« ことしは休み | トップページ | しゃあないけれども »

2016年6月28日 (火)

予定之男命と呟美命

 もうずいぶん昔のことだ。
 ある朝目覚めると、男神と女神がわたしを見下ろしていた。そのころ『田辺聖子の古事記』(※)を夢中になって読んでいたからだと思われるが、不意のことに面食らう。

「あなた様方は、どのような……」

 と尋ねかけたが、複雑な答えが返ってきても困るので、驚きを隠して「おはようございます」と挨拶するにとどめた。ねぼけた目で観察すると、ふたりとも身なりがよく、男神は赤い石の首飾りをつけ、女神は高く結った髪の根元を翡翠のような連なりで飾っていた。薄い衣は涼やかに見えるが、幾重にもなっていそうなところを見ると、案外保温性は高いのかもしれない。
 春のはじまりの季節であったので、「お寒くありませんか?」と声をかけてみた。
「わたくしは寒さを知りません」
そう女神が云うと、「おれも」と男神が低い声で云う。
 急いで身仕度をし、朝餉(あさげ)の膳をととのえ、二神に、かために炊いたご飯、大根の千六本の御御御つけ、焼いた鮭、野沢菜づけを供する。
「ありがとう」
「かたじけないな」
 と二神はそれぞれに云い、音をたてず、ゆっくりと食べものを口に運ぶ。箸をそろえて、匙のようにして使っている。少し馴れてきたので、こちらから名乗ると、二神もおれは……、わたくしは……と、名を語った。男神の名が「予定之男命(よていのおのみこと)」、女神が「呟美命(つぶやきみのみこと)」であることがわかった。ふたりは夫婦であり、予定之男命はひとがたてる予定を治め、呟美命はひとのつぶやきを治めているという。
「こんなところまで、はるばるお出ましになるのは常のことなのでしょうか?」
「いやいや、ちがう。おまえが呼んだからきたのだよ」と予定之男命。
「そうです。あなたは眠りながら夢のなかで、しきりにわたしたちを呼んでいたのです。それで、やってきたのですわ」と呟美命。
「わたしがおふたりを……」
 やっとそう云ったが、どうにも先がつづかない。
 千四百年あまりも昔の世界の神神を呼びたてるなど、いかに妄想癖のあるわたしでも、思いがけないのにもほどがあるというものだ。しかし、「呼ばれた」「そうです、呼ばれました」と二神が云われるのだから、わがこころのなかの何かがこの不思議とつながったことはまちがいなさそうだ。
 思い当たるとすれば、時に、みずから立て、他から受けてもいる〈予定〉に翻弄させられることだ。〈つぶやき〉のほうは……、そうだ、気がつくと「ああ、面倒くさい」が口から漏れ、口癖になっていた。
「つぶやきみのみこと様は、わたしのつぶやきを聞いておられましたか?」
「聞いておりましたとも。あなたがつぶやく『面倒くさい』が本心からのものであるか、口先のものであるかを確かめないうちには、帰れません。あなたは、どうです?」
 呟美命は云うと、さいごに顔を夫に向けた。
「おれは、予定というものが愛されるように、そのことだけをねがっているんだ」
 そう語る予定之男命の顔は、真剣そのもの。
「それではお答えしますが……、ええと、まずつぶやきみのみこと様へ。最近『面倒くさい』とつぶやくことが多くなりました、『めんどくさ』と。でも、それは……、何といいますか、予定に立ち向かってゆくときの符丁のようなもので、本心面倒だと思っているわけではないのです。こそっと『面倒くさい』と口のなかでつぶやいて、緊張をほどこうという気持ちも、自分を励まそうという気持ちもあります。けれど……あの……、別のつぶやきに変えたほうがいいでしょうか」
 いつになく、考え考え答えている自分が可笑しくもあったが、笑えない。人生の岐路のような場面であることがわかったからだ。
「わたくしにはよくわかります。ひとには聞かれぬように『面倒くさい』とか『疲れた』とか、そっとつぶやくのがわるいわけではないのです。ただ、予定に向かってゆくときの符丁ということなのであれば、ちがうことばに変えたほうがよいでしょうね。そのほうが効果も上がります。たとえば、ご自分の名を云うのです」
 呟美命は微笑んで「ふみこ、とです」と云った。
 それならできそうだ、と思う。緊張をほどくのにも、みずからを励まそうというのにも、ぴったりかもしれない。あるときには、もっとつよく、鼓舞することもできそうだ。
「やってみます。できると思います」
 黙って呟美命とわたしのやりとりを眺めていた予定之男命が、「それでは」と厳粛な面持ちで語りだす。
「それでは、おれの問いにも答えてもらおう。みずからの予定を愛することができそうか、どうか。予定には種類がある。こうしようとみずから立てるもの、ひとから頼まれた用事、任ぜられた場に置かれた予定など。ややこしいものも、たのしみなものも、あるだろうと思うが」
「ええ、等しく愛する努力をいたします」
「そうか、その答えを聞いて安心した。それでは、土産をひとつ置いて去るとしよう。予定はな、それを愛そうとするも者の人生にはよく、働く。無駄なく働くと云ってもよいと思う。予定、つまりあらかじめ定めた事ごとを実行してゆきながら、人生は前進し、ひととして成長する」
「ほんとうに?」
「ほんとうだとも。だから予定を等しく慈しみ、信じることだ。で、ときどき、予定が消えることがあろう? それも、よき働きのひとつということになるんだよ」
「……」
 お茶のおかわりを淹れようとわたしが立ち上がるのを、二神は制して「わたくしたちは、もうまいります。さようなら」と云って、すっと流れる雲のように去っていった。

