« アナタったら | トップページ | あなたたちとわたし »

2016年9月27日 (火)

デルマ

 ダーマトグラフとの出合いは、小学2年のときだった。
 同級生のキノシタさんの家に遊びに行き、そこで使わせてもらった。これまで知っていた世界だけが世界ではない……、そんな気がした。
 描き心地はクレヨンみたいだが、クレヨンではない。姿は色鉛筆のようだが、鉛筆でもない。「ダーマトグラフっていうのよ」と、キノシタさんのお母さんが云い、そうなのか、と思った。
「芯がなくなったらね、ほらこうして軸先の紙を、(軸に付いている)糸で切って巻きとるの。こうして芯を出す仕組み」
 そう云いながら、ダーマトグラフからくるくると紙を巻きとって見せてくれた。
 キノシタさんのお母さんは、いつも鮮やかな色柄薄手の服を着ていて、家で英語をおしえていた。部屋のなかには当時見たこともなかった道具や、食べものがあり、そこにしかない雰囲気があった。
 家に帰ったわたしは、母に外国に行ったみたいだった、と報告した。「外国」というほかに、見てきたことを説明することばを持たなかったのだと思う。ただ、ダーマトグラフのことは話した。夢中で話した。
「あんなの見たことない」
 その年のクリスマスに、サンタクロースから図鑑とダーマトグラフ12色入りの紙箱をもらった。うれしくて跳び上がったが、子どものわたしはダーマトグラフを使いこなせなかった。

 それから歳月が流れてわたしは大人になった。

 好きな男(ひと)ができて、気がつくと憂いや悲しみを胸のなかに宿し、絵に描いたようなシアワセに対する関心を失っていた。そのひとはわたしとダーマトグラフとを再会させたひとでもあった。
(わ、久しぶり……)
 そのひとはオレンジ色のダーマトグラフを持っていて、読書のときにそれを使った。気になる箇所、こころ惹かれる数行、忘れたくないくだりに、線を引く。貸してもらう本には、ところどころにオレンジ色の線が引かれていた。
「デルマっていうんだ」と、そのひとは云い、そうなのか、とわたしは思う。
 その後、そのひとはわたしの前からいなくなってしまったけれど、ダーマトグラフを「デルマ」と呼び、ことにオレンジ色のデルマを頼りにする癖は今日に及んでいる。

 オレンジ色のデルマ。

 こんなようなモノはわたしのまわりに、ほかにもたくさんあると思う。忘れているモノも含めて、それはたくさん。
 オレンジ色のデルマを持って本を読む癖。
 そんなような癖もわたしには、たくさん身についている。どこで身につけたか憶えのない癖も含めて、それはそれはたくさん。
 そんなモノたちを紹介したり、贈ったりしてくれたひととの縁が、この世で切れてしまったように見えても、そこここにほんとうは名残の縁(えにし)が存在する。

 本日、大雨とわたしのあいだに隔たりをつくり、雨音を聴かせてくれた長傘も、どうしてだかいまは会うことのなくなった友人からの贈りものだ。傘をたたむ役目をするバンドには、Fumiko
.Yと刺繍されている。
 これもまた、縁。

Photo

絵を描くときにも使いますが、
オレンジ色のデルマは、とくに活躍します。
読書のときの書きこみ(線)、予定表への書きこみ(レ印)など、
すべてオレンジ色のデルマがしてくれます。
バラ売りもあります。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま、みなさま。

名残の縁のお話を読んでたら
すっーと主人の家を片づけた時の記憶がおりてきました。

5,6年かかったと思います。でも最初の2,3年は
娘が小学生だったから一緒に片づけた時の記憶は
宝だなと思います。家族の思い出ばかりでなく
軍事郵便や終戦後の裁判の記録とかも
一緒に読めたこと。何より使えるものは教会や近所の方々
がもらって下さった事。。
娘が作曲中の夢の扉を引いた時途中から予期しなかった
展開の曲になってしまってびっくりしたこと。。

そしてお母さんが教会だけではゆっくりお話できないからと
家庭集会のような場所を自宅で引き受けて大切にされていたこと。
私は教会員ではないけれどそういうほっとする居場所作りは
このお母さんがこっそり応援してくれているのかもしれないなあ。

