« 黒板 | トップページ | わたしはいまも、夢見ています »

2016年10月25日 (火)

切実な色

 真昼の公園。
 東京都武蔵野市役所の南側にひろがる、市民公園の木陰のベンチに腰を下ろす。口から出かかった「ヨッコラショ」を飲みんだ。
 快晴。
 日が射してきて、暑いくらいだ。
 日傘、半袖、扇子……を連想する。が、どれも持っていない。公園を囲む大木たちは、まだ青青としている。それでも目を凝らすと、青青のなかのほうに色が見える。かすかな赤み、かすかな黄み、赤と黄の混ざった橙(だいだい)色も。
 芝生の上には、子ども連れの若いお母さんたちが輪。遠慮がちに隅っこのほうに敷物をひろげている。お弁当持ち寄りで集まっているらしい。

                *


 午前中市役所に出かけた。

 いつもならたいていひとところかふたところで用事が済むところ、この日はちがった。市庁舎2階から8階まで、各階に用事があり、それぞれ雰囲気のことなる課に顔を出してゆく。市役所のなかを下りたり上がったり、ひとつ階のうちも行ったり来たりすることになった。用事を終えたときには、額に汗がにじんでいた。
 時計を見ると、1210分。
 市庁舎ではまたべつの用事が待っているのだが、30分ほどぽっかり時間ができた。8階には食堂「さくらごはん」があり、いつもなら、わくわくとここへ出かけて行きごはんにするのだが……。
 少しばかり、市庁舎に酔ってしまった。あちらへこちらへ歩きまわったからだろう。気がつくと外に出て、わたしは両手を肩の高さに上げて、のびをしていた。口から「ツカレター」が出かかったが、飲みこみきれず、するするっと空中に散じた。
 おいなりさんが食べたい。
 どこに行ったらそれが実現するだろうか。ちょっと考えて、コンビニエンスストアの世界に足を踏み入れた。この世界には滅多に近づくことはないのだ。どうしてかというと、交通の便が発達している日本の都市という都市に店舗展開するコンビニエンスストアの便利過ぎる有り様(よう)をどう自分のなかに納めていいかわからないでいるからだ。わたしのうちの買いものの責任者が夫であり、日頃、あまり自分で買いものをしないということもあるには、あるが。
 目の前で自動ドアが左右に開き、コンビニエンスストアの世界へは難なく足を踏み入れることができた。入るなりぎょっとした。3つあるレジの前に1本の長い行列ができている。列のいちばん前のひとが、3つのうちあいたレジに進む方式だ。
 おいなりさん、あるだろうか。
 あった! 「秋鮭野沢菜いなり寿司」。それにブリックパックの青汁を選んで、長い長い列の最後部につこうとすると、同時にならぼうとしたニッカポッカの男性が「レディーファーストだからな」と云って先を譲ってくれた。ひどくうれしい。
 昼休みにこの世界にやってきたひとたちのほとんどは、勤労の老若男女だ。
 知らなかったな。コンビニエンスストアの流通がどうでも、ここを必要とするひとたちの列はこんなにも長い。

                *


 わたしは念願のおいなりさんを手に入れて、市役所を見上げる公園へ。

 こんな場所で真昼にひとり腰をおろすことも、コンビニエンスストアで買ったおいなりさんを食べることも、わたしにはイレギュラーな出来事だ。しかしイレギュラーに覗かせてもらった〈現実〉は、切実な色をしている。樹木のなかのなかのほうに隠れているかすかな赤み、かすかな黄み、赤と黄の混ざった橙色と同じように。

Photo

色と云えば、ひと月ほど前、
白いカシミアのスカーフを染めました。
桜の枝で……と書きたいところですが、

ダイロンで染めました。
Photo_2

誕生日祝いに友人が贈ってくれたスカーフでした。
白色の「部分」を汚してしまい、
考えた末、こんな色に染めました。
ある意味、これも切実な事情を隠した色なのです。

 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

もも(^_^)ちゃん

何もかもひとつひとつですよ、ももちゃん。
でないと、すぐ終了しちゃって、
つまらない。

ひとつずつたのしみながら、
黄昏れながら、進もうね。

赤のイメージ、うれしい!
書いてくださった一点赤という感じ、
大切にしようと思います。

投稿: ふみ虫。 | 2016年11月 1日 (火) 07時25分

おきょうさん さん

市役所は、わたしの仕事場でもあるので、
なかなかの居心地なんです。

ひとりの仕事だったのが、
こんなおかたい仲間ができて……!
と思っていたのですが、
なんのなんの、愉快なたのしいひともいっぱい。

でも、それなりに緊張してるんだね、わたしは。
コンビニ情報ありがとう!ございます。
ビッグアメリカンドックですって?