『田辺聖子の古事記』(集英社文庫)

Photo

散歩に出かけ、立ち寄った神社境内の
くすのき。
なんとも神神しく、ひかりに包まれるようでした。

Photo_2

根っこ。
大地をつかんでいるような、根っこ。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみ虫さま、みなさま、こんにちは。

『田辺聖子の古事記』(集英社文庫)だいぶ前に読みました。荻原規子さんが解説されていましたね。
古事記の倭建がとても好きでした。
乱暴だったり従順だったり泣き虫だったり。人間くさくて活き活きしていますね。


生きていることも、予定してきたのかしらん。
投げ出すわけにはいきませんね。


投稿: 佐々木広治 | 2016年6月28日 (火) 10時27分

ふみこさま、みなさま。

昨日も「そうだった」って一緒に喜んでくださって
うれしかったです。

「一緒に困る」何回もふみこさんの本で読んでたものの
わかってなかったんだなあと今回も思いました。
今日のお話も。。。
置かれたものをドーンと受け取れば
困った事のおかげで実はゆたかなときを
すごしているらしい。。とようやく(余裕のある今だからです)。

実はあの後アマオケの方が新聞記事を書いた方と
私をつなげてくださいました。
何でも聞ける状態です。

ワークショップで知り合った方とは
「古民家を再利用しての子育ての場づくり」
の話でつながっています。

いっぺんにいろいろなことが飛び込んできて
迷走状態でしたが、成り行きの不思議のような感じ
を楽しんでます。
ここで受け止めてもらえたからです。

ちょっと自分の音楽に対して自信をなくしていた時に
ももさんが私の音楽の世界に飛び込んでみたいと書いて下さった事
ふと「めがね」の世界を思い出させてもらえたことも大きかったです。

あ・り・が・と・う ふみこさん
あ・り・が・と・う みなさん
(「が」と「ご」間違えてましたね―前回)

投稿: 真砂 | 2016年6月28日 (火) 12時17分

佐々木広治 さん

投げだすわけにはいきません、ね。

それに、するべきかたちをとった事ごとを
慈しむと、ちょっとちがってくる(過程も、
だからして結果も)ということらしいです。

なつを愛し、朗らかに暮らそうね。

投稿: ふみ虫。 | 2016年6月28日 (火) 12時24分

真砂 さん

いっぺんにいろいろなことが飛びこんでくるというのは、
〈幸運期〉ってことだと思います。
思い方では、つねに〈幸運期〉ということになりますが。

そのことは、ちょっと棚の上に上げまして……。

いろいろなことのつながりはじめ、
編まれはじめが見える〈幸運〉です。
つながり、編まれてゆく不思議を、
味わえる〈幸運〉です。
いっぺんに飛びこんできたいろいろが、
自分に集約されてゆくことを実感できる
〈幸運〉です。

