« 漂白剤で化粧落とし? | トップページ | 思いもよらない… »

2017年4月25日 (火)

行きますとも!

「静岡のブックフェスに参加するけど、お母ぴーも行きませんか?」
 長女梓に誘われたとき、なぜだろう、わたしは「行きますとも!」と即答していた。それが4月22日(土)と23日(日)であり、静岡県三島市で開催されることのほか、ほとんど何もわかっておらず、そも、ブックフェスがどんなものなのかさえ知らなかったけれど、何かがわたしを待っているような気がした。
 梓が集めてためていた文庫本(古書)と、わたしの本棚からの20冊ばかりの本と、昔むかしの拙著数冊を段ボール2箱に詰めた。お互いに時間がつくれず、その作業をしたのは、当日の午前3時だった。
 それぞれ1箱ずつキャリーカートに乗せて、朝出発。

 昨年の春、勤めていた出版社を辞めて独立した梓は、いくつか柱を立てて活動している。フリーランスの編集者、ライター、イベントの企画運営が中心だが、そのほかに「アズアズ書房」としての活動がある。

 いつだったか布製の三角形の旗がいくつもつながっているチベットの旗に、筆で「ア」「ズ」「ア」「ズ」「書」「房」と書いてくれと頼まれたとき、その名を知った。
「この書房は何をする書房なの?」
「古書店の小商い」
「本が好きだから?」
「好きと云えるほどには読書していないから、好きになりたいというのはあるかな。第一には古書の小商い、本を通して、ひととはなしをしたいということなの」
「ふーん」
 と云って看板の旗に文字を書いたが、そのときはおもしろいことを考えているんだなと思った。同時に、初めて耳にする「小商い」ということばと、小さくはじめる小さな商いという概念が、わたしのなかに刻まれていたものらしい。
 そしてこのたびの三島での小商いは、梓の師匠とも云える人物からの誘いによって実現した。
 新幹線の〈こだま〉に乗るのは久しぶりのことで、わくわくした。が、1時間もたたないうちにもう到着してしまい、三島が想像よりずっと近いことがわかってびっくりする。
 三島駅から三嶋大社をめざして歩くこと12分、大きな大きな鳥居を背にして立つと、大通りをはさんだ向かい側に、「大社の杜(たいしゃのもり)」と書かれた大提灯が見えた。これが目的地だ。
「大社の杜」は集いの場であり、おいしいものあり、遊び(イベント)あり、何より誰にも居場所がつくれる空間だった。ハイカラなんだが、よそよそしいところがないのは、古くから東と西のひと、モノ、文化が交流してきた三島ならではの有り様(よう)でもあるだろう。
 ひっきりなしにひとがやってくる。
 家族連れあり、若いひとも歳の大きいひともあり、はたまたぶらりとひとりで訪ねてくるひともある。聞けば、ほとんど毎日やってくるおじいちゃんもあるのだとか。

「アズアズのお母さんですね。はじめまして、トミーです」

 と師匠の富永浩通(とみなが・ひろゆき)さん。
 師匠と云うから、年配の人物を想像していたが、若者。全国を旅してまわりながら、小商いを展開する一風変わったひとであるにはちがいないだろうけれども、感じがよく、相手に気後れとか違和感を感じさせないひとだ。この人柄だけでじゅうぶん生き抜ける、というのがわたしの第一印象だ。
 2日間わたしはここで11時から17時まで「アズアズ書房」の店員として古書を売った。本も売れたんですよ。ほんとうですよ。
 でも何より、わたしを待っていたのはひととの出会いだった。
 トミーとの出会い。「大社の杜」のスタッフとの出会い。興味深気に本を見てくれるお客さんとの出会い。そうしてそうして、ここでわたしはあたらしい何かをふわっと受けとってしまった……。
 あたらしいことをはじめるなんてことは考えたりせず、目の前にある事ごとをこなすのがわたしの道だという思いこみが、吹っ飛んだ。

 帰ってきてみると、家が何とはなしに拗(す)ねていた。

 台所の蛍光灯が切れかかってまばたきしているし、窓辺のタニちゃん(多肉植物)のうちの1鉢が落ちているし、米びつが空っぽになっていた。ああ、いじけたんだなとぴんときた。ひと晩家を空けたくらいで、いじけてもらっては困る。
 困るが、もしかしたらそうさせたのは、わたし自身の変わり様(よう)かもしれなかった。家のしごとをしながら、土産話をぽつりぽつりとつぶやいているうち、家ももとにもどってきた。
 機嫌よくゆきましょうよね。
 機嫌よく、と云えば、2日間一緒に働いた仲間はじつに機嫌のいいひとたちだった。仲間の顔が浮かんでは消え、からだは疲れているのに、なかなか寝つけないでいる。
 また、行きますとも! 

