« 雪が降りました | トップページ | 朋友 »

2016年1月26日 (火)

ころぼう、しくじろう、はみだそう

 その日は、朝から出かけた。
 玄関から一歩踏みだすと、そこに凍りつきそうな大気が広がっており、思わず「おっ」と声が漏れる。あと何か1枚多く着こんだらよかったかもしれないけれど、もう間に合わない。
 それなら、あと1枚という分を、心構えで補うしかない。肩を張り、へその少し上あたりに力を入れる。

 駅までの道の上、子どもが転ぶのを見た。

 数日前に降り積もった雪が、凍りつき残る道の端(はた)に足をとられたらしい。
 ならんで歩いていた母さまらしきひとの顔を見上げてから、男の子はゆっくり泣きだした。「か行」で泣いている。凍りつきそうな大気を、かりかりと音をたてて削るような声。見事な泣き声である。
 母さまがいなかったなら、泣かずにすんだかもしれないが、泣けてよかった。
 泣くより以前に、転べたのがよかった。

 用事を終えた午後
3時半。
 ああ、パン粉を買うのだった……と思いだし、スーパーマーケットの客となる。
 散歩気分で、店内をぶらりぶらりと行く。結局、パン粉のほかにカレー粉の缶とかまぼこ、豆乳をかごに入れ、レジに並ぶ。
 すると、目の前の30歳代とおぼしき女(ひと)が「あら、やだ」と云いながら、からだをよじりはじめた。財布を探しているのだ。提げ袋のなかに顔をつっこまんばかりにしたかと思うと、スカイブルーのダッフルコートのポケットに手を差しこんでみている。
「あー、財布、忘れてきたようです。でも、別に千円持ってますので、千円分だけ買わせていただきます。……スミマセン」
「それでは、その分を選んでこちらのかごにお願いします」
 レジ係(こちらも若い女性)は事も無げに云う。こんなことはめずらしくないのだろう。めずらしくはないけれど、レジの前で財布のないのが発覚する気まずさはいかばかりかと思う(と、遠いことのように記しているが、かつてわたしも同じ経験を二度ばかりしています)。
 財布を忘れたひとは、山盛りの買いものなかから牛乳、卵、豆腐2パック、キムチを選んで買いものを終えた。そのひとは終始たおやかに堂堂としていて、いい風景を見た、という思いが湧く。

 帰宅すると、午後
4時半。
 とりかからなければ間に合わない仕事が待っていた。が、そこへ向かう神経も立ち上がっておらず、案も浮かんではいない。
 はみだそう。
 そう思って台所に立つ。
 じつは前の日に、白菜1株を塩漬けにした。キムチをつくる下準備である。思えばそれも、書こうとする案を練りながらの「はみだししごと」だった。
 それを本漬けしようというのが、本日の行程。朝のうちにおろしにんにく、おろし生姜、いかの塩辛、ナムプラー、砂糖、コチュジャン、一味唐辛子、水でつくったキムチだれで、にらとねぎを和える。いい香りだ。キムチらしさが部屋に漂って、何とも云えない気持ちになる。キムチ(のようなもの)をつくるのは初めてのことで、自分にその気を起こさせた友人にも感謝せずにはいられない。
「キムチつくってみたのよ」と云って白菜14株分のキムチを分けてくれ、あとからレシピも持ってきてくれた。それはキムチをつくる世界への誘(いざな)いでもあったけれども、どんなに忙(せわ)しないこころになっていても、こんなしごとをはさみはさみ、生きてゆきたいという指針をわたしに持たせた。
 予定や、ノルマなどからちょっとはみだしてやっちまえばできるものだ。それを「はみだししごと」と名づけて、年明けからいろんなしごとをしている。
 さて、一日塩漬けにした白菜を絞って、水けをきり、キムチだれを白菜の葉に塗りつけるようにしながら漬けてゆく。そんな作業を黙黙とすすめるあいだに、そうだ、はみだししごともいいが、わたしははみだし人間になろう、と思いついている。
「これはこうと決まってございます」とか、「めんどうな前例をつくらないが、よろし」とかいう常識からはみだそうというのである。

 ころんだ男の子、買いものをしくじった女(ひと)に勇気づけられ、キムチの本漬けに、あたらしい指針を授けられた、本日。

Photo_2

こうして漬けたキムチを、
翌日から食べはじめています。
最初はサラダ感覚ですが、だんだん、深く漬かってゆく。
はみだししごと、バンザイ!