今はこのおうち女の子3人の家族が喜んで住んでくださって
いて嬉しい限りです。
ずっと迷っていたのにこの時もすっと現れた家族。

ふみこさんそんなこと思い出させてくださって
ありがとうございます。それよりあの時ふみこさんの本
を見つけてくれた娘にも感謝ですね。さしえのおかげ。
(相変わらず部屋ぐちゃぐちゃなんだけどね。。弟の机ないからね)

投稿: 真砂 | 2016年9月27日 (火) 11時54分

ふんちゃん皆様こんにちは。
縁とお話。定期的に登場しますね。
きっと縁を大事にしているんですね。


私今チャレンジしています。
前回自分より優れた人を見ると劣等感を感じるというコメントをしたところ

ふんちゃんに、それでは
人生がつまらなくなるとアドバイスを
頂いたので
自分を受け入れるチャレンジ
どうせ愛されていると自信をもって
自分を出すチャレンジをしています。


自分を出すことの気持ちよさを実感しています。
ふんちゃんありがとうございます

投稿: たまこ | 2016年9月27日 (火) 12時30分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。

今日の日記を拝読し、自分の身体は自分だけの細胞でできているようでいて、
実は他人の細胞が集まったものかもしれない...
そして私も誰かの細胞のひとつになっていくのかもしれない...
そんなことを考えてしまいました。
縁とはそういうものなのかもしれませんね。

投稿: ゆうこ | 2016年9月27日 (火) 13時58分

ふみこさん、みなさまこんにちは。
ふみこさん!デルマのことを教えてくださってありがとうございます。そして素敵な縁のお話まで!実は以前のふみこさんのブログを読んでから、デルマがとても気になり気になり…通信販売で購入しようと検索までしておりました(笑)調べると油性と水性まであり、これはイラストなどを描くのにいいなあ…と。実は祖父母宅にあったのを思い出しました。赤かオレンジだったと思います。一本だけ祖母が持っていたのです。蓋付きの缶に入って…。ふみこさん、私の思い出の引き出しも開けてくださってありがとうございます。大好きだった祖母の姿が浮かびました。
そして、ふみこさんには、縁をつなぐ素敵な思い出もあったのですね。
縁って不思議なものですよね。やがて、巡り巡って、また自分のところにやってくるのかもしれませんね…。ダーマトグラフ、私の楽しみになりました。子供達にも私の楽しみをちょっとだけおすそ分けしようかなあ…!

投稿: みゅー | 2016年9月28日 (水) 05時36分

ふみ虫さま

文房具好きには
魅力的な!

手にとれるところで
さがしてみたいと思います(^^)

先日、とあるところから
実家の母を経由して
たくさんの筆がやってきました。
(太いのも細いのも)

出合いなおしかなぁと
思っています(*^^*)

投稿: 寧楽 | 2016年9月28日 (水) 10時12分

真砂 さん

だんなさまのご実家を 真砂さんも
手伝って片づけたからこその大事な実体験であり、
記憶であるのですね。

やらなければわからないし、
受けとめられない。

出会わなければわからなしし、
受けとめられない……。

投稿: ふみ虫。 | 2016年9月28日 (水) 12時36分

たまこ さん

そうですよね。
自分を出す。
そう決めて門をくぐったたまこさんには、
自分を出す、出し方なんかの学びもはじまるわけですが、
くぐらないでいる時代とは大違いの経験を
いっぱいされることになるでしょうね。

たまこさん、やったね。

投稿: ふみ虫。 | 2016年9月28日 (水) 12時43分

ゆうこ さん

そうですね。
自分自身を、ひたすらどこまでも確立した自分だと
考えると、だいぶきついこともあるだろうと思うんです。
肉体的にも、精神的にも、記憶も、
ゆうこの云われる〈細胞〉も、
純粋媒体じゃない。
影響され、あるときは浸食され、ある場合は染まり……。

