« お腹すいたー | トップページ | 行きますとも! »

2017年4月18日 (火)

漂白剤で化粧落とし?

 コートも、厚手のカーディガンもクリーニングに出してしまおう。
「また寒くなっても知らないよ!」と自分に向かって云いながら、あれやこれやを大風呂敷に包む。
 包んだものをクリーニング店に出しに行くのはじつはわたしではなく、「コートも、厚手のカーディガンも二女に渡して、クリーニング店に出してもらおう」というはなしだ。
 わたしは、読者の皆さんもよくご存知のように、高級志向ではない。全然そうでないのだけれど、クリーニング店だけは、高級店に限る、と考えている。うんと腕のいい、ていねいな仕事をする店。
 もっと云えば料金の高い店。

 そんな店に自分で行かず、なぜ二女に出しに行ってもらうか。

 それは、このひとが洋裁を学んで、いろんなことをよく知っているからだ。クリーニング店に行って、必要ならとくべつの手入れを頼んでくれる。部分的な手当てやら、全体に係るコーティングみたような処置やら。そのため、ただでさえ、ちょっと値の張るクリーニング代に、とくべつ料金が加算されることも少なくはない。
 これは、洋服に対するわたしの感謝の表わし方でもある。
 ただし、のべつクリーニング店のお世話になればいいわけでなく、その選別も二女の役目だ。
 本日、わたしのつくった大風呂敷からコートをとり出して、「このコートはクリーニングの必要なし」と、衿と袖口をちょっと拭いて(別のとき、見るともなく見ていたら、髪を洗うシャンプーをお湯に溶いて拭いていた)窓辺に吊るした。
「クリーニングに出し過ぎるのは、だめ」
 なんだそうだ。
 本日のわたしの衣類の分のクリーニング代は、夏のちょっといいボトムスが1枚買えるくらいの金額だった。

 〈シャンプー使い〉についてはくわしくわからないが、ずいぶん前に、こんなことがあった。粗忽者の悲しさで、白いブラウスや
Tシャツに、わたしはついファンデーションや口紅をつけてしまう。気をつけていないからそうなるのだが、気をつけていてもそうなることだってある。
 そんなシミを、こそっと漂白剤で落とそうとしているところを、この二女にみつかった。
「お母さんて、ふだんの化粧落としに漂白剤使ってるの?」
「使うわけないじゃない。クレンジングオイル使ってます」
「じゃ、いつも使っているそれで、化粧品でつけたシミも落としてみて」
 へええ、と思ってクレンジングオイルでもって白ブラウスにつけた口紅のシミをとんとん叩くと、なんときれいに消えたのだった。あのときはおどろいた。

 この季節は、ワードロープをみつめ直す機会だ。

 そうは洋服を持っているほうでない。着ない洋服はほとんどないが、みつめ直すと、毎回、お別れするものが出てくる。かつては頼りにしていたのに、何だかしっくりこなくなったもの、サイズ感が微妙に合わなくなったものだ。ここで、小声になるのだけれど、シーズンちゅう冒険のつもりで買ったはいいけれど結局数回しか着なかったものが1、2着所在なげにぶら下がっていることも白状しなければならない。
 活躍の末に別れるものたちは、「長いことありがとう」と挨拶して、週1回の市の古布回収日に出してしまう。ここは案外さっぱりしたものだが、新品同様のものはどうしたものかなあ、誰か着てくれたりしないかなあと、じくじくする。考えた末、えいっと古布の袋に混ぜこんでしまったりすると、罪悪感でまたじくじくだ。
「ほんとに、ごめんなさい。もうしません」
 とか云いながら、胸の奥から怪しい予感が湧く。
「いや、きっとまたするよな」

 だけど、できるだけ少ない服で、たのしく生き抜いてみせる。
 これもまたふつふつと湧いてくる実感だ。

Michi01_2

夫とふたりで昇仙峡(山梨県甲府)に旅するはずが、
どちらにも抜き差しならぬ予定が入って、
実現しませんでした。
それでも時間をつくって、近場の小金井公園へ。
遊歩道の一本道が旅ごころをくすぐります。
近所への散歩だって、旅ですー!

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

もも(^_^)さん

郵便受けに輝くはがき!

そのうれしさ、わかります。
その方に、会える春なんですね。
うらやましい……。

ひとは、そういうことで、
たちまち幸福になれる存在ですね。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月24日 (月) 23時31分

おきょうさん さん

せいたかさん!

