« 台風一過 | トップページ | 両面 »

2014年10月21日 (火)

おたんじょう、おめでとう

 気がつけば年年、「記念日」への思い入れが薄くなっている。
 かつては、誰かの誕生日、いろいろの記念日、クリスマスが近づくと、「よしっ」とばかりに贈りものを準備したり、メッセージカードをつくったりしたものだが、近年、「よしっ」というほどのものが漲(みなぎ)らない。
 思いがなくなったわけじゃないのよ。
 何と云うかなあ……、「お誕生日おめでとう!」と叫びながら駆けだし、相手に贈りものやカードを押しつけんばかりにするというような有り様(よう)を変えたくなった。
 いまはこんなふうだ。
 道ばたに腰をおろして相手が通りかかるのを待つともなく待ち、その姿が見えたとき、ゆっくり手を上げて云う。
「おめでとう、お誕生日」
 いつのころだったか、誕生日やクリスマス、何とか記念日の贈りものや食事会に目くじら立てるのはよそうと思った。記念日当日に間に合わそうと、むきになって贈りものをさがして街をさまよったり、歯を食いしばって料理したりすることから卒業してもいいかな、と。娘たちが皆育ち、末の子が17歳になったのも、わたしにそんな気持ちを起こさせたものかもしれない。
 そうしてみてわかった。道ばたに腰をおろして相手が通りかかるのを待つともなく待つような調子でいても、いい具合に記念日が迎えられる。

B子さん、おたんじょう、おめでとう」
B子さんは仮名。BBirthdayの頭文字だ)。
 カードに「おたんじょう日おめでとう」と書こうとしたのだけれど、「日」の字を書くのは遠慮した。このカードを渡す日はB子さんの誕生日当日ではないからだ。3月生まれのB子さんに、ことしはこれまで2回たんじょう祝いをした。B子さんに贈りたいものをみつける当たり年だったのかもしれない。
 そして本日、ことし3回めのたんじょうカードを、書いている。
B子さん、おたんじょう、おめでとう。ふさわしい贈りものをみつけました。大よろこびしてくださいな。塩と砂糖はまちがえないこと」
 こう書いてしまってから、後悔がはじまった。誕生日当日を逃している上に大よろこびしろなどと注文をつけるとは。でもまあ、いいか。うつくしいカードにペンで書きこんでしまったのだし。
 カードに書いた文言はともかく、B子さんが欲しがっていた塩と砂糖を入れるふたつの壷は、なかなかうつくしい。

 ところで、わたしはいま、ある「おたんじょう、おめでとう」について、思いめぐらしている。友人のところに生まれた男の赤ちゃんの祝い方だ。道ばたに腰をおろし、どう祝おうかと考えているが、これという祝い方にいまだめぐり逢えない。そうこうしているうちに赤ちゃんは、「光海(こう)」という名をもらった。こんなに深遠なるうつくしい名をもつひとに、何を捧げてよいものか。さて、困った。

Photo

ふたつ小さな壷、
B子さんへのことし3回めのたんじょうびの贈りものです。
じつは同じモノがうちの台所の戸棚のなかに住んでいます。
うちにやってきたとき、B子さんがこの壷を、
「ほしいなあ。塩を入れたい、砂糖を入れたい」と
つぶやいて眺めていたのでした。
大分県の小鹿田焼きの小壷です。
左側の小振りなほうを塩壷(高さ約10cm)に、
右を砂糖壷(11cm)として使っています。
料理好きの若いB子さんのところに壷のきょうだいが住んで、
働いていると思うと、うれしい。
「わたしも、おもしろがって料理しようっと」
と思わせてもらえます。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこ様 皆様 おはようございます。

記念日の迎えかた。私もお付き合いの幅が広がり始めた頃から
いろいろ模索しておりました。

目くじらたてて…じゃなくても、気持ちをしっかり伝えることが出来たのなら
それで良いのかもしれませんね。

光の海で、こう君ってすごく素敵な名前ですね…。
お友だちに、機会があったらお伝えください。
赤ちゃんの未来が光輝く海への旅立ちになりそうな、素敵なお名前だと思います…と。

うちのチビも、一年生になり、漢字を習うようになってふみこ様が以前おっしゃっていたように、自分の名前の意味について聞いてくるようになりました。
たどたどしくはあるけれど、時々、自分の名前を漢字で書いて、
「想い の 花 って、意味なんだぁ」とつぶやいております。(^^)

お砂糖とお塩の壺。
お揃いで持てるなんて、お友達が羨ましいです

投稿: ぽんぽん | 2014年10月21日 (火) 10時16分

本当に...「よしっ」っていうほどの漲りはなくなってきました
そうなんです。気持ちがないわけじゃないんです
なんていいますか、オーバーにいえば「本音」のようなもので心も身体も動かしたい、そんな感じ
「よしっ」の中にはたぶん自分の思いや体力との差、違和感みたいなものがちょっとあるっていいますか.....

