« 干したり、また戻したり | トップページ | マニアック・ストイック・ヒステリック »

2017年8月 1日 (火)

かくれんぼ

 友人が「ちょっとだけ」と云って、うちに顔を見せてくれた。
 お嬢さんとお孫さんもいっしょに。
 無沙汰のあいだにおっとりとやさしいお母さんになったご長女と、初対面のちっちゃなひとたち。5歳と2歳の男の子だ。
 そう云えば、かつてのわたしのちっちゃな友人たちはみんな、どんどん大きくなって、ちっちゃくなくなってしまった。ついこのあいだも、隣町で、背の高い青年に「ふんちゃん!」と声をかけられたのはいいが、誰だかさっぱりわからない。
 しかし、目の前の青年の顔を見ていたら、記憶のなかに棲んでいるちっちゃな男の子の顔が浮かんだ。
「まあ、Mクン?」

 うちにやってきた5歳と2歳の男の子は、わたしが絞っておいた夏みかんのジュースをぐびぐびっと飲むと、もうもうじっとなんかしておらず、居間を走りまわりはじめた。書架の前に置いてあるはしごにのぼったり、2階のわたしの仕事部屋を覗いたり、忙しいことこの上ない。

 兄と同じことがしたい弟も、背伸びして忙しくしている。
 おもしろさと、少しは怪我の心配から追いかけているわたしも忙しい。が、こんなときには忙しくなくては困るのだ。初めての家。目新しいモノたち(ガラクタばかりだが)。古びた道具。落ちつきのない大人(わたしです)。そんなのを目の前にして忙しくならない子どもがいたとしたら、さぞ気が揉めることだろう。
 ふたりの男の子が、ふだん外遊びをたっぷりとしているらしいことがすぐわかった。とくに5歳の兄さまのほうは、登る才能がある。
「ああ、それは木登り好きだからなの。この子たちの家の近所の公園には、登ってもいい木があるのですって」
 と、おばあさま。
 ほんの30分ほどの訪問だったが、こんどは新・ちっちゃな友だちふたりと〈かくれんぼ〉をしよう……。

 〈かくれんぼ〉。

 ちっちゃいひとがうちにやってくると、すぐ〈かくれんぼ〉がはじまる。昔からそうだった。2LDK45㎡の家に住んでいたときも、かくれんぼ。わたしが「やろう」と云うと、子どものほうで「え、こんな狭い家で、できるの?」という顔をする。
「できるできる」
 そんなふうに力ずくでその気にさせると、子どもたちはやるんである。これ以上は縮められないというところまでカラダを縮めて、カーテンのかげ、押し入れのなかの隙間、たたんで壁に立てかけたちゃぶ台の後ろ、水を抜いて洗った浴槽のなかに、そっとすべりこむのだ。
「どこに隠れよう……」
 と、困り顔でわたしのもとにやってくる子どもを、台所の冷蔵庫の陰に押しこんだりすることもある。

「モウイイカイ」

「マーダダヨ」

 うまく隠れてなかなかみつからない、なんていうのは、〈かくれんぼ〉をたいしておもしろくしない。馬鹿らしいほどあっさりみつかっても、隠れる者・探す者の双方の真剣さが、おもしろみを生むのだ。


 わたしの〈かくれんぼ〉好きは、大人になっても変わらないままだ。

 ここは隠れるのによさそうだという意識はいまだに持っているけれど、遊びの〈かくれんぼ〉はあまり(!)しなくなった。しかし一方で、遊びとはちがう〈かくれんぼ〉を知っていったのである。
 ことし、母が身罷(みまか)ったときにも、わたしは密かに〈かくれんぼ〉をしていた。大人になってからの〈かくれんぼ〉では、隠れる側でなく、探す側、つまり〈鬼〉役をつとめることが多い。
 母とのこの世での別れ、さびしさやいろいろの葛藤、その事実にまつわる葬送と雑事を経験する。それと同時に〈かくれんぼ〉の〈鬼〉としてのわたしが動きだすのだ。まったくべつのあれやこれやをみつけだして、「ほおお、そうだったのかー」と、隠れた事ごとを発見。
 まさに「ミーツケタ!」という感覚。
 母とのこの世での別れはさびしかったし、親孝行不足が情けなかったけれども、あの世とこの世に分れてからの母とのあいだの橋、これから先母のためにできること、なんかをいっぱいみつけた。それからそえれから、どんなこともありがたく受けとめるのがよさそうだということも、みつけた。