投稿: ふみ虫。 | 2016年11月 1日 (火) 07時23分

真砂 さん

いっぱい話すことで、
沈黙が生きるし、
沈黙することで、
語りが生き生きと動きだす。

そのおもしろさを感じています。

奏でる……というのは、
そんなこともあるのかな。
ね、どうかな。

投稿: ふみ虫。 | 2016年11月 1日 (火) 07時17分

ふんちゃん

 今回は、読んでいて「うわっ」と言ってしまいました。
 目が回りそうだな…って思って…。
 風のように動き回ったふんちゃんが思い浮かびました。
 おつかれさまでした…、心より…。

 昨日、私も真似して、コンビニでおいなりさんを求め、車の中で食べました。
 一緒に付いていた生姜がとっても美味しくって、嬉しくなりました。
 
 そして、ステキな色のスカーフ!
 ふんちゃんっぽい!! どこか一つが赤いイメージのあるふんちゃんです(勝手に…すみません)
 
 札幌は、どんどん冷えて来て、冬を感じます。
 たくあんをつけるために、今年は、玄米付けにも挑戦するために、
 大根を干したい!と思っているのですが、朝から雨が降ったりやんだり…。
 もう少し晴れてくれるといいんだけどなぁと空とにらめっこする一日となりそうです。
 
 今日はね…、自分で時間を使える日です(^^)
 大根干したい、断捨離もしたい、チクチクもしたい、な〜んにもしないで黄昏れたい…。
 いろんな「したい」が渦巻いて、結局、何もできなそう(^。^;)
 あ、黄昏れることはしようと思います。
 これは、絶対!!

投稿: もも(^_^) | 2016年10月31日 (月) 10時17分

ふみさまみなさまこんばんは~~~

きょうは久しぶりに、昨年より空っぽになっている私の実家に
風を通しに家族で出向いてきました。

車で20分ほどの距離とはいえ、この8・9・10月の発表会準備などの波にのまれると、実際に、「実家」か「母の施設か?」と迷うとやはり生きている人が優先になってしまい、まるまる3か月かわいそうにひっそりおうちは雑木林の中で放置されて私たちの来るのを待ってくれておりましたので、
鍵を開けるなり
「ごめんね~~ひさしぶり~~」と声をかけ
だだだ~~と拭き掃除掃除機かけ、コタツをセッティング、父の仏壇にもお線香を灯して、だんなさまは庭の枯葉をあつめてたき火と焼き芋作り(うまし!)孫2人はたのしくあたたか~~いコタツに横になりながらたま~に勉強(次女)や、編曲課題(長女)をこなすような、実家の生活らしい生活をしてきました。おうちも喜んでくれたみたいです。

市役所のあの雰囲気。
人の数、書類の多さ、わかりにくさ、今、母の介護保険や、いろいろな手続きで私も訪れる機会がとても多いのでド~~~っとつかれてしまったふみさまのお気持ちわかる気がします。応対してくださる職員の方々はみなさん親切でお優しいのですけどねえ・・・。
今度疲れちゃったらぜひ、焼き芋たべにうちの実家にご招待したいわ。雑木林で鳥の声をききながら焼き芋をどうぞ。

コンビニおいなりさんを公園のベンチで。逆に私がその場に、はせ参じられるならば、コンビニイレギュラーなふみさまですから、もしふみ様がご利用されたコンビニがセブンさんだったらビックアメリカンドックを、ローさんだったら金ごまかおるおはぎ、ミニさんだったら期間限定安納芋ソフト、ファミさんだったらファミチキを、差し入れてとなりに腰掛けて秋の公園の葉の色や子供の声をたのしみながら「お疲れ空へとんでけ~~」してあげるのになっ。→我が家には無敵のコンビニスペシャルナビゲーター長女がおりますので、なんでもお聞きくださいませ。若い人の間をスマホでいきかう情報は希になかなかなものです。((笑)
待ち合わせの目印はすて~~きな秋色スカーフを。
このスカーフはもはや「切実さを隠す」というよりは、「確実に素敵」です!!


