« ミセス・マヨ | トップページ | 真似してもいいよ! »

2017年6月13日 (火)

揺れながらコロッケを揚げる

 スーパーマーケットで買いものをしていたら、白髪のひとが目がとまった。紫の花柄のワンピースに、白いカーディガン、鍔(つば)のある洒落た帽子という装い。エレガントな……、ムラサキさん(仮名)。
 ムラサキさんはスーパーマーケットの手押し車でからだを支えるようにして、ゆっくりゆっくり歩を進めている。見れば、手押し車の持ち手に折りたたんだ杖がさげてある。

 70
歳代。
 ひとり暮らし。
 少し足が不自由だけれども、健康。

 想像を混ぜこみつつ勝手な観察をしながら、手押し車の上に置かれた買いものかごをちらっと覗く。覗いたりしてはいけない、と思うが、興味を押さえられなかった。

 筑前煮の詰まったプラスティックの容器、スープらしきレトルト・パウチ、野沢菜の袋、豆腐、サクランボ。

 ご飯。

 にんじんのスープ。
 筑前煮。
 冷や奴。
 野沢菜。
 サクランボ。

 というのが、その日のムラサキさんの夕食か。


 こんな光景はめずらしくなく、ムラサキさんのように高齢でなくとも、ひとり暮らし(?)でなくとも、どんな年代のどんなひとでも、子どもだって……加工品や出来合の総菜を求める時代だ。

 家に電子レンジがあれば温めて、すぐに自分の分の〈ごはん〉が整う。
 ムラサキさんをはじめ、ひとり分の〈ごはん〉たる加工品のある食卓を思って、わたしのこころは、頼りなく揺れはじめた。

 感想は感想として浮かんでくるのだが、それをこうだと認めたくもたしかめたくもなく、わたしはただ、頼りなく揺れながらきゃべつとパン粉、合挽肉、うずらの卵を買って、大急ぎで家に帰った。

 そうだ、わたしの感想は、きゃべつとパン粉、合挽肉、うずらの卵である。
 夫の実家の畑でとれた新じゃがいもと、新玉ねぎを山と積む。わたしの感想は、突如としてコロッケというかたちをとろうとしている。

 ご飯。

 さやえんどうと豆腐のおみおつけ。
 コロッケ。
 うずらの卵揚げ。
 きゃべつのせん切り。
 ぬか漬け(きゅうり、大根、にんじん、ピーマン)。

 手間のかかるコロッケをとつぜんつくりたくなったわたしのこころは、いつかはわたしもコロッケをつくらなくなるかもしれない、というこころだ。そうして、気がついたらスーパーマーケットで買うはずだったものでない、コロッケの材料を買っていた。

 コロッケをつくれなくなるのだか、つくらなくなるのだか、つくりたくなくなるのだがわからないけれど、そんな日がめぐってきたとしたら、それは受け入れなければならないだろう。でも、そんな事態になっても、ひとりで食べてばかりいないで、たまにはにぎやかに〈ごはん〉を食べたい!と希(ねが)えるわたしでいよう。

 この日、たーくさんのコロッケを揚げた。

 コロッケの食卓を囲めたのは、夫、二女、三女、わたしの4人。もりもり食べながら、長女、夫の両親、あの世に逝ったばかりの母、この春ひとり暮らしになった友人、そしてムラサキさんを思い浮かべた。一緒にコロッケを食べたかったひとたちの顔、顔、顔である。

2017w

まんなかの小さい〈まんまる〉は
うずらの卵を茹でてコロモをつけたもの。
友人のノゾミさんが、おしえてくれたので、
つくってみました。
2017w_2

コロッケを揚げたのは夫です。
こういうしごとを、できるうちに
夫にもさせたげないとね。
うずらの卵は、素敵にかわいく、
おいしかったです。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

