« この道は…… | トップページ | しきりなおし »

2017年1月24日 (火)

インタビュー〈家のしごと〉 夫・代島治彦

1)はじめは分担は意識はなかった
ふみこ  ちょっとお邪魔します。じつは、家のしごとについて、ちょっとおはなしを聞きたいと思っているんです。ええと、一緒に暮らしはじめたのっていつでしっけ。アタシ、ほら、何年に何があったとか、数字でおぼえられないものだから。
治彦   1994年。ことしで23年めだよ。
ふみこ  へー、20年以上一緒にいるんだー。それはびっくり。一緒に暮らしはじめたときのこと、おぼえてる? あのころ、家事の分担とかって、考えていましたか?
治彦   分担の意識はなかったね。
ふみこ  どうしてだろう。
治彦   結婚式を擧げて、さあふたりではじめましょうというスタートじゃなかったでしょ。ボクがアナタの家にころがりこんだ。そのとき、アナタの暮らし、暮らし方は確立していたし。
ふみこ  そっか。そう云えばそうだね。様子を見てた感じ?
治彦   うーん、様子を見てたってことはなかったな。アナタはがんばってた。ボクにしてくれようという気持ちが強かったよね。〜してよっていうようなことは少なかった。で、ボクは子育てにも関わっていたけども、はじめは、まだ、梓と梢に対してアナタの子どもっていう意識があったのかもしれない。一緒になって3年たった1997年に栞が生まれて、一から子育てがはじまったとき、いろんなことが変わったんじゃないかな。朝はボクが保育園に送ってゆき、アナタが夕方迎えにゆくという分担もできたし。

2)仕事場を外に
持っていた時代
ふみこ  でも、その当時も、アタシはなんとなく、ひとり主婦という感覚でいたような気がするのよね。もちろん、暮らしはじめたころよりは、アナタに〜してよっていう要求はふえたと思うけど。分担というほどの分担じゃなかったな。
治彦   あのころは家から自転車で15分くらいの場所に、ボクは仕事場を持ってたでしょ。朝、お弁当を持って通ってた。
ふみこ  そうだったね。忘れてた。仕事の内容も、テレビの番組や依頼された映像をつくったり、いまとはだいぶちがったよね。
治彦   そうです。何しろ大学生の子どもを4人抱えていた(代島の長女二女と、わたしの長女二女)から、制作費の保証された仕事をしてましたから。何本もつくったよなあ。テレビ番組の製作は、編集作業もテレビ局でしてたから、家にいる時間は少なかった。
ふみこ  ふんふん、そうでした。
治彦   2005年に引っ越して、家のなかに仕事場をつくりました。そのあたりから、少し、家のしごとを引き受けるようになったと思うんだけど。どうかな。
ふみこ  ちょっとね。でも、そうか、2005年からの11年のあいだに変わったのね。何があった?
治彦   2011年に東日本大震災があった。

