« わたしはタフではありません | トップページ | ゴースト »

2014年9月23日 (火)

喋る・しゃべる・シャベル

 読んだり、書いたり。
 書いたり、読んだり。

 掃いたり、拭いたり。
 拭いたり、掃いたり。

 洗ったり、切ったり。
 切ったり、洗ったり。

 靴を履いたり、脱いだり。
 脱いだ靴を、また履いたり。

 火をカチッとつけたり、カチッと消したり。
 電気をパチンとつけたり、パチンと消したり。

 開けたり、閉めたり。
 閉めたり、開けたり。

 目を開けたり、目を閉じたり。
 目を閉じたり、目を……。

 ひとり暮らしをしている長女が、9月の連休1日めの昼ごろにやってきて、「3日間、ここで過ごします」と云った。わたしは「どうぞどうぞ」と云い、はりきってオムレツを焼いた。ぱりっと焼いたバゲットとオムレツ、フリルレタスとにんじん、アーモンドのサラダ、冬瓜のスープ。りんご、バナナ、ぶどう。
 昼の食卓をはさんで……、わたしの口はいきなり発射を開始する。ことば。ことばはするする出てきて、あとからあとから出てきて、止まらない。
「喋る、喋るね、お母さん」
 と長女に云われて、初めて止まる。

 わたしは喋りたかった。
 そうだ、このところ、喋っていなかった。

 喋る相手がいなかったわけでない。喋り忘れていたみたい。

 読んだり、書いたりしているときはさすがに黙っているが、そのことから離れてもまだ、頭のなかで読みつづけ、書きつづけていた。そのままずっと、口を利かずに黙黙と掃いたり拭いたり、洗ったり切ったり、靴を履いて出かけたり。帰ってきて靴を脱いで、カチッとやったりパチンとやるときも、黙っていた。
 ああ、そう云えば。
 2週間前のことだった。夫が撮影の旅に出かける前の前の明け方だ。ふと目を覚まして、延延ひとりで喋りつづけた。寝ている夫に向かってなのか、自分に向かってなのかわからなかったが、喋って喋って、とうとう1時間半喋りつづけた。
 そのときには気がつかなかったが、わたしは喋りたかった。

 連休
1日め、同じ部屋で仕事をしながら長女とわたしは、喋っている。機関銃みたいに(喋りまくった)、と書きそうになったが、それは撤回。機関銃から弾丸が連続して発射されるところなど見たことはないし、これから先も決して見たくはないからね。仕事をしながら喋ったというのもまちがいで、喋りながら、それぞれのパソコンに向かっていた。学校や会社だったら、せんせいや上司に「コラコラオマエタチ」と叱られたことだろう。
 2日めはふたりで自転車に乗って、母の家に行って、喋った。3人で手をつないで最寄り駅近くの見晴らしのいい食堂(ビルの5階)まで歩き、昼ごはんを食べながら喋った。感心したのは、母が興味のないことには「乗ってこない」ところだ。喋りたいことだけを口が話し、興味のあることだけを耳が聞いている。そんな感じ。わたしが長女を生んだときのはなしをしているのに、いつの間にか母がわたしを生んだときのはなしにすり替わっているのもおもしろかった。
 3日めは、午前ちゅう黙ってそれぞれ仕事をし、午後吉祥寺にてくてく出かけた。登山用品の店、籠の店、雑貨店をまわり、そのあいだも喋る、喋る。お店のひととも、喋る。帰ってから前の日、母にねだって買ってもらった鰻の蒲焼きをご飯にのせて食べる。玉ねぎとかき玉の味噌汁、青菜炒め、かまぼこ、山形の玉こんにゃく、きゅうりと茄子のぬか漬けも、卓にならべた。
 午後8時半、長女帰る。

 あー、喋った喋った。

 塞(ふさ)がっていたものが、開通す。ばんざい。

Photo

籠の店で長女がもとめた籠。
青森からやってきた、ほんとはりんごを入れる
籠だそうです。
丈夫で、うつくしい籠。
うらやましくなりました。

野菜を入れて使うとのこと。

Photo_2 

ひとり暮らしの母のもとに、
ときどきファクスを入れます。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん、みなさま。

昨日から、快晴であたたかいです。
暑いくらいです。

そうか、そうだったと、今回のものを読み、気づかされました。
しばらく、お喋りしていないな。
お喋りしたいな。
お喋りしていないこと自体、忘れていました。
目的もなく、用もなく、はなすということ。
したいですね。

