« 大切な日 | トップページ | ソツギョウシキ・ニュウガクシキ »

2016年3月15日 (火)

ミートローフと安倍晴明

 卵を茹でる。
 玉ねぎをみじん切りにする。

 というようなことを、目的もなくしている自分の〈ぼんやり〉に気づく。だが〈ぼんやり〉の原因を突き詰めないことにして、冷蔵庫の扉を開ける。よしよし、豚ひき肉とベーコンがある。

 これで決まりだ。ミートローフ!

 白菜を引っぱりだして刻む。

 にんじんをすりおろす。
 豚ひき肉に玉ねぎ、白菜、にんじんを加え、片栗粉、卵、塩、こしょう、ナツメグを混ぜてよくよくこねる。
 ほんとうだったら合挽肉を使うところが、豚ひき肉しかなかった上、その量もじゅうぶんではなかったので、野菜をたくさん混ぜこんだのだ。
〈ぼんやり〉がいつしか〈だるさ〉に変わり、ははあと思ったが、それはあとでどうにでもなるから、先を急ごう。
 タネをこねた山をふたつつくり、なかに茹で卵をふたつずつ隠す。もちろん、山のなかに隠す前に茹で卵の殻はむく。〈ぼんやり〉だろうと、〈だるさ〉があろうと、こういうところはあたりまえに押さえておかないと。
 ふたつの山を持ち上げて、すっかり茹で卵を隠すかたちに形成したら、天板にならべて置く。なかに何かを秘めているらしい山の有り様(よう)は、どうにも怪し気で、誰にも見られたくないような気分になる。
 とどめはベーコン。これを、山に巻きつける。巻きつけた端っこは山の底部に差しこむようにする。こうしておけば、山が焼けたあとも、ベーコンははがれないはず。
 オーブンに入れる(ただし、まだ焼かないでおおく)。

 大根を食べやすい大きさに切って、炒め、えのき茸とスープをつくる。

 冷蔵庫のなかで出番を待つともなく待っていた鶏のスープストックと、昆布をつけておいた水が登場。ブイヨンも1個入れよう。塩、こしょう、ベーリーフも忘れずに。
 チンゲンサイを斜めにざくざくと刻む。
 これは食べる間際に、鍋に放りこみ、ひと煮立ちさせる。

 そして米を研ぐ。


 ここでわたしは〈風邪ひいたみたいだ〉、とつぶやくのだ。自分に云って聞かせる調子だ。

〈風邪気味なら、ちょっと寝たらどうかな〉
 午後3時。
 わたしは寝床に向かうが、頭は〈何を読もう、何を読もう〉ということでいっぱいだ。読みたい本も、読んだほうがいい本も、読まなければならない本も、いま、いっぱい抱えているが、そういうのじゃなく、天から降ってくるような本を読みたい。
 寝床のある部屋の本棚から、『陰陽師』の連なりがじっとこちらを見下ろしている。これは岡野玲子の漫画(原作・夢枕獏/白泉社)で、1年に一度か二度読むことになる。そのたび湧くのは、読まされる感覚だ。
 そう云えば、昨年もこの時期からだがだるくなり、〈何を読もう、何を読もう〉と思いながら寝床に向かって、これを読んだのではなかったか。
 安倍晴明が涼やかな顔で、「壊れる ということはよいことなのだよ 博雅」「終わる ということはよいことなのだ」「炎をくぐって 新しく 生まれかわるのさ」と云ったりするのを聞くと(読むと)、わくわくしてくる。お腹のあたりから、ぐーっと何かが静かに上がってきて、それが脳に届く。これでわたしは〈はい、ダイジョウブ〉という心持ちになるのだ。
 分厚い『陰陽師』を抱えるようにして読むうち眠り、目が覚めたら、部屋に月が出ていた。満月だった。
 ……と思ったのは時計で、これは夫が若いころから大切にしてきた船舶時計だ。わたしが休む枕の上で、目覚めるたびこの時計が遠くに見える。満月と思ったのはおそらく、夢のつづき。見慣れた時計だとわかるまでのあいだに、月からは兎にも見える、鹿にも見えるちいさなちいさな動物が、ぴょーんと飛びだして、扉から出て行った。
 6時だった。
〈朝の6時だろうか〉
〈いやいや、午後6時。3時間がたったのだ〉

 もぞもぞと起きだしたとき、〈ぼんやり〉も〈だるさ〉も抜けていて、残念ながら風邪気は去っていた。もう少しうつらうつらと『陰陽師』が読みたかったけれど、「お読みなさい」という知らせだったと思えば、そんなものかとも思えてくる。


 起き上がって、オーブンに火を入れ、ご飯を炊く。

 傍でマッシュポテトをつくる。

Photo

これが、月。
いえいえ、船舶時計です。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん、みなさま、こんにちは。


三寒四温。暑いくらいになったり寒さがもどったり。
こちらはあらかた雪はなくなり、春の色も濃くなってまいりましたが、梅に蕾がついたかつかないかという状態です。
心身の調子をくずしやすい時期。
くずしやすい時期と知っておくことは、大切かもしれませんね。