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。
近頃は大雪で大変な思いをしていないかと皆様のことが心配です。


ふんちゃん前回は宿題のお返事ありがとうございます。
ふっと心が緩んだ気がして嬉しかったです。
私にとってのはみだしはしくじりです。
しくじったときは
今のやり方を改めよというお知らせだと思っています。
そして身の回りを整理整頓しやり方を改善していきます。

今日も少しずつ進化していきます!

投稿: たまこ | 2016年1月26日 (火) 12時26分

ふみこ様

どうしてそういう気になったのかは定かではないのですが、
何となく今年に入ってから絵日記をつけ始めました。
毎日何かちょこんと絵とひとり言を描いています。
毎日寄り道をしているようで
用事ははかどらないのですが、それが何さ、です。
はみだすって快感^^

投稿: ゆるりんりん | 2016年1月26日 (火) 21時24分

ふみこさま、みなさま

「木から落ちた。すべって転がったところにえびねが
たくさんあった」の庄野さんの文学の続きを読んでる
ような気がしました。

そして、生田の丘から「五重奏」のパリの世界へ。。

現実からはみだし、ふわふわと。。
不協和音のなかにもきらきらしたものがあり
やさしさがあり、せつなさがありました。
25歳の女性の「譲歩を知らない厳しい美しさ。。」
はまさに、フランス音楽のラベルの音の世界だなと。
これは昼間の感想です。
夜の部「やっぱり、男って。。」とお酒のみながら
語ってみたい作品。ありがとうございました。

音楽を舞台にした小説は少ないのですが。。
詩人でもある小池昌代さんの「弦と響」も好きです。
彼女の「タタド」という作品もなにか引力にひかれる
ようにはみ出していく感じがします。

好き放題つぶやかせてもらいました。
いつもありがとうございます。

投稿: 真砂 | 2016年1月27日 (水) 08時19分

たまこ さん

しくじりは、「お知らせ」。
なんと、スバラシイ受けとめ方。

いろんなことが「お知らせ」ですね。
勇気をいただきました。

アリガトウ。

投稿: ふみ虫。 | 2016年1月27日 (水) 10時13分

ゆるりんりん さん

何となく絵日記。

それ、すごくいい!と叫んでしまいました。
発見もあるし、発見もあるし、発見もあるし。

積み重ねは大きいです。

投稿: ふみ虫。 | 2016年1月27日 (水) 10時20分

真砂 さん

真砂さんに『五重奏』を紹介できて、
達成感のようなものを持っております。

よかったな。

わたしは、『弦と響』『タタド』をね。
ありがたいことです。

投稿: ふみ虫。 | 2016年1月27日 (水) 10時23分

ふみこさま みなさま こんにちは。

寒波の後の空は青空でしょうか?
こちらは季節外れの雨降りです。寒中に雨とは何とも居心地のよくない空模様です。やっぱり平年並みがありがたいです!

ころんだからこそ!しくじったからこそ!はみだしたからこそ!見えるモノ、感じるモノ、気づくモノ、つながるモノ、広がるモノなどなどたくさん!

