« 滞在3時間の旅 | トップページ | せんせい! »

2015年3月17日 (火)

ブサイクシーサー

 靴を履こうと身をかがめる瞬間。菜箸をとろうと手を伸ばす瞬間。玄関先の郵便受けを覗く瞬間。「ああ、春なのね」と木の梢に向かって手をかざす瞬間。
 そんな何気ない仕草の途中、とつぜん、ぎゃっと叫びそうになることがある。
 わたしを「ぎゃっ」と叫ばせるのは、過去の失敗、落度、過ちだ。

 あのとき、わたしはあやまらなかった。

 あのとき、わたしは感謝の気持ちを伝え損なった。
 あのとき、あんなことをしなければよかった。
 あのとき、もっとよく考えてから決断するべきだった……。

 こうした類いの反省のうちのひとつがいきなり飛びだして、それが火種となるのである。火種がはじけて、「ぎゃっ」となる。「ぎゃっ」をくり返しくり返ししながら、わたしはここまできた。長いことずっと、さまざまの火種にびくびくさせられてきたのだ。もう少し自分が思い深く、慎重であったなら、そんな火種に脅かされずに生きてこられたのではあるまいか。そういう思いが湧く。

 一方では、現実の生活がつづいており、おそらく自分はいまもまた火種をつくりながら生きているのだろうなあという疑念も、つよく湧く。これでは、この先火種に責めまくられて、わたしにこころ穏やかな晩年など訪れやしない……。「ぎゃっ」「ぎゃっ」「ぎゃっ」と小さく叫びながら跳ねている、落ち着きのない老婆が、先で手を振っているのが見える。……ぎゃっ。

 最近のことだが、沖縄県から小さな荷物が届いた。

 三女宛てだったので、本人が戻るのを待って、荷を解いた。「ああ、あれがきたんだね」と云う三女を押しのけるようにして。小さいが、厳重な荷造り。急く気持ちをおさえおさえてクッション材をむしるようにし、なかから取りだしたのは……、「なんじゃ、こりゃ」。
「なんじゃ、こりゃって、見ればわかるでしょう。シーサー」
 ことし1月に修学旅行先の沖縄県で、体験したシーサーづくりの結果が、ひと月たって届いたということらしい。その顔を見て、ぷっと吹いてしまった。おそろしくブサイクだ。だが、どこか惹きつけられるものがあって、吹きながらも見入っている。ひと月前にこしらえたブサイクシーサーが、こうして届く。
 このことがなぜだろう、自分のなかに無数に蠢(うごめ)く火種を思わせる。わが火種が、自責の念であることに気がついたのである。

 ——ああ、わたしは自責の念に「ぎゃっ」「ぎゃっ」とやられていたのだな。

 
 自責を抱えた自分が可哀想になる。

 しかし、同じ自責がわたし自身のかなり大きな支えになっているような気がしてきたのだった。そうだ、そうだ。思い深さをわがものにすることかなわず、慎重と無縁な道を選んできたわたしにとって、自責の念は神聖なものではなかったか。
 三女のこしらえたシーサーがおどけた顔でおしえる。
 ——昔の失敗は、魔除けになるよ。自責は、お守り。

Photo
ブサイクシーサーの顔部分。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん、みなさま、こんにちは。


ぎゃっがこまめにくるのは大切かもしれないと読んでいておもいました。
落ち込みと、それがなだれ込んできますから。容赦なく。
身動きもできなくなってしまいます。
それに、自責なんですよね。
へっちゃらへいざで流せれば楽かもしれませんが、それでいいわけがないと、ぼくはおもいますし。
きっと、ぎゃっは増えてゆく一方だとおもうんです。
それは裏を返せば、自分のいたらなさが理解できてゆく成長でもありますよね。
と、自分を省みておもうことです。
ついこの間まで、雪崩のなかでかろうじて息をしながら、早く楽になりたいと念じていました。
でも、楽でないことに価値があるのかもしれませんね。