B子さんのつぶやきから3度目のおたんじょう贈り物となり、同じ壷をながめ暖かい気持ちになれるなんてとても素敵
私も道端に腰をおろして待つともなく待ち手をあげたいなと思いました

赤ちゃんへのお祝い、う~ん、むずかしいですねぇ...

追伸 自分の最期のセレモニーも残った人たちに「よしっ」って思ってもらうのはちょっと...「そこんとこよろしく(限りなくゼロ~でね)」と話しているところです

投稿: 野生寄り | 2014年10月21日 (火) 12時17分

ふみこ様
お誕生日をはじめ、
記念日にお祝いをする習慣、
子どもが独立したらす~っとなくなりました。
夫はしたがらないタイプなので
一年中静かな日々です。
でもわたしは時々、
命を一緒に祭る人が欲しくなります。
夫はそういうことをわざわざしなくても大丈夫。
それならそれで外の世界でみつければいいと
羽ばたいたら、
目に見えないプレゼントを
一番いいタイミングで贈りあえる人々に出会えました。
いつもいつもでなくていい。
たまあにでいいから
「あなたの命に乾杯。わたしの命にも乾杯。」
そう表現させてくれる人がいるって
ありがたいなあと思います。


投稿: ゆるりんりん | 2014年10月21日 (火) 14時23分

ふんちゃん皆様こんにちは。
そんなお祝いかたもあるんですね。

つかず離れずのような
素敵な距離感のお付き合いですね。

そういえば
なんだか嫌われるかもという気持ち
ある日を境にふわりふわりと
浮上していつもの私に戻ってきました。


新しい自分の立て直し方を覚えました

投稿: たまこ | 2014年10月21日 (火) 20時37分

ぽんぽん さん

「想花」さん、
1年生になられたんですね。
初めておたよりいただいたころ(2008年)、
保育園生活がスタートしたのではなかったでしょうか。

名前と名づけられた存在とは、
寄り添って生きてゆくんですね。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月22日 (水) 00時14分

野生寄り さん

自分の最期のセレモニーね。
ぱっと簡単にね、と思っちゃいます。
照れくさいですし。
(どこかで、自分のセレモニーを
見ていることになるような気がしています)。

そろそろ、そのときのことも考えておこうっと。
(ちょっと愉快な気持ち)。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月22日 (水) 00時19分

ゆるりんりん さん

「あなたの命に乾杯。わたしの命にも乾杯」

わたしにも、云わせてください。
なんて、いいんだろ。

「あなたの命に乾杯。わたしの命にも乾杯」

投稿: ふみ虫 | 2014年10月22日 (水) 00時21分

たまこ さん

たまこさんが、ひとのいいところを見ているから
「嫌われるかも」の思い癖から脱せたんじゃないでしょうかね。

ぱちぱちぱちぱち。
(拍手しております)。


投稿: ふみ虫 | 2014年10月22日 (水) 00時24分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。

お久しぶりとなりました。あれよあれよ…などと言っている間に、夏どころか秋も過ぎてしまいそうです。

「小鹿田焼き」…急に九州に転勤となった友人が好きだと言っていた焼き物です。社会人になってから出会い、互いに全く異なる生き方をしてきたのにかけがえのない存在となりました。

思えば、誕生祝いは年に一度だけと定められたわけではありませんよね。何度祝ってもよい。誕生おめでとう…生まれてきてくれてありがとう…私と出会ってくれてありがとう…

年上でも、年下でも、出会った方に「おめでとう&ありがとう」と大声で伝えたい気持ちです。

P.S.
祝のしかたは多々あれど、何より嬉しいのは、大好きな方から手書きのメッセージを頂くこと。
……と、ちかごろは思います。

投稿: ちぇりー | 2014年10月22日 (水) 00時46分

ふんちゃん、みなさま、こんにちは。

秋はどんどん加速するばかりで、今日は雨といっしょにびゅーびゅー風が吹いています。
琉球あさがお、またの名をオーシャンブルーの花がらが、いつもになく盛大に道にまきちららされていました。