3)
日常を組み立ててゆく
治彦   東日本大震災が起こった日、ボクはひとりで家にいたんだ。アナタも出かけていたし、梓と梢はそれぞれ仕事、栞は中学にいた。家の仕事場で、映画の編集をしていたボクは、大きな揺れに驚いて……。でも、いまはそのはなしじゃないんだよね。ええと、そのころから、自主製作のドキュメンタリー映画に取り組みはじめ、今日に至るわけです。2014年には、「三里塚に生きる」を撮りはじめて、なかなかうまくゆかなくて、3か月間現地にウィークリーマンションを借りて、住み込むことにしたでしょ? カメラマンの大津幸四郎さんとの2人暮らしで、家のしごとはボクが担当した。当時大津さんは78歳で、病気を抱えていてね、食べられないものがいっぱいあったから、一所けん命料理したんだよ。そういうことができる自分にも驚いたし、それはたぶん、アナタのしていることを身近に見ていたからでもあると思うんだけれどもね。
ふみこ  アタシも、そのときは感心しました。このひとには、家のしごとの才能がある!と思った。
治彦   ドキュメンタリー映画製作っていうのは、編集段階でそこに写っている現実の被写体を役者に見立ててシナリオを書いてゆくようなつくり方だから、編集に時間がかかり、ボクはそれを自宅の仕事場でするようになった。つまり家にいる時間がふえたわけ。編集の合間に、だんだん家のしごとをするようになっていったんじゃないかな。
ふみこ  反対にアタシは、2012年からカルチャーセンター(エッセイを書いてみよう)の講師を引き受けたり、同年武蔵野市の教育委員に就任して外に出る機会がぐんとふえた。あのころね、毎日通勤するひとの苦労はいかばかりかと思い知るようになりましたよ。アタシは忙しいと云っても、それまではほとんど家で仕事していたし、子どもが学校から帰ってくるのを家で出迎えてたからね。自分が甘かった……というんじゃないの、無理解だったと自分を恥じたの。
治彦   子どもたちも大きくなって、この4年は、アナタもかつてのように必死でがんばらなくてすむようになったんじゃないのかな。
ふみこ  そうね。たとえば、夜出かけなければならないようなとき、ごはんのことも何もかも、きっちり用意して出かけることはなくなった。いまなんか、みんな、適当におねがいね!ってまかせられるようになったのは大きいわあ。出かける前の準備の緊迫感は、アタシには重荷だったのよ。
治彦   いまはボクも、家のしごとのたのしさも知ってるよ。編集作業の気晴らしのような感覚ではじめたけど、お、日常を組み立てていくのって、クリエイティビティにあふれてるなあと思うようになったんだ。それでも、ひとつの映画作品のようには日常は完成しない、と考えてたんだけど、いまは、毎日毎日完成してるんだなあっていう実感も持つようになった。あ、かっこよ過ぎる? ボクの家のしごとには、リスキーな映画製作を許してもらってる罪滅ぼしの意味もある。うん、それはたしかにありますよ。

Photo_2

こでまりが大好きです。
枝物だから、ガラスの花瓶はどうかな、と
思いましたが、ちょっといいかも……と思いました。


だんだん、咲いてきました。

Photo_3

だんだん咲いてゆくのが、
たのしみです。
 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま、おはようございます。

楽しいお二人のハーモニーが聴こえてきました。
自然に優しさがあふれる2楽章を聴いている気分を
朝からいただきました。

私たちが結婚したのが1993年。娘がうまれたのが
1996年なので。。ふふ。ちょっとうれしくなりました。

結婚したころ思い出したら
今よりピザやソフトクリームまでつくってくれていたのを
ハッと思いだし。。やっぱりね。いつのまにかね。
ほめ忘れていたんだね。。私。
でもね、夜10過ぎると眠くなる私なので、
9時になると娘がお風呂の準備をして、
主人がお布団の用意をしてくれるのは体にすりこまれてるみたいで
なんだかおかしいです。感謝ですね。

玄関もゆったりしていてすごく素敵ですー。
小さないすが置いてあるのは同じです。
そこに小さな木琴と無事帰るようにかえるさんがいます。
「ドレミソラ」ってその日の気分でいってらっしゃーいです。

ふみこさんちのインタビュー続きまた読みたいですー。
よろしくお願いします。

投稿: 真砂 | 2017年1月24日 (火) 09時27分

ふみ虫さま、みなさま、こんにちは。

ふみ虫さまがブログ形式で連載をはじめられて、インタビューというものは、はじめてなような気がされます。
ミシマ社の、娘さんを交えたインタビューもとてもおもしろかった。
随筆では抑えられ、省かれているものが、あらわれているところとか。
なんだかゴシップをきいているような、実はね、と打ち明けはなしをきいているような楽しみ。
旦那さまとのインタビューを読んでいて、まると四角をイメージしました。
旦那さまがまる。ふみ虫さまが四角。強かったり弱かったり、ぶつかり合いながら、ぶつかり合うことでお互いすこしずつかたちがかわってゆき、かみ合うところも生まれてくるかんじ。
もちろんかみ合わない部分もあるでしょうが、かみ合わないことも、お互いに理解できてきているかんじ。
なんだか、いいなぁとおもいました。