S

これが、ブックフェスの様子です(一部)。
このたびのブックフェスへの参加は、4店でした。

かわいい木製屋台は、師匠トミーの手づくりです。

組み方次第で、いかようにも変化する魔法の屋台。
これを7台もクルマに積んで全国をまわっています。
クルマを見せてもらったら、寝台あり、助手席キッチンあり、

夢のような空間がひろがっていました。

S_2

トミーは、旅をテーマにした古書店「放浪書房」を営むほか、
193070年代の企業広告、雑誌印刷物を使った、手づくり一点ものの
アンティークシール「アドコラージュシール」も扱っている。
旅の途中、クルマのなかで広告を切り抜き、
粘着シールを貼付ける作業をすることもあるのだとか。
わたしは、このシールにはまってしまい、
みずからの小商いの合間合間に、シールを選んでもとめました。
4000枚もあったのです。1時間2時間はあっという間に
過ぎてしまいます。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

かえるのしっぽ さん

月曜日、わたしは
市内全市立小学校6年生が集う
「オーケストラ鑑賞教室」
(武蔵野市民文化会館大ホール)に
行きました。

東京フィルハーモニー交響楽団の演奏も
指揮の鈴木織衛氏のおはなし(楽器紹介ほか)も
すばらしかったのです。
そうして、子どもたちも佳い観客でした。

じーんとしました。

チャルダッシュ(モンティ)、
組曲「惑星」より、木星(ホルスト)は
とくにこころに残りました。

投稿: ふみ虫。 | 2017年5月 2日 (火) 02時03分

ふみこさま みなさま こんにちは

連休の中休み感もあるけれど、今日はいつもの月曜日。
いつものように過ごします。

ふみこさんがおっしゃってるところの「わたしが考えている世界より明るくて親しいのかもしれない」という感じに、また、新たな気づきを頂いた気分。

何だか、最近、自分で世界を狭くしているような気がしないでもないなぁ~って、ちょっとだけ思っていたから。

ところで、「夜廻り猫」が大きな賞を受賞しましたね~そっとうれしいです。

投稿: かえるのしっぽ | 2017年5月 1日 (月) 11時15分

こぐま さん

わたしが考えている世界よりも、
この世界は明るくて、親しいのかもしれない……。

そんなことを考えた2日間でした。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月30日 (日) 07時35分

もも(^_^)ちゃん

そりゃ、まちがいなく、
ももちゃんへのプレゼントです。

いいなあいいなあ。
わたしが遭遇したみたいに、
うれしい気持ち。

うれしいを手渡し、
うれしいを受けとる。

その両方が、素敵。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月30日 (日) 07時34分

ふみこさま。

お伝えくださって、ありがとうございます。
いつか私もそんなことができたらいいなぁ、と思います。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2017年4月29日 (土) 18時33分

ふんちゃん

 ブックフェスっていうものがあるんですね。
 ステキだなぁ。
 近くで開かれたりしたら、行ってみたい…。
 ほんとうにかわいらしい屋台ですね。
 美味しいおやつでも食べながら、ぶらぶら…。
 いいなぁ〜。 
 札幌でも、地下歩行空間(チカホ)でツキイチで市場が開かれてるんです。
 ツキイチチカイチって名前だったかなぁ…。
 アズアズ書房さんが来たりしたら、飛んで行きます!
 愉しいからって、その場を離れない、
 怪しい客にならないように…(^^;)

 昨日ね…、とてもいい日だったんです。
 朝、5番目ちゃんを保育園に送りに行った時。
 保育園の前で、「あ!ハル(4番目ちゃんの名前です)のお母さん!」
 と寄って来てくれた新1年生がいて、
 保育園を出ると、途中でじ〜っと私の車を目で追っている兄弟2人が居て…。
 3番目ちゃんと同じ歳のお姉ちゃんと新1年生の弟くんの2人。
 にっこり手を振ってくれていました。
 そして…、さらに進んで信号のある曲がり角を曲がっていたら、
 すれ違う車の窓から手がにょっきり伸びていました。
 フト見ると、2番目ちゃんと同じクラスのお母さんが手を振ってくれていたんです。
 なんてステキな朝なんだろう、今日はいい一日になりそうだなぁと思っていたら、
 お昼過ぎに夫からラインが入りました。
 「弁当、うめえ」
 こんなことを送ってきたことがなかったので、
 嬉しくて飛び上がりました。
 
 本当に嬉しい、愉しい一日となりました。
 こうして、小さな嬉しいが集まって、毎日が繰り返されるんだなぁと
 しみじみ感じていたのです。
 
 毎日、小さな嬉しいを集めて、
 機嫌良く過ごせるように…が、今の目標となりました(^^)
 今日も、機嫌よく!
 あれ?「マザーウォーター」で
 もたいまさこさんが「今日も機嫌良くやんなさいよ」って台詞ありましたか?
 