今日はこのお天気の影響か微妙な不調(体調の)で、予定していたものができなかったけれど、その分いつもはできないことを楽しみました。
それもいいかなぁ。。。と思います。

でも、元気でいられる方がいいなぁ~~
でもでも、明日はきっと元気だわ♪

投稿: かえるのしっぽ | 2016年1月27日 (水) 16時58分

ふみこさま
みなさま

こんにちは。

今日の私の“はみだししごと”は
リンゴのケーキを焼く事でした。
甘さ控えめな、素朴なケーキが焼き上がりましたよ。

さてと。私は常識やルールを、
できるだけ守りたいと思うタイプです。
調和の中に居ることで安心します。
だから、その調和を乱されると、
内心、動揺します。
手に負えなくなると、スタコラサッサと
その場から、その人から、逃げたくなります。

その反面、へそ曲がりな所もあって、
ひとつの事を、いろんな角度から見たいという
そういう部分もあります。
トンガって、気持ちのままに動いて、
失敗したことも数知れず。
いやはや。訳がわかりませんね。

ふみこさんの“はみだし人間になろう宣言”は、
“自分以外のひとのはみだしも、
ドーンと受け入れちゃうわよ宣言”とも思われ、
潔さと、優しさを感じました。

私にできるだろうか?うーん。
でも、とにもかくにも。
明るく前進しようと、それだけは思います。
思うようにならない事ばかりだけど、
自分の嫌な部分も弱い部分も引っくるめて、
笑顔で、何とかなるさぁーと思いたい。

支離滅裂なお便りになってしまいました。
すみませーん。
次男が帰宅しました。リンゴケーキ食べます。


投稿: みぃ。 | 2016年1月27日 (水) 17時19分

ふみこさま

マジメなゲンジツトウヒ続行中なので...
はみだししごとも手を出し足を出し...
やらなければならない事があるのに...
お尻に火がつき、カチカチ山のたぬきさんのようになっている感じ!
燃えない内になんとかしなくちゃ!

あ、新聞紙の雪の音、楽しいでしょ!となりのグループは王子様役の人が
お椀で馬の足音をパッカパッカとやって自分の口で「ぶるるる」とリップロールしてから格好つけてステージに上がり、大変面白かったですよ。

投稿: かおる(ヌケちゃん) | 2016年1月27日 (水) 18時35分

かえるのしっぽ さん

「不調」も、ほら、
たまこさんがおしえてくださったように、
「お知らせ」ですものね。

なんのお知らせかなあ……てなことで、
どうか明日も佳い日にしてください。

おやすみなさい。

投稿: ふみ虫。 | 2016年1月27日 (水) 21時55分

みぃ。さん

みぃ。さんのおたよりが、
ちょっと(ちょっとです)思いがけなくて、
ぎゃっと小さく叫んだことを白状いたします。

みぃ。さんに、
「常識やルールを、
できるだけ守りたいと思うタイプです。
調和のなかに居ることで安心します」
という感じを受けたことがなかったのです。
身に備わった、礼節や教養は伝わっていました。
でも、場合によっちゃ、常識とされていること、
調和という約束とだって、たたかいますわよ、という
勇敢さも感じていたので。

ほおお、とね。
思ったのです。

でも、自分を構成する思想も思い方も
「輪っか」だとすれば、
そのときの自分が見せているもの、
見ているものは、つながっているのかもしれません。

ちょっと眠たくなってきて、
わけのわからんことを書いているかもしれませんが、
「輪っか」を思ったことはよかった。
これで安心して眠れます。


投稿: ふみ虫。 | 2016年1月27日 (水) 22時04分

かおる(ヌケちゃん)さん

わたしから かおる(ヌケちゃん)さんへ、
ぶるるるる。

投稿: ふみ虫。 | 2016年1月27日 (水) 22時05分

ふみこさま、おはようございます

昨日うれしいお便り読みました
そして、思い出しました

「タタド」は私が大切な人を次々に失った時
偶然見つけた本でした。
「波をまって」という作品が「タタド」のなかにあります
波の音と人間のこころにひかれました。

その時やはり偶然みつけたのがふみこさんの
「暮らしのポケット」
さし絵にひかれました。
2冊同時には読めず最初にふみこさんの本を読んだ
のは娘。「ふーん。大人ってこんなふうに思うんだね
おもしろい。」と偉そうに。当時11歳。