投稿: 佐々木広治 | 2017年1月24日 (火) 11時27分

ふんちゃん皆様こんにちは。
私ずっとふんちゃんの家庭が
うらやましかったのです。

前夫様の話や元お姑様の話や
今の旦那様や旦那様のお子様の話。

その方達のことをそれはそれは
楽しそうに書いて素敵な関係を築いている皆様に。
きっとそんなふうに関係になるまでに
とても苦労もあったも思います。

ふんちゃんの苦労やその時の思いが
私を、私以外にもきっとたくさんの方を
励ましてくださっています。

今度はお嬢様方のインタビューも
聞いてみたいな、なんて。

投稿: たまこ | 2017年1月24日 (火) 22時54分

ふみこさま みなさま おはようございます

寒いですね~
今日も外は時々吹雪いてます。
でも、もうじき立春。指折り数えて春を待つ日々です。

こうして夫婦で語り合えるのっていいですね~すぐにでもできるようでなかなか難しいと思います。
家族の小さな歴史を感じさせていただきました。

二人で暮らすようになった頃の距離感と今の距離感。変わらないようにも思ってたことが、知らない間に変わっていたことに気づいたこの年末年始でしたが、それも、二人で作ってきた家族の形なんだなぁ。。。と。
私の夫氏は何と言うかしら~改めて聞くのは楽しみなような怖いような(笑)

10年以上も前のお正月。自分の長所短所、それから、自分から見た家族それぞれの長所短所をそれぞれ5こずつ書いてみるということをしました。(数枚のレポート用紙、今ではかなりボロボロ)
見返してみると、変わったこともあるけれど変わらないものもありました。
これも小さな家族の歴史。今となっては宝物です。

投稿: かえるのしっぽ | 2017年1月25日 (水) 07時59分

真砂 さん

ピザ
ソフトクリームは、
すごい!

いま褒めてくださいな。

ドレミソラ。
「ありがとう」は?

投稿: ふみ虫。 | 2017年1月26日 (木) 15時58分

佐々木広治さん

広治さんのおたよりに応える気持ちで、
やってみたんです。

ちょっと愉快でした。
確かめられたこともありました。
わたし、すぐ忘れるのです。
忘れていいことも少なくないけれど、
おぼえていたほうがたのしいことも、
いっぱいあるのにね。

投稿: ふみ虫。 | 2017年1月26日 (木) 16時00分

たまこ さん

まあ、そんなふうに云っていただいて。
ありがとうございます。

苦労ね。
あったのかもしれないけれど、
そこにはいつも、おかしみや、
ぬくもりがあったように思います。
そちらに気をとられているうちに、
過ぎてしまいました。


投稿: ふみ虫。 | 2017年1月26日 (木) 16時02分

かえるのしっぽ さん

まあ、レポート用紙に

長所と短所。
それはわたしにはおそろしいなあ。
短所ばかりが聳えていて。

でも、長所と短所が混ざっている、
ということもあるかしらん。

歴史。
いつのまにか、歴史になってますね。
まったく、おどろくばかりです。

投稿: ふみ虫。 | 2017年1月26日 (木) 16時04分

ふみ虫さま

家族の歴史を、
辿っておられて、微笑ましく
読ませていただきました。

私達夫婦が無謀にも
店を始めたのと同じころに
ふみこさんたちも
スタートされたんだなぁと
積み重ねた年月を
おもいました。

小手毬、好きです
ゆらゆら揺れて、ね(^^)

その小引き出しの箪笥と
おとなりの染付けの
手あぶり?!つぼ?!も
あじわい深いです(*^^*)

投稿: 寧楽 | 2017年1月26日 (木) 16時58分

ふみこさま 夜分に失礼いたします。

「長所と短所」の件(件なのか?)ですが、小学生だった息子に自分のいいところを自分で見つけてほしいと思ってのこと。どこかでそういうことを家族でやってみたというのを読んだのでやってみたという感じです。