真砂 さん

「おもしろそう」
という感覚は、
重い扉を開ける〈鍵〉ですね。

そこから、のびのびしてくるような気がします。
70歳代紳士の、トリオの弦楽アンサンブル!
素敵だー。

投稿: ふみ虫。 | 2017年6月19日 (月) 11時28分

えぞももんが さん

父と母が80代になったころ
(ときどきへそを曲げて、疎遠になったりしながらも)、
ふたりと同年代のひとを見かけるたび、
じーっと観察してしまう癖がつきました。

ふたりが旅立ったあとも、
つづいているんです。

わたしの感想。
わたし、おばあさんになったら、
おしゃれする。
なぜかと云うと、観察の対象がおしゃれだと
(おしゃれが好き、なんではなくて、
上品なおしゃれを学んでおしゃれする)
ほっとするんですもの。


投稿: ふみ虫。 | 2017年6月19日 (月) 11時25分

ふみこさま、おはようございます。

嬉しいお便り読みましたー。
私の方がなぜいつもちょっとどこあわせてるのー
といういい加減なコメントと思いつつ、心が楽しいから書いてますー。
という気持ちでしたので。。ふふ。私ものびのびですー。
ふみこさんありがとうです。

「レベルをそろえないと。。。」という発言をされた方も
後から思えば、運営を考えたらスムーズにいかないだろうから
どうやってそれがなりたつのよー。という趣旨だったと思えます。
私もね。それが不思議でここへきたのですが。。
上手くいかないことを人と人の間においてみると
好きなことのためなら人間会話が生まれ、工夫しあい、
必要ならいろいろな人の助けを借りたり、思わぬ展開にも
なっておもしろい。でも、こういう運営もありだけど、(たいへんなところもあるから。。)
きっともっと工夫していけば、そういう流れを太くできて
もっと気軽にいろいろな人に来てもらえるのかなって思います。

でもこの間みんなでびっくりうれしいことがありました。
仲間内だけのアンサンブル大会になると思っていたら
面白そうなことをやっているから一度参加してみたかった
という70過ぎの男性トリオの弦楽アンサンブル。
北陸から。その演奏にすいこまれちゃいました。
忘れれない時間。天からの贈り物みたいでした。ふふ。

みなさまいい一日をです。

投稿: 真砂 | 2017年6月19日 (月) 08時39分

ふみこ様 おはようございます

手押し車の持ち手に折りたたんだつえ
ゆっくりゆっくり歩く ムラサキさんの話を聞いて

ここに書きたいことが たくさん ありすぎます

父が特養に入り 母が一人暮しを始めるようになったころから
ひとりで ゆっくり 確認するように歩く高齢の方
お互いを気遣いながら手をつなぐご夫婦・・
そういう方ばかり 目で追っている自分に気が付きます
スーパーでお魚を手に取り
考えあぐねてるおじいちゃんを見ると
料理は誰がするのだろうと ふみこさんと同じ ゆらゆらします。

ふみこさん コロッケ。
このコロッケは 美味しそうだなぁ
スーパーで 驚くほど安く売っているコロッケだけれど
自分で作るとなると 少し気合を入れる必要がある
手間がかかりますね
でも 出来上がったコロッケは 総菜のコロッケのおいしさと
また違った 味に仕上がって 嬉しくもあります

父が 家に帰って 海苔巻きが食べたいと言います
「わかった 今度 そうしよう」
7月の初めは 海苔巻きの日です。

ふみこさん 「パリのおばあさんの物語」思い出しました。

投稿: えぞももんが | 2017年6月19日 (月) 05時18分

おきょうさん さん

お帰りなさい。
タクシーの運転手さんと超なかよしって、
格安の寿司店って、あなた!

