« ダレカサンとワタシ | トップページ | 蓑虫は足がはやい »

2017年9月19日 (火)

一所けん命ぶれながら……

「あのひとはぶれない」
 というのは褒めことば。
「あのひとは、どうもぶれるからなあ」
 というのは批判。
 〈ぶれない〉のはよくて、〈ぶれる〉のはよくないと、相場が決まっている。そしてそして、〈ぶれる・ぶれない〉ということばを耳にする機会は増える一方だ。20年くらい前までは、〈ぶれる〉ということばは写真を撮る瞬間、カメラが動いて画像がぶれる、というときくらいしか使わなかった。
「あー、ぶれちゃったね」
「ぶれたぶれた。もう1枚撮っときゃよかったー」
 という具合に。
 辞書をひいてみたら、〈ぶれる〉は、(正常な位置から)ずれる、揺れ動くという意味であった。もちろん、写真撮影のときに生じる〈ぶれる〉も載っている。
 近年、写真の〈ぶれ〉なんかはかえっておもしろいと評価される。雑誌の写真撮影の現場にいるとき、わざと〈ぶれ〉を生じさせる場面にたびたび遭遇する。躍動感を表現できる、不思議なニュアンスが醸しだせる、というのが理由だそうだ。つい先日、手提げ籠を持ったところを写される機会があったのだが、あのときも写真家から「籠をぶんぶん振りまわしてください」と指示されて、ぶんぶんやった。へえ、と思いながらぶんぶん振りまわしたのだ。
 そうだ、現代において〈ぶれる〉のが困るのは、ひとの態度、思想、方針。
 肩書きに「長」の字のつくようなひとなんかは、過去の考えとちょっとでも異なることを云うと、すぐ「ぶれてる!」と批判される。しかしさあ、このように複雑な現代社会を生きているわたしたちは、鉄の棒のように曲がらず考えや方針を貫くことができるだろうか。もっと云えば、そんなに頑なに貫いていいものだろうか。
 なんてね、まともなことを書いてみたけれど、わたしはただのへそ曲がりなのかもしれない。つい不人気の〈ぶれる〉の肩を持ちたくなる。庇(かば)いたくなる。

 ぶれたっていいじゃないかー!


 あ、誰かに睨まれた。

 かまうもんか。

 ぶれたほうがいいときだって、あるじゃないかー!


 誰かこちらに来る……。

 逃げます。

 態度を変えるとき、考えが変化したとき、方針を変更するとき、わたしは「こう云ってたんですけど、変えます。その理由は斯斯然然(かくかくしかじか)。途中たっぷりぶれながら考えました」と話すようにしている。〈ぶれる〉の肩を持つからには、説明責任は果たさないとね……というわけである。それでめんどうな羽目に陥ったこともなくはないけれども、一所けん命ぶれてよかった。と、考えることにしている。


 ところで。

 ついこのあいだ、こんなことがあった。
 仕事でベトナムに行っていた夫が、めずらしくわたしに洋服を買って帰ってきた。街を歩いていてぱっと目につき、「あ、アナタのだ、と思った」という長袖の衿なしブラウスは、なるほどわたし好みだ。値札を見たら〇(ゼロ)が6個もついていて、びっくりした。
10万ドンが500円だから」
「……ああ、そうなの」
 着てみると、サイズもぴったりだったのだが、袖丈がやけに長い。これを折り返して着てもわるくはないが、としばし考えた末に、8cm切ってまつり縫いをした。自分のごつごつした手首をわたしは密かに気に入っていて(からだのなかの気に入りは、そこだけだし)、隠さないでできるだけ出そうと決めている。
 さて本題はブラウスの値段350万ドンについてでも、手首についてでもなく、切ってできた8cmの端切れ2枚である。これを握りしめて、しばし考えたのだ。
 (……これ、どこにしまおう)。
 決めかねたので、密かにくるっと巻いて机のいちばん上のひきだしに入れた。ペン皿とひきだしの本体のあいだにできた隙間に押しこまれた端切れは、わたしと目を合わすたび、不安げに身をくねらせる。
 その様子を見るたびこちらも身をくねらせ、もっとふさわしい場所を探してやれないものか……と考えるのだった。
 そんなことが3日もつづいたろうか。
 紅茶を飲んでいるときに、あ!と叫んでしまった。ひとりだったから誰にも迷惑はかけなかったけれども、手にした紅茶茶碗のなかみを卓の上にこぼしてしまった。それくらい衝撃的な気づきが、突如として降ってきたのである。
 8cmの端切れ2枚は、洋服を買ったときに付いてくる修理用の(?)の布や替えのボタンと同じ部類のものじゃあないの? 夫が買ってきた→ 自分で袖を切って端切れが生じさせた、という道筋がわたしをいっときわからなくさせたのだ。そうだ、あれは修理用の予備の布。
 わたしはふふんと鼻を鳴らして端切れをとり出し、それを仲間たちが待つ「buttonpatch」のひきだしにしまった。