それぞれが自分の「長所」だと思って書いたことは他のみんなも認めるところ。
本人が「短所」だと書いたところのほとんどは他の人は表現を変えて「長所」となっておりました。
そこはちょっと感動しちゃいました。(だから今も宝物なのかもしれません。)

でもね、面倒くさくなった人は「なし」っていうのもありました。それは「長所」だったのか「短所」だったのかはご想像にお任せします(笑)

投稿: かえるのしっぽ | 2017年1月27日 (金) 00時17分

ふみこさま、おはようございます。

ふみこさんへ「ソラミレド」「ソラソドー」≒「ありがとう」です。

いま5音音階(どれみそら)に興味あって、
ふみこさんも沖縄のレラ抜き音階(5音音階)
のこと夏に書かれてましたよね。

日本のわらべうたや民謡に多いそうです。
歌うと自然に優しい感じになるんだとか。。。
ほら寅さんの「どーれみそそらそられどらそみそー。。。」
海「ミレドラレドーラーソソドドレー。。」
とかね。。

普段はね勢いのある曲すきなんだけどね。。
昨日もオペラの伴奏ゆっくりしたところでね
「もう少し音量おさえてゆーーっくりですー」なんて注意されちゃいました。
テノールの方の低音の響きにうっとり。。
やっぱり人の声いいですね。
ふみこさんの声もちゃんとおぼえてますよ。
それにふみこさんの文章は楽譜のように音がきこえてきます。
いつもありがとう「ソラソドー」です。
皆様いい一日をです。(よくわからない説明かもですねえー)

投稿: 真砂 | 2017年1月27日 (金) 08時20分

ふみこさま。

ご夫婦の生き方があらわれていて、いいなぁ、と思いながら読ませていただきました。
私、27年ぶりに、大学時代の恩師に会いに行ってきます。私たちの結婚式にも出席していただいた先生です。この間、久しぶりに電話でお話しました。「あなたは、ほんとうに学生の頃から、書くことが好きだったわよね~。どんなに時間がなかろうが、もっちりもっちり書いていたわよね。」って言われ、「ほんとに!? そんなんでしたっけ?」って笑っちゃいました。瀬戸大橋を渡って、来週の木曜日に行ってきまーす。たのしみです。
では、またぁ。

投稿: こぐま | 2017年1月27日 (金) 13時15分

ふみさまみなさまこんばんは~~~

いやはや、師走って12月のことでしょ。なぜ今も猛ダッシュなの?
っていうくらい、さまざまなことに追いかけられて、走り続けていたら、おととい一時停止違反で切符切られました。(泣)
一時停止見逃しちゃうくらいがんばって、いろいろなことを回しているのにどうしてよ~~

そしてそして
いざ、本番って日に今度は長女がインフルエンザです。すべての作業が1週間先送りになってしまいました。

ああ、今日をめざして走り込んでいたのにこの仕打ちって何~~??

って
そりゃあおきょうさんも落ち込むし、イライラしちゃう時もあるわけです。

でも、
一時停止しないでぶっちぎっちゃって万が衝突事故なんてなってしまったら、とんでもない。
そもそもそんなおつかれコンディションで運転はしてはいけない。

長女のインフルエンザ看病と感染防止のためお仕事をお休みさせていただき。また母の施設移動も延期されたので、この時間が持ててるわけで。

神様がきっと

おきょうさん少し、少しやすみなさい。冷静に冷静に。何とかなるから。

と全力で守ってくれている気がしております。オーバーヒート気味だったですね。


ゆっくり緑茶をいれて、のんびりパソコンに
ルクルーゼの大鍋にはおでんがたくさん仕込まれており、
部屋の乾燥を防ぎぎために、アロマをたいて

とろんとしております。

みなさんとお話しタイムうれしいな。

昔、よく通っていたすっごくおいしいラーメン屋さんがあるのです。
そこのお店はたった2人の従業員さんのお店だったのですが、なんていうか、これぞ「あうんの呼吸」という感じを醸し出していらっしゃり、
麺を茹で、どんぶりをあたため、具材をのせ、餃子を焼き、つゆをかきまわす・・・
そんな行程が黙々と。2人で終始無言なんだけど、そして、分担をきめているわけじゃ決してないのだけど、ふわんとした流れのなかで
どちらかがうごくとどちらかが次の行程に入り、どちらかが手が足りなければスッと助ける。
着々と進んでいく景色がすごく美しくて、ここちよくて。いつも好んでカウンター席に座って作業をながめておりました。残念ながら道路開発でそのお店もなくなってしまったのですが・・・。

