« 右目左目 | トップページ | 遠くの方から片づける »

2017年3月 7日 (火)

なつかしさを目の前に

 東京都武蔵野市の西側の地に、松露庵(しょうろあん)はある。
 旧古瀬邸を改修した茶室と、園庭から成る、あの世とこの世を隔てる境目かと思われるほど浄(きよ)らな〈場〉。
 ここで毎年3月に開かれる茶会に、わたしは招かれた。
 3年前ふとした縁(えにし)により招かれたのがはじまりで、3回めの茶会だ。  
 武蔵野市立S小学校の、クラブ活動茶道部の1年の締めくくりの茶会である。小学4、5、6年生のクラブ員19名が放課後やってくる。上がり框(かまち)にランドセルと上着を置き、静静(しずしず)とやってくる。  
 先に茶室に入り、坐って見ていると、雪見障子のガラス戸に映る子どもたちの足の運びは、ほんとうに静静である。  
 この日、子どもたちはこの1年のあいだに身につけた茶道の作法をもちいて、驚くべき姿をわたしたちに見せてくれた。畳の縁(へり)を踏まぬように、器への敬意を損なわぬように、隣人への思いを忘れぬように……そんな事ごとに気持ちをこめて、一連の動作を目の前に置いてゆく。  

 そんな姿を眺めているうち、母を思った。  
 若いひとたち(近所の子どもや、わたしの級友)、YWCA留学生の母親運動を通じアジアの学生たちに日本の茶道を伝えつづけた活動を、思った。  
 わたしはそれを「まあ、いいんじゃないの?」というくらいに眺めており、YWCAの活動に関しては弟(長男)のお嫁のしげちゃんとわたしの娘たちが支えてくれた。しげちゃんによると、茶会の日には1日のうち100以上の数のお茶を母は立てては、立てては留学生に供していたらしい。  
 松露庵でのひとときをあとにして、てくてく帰りながら、そう云えば母が持たせてくれた茶碗があったことを思いだした。
「これで、まわりの皆さんに、憩いをね」  
 というのが、母からの継承であった。  
 そのときもわたしは「わかった、わかった」なんかと軽く受け流したのだったと思う。  
 ……ごめんなさい、お母ちゃま。  
 家に帰り着いてすぐ、茶碗をとり出し、お盆立ての準備をして、ちょぴり泣く。抹茶を持たなかったので、お茶を立ててみることもかなわなかった。
「お母ちゃま、明日吉祥寺の街に出たとき、抹茶を求めて帰ります」  
 すると母の声がよみがえった。
「話したことあったでしょう、わたしがお茶の世界にあこがれたのは、お菓子のおいしさ。内緒よ、お菓子のおいしさ甘さがはじまりなのよ」  

 3年前父の旅立ちのあと、母がしばらく〈ひとり暮らし〉をすると宣言し、わたしたちが家事の一部を手伝おうと訪ねるたび、「ありがとう」と云ってお茶を立ててくれた。さいごまで、うつくしい手前だった。  
 そのなつかしさを、これからはわたしが目の前に置こう。  

 抹茶を求めにゆきます。

B_2
母から譲り受けたのは「木守」の茶碗です。
来年もまたよい実がなるようにと、
柿をひとつ木に残す風習、木守(きまもり)。
楽焼きの祖〈長次郎〉の名碗がはじまりで、
名付けのたのは、利休です。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

