« 灰汁抜き | トップページ | 門出 »

2015年10月13日 (火)

「いらっしゃいまし。ようこそ」

 思わぬ役目を割り当てられる。
 過分なストレスを抱える。
 人知れず悲しみ襲われる。

 ひとは、それはそれはいろいろな目に遭うことになっているらしいのだが、ぎくっとするような事態を抱えたそのこころに「誰もわかってくれない!」という思いが宿る。

 いや、そんな簡単なはなしではない。「誰もわかってくれない!」氏———彼の名前は少々長過ぎるから、今後は頭文字をとってD氏と呼ぶことにしよう———は自分の枕を小脇に抱えて、宿泊の機会をねらっている。呑気な顔をしているが、そうと決まったら、素早くひとのこころに宿ってしまう。その素早さは、宿主がそのあたらしい客に気づく暇(いとま)もないほどで、というわけだから、D氏は「いらっしゃいませ」なんかとは一度も云われることがない。
 ある意味、それはD氏の不幸ではある。
 この不思議な長逗留希望の泊まり客は、宿主をへとへとにさせる。

 つい先日のこと。

 わたしのところへ、久しぶりにD氏がやってきた。
 というか、気がついたら、わたしの胸の奥の間に泊まっていた。その寝そべり様(よう)を見たら、少なく見積もっても1週間前からの滞在だということが知れた。むっとした。……そしてわたしは冷静を装い、なけなしの感じのよさを発起して「いらっしゃいまし。ようこそ」と云ったのだ。
 すると、寝そべっていたD氏が坐り直して、頭を下げた。
 ああ、これだからD氏には手を焼くのだ。
「予約もなしに来られては困ります」
 とやっつける。
 すると、こうだ。
「玄関には番頭さんはじめ、誰の姿もないし、勝手知ったるところ故、上がらせてもらっておりました」
 D氏の到来に気づかず、奥の間を占領されてしまったのはわたしの落度だ。けれどこのたび、わたしはちと元気であった。これまで、幾度となくしてやられてきたD氏に向かって、きっぱり云う。
「うろたえたりはしていませんよ」
(胸のすく思いだ)。
 そう告げるとD氏は、微笑みながら「ほ」と云った。
「誰もわかってくれないなんて、あたりまえのことだとわたし、知っておりますもの。だいいち……」
「だいいち、何ですかな?」
「だいいち、わたし自身、何が辛くて、何を嘆いているのか、はっきり摑めないうちに、アナタのペースに巻きこまれてしまっていたんだと気がつききました。誰に何をわかってもらいたいかも、ほんとうはわからないうちにね」
「これはこれは」
 D氏はかすかに、困惑の表情を浮かべている。
「いちじくの間に、お好きなだけ滞在してくださってけっこうですが、おかまいはできません」
「とすると、このあいだのときのように、涙も愚痴もなしですかな」
「なしです」

 つぎの日、奥の間は蛻(もぬけ)の殻でしたとさ。

Photo

先週、来年履く「裂き織りの草履」を
見ていただきました。
1年のうち、かなり長い季刊素足と草履で過ごしますが、
寒い時期は、写真の室内履きを履きます。
1010日現在まだ素足ですが、
そうですねえ、11月も半ばを過ぎたら、これを。
「わたしも同じのを掃いてます!」
という方もあろうかと思います(ちょっとたのしみ)。
もう15年くらいこれを使っています。
みつけると買っておきます。
Photo_2

裏側は、このようにすべり止め仕様に
なっています。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

ふんちゃんこの頃
こんがらがりが溜まっていて
お疲れのように感じ心配しておりました。
でも、もぬけの殻になったというので
少しほっとしています。


ふんちゃん聞いてください!またひとつ
嬉しい報告ができます!
正式に正式に担当を持たせてもらえることになりました!嬉しいのなんの!