自分自身がだるいときに、なにが読みたいだろう、なにを読むだろうと考えると、ふんちゃんのご本かなと。
星の王子さまも読みたいかな。
エンデのジムボタンシリーズは元気がでますね。手元にありませんが。
漫画だと、奈知未佐子さんかな。奈知未佐子さんの漫画は、みなさまにもお薦めしたいです。そよ風の音や小川のせせらぎのような、そんな作品を紡ぐ方です。

逆に高熱だと、嵐が丘やドストエフスキー作品を読みたくなるかもしれません。
病も、また良し、でしょうか。

投稿: 佐々木広治 | 2016年3月15日 (火) 10時46分

ふんちゃん皆様こんにちは。
壊れることはよいこと。
いい言葉ですね。

ふんちゃんが風邪気味になって
私達読者に素敵な言葉を届けてくれましたね。ありがとうございました。


私は後輩ができるのでじぶんのできることを強化しています。
最近できた!が続いたのに初歩的なことでつまずいてしまうと本当に悔しいです。

さらに今までご迷惑かけた方には
他の人がやっても笑顔で許してもらえることも私はだめ。
未だに無視される日々です。

そうされても仕方がないし第一印象は、いくら頑張っても中々変えることはできないんだと痛感。過去の行動に悔いが残ります。


もし後輩ができて自分に自信がなくなったら
あなたはいていんだよと言って
あげたいです

投稿: たまこ | 2016年3月15日 (火) 12時31分

ふみこさま、みなさま

おはようございます。

なんだか夢のなかで懐中時計をぶらさげた
ウサギに出会ったような、お茶会ではなく
ミートローフのご馳走のある夕食会に招待されたような。。

「陰陽師」の本は読んでませんが、この世界の音楽
をきくと「どこの世界にきたんだろう。。」
と何か別の世界からの音が脳に届く感じ好きです

神楽笛、しのぶえとか、民謡とかもなにか
無意識の層に届くなにかがあるんだろうな。。

それに何かが壊れていくような和音進行からふっと
明るい光を感じる音に転じる瞬間
確かにすごく力が体に入ってくる感じすごく好きです
ラベルとかバルトークとかもそういうところが
好きなのかもしれないです

ふみこさん、ミートローフの山もいいですが
日曜日雪化粧した山ながめてきました。
これもエネルギー充電です。

投稿: 真砂 | 2016年3月16日 (水) 08時56分

佐々木広治 さん

不謹慎なことを云ってしまいそうなのですが。

わたしね、
これから先、病を得て寝つく時期が
めぐってきたら、本を読みたい。
「読めない」病気だったらかなわないけれど。
……と思ったりしています(こっそり)。

それから。
この時期、心身の調子をくずしやすいときと、
知っておいたほうがいいですね。というの、
大賛成です。
ことし初めて、それを知るひととなりました。


投稿: ふみ虫。 | 2016年3月16日 (水) 09時50分

たまこ さん

辛さをひとのせいにせずに、がんばる姿。
励まされます。

わたしにもあったなあ、そんなことが。
いろいろ思いだしました。
でも、いつしか、溶けるように解決していました。
無視しているひとのにも、
タイミングを計りかねている「苦悩」が
あるんだと思います。

後輩がやってきたときが、そのときかもしれません。


投稿: ふみ虫。 | 2016年3月16日 (水) 10時01分

真砂 さん

いいなあ、雪化粧の山。

こちらは、昼にでも、
残りの山(すでにスライスしてあるけれど)に
コロモをつけて(メンチカツ風に)揚げて食べようと
企ててます。

音楽を聴きながら(何にしよう)。

投稿: ふみ虫。 | 2016年3月16日 (水) 10時04分

ふみこさま みなさま こんばんは。

昨日今日とふんわりと暖かい日が続いています。
心身ともにふんわりそうな感じです~春ってこんな感じ♪

時々、とても眠たくなる時があります。
そういう時は、毛布にくるまって眠気に逆らわないように。。。
きっと疲れているんだわ~私。
そう思うことにして、おやすみなさいzzz
ひと眠りするとちょっと元気が戻ってくる感じです。
ひと眠りの効用を感じます。ひと眠りはおススメです!

あぁ~本も読みたいなぁ~(実は積読の山(笑))
本屋さんの行きたいなぁ~(実は積読の山なのに(笑))
本屋さんをフラフラするのもひと眠りと同じくらい効果あるようなんだけど~つい、買ってしまいそうなので、キケン(笑)

連休に備えてカレーを仕込みました。

投稿: かえるのしっぽ | 2016年3月18日 (金) 22時43分

ふみこさま、おはようございます。

おたよりありがとうございます。
「終り」「壊れる」。。気になっていた人
思い出しましたー
絵描きの掘文子さんです。

ひまわり畑の最期の時「終り」という絵。
ひまわりの死の姿であると同時に
ひまわりの収穫のとき、つまり栄光のときだ
と語られるその迫力に圧倒されたこと
思い出しました。

