« せんせい! | トップページ | 青菜を抱く »

2015年3月31日 (火)

イン・ザ・トレイン

 東京都庁に用事。
 最寄り駅でぽかんと口をあけて待っていた黄色い電車に乗りこむ。平日の午前9時半、鈍行、総武線の始発駅である。光差す座席に腰をおろし、スカートを整える。スカートでもっとも気を遣うのはこの場面、ひろがったスカートがお隣さんのお尻の下にゆかないようにする。
 膝の上で本を開く。
 高野文子の『ドミトリーともきんす』(中央公論新社)。不思議な学生寮「ともきんす」の2階に住んでいる4人は朝永振一郎(ともなが・しんいちろう)、牧野富太郎(まきの・とみたろう)、中谷宇吉郎(なかや・うきちろう)、湯川秀樹(ゆかわ・ひでき)だ。若き日の4人が、どのようにして科学の花を咲かせたかをドミトリーともきんすの寮母とも子さんの目を通して、たどってゆく。とも子さんの傍らには、ちっちゃなお嬢ちゃんきん子さんがいる。ふたり合わせて「ともきんす」。
G・ガモフコレクション①トムキンスの冒険』を著したジョージ・ガモフが、寮を訪ねてきて、表札「ともきんす」の「も」の字を見て、「MO?」と首を傾(かし)げる場面がある。
「ガモフさん。わたしはあなたの著書の大ファンです。ご本の題名を一文字変えて、ドミトリーの表札に拝借しました」
 と、とも子さん。

 現在、わたしとほとんどの行動を共にしてくれているこの本、なかなか手強い。ドミトリーともきんすはなかなか素敵で、うどんやお団子も出てくるし、珈琲も飲めるのだが……、むずかしい。むずかしいことが、やわらかいことばで語られているので、そこに惹かれてつかまっている。この手を離したら、わたしはもうこの先科学とは無縁のわたしになってしまう。

 ということは、不思議だと思うこと、観察すること、考えることと無縁のわたしになってしまうということ。

 開いた本から顔を上げると、電車は東中野駅にすべりこむところだった。

 ふと思いついた。新宿駅まで行かずに、この駅で大江戸線に乗り換えたらどうかしら。決して『ドミトリーともきんす』に飽きたのじゃありません。たしか、大江戸線に「都庁前」という駅があったはず。

 しかし、どうだろう。大江戸線の駅の、なんと深いこと。

 エスカレータを何本も乗り継いで、わたしはいつしか高速もぐらになり、やっとホームにたどり着く。電車内では扉脇のスペースを確保。立っているわたしのすぐ横の座席で、青年がもぞもぞ動いている。首にひっかけたネクタイを、結ぼうと一所けん命のただなか。
 観察するに、結び方はプレーンノットで、青年はネクタイの大剣を巻き目にうしろから通すところで苦戦している。まだ3月だが、おそらく彼は、すでに研修期間に突入の新社会人。ネクタイとは縁のない学生生活を送っていたため、ネクタイ結びに頭を悩ませているのだろう。結局、わたしが乗り合わせた3駅分のあいだに、ネクタイ姿は見られずじまいだった。
 このような必死の現場を、案外身近なひとは見られない。その代わりに、どこかの見知らぬおばさんが、手に汗握り、こころのなかで頓珍漢な声援を送ったりする……。
 大江戸線に乗ったのは正解のようだった。都庁前駅で下車し、地上に出ると目の前に東京都庁が聳(そび)えていた。
(聳え過ぎ!)
 さっさと用事をすませる。長居は無用。帰りは新宿駅まで歩くこととし、地上を走る黄色い電車の乗客となる。
 電車はすいており、立って吊り革にぶら下がるひとはいない。立っているひとも、扉脇の柱に寄りかかって外を見ている。
 わたしは座席に腰をおろして、スカートを……。
 のどかな真昼だ。膝の上で本を開く。
 若き日の朝永振一郎くんがこんなことを書いている。
                 *
 物を分析しないでぼんやりとしたまま考えて、考えをすすめていくことがしてみたい。これはけしからぬ怠け心かしらぬが。物理学の自然というのは自然をたわめた不自然な作りものだ。一度この作りものを通って、それからまた自然にもどるのが学問の本質そのものだろう。しかし、これではとらえられない面がものごとにはあるにちがいない。
  「滞独日記」(『朝永振一郎著作集 別巻 日記・書簡』みすず書房 所収)