 何かに気づかせるため、ことは起きているんだな。

「モウイイカイ」「モウイイカイ」と胸のうちで呼ばわりながら、隠れている大切な何かを探す〈鬼〉になりたい、わたしは。
「ミーツケタ!」

2017w_9

5年前に、大安売りの籐製の玉のれんを
買いました。
1,000円でした。
夏は、こんなふうにさげています。
春、秋、冬は両側に分けて同じ玉のれんで
結んでおきます。
この夏のはじめ、籐の巻きや、吊るす糸の不具合を
修繕しました。
何でもないことなんですけれども、うれし。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

かえるのしっぽ さん

おたよりに気づかなくて。
ごめんなさい。

宝探しも、子どものころ、
よくやったなあ。
隠れた自分(ひと)探すのと、
隠れたモノを隠すのは、ちょっとちがうね。

きっと、ちがうね。

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月11日 (金) 21時27分

ふみこさま みなさま こんばんは

台風の影響を受けてる皆さま、被害は出ていないですか?
私の暮らす街はこれから。。。か?
無事にやり過ごせますように!

ふみこさん。
そうですね~覚悟ですから。
楽しめるといいなぁ。。。って思ってる。
それから「かくれんぼ」の見ぃつけた♪と「宝探し」の見つけた!違いって何だろうなぁ?って考えてる今日この頃。

投稿: かえるのしっぽ | 2017年8月 7日 (月) 22時02分

おきょうさん さん

午前中に、ありがとう!ございました。

ご実家のダンゴムシさん、アシナガグモさんに、
よろしくお伝えください。
(わたしの仲よしたち!)。

たくさんの〈かくれんぼ〉が、
ご実家でのおきょうさんさんを、
笑わせてくれますように。
泣かせてくれますように(うれし泣き、
なつかし泣きね)。

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 7日 (月) 19時50分

ふみさま、みなさま、あっち~~~ですう~~~((笑)
夏休みなのに、月曜に登場です。

う~~ん
休みは休みでこれまた午前中か。あお仕事入ったり、変則的で
どうもリズムがつくれませぬ。

でもそんな中、こんないつもならがんがん仕事してる時間にみなさんとおはなしできるなんて幸せ。

私は自慢じゃありませんが
小さい頃は痩せていたので((笑)かくれんぼ、超得意でした。
隠れる方ね。

でも、
隠れてしばーらくしても、ぜんぜん探しに来る人がこなかったり、
一回きても、みつからないで、またどこかに行ってしまったり、
じ~~~~っと待っているとちょっと不安な気持ちになっちゃう。
このまま、見つからないでずっとここに一人のこされちゃったらどうしよう~~と、かなり怖い妄想までしつづけちゃって。

ついに見つけてくれたときのなんとも言えない安堵感。
見つかることはうれしい事
まだまだみつけられないたくさんの物事をしっかりみつけてあげないとですね。

来週はお盆(うちは父は8月に迎えにいくお盆の暦です)
誰も住んでいないガランとした実家が、
あーそーぼ。
って待ってます。
おきょうさん、雑巾持って行ってくるからね~~

元気のないもも(^_^)ちゃんはじめ、こちらのみなさまと、隠れるところ満載の私の実家でなんてったって、雑木林の庭いれれば500坪はあるんです。もはや、鬼が一番体力勝負。((笑)
気配をなくした、かくれんぼであそびたいわあ~~。
あしなが蜘蛛や、ダンゴムシとかが普通に室内にもいて、結構スリルあるよ。|д゚)
元気でると思います((笑)

ああ、そういえば私の実家にも玉のれん、あったな~~

投稿: おきょうさん | 2017年8月 7日 (月) 17時30分

みゅー さん

ああ、なんてつよい夏休み!
つよいというのは、
際立つ、感じです。
(あ、どんなにお忙しいかはわかっているつもり)。

わたしも、元気でたのしくやってます。

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 7日 (月) 11時09分

えぞももんが さん

〈かくれんぼ〉で、いちばん困るのが、
みつけてもらえない、
みつけられない、だと思うんです。

誰か、みつけて。
なんて、ちょっとつぶやいてみました。

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 7日 (月) 11時07分

ひよはは さん

すべてはタイミングよく
仕組まれているのじゃないかと
信じることにしています。

いいときに気づけたな、とか。
いいときに、わかることができたな、とか。
いいときに……。

こでまりのブローチ!
素敵過ぎです。
うっとり。

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 7日 (月) 11時05分

佐々木広治 さん

かくれてたものを、
ときどきみつけちゃう。

ということの連続。
週末も、いろいろみつけちゃった。
気づきがいっぱい!