投稿: 佐々木広治 | 2015年3月17日 (火) 10時53分

佐々木広治 さん

うんうん、
「ぎゃっ」は、大切にしないと、と
思うんです。

自責信仰。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月17日 (火) 11時32分


ふんちゃん皆様こんにちは。
昔の失敗は魔除けやお守りになる。

なんだか自分を大事にできそうな言葉です。


今私は新しい仕事のミスを減らす方法を考え、文字通り他の方の協力のもと
がんばっています。
申し訳ないという気持ちとがんばります
という気持ちをもちながら。

ふんちゃんの昔の著書にも書いてありましたが、能力の一部分が眠っていたような感覚で
ようやく自分の中に仕事のいみ、やり方を収めて仕事ができるようになりました。

とにかく理解するのが遅いわたし。
決してわざとではなく一生懸命やってです。ただのその一生懸命の方法を間違えていた。
そのことに気付けて嬉しい
今日この頃です

投稿: たまこ | 2015年3月17日 (火) 12時42分

ふみこさん、みなさん
こんにちは。

私のことだ、と思いました。「うわあっ」と声も出ます。
私だけかと思っていました。
他にもいらっしゃるのか、ふみこさんもそうなのか、とちょっと嬉しくもありますが、「いやいや、私のはレベルが違うレベルが」という声も自分の中から聞こえています。
恥ずかしくて情けなくて、顔も上げられない‥‥‥昔は、その場面を頭の中で、びりびりっと古いポスターをはがすようにして、くしゃくしゃぽいっとしていました。今は「ここから何を学ぶかよ!これはギフトなのよcohata!」と言い聞かせることもあって、「そうだそうだ」と言ってもらえたような。
くしゃくしゃのぽいじゃなくて、魔除けに、お守りに。
『ハウルの動く城』の、ハウルの寝室みたいに、きらきらのじゃらじゃらになりそうです。

投稿: cohata | 2015年3月17日 (火) 13時50分

ふんちゃん

ブサイクブサイクって、ずいぶんじゃありません?
どこか惹きつけられるものがあって、魅入られるにしても、ですよ。
でも、ほんと、ぶさかわいい。
そして、自責がお守りだと教えてくれるなんざ。
シーサーは、自ら魔除けであるのみならず、魔除けの伝道者であるのか。なるほど。

今日、今さっき、メールを送った途端に自責の念にかられているわたしには、あまりにタイムリーなきょうのふんちゃんでした。ぎゃあ〜

投稿: rantana | 2015年3月17日 (火) 15時23分

ふみこさま

私も三女さんのシーサー好きです
解放的でおおらかで
そこにあった空気が溶け込んでいる感じ

私もまた沖縄行きたくなりました

南の島のことばもあたたかくて好きです

我が家の玄関のシーサーくんは「なんくるないさ」のふだを
もってくれています
これも大切なおまもりです

もう一人のシーサーは「いちゃりばちょうでい」といっています
ことばは面白くて研究中です

投稿: 真砂 | 2015年3月18日 (水) 11時26分

 ふみこ様
 時々 思い出しては 穴があったら入りたい ってあるよな~と、町内を走り回りたいような衝動にかられます。未熟な私は、あちこち 火種というか地雷を蒔いているようなもので、その地雷を自分で踏んでは自爆します。
 年齢とともに それが多少でも減ってくればよいものの、相変わらず「火種」を製造し続けており、それは若干増えているような気もします。
 
 多少 人間として成長していれば減りそうなものの、相変わらずです。だけど、これが 反省の種になっていることも確かで、それがなければ 今よりもっと傲慢な人間だったかも とも考えます。

 しかしながら、やっぱり 傲慢で未熟であることは変わりなく、死ぬまで火種とは仲良くしていくような気がしています。

投稿: テレジア | 2015年3月18日 (水) 11時33分

ふみこさま、みなさま こんにちは。

わたしも、自転車をこぎながら
あーーーとか、うーーーとか、うなってます。
その声が、最近とみに大きくなってきて、我ながらどうしたものかと思案しておりましたが、お守りと思えばありがたいことです。
大きなお守りを身につけて、この春を楽しみたいとおもいます。

そうそう、昨日の帰り道は、ああっ!と叫びました。
ウシなのかガマなのか、手からはみ出るだろうと思えるほどの大きさのカエルがのしのしと・・・
きっと起きがけの散歩ですね、春のお知らせまでに。

投稿: ちぇりー | 2015年3月18日 (水) 12時26分

ふみこさま みなさま

こんにちは。
シーサー。クスッと笑ってしまいました。
愛嬌があって、眺めるたびに元気をいただけそうです。

私もしょっちゅう「ぎゃっ!」がありますが、最近わかった事。
私の場合は、良い事も悪い事も、ムキになりすぎると良くないらしい。
ムキになりすぎると、あたまに血が上りすぎちゃうのでしょうね。

春風に吹かれて、しれーっと日々を送るくらいの方が、
私にはちょうど良いみたいです。

みなさま。どうぞ、佳い春を~!

