«  ヤブ蚊やら電気虫やら | トップページ | 大事のだいじ »

2017年8月28日 (月)

踏み無為

 初めてブログを書いたのは2007年のことで、出版社から本にするための原稿をためるため頼みます、と云われたのがはじまりだった。紙でない媒体での連載はしたことがなく、したことがないばかりか想像すらしなかった。
 が、原稿がたまる、というのはよさそうに思えて、ともかく第1回めの原稿を書いて、担当編集者のパソコンに送った。「ブログ」というだけで肩に力が入り、呼吸をしてないようなものができたが、それをそのまま送った。後にも先にもあんなにまずいのを書いたことはない。
 ブログを数年つづけて、それをまとめた本を6冊刊行したのち、出版社から離れて、自分であたらしい(ブログの)広場をつくることにした。好きなことを気ままに書いてゆきたいと考えたからだった。切り替わるときにも休まなかったため、結局ブログは途切れなくつづいたのだ。
 よくつづいた。
 こんなことを書くと辞めるのか? と訊かれそうだが、辞めませんよ。

 ブログをはじめた当初は、「コメント」というのが何だかわからなかった。

 何だ、コメントって? とも思わなかった。そんな欄があることにも気がつかなかったのだ。あるとき、ブログの画面に「コメント」というのをみつけて、そこをポチッとやったら、手紙のようなものが出てきた。
 あのときはおどろいた。
 わたしが書いたブログに、感想のような、関連する報告のような、短い文章が寄せられているのだもの。雑誌や新聞に書いたものに対してお便りをいただくことはあったけれども、こちらが書いたと思ったらたちまち返事のようなものが読者から届くなんて……。想像を絶する事態だった。
 ちょっと怖いな、と思った。
 でも、はじめてしまったのだから仕方がない、しばらくはつづけないと。
 そのうち、思いついた。そうだ、怖い「コメント」が届いたらすぐにブログを休み、それがつづいたらブログを辞めよう!
 そのころにはまだ「コメント」に関しては、それを恐る恐る読むだけで、返信なんか思いもよらなかった。
 お便りをいただいたら返事を書く、という習慣を忘れていたわけではないけれど、ブログの「コメント」がじつはお便りの一種であり、それに返事を書いてもかまわないということに気がついたのは、しばらくのちのことであった。

 ふと返信をしたのだったと思うが、一度書いてからは、それもつづけることとなった。同時に「コメント」ではなく、「おたより」と呼ぶこととした。

「おたより」。
 ごく短い文章であっても、それを書いたひとがどんな感じのひとであるか、思い癖や、頑度(かたくな・ど)、感情の揺れなんかも伝わる。ハンドルネームというので書いてこられるから本名はわからないけれども……伝わるんだなあ、これが。文章のおもしろさだ。

 いまでも決めているのが、怖いおたよりが届いたら、すぐ休むというあれだ。そういうのはそういうのはぜんぜん届かない。これじゃ、休むことも辞めることもできないじゃないか。

 お返事がたまって一所けん命書いているとき、ついあわてて差し出し欄に「ふみ虫」と打つ手がすべることがある。
「踏み無為」
 なんじゃこりゃ。これが画面にあらわれると何だか、自分の成れの果てのように思えてきて、可笑しい。

 さてごく最近のこと。

 ヒトの平均寿命がさらにのびるというはなしを聞いた。それに伴い「100年ライフ」なるステージが示された。このステージで必要になる事柄(目録と云ってもよいかもしれない)がいくつかあって、そのひとつに〈変身〉があった。
 つまり、100年生きるとなると同じ調子でなど生き抜けるはずもなく、ひとには人生のなかで幾度かの〈変身〉を遂げるための決心やら覚悟やら実践が求められるってこと。
 わたしは唸った。これまでもちょこっとずつ〈変身〉してきたような気もするが、そんなちょこっとなんかは超えて変身してゆく気概を持たないと。そう感じて、思わず唸っていたのである。
 たとえば「ふみ虫」という呼び名にもしがみついていないで、突如として「踏み無為」というようなわけのわからない方面に傾いてゆくくらいの決心もしておこうと、思ったのであった。

2017_7
この夏、あろうことか、
ぬか床がいけなくなってしまいました。
ああ、これも〈変身〉のメッセージかしら。
そういう受けとめ方をしようと決めています。
すぐとぬか床を復活させずに、
これから先のぬか床と自分の関係について
考えようと思いました。
写真は、いまのところ、うちのさいごのぬか漬けです。
ピーマン、パプリカを好んで漬けた今夏でした。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