うふふ、真砂さん、
それは〈変化期〉をも意味するんじゃないでしょうかね。

投稿: ふみ虫。 | 2016年6月28日 (火) 12時29分

ふんちゃん皆様こんにちは。

私も神様の言葉を機会に
自分のつぶやきを振り返ってみました。

私は最近なにかにつけて
というより自分の不甲斐なさに対して
いらいらすると言ってしまいます。

気持ちに余裕がなくなってつい。

でもふんちゃんでいう名前のように
なにか代わるものを見つけないとですね。


そして近況です。電話対応ですが
今まではセリフを言っているような
漢字でしたが
最近は自分の言葉で話せるようになりました。進歩できてよかった。

投稿: たまこ | 2016年6月28日 (火) 12時54分

ふみこ様

なんだか嬉しい気持ちになりました。
夢やぼおっとしているときに
何かを言ってもらったような気がする、
そうカミングアウトする方が
この頃増えたんです。
わたしはそういうお話しを聞かせてもらったり
聞いてもらうのが好きなんです。
必ず大切なメッセージが含まれているからです。
言葉 大事にします。

投稿: ゆるりんりん | 2016年6月28日 (火) 17時29分

たまこ さん

おたよりのなかの、
「電話対応。
これまではセリフを云う漢字でしたが……」
というところ、
「漢字」は「感じ」とお書きになりたかったのだと
思います。

ですが、
「漢字」の角張った一面、
「漢字」の融通の利かぬ一面
(もちろん、それが「漢字」の魅力でもあるのですが)、
をひとまず横に置いておき……、
たまこさんは、
やわらかい「かな」で語ってみたい、と。


投稿: ふみ虫。 | 2016年6月28日 (火) 21時55分

ゆるりんりん さん

夢見や、
ぼんやりが、
突拍子もない非現実であるどころか、
〈そのとき〉の自分をあらわす重要な鍵でもあるのだと……。
そういうことですよね。

ああ、やはり、
夢見心地でいること、
ぼんやりすること、
寄り道をすること、
わけのわからないことにこころ惹かれること、
大事ー。

そうわからせていただき、 ゆるりんりんさん、
感謝しております。
ありがとうございます。


投稿: ふみ虫。 | 2016年6月28日 (火) 21時59分

ふみ虫さま

大きな楠、根っこの写真
いいですね。

光も美しい。

ふみこさんの
てんてこ舞いをみて
ふみこさんの中におられる
神さまが出てこられたんだなぁと
思いながら読みました。

夢って諭されること
多いです。

彩り豊かな夢
私も同じです^_^

投稿: 寧楽 | 2016年6月29日 (水) 10時51分

寧楽 さん

これは昔のはなしです。

寧楽さんが云われるように、
てんてこ舞いしていたころでした。
いまは、てんてこ舞いというより、
巡礼かな。
外に出かけることが多くなったという意味でも、
〈ひと〉と〈場〉をめぐっているという意味でも。

ちょっとかっこよ過ぎるか……巡礼なんて。

投稿: ふみ虫。 | 2016年6月29日 (水) 12時28分

ふみこさま みなさま こんばんは。

雨のいちにちでした。
我が家の紫陽花は今が見頃です~雨の季節の楽しみのひとつです。

私、気になることがあるとどうやら夢に見るらしいのです~っていうか、夢を見て、こんなことをこんなに気になっていたのか?って気がつくというパターンかも?!
楽しい夢ばっかりだといいのですけどね~

さて、予定。
明日から7月。そろそろ夏の予定を考えなくて。。。とはいえ、それぞれの予定を調整するって言う感じですが。
私は今年はぼんやりと過ごしたいけど、それは何よりの贅沢というものかも。
夏♪佳い時間が過ごせますように♪