 モノを決めた場所に納める。

 こういうのは〈ぶれない〉よさじゃないだろうか。

2017w_3

ベトナムに「シルク村」という場所があり、
そこで女性たちが蚕を育て、
絹織物をしているのですって。
そうした絹織物でつくったものをそろえる店で夫は、
これをみつけてくれました。
いまは白いパンツと合わせていますが、
デニムでもいけます。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

おきょうさん さん

うんうん、うんうん、
と頷き頷き読ませていただきました。

眞晝のコウモリの気分で。
ことしも、たのしい会になりそうですね。
おきょうさんさんの生徒さんたち、
そのご家族、演奏会にみえる皆さんは、
可能性を奏でるエネルギーを
受けとめるのです。
音楽とともに。

ありがとうございます、そんななか。
このようなおたよりを。
(後半は一糸まとわずに)。


投稿: ふみ虫。 | 2017年9月27日 (水) 12時08分

訂正訂正!イソップのガラスじゃなくて
コウモリでした。(((^_^;)

送信してから?あれ?何かへンだ?イソップのカラスは確かツボに石を落として水を飲んだ賢いカラスの話だったような。
と、お風呂でスマホにて検索。
だよね。カラスじゃないよね。と訂正です。
お風呂で携帯なんて、体、休まらないじゃん、世の中まちがっとる!なんて言っていたおきょうさんが風呂から送信です。ぶれてますねぇ
(((^_^;)

でもこんな疲れきった私がお風呂で、ききたいカブァレリアルスチカーナをスマホはすぐ提供してくれ、おきょうさんが風呂で溺死しちゃうのを防いでくれてます。

ぶれちゃうなぁ➰笑。

投稿: おきょうさん | 2017年9月26日 (火) 02時37分

深夜におじゃまいたしまするう~~~
ふみさま、みなさま(そっと)こんばんわ~~

ついに、ついに43曲をつなげた発表会のおはなし、『猫のルルとミーコが美術館に行ったおはなし』完結いたしました。
ゼーゼーハーハー。
落ち着く間もなく、今度は記念品に添えるお手紙を一人ずつに書いたり、ホールのスタッフさんとの打ち合わせ、プログラムの印刷ホチキス止め、
エトセトラエトセトラ・・・・。いくら潜っても底がみえない海の中~~((笑)

もう、そんな環境ですから、ぶれまくりですよお。とにかく自分に都合のよいように生きていく芯なるもの(と勝手に思っているだけなのかもしれませんが)でさえも、ふにゃりと変えちゃいます。
外に向かって生きるのがよいのか、内を大切にして生きるのがいいのか、
自分を犠牲にしても人のために生きるのがよいのか、しっかり命を授かった自分というものを限りなく慈しむのがいいのか、

わかんな~~いどっちもよさげです。(特に頭がつかれている今は、本当に
判断がむずかしくコロコロかわっちゃいそう。((笑)

イソップのカラスって嫌いじゃないのです。気持ちよくわかっちゃう。こちらと話しているとそうだよねそのとおり。って思うし、こちらと話していれば、ああ、そうだよね、やっぱりこっちだよね。と、うまく周りが回るためにぶれちゃうカラスさんの気持ちよくわかります。カラスさんもカラスさんなりにしっかり考えての行動なんだと思います。

今のあちこちの世界で、変に『まったくぶれない』指導者のもと、大切な自分の生きる国がなおざりにされないように、どんどんぶれるようしむけなくちゃいかんとおもうのですが・・・・。

ああ、やはり脳みそつかれぎみでまとまりがなくすみません。
とにかくあと2週間。
ぶれぶれおきょうさんでも守ってくださいねみなさま。
ではではお風呂にはいってきま~す。