さのまる さん

おたより、ありがとうございました。

〈発達〉とは、そういうことなんですね。
目の前がひらけました。
「発達障害」ということが云われていますが、
最近さかんに云われますが、
みつめるべきは「障害」ではなく、
「変化」のなかみじゃないかしら!
と、思ってしまいました。

ありがとうございます、 さのまるさん。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 4日 (月) 15時09分

あすちるべ さん

まあ!
その、2500個の風鈴の音。
聴いてみたいです。
いえ、数じゃなくて、風鈴の音色を。

そうして何ですか?
そのおいしそうな「黒糖ミルク氷」ってのは!
(結局、食い気です)。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 4日 (月) 14時52分

えぞももんが さん

思い出ばなしをしてしまったおかげで、
えぞももんが さんまで……。

照れます。

うれしいです。

東京にも秋が駆け寄ってきました。
先週、高尾山に登ってきました。
なんだか、季節の変わり目が見られるような
気がして……。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 4日 (月) 14時47分

りり さん

初めてのおたより、
どうもありがとうございます。

おたよりを寄せていただく。
そのおやさしいこころを、そっと打ち返す
(お返事のこと)。
そうすることで、わたしたちのあいだに、
やさしい〈何か〉が宿って……育ってゆくんだわ。

と、信じているんです。
広場での学びやきづきが、ぬくもりをもつのは、
それがそっとつづいてきたからです。

これからもよろしくお願いします。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 4日 (月) 14時43分

みゅー さん

朝4時半に起きて、
それぞれ異なる朝食を、
つまり7種類の朝食を用意する みゅーさん。

みゅーさんには、見えない誰かさんからの
ご褒美があります(断言)。

でも、ひとたるわたしも、
ともかく拍手したいです。

スムージーを思いついたことも、
たぶんそのための道具を手に入れたことも(?)
ご褒美の一部です。ね。

スムージー、どんなどんな?

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 4日 (月) 14時37分

みぃ。さん

どうもありがとうございます。

わたしにとって、
この場(広場)があるおかげで、
それを軸として変化、変身できて
きたように思います。

広場にはいつも、学びと気づきがいっぱいで、
お互いを応援する〈志〉がありますから、ね。

ありがとう、ありがとうございます。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 4日 (月) 14時32分

真砂さん

「リゴレット」!
女ごころ!

聞き捨てならない……!

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 4日 (月) 14時30分

ふみこさま みなさま こんばんは。

お久しぶりにお邪魔します。

生きるって変わることなんだなぁ。
変わることを受け入れていく
変わることに順応していく ってこと。
知らずに変わっていることもあるし
自ら変えていくこともあるなぁ。

なんて、ぼんやり考えていた夏だったので、
ふみこさんの今週のブログを読んで
びっくりしました。

〈変身〉を遂げるための決心や覚悟や実践、そして気概!
おおぉ!!そんな強さ、このところ忘れていました。
どちらかというと受動的で、流されるままにいた感じです。

そういえば、<発達>って、
生まれてから死ぬまでの変化のことをいうのだそうです。
(だから、よくなっていくことだけではなく、変化です。)
これを聞いた時にも、とてもびっくりしました。
私たちはみんな発達途上なんだ…と思うと、
そして、そこに決意と気概を持った<変身>まで加わったら、
いったいどんな100歳になっているのだろうと
ワクワクします。


投稿: さのまる | 2017年9月 3日 (日) 21時47分

ふみこさま こんにちは

2週間前の暑さが嘘のようで、今日は秋の空が広がっています。
季節は進んでいるのですね。

新聞の連載でふみこさんを知り、図書館で本を知り、広場におじゃまするようになりました。
ふみこさんに出会わなかったら、私、とんでもなくだらけたダメ人間になっていたような気がするのです。今も何かを成している!っていうわけではないのですが、毎週こちらの広場におじゃまするたびに少しずつ変身しています。多分…。

ここが気持ちのよい広場だから、自分も恥ずかしくないように毎日を過ごそうと自然に思えるのです。あ~そう書きながら、だらけていることも多いのですが。汗。

ふみこさん、この広場をありがとうございます。
でも、お忙しかったらお返事は無理なさらないでくださいね。

8月の終わり、涼しくなった中、ちょっと家をさぼってお寺で風鈴の音色を楽しみながら(2500個以上の風鈴だそうです)、黒糖ミルク氷をいただいてました。空気って普段は意識していませんが、音になって感じると不思議です。