                 *
 行きの車内で読んだときより、わかりがいいのは、東京都庁での用事のせいではない。きっと、大江戸線のなかでネクタイと格闘し、もう少しで自分の首を絞めそうにしていた青年の影響だ。ひとの一所けん命は粉のように降りかかって、よその誰かを活性化する。
 朝永振一郎は、ドイツのライプチヒ大学留学中にこの日記を書いた。研究者として生きる決心をしながらも、焦りと苦悩を内に抱えて。

 あとひと駅で、終点でもあるわが最寄り駅に到着というときだった。

 隣りの席の紳士が、いきなり、ゆるめていたカラダをぴんとのばした。居眠りから覚めたのだ。
「帰りに書店に寄っていいか。つきあってくれるか?」
 と云う。
(え、わたし?)と思いかけたが、そんなはずはない。隣りの紳士はねぼけて、きっと、わたしを自分の連れだと思ったのだ。それで、わたしは聞こえなかったことにして、黙っていた。
「どうする? 先に帰るか?」
 そう云って紳士は、わたしの顔を覗きこんだ。
 そのあとのことは、皆さんの想像のとおり。ひとのぼんやりが好物であるわたしの胸には、何とも云えない愉快なものがひろがった。

 科学あり、ネクタイあり、ねぼけあり。真昼の小教室のようなイン・ザ・トレイン。

Photo_3

東京都武蔵野市の市立小中学校の卒業式は
おわりました。わたしの出席した卒業式は
どちらとも、すばらしくあたたかいものでした。
わたしは麻のワンピースで参列しました。
天然素材の、軽やかなものを身にまといたかったのです。

Photo_4

ちょっとさびしかったので、
襟元にフェルトの花のブローチをつけました。

卒業の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント


ふんちゃん皆様こんにちは。

電車ってなんだか物語が
たくさんありますよね。
一生懸命もたくさん。


今週の私の一生懸命を聞いてくれますか?


私は今週仕事の精度をあげようと
やり方を変え試行錯誤を繰り返しました。
ですが、何度やり方を変えても
うまくいかず。よいと思ってやっても失敗。
すごくつらかったです。
自分はどこかおかしいんじゃないかと
責める日々でした。


ですが経験を積み重ねて考えさせる時間を周りがくれたからでしょうか。
初めて1日ノーミスで仕事ができました。

と言っても量を抑えた仕事量ですが笑


それでもよかった、本当に。


ふんちゃんまたこれからも
私の奮闘をみていてくれますか?


投稿: たまこ | 2015年3月31日 (火) 12時29分

たまこ さん

すばらしいね、たまこさん。
毎日毎日、工夫して一所けん命を重ねて。

毎週毎週、励ましていただいたのは、
わたしたち(この場の仲間の皆さんと)です。
誰もがみんな、たまこさんの一所けん命に
あこがれて、敬って……いるはずです。
たまこさんはそれを信じて、
また一所けん命を重ねてくださいね。

いつも、いつまでも応援していますとも。

投稿: ふみ虫 | 2015年3月31日 (火) 12時36分

ふみこさま、みなさま


私もこの本好きです。湯川さんの次の文

「詩と科学とは同じ場所から出発したばかりではなく行きつく先も
同じなのではなかろうか」

なんだかどきどきしてよみました

そういえば、[earth]という単語hからはじめると「heart]になります

この春もこころ「heart]でたくさんの不思議みつけたいです。

投稿: 真砂 | 2015年3月31日 (火) 19時30分

真砂 さん

heart ね。
この春は、そこからはじめたいと思います。

今夜は、月代わり。
しかも学期代わりです。

あたらしいページがめくれかけています!