そこではじめて、
それこそが自分だーと云えるんじゃないかなあ。

と、こんなことを考えさせていただき、
感謝です。


投稿: ふみ虫。 | 2016年9月28日 (水) 12時49分

みゅー さん

こちらこそ、ありがとうございました。
みゅーさんのおたより読ませていただき、
これ、書こう!とひらめいたんです。

これからも、そんなひらめきに
期待しながら生きてゆきたいなと、思ったことです。

感謝をこめて。

投稿: ふみ虫。 | 2016年9月28日 (水) 12時50分

寧楽 さん

筆たち。
それは、もっと筆とのことを深めたまえ、
というメッセージを携えてやってきているんですよね。

わあ、こちらまでわくわくします。

文具好きの寧楽さん、あのね、
わたしはへたくそな絵を、眉墨で描いてます。
うふふ。

投稿: ふみ虫。 | 2016年9月28日 (水) 12時53分

ふみこさま こんにちは

秋雨が続いています。
お久しぶりです。
パソコンはやっぱり繋がったりつながらなかったりですが
(プロパイダーに機械を送ったのですが素直に動いたらしく、原因がわからないまま帰ってきました)
そこまで使いこなしているわけではないので、しばらくはそのままいこうと思っています。
その分、図書館から予約の本が何冊か回ってきて、その中にビアンキの自転車が出てきたのと、2冊の本に『赤毛のアン』が出てきて、インターネットにはつながりにくいけど、幽かにいろいろなことがつながっているなぁと思う日々でした。今度、アンシリーズも読み返したいです。

今日、文具売り場でデルマを発見しました。オレンジはなかったのですが、これは小学校の時、誰かが持っていて羨ましかった「色鉛筆」でした!あぁ、これもつながりました。

私にとってデルマみたいなものって何だろう?と考えていたら、初めに思いついたのは綿棒でした。
もう、会う機会もない方ですが、青い箱の綿棒に勝る綿棒はないと力説されて以来、そうなのか~とかれこれ30年くらい使っています。たまに違うのを買って後悔して、やっぱり○○さんは正しいって、青い箱に戻っています。

手許に来たことも縁ですね。そういうつながりも大事にしないといけませんね。

投稿: あすちるべ | 2016年9月28日 (水) 17時50分

ふんちゃん

 デルマ…買ってしまいました…。
 私にとって、どこか懐かしいデルマ。
 小学校2年生まで本と文房具のお店で育った私は、やっぱり本と文房具に囲まれていると、ホッとします。ホームグラウンドに帰って来た感覚というか…。
 気持ちがざわざわしたり、落ち込んだりすると行きたくなる場所ですが、
 昨日は、買い物のついでに文房具やさんに寄り、買ってしまいました。
 赤と白、黒、黄色しかなくって、赤と黄色を家に連れて帰ってきました。
 本を読むぞ〜。

 今はね、勉強する本ではなく、2番目ちゃんに勧められた本を読んでいます。
 「トメック」という本と、「ハンナ」という本です。
 続き物というか、トメックという少年と、ハンナという少女、同じ時を過ごすこともある二人のそれぞれの視点から書かれた本なんです。とてもとても面白いです。

 これから、ちょっとお勉強する本も読まなければならないので、デルマの出番です。
 あの太さ、柔らかい描き心地は、うっとしります(^^)
 普通の鉛筆でもね、B4とかが好きなんです。
 字が下手だから、絵を描くように書ける気がして、ちょっと下手くそさが、まぎれるかな? なんて(^^;)
 ワクワクしてきました。

 そして…、前回ふんちゃんが言ってくれたこと。
 私には、どうありたいかはっきりと見えてるんだね…ということ。
 そうか〜! ふんちゃんに言ってもらえて気付きました。
 そうでした。こうありたい…が、はっきり見えています。
 とても少ないモノ(本当に好きなモノ)たちに囲まれて、すっきり暮らしたい…です。
 (へんてこなことばですね…)
 「がらん」の中で暮らしたい。
 本と文房具のお店に身を置きたかったり、「がらん」の中で暮らしたいと思ったりするのは、私が、子どもの頃に過ごしていた環境を求めてるのかもしれないなぁと、
 今、ここで気付きました。
 人ともモノとも、気持ちよく暮らしたいです。