こぐまさま~
何をかくそう、
わたくしも胃カメラ愛好者です→いや愛好はしていないけれど((笑)1年にかならず1度は検査検査。胃の中は良性ですけどポリープだらけなんですよ。市の検査を受けるたび、たいていどの部所も再検査再検査。見た目は『象がのっても大丈夫~~』みたいにごっついのですけどね。((笑)
でもいち早く自分の内部の情報を映し出してしらせてくださる胃カメラさんは「愛好」としなければですね。
きっとだいじょうぶ!
氏神様にさっそくお願いしてきます。


投稿: おきょうさん | 2016年10月30日 (日) 22時28分

ふみこさま。

色の話でおもいだしたのですが。。ちょうど1年前の今頃。。
色や音の奥にあるものにひかれるとか言って
ふみこさんの教えて下さった若松さんの本読んでみて、
あの時はほとんどわからなかったけれど、
「わからないことを前提に向き合えば向こうから
ちかづいてくる。。」
だから書いて書いてみつけなさいって若松さんに言われて
いっぱい書いちゃって。。
ふみこさん本当にありがとうございました。

自分の思いを受けとめてもらえるってうれしくて
それだけでこんなに前へすすめるんだなって
あらためてありがとうございます。

先週久しぶりに子育て古民家の家へ行ってみました。
赤ちゃんに声をかけると、手足をバタバタ動かしてくれて
「やあ、会えたねーうれしいー。」
って(言ってないけど)聞こえました。
0歳児に励まされる56歳の私。。
やっぱりまたいっぱい書いちゃおうかな。
なんてふみこさんまたよろしくお願いします。

投稿: 真砂 | 2016年10月30日 (日) 13時42分

あきえ♪さん

10月29日、
お誕生日おめでとうございます。

こちらが誕生日プレゼントをいただいたような
心持ちになりました。
ありがとうございます。

ほんとうは、
何があっても人生は、やさしく坦坦とすすんでいるのではないか、
このごろそんなことを考えるようになりました。
あわてたり、苛立ったり、
焦ったり、頭を抱えるのはみんなこちらの有り様(よう)、
つまり受けとめ方だと。

人生の、たとえば細部のうんといいところを
味わい損なっているかもしれないなあ……なんてね。
あわてす、ゆっくりゆきたいと思わされています。

またね。


投稿: ふみ虫。 | 2016年10月30日 (日) 12時12分

えぞももんが さん

昨夜、テレビで
「今夜も生でさだまさし」
を観ました。
富良野だったこともあって、
眠かったのですが、一所けん命観たんです。

雪が降っていました。

こちらでは昼間、七分袖のワンピース1枚で
出かけたと云うのに……雪。

「さだまさし」のいいところは、
「さだまさし」を好きと云うひとがいい、
そこでもあるんです。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月30日 (日) 12時05分

ふみこさん みなさま

おはようございます。はじめましてです。
ふみこさんの『家族のさじかげん』が好きです
雀のお話の中の
こんなわたしにも、いいところはある
の一文に、励まされています。
実家に届く毎日新聞の『山本さんちの台所』
母がわたしのためにいつも切り抜いていてくれました。
たくさんの時間が流れ、両親とも特養での暮らしになりました。その間夢中で暮らしてふみこさんとも離れ(わたしのなかで勝手に…ですごめんなさい)今やっと戻ってこれました。最初の記事からゆっくりと読ませていただいて、もっと早くこのブログを読んでいたらなと思ったり、今が出逢いの時だったんだと思ったりしています。
昨日はわたしの誕生日でした。ふみこさんやみなさまのあたたかいコメントを読めることを自分へのプレゼントとして受けとります。
いつもありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: あきえ♪ | 2016年10月30日 (日) 09時53分

ふみこ様 おはようございます

赤や 黄色や 赤と黄の混ざった橙色
緑と黄色が混ざったレモン色
そんな木々の色が 少しずつ 茶色一色になりつつあり
そして それも カサッ コソッと 小さな乾いた音を立てて
落ちています