かわいい壺ですねえ。
小鹿田焼き、うちにもお皿があります。飛び鉋の模様がきれいですよね。
グリーンのもあるのですね。かわいい壺ですねえ。
ふんちゃんちでは、スプーンは、中に入っていますか。
ちょこっと気になりました。

それから、あかちゃんのお祝いには、木のおもちゃが多かったのですが、
近頃とんとあかちゃんにご無沙汰していると思っていたら、
息子が友人の娘さんの誕生に木のおもちゃを選んでいました。
木のおもちゃって、祝う側がただただほしいのかもしれません。

投稿: rantana | 2014年10月22日 (水) 09時02分

ちぇりー さん

おはよう!ございます。

本日というこの日、
ちぇりーさんのおたよりからはじまりました。
佳い日にしたいと思います。

「小鹿田焼き」の本場を見てみたいと
思いました。
どんなところで、こんな……、
こんなハイカラで美的なものが生まれるのかしら。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月22日 (水) 09時27分

rantana さん

砂糖壷にも塩壷にも、
匙は入っていません。
思いのほか小さい壷だしね。

計量スプーンですくいとります。
その感じが、大げさかもしれないけれど、
新鮮で、好きなのです。
計量スプーンも、塩、砂糖に対して
馴れた感覚を持たず、いつも……、
いつもちょっぴりはにかんでいます。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月22日 (水) 09時32分

今日は青空が底抜けで、空を見ながら
足探りでしごと場にむかいました。
「おめでとう」といえる幸せ。
「おめでとう」といわれる幸せ。
つい最近までは、私も誰かを盛大にお祝いしたり、
ビックリ喜んでくれる顔が見たくて、
あれこれ張り切っていました。
でも、お祝いでなくても、大切な誰かさんの顔が浮かんだ時に
ふと渡したり、伝えたりするのが楽しみになってきました。
最近、私が頂いて嬉しかったのは、「大きなかぶら」の木のおもちゃ
「あっ」と言うしかけがあるのです。

 ふみこさま、「ある小さなスズメの記録」は、うちの本棚に
 「ふみこよみ」と並んでいます。
 ふみこさまコーナーの左隣が小鳥のコーナーです^^

投稿: どりす | 2014年10月23日 (木) 12時53分

どりすさま

ふんちゃんより先に横入り、ごめんなさい。
その木のおもちゃは、もしかして組木のですか?
あんまりおもしろそうで、思わず検索してしまいました。
おはなしだけでも、まるで自分がもらったみたいにうれしいのです。
どりすさん、おすそ分けありがとうございました♡

投稿: rantana | 2014年10月23日 (木) 16時49分

どりす さん

静かな交歓ができれば……、
というか、ほんとうは日日「交換」なんだとも
思えてきて……。

この場所も、
わたしにとっては、静かな交換なのです。

小鳥のコーナー。
ああ、うっとり。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月24日 (金) 11時03分

rantana さん

おはなしだけでも……というの、
大賛成。

たとえばお土産話なんか、大好き!

投稿: ふみ虫 | 2014年10月24日 (金) 11時05分

ふんちゃん

 なんだか、ステキなお祝い…。
 じわっと温かくなる感じがしました。
 
 私は、まだまだ「よしっ」にしがみついていることが多く、終わったころには、へとへとになって、「ねぇ、ねぇ、うれしいでしょう?」と怪しく微笑んでしまいそうになっています…(^^;)

 すこぉし、力を抜いて表現することもしてみたいなぁと、
 憧れのような気持ちがわいてきました。

 来月は、長男の誕生日があります。
 どうやってお祝いの気持ちを表そうかなぁ。
 小学生高学年になり、ますますかわいさが増してきた長男です(親バカです(^^;))。頼りにもなり、かわいくもある息子に、感謝の気持ちを込めてお祝いをしたいなぁと思っています。
 何がいいかなぁ…。
 しばらく、考え込みそうです(^0_0^)