ことし2月に亡くなった
作者の佐藤さとるさんは、
まさにせいたかさんそのもののような方でした。

わたしも大好き!

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月24日 (月) 23時29分

あすちるべ さん

洋服の管理の失敗は、
誰にも経験がありますよね(たぶん)。

わたしの、失敗のはじまりは、
小学生時代、学校のだるまストーブで
スカートを焦がしたあのときです。

おろした日にスーツのスカートを
かぎ裂きにしたときは、悲しかったなあ。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月24日 (月) 23時23分

えぞももんが さん

クリーニング店は、
早めか、遅めに出すひともないと、
ほんとうに大変!

この時期の平日半額は、
それをよくあらわしていますね。
えぞももんがさんが、
厚手のコートなしで震えあがりませんように。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月24日 (月) 23時19分

ふんちゃん

洋裁を学ぶということは、生地との向き合い方なども学ぶということなのですね。
すごいなぁ。
私も、しっかり学んじゃいました!ありがとうございます(^^)

洗濯が、下手だなぁと、自分で思っているのです。ちゃんと向き合ってみたいと思いながら、そこまで気持ちをもっていけずに、洗剤さんと洗濯機さんに、ただただ任せっぱなしで、そのくせ「ちゃんと落ちないな(._.)」なんてつぶやく始末。
でも、ひとつ大きな学びとなりました!(^^)

なんだか…疲れが溜まってるなぁ…
でも買い物に行かなくちゃなぁと玄関を出ようとした時、郵便受けに輝くお葉書を見つけました。
ほんの数分しか、実際にはお会いできていない、大切なお友だちからのお葉書。
あまりにも嬉しくて、にやにや、にやにやしながらの買い物になりました。
もう少しあったかくなったら、お会いするんだ!って、今からウキウキです!

投稿: もも(^_^) | 2017年4月24日 (月) 15時37分

ふみさまみなさまこんばんは~~

漂白剤じゃなくてクレンジング。
本当にかしこい二女さま。
なかなか落ちない頑固なよごれも、もうあきらめしまおうかと思ったシミも
目先を変えてとりくめば、案外簡単にきれいさっぱりと。

「これって、衣服の事だけじゃないかもね~~^^]

私は二女さんのアドバイスからこんな考えも導かせていただいちゃいました~サンキュー二女さんです!

最近は片づけ術の流行で、私の愛読している片づけマニュアル本も、衣替えの必要のないくらい物を絞り込んで見極めていくという記述もあるのですが、
お洋服やお部屋のインテリアに関しては、『ころもがえ』ってめんどくさいけど結構好きな行事なので、これからも夏じたく、冬じたくの日は設けていこうと思っています。入れ替えしながら自分もやってくる暑さ、寒さと対峙する心構えをいただくというか~

そしてそして
女の子だもの~ちょっとおしゃれは冒険したっていいんじゃない?
今年限りのブラウスになってしまったって、新しいものを身に着けるときのあのウキウキ感は、素敵な1日を呼んでくれそうで~~。ですからこれからも冒険、しようしよう!→そしていさぎよくごめんなさいしちゃいましょう。((笑)


本日は、めずら~~~しくおひとりさまの日曜日でした。
仕事やら部活やらおデートやらで朝から家族のいない日曜日。
何のしばりのないこの甘い時間に、もう、おきょうさんウキウキで、
洗濯機4回もまわしながら、テラスでアイスコーヒーをおしゃれなグラスにいれてのんじゃったり、お昼すぎにお風呂沸かして入っちゃって、髪の毛パックして、お顔もパックして、誰にも気づかれないけれど、誰も何も言ってくれないけれど、自分ではわかる髪のつやつや感、そしてお肌のもちもち感(笑)
だんなさんが土日出勤の人なのでこれからはこんな時間がけっこう持てるのかもしれませんね。子供のチョイ巣立ちもいいものだわ。

こぐまさんがご紹介してくださった、『旅猫リポート』、広治さんのご紹介してくださった『宮沢賢治の真実』
これからこんな休日の課題図書に仕入れて来ようと思います。
旅猫リポートの表紙、村上勉さんなんだ~~って(板切れにて調べてしまいました・・)
コロボックルシリーズをもう一回読み直してもいいな~~
おちび先生みたいになりたかたな~~せいたかさんに超憧れていました。
そんな私は身長164センチ。だんなさんは私より5センチ大きいだけの現実(笑)