そろそろ 初冬の北海道です
 
切実な色・・・
ふみこさん 繰り返し ブログを読みました
切実から 伝わってくる 少々 複雑な思いと気持ち。
もしそうなら それが 軽くなっていますように。
木々の葉は いろいろな色に 紅葉した後
茶色くなりはするけれど ずいぶん 軽くなります


ふみこさん 私も 「あ・あ・・疲れた」と帰りに寄った
スーパーの総菜コーナーで お稲荷さんを買うのが
小さな楽しみです。
あの味は 元気のないとき「わかる わかる」と、言ってくれる 味ですね 

投稿: えぞももんが | 2016年10月30日 (日) 06時26分

ゆうこ さん

そうでしたか。

考えてたんですね。

ゆっくり、思うように進んだらいいと思います。
勘も大切にしながら。
逃げ腰じゃ逃げられもしない。
というのが、いまのわたしの気持ちです。

ときどき思うんですよね。
逃げ腰でなんかいるもんか。
潔く逃げてやる!
潔く飛びこんでやる!
(これ、どちらも同じ〈決断〉です)。

祈ってます。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月27日 (木) 07時35分

こぐま さん

ことしは虫が大発生したおかげでしょうか、
柿と栗が、遠いです。
今週末、さがしに行って、
栗ごはん、栗と鶏のクリーム煮、
柿とかぶの酢のものなんかをどっさりつくりたいです。
黄と橙を褒めながら。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月27日 (木) 07時32分

かえるのしっぽ さん

お返事おそくなりました。
お許しください。

枝のなかに、
もうつぎの季節が秘められている。
準備はいつもぬかりなく。
かえるのしっぽさん、よくみつけられましたね。

わたしも、気をつけて、
枝を、空をみつめたいな。

東京も深まる秋のなかに、
しんとした〈寒〉がしのび寄っています。
朝は、ぴりりとそれを思い知ります。

佳いきょうを。


投稿: ふみ虫。 | 2016年10月27日 (木) 07時29分

ふみこさん

こんばんは。
一年の中で今の時期が、春よりも夏よりも「色の多さ」を感じます。

自然の木々の色だったり、
道行く人の装いだったり、
自分のココロの中だったり。

私ね、週に2,3日、それも1日2時間だけだけど、
切実な色の世界で働いています。
(って、大げさですね。パートです。)

普段の生活の中では見えないけれど、
その場所に行くといろんな切実な色があって...

最近、そろそろその場所から出ないといけないかなぁって。
なんとなくだけれども。

ちょうどそんなことを考えていたから、
ふみこさんの言葉を読んで、胸がドキンっとしました。

夜中のコメント...
根暗になってごめんなさい。笑

投稿: ゆうこ | 2016年10月27日 (木) 01時12分

ふみこさま。

こんにちは。
庭の柿が橙色に色づいてきました。
黄色いみかんもおいしい季節です。
私の切実な色は、食べものばっかりですね~。あはっ。

真砂さま。
お誕生日のお祝いコメント、ありがとうございます。
オカリナ、高音がなかなかでにくくて、くじけそうですが、ちょこちょこ吹いています。アンジェラアキさんの、「手紙」を吹けるようになりたいです。
ばら寿司、いつか食べてくださいね~。
きっとそんな機会がありそうな予感がしています。うふっ。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2016年10月26日 (水) 15時23分

ふみこさま みなさま こんにちは。

私の暮らす街は近くに遠くにとぐるりと山が見渡せます。
高い山はどうやら今日が初冠雪。日ごとに赤みを増している山肌はこれから少しずつ白くなっていきます。

今日は午前中は青空だったので(今は雨です。)小一時間ほど散歩に出かけました。
この時期は道にはたくさんのどんぐりが落ちています。
昨年の秋、「翌年のブナの豊凶は秋の枝を見れば推測できるらしい」という新聞記事で知りました。そんなことを思い出しつつ歩いていたのですが、ふと、来年の新芽っていつ頃から出てくるのかしら?と思いました。
では。。。と道端に張り出している枝をよく見てみると、これから紅葉落葉していく葉とともに小さな小さな芽が!それぞれの色合いで!
何だかすごい発見をしたような~とても美しいものを見つけたような~気分になりました。