投稿: 佐々木広治 | 2014年9月23日 (火) 12時05分

ふんちゃん皆様こんにちは。

ああ、今日はいつにも増して
温もりに溢れたブログですね。


前回はぐちをこぼしてすみません。
仕事で失敗して落ちこんでいたのです。

仕事をする上で生きる上で
大切にしてる事は、受け入れる
ということ。


ただし受け入れすぎて
なんでも自分のせいにしてしまいがちですが笑


先輩のアドバイスを受け入れ
精進します

投稿: たまこ | 2014年9月23日 (火) 12時54分

ふんちゃん、みなさま、こんにちは。

とっても上機嫌のおてんきだったのに、あしたからの台風の気配か、
すこし曇ってきました。
ほんとうに気持ちのよい季節。
おしゃべりするとき、って上機嫌ですよね。
なんだか楽しさが伝わってきて、今日は家にはひとりなのでおしゃべりする相手はいないのですが、独り言言いそうになってきましたぞ。

開通す、っていうのが、またよかったなあ。
しゃべったり、拭いたり、洗ったり、刻んだり。
そして、塞がっていたものが開通す、ってリズム、ありがたいです。

投稿: rantana | 2014年9月23日 (火) 15時01分

先週末はひとり暮らしの母が、我が家に泊まりに来て、
その翌日は母と家族三人そろって、お墓参りに行ってきました。

その一泊二日の間に、いつもはひとり暮らしの母としゃべる、しゃべる、しゃべる。
母が寝ると言って布団に入ってからも、また二人であれやこれやしゃべりだすと、
あっという間に一時間!

私が生まれたころの50年前の話も、
つい昨日の話も、
自由自在に、話題がポンポン飛ぶのが気持ち良かったです。

投稿: マドレーヌ | 2014年9月23日 (火) 15時33分

ふみこ様

読みながら笑ってしまいました。
だって数日前のうちの光景と同じなんですもの。
久しぶりに帰省した娘と
寝ている時と息を吸っている時以外は
ずうっとしゃべっていました。
わたしはこうやって時々
言霊(ことだま)のエネルギーに助けてもらいます。
テレビ、ラジオ、本からの言葉ではだめで
いい気持ちの人との言葉のやりとり、
目と耳と口が同時進行の波に身を置くこと、
それがないと生きた心地がしなくなることがあります。
だから娘をはじめ友人たちと時々会ってしゃべります。
いい気持ちの人との言霊には浄化作用があると
昔から信じています。(思い込みとも言います)

投稿: ゆるりんりん | 2014年9月24日 (水) 08時14分

佐々木広治 さん

広治さんと同じで、
「喋り」出すまで気づかなかったのです。
喋りたがっていたことに。

喋れる相手には、感謝したいです。
喋れる相手に、わたしもなれるように。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月24日 (水) 09時51分

たまこ さん

たまこさんの若さで、
「受け入れる」決心をしていること、
「受け入れる」むずかしさを実感していること、
とてもとてもすごい!

この場に集う年上の仲間たちは、
みんなそう思っていることでしょう。
応援しています。
きっとダイジョウブ。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月24日 (水) 09時54分

rantana さん

そちらの「ひとりごと」、
受けとめまする。
こちらのも、お願い。

佳い日にしましょう。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月24日 (水) 09時55分

マドレーヌさん

そうでしたか。
マドレーヌさんも、時空を超えて
お母さまと旅しておられたんですね。

タイムマシーンとか、
時間旅行とかいうけれど、
あっという間に「過去」に飛んで行ける。
ひとって、記憶って、思い出って、いいね。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月24日 (水) 09時58分

ゆるりんりん さん

「言霊のエネルギー」。
わたしも、それを信じています。
「言霊のエネルギー」は、ひととひとの
あいだでやりとりされるとき、さらに力を発揮しますね。
それを、実感しました。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月24日 (水) 10時00分

ふみ虫さま

こんにちは
毎日過ごしやすいですね。

「喋る」こと、気付かせていただきました。
必要以外のたわいないお喋りをたっぷりしたいと
思いました。
普段、思いのほか聞き役にまわっていることが多いようで、
また、一人で思いめぐらす、ことが好きなようです。

家族でいても、それぞれがiphoneを見つめていたりもします。
すこし寂しいですね。
いつもは連絡待ちの私ですが、
こちらから話しかけてみようかな、と思います。

お嬢さんやお母様との時間、宝物ですね。

投稿: CITRON | 2014年9月24日 (水) 13時32分

CITRON さん

「会話」、「喋る」を
こんなにももとめていたのかと、
驚きました。
不足しているとも思っていなかったし、
いつもかなり「喋って」いるつもりでした。

でも、考えてみると、
このところ、
自分自身と(声に出さず)喋っていたかもしれない。

云い聞かせる。
励ます。
たしかめる。

余裕を失っていたかもしれないな、と。

「喋る」を考えたことで救われました。


投稿: ふみ虫 | 2014年9月24日 (水) 18時08分

窓外で、ヒヨドリとすずめ、名残りのセミ、はたまた虫の声が
協演しています。
不思議な季節です。
水曜日の夜に、青い目の子供が二人、遊びに来ました。
英語と日本語を状況に合わせて使っているようです。
「喋る」ことが、とても楽しい様子。
妙な関西弁まで登場します。
「喋りたいこと」が、たくさんあるのは愉快だなぁ、と思います。
途中から加わった5ケ月児も、つられて喃語で参加。
言葉は繋がって、広がって・・・やっぱり愉快。
  その後、私は「げんこつ山のたぬきさん」を数十回歌いました。
  気に入ったようです。
黙っていても伝わる言葉は、それまでの「お喋り」の賜物なのでしょうね。