有川さんの著書はついこのあいだ皮膚科の街ち時間で『植物図鑑』を読みました。
春先にお散歩にでかけ雑草を食べちゃうイケメンと可憐な女子(映画化されたので勝手に主人公のフォルムを重ねてしまう)のおはなしなのですが、おばちゃん、年甲斐もなく皮膚科待合室でキュンキュンしちゃいました。広治さんのコメントにメタセコイアのおはなしが出ていたので、ちょっとそのことも思い出しました。ステキな木ですね(板切れで調べちゃいました!)
橋のたもとのメタセコイアの景色を想像したり、ふみさまの一本道の旅のお写真をみて、

おひとりさまの休日はお散歩もいいな~~

と思いました。ゴールデンウイーク、お天気だといいな。

みなさまもあと1週間がんばって素敵なお休みを!

投稿: おきょうさん | 2017年4月23日 (日) 23時00分

ふみこさま こんばんは

ご近所のハナミズキ、薄紅の色がついてきました。別のおうちのツツジも…こちらは今年でお別れです。

粗忽者の私、やってしまいました。
暖かくなったし、自分で編んだネックウォーマーを頂き物のおしゃれ着洗いの洗剤(なんと薔薇の香りです)で洗ったつもりが、普通の液体洗剤でした!その上お湯の方がきれいになるかな?なんて余計なことをしてしまったので(でもぬるま湯だった…)、軽くフエルト化しました。がっくり。次の冬は家用にします。洗濯って化学ですね。そう考えると料理も?掃除も?
クレンジングオイルもやってみますね。襟元に頑固なファンデーションがすぐについてしまうので…。ありがとうございます。ブルーキーでごしごしでした。

そして、ざぶざぶ洗えてノーアイロン バンザイ!

おやすみなさい。

投稿: あすちるべ | 2017年4月22日 (土) 23時54分

ふみこ様 こんにちは

クリーニング店の ”4月21日まで平日半額セール”のチラシを見て
「また寒くなっても知らないよ!」と迷ったのですが、
勇気を出して 20日に 冬ものを全部 クリーニングに出しました。
今朝は 雪がチラチラ降りました。
やっぱり まだ 早かったか・・・
明日からの天気に期待します。
とは言うものの、えぞももんがなのに 今日は一歩も外に出ていません
寒いです。


ふみこさん 二女さんの教え方 とても わかりやすい。
なるほどと思いました。


追伸・・・・北海道知事公館の庭にも 立派な幹の
メタセコイアの木が立っています

投稿: えぞももんが | 2017年4月22日 (土) 15時17分

かえるのしっぽ さん

ざぶざぶ洗えてノーアイロン。
これが、ツボだなあと思うこのごろ。

近年、Vネックに凝っています。

何書いているんだか。
ごめんなさい。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月22日 (土) 04時24分

ふみこさま みなさま こんにちは~と~こんばんは(どっちがいいのか迷う明るさ)

服との関係性!
そういう風に考えたことはなかったので、なるほど~と思いました。

つい買ってしまった服は、どんどん歩けそうで、ざぶざぶ洗える服。
ん?これって、私らしい?(笑)

投稿: かえるのしっぽ | 2017年4月21日 (金) 18時10分

佐々木広治 さん

メタセコイヤ。
わたしの通った学校にも、
すっくと立っていたなあ。
なつかしいです。

植物界のシーラカンスのような存在でしょう?

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月21日 (金) 13時02分

ゆるりんりん さん

クリーニングに出しただけで、
衣更はまだ、なんです。

たいした作業ではないのですが、
毎年、
〈たのしんでする〉をめあてとしているので、
その部分ではちょっと緊張します。

ことしも、たのしんで、します(宣誓)。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月21日 (金) 12時59分

かえるのしっぽ さん

わたしらしいとか、らしくないというのは、
自分で決めると思ってたのですが……。
もちろんそういう面もあるけれど、
相手(洋服たち)が決める面もありはしないか。

と、最近思ったりするんです。

相手が
「えー(あなたに着られたくない)!?」って。
着られたくない、は云い過ぎなんですが、
ふさわしくないのでは?と
辞退されることがあります。

そういうときは、どうしてだか、
ちょっとうれしくなります。


投稿: ふみ虫。 | 2017年4月21日 (金) 12時04分

ふみ虫さま、みなさま、こんにちは。

服の化粧おとしもクレンジングオイル。餅は餅屋、とか、発想着想についておもったりもしました。
おばあちゃんの知恵袋もふとおもいだしました。特に活用するわけではありませんが、おばあちゃんの知恵袋が好きです。おもしろいですね。創意工夫。