投稿: みぃ。 | 2015年3月18日 (水) 13時38分

たまこ さん

たまこさんの、いちばん素敵で、
スバラシイのは、
仕事のミスを誰かのせいにも、何かのせいにもせずに、
自分のこととして受けとめ、
「がんばり」つづけてきたところ。

ずーっとずっとそうでしたね。
そういう姿勢は現実を変えます。
この春を迎えて、きっとご自身でも、
進歩の軌跡を実感として持っておられるのでは?

あたらしいページがめくられますね。

ほんとに、ありがとう。
浄らなる「がんばり」のエネルギーを
感じとらせていただいてきたことに、感謝します。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月18日 (水) 17時13分

cohata さん

「ぎゃっ」というくらいなのでね、
相当下等な、でも可哀想で、馬鹿らしくて、
自分にとっては深刻・真剣な自責です。

でも、自責というのは、祈りだと思えます。
わたしはこういうものを抱えて生きている……、
そういう思いが「覚悟」につながるのかな。

ところで「ハウルの動く城」の、
ハウルの部屋みたいな……というの、うれしい。
晴れ晴れと、自責と向き合えそうな気がします!

投稿: ふみ虫 | 2015年3月18日 (水) 18時14分

rantana さん

いっしょに叫ぼう!

ぎゃあ〜
ぎゃあ〜

「思い」は必ずや「現実」をつくる……。
そのことを信じて、
だからこそ、自分が大事にして来た「思い」を
しっかり抱きしめたいです。
抱きしめながら、生きてゆきたいです。
(ひとからどう云われようともね)。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月18日 (水) 18時44分

真砂 さん

沖縄は、
愛情深く、愉快で……そして、
神聖です。ね。

わたした、ときどき、
「ちばりよー」を使わせてもらいます。

シーサー褒めていただき、
にふぇーでーびる。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月18日 (水) 22時44分

テレジア さん

ああ、ご同輩。

自分のこととして読ませていただきました。
火種がなければ、相当困った、鼻持ちならない
わたしになっていたと思うんです。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月18日 (水) 22時47分

ちぇりー さん

そんなふうにしてカエル様に遇えるなんて、
とってもうらやましい……。

お嬢さんともども佳い春を。
佳い春を。ね。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月18日 (水) 22時49分

みぃ。さん

でも……、
ムキにならないと、作品は
つくれないのではありませんか?

佳い春をね。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月18日 (水) 22時51分

ふみこ様 みなさま こんにちは

「昔の失敗は魔除けやお守りになる」
良い言葉ですね。私のお守りになりそうです。感謝です。

皆さん、同じように「ぎゃっ」となりながら生きてると知って、私だけではないのだと、ちょっとだけホッとしました。こんなに地雷を踏みながら、過去を引きずりながら生きてるのは自分だけかと思ったりしたこともありました。

もう人生の折り返し地点をとうに過ぎ(てるはず)、落ち着いても良いころあいなのに、相変わらず、地雷は作成されています。しかし、そんな最近の地雷よりも、おりにふれ思い返されるのは、20年以上前の若かったころの地雷。それだけ、行いが幼く考え無しで、今だったら絶対にしないであろう選択をしてしまっていたからでしょうか。若さを言い訳にするのは良くないですが、若さ以外の何が理由だったのかと、思うことも事実です。

何がきっかけで地雷を踏むのか、内省の時間ならばまだしも、ふとした瞬間にやってくる「ぎゃっ」という気持ちが、自分を赤面させ青ざめさせます。

これとは一生おつきあいすることになるのでしょうか。
呆けちゃってからも時折「ぎゃっ」となるのは辛いなぁと思ったり、かえって刺激になるかしらと思ったり。お守りになってくれれば幸いですが。

地雷にばかり気を取られて、今を見過ごすことの無いようにしたいとは思っています。

投稿: ゆきどり | 2015年3月19日 (木) 08時17分

ゆきどり さん

わたしも、20年以上前のみずからの姿
(行動)に、ぎゃっとなることはあります。
ただ、このごろ、そうなりつつも、
こう思うんです。
もしもあの頃にもどることになったとしたら……、
きっと同じ選択をする(してしまう)だろうな、と。