そんなラーメン屋さんのような夫婦に私もなりたい。と時々ふと思いだすのです。(変な表現ですよね(笑))
見て、動いて、足りないところを補って。自分で考えて選んでいく・・・。それが2人で美しい景色を作るようなね・・・。ふみさまとだんなさまのトーク。あったかいです。おいしいラーメンいただきました~~ごちになりました!


そうそう、

じゃじゃ~~ん

次女が私立併願校合格しました~~~。

試験の時の面接で『最近の気になるニュースは?』と聞かれ
『タレントの成宮さんの薬物疑惑です』と答えたと聞き、ぶっ飛びましたが。((笑)
(転じて、マスコミやネットの情報に惑わされてはいけない、とかまとめたらしいですが。)
そんな次女を受け止めてくれた私立高校、サンキュです。

これで、本命がだめでもウオシュレットのトイレで2つに髪の毛ゆわかなくてもいよい学校には、通えるようになりました~~やったね~~!!」すっかり受験おわっちゃった気分で合格発表日は家族で焼き鳥やさんで盛大にお祝い呑み会やっちゃいました。ヨモゼミ講師、いいかげんすぎるわ~~。

長くなってしまいました。(自分のブログより長く書いてどうする?((笑))

インフルンザ、みなさまもくれぎれもお気をつけくださいませ。


投稿: おきょうさん | 2017年1月27日 (金) 18時58分

ふみこさん みなさま

こんばんは
寒い夜になりました。
あしたの朝は、すこし寒さ和らいでるといいなと思っています。

5音のお話しがすこし前に出ていて
子ども達が小さかった頃を思い出しました。
わたしは「レミソラシ」の5音でできている短い唄を子どもと唄ったり
子どもを呼ぶときにレレシ~♪の音で呼ぶ…なんていうことをひそかに愉しんでました。

お風呂のなか、おもちゃを片付けるとき
「帰るよ~」と呼び掛けるとき
5音の唄と過ごしてたな…と懐かしくなりました。
怒ったり、慌てたり、泣いたり…バタバタの生活だったのに
唄も、うたってたな。って。

優しい音のある暮らしっていいですね。
今は、職場でしか唄わないけど
明日、台所でうたってみようかな♪

投稿: あきえ♪ | 2017年1月27日 (金) 23時44分

ふんちゃん

 とても、とても新鮮に読ませていただきました。
 
 実はね…、自分の誕生日プレゼントに、ふんちゃんの旦那さまのDVDを買おうかと思って、インターネットで、先ず最初はどれにしたらいいだろうか?と見ていたのです。
 そしてらね、思いもかけず、旦那さまの写真が出てきてお顔を見てしまいました!
 ステキ(^^)
 だからということでもないのですが、お二人のお話ししているところが思い浮かぶような気持ちで、読むことができました。
 
 ふんちゃんも、最初は、そうだったんだなぁって改めて感じました。
 ふんちゃんの最初の頃の本を読んだりしていると、
 働きながら、子育てをしている大変さ(もちろん、愉しさも!)を代弁してもらった気持ちがして、
 「そうなの!そうなんです!」と何度も何度もつぶやいたり、
 うなづいたり、そして、ときどき、涙があふれたりもして、読んできました。
 そうだった。
 そうやって、何度もふんちゃんに救われてきたんだった!と改めて感じたのです。

 その歴史のようなものを感じることができたというか、
 一緒にたどれた気がしてうれしくなりました。

 そして、これ!
 「出かける前の準備の緊迫感は、アタシには重荷だったのよ。」
 これです!これ!
 まさに、これを私は、今現在、ときどき、感じながら、
 いや、待てよ、愉しまなくては、愉しむのだ!と言い聞かせ、
 あたふたしたりもしています。