拍手でございますね。

このたびの旅の軌跡が、
ぬらぬらと、東日本から北海道へと
光って見えます。

いつか、ここへ、
鶏のトマトクリーム煮のレシピを
置いてくださいまし。
持ち寄りって、そういうことでもある!
でしょう?
(うしし)。

投稿: ふみ虫。 | 2017年6月18日 (日) 21時02分

真砂 さん

目からウロコのようなものが
ぽろぽろと落ちました。

楽器のおはなしも、
そうなのかーと驚く気持ちで
読みましたが、〈いい加減〉ということばが
腑に落ちました。

この世に不足しているのは、
それだ!と感じたのです。
ことばの裏側をさぐったり、
ひとの行動を読みに読んだり、
重箱の隅をつつくような真似をしたり。

きゅうくつなことがいっぱい。

流して忘れる。
考え過ぎない。
とらわれない。

なんだかわからないのですが、
いま、真砂さんのおかげでのびのびしているんです。

そんなこと、どうでもいいじゃん1
と笑っているいい加減なわたしを許したいような
ちょっと褒めたいような気持ちなんです。

投稿: ふみ虫。 | 2017年6月18日 (日) 20時58分

ふみさま、みなさまおはようございま~~~す!

大雨の北の大地から、無事帰宅しております!
梅雨のない北海道に嵐を呼んじゃう女((笑)
レインコートで傘もささずざんざん濡れる雨もまた人生の中で味わい深い経験となりました。二女も頑張っておりました。

もも(^_^)さんやえぞももんがさんがこの地のどこかにいらっしゃるのだなあ~~と嬉しい気持ちでいっぱいでありました。
ただ、しかしながら飛行機から見下ろす地上は、

「すべてつながっております。みなさん同じ大地の上で泣いたり笑ったり、ご飯をこしらえたり、お仕事をしたり、がんばっておられます」

とあらためて、こちらのみなさまとは、(広場にコメントせずとも読者のみなさまなどももちろん、世界中が)くまなくつながっているのだな~と実感させられました!おうちひとつひっとつは小さな小さな点だけど、しっかり集まって地球を作っているのですね~~。大切にしないとな。そして小さい事にはくよくよせずに、どんといっちゃおう!!と。
飛行時間1時間にたくさんいろいろ考えました。たまに飛行機も新たな発見をさせてくださいます。乗るなら50歳過ぎても絶対窓際です。(笑)
そしてAIR DOの機内ドリンクサービスはじゃがバタースープがあってめちゃおいしかった!おすすめです。(笑)

おいしいごはんもたくさんたべてきました。
会場までのせていただいたタクシーの運転手さんと超なかよしになり、おすすめの格安お寿司屋さんを紹介していただいたり、スープカレー、一幻のえびそば、サッポロビール園のジンギスカンと生ビール!、宿泊施設のあさごはんではいくらごはん山盛り!!大通り公園でのとうきびとじゃがバター!!きのとやのクロワッサン、ソフトクリーム!!どれもどれも、おいしい!今やどこに住んでいても物産展のどが開催されたいていのものは手に入りますが、やはり、その地方の空気、温かい出会い、場所の心地よさを味わいながらが、おいしさを倍増させますね。
絶対また来年もお邪魔しに行きたいです。がんばれ二女。子供をだしにつかわないと、予算計上もなかなかできぬ。(笑)

そしてふみさまのコロッケ。最高においしそう!!
15個は軽く食べちゃうな。(笑)わしわしみなで食べるご飯、いいですね。
今の私の健康は家族が作ってくれているようなものです。自分一人なら、カップ麺ですませちゃたり、夜でもハムエッグでいいかな~。とかね。やっちゃうわあ・・・。

でもだんだん、おひとりさまでも、楽しく豊かに食事をとる練習もしていかなきゃいけない年齢になってきているのも実感しています。

ただ、その時にはきっと時間の流れが今よりは少しゆっくりで、今は聞こえてこない声や、みえない存在のだれかとも交流できるようになるのかな。とも。

でもね
施設の母も、食事は食堂でみなさんでいただいているので、それは本当にありがたいなあと思うのです。会話がなかったにしても、存在だけでもあたたかい。

う~~んやぱっり、いつの日かは、みんなで持ちよってて集まりましょう!私は鶏のトマトクリーム煮を大鍋いっぱいおもちします!自信作。

広治さんのように壁をお持ちの方もぶっ壊しちゃう自信あります。ラスボスですから。(笑笑)ベルリンの壁も崩壊したのです。ご心配なく(笑)


ではでは。
これから今日1日かけて、生徒さんの発表会の選曲始めなきゃなので日曜日早朝からじゃましました、パーカッションドンドコ係担当、ちょと早い出番のラスボスおきょうさんでございました!