投稿: どりす | 2014年9月26日 (金) 12時53分

ふんちゃん

 ここのところ、ドタバタ…ドタバタ…、ドタバタ…
 でした…。
 ふんちゃんのところへ来ては、ふんちゃんや皆さまのお話を読ませていただいて、栄養を補給して、またドタバタ…。
 何がってわけではないです。
 特別何か大きなことがあるわけでもなく…。
 毎日が、ドタバタ…。
 ただ、長くパソコンの前に座るということができずにいました。

 そして、ふんちゃんのリズミカルな文章に触れて、
 心が軽くなった感じがしました。
 重たさを感じてたわけではないのに、気持ちがすーっとしたんです。
 ありがとうございます(^-^)

 母と私も、娘と私も、よくしゃべります。
 止まらない時もあったりして…。
 そして、夫ともよくしゃべります。子どもたちがあきれるほどしゃべります。
 よくしゃべる夫に感謝をしています…改めて…(^^♪
 今度、いつかふんちゃん、皆さんともたくさんしゃべってみた~い(^^)

 北海道は、すっかり秋の風です。秋の野菜がおいしいです
(^u^)

投稿: もも(^-^) | 2014年9月26日 (金) 16時01分

どりす さん

「喋る」にも、
いろいろあるのだなー。

わたしのこのたびの「喋る」は、
ちょっとぎりぎりの「喋る」だったけれども、
これからは、自分のことを少しわかって、
少し労って、「喋らせて」やらなくちゃ。

そしていつか、
黙っていても伝わることばを、
わかるようになりたい。


投稿: ふみ虫 | 2014年9月26日 (金) 23時07分

もも(^-^) さん

ああ、北海道の風が吹いたー。

ありがとう!ございます。
やっぱり「道産子」だからね、
うれしいです。

ときどき、わたしの「喋る」のを聞いたひとが、
「北海道の方ですか?」と云います。
どこが、そう聞こえるのか。
……うれしい。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月26日 (金) 23時11分

ふみこさま みなさま

おはようございます!

私は高校時代からの親友が近くに住んでいるので、
電話で喋り、月1に会って喋り、メールで喋り・・・。
いつも話題に尽きることがありません。二人ともすごい勢いで。
お喋りはココロの元気の源なので、ガンガンいきます!

お母さまへのFAX、良いですね!
私は一人暮らし中の92歳の祖母に、週1くらいの割合で手紙を書いています。
ふみこさんと同じだー!と嬉しくなりました。
祖母は耳が遠いので、お喋りするのが苦手だそうです。
だから、手紙が嬉しいのですって。
淋しい夜に、そっと取り出して読んでくれているようです。

そして。
またまた人生の荒波がやってきました。
(母に大腸がんが見つかりました)
肩の力を抜いて、バランスを取りながら
この波に乗っていきたいと思っています。
ふみこさん、みなさん。
毎日の身体からの便りに敏感になって下さいね。
そして、検診もお忘れなく。

投稿: みぃ。 | 2014年9月27日 (土) 06時02分

ふみ虫さま

これだから
梓さんは頼りになる!

時々、ふみこさんの
忘れたことを思い出させるために
やってきてくれるんですね。

おかあさま
気楽にお暮らし
くださいませ。

佳い秋のはじまりです。

投稿: 寧楽 | 2014年9月27日 (土) 11時32分

こんばんは
初めておじゃまします。
事情があって、ほぼ二人暮らしだったムスメが結婚して二週間。
ほぼひとり暮らしになりました。
一年前に結婚が決まり、準備を進める中、ふみこさんの長女さんの
独立のお話を読んでめそめそしくしく泣きました。
無事結婚生活をスタートさせてきっと楽しく過ごしているだろうムスメの幸せにほっとするのと、ひとり暮らしへの期待と、覚悟していたはずなのにとてつもない淋しさと体の中が空っぽになってしまったむなしさで胸の中がぐちゃぐちゃしています。
幸せと思わなきゃいけないし、見守ってくれる人たちがいることへ感謝しなきゃいけないとわかっているのだけど・・・
今までの経験で落ち込んだあとはけっこうすっくと立ち直れる自信はあるのですが、今回はこのぐちゃぐちゃ感いつまでかなあと。
経験済みの方がいらしたらお話聞きたいなあと思います。