小池さんが1歳上でふみこさんが2歳上で
こんなお姉さんがほしいなあと勝手に親しみを
感じさせてもらっています。

それから、昨日のコメントで「木から。。。」
の文受験シーズンにふさわしくない単語を2つも
使い大変不愉快に思われた方、失礼しました。
心より受験生の皆様が普段通りに力をだせますように
かげながら祈ってます。

いつも読んでくださってありがとうございます。

投稿: 真砂 | 2016年1月28日 (木) 08時11分

ふみこさま。みなさま。

こんにちは。
今日は、結婚記念日です。
主人に、28日にごちそうできないから、土曜日にでも何か作ろうか・・・、と言われたとき、はっきり言って、何のことかわかりませんでした。そうです。わたし、すっかり忘れてました。
もう少しで、しくじるところでした。あはっ。

なんということはないけれど、よくつづいたなぁ・・・、と思います。
これからも、お互い空気のようになりたいなぁ、と思っています。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2016年1月28日 (木) 17時15分

真砂 さん

好きになった本て、
大切な友だちですね。

変わりなくそこに存在しつづけてくれる、友だち。

こちらが「好きになったその瞬間」と
ちがう「時」を生きるときにも、
変わりなく存在しつづけてくれる、友だち。

投稿: ふみ虫。 | 2016年1月29日 (金) 10時55分

こぐま さん

わあ、なんていい感じ。

忘れていたって、何だって、
思いだすことができて、
何より、そのことをありがたがれるしあわせは
比ぶるものがないですねえ。

ほんとにほんとうに
おめでとうございます。

投稿: ふみ虫。 | 2016年1月29日 (金) 10時56分

ふみこさん、みなさん
こんにちは。

娘の受験まであと3日です。今は小学校はお休みして、いわゆる受験勉強をしています。

さっき、過去問を解いていたら、急にきーーっとなり、
「過去問もあるし、塾の宿題もあるし、どうして泣いてるのかわかんないけどー!」
涙がぽろぽろぽろ...

でっかいキャベツをまっぷたつに切って、手でちぎって、スパゲティをゆでて、ゆであがり前にちぎったキャベツをたっぷり投入、湯切りしたのち、魔法のソースで和える。
を、一緒にやりました。はみだしスパゲティです。
魔法のソースは、キューピーの、「こんがりチーズ&ガーリック」です。
日頃は、出汁・しょうゆ・みりんで、茶色いおかずばかりの娘は、
「わるい味(もちろん「魅惑的」の意味です)でおいしいーー!」と言いながら、ぺろりと食べました。
涙も飛んでいきました。

投稿: cohata | 2016年1月29日 (金) 13時03分

またまた軒下をお借りします

あすちるべさん

『富士ファミリー』の「ありがとうございます」をありがとうございました。
私たち(私と娘)は木皿ドラマのファンで、くりかえしくりかえし観ています。
『昨夜のカレー、明日のパン』とは、音楽も同じ方で、そこも嬉しかったです。

投稿: cohata | 2016年1月29日 (金) 13時33分

ふんちゃん、みなさま、こんにちは。


ころぼう、しくじろう、はみだそうとは、人を理解しようと寄り添う姿勢なのかなとおもいました。
宮崎駿が国立ハンセン病療養所多磨全生園を残そうと活動しているというニュースを見て、そのことを繋げておもいました。
きっとふんちゃんのなかでも繋がっていると。
最近、少しずつ、石牟礼 道子さんの『苦界浄土』を読んでいます。
北條民雄のころ、水俣病が発生したころ、原発の事故があった近年、はたして今は成長してきているのだろうか。人として。
他国のことをとやかく言えるだけの国なのだろうか、とおもいます。

投稿: 佐々木広治 | 2016年1月29日 (金) 20時35分

ふみこさん、みなさん、こんにちは
。急いでお便りさせていただきました。ふみこさんやみなさんなら、この気持ちを受け取っていただけそうで!
先日、外が真っ白、銀世界のど真ん中にいる気分の朝でした。車や登校の心配するよりも早く、私にはこの銀世界のなんともいえない清々しい空気と、何かとても澄み切ったものを感じずにはいられませんでした。