真砂 さん

こちらこそ、そらそど。

その音で、わたしも笑いますね。
一度笑いはじめると、
止まらないわたしだけど、
きょうは、ぴりっと一瞬笑います。

そうして、その笑いを
こころのなかで、どこかにつなげるね。
この広場に、お父さまのメッセージを
置いてくださって……、感謝です。

そらそど、そらそど。

投稿: ふみ虫。 | 2017年3月13日 (月) 11時24分

えぞももんが さん

えぞももんがさんが、
ここで「おはよう」と云ってくださったこと、
とてもとてもうれしいです。
安心もしました。

この世とあの世のつながりを
静かに思っていましょう。ね。
お互いに。

投稿: ふみ虫。 | 2017年3月13日 (月) 11時21分

おきょうさん さん

一気に気持ちが上がりました。
気力が湧いたってことです。

母のおかげもあって、
たのしい3月を過ごしております。
皆さんのメッセージの力も
いっぱいいただいて。

昨日、夜、
BSで「水戸黄門」観ました。
里見浩太朗の黄門様です。
そんなこともあって、
おきょうさんさんのおたよりには、
ぞくっとしました。

きょうは黄門様風に過ごそう
(どうやって?)なんて思っています。
ありらこちらをまわる日なので。

投稿: ふみ虫。 | 2017年3月13日 (月) 11時13分

ふみこさま、みなさま。

昨日の日。追悼・お別れピアノコンサートで。。
去年は娘に「スラバ」さらば?といわれ
今年は「マスク」というので、「大丈夫―?」
と思いましたがドビュッシーの「仮面」でした。

その娘の言葉に父が生きていると感じたので書かせて下さい

「仮面の下がどうであれ、それをのみこんで笑ってほしい。
ドビュッシーの音楽はいつもわらっている。
楽しくてたまらない音も、泣き笑いのような叫びも、
すべてを受け入れて微笑んでいる表情は美しいから。。
だからどうか、どうか私の音で一瞬笑ってください。。。」

なんだかね。ふみこさん。ちゃんと守っていてくれているんだなって
思ったら伝えたくなりました。
ちょっとまだぼっーーとしてます。
読んで下さりありがとうございました。♪♪そらそどですー♪♪♪

投稿: 真砂 | 2017年3月12日 (日) 13時34分

ふみこ様 

ずいぶん 間が開いてしまった 「おはようございます」を
言いに来ました。

ふみこさん たくさん お話がしたいけれど
反対に 言葉は ごくごく少なくてもいい
そんな時がありますね

ふみこさんのお母ちゃまは 今日もアジアの学生さんたちに
お茶を立てて いらっしゃるかもしれない
浜の母さんの 義母は鰊を開いて 干しているかもしれない

きっと そうに違いないと思うと こちらに住むものとしては
嬉しくなります。

ふみこさん 北海道の雪も 行きつ戻りつしながらも
融けています
何といっても 空気が柔らかです

あ・あ・・ 今日ここにきて
「おはようございます」と言えたこと
嬉しいなぁ!!

投稿: えぞももんが | 2017年3月12日 (日) 06時16分

ふみさま、みなさま~~
おはようございます!

久しぶりに土曜の午前中、部活の定期演奏会に向け、卒業後も中学に通う二女を送り出してから、洗濯機くんがお仕事終えるまでのんびりしております。

みなさまのあたたかいコメントを拝見させていただくたびに、なんだか本当に安心と安定とスッキリ感をいただけます。よき土曜日です。
ブログ界の水戸黄門的な~~?(笑)

黄門さまのふみさまを中心に、かしこい助さん角さん、かっこいい風車の弥七・・さまざまなキャラクター風のコメントがしっかりサポートされているような・・・。

私も私も~~」サービスカットの由美かおるがいい!→ハイ却下。

さてさて

昨日、無事こんにちは50代を迎えました!!(笑)
そして、今日は3月11日ですね。
昨年もこちらでおはなしさせていただきましたが、
自分のお誕生日の次の日が、大切な震災の日なのです。
いろいろな事を考え、本当の幸せや、本当の哀しみを思う日。
これからも自分に与えられた時間を大切に生きていきます。


ふみさまのおかあちゃま、
いろいろなことでふみさまに語りかけてくださっていますね。
ちょっと忙しいふみさまに、

「まあま、人様に必要とされるのは喜ばしいことですけれど、少し一服しなさいな。」

そんな親の子への心がこもっているというか。
それがお茶をたてるということ、
お菓子が目的だとしても(笑)すご~~く素敵で品があります。

お茶をたてる

その行為と時間と香りの中で自分を思い出してもらえる・・・

ああ、ふみさま、私もたちもそんな母親になっていきたいですねえ・・。

ただただ頭から湯気出して噴火してるだけの母じゃまだまだだわ(笑)・・・

~~~
『お誕生日の前夜祭のような、
お嬢さんとのやりとり。
いい兆しですね。
いまごろは、そこから
きれいなものが生まれていることでしょう。

おめでとうございます』