投稿: もも(^_^) | 2016年9月29日 (木) 06時09分

ふみこさま。

挿絵の話のつづきですー。

デルマトグラフって知ってると娘に聞くと
「ガラスやフィルムにもかけるとかこの本に書いてなかった?。。」
えーびっくり。本当だ。暮らしのポケット挿絵だけじゃなくて
ちゃんと読んでたんだねえ。

どの絵がすきだったのときいてみる。。
電話が寝てたり、コップにまで顔がかいてあったり
ホトトギスのほー。ほけ。ほけ。。。
うちの中庭に来るカラス「くぁわーくぁわー。。」みたいだね
なんて面白い鳴き方のはなしになったり。。
おかげさまで、昨晩楽しい会話になりましたー。

たびたび失礼しました
デルマでなんだか鳥の絵かいてみたくなりましたー。
何色にしようかなー。

投稿: 真砂 | 2016年9月29日 (木) 10時52分

ふみこさま、みなさま。

大変失礼しました。
ホトトギスではなく、うぐいすでした。
ふみこ様お許しくださいね。

ホトトギスは「トキョカキョ。。」みたいなかんじ。。
でも、普通うぐいすに托卵して子育てしてもらうんでしたよね。。
たくましいし、不思議な鳥の社会のしくみですね。
鳴き方いっしょにならないのもおもしろいですねって。。
何とか間違いを納得したい私でした。

投稿: 真砂 | 2016年9月29日 (木) 15時32分

あすちるべ さん

おたより読ませていただいて、
しみじみ考えさせられています。

ほんとうにね。
つながるものはつながって……。
時としてつながらぬものとは、つながらない。

その〈意味〉を、思ってみてもいいなあ、と。
その気づきは、 あすちるべさんからいただいたものなので、
それまた意味深いつながりなのだ、と
しみじみしたことです。

ありがとう。


投稿: ふみ虫。 | 2016年9月30日 (金) 17時17分

もも(^_^)ちゃん

ももちゃんは、〈がらん〉のなかでは
暮らせない。
ももちゃんは、本屋さん文具店だけでは
満たされない。

決めつけてごめんなさい。

〈がらん〉よりもう少しぬくもりのある感じに
どうしてもなってゆくだろうと思うんです。
そして本を眺めたり、文具店のなかを歩きまわるよろこびのほか、
たとえば、みつけた本屋文具のことを誰かに伝えたくなったり、
ひとのための動きにつなげたくなるのが、
ももちゃんじゃないかなあと、思っちゃったのです。

『トメック』たちも、研究します!
ありがとうございます。


投稿: ふみ虫。 | 2016年9月30日 (金) 17時25分

真砂 さん

デルマで鳥の絵!
いいね、
描こう、描きましょうね。

わたしは、そうだなあ、いま、
丹頂鶴の子どもが描きたい。
ことし、井の頭公園で生まれたんです。

投稿: ふみ虫。 | 2016年9月30日 (金) 17時28分

ふみさま、みなさまこんにちはで~~す。

ほぼ20日間不眠不休で(ちょっとはうたた寝はしている)発表会にむかってがんばっております。なぜここまで頑張らねばならないのだろう・・・私は何に向かっているのだろう・・とたまに自問自答しますが、性分だからしょうがありません。生徒さんの弾く30曲のソロ演奏曲と、13曲のアンサンブル曲と日夜格闘中。
若かりし頃、夢と希望を胸に自分の教室を立ち上げられたのがうれしくて、『発表会は出る人もお客さんも楽しくなきゃ~~』とすべての曲をひとつのお話に結び付けて会を進行させていく形で始まった今回も全45曲が私の作るお話とともに流れていく仕組み。今年で25話目の執筆活動を終え、今は日夜校正中でございます。巨大な眠けの中で書いているのでお話しとしてはもちろん、日本語として成立していない台本・・・(笑)
生徒さんの順番はくじ引きで決めるので、「チューリップの片手演奏」の次は「子犬のワルツ」とか、よくあるパターンなんですよ。ちょっと面白そうでしょ。