投稿: もも(^_^) | 2017年4月28日 (金) 15時14分

真砂 さん

何よりうれしい報告を、
どうもありがとうございました。

すばらし過ぎる時間を紡げたこと、
おめでとうございます。

また、できるね。

こうして、ひとは翼をひろげるんだわ、
と思いました。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月28日 (金) 12時35分

おきょうさん さん

ここの広場の皆さんとお会いする夢を
持っていまして、わたしは。

ブックフェッスへの参加は、
その夢もゆっくりかなえてくれるのじゃないかなと
思うわけです。

お風邪お大事に。
ほんとうにゆっくりしてください。
と云ったって、
きっと忙しくたのしまれると思いますが、
ときどき、ばたんと倒れること!

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月28日 (金) 12時33分

こぐま さん

アズアズ書房に伝えました。

こぐまさんも、
ちっちゃなブックフェスをご自分で
開くつもりで、絵本を扱ってみたらどうかしら。

黄色いワンピースを目印に。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月28日 (金) 12時25分

みぃ。さん

三嶋大社も、
三島の「大社の杜」も
大好きになったので、
また、行きますとも。

そうしたら、
お目にかかれるかもしれませんね。
お知らせします。

わー、夢がひろがります。


投稿: ふみ虫。 | 2017年4月28日 (金) 12時19分

マドレーヌ さん

店番をしながら、
マドレーヌ・ひよこ堂のことを
考えていたんです。
ああ、マドレーヌさんも、
わたしの師匠だったなあ……とね。

この世界のおもしろさは、
してみないとわからないですね。
わたし、長女(アズアズ書房)の云うことが、
以前はさっぱりわかりませんでした。
でも、いまは、ほほう、
こんな愉快なことをしていたんだなと
思うわたしです。

いつかどこかのブックフェスで
お目にかかれるように、がんばります。


投稿: ふみ虫。 | 2017年4月28日 (金) 12時16分

ふみこさま、みなさま。

おはようございます。
昨日おかげさまで夢のような一日になりましたー。

「どっちがへたか競争しよーぜ。」
飛び入り助っ人(指揮者兼公務員兼4歳の女の子のパパでもある)
もうそのひとことでケラケラ笑ってすっかり祝祭ムードに。
ドキドキたったソロ部分もあらら楽しくおさまりましたー。

ラストの椿姫の乾杯のところでは
オペラ関係者のはからいでワイングラス(空っぽなんだけどね)
片手に踊って下さってなんだか夢のようでした。
まだそんな気がします。

「行きますとも」と他県よりかけつけてくださった
この方のユーモア、温かさ、人を愛し音楽を通して
自分ができることは何でもやるという熱い思い。。。
その場にいた皆様に感動の一日をもらいました。

そんなふうになるようにふみこさん祈って下さったこと
心の支えでした。ありがとうございました。

投稿: 真砂 | 2017年4月28日 (金) 08時03分

ふみさまみなさまこんばんは~~

おきょうさん、少々風邪気味でございます。
喉のイガイガと咳がとまりません。
いつもそう。この時期。
ゴールデンウイークが始まるとなると調子崩しちゃう・・。
たぶん誕生日含む前後2カ月に走りすぎちゃうのでしょうね。
まさにオーバーヒートってやつでしょう。

「わかりました。休みます。寝かせていただきます。」

とゆっくり連休は過ごすつもりです。

アズアズ書房。ステキな響きです。行きたかったなあ・・・三鴨大社。
お写真からも素敵な空気が伝わってまいります。

今度また機会がありましたらぜひご案内くださいませ~~
千葉もなかなかよいところありますよ^^


おうちのご機嫌はすっかりなおりましたか?
ふみさまの著書に

家が喜ぶ

といういいまわしをみつけて以来、
私もことあるごとに、おうちのご機嫌をうかがってみております。
そうすると、家の気持ちもだんだん私にもわかるようになってきている気がします。うれしい、かなしい、さびしい、くるしい、いろいろ~~