投稿: おきょうさん | 2017年9月26日 (火) 02時17分

もも(^_^)さん

ほんと、ほんと。
大事にしたい何かについては、
がんこでありたい。
ぶれたくない。

あとはぶれぶれでもね。

たとえば、いまのわたしは……、
気づかせてもらったことを
感謝して忘れないでいること。
これが、大事。です。

チャンスの粉。
無理なく、たのしめますように。

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月25日 (月) 22時57分

真砂 さん

おいでおいで、の音。
あともうすこし、の音。
こっちこっち、の音。

音や音楽の調べについての
思いこみから、どんどん自由になります。
ありがとう、ソラソド。

声の出し方だって、ちがうね。

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月25日 (月) 22時26分

えぞももんが さん

そうか、えぞももんがさんも
つよくなりたいと思ったことが
あるんですね。

わたしが考えるに、
えぞももんがさんほど、
しっかりしたひともないというのに。

気は優しくて力持ち。
みたいな感じでしょうか。
つよくても、気がつよいというのとは
全然ちがいます。
たおやか?
しなやかに、しっかりしている。

今夜は、細い細い月。
うつくしい……。
こんな風情も、えぞももんがさんに似ています。

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月25日 (月) 22時24分

ふんちゃん

 日々…、ぶんぶん、ぶれまくりの私です(^^)
 あちこち、ぶれてぶれて…、
 あっちに行っては、そうか…と思い、 
 こっちに行っては、あれ?そうか…と思い…。
 いったい…、私は、何をどうしたいんだ?
 って思い返すこともあります。
  
 けどね…、私は、結構、ガンコ。
 (だと、思っています)
 普段は、あっちへこっちへ…。
 あの人がこう言ってたから…、この人がこう言ってたから…。
 そうか…そうだよね〜なんて思うのですが、
 実際に、自分が動こうとするような時、
 フト、「私は、私だ」となりたい私が居て、
 考え込んだりします。

 えぞももんがさんが、初女おばあちゃんのお話を教えてくれていましたが、
 なるほどな〜でした。
 幹…。
 木の幹のように、ぶれない私も作りながら、
 日々は、ぶれてぶれて…でもいいんだなぁと思いました。
 ほうら、それって、柔軟性があるっても言えそう??
 とかも思えたりして…。
 時に、優柔不断だなぁと思うこともありますが、 
 大事にしたい何かは、しっかりともっていたいなぁと思います。

 モノを決めた場所に納める。みたいに…。

 週末、またしても家の中でチャンスの粉がふりかかりました。
 その空気の中で、ぶれてぶれて…、ぶんぶん揺れて…。
 疲れたりもして…。
 でも…、今までよりも少し太くなって来た幹を自分の中に感じました。
 私が大事にしているものを、自分というものを誇りに思おう!
 とニッコリ笑えました。
 おお〜っ、強くなったなぁ私。です。

 お灸して、靴下を何枚もはいて冷えとりもして…。
 いろいろなことに頼りながら、少しずつ柔らかい強さをもてるようになりたいなぁ。
 そんなことを考えた1週間となりました。

 手提げ籠をぶんぶん振った写真は、どこかで見ることはできないのかなぁ…。
 見てみたいです(^^)
 ぶんぶん。

投稿: もも(^_^) | 2017年9月25日 (月) 15時42分

ふみこさま、みなさま。

「うたいましょ」とそのままかえしてくださったうれしいさで
きづいたこと。

さびしい。かなしい。。きもちをかかえているから
とびこんでくるもの
以前は第九と言えば「歓喜の歌」に入った瞬間がすきだったけれど
今はそれに入る前のほぼ弦楽器だけの同じ形のきざみが
かなりながくつづくところにいとおしさでいっぱいになります。

「ここはどこ」「それは無理だ」「出口はどこ」というような叫び
にも聞こえるが、ふとした瞬間に聞こえてくる他パートの
「こっちこっち」「あともう少し」「おいでおいで」のように聞こえる音。
それが光のようにお互いを支えあっているように感じるから。。
そういうわたしたち生命の本来持っている力をたいせつにしたいから。。

だから私はねいっぱい書いて忘れないようにしたい。
いっぱいフェルマータもしちゃいます。
だからそんなフェルマータできる広場をありがとうございます。♪♪♪♪。

投稿: 真砂 | 2017年9月24日 (日) 09時40分

ふみこ様 おはようございます

もう ずいぶん前になるのですが
強くなるためのきっかけを
必死に探していた頃
佐藤初女さんの 講演を聞きに行ったことがありました 
「木の幹がしっかりしていれば
 枝や葉はどんなに 揺れてもいいんです」
そういう内容のお話を されていました