聴いたときはよくわからなかったのですが
今頃になると。。なんとなくわかります。
この方の描く鳥の歌とか好きです。
一番好きなのは「ぶち壊してつかめるものがある。。」
という言葉かも(壊すの好きなんです私。。)

朝から失礼しました。
ふみこさん、ふみこさんつながりということで
だって素敵な方ばかりだなあーと思ってです。

投稿: 真砂 | 2016年3月19日 (土) 08時22分

かえるのしっぽ さん

いま、時をみつけては、
眠りこける時期みたいです、わたし。
眠くて眠くてたまらない……。

かえるのしっぽ さんと、
夢でつながっていたりして。

眠気が去ったら、生まれ変わろう!
なんてことを自分に云って聞かせています。


投稿: ふみ虫。 | 2016年3月20日 (日) 17時57分

真砂 さん

壊すことで、生まれる。
終わることで、はじまる。
はみ出すことで、変える(変わる)。

その感覚を持ちつづけていることが、何だかね、
わたしの支えです。
そうですか、真砂さんも……?

投稿: ふみ虫。 | 2016年3月20日 (日) 18時00分

ふみこさま、おはようございます

おたよりうれしいです
そうですそうです、うれしいです

壊すというとマイナスの感覚ですが。。
「break through]再発見する、前進する、通り抜ける
英語ではチャンスのようにとらえている感じ
好きなんです。

ほどほどにしないとですが。。
なんでも手探りですすもうとするから
ときどき苦しくなってね。。
ここに来ちゃってね。。

はいcoffee breakします。
ふみこさんもかな。。だんなさまの珈琲いいなあです。

投稿: 真砂 | 2016年3月21日 (月) 07時46分

ふみ虫 さま

9年間、お疲れさまでした。。。
月曜日の新聞の、真っ先に開く紙面のその場所にこれからふみ虫さんのお便りが無くなるのは、正直なところとても寂しいです。。。

昨年末に義父が、そしてこの3月に義母が、あいついで彼岸にわたり、そして今月15日の28歳の誕生日には娘が入籍しました。
彼女は家を出て行きましたが、これからは優しい旦那さまと二人で、遊びに来てくれることでしょう。
春は出会いと別れの季節とか……
家族の形もどんどん変化していき、とり残されそうで、ちょっとオタオタしているわたしです。

投稿: バッテリー | 2016年3月21日 (月) 10時55分

真砂 さん

春は、そんなことを
確かめる季節。

投稿: ふみ虫。 | 2016年3月21日 (月) 12時20分

バッテリー さん

ああ、ありがとうございます。

(毎日新聞9年間の連載)
いま、やり遂げたなあという気持ちが
つよいんです。
ほっとしています。

そしてまた、あたらしいこともはじまります。

お嬢さんのご結婚を、
あの世の皆さん、この世の バッテリーさんたちが
そろって祝福されていて、素敵だなあと思います。
オタオタも、素敵。

あたらしいことが、はじまりますね。


投稿: ふみ虫。 | 2016年3月21日 (月) 12時24分

ふんちゃん

 ふんちゃん、ふんちゃん
 先週火曜日からここへお邪魔して、
 週末にはゆっくりパソコンに向かおうと思っていたら、
 今日の毎日新聞です!!

 「今回で終わりです」って!!!!!
 ひゃ~。
 ふんちゃんに会いたくて、毎日新聞にしたら、あっという間に終わっちゃった~。
 ふんちゃん専用のノートを用意して毎週切り抜いてはのりで貼ってきたのに、もう終わっちゃった~(T。T)

 でも…、
 9年も…。
 泣いていられないなぁと思いなおしていました。
 今まで、9年も…。毎週毎週書き続ける(続ける)ということが、
 どれほど大変なことかと思って…。
 ふんちゃんに励まされたり、安心をもらった人が何人もいただろうなぁと想像していました。
 私には、この場所があるから、贅沢は言えません…ね(^^)

 布団に入って、本を読むこと。
 私もそんな風に本を読むことを、どこかでちゃんと思いだせるように…と思っていました。
 休まなければ…。
 ここのところ、休みました。
 実家へ行って昼寝もしてきました。
 上手に休むと、風邪だってむやみにひかなくなるってもんですよね。
 あ~、残念すぎて、いつもに増して支離滅裂ですが、
 休まないと…。
 ふんちゃんも、みなさまも、私も…と思っています。

 佐々木広治さん…、
 私もね、ジムボタンシリーズ読みたくなりました!
 娘の本棚にあるんです。どこかで時間を作らないと…。
 うれしくなりました(^^)

投稿: もも(^-^) | 2016年3月21日 (月) 16時01分

もも(^-^)ちゃん

ごめんなさい。

連載終了が決まったとき、
「ももちゃん、ごめんなさい」と
思いました。
つい最近、毎日新聞に換えてくださったと
おたよりしてくださいましたから。

でも、また、
毎日新聞で、お会いすることもできると思います。

それから。
佳きお休みを、もてるわたしたちで
ありましょう。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2016年3月21日 (月) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)