いろいろありましたが、佳い夏でした。(結局、食い気です)

投稿: あすちるべ | 2017年9月 3日 (日) 17時43分

ふみこ様 こんにちは

静かに ひとりで過ごす 日曜日の午後です。
ふみこさんの ブログを読みながら
ここにたどり着いた頃のことを 思い出しています
ふみこさんの文章に出会ったのは 毎日新聞
週一回のコラムは その部分を切り抜いて
電車のなかで 繰り返し読みました


「添えられている絵も この方が描いているのか・・
 文も絵も 好きだなぁ」
ある日 パソコンに向かって検索。
そして ふみこさんのブログにたどり着くことができました

感激でした


ふみこさんに教わったことは たっくさん
庄野潤三の本
お弁当のお惣菜
季節の感じ方・・・

ふみこさん これからも どうぞよろしくお願いします
ありがとう

追伸・・・・友達が 今年も多摩川梨を送ってくれました
      雨が多かった8月だったようなので心配していましたが
      変わらず 美味しい。

投稿: えぞももんが | 2017年9月 3日 (日) 14時37分

ふみこさま みなさま
初めて書き込みます。
疲れた、ゆっくりしたい、眠りたい、ご飯をたくさんたべたい、そして、やっぱり人にも自分にも優しくなりたい
と思った時は特に、
ふみこさんの本やブログを読みたくなります。
そして、ほっとします。
いつも、ありがとう、ふみこさん

投稿: りり | 2017年9月 2日 (土) 19時48分

ふみこさん、みなさんこんにちは。今日はこちら日本海側は風が気持ちよくて、海もキラキラ…秋の色です。
ふみこさんとみなさんと、この場でお会い出来て、本当に、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。コメント欄にふみこさんにお便りを書いて、お便りのお返事をいただいた時は、本当に嬉しくて嬉しくて!まだ覚えています。きっとこの広場にいらっしゃる方々はみなさん同じお気持ちかなあ…と勝手に思っています。
いつもありがとうございます、ふみこさん!
あっ、今年の6月ころから変身したような気がする私です(笑)最近は身体を内側から変えよう!とがんばっています。朝、いつも通り四時半に起き、家族7人分のそれぞれメニューが違う朝ごはんを作り、そのあとで、なんと最近は自分にスムージーを作り始めました。ちょこっと弱い腸を改善計画中です(笑)やはり食べ物は大事だなあと考える今日この頃です。
夏休みも終わり、もうすぐ運動会!一年経つのは早いものですね!まだ残暑続きますが、お身体お気をつけてくださいね!

投稿: みゅー | 2017年9月 2日 (土) 13時08分

ふみこさま
みなさま

涼しい朝です。
昨夜から、また鼻がグズグズしています。
気を付けないといけないです。

ふみこさん、やめちゃうの?と心配しました。
そうでは無いのですね。
良かったです。

ひとつの事を長く続けることの大変さ
(ふみこさん、お疲れ様です!)
でも続ける事できっと
何か大切な事が見えて来るのだろうな
そんな事を思います。

変化もいろいろとありましたね。
お便りをする私自身も変化しました。
私は自分が感じたいろんな変化に戸惑い
そんな自分が嫌になって
読む専門の人になりました。

変化することは
とても大事な事だと思います。
水もひとつの場所にとどまると
そのうちに澱んで来ますものね。
その変化を軽やかに受け止めて
もっと気楽に素直になれたらなぁ。
年々、心が硬くなっていくようです。

変わらないもの。
この広場の優しい雰囲気と
あたたかさは変わりませんね。
最高‼

これからも楽しみにしています。


投稿: みぃ。 | 2017年9月 2日 (土) 11時15分

ふみこさま、おはようございます。

ふむふむのおたよりうれしいです。
ひらめくままポイポイと投げ込んだ思いを
あたたかくふむふむとまとめてくださって
いつもいつもありがとうございます。

こぐまさんの短歌にさそわれて。。ふふ

ぽいぽいと おもいをなげこむ うれしさよ 女心と 秋の空

涼しい秋の朝ですね。大変失礼しましたー。
(どうぞスルーしてくださーい)
ふみこさーん今度ね。ベルディーさんの「リゴレット」の女心の歌
やるものでー。へへ。オペラも楽し秋のはじまりはじまり。。

投稿: 真砂 | 2017年9月 2日 (土) 09時17分

ひよはは さん

……そう、でしたか。
長い道のりのなかでの〈変身〉、
わたしにはまぶしく、浄らなものに
思えます。

そしてその〈変身〉は、行く道を照らすことの
できるほどのものではないでしょうか。
きっとそうです!