追伸というかおススメです♡
「夜廻り猫・1」8コマ漫画です。沁みました。

投稿: かえるのしっぽ | 2016年6月30日 (木) 19時11分

ふんちゃん

 予定…
 自分で立てておきながら、ため息をついてしまうのは、最近私がそうです。
 5番目ちゃんの登場で、ふと思い立った時に思うように動けないので、先々の予定を立てなければならない…と予定、予定と頭が一杯になったりしていました。
 あ〜、見透かされているような…の今回のお話。
 
 はい。私も、そのように…と思いながら、読ませていただきました(^^;)

 何かと思うようにいかないとひっくり返ったりする5番目ちゃん。
 あ〜、上の4人もそうだったそうだった…。
 これは大変だ。そろそろ保育園に頼りたくなってきました(^^;)
 慣れてきた頃だし…、なじみの保育園の園長先生に相談してみようかなぁと
 ちょっと日和っている今日この頃です(^。^)

 そして…、 
 ここ最近は、2番目ちゃんと格闘していました。
 宿泊学習が終わっても学校行きたくない病が直らなかったのです。
 色々あって、また元気よく行くようになりました。
 一段と大きくなったと思います。
 私…、ずいぶんと、優しさを押し売りしすぎていたのかなぁと反省もしたり…。
 2番目ちゃんとは新しい関係になったなぁと思います。
 寂しいような、嬉しいような…。
 少しずつ自立ですね(^^)

投稿: もも(^_^) | 2016年7月 1日 (金) 16時09分

かえるのしっぽ さん

たのしい予定についても考えなくちゃ。
と、はっとしました。
何しようかなあ、7月。

そう考えてみるだけで、
リフレッシュ。
ひとつは、裁縫をすることです。
うまくいったら、報告します。

投稿: ふみ虫。 | 2016年7月 2日 (土) 14時48分

もも(^_^)ちゃん

ちょっとずれたこと書くけど、
許してね(いつものことです)。

「何かと思うようにいかないとひっくり返ったりする5番目ちゃん。
 あ〜、上の4人もそうだったそうだった…」
というのを読んで、いいぞいいぞ、それすばらしい!
と叫んでしまいました。

子ども時代に、
うまくゆかなさを吐きだし、
鬱憤を外に発したり、
ができないと、どこかでふん詰まります。
(ふん詰まるだなんて、ごめんあそばせ)。
ふん詰まっている大人を見かけるたび、
ああ、子どものころ、吐きだすことも、
荒れ狂うこともなかったんですか、あなたは……と
気の毒になります。

大人になって、
愚痴をこぼしたり、
うまくゆかなさを吐きだすときには、
やり方があります。
大人なんですからきれいに、ふさわしい場面で
するるるるとね、出さなけりゃ。

投稿: ふみ虫。 | 2016年7月 2日 (土) 15時06分

ふみこさん、みなさん

こんばんは。
娘が「ほじほじ」したがるので、久しぶりに梅シロップ(黒砂糖いり)と、梅干しを仕込みました。シロップはもう飲めます。
仕込むなら、1年間保つくらい、たくさんやらないと、と思っていましたが、どちらもひと瓶ずつ、手に負えるくらいにしておきました。
娘となり口を取って、シロップの味見をして、「おかあさん、ほんとにこれが梅干しになるの?」と聞かれただけでも、梅仕事してよかったな、と思いました。

今、手元に、円地文子/白洲正子『古典夜話 けり子とかも子の対談集』平凡社 昭和50年
があって、おいでおいでをしています。これにたどりつくためには、あと5冊ほど(自分で決めた)課題図書があります。
なんとつぶやこうかなあ。

投稿: cohata | 2016年7月 3日 (日) 00時18分

ふみこ様 おはようございます

ふみこさん もし 私の夢に
男神と女神が出てきて こんな風に 話をしてくれたら
私は 一も二もなく 言うことを聞いてしまうと思います

間違いないです。

私の場合は (どなたかがおっしゃっていたように)
自分で 立てた予定で 自分を追い詰め
くたくたになります。
「休む」ことが大切と じゅうぶんわかっているのですが
どこか 「休む」ことに 後ろめたさを感じてしまう
でも そろそろ 変えないといけませんね