 今日、母が大根を届けてくれました!
 さっそく、たくあんを漬けるため、干しました。
 漬物を付けるのが愉しみです(^^♪

投稿: もも(^-^) | 2014年10月24日 (金) 13時38分

ふみこ様 こんにちは。

想乃花のこと、覚えていて頂いて嬉しいです。
初めてお便りしたのが、彼女が6ヶ月くらいの時でした…
そのあと、お目にかかれたのが確か2歳くらいの時…
それから、あっという間に4年ほど経ちますか…

改めて、細く長く…繋がらせていただけたら…幸せだなぁ…と思っています。

投稿: ぽんぽん | 2014年10月25日 (土) 09時53分

もも(^-^)さん

こんなわたしも、子どもたちが15歳までは、
誕生日(当日)にこだわって、
みんながそろえない日には「朝食」を
誕生日会にしていたこともあります。
ああ、なつかしい。
(朝3時半に起きて、すね肉でコンソメをつくったり、
ローストビーフを焼いたりしたなあ)。

たくあん。
いいなあ、すごいなあ。
わたしは「はは」頼みだぁっ。


投稿: ふみ虫 | 2014年10月25日 (土) 21時20分

ぽんぽん さん

想乃花さんでしたか。
ごめんなさい。

ああ、4年という時間が
きよらかなものに想える、そんな夜です。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月25日 (土) 21時22分

ふみこさん おはようございます。

今日も ふみこさんのブログを読みながら
そうなんだよ この感じ・・・
と しみじみ思いました。
B子さんに贈られた 今年 3回目の誕生日プレゼントの
つぼは なんて可愛いんだろう
お友達のところに生まれた 男の子の名前
、光海(こう)くんは 日本らしくて なんていい名前なんだろうと
思いました。
来週は主人の誕生日 11月の初めは 父と長男の誕生に
義父の命日。
昨日は 週末の晩酌、いつもの発泡酒をビールにし
おつまみに帆立のお刺身をちょこっと。

ふみこさん 私もです
目くじら立てたり 歯を食いしばったりすることが無くなりました
歳をとるのもいいんんだ・・・ですね。

投稿: えぞももんが | 2014年10月26日 (日) 06時24分

ふみ虫さま

あぁ、これあの人が好きそう!
というものを見つけると嬉しくなります。

お誕生日でないときに
誕生日プレゼントをもらうって
なんだかワクワクしますね。

贈るほうも、贈られるほうも
お互いを想える。

家族の誕生日
いつもより、少しだけご馳走に(笑)
生まれてくれて、ありがとう。
(両親には産み育ててくれて、ありがとう)

投稿: 寧楽 | 2014年10月26日 (日) 10時05分

えぞももんが さん

ほんとうです。
目くじら立てた自分、
葉を食いしばる自分も
なつかしくはあるけれど、
もうごめんです。

ああ、発泡酒がビールになる晩の
ぜいたくに、ふるふるっとなります。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月26日 (日) 17時14分

寧楽 さん

さすが寧楽さん。
わたしのは、
「生んだのはわたしだから、
わたしもそうとうにおめでとうなのよ」
ってね。

両親に対しても、
「おたのしみいただき(け)ましたか?」
なんて……。

あくまで、
感謝知らずのばか女です。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月26日 (日) 17時16分


お誕生日。
うまれてきてくれてありがとうの素敵な日ですね~~

お誕生してくれたことが本当にうれしい。
なので日にちを問わず「お誕生おめでとう」もすごくわかる気持ちです。

年に3回も祝ってもらえるのはB子さん(B子ちゃんかな?(笑))すごく幸せ。そしていっしょに笑って祝えるふみさまも相当お幸せですね~~。

そして私もこの画面から幸せのおすそわけいただいております。

さとう壺。お塩の壺。

こんな壺からすくい取ればお料理する姿もとても丁寧な美しい所作になりそう・・・。

いつもガタ、ゴト、バタンの15分料理の私も少しかえてみようか、調味料入れ。(笑)


私は出産はお母さんが1番頑張ったことなので、いつもお母さんにご出産祝いをさしあげることにしています。赤ちゃんの物はきっとたくさんいただくし、私もむか~し娘を出産した時、体のあちこちが痛むのに、周りは赤ちゃんフィーバーでちっとも構ってもらえなかったさびしさ(笑)があったので。