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 1日 (金) 21時19分

こぐま さん

またあたらしい扉を開けましたね。
すごいなあ、こぐまさん。

育ちに育つはるくんの
影響もありますかね……?

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 1日 (金) 21時13分

佐々木広治 さん

しみじみ、こちらこそ
ありがとうございます。

広治さんが広場にいてくださること、
ほんとうに感謝です。

これからもよろしくお願いします。
学んでゆこうね、いついつまでも。
豊かになってゆこうね、どこまでも。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 1日 (金) 21時12分

真砂 さん

そこにある〈何か〉とつながろうとすると、
あたらしい自分を発見できるんだな。
……ふむふむ。

パワーって、
行ったり来たり(お互いのあいだを?)が
好きなんだな。
……ふむふむ。

いろんな〈ふむふむ〉を
ありがとうございました。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 1日 (金) 21時09分

ゆうこ さん

変身ですね。
変身後がたのしいんだと思います。
わくわくしますね。
どんな秋がめぐってくるのでしょうか。

広場のことも、ありがとう、
ありがとうございます。
これからも、やさしい風を吹かせてね。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 1日 (金) 21時06分

harukaran さん

わたしは、
あたらしいやり方でまた、
ぬか床をつくろうと思います。

自分の家の分だけでなく、
誰かの分も漬けられそうな気がしていて。
だめにしておいて、夢語ったりして、
わたしってなあ……。

これからもよろしくお願いします。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月 1日 (金) 21時04分

ふみこさま、みなさま、こんばんは

ふみこさんの文章に出会ったのは、
図書館でのことでした。
「こぎれい こざっぱり」だったような。
一気に引き込まれ、
ふみこさんの本をたくさん借りて読み、
日常の大事を知らせていただきました。

去年、本の部屋を作るため、本棚を用意し、
真っ先にふみこさんの本を揃えました。

ついでになんとなく、ふみこさんの名前をサーチしたら、
こちらの広場に出会いました。

毎週のエッセイもですが、
みなさまのおたよりにあたたかいものを感じ、励まされ、
寄せていただいております。

時々、以前の自分なら・・・と書いておりますが、
5年ほど前に、あろうことか、
娘の病をきっかけに、受容する中でようやく変身したようです。
こんなことでもないと変われないのかと思ったこともありますが、
天はその人に乗り越えられない課題は与えないと思うので、
これからも一歩ずつ変身していきたいと思います!

ではでは、おやすみなさい。

投稿: ひよはは | 2017年9月 1日 (金) 20時57分

ふみこさま。

ふみこさんのブログを初めて読んだのは、娘が第一志望の高校受験に失敗したときでした。思い切って、コメントを書かせてもらったことを思い出しました。お返事がいただけるなんて、思ってもみなかったので、とてもうれしかったです!
ふみこさんとみなさんとのこの広場。私にとっても大事な場所です。

私、このあいだから、また短歌を作り始めました。短歌というか、つぶやきみたいなものですが。

今日の一首。

したいことをするためすべきこともして生きていくんだ九月が始まる


九月から、書道教室にも通う予定です。
たのしみです~。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2017年9月 1日 (金) 14時40分