こちらに来て一年すこし。
ようやく好きな風景を見つけられました。
橋のたもとにある木。メタセコイアが、雰囲気があって素敵です。

投稿: 佐々木広治 | 2017年4月20日 (木) 18時48分

ふみこ様

あったかくなって何だか嬉しいです。
わたしも洋服の出し入れをやっています。
衣替えは好きなほうです。
あまり着なかったなあ、ごめんと
お別れするものも必ずあるのですが、
おお久しぶり、
今年もよろしくねという再会もあって・・・
そのためにもクリーニング選びって大切ですよね。
化粧がついたら石けんでもみ洗いしてたのですが
クレンジングオイルのほうが生地に優しい、
これからそうします。

投稿: ゆるりんりん | 2017年4月20日 (木) 10時30分

ふみこさま みなさま こんばんは

昨日から春の嵐が吹き荒れています。満開直前の桜にまさかの花散らしの風になるかもしれません。つい、もったいないと思ってしまいました。

私も冬のお散歩用のパーカーの洗濯にクレンジングオイルを使います。
顔にあたるところに少しずつファンデーションが付いてしまい、普通の洗剤で洗ってもおちなかったので、もしかしたら~と試してみたらきれいに落ちました。(クレンジングオイルを塗って普通の洗剤で洗う)
何だか目からウロコ!でした。

そうそう!先日、つい、買ってしまった私らしくない服が数枚。。。楽しく着よう♪(と、自分を励ます(笑))

投稿: かえるのしっぽ | 2017年4月19日 (水) 18時57分

たまこさん

あたらしいお暮らしのスタート、
おめでとうございます。

あのあの、たまこさん。
だんなさまのご家族との〈同居〉なのですか?
もしそうだとして、
「ダメな嫁だなー」とか思いながら
ふんわりやさしく在ればいいですよ。

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月19日 (水) 10時29分

真砂 さん

わたしが「宮沢賢治」だったら、
気楽に好きと云ってもらえてうれしいです。

みんながみんな、
むずかしく受けとめたり、
研究の対象にしたり、
議論したりしたのでは、
たまりませんもの。

調子にのって、
賢治のかわりに、申します。

「真砂さん、ありがとう」

投稿: ふみ虫。 | 2017年4月19日 (水) 10時25分

ふんちゃん皆様こんにちは。

お嬢様達はふんちゃんに似て
生活の博士みたいですね。


さて、私はこないだの日曜から
同居。新しい生活が始まりました。

まだ安静にしてなきゃいけない時期のためか
あなたは何もしなくていいのよ、と
ほとんど家のことはできていません。
(決していじわるで言われているわけでは、なく心から気遣って言われているのです)
なんだか申し訳ない気持ちとありがたい気持ちが混ざっています。

徐々にしてもらったらいいのよっと
言ってくれてますが
なんだかダメな嫁だなーと思ってしまいます。

こんなときどんな心構えでいたら
いいでしょうか?
新生活で弱気になっているだけかもしれませんが笑

投稿: たまこ | 2017年4月18日 (火) 20時12分

ふみこさま、みなさま。

おはようございます。
いいこと聞きました。気になるしみ発見して
うーん。。。と思っていたところでした。
2女さん。さすがです。よろしくです。
そういえば、うちもシャンプーでぬいぐるみたちを
良く洗っていましたー。なんとなく。。ふふ。また洗ってあげようかな。


それから小さな旅いいですね。
前回書いた賢治さんの不思議な言葉の世界もそんな感じなんです。
わかっているわけではなくて。。
「心の中にあるわけわからないもの」≒ドビュッシーの音にあるもの
≒バルトークの不思議な音≒言葉を超えた世界の力
そんなものに憧れていて面白いと思っているだけなんですー。

賢治ファンの皆様それなのにいいかげんなコメント
音楽に関しましても全く個人の感想にすぎないものを
これまで聞き流してくださってありがとうございます。

でもまた書くと思いますー。
楽しいから。ふみこさん。だから何書いてるのかなー。
しょうがないなあーと思ってよみながしてくださいねー。

昨日ね。実家近くの豪徳寺ふらっとよったら
たくさんの招き猫あるところからいきなり
やもりくんがとびだしてきてかわいかったです。
これもいい旅でしたー。

投稿: 真砂 | 2017年4月18日 (火) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)