そう思うと、笑いたくなります。
「あのこと」、「そのこと」があったから、
いまの自分があるんだと、笑うのです。
相変わらずいまも阿呆な自分ですが、それでも、
若い頃よりはましになっていることも、
いくつかはある……。
笑いながらも、そこは評価しているのです。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月19日 (木) 09時25分

ふみこさま

あたたー。痛いところを突かれました。
そうなのですよ。
ムキにならないと、作品は作れません(汗)

ただ私の場合、作っている時にムキになりすぎてしまって、
寝食を忘れるほどにのめり込んでしまう傾向があったので、
さすがにそれはマズいでしょう・・・と。

最近は少々、そんな情熱も忘れかけておりますが。
けれどふみこさんの問いかけに、ぱちん!とスイッチが入りました。
本日は久しぶりに作業をしております。ありがとうございます。

度々の投稿、失礼しましたー。

投稿: みぃ。 | 2015年3月19日 (木) 11時30分

ふみこさま。

こんばんは。私は、自分に期待しすぎて、ときどき ガクッと落ち込みます。自分を過大評価しすぎているのかなぁ・・・。それこそ、「ぎゃっ」
ですね。たとえ、人から評価されなくても、自分の好きな道をただひたすらに歩んでいきたいと思います。

落ち込むこともあるけど、孫が笑うと元気になります。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2015年3月19日 (木) 18時02分

みぃ。さん

まあ!
早速、製作の時間が
はじまりましたね。
ムキになりつつ、日常の手綱をとって、
という日日は、大変だと思いますが、
きっとみい。さんは、それが得意なんだと
思います。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月19日 (木) 20時22分

こぐま さん

自分に期待し過ぎるなんて、
すごいです。
やめてはだめです。

期待しつづけて、
たくさんの作品、佳き日日を
紡いでほしい!です。

そうか、自分に期待か……と、
がーんと刺激を受けております。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月19日 (木) 20時24分

「自責を抱えた自分が可哀想になる。」ということばに、はっとしました。
自分を責めてばかりでは見えなくなってしまっていることに、はっと。

ふみこさんは、自分の弱さを受け入れて、卑下されないのだなあ。
私もそうありたいと心から思いました。
まさに今、そこが弱くなっている私に、まっすぐな光のように届いたエッセイでした。

ありがとうございました。

投稿: siki | 2015年3月19日 (木) 20時42分

ふみこさん
こんばんは。
過去のたくさんの火種は、いつかの自分の灯りともなる。という気がしています。
はっきりと意識できることばかりではないけれど…人一倍ぎゃー!を経験してきた分、誰かのぎゃー!もひそかにおもんばかれるようになれたらいいなぁ…

投稿: こいし | 2015年3月20日 (金) 01時40分

siki さん

おたよりうれしく、読ませていただきました。
どうもありがとうございます。

自分を励まし励まし、
お互いに、てくてくと行きましょう。ね。


投稿: ふみ虫 | 2015年3月20日 (金) 18時57分

こいし さん

誰かの「ぎゃー!」もね。
ほんとにそうだ。

ひそかにね。
ありがとうございました、こいしさん。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月20日 (金) 18時58分

ふんちゃん

 本当に、本当に、「ぎゃっ」が多々ある私です…。
 あ~、思い出すだけで、汗が噴き出る。
 でも、それが魔除けになったり、お守りになったり…、そういう風に自分の中に置いておくということもあるんだなぁと、うれしくなりました。
 これからも、「ぎゃっ」に恐れず、周囲の人との関係を繋いでいけるようにしていたいなぁという勇気をもらいました。
 いつもありがとうございますm(__)m

 昨日、長男の卒業式がありました。
 涙と笑いの卒業式でした。小さな学校のせいか、本当に温かい心いっぱいの卒業式でした。
 朝、父母控室で待っているように…と言われて入ってみると、それぞれの子が親に向けてメッセージを書いた手作りのカードが置いてありました。
 これは反則だ~!でした。
 不用意に「どれどれ~」とにやにや開いてみたら、涙が出てしまいました(^^;)
 感謝の気持ちの詰まったカードでした。
 照れているのか、息子はあとで「じょうずでしょ~」だって…。
 ほんとうにね、上手~、しっかりと泣かせていただきました(^0_0^)

 嵐も去り、一区切りついた気持ちの春です。
 
 ふんちゃん、今回もありがとうございます(*^^*)

投稿: もも(^-^) | 2015年3月21日 (土) 08時09分

ふみ虫さま

自責はお守り

なんか、力が湧いてくるように
思えます。

良心にも繋がるような気がして…

ありがとうございます。


愛嬌のあるシーサーは
どこでご家族を見守っているんでしょう
(*^^*)

投稿: 寧楽 | 2015年3月21日 (土) 13時59分

もも(^-^)さん

ことし2015年いちばんの、
佳き日でしたね。
これを超える日をつくるには……あはは、
そうとうに骨が折れますね。

でも、ことし、まだまだ
骨折ってくださいね。

王子さま、ご卒業おめでとうございます。
ほんとにおめでとう&ありがとう!