ふみ虫さま、みなさま、こんにちは。

もう十年前になるんですね。
オレンジページ経由でのブログも何度かお引っ越ししされましたね。
紙のオレンジページで連載されていたら、もしかすると知らずにいたのかもしれません。
以前おはなしした通り、ふみ虫さまを知ったのは、毎日新聞での乃南アサさんとの対談。
でもそれだけで触れることなく終わっていたかもしれません。
記憶がおぼろですが、たしかなにかの拍子でふみ虫さまのブログに出会い、そういえば乃南アサさんと対談されていたなと思い出したりしたような。
で、ふみ虫さまの著書で手に入るものはすべて求めて読みました。
ふみ虫さまは、ぼくやだれにでも学んだ教えられたといいますが、こちらこそいろいろ学んだり教えられたりなぐさめられたりはげまされたりしてきました。
恐いコメント、というのがどういうものかわかりませんが、あまりうれしくないような、辛くなるようなものもときにあったでしょうし、明らかに場違いな業者さんがはいってくることもありましたが。
それだけ開かれている、ということでもあるのでしょうね。
お便りをいれるひとも、かわってきましたしね。
ぼくも気がつくと、お便りはじめて何年もたつんですよね。びっくりです。びっくりする方がのんきすぎるのかもしれませんが。
少しずつ少しずつ、ときにはどんとひともなにもかもかわっていて、でもかわらないこともあって。
かわらなければならないこと、かわってはならないことがあって。
戸惑ったりおどろいたりまごついたりときには怒ったりかなしんだり、豊かだなぁとおもうんです。
ビンボーでも贅沢。
ビンボーだから贅沢、ということはありますね。
なんだかしみじみ明るい気持ちです。
しみじみ、ありがとうございます。


投稿: 佐々木広治 | 2017年9月 1日 (金) 14時36分

ふみこさま、おはようございます。

嬉しいお便りありがとうございました。
ふみこさまの思い出と私の思いでやら
昔の人々の思いやら。出会った土地の人々の
あたたかさが連環して。。(さゆさんのリレーと
いう言葉にさそわれて。。)温かいものに包まれてます。


そうそう太郎美術館でも連詩で遊ぼうにも挑戦してみました。
前の方の作った詩を読んでそれにつながる詩を考える遊び。。
そういう時思いもよらない展開になったり、
ぐるぐるまわって「はっ」とするようなものが生まれたり
した時に感じる喜び、お互いへの尊敬、そこにいる喜び
自分の力じゃないものと交わる喜び。。。

昨日も遊びに来た方が
夏休みなので一度きりの参加ですがここで感じたこと
自分の団体でも生かそうと思いますって
嬉しそうに言って下さったこと
私たちもパワーをもらえたこと。。

そんな交わりで変化しながら豊かな暮らしにつながる場所が
あることの幸せ。長谷川町子さんといちばんにているところは
そういう暮らしの知恵をみんなにオープンにしてくださっている
ところだとふみこさーん思いますー。
朝からとりとめもなく。。みなさまいい一日をです。

投稿: 真砂 | 2017年9月 1日 (金) 08時39分

ふみこさま

8月最終日。夏休みも最終日でした。
この夏は、私も変身への一歩だったような気がします。

いろんなモノも価値観も、ばーーーっと手放しました。
そんなつもりはなかったけれども、あれやこれやと握りしめていましたね。
解放されたことで、新しい気づきを手にしているところです。
何者でもなく、何者にもなれる私でありたいなぁ。

この夏の私について、
ふみこさんのblogを読んで気づき、コメントを書いて気づき...
私にとって大切な場所だなぁっとあらためて感じました。

ふみこさん、ありがとうございます!

投稿: ゆうこ | 2017年8月31日 (木) 22時21分

ふみこ様
久しぶりにお便りします。
ブログ辞められるのかと、びっくり。そうでなくてよかった。
娘二人が昨春、家を出て夫と二人の生活になりました。昨年はそれを受け入れられず(意識はしていないけれど・・・)今年になってその生活を楽しめるようになった気がします。
(何かで読みましたが、ふみこさんのお嬢さんもお家を出られたそうですね。ちょっと同志のようでうれしかった)
私もぬか漬けだめにしてしまいました。もう何度目かなので、白い琺瑯容器は何かに使うとして、私は辞めることにしました、多分。

投稿: harukaran | 2017年8月31日 (木) 10時43分

さゆ さん

まあ!
リレーマラソン。
大変身ですね。

決意が素敵です。
わたしも、この秋には、
これまで考えてもみなかったことに
挑戦してみよう……。

と、思わせていただいています。

また、マラソンのこと、おしえてくださいね。
待ってます。
(がんばって!)

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月30日 (水) 19時02分

ふみこさま、みなさま

文章を読むとその人のお人柄がなんとなく伝わるっていうのは分かります。
だから、今では、ふみこさんの文章とみなさんのおたよりがセットで楽しみです。

ふみこさんだけでなく、ここに集まるいろいろな方から、
励ましてもらえたり、元気をもらえたり。
もやもやを抱えた日は、ふーって吹き飛ばしてもらうことも。
本当にほっとできる広場です。
ここがあって良かったと思ったのは1度や2度ではありません。
いつも本当にありがとうございます!!