ゆっくりのんびり風邪をなおしながら、
おうちと対話しながら連休を過ごします。
広治さんのまねっこでクロワッサン、買ってきて読もうこな?
おきょうさんは、帰り道に食べる方のクロワッサンも買ってきて
おいしいコーヒーとともに楽しむのもプラスしちゃいま~~す。へへへ。

みなさまよきお休みを。

投稿: おきょうさん | 2017年4月27日 (木) 22時39分

ふみこさま。

はるくんが、インフルエンザになって、ずっと家で看病していました。
やっと治って、昨日から保育園に行っています。
昨日は、ワンピースを縫いました。黄色のワンピース。
はるくんに、きつねさんみたいって言われました。
でも、このワンピースをはるくんが気に入って、脱いだら怒られます。
なので、色違いも縫おうと思っています。

ブックフェス、楽しそうですね。
アズアズさんの本屋さんに置いてもらえるような絵本を作りたいです。
がんばりまーす。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2017年4月27日 (木) 20時21分

ふみこさま
みなさま

ふみこさん、三島にいらしていたのですか!
それは、それは。ニッコリ。

三嶋大社、素晴らしいですよね。
私も大好きな場所です。

またいらして下さいね。ぜひ!
ご縁があれば、お逢いできるかな。


投稿: みぃ。 | 2017年4月26日 (水) 18時35分

ふみこさん、ブックフェスの世界はようこそ!

本は読むのも楽しいし、本のつながりで人に出会うのもうれしいし、ワクワクがいっぱいありますよね。

本を通じて初対面の人とも、こんなに話が弾むなんて!素晴らしい世界です。

投稿: マドレーヌ | 2017年4月26日 (水) 18時28分

寧楽さん

たのしかったです。

と、こころの底から云えるような、
そんな2日間でした。

たのしむためには、
大変な思いもするし、努力もする必要が
あるのだと思いました。
楽しいは、楽するとは、ちがいますね。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月26日 (水) 16時21分

ふみ虫さま

楽しそう!
お誘いに即答されるのが
わかるような気がします。

梓さんのところを
さがしたら
アズアズ書房さんの
梓さんとふみこさんを
見つけました。

行きたかったなぁ〜と
思いました!(*^^*)

お家が拗ねるほど
心が跳ねたってことですね。

投稿: 寧楽 | 2017年4月26日 (水) 10時50分

たまこ さん

あたらしい暮らしが、
ゆっくり編まれてゆく様子、
うれしく読ませていただきました。

たまこさんらしい灯し方で、
ゆく道を照らしてね。

わたしまで、洗濯や洗いものが
いとおしく思えてきます。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月26日 (水) 10時27分

オリヴィエ さん

王子さまがご自分の道を
歩きはじめられたこと、
おめでとうございます。

これがこうなって、
あれがこうなりますように、
という希い方を、わたしたちはしがちです。
が、ほんとうはちがうのじゃないかなあ。
一所けん命歩いてゆけば、
もっともふさわしい場所にむかえると信じることも
大事なのではないでしょうか。

これは自分に云い聞かせている
ことばなんですが。

三島、また行きたいと思います。


投稿: ふみ虫。 | 2017年4月26日 (水) 10時23分

真砂 さん

不思議な助け。
これはまちがいなく
真砂さんの日頃のこころの働きが
呼ぶんだと思います。

助けを呼ぶため、
幸運を得るために、
いいこころでいるというのではないけれど、
自分を見ている存在があるというのは、
信じたいわたしです。

こんど、そのはなしも聞いていただこうと
思います。

祈っています。


投稿: ふみ虫。 | 2017年4月26日 (水) 10時18分

ふんちゃん皆様こんにちは。
ほお、ブックフェスとはこんなものなのですね!
なんだか昔読んだバムとケロという
絵本の世界みたいです嬉しくなりました。


さて、新しい暮らしになって2週間
徐々にお洗濯やら洗い物やら
させてもらえて嬉しくて嬉しくて。

もっとこちらの
お母さんも楽させてあげたいな、と思いました。

投稿: たまこ | 2017年4月25日 (火) 21時06分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。

いつも火曜を楽しみにしています。
冬に息子の受験で萎れていたわたし、あたたかい言葉で気持ちが充電され、
この春息子も自分で決めた道を無事歩き始めました。ありがとうございます。