投稿: ミーシカ | 2014年9月27日 (土) 21時49分

こんにちは、ふみこさん、皆様。
ご無沙汰しておりました。
もう暦は10月になろうとしてますね、
食卓にもサンマやアケビ、ナツメ、栗などなど・・・気づけば秋がひょっこりと顔を出してくれていました。
ふみこさんの素敵な連休に私も便乗させていただきたいものです。

私もきっとおしゃべりが止まらないだろうなあとおもいます、
ふみこさんご家族の
おしゃべりと、美味しそうな食事風景が目に見えるようです。
ふみこさんのごはん・・・いただいてみたいです。なんて美味しそうな!
冬瓜のスープがとても気になりまして・・どんなスープなのでしょうか?私の静岡に住む祖母が生前よく作ってくれたのを思い出しました。ちょっととろみがついていて、優しい鰹出汁。

お料理は人と人とを繋いでくれているのですよね、
不思議な魔法のようなもののように感じます。

ふみこさんと、吉祥寺巡り・・・
いいなあ〜!
素敵な秋をお過ごしくださいね

投稿: みゅー | 2014年9月28日 (日) 08時53分

ふんちゃん

ふんちゃんのおしゃべり、わたしも聞いてみたい…、なんて。塞がっていたもの、開通してばんざーい!(とわたしにも言わせてくださいね。)
おしゃべりのききめは、あなどれませんね。言葉にすることって、書くことによっても出来るけれど、「しゃべる」には、また違った効力があると思ってます。聞き手の大事さもあり…。(誰でもいいってわけじゃないんだな…。)
お母様と、ふんちゃんと、梓さんと、三人の手が繋がって、おしゃべりも繋がって。
よかった。
わたしも、長女とよくしゃべります。

籠の店!籠、大好きです!旅に出掛けると、必ず籠の店を探してしまいます。リンゴを入れる籠、素敵。梓さんは、どんな風に使われるのかなあ…?
秋、美味しそうなリンゴたちがお店に並ぶ季節になりましたね(*^^*)

投稿: なこ | 2014年9月28日 (日) 13時13分

みぃ。さん

おばあさまへのお便り、
どんなに効き目があることか。

子どものころ、父方の祖母と、
祖父母によくはがきを書きました。
あれ、自分の気持ちひとつでしていたのでしたが、
よろこんでくれていたかもしれません。
そう思うと、「あれもしたかった、これも」という
思いが、薄らぎます。
なぐさめられるのです。

お母さまをお大切に。
きっと、よくなりますように。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月28日 (日) 20時50分

寧楽 さん

母に伝えます。
「お気楽に」とね。

いいことば。

ふみこにも伝えます。
「お気楽に」

ありがとう、寧楽さん。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月28日 (日) 20時52分

ミーシカ さん

ぐちゃぐちゃを打ち明けてくださって、
よかった……。
ありがとうございます。

ひとはそのときの気持ちを認めないと、
変われない。
ですから、ぐちゃぐちゃを認めておられる
ミーシカさんは、きっと、近く、
別の境地に立たれることでしょう。

昨日も、外で長女に会い、
「さよなら」と別れるとき、
こみ上げるものがありました。
でも、その甘美な感情に、
うっとりしている自分もいてね。
なかなか複雑で、おもしろいなあと
思ったことでした。

おたより、ありがとうございました。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月28日 (日) 20時56分

みゅー さん

わたしのつくるもの(料理)なんて、
でたらめで、でたらめなところだけが
愉快な……代物です。
でも、つくるのは、たのしい。

いつか、喋りましょう。

来年は、各地をまわり、「雑談」したいと
考えています。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月28日 (日) 20時59分

なこ さん

籠ってね。
ほんとに、いいもんです。
みつけると、ふらーっと近づいてしまいます。

お喋り計画、本気で立てます。
喋りましょう、喋りましょう。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月28日 (日) 21時02分

ふみこさま こんにちは

お喋りの力ってありますよね。デトックス効果みたいな…。まさしく開通ですね。
そういえば、久しくお喋りしていないような…。日常の会話はしていますが、お喋りではないかなぁ。

わたしは喋りだすと止まらなくなって、昔は父によく怒られました。今も怒られそうです。付き合わされる方はたいへんかな?でも、話して聞いて楽しい時間は大切ですものね。前は長電話もよくしましたが、向かい合って、隣り合って、喋るのがいいですよね。

ふみこさんのお喋り計画、楽しみにしています。

投稿: あすちるべ | 2014年9月29日 (月) 15時24分

あすちるべ さん

思いがけない効果でした。
「お喋り」であることを
恥じていたのですが、いやいや、
「お喋り」は人生の「大事」です。

向かい合って、隣り合って、
喋りたいです。

投稿: ふみ虫 | 2014年9月29日 (月) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)