投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 7日 (月) 11時03分

ゆうこ さん

王子さまは、
ご自分で退団を決め、
退団の挨拶をし、えらいなあ。

こういうことはひとを育てますよねー。
わたしも、ちょっぴり泣きそうになりました。

ほんとうに、えらかったね!


投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 7日 (月) 11時00分

こぐま さん

夢で!

なんか、とってもうれしいです。

またね。

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 7日 (月) 10時57分

真砂 さん

あ、庄野潤三の本に出てくる
徳島の「かきまぜ」(ばら寿司)を
思いだした……。

食べたい!

わたしも云いたい放題。

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 7日 (月) 10時56分

かえるのしっぽ さん

聞いて聞いて。
どんな状況においても、
たのしむ覚悟。
これは大事だと思うんです。

甘い?
でも、覚悟ですから。

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 7日 (月) 10時55分

もも(^_^)ちゃん

いろいろしようとするとき、
いろいろしようとすることができ……、
いろいろしようとしてこんがらかることができ……、
いろいろしようとするのにできなくてイライラすることができ……、
と考えるんです。

疲れていることもあるけれど、
まずまず元気だからそうできるわけです。

いろいろし過ぎず、
元気でいることを考えなければ!

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 7日 (月) 10時53分

たまこ さん

そうそう、
ほんとうですね。

すべては〈かくれんぼ〉!

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 7日 (月) 10時50分

ふみこさん、みなさまこんにちは。暑い日が続いていますね。お元気でしょうか?夏休み中…息子が一日中家にいます…(笑)ふみこさんのおうちに来られた二人の男の子みたいに、家の中をドタバタしています(笑)午前中は宿題…やっと読書感想文が終わりました…。塩づくりも父親と娘と一緒にしましたよ!朝早くに近所の海で海水をとってきて、そこからずーっと何時間か、火でグツグツ…濾過したりしてやっとやっと塩と、そしてにがりが出来てきました。大人もちょっとびっくりな自由研究でしたよ。
さて、私もふみこさんのように、大人のかくれんぼ…私も鬼になり、みいつけた!と感じることができるようになりたい…。そんな鬼ならなってもいいかな…と思う私です。ふみこさんとお母様の繋がりにすごく心が温かくなりました。 私も大切な何かをみつける鬼さんになりたいなあ…!

投稿: みゅー | 2017年8月 7日 (月) 07時38分

ふみこ様 
おはようございます

かくれんぼ・・・。
子供の頃の私は どこに隠れたんだったかなぁ
家のまわりは 田んぼと畑
納屋に隠れてしまうと 鬼になった子は
夕方までに 見つけることができません
だから そこに隠れるのはナシ。
田んぼのあぜ道にへばりつく
リヤカーと呼んでいた 荷車に入り込んで
静かにしている・・・

息子たちは どうだっただろう?
公園の遊具の土管の中
掃除用具入れの小屋の後ろ

思い出しているうちに 心が柔らかくなってきました
これは いい!

ふみこさん 夏バテしていませんか
無理せず過ごしてくださいね

追伸・・・昨日 たまたま 鬼の話をテレビで見ました。
     鬼婆の話は 切なすぎました。

 

投稿: えぞももんが | 2017年8月 6日 (日) 06時51分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。

数日前読んでいたエッセイ(光野桃著「実りの庭」)の中に、ありました。
母の心の中に、お母さんにもっと大事にされたかったという思いを。
見つけたとたんにぼろぼろと涙がこぼれました。

小さいころ身罷ったお父さんに愛されていたという母。
単に、母親に対する愚痴だと思っていた数十年。
母はどんな思いでいただろうかと思いました。

そういう私にも、母に対する思いがありましたが、
長ずるにつれ、気にしなくなってきたので、(幸せなことに!)
気づいたときにはびっくりしました。

帰省して母に会うとき、母の話を
ゆっくり聞けるような気がします。

こんなミーツケタ!もあるんですね。
父が亡くなって10年、
母が元気なうちに見つけられてよかったと
こころから思います。

鬼になると聞くとちょっとこわいですが、鬼にも良いことがありますね。
ありがたいです。

上娘が、ワイヤーで小花を50輪作り、
こでまりのブローチを作っています。
彼女にとってのおばあさんへのプレゼントです。

投稿: ひよはは | 2017年8月 4日 (金) 20時05分

ふみ虫さま、みなさま、こんにちは。

連日の暑さがなんだったのかとおもう涼しい日々です。
かくれんぼ。
かくれんぼしているのか、自分がかくれさせているだけなのか。
本当は目の前にあるのに、気づけないことはよくあり。
自分のことにすら、かくれているものがあり。
一生がかくれんぼなのかなぁとふとおもいました。