先日はちょっとかわいいマザーズバックになりそうなくらいのトートバック。その前はすごくたくさんキラキラがついたコスメポーチ。

ああでも、「お祝い」って本当に嬉しいですね~~

投稿: おきょうさん | 2014年10月26日 (日) 19時44分

おきょうさん さん

赤ちゃんのお母さんへのお祝いね、
ほんとうだ!
わたしも、「そこ」をめあてに考えてみます。

ありがとう!ございます。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月26日 (日) 20時35分

ふみこさん みなさま(と、また「ぽっ」となりながら...でも、おたよりには宛名も付けたいと思いました。)
 こんばんは。
 娘が二歳になったころ、私の両親が「おひなさま」を買ってあげると言ってくれました。私が見つけたおひなさまは、「おおきなかぶら」を作った方の作です。おひなさまの形と、入ってもらう箱に「あっ」というしかけがあります。(すこしじまん。)ここ何年かは、娘と、遊びにきてくれる娘の友達に飾ってもらっています。木ですから、たくさん触ってもらっても大丈夫!娘たちがおひなさまと遊ぶさまがまたかわいいです。

投稿: cohata | 2014年10月26日 (日) 23時47分

cohata さん

それはうらやましい……。
わたしの想像に誤りがなければ、
若い日、 cohataさんのお宅の
おひなさまの創作者と、お目にかかり、
おはなしの記録をとったことがあります。
すばらしい(人格は素朴で、情熱にあふれていて)
作家でした。

cohataさんのお嬢さんの
おひなさまに、よろしく申し上げてください。


投稿: ふみ虫 | 2014年10月27日 (月) 08時15分

こんにちは、ふみこさま、みなさま。
私も贈り物、とても大好きで。
その人を想いながら、素敵なものを探すのも、すごく嬉しいですよね。
素敵なものと目が合ったときに、あっあの人に贈りたい!と嬉しくなります。
何回もお誕生おめでとうといえるのは嬉しいですよね。
そう、何回あっても嬉しい事!
言われる人も、言う人も嬉しいこと。


でも、最近は
息子が毎日のように、どんぐりやら、シイの実、むかご、そしてヘビさんの皮まで
プレゼント〜!と叫んで持ってきてくれます(笑)
かわいい贈り物です。


ふみこさん、かわいい赤ちゃんへの贈り物、見つかりましたか?
素敵なものと出会えましたら、またぜひ教えてくださいね。
砂糖の壺!かわいらしいこと!
我が家は母が作った壺に入っています。なぜか、娘が塩の壺の蓋を舐めます(笑)ふふふ...

投稿: みゅー | 2014年10月27日 (月) 11時50分

みゅー さん

どんぐりやら、シイの実、むかご、へびの抜け殻。
(どれも、わたしの好きなモノばかり)。

贈りものは素敵だけれど、
でもとてもむつかしい一面も持っていますね。
贈らないでいることを選ばなくてはならないことも
あるし……。
そういうときは、気持ちを贈る方法を
学んでいるんだと思います。
わたしは、まだまだ学びきれていないけれども。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月27日 (月) 14時20分

ふみこさま みなさま

こんにちは!

ふみこさんがこの記事を書いて下さった前日、
10/20は母の誕生日でした。
例年は、ほんのささやかな物を贈っていたのですが、
今年の誕生日は特別な意味があるので、
いつもの年よりも奮発して洋服をプレゼントしました。
とても喜んでくれ、「あったかい、あったかい」と言って
毎日のように着てくれています。
贈ったかいがありました。

今週、病理検査の結果がわかり、今後の治療方針が決まります。
前向きウーマンの母は「何が来たって大丈夫!」と
笑顔でVサインをしています。
わたしも「わたしだって大丈夫!」と笑顔で言い返します。
そして二人して”わはは!”と笑っています。

「笑顔は魔法だな・・・」
最近、よく思うこと。

投稿: みぃ。 | 2014年10月27日 (月) 14時58分

みぃ。さん

「笑顔は魔法だな……」

ほんとです。
わたしも、そう思って生きています。
笑顔だけは、どんなときも手放さずに
いたい。どんなときでも。

みい。さんの笑顔+Vサインのお母さま、
お誕生日おめでとうございます。
これからはじまる治療についても、
どんと祈っておりまする。

投稿: ふみ虫 | 2014年10月27日 (月) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)