投稿: ふみ虫 | 2015年3月31日 (火) 20時29分

ふみこさま、みなさま、おはようございます。

新しい一年の始まりですね。
今日は雨予報のため、電車で通勤です。私事ながら異動となり、昨日までため込んでいたやりたいことの、あれやこれを一夜漬けで取り組んできました。
そのせいか、今日は頭がぼんやりしています。

ぼんやり頭に、新しい出会いがあるかも!
みなさま佳い一日を。

投稿: ちぇりー | 2015年4月 1日 (水) 08時11分

ちぇりー さん

あたらしいページですね。
どうかどうか、佳い本をつくりつづけてください。

と、書きながら、わたしの胸のなかにも、
さまざまな思いが湧くのです。
これまで、自分自身は「異動」と縁なき道を
歩いていると思っていました。
ところが、よく考えたら、
「異動」という顔をしていないだけで、
大きな変化がわたしにも訪れていたこと。
身近な「異動」の前に、深く頭(こうべ)をたれる機会の
ふえたこと。

そんな事ごとに気づいて、しみじみしているのです。

どんな「異動」、どんな「退職」も、
門出として言祝ぎたい。
そういう思いでいます。

さ、きょうは、わたしも、
あたらしいお顔とたくさん出会う日です。
たのしみです。

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 1日 (水) 09時34分

ふみこさま。

わたしも、この本、買って読んでます!
高野文子さん、イラストが味があって、とてもすきです。
読み聞かせで、高野さんの絵本、「かけぶとんさん しきぶとんさん・・・」題名が、あやふやですが、とてもよかった。子どもたちも大うけでした。それ以来、高野さんの本をさがしていました。ふみこさんも、読まれていたとは・・・。なんだか倍うれしいです。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2015年4月 1日 (水) 11時09分

ふんちゃん

なんだか、とってもやることがいっぱいの春を過ごしていて、
先週も、おたよりせぬままに過ぎてしまいました。
わたしが今を去ること30うん年前、教育実習をさせていただいたのは、
他ならぬ武蔵野市の中学校だった!ということを思い出したりしていたのに。

いやあ、ドミトリーともきんす、そそられます。
でも、しばらく読めそうもありません。読みたくて取ってある本が、積み重なってきています。
ああ、でも今日は、眠りからさめた紳士のお話で、とても愉快です。
あの後、どんな顔されたかと思うと!
それに、真砂さんのheartで始めるおはなし、興味深い! theater、ちょっと惜しい、なんて思ったりして。

投稿: rantana | 2015年4月 1日 (水) 19時09分

こぐま さん

もうもう、高野文子、大好きなんです。
『しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん』は、
絵本ですが、そこにも深遠なるものが描かれています。
『黄色い本』も大好きですが、
『チボー家の人々』をしっかり読んでいないわたしなんかは、
ありゃりゃと足元がおぼつかなくなりますし。
大好きな『るきさん』だって、
ところどころ、本当の意味ではありゃりゃです。

一生そばにいて、そっと敬い親しく思いつづける
友人みたいな本たち。

こぐまさんが、それを読み聞かせていてくださるなんて、
ほんとにほんとに素敵です。

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 1日 (水) 20時32分

rantana さん

えええっ!?

いつか、武蔵野市にお遊びにいらしてください。
なつかしい中学校にご一緒しましょう。
これ、夢の鞄にいれました。

やることたくさんの
しあわせな春を、元気一杯でお過ごしくださいね。

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 1日 (水) 20時34分

ふみさまみなさまこんばんは
私もrantanaさまと同じく、仕事はお休みをいただいているのに
春の行事目白押しでバタバタ毎日すごしておりました。
(先週のお話、あまりに感激しすぎて長女の部活の顧問の先生でもあり、担任の先生でもある大先生に送る1年間の感謝のメールにコピペして贈っちゃいました・・。無断にすみません。『ああ、私もこんな風な素敵な文章で先生にお礼を言えたらどんなに素敵なんだろう・・』と思いながら・・・)

科学・・・音楽やさんの私にとっては苦手な分野~~→いいわけ?(笑)
むか~し小学校のころ、学研の月刊誌『かがく』と『がくしゅう』の両方をわがまま言って毎月買って購読させてもらっていて、でも、『かがく』は付録だけ開けたあと本はたいして読まず、反対に『がくしゅう』は付録そっちのけで面白い物語文を求めて本ばかりを読んでいたのをふと、思い出しました。(頓珍漢なコメントすみません。)でも、ふみさまのお話を読んで
学研の『科学』」の本、『今ならちょっと読んでみたい』と思いました。小学生レベルで精いっぱい(笑)

次女も4月から中学2年生、制服のリボンの結び方を4月入学してくる私の教室の生徒さんにこのあいだ教えていました。ついでに吹奏楽部の勧誘もしつつ…(笑)
頑張れ新1年生!