そんな吹雪のなか、母に運転を交代してもらい、新しく参加するボランティア?の会合に参加してきました。
ここから、私の何かが始まるといいなと…小さな夢を含んで。

はみだししごと…私は大歓迎です。いつもはみだしています…きっと私(笑)
ふみこさんの白菜のキムチ、美味しいでしょうね〜!キムチは何かのお料理にもお使いになるのでしょうか…?!寒い時期は恋しくなりますね!
まだまだ寒い時期が続きますが、お身体大切になさってくださいね。
こぐまさん、ご結婚記念日おめでとうございます。
受験生の皆様、お身体には気をつけてそしてご自分を信じて…!

投稿: みゅー | 2016年1月30日 (土) 13時23分

ふみこ様 おはようございます

このキムチ、美味しいそうです。
色がいいですね。
あつあつのご飯の上にのせて食べるのがいいか
ビビンバの上に おまけとしてのせようか
想像しました。

ふみこさん
息子達が小さかった頃 冬の買い物には
そりを持って行きました
スーパーで買い物が終ると
そりに 息子をのせて 買い物の袋を
しっかり抱えてもらいます。
カーブに差し掛かると そりが傾いて
買い物袋を抱えている息子が 転げ落ちる。
私は気が付かず カラのそりを引いて どんどん進み
むすこが 慌てて「おかあさ~~ん」と叫びながら追いかけてくる。

あ・あ・・あの光景は めんこかった。
ころんだ男の子の話を聞いていて
懐かしく思い出しました

投稿: えぞももんが | 2016年1月31日 (日) 07時07分

ふみこさま、おはようございます

先日「本はずっとそばにいてくれるともだち。。」いただき、
抱きしめたくなるような思いでその本をみつめたら。。

その本の一人の著者とやりとりさせてもらっているって。。
あり得ないくらい幸せなこと
本当にありがとうございます。

昨日、装丁が青い楽譜になっている本
谷川俊太郎さんの「せんはうたう」[ゆめある舎]
友人よりいただいたので、
「いきもののうたは とてもしずか
みみをすまさないと きこえない」

「そっくりの ははとむすめ
ちがいは ニオクターブ?」

うちは4オクターブくらいあるので。。
よろこびもその2倍って思えるようになりました。
娘11歳からふみこさんの本の読者ですからねえ、
ポケットにたくさん楽しみ自分で見つけて
なかなか手ごわいわけです。

この本の装丁いいなあとながめてます
朝から失礼しました。昨日雪ふらなかったなあー。

投稿: 真砂 | 2016年1月31日 (日) 07時16分

ふみ虫さま

全国的に雪が降り
日本が浄化されたかのような
先週。

私の住むところでは
底冷えはしたけど
雪は降りませんでした。

いつもの山奥のお水を汲みに
行きました。

途中の道の駅のトイレで
お掃除をされてたおばあちゃんに
どこへ行くかをたずねられ

どこから来ていて
この山のお水のところへと
こたえると

冬用のタイヤでもチェーンがないと
行きつかないかもしれへんから
気をつけて。
あかんかったら戻ってよ
と親しく話し…

おばあちゃんの言われたとおり
途中の坂から登れずに
引き返すことになり(^^)

雪のなかに
身をおきたかったのかなと
思えました。

投稿: 寧楽 | 2016年1月31日 (日) 13時18分

ふんちゃん

 先週末から大阪、奈良へと家族旅行に行ってきました。
 寒かった~!!!
 北海道は寒いけれど、雪が降ると、寒さが柔らかく感じられるのです。
 関西は、底冷えっていうのは聞いていましたが、
 本当だ~でした。
 帰ってきて、私ひとり、胃腸炎に罹り、熱が上がり寝込みました(^^;)
 ここまでなるのは久しぶりです。
 
 大きくころび、しくじり、はみだしました(^^)