明日は生徒さんと、アンサンブルにサックスやバイオリンなど生演奏をつけてくださる音楽スタッフさんたちがこの狭いマンションに次々あつまり、曲のリハーサル。(真砂さんがお近くなら、ぜひ、ともに音楽を楽しみたいところなんだけどな~~。(笑))今晩はスタッフさん用に20人分のカレーをしこみま~す。もはや、一番大事な生徒さんのソロ演奏なんかは2の次で、インタビューの時のボケとつっこみの練習やら、リトルマーメードのアンダーザシーの歌をうたうセバスチャンはどんなお面にしようか?など、そんな相談ばかりしているおきょうさんなんです。フフフ。(ふみさま、みなさまの想定内か)

そんな中、施設の母から電話で『入れ歯がこわれてしまったの・・・」とかね。フェイントでいろいろな波が押し寄せてきます。「はいじゃ、来週午前中、歯医者さん予約して付き添いね~~」とかね・・・。素晴らしいくらいのスリルです。もはやビックサンダーを超えてタワーオブテラーなみ。((笑)がんばってきま~す!

さてデルマ、我が家のだんなさまも持ってます!!限定黒色のみですが、舞台照明の卓(明るさなど調整する機械)にラインをひくのにつかうのです。
クルル~~と紙をひっぺがすの快感ですよね~。そんな鉛筆が彼のペンケースに入っていてちょっと業界さんぽくて、結婚当初は胸キュンでした。→それが今では彼の部屋のペンケースの上に、たたんだ洗濯ものをのせてます。「ちょっと自分で引き出しにしまっといてね~~」と。((笑)。オレンジのラインか~、今日買い物に行ったときパルコ文具やさんで買ってくるかな。これで自分の台本に線を入れれば、ふみさまのあわ~~いキュンキュンな想い出にも守られて本番こなせそう。

投稿: おきょうさん | 2016年10月 1日 (土) 14時08分

ふみこ様 おはようございます

文房具の話で 少しの間 すっかり しっかり
小学生に戻っていました。

新しい消しゴムの使い始め
新しいノートの一ページ目
新しい下敷き

あの頃は そういう 小さなことが 嬉しくて
一日 うきうきしていた気がします

少し変わった 最新式の文房具を持ってきた友達を見ると
羨ましくて 羨ましくて
あのペンが使えたら どんなに 勉強が はかどることか・・と
思ったものです
その中の一つに ひもを引っ張ると くるくると紙がはがれて
芯が出てくる ペンがありました
デルマと言うんですね。

木造の校舎
小学生の ふみこさんと 私が 並んで座っていて
ふみこさんが デルマの使い方を 教えてくれて
私が「わ~~すごい」と感動している図を 想像しました。

投稿: えぞももんが | 2016年10月 2日 (日) 05時21分

お絵かき教室のせんせいへ

あたたかいおたよりありがとうございます
上手く書けなくても、
間違えても、楽しんでかきましょうねえー
みたいな懐の温かさいただきました。

今の室内楽も無制限に受け入れる
どんな人も間違いもちょっと参加したい人も。。
間違えのように見える音をアレンジして
楽しんでしまう力。ハプニングをなにごともなかったように
楽しい事に塗り替えてしまう力。
ジャズ方式となにげなくいうが、自分をさらけだせば
ほらこんなに楽しめるよといつでもあたたかい。
この広場と同じ温かさを感じます。


ピアノ教室のせんせいへ
おきょうさーんお誘い嬉しいです。
おきょうさんのおはなしい自体が流れる音楽のようで
楽しくよませてもらっています。
ピアノのせんせいのまえで私の音楽の好き放題の話
恐縮ですー。気に障るようなことかいていたら
ごめんなさいねー(かきねをとっぱらうとか。。)
発表会まで楽しい日々ですね。
(ふみこさんまたお借りしちゃいました。ありがとうございます)

朝から失礼しました。いい1日を。みなさま。

投稿: 真砂 | 2016年10月 2日 (日) 07時08分

ふみこさま、みなさま。
こんにちは。

デルマは、あこがれの色鉛筆でした。
中学の時だったかな?
妹が赤のデルマを持っていて、「これ、好きなんだ。」と
教えてくれたのは。

その時からずっと、あこがれながらも、
妹の好きなモノということで、
買わずにいたのです。

昔から、音楽でもなんでも、
人が好きだというモノは、私が好きではいけないような気がしていました。
素直じゃないっていうか、特別で居たかったんでしょうか?