帰りの電車の紳士、今頃突然『ギャ』って言ってるかな・・・?

ふみさまのこれまでの文章がクルクル桜の花びらのように舞い降りてきます。ウフフ

ふみさまがのった黄色い電車の終点よりに我が家の最寄り駅がございます。一駅ふみさまの家に近づくように乗ると長女の通う高校の最寄り駅です。
逆に終点に向かって乗り、終点から2つ前の駅が私の通っていた女子高の最寄り駅でした。
主人の実家は中野です。
「黄色い電車。」いろいろな縁をつないでくれているような気がしてとてもうれしいです。

投稿: おきょうさん | 2015年4月 1日 (水) 21時47分

ふみこ様
今日は異動1日目、無事に終わりました。
はじめの一歩は、ドタバタでした。
緊張、不安、色々な思いがありますが、ここで、学ぶべきことがあるから、この道を歩いているのだと受け止めます。

深呼吸忘れていて、きりきりまいでした。
明日は、深呼吸して、やろうと思います。

ふみこさん、いつも素敵なお話ありがとうございます。
私も読んでみたいです。

投稿: ゆきたん | 2015年4月 1日 (水) 23時55分

ふみこ様
トイレに起きて、寝れなくなってしまいました。(遅れていた月のものがきて、その関係もあるのですが、やっぱり不安定みたいです)
すみません、こんな書き込みをして。

投稿: ゆきたん | 2015年4月 2日 (木) 04時04分

ふみこさま、みなさま。
「ドミトリーともきんす」、高野文子さん好きの私も本屋さんでちらとみてみましたが、
む、むずかしそう……
確かにいつも携えて、読み込む本なんでしょう。私はまだ購入に至っていません。
「るきさん」「黄色い本」好きですが、短編集の中の「奥村さんのお茄子」、何度読んでも頭がぐるぐるします。

ふみこさんの乗られた電車も、一瞬、どこかに迷い込んだようですね。不思議です。
不思議と言えば私はよく道を聞かれます。私は道にまったく詳しくないので、なんで私に聞くのだろうと、すごく不思議です。あまりフレンドリーな容姿でもないのに……

投稿: おまき | 2015年4月 2日 (木) 09時06分

おきょうさん さん

音楽屋さんの脳は、
数学とか科学に近いなあと日頃、
思ってます。
好かれているのに、思わず逃げちゃっただけなのでは?

(あとね、音楽と編みものも、仲よし)。

黄色い電車、大好きなんです。
ずーっと乗ってってみようかなあ。

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 2日 (木) 14時06分

ゆきたん さん

ほれ、深呼吸!
忘れないで、お願いね。

学ぶためでもあるし、
よろこびを感じるためでもあるし……、
たのしい思い出をつくるためでもあるし。
佳いスタートをと、ここで念じています。

がんばり過ぎないこと。

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 2日 (木) 14時11分

おまき さん

一緒に困ってくれそうだからですよ。
おまきさん、ここでも、いつもそうでしょう?

迷ったとき、
道のわかるひとでなく、
ひとは、一緒に困ってくれるひとを
探しているんだと思うんです。

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 2日 (木) 14時13分

ふみこさん、みなさん
おはようございます。
高野文子、私も好きですと言いにきました。

娘が幼稚園のころに『るきさん』を読みたがるので、音読していました。そのうち台詞を憶えてしまい、二人で「えっちゃんとるきさんごっこ」をしていた時期もありました。

『ドミトリーともきんす』のあとがきの、「絵を、気持ちを込めずに描くけいこをしました。」という言葉が心に残っています。
近いようで、遠い。「敬い親しく思いつづける」というふみこさんの言葉が、ぴしりときました。

投稿: cohata | 2015年4月 3日 (金) 08時45分

ふみこさん
こんにちは。
2月から単身赴任中の夫に会いに、一週間ほど上京していました。
その間に季節は冬からすっかり春となり…
満開の桜は、新幹線の車窓から愛でました。街中の桜、川沿いの桜、山桜…
大阪に戻ったときには、コートを羽織る人はなく、少し浦島太郎のような気持ちになりました。