~~~

前回このお返事にずいぶん噴火がおさまりました。
こんなコメントをサラリとかける50代になれるよう私も日々精進してまいります!!
→まだまだま~だまだだ・・・。

おかげさまで噴火した後は水たまりもきれいに澄み、草木も少しずつ芽吹き、小さな花もちらほら咲いていくことから始まる予感がします。

ちょっとやそっとのことでは崩れない関係というのが家族なのかもしれませんね。これ、すごいことです。

来週は家族4人で、よもぎゼミナールの塾生、無事1名、進路決定を祝して
静岡の温泉に1泊(超格安((笑))出かけてまいり~す。

ではでは。

うっかり八兵衛 おきょうさんでした!(佐々木広治さんに「うっかり」も、癒しになると褒めてもらえて浮足だっている(笑))

場所をおかりしま~す!

たまこちゃ~~ん(わたしもこんにちは50代なのでたまこさんをたまこちゃんって呼ばせていただきます)

本当におめでとうおめでとう。
うれしいな~~、一気に心が春になりました。

これからの道のりは本当にいろいろあると思うけど。
大丈夫。
たまこちゃんの歩く道は振り返れば全部が虹色になっていきますよ。
歩いているときは砂利道みたいなことばかりな気がするけどね、私も。

これからはお産の手引きや、育児書片手にうんうんうなるより、こちらの広場でお茶を一服いただくほうがよろしいかと思います。お気楽に。みんなが味方です。

身体、くれぐれも大切にね。


投稿: おきょうさん | 2017年3月11日 (土) 09時31分

寧楽さん

けっこうなお服加減でございます。

ありがとう……寧楽さん。
寧楽さんのお茶は、
最高です。

投稿: ふみ虫。 | 2017年3月10日 (金) 21時20分

佐々木広治 さん

(広場全体への)素敵なメッセージ、
どうもありがとうございます。
わたしたちは、変わってゆくー。

いちばんいい具合に変わってゆくー!

投稿: ふみ虫。 | 2017年3月10日 (金) 21時17分

ももさま。

この場をおかりして、ちょっとお伝えしたいことがあります。
先日、絵本「ねんねのかみさま」を注文していただいたとのこと。
もしかして、白黒で届いていませんか?
購入してくれた友だちから、白黒だったと言われ、問い合わせたところ、
アマゾンのカスタマーセンターに、「カラーの商品なのに、白黒が届いた」
と言ってください、と言われました。

もし、白黒が届いていたら、お手数ですが、問い合わせていただけませんか?申し訳ないです。

ふみこさん、この場をお借りしました。

投稿: こぐま | 2017年3月 8日 (水) 22時39分

こぐま さん

すまして茶道をおしえていたのに、
母ときたら、
「お茶は苦くて好きじゃなかったの。
めあてはお菓子」ってね。

驚きました。
お茶の世界と出合わせてもらったこと、
いまは感謝しています。

投稿: ふみ虫。 | 2017年3月 8日 (水) 16時33分

先のお便りが飛んでいって
しまいました。

桜餅を持参し
ふみこさんに一服、さしあげたいです

投稿: 寧楽 | 2017年3月 8日 (水) 11時53分

お茶は私の根っこです。

「和敬清寂」
若い時に教えていただいたことが
今の財産です。

お茶会、茶事をするときの
準備に様々を学びました。
掃除、料理、花やお軸、お道具も

投稿: 寧楽 | 2017年3月 8日 (水) 11時52分

ふみ虫さま、みなさま、こんにちは。

すでに暦の上では春で、梅や桜が咲いたところもあるようですが、こちらは昨日から今朝にかけてぼた雪が降り積もりました。

以前こちらで、ふみ虫さまがお返事されたことをおもっていました。
「お変わりなく、いえ、お変わりなくなんてないですね。」
変わっていって、変態して、自然なのですよね。