投稿: おきょうさん | 2017年6月18日 (日) 08時55分

ふみこさま、おはようございます。

嬉しいお言葉ありがとうございます。

持ち寄り飲み会でいっぱい語りたいですー。
先日もとんでもない事を言う見学者があらわれて
「やっぱりレベルをそろえて。。技術が。。」
というわけでみんなでおいしい中華料理店へ
ターンテーブルでぐるぐるまわしながらとりわけているうちに
こころはすっかりおだやかに。。ふふ。

20代のころはテニスやバドミントンのスマッシュで
すっきりしてましたー。その後自然のなかのスキーやウインドで
自然の力と一体になるとこころが穏やかになっていいなーという感じを
つかみました。
だから今は丘さんぽや水辺さんぽをしていると
「何おこってたんだっけ。。?。。」なんてかんじです。

言葉は英語を訳したりするとき日本語にできない部分が
いっぱいあるので。。いい意味でわからなくてもきにならない
いい加減なところが昔からあります。
ピアノとちがってバイオリンは毎回調弦しないと狂う楽器なので
おかしな発言や言葉も「あー今調弦できてないじょうたいのこころ
なんだなー。。」なんてね。
というより自分がとんでもないことをいったりしているのでね。
とんでもないことことばもありだし。わかってもらえなくても
いいかな。。というスタンスができてから上手くいくかんじが
あります。

だから心にとどめないで、
心がきゅうくつにかんじたらもっとかるくするような
好きなことへスイッチがすぐはいるようになってきました。
心理学者の河合隼雄さんもフルートをはじめられたとき、
そんなこと確か語られていたと思います。音という形にして
流して忘れる。。外へ投げ飛ばす感じ?。ふふ。
やっぱりふみこさんの作って下さったお料理をみんなで
をわいわいいただくのが一番かもですー。水芭蕉という日本酒
いたただいたのでもってきましょーかー。ふふ。

とりとめもなくふわふわと朝から。。
読んでくださりありがとうございました。
みなさまいい1日をです。

投稿: 真砂 | 2017年6月17日 (土) 08時14分

こぐま さん

こぐまさん、紡ぐねー。
ほんとうに素敵。

こぐまさんを愛し、敬い、
たのしんでくださった子どもたち、
大人の皆さん……、
「どんなもんだーい」

って、なぜわたしが自慢を?

投稿: ふみ虫。 | 2017年6月16日 (金) 20時49分

さゆ さん

あまりにやさしく、
あまりに〈ものがたり〉でもある
おたよりに、ほろっと、ほろっと
してしまいました。

いつか、わたしたち、ふたりで、
おいしい会をしましょう。

っていうか、
皆さん、呼んでくださったら、
いつでも云って、コロッケでもグラタンでも、
煮浸し、ちらし寿司、でたらめ料理なんかを
つくりますので、呼んでください。

投稿: ふみ虫。 | 2017年6月16日 (金) 20時47分

もも(^_^)ちゃん

書きたいことはたくさんあって、
コロッケのはなしとか、コロッケの物語とか
「マザーウォーター」の、
そら豆の天ぷら(だっけ?)ほかいろいろの
場面とか。

でも、いちばん伝えたいのは、これ。
ももちゃんの、信じられないくらい浄らで、
まっすぐながんばりが、
この広場のみんなを、どれほど勇気づけているか。

そして、みんなが自分のことのように思っているあまり、
自慢げにももちゃんの経験を、
誰かに伝えようとしていることも。

あらためて云わせてね。
ありがとう……ございます。
ほんとに。

投稿: ふみ虫。 | 2017年6月16日 (金) 20時43分

真砂 さん

すばらしいです!
真砂さんの、
「五感の記憶のなかのぬくもりや
他界したひとへの思いを
どうしても形にしたい」
という思い。

そうして注文でございます。
「忘れなければいけない」
「忘れられたらいいね」
という事ごとへの〈音〉だったり
〈ことば〉だったり〈動き〉〈働き〉についても、
おしえてくださいー。