投稿: こいし | 2015年4月 3日 (金) 12時29分

ふみこ様
ふみこさん、ありがとうございます。
頑張って頑張ってと言われる中、ふみこさんのメッセージは、ほっとしました。
私、いつか、ふみこさんの街に行きたいです。
ふみこさんに、いつかお会いできることを楽しみにします。

投稿: ゆきたん | 2015年4月 3日 (金) 23時39分

 自分にとっては、少々歯が立たない本を読む。
私もやります。途中で値を上げて、放り出したくなることもあります。何度読んでもよくわからなくて、この作者はどういう思考なんだろう。私と相性が悪いなどと感じたりすることもしばしば。
 だけど、生きていく上でも、暮らしていく間にも、いつもいつも簡単なことばかりが起きるわけではなく、時には自分の手に負えないものでも、なんとかやってきたという経験が、やっぱり続けて読みましょう と決心させてくれることもあります。

 放り出すときと、続けるときと、両方あるけれど、その両方も大切にしたいな と感じています。

投稿: テレジア | 2015年4月 4日 (土) 04時50分

ふみこさん、みなさま、こんにちは
やっとやっと春がやってきましたね!雪も溶けて、ヨモギや蕗の薹、田舎に沢山の春がやってきました。

この春から、小学生になる息子は新しい扉を開けるのを心待ちにしているようです。私の母校でもある小学校は海岸線にあるため、学校は山の上にあります。
眼下に広がる海を毎日眺めながらの登校になります。私もなんだかソワソワ気分。月曜の入学式が楽しみでもあります。
ふみこさんの麻のワンピースがとてもとても素敵ですね!ふみこさんにお似合いだったことと思います。
麻のもの、私も好きです。
手触りや雰囲気も。
ふみこさんの電車の旅での出会いのように、新しい出会いがあるといいなあ…
今は娘の胃腸炎で、かなりダウン気味ですが、春のパワーをもらって、新しい一歩を息子と共に歩んで行きたいと思います。
ふみこさん、春の発見、また教えてくださいね、電車の中でも道端でも☆

投稿: みゅー | 2015年4月 4日 (土) 16時11分

ふみこさん こんばんは

今夜は、少し夜更かしをしています。
今日、久しぶりに電車でお出かけしました。
車窓の桜がきれいでした。今年の桜は満開までが早かったような気がします。
あちらこちらをぶらついて、予定に少し早い時間だったので、書店で高野文子さんの本を探しました。『ドミトリーともきんす』は残念ながら在庫が無くて、初心者の私は『るきさん』を今日のお供にしました。(そういえば高野文子さん、北村薫さんの表紙を書かれている方ですね。久しぶりに覆面作家シリーズと円紫さんと私シリーズを読み返したくなりました)
今日最大の予定を無事済ませ、帰りの電車の中『るきさん』の続きを読みながら、何度噴き出しそうになったか…。完全に怪しい人でした。でも、幸せな1日でした。もう少し高野さんと親しくなってから『ドミトリーともきんす』を読みたいと思います(ただいま図書館から予約の本が2冊続いて届いてしまったので…)。
それにしても、本を読む私は少数派でした。液晶画面をのぞく方の多いこと。電車にあまり乗らないので、世間に疎くなっていることも多いです。

この春は読書の春になると良いな。

投稿: あすちるべ | 2015年4月 5日 (日) 00時45分

ふみこさん おはようございます

「ドミトリーともきんす」の文字が目に入って
アッ!と 声をあげました。
図書館のホームページにいって 私の順番が何番目か
確認しました。あと 5人。
予約したのは数か月前 100番台だったんです あともう少し。
でも・・そうですか・・・難しんですね。
ついて行けるか心配です。
私も 高野文子さんの「るきさん」が大好きです。
“いったいぜんたい 何に追われているんだろう”と思わさる時
るきんさんを読み返したくなります。

追伸・・・ふみこさん 今日のお話は 電車のガタンゴトンと言う
音が聞こえてきました。長男も この春 社会人になりました。

投稿: えぞももんが | 2015年4月 5日 (日) 06時25分

cohata さん

幼稚園時代に、『るきさん』に
親しんでいるなんて、素敵過ぎます。
「えっちゃんとるきさんごっこ」?
なんていいんだろう。

その様子を、見てみたかったです。
どこかからこっそり(食器棚のなかから、とか)。

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 5日 (日) 14時08分

ふみこさま

告白します。
『ドミトリーともきんす』を図書館に予約して、
しばらく手元にあったのですが、
読むことなく返却の期限が来てしまいました…。

(私にとっては大きな)抱えていた大きな仕事に手いっぱいで
本を読む余裕もなく…というのは言い訳ですね。
ふみこさんの文章を読んで、残念なことをした!と思いました。
ぜひ読んでみます。