 そして、
 「いまはボクも、家のしごとのたのしさも知ってるよ」というお話に、
 じーんとしました。
 夫も、素質…あると思うんです。
 だから、きっと、いつかきっと、こんなふうになるような気がして、
 (こういうのを希望的観測というのでしょうか?(^^;))
 じーんとしたんですね。
 いろんな道を歩んで、それぞれの形が出来上がる。
 これから、私たちも、私たちらしい道を進んでいけたらなぁと思いました。

 家のしごとは、システマティックだと前回書いていただいたのですが、
 本当にそうですよね。
 家の人たちに、何を手伝ってもらいたいかと考えた時に、実感しました。
 私なりにシステマティックにしようとしてみているのですが、
 お母さんがいる限りは、なかなか思うような形にならないのも現実で、
 時間がかかりそうです。
 「うまい」折り合いをつけながら、本当に長い時間をかけて、
 作ることができたらなぁと思います。

 こうやってまた、家のしごとについて、あれこれ考えたりできて、
 家のしごとの愉しみが増した気がします。

 ふんちゃん。
 いつもありがとうございます。
 

投稿: もも(^_^) | 2017年1月28日 (土) 15時43分

ふみこさま

こんにちは。
ご主人様へのインタビュー、お二人の傍らで聞いているような思いで読みました。
「家しごと」を通して家族ができていくような...
家族を繋ぐような...
そんな気持ちになりました。

我が家は今年で結婚12年。
主人は「ザ・九州男児」なのですが、
少しずつ家のしごとができるように。

洗濯物のたたみ方から、意外な几帳面さを知ることができたり、
私が調子が悪い時に、黙って洗い物をしてくれる優しさに触れたり。
家しごとを通して、主人の新たな一面に気づかされます。

23年経った時...
二人でどんな家しごとをしているのだろうかと
愉しみがまた増えました。
ありがとうございます。

ゆうこ

投稿: ゆうこ | 2017年1月28日 (土) 17時23分

寧楽 さん

コデマリが好きとうかがって、
うれしくなりました。
ユキヤナギもいいですが、
あれは、花びらがいっぱい落ちて、
大変です。
せっせと掃除しながら、
ユキヤナギは、外でたのしむものだなあと
思った記憶があります。

日がのびてきました。

投稿: ふみ虫。 | 2017年1月29日 (日) 14時57分

かえるのしっぽ さん

ああ、いいおはなし。

自分で〈短所〉と思っているところが、
家族の目には〈長所〉に映っている……。
なんて、なんて素敵。

投稿: ふみ虫。 | 2017年1月29日 (日) 14時59分

真砂 さん

ソラソド、真砂さん。

日本のわらべ唄や民謡の音階。
ヨナ抜き(シとファ?)のこと?
昨日、小学校の音楽の授業を参観していて、
それを、おそわったのです。

わー。


投稿: ふみ虫。 | 2017年1月29日 (日) 15時07分

こぐま さん

もっちりもっちり、っていうところが
いいですねえ。
それに、泳ぎもしていたしたんでしょう?

もっちりもっちり、
すーいすいって。

佳い旅をね。

投稿: ふみ虫。 | 2017年1月29日 (日) 15時09分

おきょうさん さん

ああ、どこかで誰かがおきょうさんさんを
見ているなあ、守っているなあと
感じました。

ここの広場の皆さんは、
インフルエンザでも、
怪我でも、入院でも、介護・看病でも、
そのことに価値をみつけられる……。
経験に善し悪しなんかないのだわ、
人生意味のあることばかり。
とおしえていただいています。

でも、
お嬢さんのインフルエンザは、お大切に。
おきょうさんさんは、かかりませんように。

よして、二女の姫さま、
おめでとうございます。
本命は気楽に、試験をたのしんで!
(風邪には気をつけてね)。


投稿: ふみ虫。 | 2017年1月29日 (日) 15時16分

あきえ♪さん

台所ででも、
ふとんのなかでも、うたってうたって。

ああ、なんていい声!