息子の夏休みは今日が最終日。
毎年、夏休みの前は「ながーい夏休みが始まってしまう~」ってぼやいているんですが、終わるとなると、なんとなく寂しい。
なんだかんだで、私も一緒に遊んでもらっているのかもしれません。
引っ越した友達家族と再会したり、息子の幼馴染が泊まりにきたり、家族旅行、キャンプ、海にプールに。。。
体力的には年々しんどいんですが、こうやって一緒に楽しめるのもあと数年かなと思うと、今の時間を大事にしなきゃなって思うようになってきました。

子どもは<変身>して日々成長していますが、
大人も<変身>は必要なんですね。
<変身>することを受け入れる柔らかさというか、覚悟というか、
<変身>することを怖がらない大人でいたいなって思いました。

子どもの頃から、運動は大の苦手な私ですが、
この秋、リレーマラソンに初挑戦します!
友人に誘われて、
「まずは楽しんでみよう。何事も経験だ!」と思って、参加することに。
でも、車社会で座り仕事なので、1日千歩も歩いていないような現状。。。
小学生の頃は、マラソン大会がなくなりますようにって神様に祈っていたような子供だったのに。。。
参加すると言ったものの走れるのか不安です。
まずは少しずつ運動してみようと思っています。
これもちょっとした変身かもしれません。

投稿: さゆ | 2017年8月30日 (水) 13時27分

かえるのしっぽ さん

お茶、飲もう。
わたしも。

何だか、せっせと仕事して、
カラカラになってました。
ひどく怠けることがあるくせに、
〈はじめる〉と、没頭して、
自分のことを忘れます。

お茶ね。
8月のおわりに、熱いお茶をね。

ふ(踏み無為)

追伸
ほんとうは、あわてて打つと
「踏み無為s」ってなるんです。

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月30日 (水) 11時12分

ゆきたん さん

生きているんだから
いろいろあるのは当然ですね。

ゆきたんさん、
ほんとうにそうですね。
その覚悟の上に、
あってはならないことを止めるチカラを、
ちっちゃなチカラを集めたいですね。

海を隔てたあの国の、
太っちょのK委員長が、
ふと〈平和〉にめざめてはっとする!ことを
本気で祈っています。

ほんとうは何を考えているかを、受けとめて聞く役目を
誰ができるのか。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月30日 (水) 11時08分

もも(^_^)ちゃん

朝起きて、ほんとうにびっくりし、
立ちすくんでしまいました。
札幌のももちゃんは
もっと直にびっくりし、落ちつかなかったことでしょう。

そのときのことを、こうして書いてくださって
どうもありがとうございました。

失いたくない日常。
日常を守る。

そんなことをぐるぐる考えて、
ぬか床を失って空っぽになった龜の
ふたをとって、
「わたしにできることはー!?」
とちいさく叫びました。

「ウデニチカラヲ」
と、声がしました。

腕力のことではなさそうで、
実力のことだと感じました。
そうやって励んでいるうち、できることが
見えてくると信じてやってゆこうと思います。

ももちゃん、ありがとうね。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月30日 (水) 11時01分

たまこ さん

長女のとき、逆子だったなー。
わたしと同じ向きでものを見たいんだなーと
思ってました。

で、産み月になんだか、逆子でなくなってました。
ゆったりね。
お腹のなかのひとに、頼むといいですよ。
「さいごのさいごには、向きを換えてね」って。
いろんなことはなしたり、頼んだり、
相談したりしてました。
いまも、それはつづいています。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月30日 (水) 10時53分

ユリの木の花子 さん

百合の木野花子さん?
ありがとう、ありがとうございます。

うれしいおたよりを。
わたし、がんばろうっと。

佳い月代わり、
晴れ晴れとした9月を。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月30日 (水) 10時50分

真砂 さん

20年近く前に、
宮津に行きました。
雑誌の仕事で行ったのですが
(三女を生んだ翌月だったな)、
ええと、何というか、霊性に満ちた地だったことを
いまでも肌でおぼえています。
産後だったこともあるかもしれないけれど、
あのとき、何か不思議なものを身に受けました。
それが、いまもときどき作用しているような……ね。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月30日 (水) 10時47分

おきょうさん さん

どこだろう……。
東京都内の観光神社!