投稿: ふみ虫。 | 2017年6月16日 (金) 20時35分

ふみこさま。

コロッケ!! おいしそうです。
昨日、保育園での読み聞かせで、せな けいこさんの絵本
「おばけのてんぷら」を読んできました。
うさこが、てんぷらを揚げていくのですが、おばけも揚げてしまいそうになったり、メガネを揚げたり……。
子どもたちが、帰るときに「たのしかった~。」って言ってくれて、うれしかったです。
私も、コロッケを作っていた頃はあるけれど、今ではなんだか手抜きばかりで……。せめて、お話の中で、食べもののことを書いていけたらなぁ、なんて夢見ています。

小学校での読み聞かせのときには、ちょっとオカリナも吹かせてもらいました。子どもたちが、興味津々で私の周りを、取り囲んで、とても楽しかったです。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2017年6月16日 (金) 20時00分

あすちるべ さん

そうだ、茄子のカツレツを
わたしも食べたいです。

気がついたら、誰かがうちでごはんを
食べていた……というふうにありたいなあと、
つまり、気軽に考えようとしています。

ときどき実現します。
〈持ち寄り〉の飲み会も。

投稿: ふみ虫。 | 2017年6月16日 (金) 18時32分

ふみこさま、みなさま

食べることってやっぱり大事だなって思いました。
とりあえず、山のようなふみこさんのコロッケ、一つでいいからつまみ食いしたいって思っちゃいました(笑)

私は、食べることも飲むことも大好きなので、
一人ご飯で気軽にさくっと自分の食べたいものだけ作って(または買ってきて)食べるのも幸せって思います。

でも、実家でみんなでごはんを一緒に作って、大皿料理でワイワイするのも好き。
持ち寄りで、和洋中なんでもあって、大人も子供もずっとおしゃべりしながら食べる、持ち寄り飲み会も大好き。

だから、ふみこさんの
「ときには、わたしのコロッケを食べてー!という気持ちを
差しだし、受けとるお互いでありたいなと思ったの。」
っていう言葉で、
差し出せる場があること、
そして、差し出してくれる人がいて、
それを受け取れる自分であること
そういう関係があることは、とても豊かな食事をつくってくれるんだなって、しみじみ思いました。

やっぱり食べるって栄養とかだけではなく、
心の活力でもあると思うから。
ごはんの中に作りながら何かは込められるし、
食べながら、受け取ることもできると思うから。

でもね、私、食べるのは大好きですが、料理は自信ないです。
コロッケ1度作って失敗して以来、作ってません・・・笑
今度、再チャレンジしてみようと思います!

投稿: さゆ | 2017年6月16日 (金) 12時01分

ふんちゃん

 最近、月一回人が集まる時のメーニューがコロッケでした。
 具を作り過ぎて、冷凍してあるので、
 また作るぞ〜と思っていたら、
 ふんちゃんのコロッケのお話。
 嬉しくなって、いつ作ろう、いつ作ろうと愉しみになりました。
 ふんちゃんのコロッケ…。食べてみたいなぁ〜。
 度々、目にするふんちゃんのコロッケ。
 まあるくって、優しそうで、美味しそうっていつも思っていました。
 私も、まあるいのを作ろ〜っと。
 最近、2番目ちゃん、1人娘が、料理に目覚め、
 ふんちゃんの本を開きながらおかずを作ってくれたりします。
 本当に幸せだなぁと思いながら、一緒に台所に立っています。
 ふんちゃんのね、クリームコロッケを作ってみようねって、
 こないだ話をしていました。