歌って、ひとの声っていいですねー。

昨日、中学校の合唱コンクールの練習を
みせていただいたんです。
男声ががんばっていて、おどろきました。
気がつくと、わたし、泣いていました。

投稿: ふみ虫。 | 2017年1月29日 (日) 15時28分

もも(^_^)さん

こちらこそ、ありがとうございます。
いつも、おそわっているのは、わたしです。

でも、出かける前の準備ねー。
あれは、わたしの戦争でした。
誰にもとくにはのぞまれていないし、
そこまでしてほしいとは求められてもいないのに。
自分のためにやってたんだと思うんです。

いまは、みんな大人になったので、
ほとんど、それはないんです。
大切にしていたことが、
「もうけっこう」と云われたようで、
ちょっぴりさびしい。

ほんと、
母ちゃんて、阿呆だなあ……。
でも、そういうふうに一所けん命できたことは
よかったんだとはっきり思えるのは、
しあわせです。

そういうことこそが、しあわせなんだと、
実感しています。

投稿: ふみ虫。 | 2017年1月29日 (日) 15時34分

ゆうこ さん

そうね、ほんとうに、
だんだんですよね。

手伝ってもらったり、
分担してもらうという他に、
自分自身もだんだん、変わってゆく。
何が……?

たとえば、伝え方だったり、
感謝のあらわし方だったり。
そんな事ごとを、ぎゅっと抱きしめるよろこびを
知ったり。

投稿: ふみ虫。 | 2017年1月29日 (日) 15時37分

ふみこさま、おはようございます。

朝から嬉しくて、そうです、ヨナ抜き5音です。
それです、それです。

寅さんの「どれみそそらそられどらそみそ。。」
≒いろいろあるけど、なんとかなるさあー
みたいな風や川の流れのような感じがここちよいです。

それがね。去年の今頃書いたバルトークさんの
「ルーマニア民族舞曲」これもラドレミソの5音音階が基本。
なんだか不思議な感覚です。

あと男の子たちの声いいですよね。
私もそこにいることを忘れるような感じ覚えました。
フェルマーターばかり、テンポ無視でのびのびうたう
イタリアオペラの迫力に圧倒されちゃいました。
ことしはのびのびおおらかに。。えへっ。
(だからまちがえてもいいですよね)
ふみこさーん読んでくださりありがとうございました。
皆様いい一日をです。ドレミソラ。うふ。

投稿: 真砂 | 2017年1月30日 (月) 08時12分

ふみこさま みなさま こんにちは。

ご夫婦のインタビュー、すごくいいなぁと思いながら読みました。
ふみこさん達は、なんというかご夫婦それぞれが敬意を持って接しているようで、その雰囲気がとてもうらやましいなと思っていたのです。
先日の七草がゆの時も。

まずは自分が敬意を持って我が夫に接しなければ・・・と思いました。
いろいろと頼めば嫌な顔せずにやってくれる人です。
で、ついつい期待が大きくなってやってくれて当然と思っちゃう自分がいました。
これがダメですね(笑)
感謝と敬意。仕事でも大事だけれど、家庭内でも大切ですね。

おきょうさん!うちも息子がインフルエンザでした。
今日、ようやく復活で、久しぶりの登校です。
1月、私の楽しみの予定は二つ。友達とのランチ、ホットヨガの体験。
この二つの予定が入っている週に、彼はインフルエンザに・・涙。
でも、きっとこれも何かの暗示だと思うことにしました。

インフルエンザで引きこもっている間に、
2月の楽しい予定も舞い込んできましたし。
今年1年どんな風に暮らしていきたいか、思いをめぐらし、
ノートに色々と書き連ねる時間ももらえました。
これは、これで良かったのかもしれません。

でも、ふみこさま、みなさま、風邪にはお気をつけ下さいね。

投稿: さゆ | 2017年1月30日 (月) 14時39分

真砂さん

おはようございます。

真砂さんのおかげで、昨日はいちにち、
音楽に近いわたしでいられました。

自分でもちょっと歌いましたし、
三女がピアノを弾きはじめました。
家のなかに音があるって、なんていいんでしょう。

ソラソド。

投稿: ふみ虫。 | 2017年1月31日 (火) 08時27分

さゆ さん

王子さまのインフルエンザが、
なにか大切なものの暗示!