投稿: ふみ虫 | 2015年3月21日 (土) 22時31分

寧楽 さま

——良心につながる。
そこです、わたしが云いたくて云えないでいたこと。

さすがは寧楽さん!

自分の蒔いたタネに甘い点をつけて
安心するなんてはなしではないのでした。
良心につなげ、心根を耕し……。

だからこそのお守り。
自責信仰なのでした。


投稿: ふみ虫 | 2015年3月21日 (土) 22時35分

やっと日曜日~~

ブサイクシーサーくん?ちゃん?にほっこりです。

あぁふみさまもあるのですね、そんなギャの瞬間
突如としてあらわれる現象にたまに近くにいた娘や主人が
「どした?」
と、不思議そうにていたので私だけにおきる現象なのかと思っておりました。

自責の念は神聖なもの。

なんだかここのところ自分の心に余裕がなくなってきつつあるなあと思っていたので今日はこのお言葉をいただけてよき日曜日になりました。

桜の開花も南から始まったような・・・

ブサイクシーサーくんが捨てきな春の風を運んできますように・・・

投稿: おきょうさん | 2015年3月22日 (日) 16時22分

おきょうさん さん

あるんですね、どころの騒ぎではありません。
ある、ある、ある、ある、大有りです。

そのほとんどは、わたしのダメなところが
させたことではありましょうけれども、
一所けん命ではあったのだと、
自分を抱きとめたい思いがします。

「どした?」
と、わたしもやられます。
思わず吹きだしてしまいました。

ぷっ。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月22日 (日) 20時54分

ふみこさん おはようございます

「昔の失敗は、魔除けになるよ。自責は、お守り」
ふみこさんのこの言葉に
あ・あ・・そうだったらいいな。
もしそうだったら 私はたくさんのお守りに
守られています。
小学校5年生の道徳の時間
まるで すべてを理解しているように
堂々と 間違ったことを話したこと。
今でも 「きゃ」っと声が出ます
誰一人 そのことなど 覚えていないと思うのですが
言った本人が しつこく覚えているから不思議です。

こちらも ようやく春です
もう 自転車に乗れています。
重いコートを脱いで 出かけてもいい季節になりました。

投稿: えぞももんが | 2015年3月23日 (月) 05時35分

えぞももんが さま

えぞももんがさんのおはなしを読んで、
そういうことなら、わたしは「一日一ぎゃっ」だと
思いました。
そして、それはいまもつづいています。

きっとえぞももんがさんと、わたしとでは、
恥の痛点も異なっているはず。
でも、鍛えられているので、
たくましいところはあります。
(何の自慢だろうか)。

春ですね、春ですね。
おうちの皆さんのご健康をお祈りしています。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月23日 (月) 09時36分

ふみこさま、みなさま、
こんにちは。

自責のぎゃっ、ありますね。
ほんとにたくさん。
お守りになる、って、私には、すごく新しい考えです。いいですねー。

秋からずっと、トンネルの中から抜けられず、、もう春。もう少しかなぁ、出たいなぁと希いつつ、お守りを握りしめています。

投稿: かずよ | 2015年3月23日 (月) 10時36分

かずよ さま

あたたかくなってきましたからね、
そろそろ出ても……。
トンネルにも、馴れてくると居心地のよさが
あったりして、出るときの勇気というか、
はずみが入用です。ね。

背中、押しましょうか?
いま?
少し待って、4月1日?


投稿: ふみ虫 | 2015年3月23日 (月) 15時20分

写真どおりきれいな商品を購入できました。
梱包も丁寧で、発送も早かったです。
手書きのメッセージも嬉しかったです。
スーパーコピーブランド時計偽物N級品専門店 https://www.taka78.com/products-12013.html

投稿: スーパーコピーブランド時計偽物N級品専門店 | 2020年9月30日 (水) 05時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)