小学校での講演はおかげさまで、楽しく終わることができました。
またお話しますね。

投稿: 焼き海苔の の | 2015年4月 5日 (日) 19時09分

こいし さん

2月から「単身赴任生活」が
はじまっていたのですね。
きっと緊張もしておられることでしょう。

ときどき東京に旅ができますね。

どうか、佳き日日を。


投稿: ふみ虫 | 2015年4月 6日 (月) 07時47分

ゆきたん さま

いつか、きっとお会いしましょう。

たのしみ。

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 6日 (月) 07時48分

テレジア さま

「読む」対象は本だけではないので、
やはり「読みつづける」「さいごまで読む」
「何度も読む」「読み継ぐ」ということは
意識しないと、と近年とみに思うのです。

あらゆる「読む」は
未来を読むことにつながります。ね。

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 6日 (月) 07時51分

ふみこさま。
文子さま。
懺悔いたします。
小生は高野文子さまの著書にいまだ触れておりませぬ。
近くにきたこともありながら。
ふみこさまが取り上げられていることを知りながら。


……なんとなく後ろめたくおもっておりましたが、本とのご縁も人との出会いとおなじかなとおもいもしました。
ご縁が生まれるかな。
生もうかなとはおもっております。


数学を扱った小川洋子さんのものとは、相性があわなかったかなぁ。
厳密にいえば、もどきなんでしょうけれど、尾崎翠さんの苔の世界は大好きで、ふんちゃんの今回のものを読んでいて、おもいだしたことです。
尾崎翠さん、もっと読まれて欲しいなぁ。

投稿: 佐々木広治 | 2015年4月 6日 (月) 09時09分

みゅー さん

きょうは、これから、
わたしも入学式に参ります。
どきどきを、子どもたち、せんせい方と
共有する思いです。
このどきどきは、わたしにあたらしい気持ち、
勇気をくれます。

王子さま、
小学校入学おめでとうございます。

山の上の小学校を思いながら、
入学式に出かけます。

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 6日 (月) 09時12分

あすちるべ さん

電車のなかで、
吹きだしそうになったり、
涙ぐんだり。
液晶画面を見るのがわるいというわけでは
ないでしょうけれど、読書のひとをみかけると、
安心します。

ああ、うれしい!と思います。
何読んでるの?と思います。

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 6日 (月) 09時14分

えぞももんが さん

まあ!
社会人になられたのですね。
電車でがたんごとんと通われるのかしら。

おめでとうございます。

るきさんの生活に流れる不思議な時間は、
わたしには「めあて」なんです。
目の前のことを、静かに味わい、
静かにおもしろがっているところが、好き!

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 6日 (月) 09時16分

焼き海苔の の さん

小学校でのご講演、
聞きたかったです。

皆さんにも、どんな会だったか、
ぽつぽつとでも、お知らせいただけたら……
と思います。

本の縁も、自然に繁ってゆくものですもの。
再会を待つともなく待っていれば、きっと。
わたしも、再会を期待する本がいくらもあります。
(自分の本棚のなかにも!)。

投稿: ふみ虫 | 2015年4月 6日 (月) 12時12分

佐々木広治 さん

本とのつながりって、
ほんとうに不思議。

わたしには、広治さんがおしえてくださって
かなった読書がたくさん!
導き手とのあいだにも、縁があるんだわと思います。

尾崎翠ね。
読みますとも。


投稿: ふみ虫 | 2015年4月 6日 (月) 12時14分

財布、腕時計、バッグ スーパーコピー
当店の主要な経営のブランド:ヴィトン ディオール
シャネル グッチ コーチ ロレックスなど.
当社の目標はコピーブランド品質第一、信用第一スーパーコピーブランド、ユーザー第一の原則を守り、
心地よい親切で最高のインターネットサービスご提供することです。
品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。
弊社長年の豊富な経験と実績があり。
輸入手続も一切は弊社におまかせてください。
質が一番、最も合理的な価格の商品をお届けいたします。