私は どうだろう・・
そんなに 太くはない幹だから
幹さえも 揺れているかもしれない・・と
思って 帰ってきた気がします。

でも ふみこさん
此処までも これからも
葉も枝も幹さえも揺らしながら
けんめいに生きる
これも これで いいことかもしれません


たまに ちょっと 止まって 休憩しながら・・・(笑)

投稿: えぞももんが | 2017年9月24日 (日) 06時15分

ひよはは さん

変化を怖がらないという姿勢、
考え方は、ほんとうに大事だと感じています。

四季のうつろいのなかに生きている
わたしたちは、うつろいを受けとめることのできやすい、
もっと云えば、うつろい、変化をうつくしく見ることの
できる環境にあります。

変化には、さびしい一面もありますが、
さびしい、かなしいは、愛おしいという意味でも
あるように思うんです。

澄んだお便りをいただいて、
ついぶつぶつと。

どうもありがとうございました。

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月23日 (土) 23時23分

ふみこさま、みなさま、こんにちは

今日はふみこさんの言葉を読んで、
下娘の幼稚園の先生が、以前
「子育てするうえで、お母さんがぶれないことが大事、
子どもと一緒にゆれてしまうお母さんは困るとおもっていましたが、
最近、ゆれるお母さんもいいんじゃないかと思うようになりました。」
っておっしゃったことを思い出しました。

三十年子どもたちに触れている先生でも
考えが変わることがあるんだなと、
あと、自分がゆれている自覚があったので、
ほっとしたのを思い出します。

自分の内外にある変化を、怖がらない自分でいたいなと
思いました。

ちなみに私の収納は、引っ越しがないとだんだんとぶれつつあり。
気持ちよく整頓したいなぁ。
よし、やりますか!

投稿: ひよはは | 2017年9月23日 (土) 14時59分

こぐま さん

こぐまさんに流れている〈時間〉て、
不思議。
ゆったりとお仇屋かに流れてる……。


投稿: ふみ虫。 | 2017年9月22日 (金) 15時23分

真砂 さん

……うたいましょう。
えへへ。

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月22日 (金) 15時22分

ふみこさま。

すてきなお洋服ですね!
私は、今日久しぶりに着物を着てみました。
はるくんが、紬の着物がかわいいって、すごくほめてくれました。
はるくんも、着物着たいって言ってました。

今日の一首。

久しぶりに紬の着物を着てみればかわいいと言うはるくんが好き

短歌っていうより、つぶやきだなぁ~。
久しぶりに着物を着て、お店を歩いたら、楽しかったです。
では、またぁ。

投稿: こぐま | 2017年9月20日 (水) 19時18分

ふみこさま。みなさま。

おたよりみておもいだしましたー。

ときどきおびえるのところです。。。

オペラの伴奏の練習だったのですが
「あのーそんなにクリアにひかれるとですね
迷いを歌いあげるとこなんで。。せかされるかんじなんですー。
ぼかした感じで。。」
なるほどです。だからふみこさんの今回の赤文字ところも
ふみこさんのお得意の即興の歌のメロディーつけてよんでみたら
どうでしょう。
ね。ふわっと。「風のなかのーー羽のようにーいつもかわるー」
みたいにね。♪♪♪
アマチュアオペラの方たちのいつも生き生きした表情をみてると
迷いを怒りを喜びを。。すべて楽しむ感じがすてきなんです。
(なかなかできないから。。まねっこしてるだけ。。ふふ)

朝から失礼しましたー。今日も♪♪歌いましょー。♪♪

投稿: 真砂 | 2017年9月20日 (水) 08時10分

かえるのしっぽ さん

酔っぱらいの姿を思いだしました。
揺れていながら、芯がある!

その芯が、家にたどり着かせる。
でしょ?

酔っぱらいみたいに、くねくね、
行きたいなあ……。
ネクタイ頭に巻いちゃって。

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月19日 (火) 22時43分

佐々木広治 さん

広治さんのおたよりを読んで、
みんな(わたしも)、
失敗をおそれ過ぎるー!
と、思いました。

同じ〈おそれる〉でも、
畏れるのはいいと思うけれども。
じゃんじゃん失敗しよう!
わたしたちー。

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月19日 (火) 22時40分

たまこ さん

聞くふりでもいいから、
聞く姿勢をね、とりましょう!
と、こっそり(いつも)自分に云い聞かせて
います。

木曜日まで、あと少し!
よくがんばりましたねー。

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月19日 (火) 22時38分

真砂 さん

またまた冴え冴えと!