そうですとも。
予定がのびたことも、
変化したことも、きっときっと
賜物なんだと思えます。

こちらまで、そんな思い方に
励まされます。
登校! おめでとうございます。
こんなことも、
少しもあたりまえではありませんね。

投稿: ふみ虫。 | 2017年1月31日 (火) 08時30分

ブランドコピー時計専売店
当店は海外安心と信頼のブランドコピーブライトリング、代引き店です.
正規品と同等品質のシャネル コピー代引き,品質が秀逸,値段が激安!
ブライトリングコピー,代引きなどの商品や情報が満載!
全商品写真は100%実物撮影です!
お客様の満足度は業界No.1です!
ブランドコピー時計,時計コピー ,ブランド時計コピー販売(n級品)店舗 ブランド腕時計(ロレックス,ブライトリング,タグホイヤー,オメガ,ガガミラノなど)の最新 情報やイベントを紹介する正規販売店と腕時計コピーの専門サイトです。
当店はロレックスやパテックフィリップなどの新品ブランドコピー時計の販売と。

投稿: シャネルバッグコピー | 2019年5月15日 (水) 02時24分

時計,バッグ,財布,ルイヴィトンコピー,エルメスコピー
弊店に主要な販売する商品は時計,バッグ,財布,ルイヴィトンコピー,エルメスコピー,
シャネルコピー,グッチコピー,プラダコピー,ロレックスコピー,カルティエコピー,オメガコピー,
ウブロ コピーなどの世界にプランド商品です。
2006年に弊社が設立された、
弊社は自社製品を世界中に販売して、高品質な製品と優れたアフターサービスで、
過半数の消費者からの良い評判を獲得していた。
我々自身の生産拠点と生産設備を持って、
製品の質を保証すると消費者にサポートするために、製品も工場で厳格な人工的なテストを受けました。
消費者の継続的なサポートに感謝するために、そして、企業が低コスト、高品質な製品を提供してあげます。
弊店に望ましい製品を見つけることを願って。
ここで、弊社が皆の仕事でも幸せな人生でも成功することを望んてあげます。
誠にありがとうございます。
ブランド偽物 https://www.gmt78.com/product/detail/1705.htm

投稿: ブランド偽物 | 2020年2月27日 (木) 06時20分

インタビュー〈家のしごと〉 夫・代島治彦: 山本ふみこの公式ブログ
[url=http://www.g6ft1vy0e192zm4k241ckc9y75ks1f29s.org/]uckkesrswry[/url]
ckkesrswry http://www.g6ft1vy0e192zm4k241ckc9y75ks1f29s.org/
<a href="http://www.g6ft1vy0e192zm4k241ckc9y75ks1f29s.org/">ackkesrswry</a>

投稿: ckkesrswry | 2020年10月13日 (火) 15時49分

インタビュー〈家のしごと〉 夫・代島治彦: 山本ふみこの公式ブログ
[url=http://www.gtngt04rn665887k639y942ef7amqk7us.org/]ufhvdvggwe[/url]
<a href="http://www.gtngt04rn665887k639y942ef7amqk7us.org/">afhvdvggwe</a>
fhvdvggwe http://www.gtngt04rn665887k639y942ef7amqk7us.org/

投稿: fhvdvggwe | 2020年10月17日 (土) 16時42分

インタビュー〈家のしごと〉 夫・代島治彦: 山本ふみこの公式ブログ
[url=http://www.gkvt4j9p18x04d7d85709064ng8hrtxcs.org/]unrhdhokc[/url]
<a href="http://www.gkvt4j9p18x04d7d85709064ng8hrtxcs.org/">anrhdhokc</a>
nrhdhokc http://www.gkvt4j9p18x04d7d85709064ng8hrtxcs.org/

投稿: nrhdhokc | 2020年10月17日 (土) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)