« おしゃれとわたし | トップページ | 武蔵野市 »

2017年10月31日 (火)

いちご!

 書棚のなかに、家族の一員だったいちごの写真が飾ってある。
 通りかかるたび、立ち止まって「いちご!」と声をかけたり、何となく話しかけたり。そんなことが5年近くつづいている。

 いちご。

 17年間ともに暮らした黒猫(雌)である。
 2013年1月にこの世から旅立ってから、5年が過ぎようとしている。いちごという名をつけたのは、ちっちゃな黒い猫を拾ってきた二女であり、小学2年生だった当時の彼女のなかには「苺」の甘酸っぱいイメージがひろがっていたはずだ。が、「いいね、いちご」と応えたわたしは、別の受けとめ方をしていた。猫がうちにやってきた5月1日の「ご・いち」を組み合わせて「いちご」。
 猫と暮らすのも初めてだったし、そも、猫を知らないまま生きてきたわたしだった。いちごから見たら、さぞとんちんかんなことばかりする同居人だったろう。
 いちごとの暮らし、じつにいろんなことがあった。
 思い出を綴れば何日もかかるだろうし、そうでなくてもわたしは過去をふり返ったり、あともどりをするのが苦手だ。
 この世の存在でなくなった相手とも、望みさえすれば〈現在〉があり、〈未来〉がある。
 いまでも語りかけたいいちごであり、きっと、来年も再来年もわたしは「いちご!」とやっている(草葉の陰にならんで坐っているかもしれないにしても)。ともに過ごした日日はなつかしいけれど、わたしにはやっぱり〈いま〉と〈これから〉が大事だ。

 ある日。

 いちごの写真の前で「ねえねえ、聞いて」とやったのち、書棚のガラス扉をしめる。アアアアア。と、扉が鳴いた。いちごの声で鳴いたのだ。
 もう一度聞こうとして扉を開け閉めしてみるが、鳴かない。
 かすれたようなアアアアアは、いちごがお腹をすかせたときにたてる鳴き声だ。甘えたようなその呼び声を久しぶりに聞いて、こんどはわたしがあああああ、と鳴く番だった。
 何と云ったらいいか……そうだ、励まされる思いがした。
「アタシハ イツモ ミマモッテル」

 その日から、わたしはいちごの写真に向かって、「きょうもできたら、何かのかたちでメッセージを送ってください。おねがいします」と頭を下げるようになった。いまなお、これほどいちごの存在を頼りにしていたことに、自分でも驚いた。

 その後、どうだったか。

 通りすがりに黒猫を見かける。

 猫が何かを云いた気に近づいてくる。
 カラス(黒い)が目の前に舞い下りてくる。
 黒猫の絵や写真や置きものに目がとまる。

 そんなことで?

 と云われたって、わたしは「ええ、そんなことで励まされているのです」と胸を張る。
 猫たちが、黒い誰かさんたちが、ミマモッテルと、クジケルナと、ソレデイインダヨと、わたしに呼びかける。

2017w_2

これは、二女のところに2年前、
サンタクロースによって届けられた
黒猫(いちご)のクッションです。
大きさは全長45cmくらい。
うらやましくて、
ときどきだっこさせてもらいに行きます。
いちご!

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

おきょうさん さん

あ、その、「見えない作戦」というの、
すごくいいです。
それを、信じます。
チェリーちゃん、いち、ありがとうね。

お父さまは、
おきょうさんさんの音楽会でも、
満足げにたのしんでおられたのでしょうね。

投稿: ふみ虫。 | 2017年11月 7日 (火) 01時01分

ふみさまみなさまこんばんは~~

またまた月曜深夜の登場ですみません。
いちごちゃん、しっかりいつも見守っていてくれていますね。
以前書いたかもしれませんが、私も霊感はまったくない部類とおもっていましたが、父が亡くなって以来、父の存在を時々感じるようになりました。
すごく頑張らなくてはいけないとき、なんだかとても落ち込んじゃったとき、母や娘やだんなさんの一大事のとき・・・
ふんばらなきゃいけない私の近くで「あ、父ちゃん今いるな・・」って感じる事が結構あります

やはり、「魂」って私たちが持っているよりずっとずっと奥深いものなのかもしれませんね。

いちごちゃん、ふみさまを温かく見守っていてくれているんだなあ・・・。

力になりますね・・・。

手をださなくていいし、別に幸運を運んでくれなくてもいいし、奇跡をおこしてくれなくてもいい・・。
見守っていてくれるだけで大きな力になりますね。


友人が先週17年連れ添ったわんちゃんチェリーちゃんを亡くしました。
ふみさまのサイトを紹介させていただきました。
きっといちごちゃんとチェリーちゃんが作戦を練っておきょうさんにテレパシーを送ってくれたのだと思います。