 今は、母が一人暮らし。
 一人だとついつい、さぼってしまう…と、
 ムラサキさんのように、豊かな食卓ではなくって、
 ご飯と漬け物だけで終わってしまうこともあるらしく、
 気になって、週に1回は一緒にご飯を食べようと、
 みんなで実家へ行っています。
 映画の「マザーウォーター」で出てくる、もたいまさこさんのように、
 とてもとても丁寧で豊かな1人の食卓も憧れますが、
 みんなでワイワイ食べるのも嬉しくなります。
 1人暮らしの人が、時々、ワイワイ食べられるような場があるといいなぁと思ったりもしていました。
 どちらでも、お好きな方で…という感じで…。
 最近、札幌でも子ども食堂が増えてきました。
 みんなでワイワイ食卓を囲むということを考えさせられたりもしています。
 私も、母を見ていて、
 ひとりの気楽さと愉快さも感じますが、
 やっぱり時々、一緒に食べよ〜!って気持ちにもなります。

 やっぱり…、ごはんって大事だなぁって思いました。
 今年は、1番目ちゃんが受験生。
 私は、勉強のことはよくわからないけどさ、
 ごはんで応援するからね…。
 と、かつてのふんちゃんを見習って、密かにつぶやいてみました(^^)

 これから、仕事へ行ってきま〜す。
 その前に…、美味しい玄米と野菜を食べさせてくれる隠れ家みたいなお店に、
 行ってきま〜す。
 うふふふ。贅沢なひとりの時間です。

 ふんちゃん。
 前回のおことばも、本当にありがとうございました。
 私…、やっぱりうまくやれなくて、ありがたいおことばに、
 ちょっと胸が痛くなる感じもありましたが、
 それでいいんだよ、それを抱えていくんだよって、
 思えました(^^)
 

投稿: もも(^_^) | 2017年6月16日 (金) 09時47分

ふみこさま、おはようございます。

ふわふわ続きですー。(ホタルたちへお便りありがとうございます)
もやもやした思いをどうしても形にしたくなり、
グルグルした思いをうけとっていただいたのは
去年の今頃だったなあーと咲きだしたるりまつりをみて
思い出しました。

五感の記憶のなかのぬくもりや他界した人への思いを
どうしても形にしたくて
でも自信がなくて飛び込めなかった時「さあ!」
ってふみこさんが背中をおしてくださったのでした。ふふ。

一緒に音やおいしいものやうつくしいものをわけあったり
した記憶やひとのぬくもり。。
忘れられない忘れたくない大切なものを
いつも音を合わせる一瞬前にかんじます。
顔を見合わせて始める室内楽の意義を
もっともっと大切にしようとおもいます。

ふとまた独り言のようなつぶやきを
ふみこさん聞いて下さってありがとうございました。

投稿: 真砂 | 2017年6月16日 (金) 09時14分

ふみこさま こんばんは

梅雨の晴れ間が続いています。

ムラサキさんえらいなぁと思ってしまいました。野菜たっぷりできちんとデザートまで付いた定食なんですもの…。わたしが一人の食事は(めったにないですが)、かたずけるのが面倒とか、ずぼらなところが出てしまって、缶詰のタイカレーだけとか、ふりかけだけとか、いろいろジャンクなものとかが並びそうです。

ウチは ははの妹さんが近くに住んでいてお料理、お菓子何でも来い!の方なのでいろいろ差し入れをしてくださいます。わたしもおからとか炊き込みごはんなど大目に作ったときはご近所の一人暮らしの ははのお友達に食べていただいたりするのですが、この方もお料理上手で、こんなの持って行っていいの~~?とドキドキしています。ただ、最近、食中毒のニュースなんかを見ると持っていくのもどうなのかなとも思うし(もって来ていただくのは大歓迎なのですが)、それが少し悩むところです。大勢で一緒に食卓を囲むって、久しくないかもしれません。

