか……わからない」
というその気持ち、よくわかるつもりです。
しぶとくても、頑固でも、
ゴーストはゴースト。
ずっとそのままではいられないはずなんです。

ぼんやり立ってよう(待ってよう)……と、思います。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月 5日 (日) 16時37分

ふみこさま みなさま

こんにちは。

ゴースト・・・。はいはい。
わたしも実はしょっちゅう乗っ取られています。
乗っ取られている時には、自分では気が付かなくて、
後から気づいて「とほほ・・・」となります。
またやっちまったなぁ~と。
でも、この、後からでも気づくことが大切ですよね。きっと。
たとえ、同じ過ちを繰り返したとしても。

「ぼんやり」。
実は母の癌のこと、ぼんやりと受け止めました。
2度目だったから、それができたのかもしれません。
(1度目は29年前の乳がん。わたしは高2でした)
先週、無事に手術が終わり、来週中には退院できそうです。

これからの事を考えると少しだけ不安になりますが、
こちらもぼんやりと思う程度にして、のんびりいきたいと思います。
なんとかなるさー。

投稿: みぃ。 | 2014年10月 6日 (月) 14時54分

みぃ。さん

みぃ。さんも、ゴーストにね。
……安心したりして。

ゴースト登場は、
怒り、疲労、不信(疑心)、不安、そしてさびしさが
きっかけになりますか。
「快適」ばかりもとめているときも、
ゴーストにねらわれます。

「ぼんやり」好きのわたしとしては、
みぃ。さんの決心、たのもしくもまぶしい……。

なんとかなるさー。


投稿: ふみ虫 | 2014年10月 6日 (月) 18時04分

ふみこ様
教育とは何かと問われたら、一緒に生きることと答えます。
相手も同じ人間で、かけがえのない存在です。
同じ人間同士、同じ場所で、同じ時間を一緒に過ごします。
かけがえのない存在であること、忘れてはならないと思います。

明日一日、穏やかに過ごします。

このブログに、いつも救われています。

投稿: ゆきたん | 2014年10月 6日 (月) 21時33分

ゆきたん さん

ひと同士のことでは、わたし、
「一緒に困る」っていうのがいいなと
思ってます。

一緒に生きて、一緒に困ろう。ね。

わたしも、明日は穏やかに穏やかに
過ごそう……約束ね。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月 6日 (月) 22時45分

ふみこ様
ありがとうございます。
一緒に困ってもらえる。心強いです。

約束します。
穏やかに過ごします。

投稿: ゆきたん | 2014年10月 6日 (月) 23時05分

ゆきたん さん

おはよう!ございます。

いい日になりそう(予感)。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月 7日 (火) 07時15分

ふみこ様
おはようございます。
いい日になりますように。
応援ありがとうございます。

投稿: ゆきたん | 2014年10月 7日 (火) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)