毎日の積み重ねが認められたのかと嬉しいです。

投稿: たまこ | 2015年10月13日 (火) 12時14分

ふみこさま、みなさま

先日はうれしいおたよりありがとうございました

もやもやしたものいたずら書きしていたら
ふみこさんの広場にまではみでてしまいました
温かく受け止めてもらえて着地しました

お休み中,御岳渓谷歩いてきました
すごいごつごつした岩肌、迫力のある水の流れ
下流の方の丸い石にあこがれていましたが
「ああ、この方が私らしくていいや」
と気分すっきりです。
主人は沢の井の「ひやおろし」いただいてにっこりでした

いつもありがとうございます

投稿: 真砂 | 2015年10月13日 (火) 12時35分

ふみこさま みなさま こんにちは

どうもすっきりしないお天気が続いています~明日は晴れるかな~~

あぁ。。。ドキドキしました。
最初の3行に、ここ数日の自分を重ねてしまいました。
ふみこさんには見えてたのかしら?と思うくらいに。

D氏とはちょっと違って、誰もわかってくれないと思ってしまう状況ではないのですが、ふみこさんとD氏のやり取りに、気持ちの整理をさせていただきました。
次の日「もぬけの殻」ということにはなりそうにはありませんが、今回は涙も愚痴もなしで。。。いけたらいいな。。。と思ってるところです。

何だか極めて意味不明なコメントになってしまい、ごめんなさい。
でも、とっても感謝しています。

投稿: かえるのしっぽ | 2015年10月13日 (火) 15時47分

たまこ さま

そうですか、ばれていましたか。
わたしは、今週はじめに、
自分の疲労に気づきました。

オマエサン、疲れてるんじゃない?

ちょっとペースを落としていま、過ごしています。
心配してくださって、ありがとうございます。

そして、おめでとう!ございます。
正式に担当をね……。
乾杯!
自信を持って、堂堂とお願いします。


投稿: ふみ虫。 | 2015年10月13日 (火) 18時28分

真砂 さん

ロックガーデンを歩かれたのですね。 
真砂さんのリュックサックのポケットに
入って、いっしょに行きたかったー。

澤乃井 ひやおろし〜。

投稿: ふみ虫。 | 2015年10月13日 (火) 18時36分

かえるのしっぽ さん

よかったです。
最初の3行のどれかに、
当てはまっておられたのですね。

かえるのしっぽさんは、
D氏に占領されることなく、
冷静でおられたとは思うけれど、
それでも、ほら、整理がつかなければ
「小爆発」ともなりかねないですかね。

いや、 かえるのしっぽさん、
爆発系統のご性格ではないですね。
それはよく知っております。

でもたまには、パンッと「ぱくはつ」したらどうかな。
「ぱくはつ」とは、爆発のかわいいヤツです。
わたしはこう見えて(どう見えているかぜんぜんわからないのですが)、
発散、もっと云えば爆発系統なので、
ちょっと悪の誘惑をいたしております。

投稿: ふみ虫。 | 2015年10月13日 (火) 19時07分

ふみこさま、お久しぶりです。素敵な室内履きですねー欲しいです!売ってますか?
いつも思うのですが、美しい御御足!
ふみこさまですか?
羨ましいです。

投稿: まみちゃん | 2015年10月13日 (火) 20時06分

ふみこさま みなさま

またひとつ心に留めておきたいお話をいただき、感謝しています。

D氏…なかなか来たことに気がつけなくて。
帰っていった後に、「D氏だったか!」と気がつく私。
彼は「家」にやってくるんですよね。無防備なときに。

丁寧な対応でお帰りいただく、というのが、とてもいいです。
D氏のお仲間にも気をつけなくては。

先日、公園の中を歩きまわって木の実、草の実を集めてきて、昆虫の標本箱に入れて名前をつけたらとてもすてきなものができましたよ。そんな季節ですね。

投稿: siki | 2015年10月14日 (水) 05時34分

まみちゃん さん

おはようございます。

室内履き、
スーパーマーケットとか、洋品店とか、
気をつけていると、出合えます。
2足で680円くらい!
(値段の安いのもいいでしょう?)

サイズはMとLがあります。
みつけてくださいねー。
底が擦り減るので、
複数買っておくことにしています。

投稿: ふみ虫。 | 2015年10月14日 (水) 08時49分

siki さん

ほんと、ほんと。
丁寧な対応って、冷静にならないと
できないですものね、かっかしちゃだめなんですね。
ありがとうございます。

それにしても、その標本箱、
あまりにも素敵ですね。
わたしも、真似してみよう!