投稿: 佐々木広治 | 2017年8月 4日 (金) 09時59分

ふみこさま

「かくれんぼ」...この言葉を目にして涙がとめどもなく流れてしまいました。

小6の息子は夏休みを前に、小3になる少し前から始めたサッカーを辞めたんです。
たくさんの葛藤を小さいな身体の中で繰り返しながら、自ら勉強という道を選びました。

クラブチームに入っていたので、8歳から泊りがけの遠征がありました。
保護者の付き添いは禁止。いるのはコーチ1人。
洗濯や片づけ、暑さ寒さの調整も自分たちで考えながら。

そんな中、子どもたちの愉しみは宿泊先での「かくれんぼ」
1つの部屋に集まって、かくれんぼして遊んだ話を幾度も幾度も聞きました。
「泊まる部屋に隠れる場所なんてあるの?」
と聞くと、カーテンの裏だの、ベッドの隙間だの、10人近い子供たちが各々見つけ出しては隠れるのだと。
子どもの想像力は無限ですね。

もうそんな「かくれんぼ」ができないのかと思う気持ちと、
退団の挨拶をした時の息子の涙を思い出しました。

息子の決断を応援したい気持ちと、寂しさと...

ごめんなさい、自分のことばかり書いてしまって。

でも、泣けて良かった。
ふみこさん、ありがとう。

投稿: ゆうこ | 2017年8月 3日 (木) 20時40分

ふみこさま。

おはようございます。
かくれんぼ ですか!
はるくんと、やってみたいです。

今日の明け方、ふみこさんの夢をみました。
わたしとはるくんが、ふみこさんのお宅におじゃまして、お茶していました~。
夢だけど、お会いできてとってもうれしかったです!

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2017年8月 3日 (木) 10時24分

ふみこさま。おはようございます。

おたよりありがとうございます。
そういえば。。「カシュカシュ」(仏・かくれんぼ)の
かわいい響きをおもいだしました。
そう昨年カシュカシュという紅茶をもらったとき
何の味が隠れているか楽しんでくださいって。。ふふ。

だからね。今。かきまぜいろいろ混ぜ加減を楽しんでます。
具の大きさ小さめに統一して、塩加減やや多くして、
何が隠れているのかなーという感じにしたら、小豆島でたべた
味にちょっと近くできてうれしいですー。
(今年は丹後ばらずしが楽しみなの)

第九もね。いろいろな思い入れのある曲だから。いろいろな方にあって
この前も、真剣なやりとりでけんかになりそうになったけど、
泣きそうになりながら思いを語ってくれたあとの笑顔に感動して
なんかもうどこにたどりつこうがこれでいいんだという思いですー。

ふみこさーん、バイオリン担当なのでしゃべりどうしで
すみませーん。(ここぞという時の低音担当楽器コントラファゴットさん
かっこよかったー。ふふ。)(チェロもいいよおー。ふふ)
朝から言いたい放題。いい一日になりそうです。

投稿: 真砂 | 2017年8月 3日 (木) 08時19分

ふみこさま みなさま こんばんは

ようやく梅雨があけました。
これからが夏本番なはずなのに、台風が気になったり、来週は立秋だったりして、何だか駆け足な今年の夏です。

今週の「かくれんぼ」も、じんわりと感じるものがありました。
大人になってからのかくれんぼ。かくれんぼという発想自体久しくしていなかったことに気がつきました。
隠れる側ではなく探す側。なるほど!

身罷って人たちが残してくれたものを見つけることを宝探しかとも思っていたけれど、実際にはそうとばかりは言ってはいられないのも事実。でも、かくれんぼの鬼の気分だとなるほどと受け止められるかもしれないな。。。

ふみこさんのこのブログを見つけたのも、私がかくれんぼの鬼だったからかもしれないですね~ということは~ふみこさんは隠れるのが上手なのか?下手だったのか?
見つけてうれしい、見つかってもうれしいのも、かくれんぼですね。

投稿: かえるのしっぽ | 2017年8月 2日 (水) 21時41分

ふんちゃん

 なんだか…、元気がなくなってお邪魔しました。
 特に何かがあったわけでもなく、忙し過ぎて目が回りそうなのでもなく…。
 どうしてなんだか、意味もなく(自分で自覚できない)、
 被害的に感じてみたり、なんだかもやもやしてみたり…。
 疲れが出ているのかなぁ…。
 なんの疲れだろうなぁ…。
 と、ふんちゃんとこにお邪魔しに来ました。

