« デルマ | トップページ | 星あつめ »

2016年10月 4日 (火)

あなたたちとわたし

 時計を見ようと壁に目をやると、黒い影がふたつ動いた。
 午後8時。わたしは机に向かっていたのだが、同じ部屋のなかに誰かいるなどとは思いもしなかった。影の主たちから、この机は死角になっているらしく、わたしには気づいていない。
 じっとして、息をひそめる。
 ふたつの影、お互いに急接近。
 一方の影が、もう一方の影に近づいてゆく。わたしは存在を消す決心をして、影たちのいる部屋の中央部と書斎とを隔てる本棚の前にしゃがんで隠れる。ここからいなくなりたかったが、影たちに気づかれずにそれはできそうになかった。様子を窺(うかが)わないように気をつけながら、結果として窺っているという感じだ。影たちの正体は、おそらく家人だが、親しき仲にも礼儀ありで、何もかも知っていていいというわけではない。おお、困った。
 そのまま30分ほども過ぎたろうか。
 一瞬、まどろんだのかもしれない。はっとして壁を見ると、影たちは消えていた。この間(ま)にこちらの存在をあらわしてしまおう。
 コホン、と咳払いをして本棚のもとから立ち上がり、部屋を横切って、台所へと向かう。部屋にはわたしのほかに、もう誰もいなかった。

 黒い影の主は、お察しのように家蜘蛛のジルベールとセリア(ことし5月のこの項を御覧ください*)だ。

 このふたり(あえてふたりと、云いたいと思うのです)が近く寄り添う姿をついぞ見たことがなかった。
 だからわたしは、この夜の急接近を目撃させられたことに心底驚いている。
 じつはこの夏、ジルベールとセリアのあいだに子どもが生まれたらしかった。からだの透き通ったちっちゃな家蜘蛛の赤ん坊がわたしの前にちょろちょろ出てきて、それと知ったのだった。そのときに感じたのと同じことが、この夜のふたりの接近を見たときに湧き上がった。

 家蜘蛛である彼らと、ヒトであるわたしとのあいだが近くなっている。


 机に向かっているときも、しばしばジルベールがやってきて、跳ねてみせるのである。こんなに跳ぶのかと思うほど高く跳んで、ふふんと得意そうな様子で去ってゆく。そういえば、数日前にはセリアもわたしが台所で立ち働くところへ通りかかったものだから、声をかけたばかりだ。

「そんなところにいたら、水に流されちゃう。気をつけて」
 彼らはわたしに気を許している。
 わたしも許している。
 油断大敵。

 地球にはさまざまな生物が存在している。そして、その生物はすべて、ひとつの祖先にたどり着くのだそうだ。これを聞かされたとき、わたしは、咄嗟にジルベールとセリアを思った。ひとつ屋根の下に住む彼らが家人であるのは確かだが、それだけではなかった! ひとつ祖先から生じ、あのひとたちは蜘蛛になり、わたしはヒトになったのだ。

 この世はいつのまにか、ヒトの都合にばかり支配されているようだけれども、そんな恐ろしい〈単純化〉〈単一化〉は、いつか地球上の生物を絶滅させてしまうのではないか。 
 いろいろの生物。いろいろのヒト。
 あらゆる多様性を認めて守らないと……。ジルベールたちはわたしの前を通過しながら、跳ねながら、伝える。
「ま、仲よくやろうや」

*過去のブログは、ブログもくじの「カテゴリー」をクリックすれば読む事ができます。

Photo

本棚に隠れながら、この写真を撮りました。
「親しき仲にも礼儀あり」などと書きながら、
まるでパパラッチのようですが……。
ジルベールとセリアに写真掲載の許可をもとめたところ、
ぴょんと跳んでくれました。
ひそっと眺めていただけますれば幸いです。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ひよはは さん

おはようございます。

うっとりと、おはなし読ませていただきました。

あの、 ひよははさん、
カマドウマのおはなしを、
お嬢さんの目で見て、ものがたりとして
書いてみたらいかがでしょう……。

あ、カマドウマになってもいいかもしれません。

わくわくしてきました。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月11日 (火) 08時34分

もも(^_^)ちゃん

おはようございます。

お返事おそくなり、
ごめんなさい。

朝目覚めるたびに、転換期
なのかもしれません。
いちにち、いちにち変化してゆく……。

それまでの事ごとを大切にしながら
(大切、のなかには、捨て去る、も
含まれています。潔く捨て去る、忘れ去ることが
大切という一面もたしかにあるように思います)、
変化してゆく。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月11日 (火) 08時18分

真砂 さん

〈不足〉が〈チャンス〉を
秘めた存在であることを、
知ると知らないでは、おおちがい。

ね。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月11日 (火) 08時14分

ふみこさま、みなさま。こんにちは。

あまり、この話はしないでいたのですが。えいやっと。
昆虫嫌いな方、ごめんなさい。

この家に越してきた6年前、
寒くなる頃夕方和室をみると、一匹のカマドウマと目があいました。
その頃幼稚園の下娘は、「飼う」といい、
かつおぶしと水をあげ、飼いました。
翌日の夕方、和室を見ると、二匹のカマドウマが。
また、飼いました。
翌々日、また一匹のカマドウマと目があい、
結局四匹のカマドウマちゃんと同居しました。