三島にいらしてたんですね〜。
ブックフェスがあるなんて初知りでした。

わたしも仕事で月一度、三島を訪れてます。良い気が流れる街ですよね。
同じ静岡県内でも横に長〜いので、ローカル電車に1時間30分ゆられて行きます。
貴重な一人時間、読書タイムを楽しみながら。
気がつくと、どうしても同じようなジャンルの本のチョイスになってしまうので、
ブックフェスなどで、新しい世界が開けたらいいな〜なんて思いました。

またブックフェスがあったら、わたしも「行きますとも!」。

投稿: オリヴィエ | 2017年4月25日 (火) 15時38分

ふみこさま、みなさま

新しい出会いのワクワク感それですそれですー。
いいですよね。

わけのわからない楽しさってあるんだーから始まって
「好きなだけ迷っていいよ。。」
「わからなさをだきしめてみてごらんよー」

と背中を押されて無謀にも明後日の演奏会をむかえるわたし。
いろいろな仕事や家庭の事情もあるから
やはり直前にドタキャンがおこったりする。。
そこを。。。あらあら不思議助けてくれる人が今回もあらわれた。
指揮者返上してバイオリンで一緒に弾いてくれるという。
この人のバイオリンが聞けると思ってなかったから
体の底からエネルギーがわいてきた。
まさに「人柄だけでじゅうぶんいきぬけそうな」魔法使いの弟子のわざ。

いや、この人の周りに集まる方もそんな感じになっていく不思議。
わからなさ、うまくいかない中に宝物って
あるのかもですねー、ふみこさーん。いつもありがとうございます。

投稿: 真砂 | 2017年4月25日 (火) 14時39分

さゆ さん

ここから、「機嫌よく」という
ことばを受けとめていただけたこと、
とてもとてもうれしいです。

機嫌よく生きる。
これが、わたしの人生の目標です。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月25日 (火) 14時12分

佐々木広治 さん

広治さんがお好きな三嶋大社は
すばらしかったです。
2日目朝、ゆっくり参拝して、
鹿さんたちにも会いました。

三島つながりといい、
クロワッサンの「相葉雅紀」つながりといい、
褒美をもらったような、広治さんからの
お便りでした。

どうもありがとうございました。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月25日 (火) 14時10分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。

なんて素敵なブックフェス!そしてかわいい屋台!
私も行ってみたくなりました。
そして、小さな小さな本屋さんとして屋台で店員さんをしてみたくなりました。
お母さんを誘うアズアズさんも素敵!
私はこういうイベントに行ってぷらぷらするのが大好きです。
何かしら刺激を受けるし、作り手さんとお話しできるのも楽しい。
なので、今回のお話、私までわくわくして心躍りました(笑)

最近、難しいことは抜きにして、とりあえず機嫌よく暮らすのが一番だなってちょうど思っていたんです。
だから、ふみこさんのお話を読んで、
機嫌がいいってやっぱりいいなぁと。
なかなか、ずっとご機嫌でいるのは難しいのですが、
とはいえ、他人のことをあれこれ心配したり不安に思ったりしてるより、
まずは自分が機嫌よく!
それがどんどん伝染していったらいいいなって改めて思いました。

投稿: さゆ | 2017年4月25日 (火) 13時33分

ふみ虫さま、みなさま、こんにちは。

あ、行きちがい!、とおもわず、声にも出しそうになりました。
全然行きちがいではないんですけどね。
一昨年まで静岡県の、三島そばにいたので。
三嶋大社は大好きで、頻繁にかよったこともありました。
駅からの道のり、いいですよね。
水量豊かな白瀧公園。大社までつづく水路。その水のきれいなこと。

ふみ虫さまに気づかれた方がいたのでしょうか。
案外、気づかれなかったかもしれませんね。
知っていても、まさかとおもいもしないでしょうし。

ちょっとした、ほんとうにちょっとしたご報告があります。
きょう、きょう発売のクロワッサン(雑誌のほうです)を買いました。
付録にひかれ。
女の生き方、と題し、クロワッサンの過去の記事を集めたものです。
その面々がなんとも魅力的で。
宇野千代、桐島洋子、市川房枝、田辺聖子、澤地久枝、瀬戸内寂聴。
本体の表紙は、相葉雅紀さん。ふみ虫さまの愛する。
彼の発言として、「自分のよさがわからないから、僕は頑張れている気がします。」
ああ、こういうところも、きっとふみ虫さまは好きなのだろうな、とおもいました。
単に雑誌を買ったことがなにが報告?というかんじですが、ぼくは雑誌自体ほとんど買いませんし、ましてやクロワッサンを買ったのは初めてでしたので、ちょっとした事件でした。

投稿: 佐々木広治 | 2017年4月25日 (火) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)