投稿: ふみ虫。 | 2015年10月14日 (水) 08時51分

ふみこさま みなさま

 私の場合、もしかしたらD氏はずっと納戸の押し入れに隠れているのではないかと、ちょっと不安になりました。
でも、家捜しするのも D氏の思うつぼかもしれないので、最近はまってる切り絵にせっせと精出そうかと思ってます。 

 私の住んでいる岡山県の県北では、稲刈りも済んで、銀杏や漆の木々が一足早く色づき始めました。
田舎なので、寒くなってくると空気がどんどん澄んで

投稿: うさぎのぽけっと | 2015年10月15日 (木) 21時56分

ふみこさま みなさま

 ごめんなさい、間違えて途中で送ってしまいました。

これからは 毎日が楽しみな季節なので、いい時間を過ごせたらいいな、と思ってます。

投稿: うさぎのぽけっと | 2015年10月15日 (木) 22時03分

ふみこさま。みなさま。

びっくりしました。
精一杯の何日かを過ごし、疲れきって帰宅して
ここを訪れたら、この3行でした。
「誰もわかってくれない。」
全くD氏にのっとられていました。
(あなた)のためにがんばったのだけれど。
誰も、ではなくて、(あなた)に、ただ一言、
「ありがとう」と言って貰えればそれでよかっただけなんだけれど。
帰りの電車の中で、ふみこさんの
「好きでやらせてもらっている」のお言葉を思い出しました。
帰りの電車で思い出したって遅いです。

「誰もわかってくれないなんて、あたりまえのこと」
そうですよね。
したくてしたことなんだから、それでよしとします。
(あなた)もきっと
「あいつはわかってくれない」と思っていることでしょう。
そう考えたら、思わず苦笑です。

胸の中のマグマ溜まりに溜め込むのを防げたような気がします。

投稿: さのまる | 2015年10月15日 (木) 22時46分

ようやっとひとしごと終えてきました。
今年はしんどかった・・・でも、まわりのみなみなさまのお力をおかりして、23回目の発表会、終わらせてまいりました・・・。

しんどかった1番の理由は、母が急に心に風邪をひいてしまい、弱虫になってしまっていたからでした・・・。
母の存在が今までほんとうに大きくどっしりしていたもので、急に赤ちゃんのように弱弱しく何もできなくなってしまったことに私がおっついていけなくて・・・。

準備忙しさマックス週にさしかかり3日で6時間しか寝ていない中、それでもなんとか時間を作り、様子を見に行って、世話をして、仕事開始までにぎりぎりまでねばって、帰宅しようとしたときに

「もう帰ってしまうのか」と涙ぐむ母に

「こんなに私ががんばっているのに、なんで泣いてるの!」

とお相撲さん級のD氏がででーーーんといらっしゃってたことに気づかないで声をはりあげて自分も泣いてしまいました・・・。だめですな。ほんとにだめだ。

ひとりひとりで住むにはあまりにも大きな一軒家にぽつんと残された母を思うと本当にやるせない気もちです。忙しさは時に正しい思考力を奪っていきますね。でも、日常って本当に忙しい・・・。でも、それを作り出しているのは自分なのかもしれないと思うと、私も考えなきゃいけないときなのかもしれません。

ああ~ごめんなさい。この広場に負のオーラをまき散らしてしまっていました!!


D氏はいつまでいるのかな。まだちょっと居座られそうだな。
おかまいはしません。そうすればおきょうさん旅館も飽きてしまうでしょう。それまではひとつひとつ。山を越えていきましょう。えっこらえっこら。


投稿: おきょうさん | 2015年10月16日 (金) 00時36分

うさぎのぽけっと さん

思えばほんと。
そうですね。
訪ねてくるように思っていたけれど、
こそっと棲みついているのかもしれません、D氏。

どちらにしても、好きにはさせないぞって。
いま、思っています。

大好きな季節です。
すこし寂しくて。
佳い日日を。

投稿: ふみ虫。 | 2015年10月16日 (金) 09時40分

さのまる さん

「ありがとう」の威力ね!
ほんと、ただ一度云ってもらえれば
それで何もかもおさまるのに……。
求めている「ありがとう」がいつまで待ってももらえないと、
気がつくとD氏がとなりでにんまり笑っていたりする。

でも、わたしも、
きっと大事な「ありがとう」や「ごめんなさい」を
云い損なっていますよね。
ときどき、見当はずれに反省したりしています。

「電車」でおもいだしたのですが、
ときどき乗る電車内で、
かすかな親切が実現したり、
袖振り合うような愉快なことが起こったり。
そんな、ささいなことに、
びっくりするほど元気づけられます。