わからないから、おもしろい。

ほんとうにそうです。
ときどき忘れて、おもしろがる前に
おびえたりするけれど。

投稿: ふみ虫。 | 2017年9月19日 (火) 22時37分

ふみこさま みなさま こんにちは

台風一過の週明けです。被害は無かったでしょうか?
自然には抗えないからなぁ。。。と思いながら台風情報を見ていた連休でした。

おみやげのブラウスすてき!
とても似合いそうな気がします!(勝手に想像中(笑))

私、毎日、揺れているなぁ。。。って思いました。
どうしようかな~、これでいいかなぁ~、あっちの方がよかったかなぁ~、あんな風な言い方しなければよかったなぁ~。。。数え上げたらキリがないくらい。

揺れながらバランスを保ってる気がするのです。
そのバランスが案外軸となっているのかもしれないと思ってもいるようです。

今週は、ふみこさんから、揺れたっていいのよ!、って言ってもらえた気がしました。

軸がしっかりしてると方向転換もうまくいくんじゃないかしら~なんてことも考えたりもしましたのよ(言い訳か?(笑))

投稿: かえるのしっぽ | 2017年9月19日 (火) 14時49分

ふみ虫さま、みなさま、こんにちは。

昨日こちらへ台風が直撃し、通りすぎてゆきました。
今日は晴れるかとおもうと、曇り、ときどき日がさして、雨降り。

ぶれたっていいんだよ。は、ふみ虫さまのことばとしてときどきおもいだします。
いつのときか、ふみ虫さまの日記へのお便りで、お便りされた方がふみ虫さまの講演を聞きにゆかれ、時間で離れてゆくふみ虫さまに、聞かれたそうです。
「どうしたらぶれないでいられるか」と。
ふみ虫さまは遠くから大声で、「ぶれないとあはどういうことかわからない」と答えられたとか。
うろ覚えなので、ちがっている部分はあるかもしれませんが、そんな内容でした。

最近、惑い人という意味のタイトルのアニメーションを繰り返しみていて、惑いとか迷いとかぶれるとか、大切かもしれないとおもいはじめています。
いや、もともと大切だとおもっていて、強められているというか。
ぶれないのは、幅がちいさくなり、また、つまらないかもしれませんね。

投稿: 佐々木広治 | 2017年9月19日 (火) 13時31分


ふんちゃん皆様こんにちは。

私は自分の長所はブレないこと!と
就活で言った記憶があります。

ブレることに否定的だった事もありますが
なるほど、こんな意見もあるのかと
しなやかに別の意見に耳を傾けるのも
いいじゃないか、と思うようになりました。


さて、木曜日からいよいよ産休!
入社からはじめての長期休み
赤ちゃんとのんびり過ごします。

投稿: たまこ | 2017年9月19日 (火) 12時31分

ふみこさま。おはようございます。

素敵なシルクのブラウスを着て籠をぶんぶん
ふりまわしたら。。すてきな事がおこりそうですねえ。

ぶれる。。。ゆるめる。。ゆだねる。。
とみえてくるものがおおくなりました。
「いいからそこに座ってみてなよ。。」
「ターンテーブルにのせておけばねぐるぐるやっているうちに
いいところにつながっていくから。。」
そんなわけないじゃんー。なんておもってましたが
あれよあれよと言いながら楽しめるようになってきました。

昨日の休日のためきてくれた高校生
「どうしてもやってみたかったからきました。」その勇気と
フレッシュなその笑顔がどれほどいい風をふきこんでくれたか。。
経験者のみとしていたら生まれないあついもの(確かに暑かった昨日)
が枠をゆるめることでいい感じになるっておもしろい。

私たちの求めている演奏もいつもぶれている
わからないからおもしろいし
それが魅力なのかもしれないですー。
といういつもぶれたコメントもねー。うけとってくださって
ふみこさん。ありがとうございます。
(ここにのせておけばいいほうにつながってくはずですー。。ふふ)

投稿: 真砂 | 2017年9月19日 (火) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)