昼間の池はカモたちの場所でしたが、居残り組の白鳥ものんびりと浮かんでおりました。

投稿: かえるのしっぽ | 2016年10月25日 (火) 16時04分

たまこ さん

異動のとらえ方について学ぶのと同時に、
それは人生の〈変化〉を前向きな気持ちで
とらえる練習でもあった……。

というふうに読みました。

ありがとう、佳いおたよりを。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月25日 (火) 14時08分

真砂 さん

奇跡がつぎの奇跡を生む(つながる)というのを、
証明する役割を果たされたというわけですね。

おめでとう。
そして、お疲れさまでした。

そしたまた、つぎの奇跡へ……。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月25日 (火) 14時05分

cohata さん

若い若い役者さんの
はずんだこころ、緊張も、恥じらいも
胸に迫るようです。

おたより、ありがとうございます。

初舞台に乾杯!
お赤飯を炊いた役者の母上にも、
乾杯!

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月25日 (火) 13時29分

ふんちゃん皆様こんにちは。
お仕事お疲れ様です。
いつもと違う現実を見るのも
いい気分転換ですよね!


さて、私今の部署に来て早3ヶ月。
まだまだ生き方や思考が凝り固まっている所もあるけれど
順調にほどかれています。

なぜなのかな?と考えたときに
周りの皆様が私の自尊心を復活
させてくれたからだと思いました。

異動に感謝です。
あのまま前回の部署にいたらと思うと…。
凝り固まったままで仕事をしていた
前回の部署には申し訳ないと思いつつ
思い切って私を異動させてくれたことに
感謝しています

投稿: たまこ | 2016年10月25日 (火) 12時31分

ふみこさま、みなさま

スカーフの色素敵ですね。
この時期になると温かさを感じる色や音に
包まれたくなります。。。

何かが混ざり合いだす瞬間ってすごく好きです。
この前の演奏会も初顔合わせのときは
お互い探り合うような音だったのに、本番当日
リハーサル2回目のときにちょっと溶けだした。
何か伝わったのかな?本番では「楽しい。ありがとう。。」
という気持ちしかなかったから。不思議。

あとね。ふみこさんもっとふしぎなのはね。
娘の誕生日にキセキのような事が起きた事をかいたとき、
「キセキはまた次のキセキを。。」ってふみこさん書いて下さったの。
でもそんなこと無理無理なんて思ってたのに、
自分も舞台でプロの方と共演してたなんてね。
ふみこさんのおかげかもです。

あの時のお互いの良さがまざったような瞬間は
心の中でまだあたたかいですー。
ふみこさんありがとうございます。

こぐまさーんお誕生日おめでとうございます。
ふみこさんへオカリナの絵をかいた時
こぐまさんのオカリナの音もこんなやさしい音なんだろうなあ
って思いながら書きました。いつかその音を聞きたいです
あっ。それと私もこぐまさんのばらずしも。うふ。

投稿: 真砂 | 2016年10月25日 (火) 09時42分

ふみこさん、みなさん

おはようございます。

昨日、娘の演劇部での役者デビューが無事終わりました。

私は朝練のためのお弁当作りくらいしかすることがありませんでした。
試験期間を挟み、時間を見つけては練習をしていたようです。

昨日はたまたま私の帰りの方が早く、「お帰り」を言えました。

あんな複雑な顔の娘、初めて見ました。
たのしかった、はずかしかった、思う通りにいかなかった、終わってしまってさびしい、もっともっとやりたい。
読み取れないだけで、きっとまだまだ、彼女の中に渦巻いているものがあるんじゃないかと思います。

タイトルの「切実」を見たとき、まっさきに浮かんだのが、昨日の娘の顔でした。

クラスメイトが見に来てくれて、「緊張してたでしょ、顔、真っ赤だったよ。」と言っていったそうです。
(生徒だけが見られる公演でした。)
お友だちの前で、一生懸命、かっこ悪い自分を引き受けたんだね。

お祝いしてあげたくて、昨日の晩御飯はお赤飯でした。

投稿: cohata | 2016年10月25日 (火) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)