 休みながら思いました。
 ころんだり、しくじったり、はみだしたりしようではないか!と思うのは、日頃から、がんばっている人だからこそ…の発想なのではないかと…。
 毎日ね、ただただぐうたらして過ごしていたら、
 こういったことに意識が向かない気がして…。
 ここにいらしている皆さんは、ふんちゃんを先頭に、
 みな、毎日、何かしら頑張って、コツコツ積み重ねて…なのではないかと…。
 
 だから、お互い、休まないとね…となるわけなんだなぁと改めて…。

 ステキ場所です…。
 改めて…。
 ありがとうございます。

 北海道の生まれの私は、寒さにめっぽう弱かったです…。やれやれ…(^_^;)

投稿: もも(^-^) | 2016年1月31日 (日) 20時23分

ふみこさま みなさま こんにちは。

タイトルの”ころぼう”…ころ坊!?なんて思ってしまって、
うふふ、と 読みはじめました。

失敗したくなくて、子供にも失敗させたくなくて
いっぱい緊張し、いっぱい心を使ってきたような。
でも、いいんですよね。
親の手を離れた息子は、何度も何度もしくじ郎。
「若いうちにいっぱい転べよ~。」と、言える母になりました。
それでも、私自身は転ばぬよう、この冬も緊張していますが、
転んだってしくじったって、大丈夫、と、
体を張って?見せているような母でもあります;

転んだら泣いて、しくじっても”たおやかに堂々”と
いけたらいいなぁ。
そして、はみだししごとは大好きです。


投稿: さのまる | 2016年2月 1日 (月) 16時54分

cohata さん

きゃべつの入ったパスタというのは、
ほんとうに美味しい。
クリームベース、
しょうゆベース、なんでもござれです。

涙もすっとひっこます料理。
何と云ったって、
つくり手の気持ちがはたらきます。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2016年2月 1日 (月) 19時30分

佐々木広治 さん

『苦界浄土』
あらためて読みたい。
と、思いました。

期待できるのは、
この先、ひとの気持ちだろうなあと考えています。
たとえば、『苦界浄土』を読んだひとの「気づき」。
たとえば、ハンセン病の歴史を読み直すひとの「こころ」。
たとえば、もう少し不便でもちっともかまわないという、
ひとの「決心」。

そこには、光を感じるんです。

投稿: ふみ虫。 | 2016年2月 1日 (月) 19時35分

みゅー さん

みゅーさん、はじまりましたね。
はじまった!

わたしも勇気を得て、
「はじまり」に気持ちを寄せようと
思います。

投稿: ふみ虫。 | 2016年2月 1日 (月) 19時37分

えぞももんが さん

なんとめんこい光景でしょう。

えぞももんがさんが、
カラのそりをぐんぐん引いている姿、
ちょっと思いがけないですが、
あはは、と笑いました。

ひとは、ときどき、
乗せていたひとやモノを振り落とす勢いで、
カラのそりをぐんぐん引いてゆくものだなとも
思いました。

必死というのか、
前しか見ないというのか。

投稿: ふみ虫。 | 2016年2月 1日 (月) 19時40分

真砂 さん

本の装丁って、大事だなあといつも思うの。
どうしてか、と問われても困るけれど。

簡単に云えば、友だちの姿ですものね。

雪、降らなかったけれど、
雪の朝みたいに、ちょっとしんとして過ごしました。

投稿: ふみ虫。 | 2016年2月 1日 (月) 19時43分

寧楽 さん

静かないいおはなしを聞かせていただき、
どうもありがとうございます。

「引き返す」
ということばが、つよく(つよくです!)
こころに響いています。

やっぱり寧楽さんだなあと思いました。
無事にお帰り。

投稿: ふみ虫。 | 2016年2月 1日 (月) 19時55分

もも(^-^)さん

ご家族で旅。
いいですねえ、ももちゃんファミリーの
愉快な冒険!