投稿: おきょうさん | 2017年11月 6日 (月) 23時26分

もも(^_^)ちゃん

歩いて、ごみ投げして……。
というくだり、素敵。

おせち料理は、お母さまに
ほとんどしていただいたら、どお?
ももちゃんは、掃除と大晦日のごはんを担当して。

うらやましさから、余計なことを……。
ごめんなさーい。

投稿: ふみ虫。 | 2017年11月 6日 (月) 14時58分

ゆるりんりん さん

このおたよりを読んだだけで、
どんなにセンスがよく、
かっこいい女性であったかが
わかります。

わたしも真似したい。
雀になってこの世をときどき訪ねたい。です。

投稿: ふみ虫。 | 2017年11月 6日 (月) 14時55分

ひよはは さん

存在がひとを支えるんですね。
メニメル存在でなくなっても。

三毛猫さん!
うらやましいこと。

投稿: ふみ虫。 | 2017年11月 6日 (月) 14時53分

真砂 さん

「まかせる」ことの大事さをわかってゆく。
これ、進化の道じゃないでしょうか。ね。
こころを開かなくちゃ出来ないような気がするし、
自信も必要だし、
おもしろがりの精神も!

投稿: ふみ虫。 | 2017年11月 6日 (月) 14時51分

えぞももんが さん

ヒトと種や属の異なる生物との縁って、
大事ですね。
だからと云って、いきなり引き寄せなくても
いいわけですし、ふだん、そこらじゅうに
生物は存在しています。
トリにも、ムシにも、
猫や犬にもハムスターにも、
敬意を……と思いますね。

そうすることでやっと、
ヒトはヒトらしい生き方をはじめることができる。
……なんてことを思います。

投稿: ふみ虫。 | 2017年11月 6日 (月) 14時46分

ふんちゃん

 いちご!
 いいですね〜!そばに居てくれる感じがするのって、とってもステキ。
 
 私はね…。
 じいちゃんが亡くなった1年後。
 一周忌の時に、「あ、じいちゃんが通っていった」という感覚があったくらいです。
 母とは、不思議と、離れていた頃に、
 私がピンチ!という時に限って、電話をくれてたりしたことがあり、
 物理的な距離とは関係なく、伝わることってあるんだなぁ〜って思ったことがあります。
 逆に、今は近くにいるけれど、
 分かってあげられないこともあるなぁ〜って思ったりしている最近でもあります。

 この連休。
 母と1番目ちゃんを除く家族7人で、北海道開拓の村に行って来ました。
 子ども頃、幾度となく行っていた懐かしい場所です。 
 久しぶりに昔の家々を見て、
 「鰊御殿」でボランティアの方に解説をしてもらって勉強して…。
 愉しい時間を過ごして来ました。
 古〜いお家は、サイズもこじんまりとしてて、
 土間があり、囲炉裏があり…、
 2番目ちゃん娘と、「あ〜ここで暮らした〜い」なんて言いながら見てきました。
 久しぶりに、散歩もできた気分です。
 やっぱり、歩くことはいいですね…。

 母が来てからというもの、家の中のいらないものを排出しようとする気持ちが、
 もりもり出て来て、ゴミ投げ(ゴミ捨て!)ばかりしています。
 気持ちがいいです。
 歩いて、ゴミを投げて、気持ちのいい連休を過ごせています。
 寒いけれど…。
 着実に冬を感じる今日この頃。
 今年は、どんな冬になるだろうか…。
 母が来て初めての年越し…。
 おせちの準備とか…、どうなるんだろう??
 台所がそれぞれあったらいいのに…と思っちゃいそうですね(^^;)

 たまこさ〜ん。
 ステキなお母さんですね♪
 私なんて、1番目ちゃんの時、とにかく一緒に居るのが苦痛だった!(^。^) 
 だって、私を寝せてくれないんだもん!
 ひどい母ちゃんでした…。
 けれど…、「優しい記憶しかないんだ」って〜!
 子どもというものは、ステキな存在ですね。
 たまこさん、優しいお福分けをありがとうございます。

投稿: もも(^_^) | 2017年11月 5日 (日) 14時16分

ふみこ様

わたしのところへは雀が一羽やってきてくれます。
亡くなった母です。
カルチャースクールというものができた時の一期生で
何を思ったのか女性麻雀を習いに行ってました。
「チュンに行ってくる」が口癖。
チュンとは麻雀の柄でもある雀(すずめ)のさえずりのことです。
時々わかるように会いに来てとお願いしたのですが、
それからは時々
一羽でパッと飛んできて何回かお辞儀をして
またどこかへ行っちゃいます。
妹と会っている時は100%登場。
いいエネルギーをもらっています。