不思議だったのは、いつも同じ和室の似たようなところで待っていたこと。
家族のカマドウマちゃんで、「おとうさんが捕まったならわたしも!」
など思って出てきてくれたのかな。と思っていました。

よく見ると、目の位置が一匹ごとに違っていて、
顔がちがうのです。寄り目ちゃんや離れ目ちゃんや、ちょっと小っちゃい目ちゃんやおおきい目ちゃん。
皆で、そーっと虫かごを覗いて、様子を見ていました。

二か月と少し、一緒に暮らしました。
何か、幸せでした。

それ以来、カマドウマを見かけたことがなく、
カマドウマ界で、「あのうちは捕まえるから危険だ」と有名なのかも、と想像しています。

ふみこさんの同居蜘蛛との付き合い方、素敵です。
うちにも家蜘蛛は何匹かいて、見かけるとうれしくなります。

投稿: ひよはは | 2016年10月10日 (月) 12時27分

ふんちゃん

 くもさん…親子になったのですね…。
 貴重な場面だなぁなんて思いながら読ませていただきました。
 私は、虫全般に弱い方なのですが、蜘蛛は見ているだけなら大丈夫なので、
 窓の外に大きな蜘蛛の巣を見つけ、その中央に蜘蛛さんがで〜んといるのを見つけると、 
 ついつい眺めてしまいます。
 家のお母さんには、「玄関先は特に、ちゃんと蜘蛛の巣は払っておかないと!」って
 時々怒られるのですが、せっかくの蜘蛛さんのお家だしなぁなんて気持ちになっちゃうんですよね…。
 ふんちゃんみたいに、名前を付けて親しくなるほどではないのですが、そのお家の美しさに見とれてしまうこともあります。
 雨上がり…、フト見ると、蜘蛛さんのお家はキラキラ輝いていて本当にキレイですよね。
 家の母さんにお家を壊されても壊されても、あっという間に作り直してしまうお家。
 すごいなぁと思ったりもします。
 すごく、すごくキレイな計算されたような模様で毎回驚きます。
 今度は、やっぱり…私も名前を付けて眺めさせてもらおうかなぁ…。
 お近づきの印に…(^^)

 ふんちゃん、
 前回のお手紙…ありがとうございます。
 なんだかね、すごくすご〜く胸に響きました。
 私は、ふんちゃんからはそう見えてるんだぁ…って。
 自分で自分のことが分かっていないのは、いつもではあるのですが、
 ここのところ、自分自身、自分のことが、より一層分からなくなっている感覚がありました。
 40歳過ぎたあたりで、転換期というのが来るというのを耳にすることが多くあり、
 漠然と、それが今なのかなぁって思ったりして、流れてみようと思って過ごしていました。
 そして、ふんちゃんからのお手紙。
 目が覚めるような感覚で読ませていただいたのですが、
 しみじみ…、そう思ってもらえてることが嬉しくなってきました。
 そうだよね〜って(^。^)

 最近、「マザーウォーター」を繰り返し見たり、そのサントラを買ってずっと聞いてみたり、「めがね」を見たり「パンとスープとネコ日和」を見たり…。
 なんだろう?と自分でも思うのですが、 
 ざわざわした毎日に、じっくりと落ち着きたい気持ちがあるのかもしれません。
 少しずつでも、家の中をスッキリしたくなったのも、今までの自分を見直したかったから…。
 そんな時に、ちゃんと今までの自分を大事にしてよねって言われた気がしました。
 ふんちゃん、ありがとうございます!
 嬉しかったなぁ。

 デルマを使って作業をしながら、また毎日、頑張るぞ〜!
 あ!最近、「モモ」を読み直してみています。 
 いつの間にか、「灰色の男たち」に慣れてしまっている自分に気付きました。
 「灰色の男たち」は、ありとあらゆるところに存在しているのですね…。
 5番目ちゃんを寝かしつける15分間が、読書に時間になり、ちょっと面倒だなぁの時間が、一気に愉しくなりました(^^)
 

投稿: もも(^_^) | 2016年10月 9日 (日) 13時57分

ふみこさま、おはようございます。


「伝えあう。。」のおたよりありがとうございます。

昨日も演奏会前リハーサルにて不足ばかりのなか。。
さあどうする。。
だけど時間オーバーだからここを削ろうかと
この方は笑顔を忘れない、あぜんとする人たちも笑顔に
不思議なんだけどね。すーっと助け舟がね。
伝えあっているうちにいつもねやってくるようですー。