 かくれんぼ!
 子どもたちと実家に行った時に、よくしています。
 雨の日。外で遊ぶこともできず「ひまだ〜」という子どもたちに誘われてするのです。
 そんなにたいそうな隠れる場所もないのですが、
 愉しい…。
 今まででね、一番、上手だったなぁと自分で思ったのが、
 子どもたちがいつ寝てもいいようにと敷いてある布団に横になり、
 掛け布団をすっぽりかぶって、しらんぷりんするやつです。
 大事なのは、気配を消すこと。
 これは、大ヒットでした。
 なかなか見つからず、見つかったときは、大爆笑。
 それは、それは愉しかったです(^^)
 次のは、ただ、ひっそりと壁に沿って立つ。
 やっぱり大事なのは、気配を消すことです。
 これまた見つかった時は、大爆笑!
 「かくれてないじゃ〜ん」と言われて、大笑いです。
 愉しいですよね〜。

 なんだか、もやもやしていたのですが、
 書いているうちに、少し元気になってきました。

 そうそう、大根を干す。の続きなのですが…。
 ついに、娘と魚を干してみちゃいました。
 ホッケという魚の一夜干し。 
 塩をして、網に入れて、外の物干に干して一晩。
 本当に美味しい一夜干しができました!
 またやろ〜っと。

 今日は、梅を干し始めました。
 ようやく、干せた〜。
 こんな風にして、少し元気を取り戻そうと過ごしている今日です。

 なんだろうな…。
 しばし、かる〜い「チャンスの粉」は降っているのですが、
 それだけで?
 と、ここにお邪魔しながら、自分を整理してみました。
 あんまり、次々やらなくては!と思わないようにするのが、 
 いいかなぁ…。
 こんな時にこそ、何かを「み〜つけた!」の絶好の時かもしれないですよね。

 ふんちゃんも、みなさまも、
 暑い夏。どうぞご自愛下さい。

投稿: もも(^_^) | 2017年8月 2日 (水) 15時26分

ふんちゃん皆様こんにちは。

お母様のお話から
日常の全てはかくれんぼだなーっと
思いました。新たな発見!
そうなると鬼役も悪くないなと思いました。

ふんちゃんにまた
小さなお友達ができて嬉しいです!

これも一緒の
お友達みーつけた、なんですかね?

投稿: たまこ | 2017年8月 1日 (火) 21時31分

真砂 さん

やりたいとか、やりたくないとか、
やろうかなあとか、
やってみますとか。

いろいろあるけど、
結局〈やる〉か〈やらない〉かなんですよ。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 1日 (火) 19時32分

ふみこさま。みなさま。

まさに「みーつけた」の本のおかげでまた新たなミッションが。。

もうびっくりで横田さんの第九の本を仲間と話し合っている不思議
を感じているのに。。管楽器の楽譜配布をいらいされたので
ながめてみたら大発見です。

えートロンボーンさんこの楽章全部休符。
ピッコロしかりホルンさんしかり。。。長い休符の連続。
はー。スコアで確認している時は自分の都合のよい目印
のところだけしか見てなかったことに気づく。。
大変だよねー。ごめんよー。。どんな思いでささえて
聞いて待っているのだろう・・この休符のあいだ。。

ずっとしゃべっているような弦楽器。
やっぱりすきだなあー。ふふ。

この仕事をまかされたのも横田さんからのプレゼントなのかなー
と思いながら今日は第九を弾いた。届けるつもりで。。
ふふ。やると決めたことが大事だよね。。

ふみこさん。そんなこと気づかせてくださって
ありがとうございますー。

投稿: 真砂 | 2017年8月 1日 (火) 18時34分

ささこ さん

わかります。
玉のれんを修繕したり、
何かをじっと眺めたり、
そういう時間って、ほんとうに大事。

でも、そんなことを忘れて忙しがることも
少なくはなく……。
思いださせていただきました。

ありがとうございます。

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月 1日 (火) 14時22分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。

ふみこさま、その玉のれん、私の実家にもありました。
裾(といってもいいのでしょうか?)の玉のひとつを、よく弟が口に入れてしゃぶしゃぶしていました。
私はその横で、玉と玉のつながり部分の不思議をいつまでも眺めていました。
もう35年ほど前のことです。
「時間がもったいない」「何かしてなくちゃ」なんて考えもしなかったけど、こういう時間こそが、自分を支える宝なのでしょうね。
私にとっての「ミーツケタ!」です。ありがとうございます。

投稿: ささこ | 2017年8月 1日 (火) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)