ふみこさん 7月になりました
ほかの季節の倍ぐらいかけて ゆっくり
季節が過ぎてほしいと ついつい 思います。

追伸・・・・ちなみに 今朝がた見た夢は 台所のタイルを 話題のセスキ水で
せっせ せっせと拭いている夢でした・・。 

投稿: えぞももんが | 2016年7月 3日 (日) 07時14分

ふみこさま、おはようございます。

うふふって喜んでくださって嬉しいです。
「おかしなはがきが、ある土曜日の夕方。。。」
(どんぐりと山猫)のようなメールが新聞記者から届きました。

「あなたと一緒に音楽を室内楽で演奏する機会を
設けました。ご参加ください。お話しましょう。。。」

なんだか嬉しすぎてちょっとびっくりしてます。
どうしよう、ふみこさん。
もしかしたらこの新聞記者と横田さんは違う新聞社だけど
なんだかね。不思議な縁でね。どうなっているんだろう。。

それがまた七夕のころだから、やっぱり
不思議な力に感謝の朝です。
(さあ練習しなくちゃね。。難しすぎだよこの楽譜。。)

投稿: 真砂 | 2016年7月 3日 (日) 08時10分

cohata さん

梅シロップ、
わたしも1年じゅう飲めるといいのに……と
考えたこと、あったなあ。
でも、 cohataさん云われるように、
やっぱり梅シロップはその夏のお守り。
夏のうちに飲みきるのがいいですね。

暑くなってきました。
元気で過ごしましょう!


投稿: ふみ虫。 | 2016年7月 3日 (日) 09時03分

えぞももんが さん

みずからを追いつめる予定之なかには、
たのしいものも混ざっているところが、
よくないなあと、つくづく思うのです。
ひとつひとつやさしい気持ちで受けとめ、
そうできないときは、予定化しない!
こうゆきたいものです。

勤勉な えぞももんが さん、
〈休む〉練習をね。
うふふ。

投稿: ふみ虫。 | 2016年7月 3日 (日) 09時06分

真砂 さん

真砂さんの〈発動〉が
宇宙の〈予定〉となりましたね。
おめでとう!ございます。

むずかし過ぎる楽譜を、
やさしい気持ちで眺めてね
(これは、わからないから云えること)。

佳い7月を。

投稿: ふみ虫。 | 2016年7月 3日 (日) 09時08分

ふみこさま こんにちは

昨日から蒸し暑くなっています。明け方、暑さで目が覚めました。
ははのショートステイも入っていたのですが、まだ体が暑さに慣れていないので(籠り熱があったので…)お休みになりました。

そういうこともたまにあって、なかなか自分の予定が立てられなくて、いろいろ、どこかでつぶやいていたりするのですが(おふろばでワーという小さな叫びだったり、バリソウゴンだったり…)、でも最後は「ま、それもしゃあないな」と目の前のやらなくてはいけないことをモグラたたきのように片づけてました。
「予定を等しく慈しみ、信じること」はできていなかったかも…。
でも、今までは予定が変わるとあれこれ考えすぎて動けなかったことも、エィッと少しだけ跳べるようになったかな?
これからは「慈しむ」という言葉を心に置いておきます。

暑くなってきました、ご自愛ください。

投稿: あすちるべ | 2016年7月 3日 (日) 11時59分

あすちるべ さん

予定には、
予定が立てられない、
予定同士が対立する、
という一面もありますね。

せっかく立てた予定が実現しなかった、とか。

優先したかった予定が、そうでない予定に負けた、とか。

でも、何もかも、自分の何かに働きかける
現象なんだと(思いにくいときもあるけれど)思いたい。

佳い7月を。

投稿: ふみ虫。 | 2016年7月 4日 (月) 08時56分

ふみこさま

実は…諸事情により、会社を辞めることになり、4月から、個人で仕事をすることになりました。
急なことだったので、とにかく仕事しなきゃと、4月、5月に予定を詰め詰めに入れたら、6月は半分ぼーっとしてしまいました。
でも、ぼーっとしたおかげか、10年以上前に、自分がやりたくて、でもどうしようかなと迷って、ずーっと保留にしていた気持ちがむくむくと大きくなったところへ、そのことを勉強する機会がやってきました。
とにかく走り出してみます!
「チャンスは最悪の顔をしてやってくる」という言葉を思い出している今日この頃です。