近所のお肉屋さんのコロッケがおいしくてお昼についつい揚げたてを買ってしまいます。ふみこさんの写真を見ていたらコロッケを久しぶりに作りたくなりました。大昔、アルバイトで少しお惣菜店にいたのですが(下働きでした)、コロッケ一つ83gを量るのが(決して「作る」ではないです…)得意でした。うふふ。この時の癖でなんでも少し作りすぎることがあります。
あ、この間揚げ物をしたときどうしても茄子カツが食べたくて、今シーズン初茄子カツ祭でした。後は少しのトンカツ。大満足でした。次はうずらの卵も作ります。

投稿: あすちるべ | 2017年6月15日 (木) 20時33分

佐々木広治 さん

ひとりの食卓を
ゆたかじゃないとも思わないし、
ひとりの気楽さ愉快さもわかるつもりなんです。

でも、ときには、
わたしのコロッケを食べてー!という気持ちを
差しだし、受けとるお互いでありたいなと思ったの。

そうね、垣根ね。
垣根が、ずんずん高くなる……。


投稿: ふみ虫。 | 2017年6月14日 (水) 16時37分

真砂さんと、ホタルさん

ほんとうにそう思います。
ホタルとひとがあたりまえに共存できる環境を、と
希ってやみません。

もうこれ以上便利にならなくていいし、
技術革新なんかいいから!
と思うわたしは、何をすればいいのか。
ってことも、コロッケつくりながら、
考えていたんです、ホタルさん。

投稿: ふみ虫。 | 2017年6月14日 (水) 16時33分

たまこ さん

お母さんのお顔を浮かべながら
ものをつくったり、食べたり、
片づけたり、お腹の赤ちゃんにはなしかけたり。
そういうのこそ、親孝行だわ!と思います。

投稿: ふみ虫。 | 2017年6月14日 (水) 16時29分

ゆるりんりん さん

コロッケはなんとなく、
小麦粉→ 卵液→ パン粉というふうに
コロモをつけますが(どうしてだろう)、
ほかはバッター液で簡単に。

蒸し鶏を常備しているのですが、
これなんかは、水に小麦粉を溶いたものにくぐらせ、
パン粉をつけて〈かつ〉にします。
卵なしで。

どうかな。

投稿: ふみ虫。 | 2017年6月14日 (水) 16時27分

かえるのしっぽ さん

わたしね、
この年になっても、ものすごく
もりもりなんです。
もりもり婆。

だめな婆さんだなあと思いながら、もりもり。
ついね。
(ばかなはなしを、ごめんなさい)。

投稿: ふみ虫。 | 2017年6月14日 (水) 16時24分

ふみ虫さま、みなさま、こんにちは。

もしかしたら。
ふみ虫さまに習って、想像してみました。
ムラサキさんも、かもしれません。
買ってきたものをすこりより分け、御仏壇にそなえ、お食事のさい、先に旅だったひとや遠くはなれた地にいるひとたちをおもいうかべたり、語らいながら、ともにいただいているのかもしれません。
はたからみるてと、寂しい光景ではありますが、そのなかは、存外ゆたかかもしれません。
ただ、そういうふうにも想像できるなぁ、というだけのことですが。
ふみ虫さまが以前書いてらしたように、もっとひととひとの垣根が低くく、ゆききができるものだと、良いですね。

というぼくは、垣根を高くかたく密につくってしまいがちではありますが。

投稿: 佐々木広治 | 2017年6月14日 (水) 12時35分

ふみこさま。みなさま。

おたよりありがとうございます。
「ホタル!」ってぼくたちのこと呼んでくれた?