東京大神宮?
水天宮?
明治神宮?

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月30日 (水) 10時41分

おきょうさん さん

すばらし過ぎる夏休み。
でも、わたしにもわかる気がしてきて、
いまの感じでは、
誰かに(おきょうさんさんの夏休みを)
自分の夏休みとして話せる……ような気がしています。

拍手です。

それから妄想のなかで
〈怖いの〉をぶっとばしてくださって、
ありがとうございます。
ただし、ちょっと「?」なおたよりがやってきても、
皆さんが静かに見守ってきてくださったことも、
ほんとうはものすごく(ものすごくです)
感謝しています。

ふ(踏み無為)

投稿: ふみ虫。 | 2017年8月30日 (水) 10時38分

ふみこさま みなさま おはようございます

もう少し青空が広がっているのを期待した朝でしたが、今日も曇り空です。
今日もラジオからは「こども科学電話相談」が流れています。この番組が終わると夏が終わるんだなぁ。。。と思います。

「踏み無為」は「自然に1歩踏み出す」ということのような気がしました。
何だかピッタリのミスタッチかもしれないなぁ~と、思わず笑ってしまいました。

「機嫌よく」に関すること。
そうだ~私も「機嫌よく」過ごすことにチューニングを合わせていたような気がします。とても納得しました。

今日も「機嫌よく」、できれば「気分よく」過ごせるように。

温かいお茶が美味しい朝です。(北海道のお土産のお菓子つき♪)

投稿: かえるのしっぽ | 2017年8月30日 (水) 09時06分

ふみこ様 皆様
蒸し暑い夜だなあと寝苦しい時間を過ごし、朝がきたら、ミサイル事件一色。
生きてるんだから、色々あるのは当然ですね。
笑ったり、怒ったり、泣いたり、、でも、ここにくるとどんなときも、ほっとします。
ふみこさんのブログは、いい「気」がいい「気」を呼ぶから、これからも幸せの連鎖しか起きないと思います☺

投稿: ゆきたん | 2017年8月29日 (火) 19時44分

ふんちゃん
 
 なんだか…久しぶりな気持ちです(^^)
 今朝…、毎日の日課である母へのメールを打っている時、
 突然、携帯が鳴りました。
 「ミサイルが…」とのこと。
 ラジオからも聞こえて来て…、避難?するのか?どこへ?
 と、少しの間、ただ頭の中だけで慌てていました。
 いつも早起きの3番目ちゃんが、パソコンの前でおもしろ動画を見ていたらしく、
 サイレンに慌てて私に近づいてきました。
 結局…、なんでもなく今日を過ごせています。

 けれどね…、なんでもないって、割とすぐに知ることができたのですが、
 “センソウ”
 というものを身近に感じてしまいました。
 朝ご飯の支度をしながら、とても心もとなくなり、
 こんな気持になる時代になってしまったのか…と感じていました。

 ふと…、「戦中・戦後の暮しの記録」をまとめている暮らしの手帖のことを
 思い出しました。
 一つだけ、過去の原稿を読み、なみだが出ました。

 心細くなっていたら、今日は火曜日。
 久しぶりにふんちゃんや皆さまにお会いできて、
 ホッとしていたところです。

 ふんちゃんが、ぬか床をいけなくしてしまうなんて…、 
 本当に忙しかったんだなぁと感じました。
 本当に、ご無理をしないようにお過ごし下さい…。
 
 このブログの歴史を知って、じんわりしました。
 そんな始まりだったんだなぁ。
 私は…、ここへお邪魔して…、え〜っと、5年とちょっと???
 温かい場所があるって、幸せです。

 ふんちゃん、みなさま、いつもありがとうございます。
 
 毎日、食べたいものを食べようと思えば食べられて、
 カラダをきれいにするお風呂があり、温かい寝床があり…。
 どれだけ恵まれていることかと思い知らされた今日になりました。
 大切な日にしようと思います。

投稿: もも(^_^) | 2017年8月29日 (火) 14時31分

ふんちゃん皆様こんにちは。
ここの広場は穏やかで優しい場所ですね。
ずっと在り続けたら嬉しいです。

さて、私は産休まであと1カ月を切りました!
そしてお腹の子はどうやら逆子らしいので
頑張って治し中です笑

どんな状態でも無事に産まれてきてくれたら
それで嬉しいです。

投稿: たまこ | 2017年8月29日 (火) 12時31分

この夏、右手の親指の痛みで字がかけなくなった。リハビリ中。
暑かった!夏。
火曜日の朝はいつも嬉しい!
楽しい!
この広場があるから!
それだけで、また火曜日が来るまで頑張れるんです。
今日も嬉しい火曜日です。
ありがとう!