投稿: 焼き海苔の の | 2016年7月 4日 (月) 12時32分

焼き海苔の の さん

それはそれは。
おめでとうございます。

の さんの 門出に、
なんというか、興奮してしまい、
目がぱちくり、ぱちくり。
いえ、もちろん、
……うれしいんですよ。

これまで以上にやさしく。
これまで以上に堂堂と。
これまで以上にやわらかく。
内緒だけど……、
これまで以上にいい加減に。
お頼みします。

投稿: ふみ虫。 | 2016年7月 4日 (月) 21時22分

ふみさまみなさまこんばんは~~

やっとたどり着けましたパソコンの前。

不思議や不思議

先週はもう、本当に予定が午前も午後もびっしりで追い詰められていた感じにもかかわらず、たのみのつなのスマホが壊れてしまい、携帯ショップにもいかなければいけない事態にも追い込まれ、本当に泣きたい気もちでした。
お手洗いからも水漏れしちゃうし・・・トホホ・・・

そんな追い詰められた状況が呼んでしまったのか、ここのところ見た夢は
大腸にとても悪いものができています。と宣告をうける夢や、誤って駐車スペースではないお店のスペースに駐車してしまい、こっぴどく叱られる夢など、それもものすごくリアルで寝てしまったことを後悔するくらい・・・

やれやれ、月曜日も深夜になっちまった・・・と広げたパソコンから、
こちらの記事
タイトルに予定之男命
の字を見たときは、「予定の殿方」が命?「嵐のワクワク学校・・・」桜井翔君命?
などと不謹慎な思いが浮かぶばかりでしたが、読んでみて納得。
ぜんぜんちがうけど、けっこう近いかもしれない私にもかさなる夢のお話しで、(もちろんふみさまのごらんになった夢のほうが、数100倍、ものすごく高尚でありますが(汗)

なぜか、神様は私にも語り掛けてくださっているきがしました。
心がスッキリさせていただいた気持ち、しております・・・・。

私のつぶやきは
最近
やれやれ・・・
だったわ~~
明日からは
おきょうさん。少しファイト。
とあかるく呟いてみます。

夢は自分の状況を醸し出すとも言いますが、
ある意味悪い病気も、駐禁も、現実ではなくてよかったわけで。

まだまだガハハと笑えるのでございますからね。


ではでは。


チババアバより、もも(^_^) |さんへ(少しスペースおかりします)

こんばんは~
もも(^_^) |さんにひとつお願いがありま~す

子供が駄々こねてひっくり返って泣き叫んじゃったとき、
それ以上にママさんも「やだやだ、そんな泣いちゃうなんてママやだ~~~」となりでひっくり返って泣いちゃうと
子供はびっくりして泣き止むらしい・・・と。

何かの情報で得たのですが、
もうその情報をゲットしたときは、娘らは中学、高校生・・・

やってみたかった・・・

ぜひ、一回実験してみて結果をご報告ください。((笑)
あまりきばらず軽くファイトファイト。応援してますよん。


投稿: おきょうさん | 2016年7月 5日 (火) 00時35分

おきょうさん さん

わたしのこれは、
夢のはなしじゃありません。
うふふ。
昔むかし。
目が覚めたら、二神が立っていたんです。

おきょうさんさんのこのたびの夢、
……笑っちゃいけないと思いつつ、
笑いました。
こういう夢、見ます、わたしも。
ときどきですけど。
夢から覚めてぐったりするような。

そんな夢を見た日は、
案外いい日になるんじゃないかと思います。

忙しいおきょうさんさん、
たのしいおきょうさん、
佳い7月を。

笑ったりしてごめんなさい。


投稿: ふみ虫。 | 2016年7月 5日 (火) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)