投稿: エルメススーパーコピー | 2019年4月11日 (木) 01時15分

人気ブランドコピー
2019年春夏新作が入荷!
早くも2019年最新作が入荷激安屋は最高級のブランド ブランドコピー代引き(N品)専門店です!
高品質のブランド コピー、ブランド コピー 代引商品や情報が満載しています。
全部の商品は最高な素材と優れた技術で造られて、正規と比べて、品質が同じです!
当店の商品はすべて最高品質のN品でございます、
製造工場直営ですので他社に比べて大変お安く、最低価格を提示しております。
皆様方のご注文をお待ちしております。
スーパーコピー モール 映画 https://www.kopii.net/products/p1/1/1/6636.html

投稿: スーパーコピー モール 映画 | 2019年5月 8日 (水) 08時41分

【祝開店!大放出セール開催中】
あなたは自由船積みを楽しむことができます
新品入荷大特価!限定SALE!
激安専門オンラインストア
激安 おすすめSALE!
『2019年春夏新作』5☆大好評!
SALE賛発売!
【正規品!】☆安心の全品国内発送!
人気【新品】店里最受迎!
業界最高峰!全国一律送料無料!
最良の取引店へようこそ
お急ぎ便利用で当日、翌日にお届け。
【送料無料市場】今季★大特恵
『上品な』激安本物
オフ75%安いが貯まる!
偽ブランド時計 https://www.bagtojapan.com/

投稿: 偽ブランド時計 | 2019年5月11日 (土) 20時29分

激安なヴィトンコピー通販店
品質が秀逸で値段が激安なヴィトンコピー通販店
海外安心と信頼のルイ・ヴィトンコピー
業内最高レベルのスーパーコピーブランド
正規品と同等品質の超人気などの商品や情報が満載!
品質が秀逸&H44値段が激安!
今、いろいろルイ・ヴィトン コピー2019春夏新品が続々登場します。
爆安SALEも開催.。

投稿: オメガスーパーコピー | 2019年5月15日 (水) 08時12分

日本な人気と信頼ブランドコピー専門店
---------------- ----------------- ---------------- ---------------
■経営する商品:バッグ、財布、腕時計 その他小物。
---------------- ----------------- ---------------- ---------------
■経営するブランド:ルイヴィトン、シャネル、グッチ、
コーチ、ロレックス、プラダ、 ディオール、
ブルガリ、オメガ、カルティエ。
---------------- ----------------- ---------------- ---------------
■実物写真、付属品を完備しております。
■迅速、確実にお客様の手元にお届け致します。
■低価格を提供すると共に、品質を絶対保証しております。
■商品の交換と返品ができます。
---------------- ----------------- ---------------- ---------------
◆富な品揃えで最新作も随時入荷致しておりますので、ごゆっくりご覧ください。
ウブロ スーパーコピー https://www.b2kopi.com/product/detail.aspx?id=9928

投稿: ウブロ スーパーコピー | 2019年10月31日 (木) 09時15分

皆様の絶好評判を偽物ブランドコピー 時計人気専門 ショップです。
ウブロコピー時計特,2019新作続々入荷!
人気ブランド コピーの業界最高級ブランドコピー 代引き品を激安販売中です。
ブランドバッグ、ブランドコピー財布とブランドコピー時計など多数ご用意。
すべてのブランドコピー商品は品質2年無料保証です,
品質保証、あなたの信頼性。
スーパーコピーブランド n品 https://www.kopiok.com/product/detail-5679.html

投稿: スーパーコピーブランド n品 | 2019年11月25日 (月) 16時52分

2020人気TOPスーパーコピー腕時計専門店。
こういうユニークなコピーブランドは貴方の気質に顕現できるだけでなく、個性と魅力に漂います。
もしできれば、ご来店を期待しています。
世界の一流ブランド品N級の専門ショップ
◆在庫情報随時更新!(*^-^*)
◆スタイルが多い、品質がよい、価格が低い、実物写真 .
◆100%品質保証!満足保障!
2020超人気 スーパーコピー時計超美品
ロレックス スーパーコピー 買った https://www.kopioff.com/tokei/omega.html

投稿: ロレックス スーパーコピー 買った | 2020年2月 4日 (火) 05時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)