投稿: ユリの木の花子 | 2017年8月29日 (火) 12時05分

ふみこさま、みなさま。

たびたびすみませーん。
「満点」じゃーなくて満天の星ですねえー。

「おみゃーさいやさいやまちがえてばかり、しょうがにゃーなあー」
書いた文章よりかたくなないいかげんな人柄がねー。。減点ばかり楽しい。

変だなー「3人寄れば文殊の知恵」で有名な知恩寺でお参りしてきたのにな。
そうかー3人がポイントですね。ふみこさまと皆様と集まれば
豊かな暮らしのしごとができそうですー。

ちなみに、丹後の方言は「あ」と「え」のあいまい母音がおおくて
英語みたいで楽しくてまだゆるゆるしてますー。
朝から大変失礼しました。

投稿: 真砂  | 2017年8月29日 (火) 07時56分

ふみこさま、おはようございますー。

昨日鬼にも襲われず無事かえってきました。
おたよりいただかなくても「いってらっしゃーい」
ってほらテレパシーで。。ふふ。

「ようきなった」丹後地方の方言でようこそのいみですー。
温かく迎えてもらいました。

もっともその前に新幹線でこっそり
頑張って作った私の力作の日程表をうっかり
テーブルに置き忘れたことから笑えるスタートになりました。
「だってさーここ気にいったからっていつも変更するし。。」と主人。
そうでした。そうでした。

それで一番の謎とけました。
宮津出身のおじいちゃんのわけわからない突然のキリスト信仰のわけ。
今から120年前に日本で2番目に古い教会が港町宮津にありました。
なんと和洋折衷で畳敷き、ステンドグラスは引き戸式、外側の
両サイド裏側は瓦使用、宮津の船大工の作った丸い天井のやさしさに
くらっとしました。
「やーと分かってくれたならいいわ。見てみー畳に移ったステンドグラスの
あかりきれいやろ。。」なんてね。
何より隣は寺町。葛藤しながら村の人々と折り合いをつけて
何とか受け入れてもらおうとしたその折衷案にいいなあーって。。

入江が多いので海が穏やかだったのでまだゆらゆらした気分ですー。
ふみこさん虹はかからなかったけど夜満点の星のささやきが。。ふふ。
それからここはやはり神の国に近いのか、「ひゃっかげ」という
使い古した鍋つかみをもっていっちゃう鬼の妖怪とかも
いるようですー。なんだか止まらなくなりそうなので終わります。
朝から失礼しましたー。みなさまいい1日をです。
いつも読んで下さり感謝です。
「ようきなった」をいつもありがとうです。

投稿: 真砂 | 2017年8月29日 (火) 06時19分

わあすごい。月曜深夜の登場で、一番のりおたよりになっちゃった!!
だんなさんと都内観光神社で2人して大吉だったの。案外アタリ?((笑)
みなさんにも大吉届け~~~!

投稿: おきょうさん | 2017年8月28日 (月) 22時49分

ふみさまみなさま
ごぶさたしておりました~~
おもいっきり夏休み堪能しておりました。
ただダラダラしたり、部屋の壁をしっくいで塗ってみたり、だんなさんと上野の安いユースホステルみたいなことろを取っておいて都内で昼は美術館鑑賞、夜は呑んだくれて自宅は娘の女子会に提供し、私らは都内に泊まるという夢を実現させてみたり、朝から晩まで押し寄せる生徒さんと格闘してみたり、鴨川のお友達の実家近くの民宿素泊まり3000円でオールナイトおしゃべり会してきてみたり・・・・。
もうまんぷく~~
これでまたがんばれます。
ふみさまの広場。こわ~~いコメント。やたら長くてくだらな~~~いコメントなら大丈夫?大丈夫よね。かわりにこわ~いコメントきたらぶっとばしちゃいます。私の二の腕の太さからするとイチコロです。(笑)ので、安心してやめないでね~~。(^_^)/

だけど日々忙しいふみさま。お返事は本当に気にしないでくださいね。
100年生きるなら、体力温存しとかないと~~。です!


投稿: おきょうさん | 2017年8月28日 (月) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)