投稿: ふみ虫。 | 2015年10月16日 (金) 09時48分

おきょうさん さん

いいおはなしをありがとう!ございます。

その前に、発表会、おめでとうございます。
お疲れさまでした。
お母さまが、おきょうさんさんにほんとうの思いを
打ち明けておられるところ、
うらやましいなと思いました。

わたしの母は、どこかでわたしに遠慮して
率直な思い(とくにさびしさ、辛さ)を
話せないでいるように思います。
打ち明けられても、どう応えていいものか、
わたしはきっと、困り果て、おろおろするのでしょうけれど。

おきょうさんさんが、
真にたのもしいひとになった証です。
お母さまのお風邪も、じきよくなられましょう。

お大切に。
おきょうさんも、お大切に。

投稿: ふみ虫。 | 2015年10月16日 (金) 09時57分

ふんちゃん

 「D氏」なんて、素敵な名前…。
 
 私の中にも、現れます。もちろん。
 もしかして、やっぱり現れるのではなくって、すでに私の一部になっているのではないかと思うくらいの頻度で、ちょろちょろしていることも…。
 それは、私の体調が傾いている時や、がんばりすぎている時に、
 待ってましたとばかりに、存在をアピールしてきます。
 ふんちゃんが書いてくれているみたいな、愉しいやり取りができるくらいになったら…どうにかやり過ごすこともできるようになるかもしれないという希望がわいてきました(^^)

 そういう時こそ、ちょっと離れたところから事態を眺めて、
 「ほほ~、きましたね~」とできるようになりたいなぁ。
 おきょうさんの「忙しさは時に正しい思考力を奪っていきますね。」というおことば…私も大きくうなずきました。
 
 だからこそ、「灰汁ぬき」をしたり、「いらっしゃいまし。ようこそ」とすることが大事なんですね…。
 
 ふんちゃんが前回書いてくれた、学校の先生を思うとさぼれなくなってしまうことがあるということも、私も同じです。
 力を入れすぎずに、ほんわかと、ほっこりと…
 やっていけたらな~。

 ここへお邪魔して、いつもそういったものを取り戻せている気がします。

 ふんちゃん、みなさま ありがとうございます!

投稿: もも(^-^) | 2015年10月16日 (金) 14時05分

ふみこさま。

誰もわかってくれない!

つい思っちゃいますよね。
わたしも、よく思います。
でも、私も人のこと、わかってないことに気がついて・・・。
私に与えられた役目は、ゆっくりでも、いやいやでもいいから、やらなくっちゃねー、と思いました。

今日は、いただいた栗の皮をむいて、栗ご飯をつくりました。
とりかかるまでは、いやいやでも、しだいに楽しくなってくるもんですね。
今は、家の者たちが帰って、よろこぶ顔を思い、うれしくなっています。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2015年10月16日 (金) 15時08分

もも(^-^)さん

張りつめてばかりじゃ、
だめなんでしょうね。
やっぱり……、少しぼんやりして、
何ごともゆったり受けとめないと。

最近、ことを急ぐと、
結局、何もかもがおろそかになる。
というような気持ちになるんです。
早くやっつけよう、
ともかく決めちゃおうというのでは
ダメなんじゃないかと。

時間をかけて、
少なからず遠回りもして……、
損もして(わたしには、どうも損得がわからないんだけれども)、
失敗もして(これは得意よ)、
ああ、やっとのことで1mm進んだーというように
行きたいんです。

大事なことを、
そんなにとっとと決めちゃわないでよ、
と思わされてばかりいるきょうこのごろ。

投稿: ふみ虫。 | 2015年10月16日 (金) 22時03分

ふみこ様 おはようございます

名前は D氏
そうか そう言う名前だったのか!!