以下ほたるたちより
ぼくたちは大人になってからは1週間だけど
水中での幼虫土の中での蛹生活を入れると1-2年です。
ぼくたち源氏ホタルは昔から生田緑地にすんでいます。
近年の川崎は明るく生活しにくくなっています。
でも皆さんが水辺を大切に保全してくらがりをのこしてくれれば
何とか生活していけると思います。
どうぞ、私たちが生きていけるように優しく見守ってください。
ホタルの国は私たちが大人になって飛翔発光する景色をみられる
会場です。どうぞ皆さんで鑑賞しにきてください。

生田緑地の源氏ホタル一同(招待状より)

ふみこさんと皆さんともホタルの国のこと
共有したくて書いちゃいました。
読んでくださりありがとうございました。
ぴかっ。ぴかっ。ふわーー。です。

投稿: 真砂 | 2017年6月14日 (水) 08時04分

ふんちゃん皆様こんにちは。
顔を思い浮かべて食べる離れていると
実家の母の顔をよく浮かべます。

笹団子が終わり今度は梅干しと梅酒作りを
始めた義母。
梅酒がそばにいるのは素敵ですね。

投稿: たまこ | 2017年6月13日 (火) 22時48分

ふみこ様

作ることをためらっていたチキンカツを
今日は山盛りつくりました。
ころもを順番につけていくのが面倒になり
最近さけていました。
そしてここにおじゃましたらたくさんのコロッケ。
なんか嬉しい^^
作りたいと思えること、
作れること、
一緒に食べてくれる人がいること、
そういうの時々しみじみ味わっています。

投稿: ゆるりんりん | 2017年6月13日 (火) 20時52分

ふみこさま みなさま こんばんは

今日は晴れると期待してたんだけど。。。梅雨寒という言葉がピッタリのような気温と湿度でした。(スッキリしなささ加減がちょっと苦手)

コロッケはですね~作る回数減りました。
理由は簡単。こどもが家を離れて、作っても余ってしまうようになったから。
食べる人が減っても、いつもの量を作ってしまいます。余ってしまうのはわかってるのですが、やっぱり、作ってしまいます。
そして、はぁ~またやってしまった。。。と。
(隣町のお肉屋さんのコロッケがとても美味しいので、食べたくなったらちょっとドライブなんてことも(笑))

コロッケって、たくさん作って、みんなで、モリモリ食べたい献立。
あ!余るからって言うのは言い訳で、ホントはモリモリ食べるという食卓が変わってきたからかもしれません。
だって、モリモリ食べてくれる人たちと囲むときはワクワクしながらたくさん作るから!

あぁ~コロッケ食べたくなっちゃった!気分はコロッケでプシュ♪(ビールを開ける音(笑))

投稿: かえるのしっぽ | 2017年6月13日 (火) 19時55分

真砂 さん

そうなのです。
「分けっこ」とか「共有」のはなしが
したかったんですよ、わたしは。

ペットボトルや加工品を悪者にするのじゃないけれど、
「分けっこ」や「共有」や「にぎやか」が
消えてゆくのは、困ると思って……。
簡単になってゆく暮らしが、
さびしく、つまらなく思えて、
それでつい「便利」や「合理性」に反発したくなります。

ホタル!


投稿: ふみ虫。 | 2017年6月13日 (火) 11時58分

ふみこさま、おはようございます。


だんな様に揚げてもらうナイスですー。

そういえば。。
バイオリンでも重音はdiv.となっていて分けて弾くことがあるのですが、
最近うちでも主人にもdiv.なのでどっちがいい?
なんていいものあげるみたいに仕事をわけっこしてます。
「えー」なんていわれるかとおもったら
わたしが「楽しいねー。はやくできるし。。」
なんてさらっと先にいうので。。ふふ。
(よし。こんどあげものもたのんでみます。。)

揺れながらといえば。。10日満月の日。
主人と二人で生田のホタルの国へ行って
揺れる光をみてきました。
6時到着して。くらくなるまでまつこと2時間。。
カエルの合唱聞きに来たんだっけ?
関西のホタルは2秒間隔、関東は4秒間隔の点滅って
不思議の話でゆっくりした時間の余韻にまだ揺れる感じです。
(ほたるって1週間くらいしかいきられないんですよね)

ふみこさんのコロッケ見たらすごく食べたくなりました。ふふ。
皆様。いい1日をです。

投稿: 真砂 | 2017年6月13日 (火) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)