私だったらうまくいかなそうなところで
ややこしくなるくらいだったらもういいなんて
感じだったから。。そういう対応をみれてすごくうれしいですー。

だからね。家でも「困っちゃたんだよこの楽譜。みにくいよねー」
と言ってみたら「作曲ソフトで作りなおしてあげようか?」と娘。
ああそうだったんだねー。やわらかなこころがたりなかったんだねー。

運営のお手伝いだけとおもっていたのに
参加させてもらえて。。いろいろな方に会えて幸せです。
ふみこさーん。伝えあうって大切ですね。&やわらかな心。
いつもここでたくさん伝えてくださってありがとうございます。

投稿: 真砂 | 2016年10月 9日 (日) 08時42分

かえるのしっぽ さん

白鳥。

おたよりを読ませていただき、
この世にあるうちに、きっときっと
散歩をご一緒することに決めました。

決心。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月 8日 (土) 12時07分

ふみこさま みなさま こんばんは。

台風一過の今日はどんな空だったでしょうか?
秋晴れを期待していたのですが、残念ながら、気まぐれな空模様でした。でも、夕方一瞬の虹が!何だかうれしい一瞬でした。

ところで、昨日白鳥を見ました。
今年の初飛来です。

まだまだ半袖が心地よいと思っていたのだけれど、確実に季節は進んでいることを実感しました。

今年もこれからの季節ならではの散歩(以前コメントしたみたいな散歩)の楽しみのシーズンです~ふみこさんとご一緒できるといいなぁ~

投稿: かえるのしっぽ | 2016年10月 6日 (木) 21時10分

たまこ さん

わたしも
(おそらく、ここに集う多くのひとも)、
たまこさんのこと、
前向きでいつも明るい、と
どんどんそうなってゆくなあ、と
思っていますけれどもね。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月 5日 (水) 17時12分

ゆきたん さん

この世のあらゆる〈多様性〉に
注意深くなる、関心をもつ、
おもしろがる。

そんな視点をもつことができたなら、
とみずからを戒め戒め……です。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月 5日 (水) 17時10分

真砂 さん

朝顔とフウセンカズラの抱擁。
お互いに、何かを伝え合い、
奏でて……。

ことしの夏はおわりましたね。
(なんだか、とっても暑いけれども)。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月 5日 (水) 17時08分

ゆるりんりん さん

ああ、うれしい。

蜘蛛を好きでない、というか、
そのはなしはもう勘弁……と
思われる方も少なくなかろうなか。

この蜘蛛たちの指し示すものを
受けとめていただいたこと、
ありがとうございます。

佳い日日を。どうか。

投稿: ふみ虫。 | 2016年10月 5日 (水) 17時05分

ふんちゃん皆様こんにちは。

お久しぶりの登場ですね。
このおふたりが出るとなんだか
童話を読んでいる気分になります。


ちょっと嬉しい報告を聞いてください。
会社の後輩とゴハンを食べに行ったときのこと。
私のことを前向きでいつも明るいと
褒めてもらいました。
きっと私を励まそうと言ってくれたんだと思いますが
そんなふうに映っているのは
嬉しいことです。

投稿: たまこ | 2016年10月 4日 (火) 22時39分

ふみこ様
お久しぶりです。
私も、この地球に存在するものは、同じところから出てきたという話を聞きました。
姿、形が違うだけで一緒なら、そういうとを皆が知っていれば戦争とか殺人とか起きないのかな。

海の波が、それぞれの人間やふみこ家の蜘蛛さんだけど、海はずっとつながっていて同じですものね

今日は体調がすぐれず、ゴロゴロしています
ふみこさんのブログはいつも、ほっとします

投稿: ゆきたん | 2016年10月 4日 (火) 15時15分

ふみこさま、おはようございます。

くもの赤ちゃん誕生おめでとうございます。
ノーベル賞受賞もあり生命の不思議を思うと
朝から嬉しいです。

我が家のるらちゃんは家出中なのですが。。
思えばあの後真砂町での出会いがあり発見があり、
何かを知らせてくれたのかもしれないですー。

昨日たくさんの風船かずらと朝顔の種収穫しました。
風船かずらの種がなぜ3つの部屋にわかれているのか
いつも不思議です。ハートの白もね。
今年は朝顔くんたちと大きなプランターに
ごちゃ混ぜに育ててみたら風船かずらは
ひげを両手のように伸ばして朝顔にからみつき
お互いうれしそうでした。
かわいいですよね。くるくるまきついちゃうの。
なんて。。親しき仲にも礼儀ありでしたよね。
気をつけまーす。

ふみこさんいい一日をおすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2016年10月 4日 (火) 10時30分

ふみこ様

うちの蜘蛛さんも元気です。
後ろに気配を感じて振り返ると
ちょっと離れたところにいます。
少し前進して振り返ると
着いてきていてピタッと同じように止まります。
だるまさんが転んだ状態。
この子が姿を消したら冬です。
それまで時々遊ぼう、
遊んでもらおうと思っています^^

投稿: ゆるりんりん | 2016年10月 4日 (火) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)