四十を過ぎて、いろんなことから自由になって、
私も好きって言えるようになり、
このたび、デルマ、買ってきました。
家計簿にチェック入れる三色の色鉛筆が短くなっていたので。

さっそく使ってみると、やわらかさが気持ちが良いです。
デルマ、私も大好きです。

投稿: ひよはは | 2016年10月 3日 (月) 09時32分

ふみこさま。

デルマ、はじめて知りました。
かわいい! 今度、文房具屋さんで、さがしてみたいです。
私は、小さいころ、おとなりのお姉さんとよく遊んでいたんですが、そこのおばちゃんが作ってくれたパンのみみを揚げて砂糖をパラパラまぶったおやつが美味しくって、忘れられません。子どもたちにも作ってあげたし、孫にも、作ってあげたいです。友だちの家で、はじめて食べたものって、ちょっとした革命みたいな気がしていました。友だちのおばあちゃんが揚げて作ったかき餅も、おいしかったなぁ。
こうやって、私も、いろんな人に育てられたんだなぁ、と思いました。
では、またぁ。

投稿: こぐま | 2016年10月 3日 (月) 11時13分

おきょうさん さん

スリルと、夢と、希望と、笑いと
大きな愛と。
おきょうさん さんは、素敵だなあ。
情熱を感じます。
やっぱりひとは情熱を持たなくちゃ、と
つくづく思うんです。

それは、必ず伝わり、まわりに気づきをもたらし、
たとえば次世代を育て、結果はどうでも、
世のなかを……。
この先のことばがまだみつからないけれど、
かけがえのない何かを生む。
といまは、記しておきます。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月 3日 (月) 21時15分

真砂 さん

創作はどんな創作も、
(作品は)宿命的なものですものね。
そこは、大事にしたいです。ね。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月 3日 (月) 21時16分

ひよはは さん

わあ、うれしいこと!

わたしもデルマと出合いなおしを
させてもらった心持ちです。

お互いに、デルマと仲よく、
あたらしいものも生みだしましょう。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月 3日 (月) 21時20分

えぞももんが さん

こちらからのたよりが、
おそくなって、ごめんなさい。

週が明けてしまいました。
佳い1週間になりますように、と、
自分の胸に向かって云い聞かせているところです。

ところでところで。

教室の隣同士の机の上で、
えぞももんがちゃんにふみこちゃんは
デルマを見せました。
「ね、見て見て。これデルマ。
こうやって、ひもを引っぱって、あたらしい芯を出すんだよ」
ふみこちゃんは、やってみせました。
だけど、うまくゆきません。
デルマの紙がきれいに巻きとれないのです。
ふみこちゃんは困りました。
「ひもをもう一回ひっぱってみたら?」
えぞももんがちゃんがささやき、
ふみこちゃんはそのとおりにやってみました。

するするするする。
デルマの紙は巻きとられ、あたらしい芯が見えてきました。

「えぞももんがちゃん、ありがとう」
「まあ、なんて素敵。デルマって不思議で素敵」
えぞももんがちゃんは、うっとりとつぶやいています。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月 3日 (月) 21時39分

こぐま さん

なつかしい!
わたしも食べました!

やってみよう。

明日、パンの耳をとっておいて、
揚げて、砂糖をぱらぱらと。

なつかしいおやつ、いろいろつくってみたくなりました。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月 3日 (月) 21時41分

ふみこ様 
おはようございます

寅さん!おはようございます。

何時だったでしょうか
今は大学4年の次男が 小学校の低学年のころ
一緒に 「男はつらいよ ぼくの伯父さん」をテレビで見ていて
「お母さん フーテンって なに?」と 聞いてきました

「う~~ん そうだなぁ
 仕事もあんまりしないで
 気ままに ふらっと旅に出たりする人のことかなぁ」と答えると

「いいなぁフーテン。 好きだなぁ寅さん」と言ったのを思い出します


父と母が好きな マドンナは リリーさん(浅丘ルリ子さん)です
この回を見るたび 私は 泣きたくなります

それにしても ふみこさん
黒板に こんなメッセージを残してくれるの
じんわりします。
なかなか 消せないね。

投稿: えぞももんが | 2016年10月23日 (日) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)