ころんだり、しくじったり、はみだしたり、を
子どもたち、若いひとたちにしっかり見せておかないと。
つまり、その価値をね。
おもしろさや、成長、きづきはいつも、
そこにあるんですもの。

お大事にね。
それはころびではないです。
休養命令。
ももちゃんは、ちょっとやそっとじゃ
休養しないからです!

命令は、雪を降らすような、
天の高い、高いところからの……。

投稿: ふみ虫。 | 2016年2月 1日 (月) 20時01分

さのまる さん

ころぶ、しくじる、はみだすを
怖れるこころは、ひとを縮こませ、
ひどくすると、気を病ませます。

まわりの大人も、
ころぶ、しくじる、はみだしに、
拍手を送れるといいなあ……。

投稿: ふみ虫。 | 2016年2月 1日 (月) 20時04分

いわば
本当にやらなきゃいけないことからはみ出す事専門家。(笑)

それがふみさまみたいに、お仕事よりさきにキムチ作りとか。
そういうのだったら素敵~~

私の場合
髪を整え、メイクをし、着替えをするまえに、洗濯機のほこりがとりたくなり、「あの記事どこだっけかな?もう一回よみたいな。などど雑誌をぱらりとよみたくなり」着替えるまえに、水が跳ねるから洗い物しちゃおうかな?」あ、ついでにやかんも磨いちゃおうかな~~

ってやってるうちに、

ピンポーン

「え?」


・・・・・・・


「あ~~~!!!!!やば~~今日生徒さん30分早く来る日だった~~!!!!!」

とおおあせりの形相。想像できます?ピアノの先生なのにユニクロのど派手などっと柄のスエット(ミニーちゃんか?)にノーメイクにひっつめただけの髪・・・・

さすがにお手洗いに着替えをぶっこんで「ちょっと入って弾いてて~~」と
ごまかしながら大慌てできがえだけしました。(結局ノーメイクでひっつめ髪はそのまま・・・)

転んでばかりしくじってばかりはみだしてばかり(おなかの肉もだな)の人生。でも、転んだらどうしよう・・けがしたらどうしよう・・・まちがえちゃったらどうしよう・・・
より
あら、ちょっとやってみたいわね。と

トトト・・・ズコッツ

ってなっちゃう人生のほうがなんだか楽しそうですよね。

はみだしの報酬がおいしいキムチなんて
本当にはみだし人生万歳だとおもいま~~~す。

投稿: おきょうさん | 2016年2月 1日 (月) 23時33分

ふみこさん、みなさん
こんばんは。
娘、志望校に行けることになりました。
この場所でも、祈ってくださったみなさまに、ありがとうございましたと言いたくて。
ありがとうございました。

受験生を持つおかあさんに出会ったら、うんとやさしくしようと思いました。私がそうしてもらったことで、子どもにあたらなくて済んだ場面がたくさんあったから...

合格がわかって、しばらーくしてから、
「おかあさん、塾に行かせてくれてありがとう...」と言って、娘が泣きにきました。
私自身、たくさん迷って、気持ちが回り道した2年間でしたが、
どんどはれ、です。

投稿: cohata | 2016年2月 1日 (月) 23時41分

おきょうさん さん

ピアノのせんせいって、
きれいにしていないといけないのですね。

友人の「せんせい」もきれいにしてる……。
レッスンの日は、長めのスカートをはいて、
夢をぶち壊さないように気をつけているそうです。

ひっつめ。
わたしにはあこがれです。
短髪+刈り上げなので、ひっつめているのと
似たところはありますが、
風合いがちがうます。
ひっつめ、いいなあ……。

投稿: ふみ虫。 | 2016年2月 2日 (火) 10時05分

cohata さん
お嬢さん

合格おめでとうございます。
cohataさんも、よくなさいましたね。

絆の深まる受験機関を過ごされたことも、
おめでとう!です。

お嬢さんをまず、うんと甘やかしてさしあげてください。
cohataさんご自身を甘やかしつつ。

投稿: ふみ虫。 | 2016年2月 2日 (火) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)