自分をモヤモヤと悩ませる 素性がわかると、
病院に行って
「インフルエンザA型ですから これを飲んで安静に」と
お医者さんに言われた時みたいに
やるべきことがわかって ほっとします。
でも 一番 元気が出てくるのは
みんな D氏に悩まされているんだと 分かったこと。
元気な時は 誰にもわかってもらわなくてけっこう!
なんて 思えるんですが、やっぱり 疲れていると
だめですね。
今回は インフルエンザとまではいかない
喉の奥のイガイガぐらいでした。
はちみつ大根を作って 飲みました。

ふみこさん 朝夕グッと冷え込んできました。
暖かくして D氏に出て行ってもらいましょう。
 

投稿: えぞももんが | 2015年10月17日 (土) 07時01分

こぐま さん

ひとのこともわからないけど、
何より、何より、
自分のことをわかっていない!
と愕然とするのです。

自分への無理解の歴史は、
きっと、よかなぬものを招いている……。
あ、D氏も、そんな無理解から生まれたものかもしれません。

わからないのは……、
わかりにくいのはしかたないとして、
わかろうとする姿勢は大事。ですね。

投稿: ふみ虫。 | 2015年10月17日 (土) 07時34分

えぞももんが さん

わたしにしたら、
えぞももんがさんのところへも
D氏が訪れるなんて、
とてもうれしい……。

あ。
うれしいというのは、おかしな表現ですね。
ごめんなさい。
えぞももんがさんのところへも行くのなら、
我慢も足りない、怠け癖のあるわたしのところに、
D氏が長逗留しようとやってくるのなんか、
あたりまえ!
そういう気持ちです。
ほっとしたんです。

最近、たまにならイガイガやプンプンも
ションボリいいかなー、と考えるようになりました。
それが去った瞬間!
それが見えるようになったからです。

若いころは、
いつの間にか(イガイガ、プンプン、ションボリに)居坐られ、
いつの間にかそれが去っている。というふうでした。


投稿: ふみ虫 | 2015年10月17日 (土) 07時39分

ふみ虫さま

今週はじめ
主人から続けて風邪が
我が家をめぐりました。

数年ぶりに寝込むことに
なりましたが
なんとか復活をしました。

D氏、いつの間にか
入り込んでいるものですね。
気づいて退去ねがうまでが
自分の修行であると思います。

投稿: 寧楽 | 2015年10月18日 (日) 09時35分

寧楽 さん

まあ、それは大変でした。
そういうとき、お店はどうなるのだろう……。
と、いろいろ考えました。

風邪はひけない、
寝込めない、
と緊張して過ごされている日日に、
どうして風邪がまぎれこんだものか。
でも、こんな見方もあるますよ。

もう寧楽さんのご一家は、
ことしの冬の分の風邪は卒業したのです。

どうか毎日お元気で過ごしてください。


投稿: ふみ虫。 | 2015年10月19日 (月) 10時09分

ふみこさま こんにちは

ここしばらく、なんだか心持がおかしいなぁと思っていたらD氏だったのか…。おまけにN(なんでわたしだけ⁉)氏も一緒に居着いていました。
もう笑ってしまうくらいトホホなことが有りました。
はは が風邪をひいてショートがお休みになってしまった。突風でテレビのアンテナが倒れた。ずっと前の表彰状が(やっと)送られてきたのですが名前がもう一人の方のだった(届いて直ぐ、筒から「じゃ~ん!」と夫と ははの前に広げたのに…)。あげくパソコンでCDをプレーヤーに取り込んだはずが、うっかりすべて削除してしまいました(2000曲!手放したCDも多数…)
へとへとだったりしたのですが、ははの風邪も何とか治り、アンテナは、するすると屋根に上ってもらえてすぐに直してもらえて、表彰状はその週の内に無事に自分のものが届き、そんな中、5時間程お留守番をしてもらってライブに行ったり、友人からあなたの好きな人がテレビでうたってるよーと電話で教えてもらってそのまま話し込んだり、それなりにうまくゆかなさも楽しんでいます。これはふみこさんにおしえてもらった事です。

ここを読んで、ちょっと上向きに目線を変えられそうです。
あぁ、でも、まだちょっと混乱たお手紙ですね。

でも…、ふみこさん、ありがとう。D氏とN氏には出て行ってもらえそうです。

投稿: あすちるべ | 2015年10月19日 (月) 17時30分

あすちるべ さん

映画の主人公並みに活躍してたんですね、あすちるべさん。
もの悲しさにこころ震わせ、
思いきり笑い(ごめんなさい!)、
いまも、目がパシパシしています。
拍手。

ほんと、あすちるべさん、
あなたは素敵だ!


投稿: ふみ虫。 | 2015年10月19日 (月) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)