たまこさんも変わられて、そしてそこが到着ではなく、また、変わってゆかれるのでしょうね。
少しずつ妻になってゆき、少しずつ母親という存在になってゆく。
意識的に、無意識的に、変わってゆくのですね。

投稿: 佐々木広治 | 2017年3月 8日 (水) 11時49分

ふみこさま。

お母ちゃまが、お茶をはじめたきっかけが、なんだか「うふふ」って
にっこりしました。娘も、高校の時にお茶を学びました。なんと授業で
お茶の時間というのがある高校だったんです。
娘は、お茶の、凛とした時間が好きだったみたいです。
私は、お茶とは縁がなかったのですが……。
お茶をたてるしぐさは、美しいなぁ、と思います。

たまこさま。

この場をお借りして、ご結婚おめでとうございます。
お母様になられるとのこと、ほんとうによかったですね。
あたたかなご家庭を築いてくださいね~。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2017年3月 8日 (水) 11時45分

かえるのしっぽ さん

思い出の入口だって、
どんな入口だって、
忙しなくしてばかりだと
気がつかない……。

気がつけるこころを持っていたいと
つくづく思いました。

春がぐんぐん近づいてきますね。


投稿: ふみ虫。 | 2017年3月 7日 (火) 17時17分

たまこ さん

おめでとうございます。

たまこさん、しあわせですね。
そのしあわせをずっとつづけてくださいね。

お母さんにもなるんだなあ。
なんてうれしい春だろうか。

ばんざい!

投稿: ふみ虫。 | 2017年3月 7日 (火) 17時15分

真砂 さん

ああ、わたしも、
仲よしの辛夷(こぶし)に逢いにゆこう。
ことしの蕾はどんなかな。

お茶って、大事ですね。
お茶の時間て。

投稿: ふみ虫。 | 2017年3月 7日 (火) 17時13分

ふみこさま みなさま こんにちは

暖かかった昨日から一転寒い一日になりました。
春は行きつ戻りつ。

想い出の入り口は不意に思いがけないところに。
入り口に出会うといろいろなことを思い出したり、今になって気がつくこともあったりします。
今週の「なつかしさを目の前に」を読ませていただいて、ちょっと泣きそうになりました。

お茶碗の銘は「木守」。
お母さまのふみこさんやお嬢さま方のことを思う気持ちが伝わってくるような気がしました。

投稿: かえるのしっぽ | 2017年3月 7日 (火) 16時57分

ふんちゃん皆様こんにちは。

今日は皆様にご報告したいことがあります。
私この春に結婚することになりました。
そして思いがけず昨日妊娠も発覚しました。
なんだかほっこりと暖かい気持ちで
いっぱいです。


ふんちゃんには私が
紆余曲折していた頃から仲良くして頂いているので
報告したくてたまりませんでした。

この報告に泣いて喜んでくださる方もいてもう嬉しくて嬉しくて!


これからも変身するところは変身して
変わらない所は変わらずいようと
思います。

投稿: たまこ | 2017年3月 7日 (火) 12時56分

ふみこさま。

私まで目の前でお母様からお茶を憩いを
いただいたようなやさしい気持ちに包まれました。
ありがとうございます。

義理母もいつも「ありがとう。○○ちゃん」といって
お茶を入れて下さったことも思い出しました。
季節にあわせた美しいお菓子を愛でながら
いつもそこにいるだけで幸せな気持ちになれた事も思い出しました。
ふみこさん私もね。昨日石清水という京菓子をみつけて
ゆっくりお茶楽しもうと思っていたところです。

水の音が聞こえるような心が洗われるようなそんな
ゆっくりとした時間をふみこさんにも送るつもりで
書いてみました。
そういえばこぶしの花もうさきはじめてました。
毛皮のような皮が半分くらいあいたところでした。春ですね。

投稿: 真砂 | 2017年3月 7日 (火) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)