投稿: ゆるりんりん | 2017年11月 5日 (日) 13時28分

ふみこさま、みなさま、こんにちは

まずは、
たまこさーん。
おめでとうございます!
ゆっくり、じっくり無理なく赤ちゃんと過ごしてくださいね。
お知らせいただき、こちらまで幸せのおすそ分けいただきました。
ありがとうございます。

実家では、高校生のころ住み着いた犬がいました。
私たち姉妹が進学し家をでてからは、
母の良い話し相手になってくれました。
帰省した時にふと撮った写真を今でも飾っていて、
今一人暮らしになった母を支えてくれています。

うちには、ありがたいことに
5年前に保健所からいただいてきた猫がおります。
穏やかで元気な三毛猫さんです。
出会えた幸運に感謝しています。

投稿: ひよはは | 2017年11月 5日 (日) 11時52分

ふみこさま。みなさま。


ふみこさんと一緒に神保町をそぞろ歩きをした気分
でいたら。。こころがゆったりしたせいか
あらまあ。どうするのよこの人数の扉あきましたー。

いろいろ昨日はなしあっているとき
合唱団のなかにステージマネージャーをつとめたかたがいらして
舞台配置。練習すべてその道のプロにおまかせすることに。
もうね。最初の案にちょっとこだわっちゃっていたけど、
会場は広ーいので。。ふふ。一万人の第九みたいにぐるっと
私たちオケがとりかこまれちゃったりして。。

何かを手放そうとすると起こる魔法みたい。不思議。
ちゃんとたんたんとやっていると応援してくれる人が
どんどん今回もあつまってきてくださって
うれしいです。話聞いて下さってありがとうございました。

あれ。今見たら家の招き猫ちょっとむきかわってるきがする。
ふみこさんちの招き猫さんは元気ですかー。
神保町古本まつりは明日までです。

投稿: 真砂 | 2017年11月 4日 (土) 15時00分

ふみこ様 おはようございます

長男が ある日もらってきた 小さなジャンガリアンハムスター2匹
しっぽが筆ペンみたいだったので
2匹ともペンちゃんと言う名前にして 飼っていました
今年の春の始めと夏の終わりに それぞれ旅立ってしまって
想像以上に 寂しいです。
一番寂しがっているのは 意外にも主人。
夜 行動を開始する彼らの飼育ケースに向かって
「うるさい!!」と怒っていたのに 一番可愛がるようになっていました。
度々 脱走して 家じゅうを走り回っていたので
私は 今でも ペンたちが 足元をサササーと
通り過ぎる姿を 目撃します。

たった 2年の暮らしでも こうなのだから
17年間一緒だった いちごちゃん
そこここに メッセージをくれるはずですネ

ふみこさん そちらは 紅葉の季節ですね
札幌は これから ちらっと 雪が降ってきそうです

投稿: えぞももんが | 2017年11月 4日 (土) 06時23分

カオリ さん

いらっしゃいませ。

よくいらしてくださいました。
いちごが現在進行ちゅうとは、
うれしいこと。

でも、いまも、ある意味現在進行ちゅうかな、
わたしには、いちごも両親も。

投稿: ふみ虫。 | 2017年11月 2日 (木) 18時59分

真砂 さん

決まって行く場所というのがあって、
そのひとつが神田神保町です。
ひとつは出版社。
ひとつは学士会館です。

仕事で行くので、最近、ゆっくり歩くことがなく、
いつも「居る」のに、
まったく「居ない」みたいな場所。

そぞろ歩きに行きたいです。


投稿: ふみ虫。 | 2017年11月 2日 (木) 18時56分

かえるのしっぽ さん

お月さん!
昨夜、わたしも見上げました。

あちらへこちらへ移動の多い、
せわしなくもおもしろい日だったのですが、
お月さんに、
「おつかれさん」と云ってもらったつもりになって、
帰ってきました。

かえるのしっぽさんも、お疲れさん。

投稿: ふみ虫。 | 2017年11月 2日 (木) 18時53分

はじめまして😊
カオリと申します。
図書館で『おいしい くふう たのしい くふう』を借り、拝読しています。
笑いながら、共感しながら。
家事の後のご褒美時間に最高の本です♪
私の中ではいちごちゃんは現在進行形です。
寝室のドアはいちごちゃんのために開けてあるのねフムフム、いちごちゃんのご飯は缶詰なのかフムフム…
次はいつ登場するのかな、我が家のねこにお話しながら本を閉じ…現実世界に戻るのでした😊
続きを読むのが楽しみです♪
!あ‼購入でなくてすみません😅

投稿: カオリ | 2017年11月 2日 (木) 17時17分

ふみこさま。おはようございます。

昨日の不思議きいてください。
「神保町で古本まつり行かないのお?」と誘う友人。
「ちょっとー合唱団集まりすぎちゃっていまたいへんなのー」
「空の模様がきれいでおいでっていってるよ」

というわけでフラッと訪れた神保町。ブックフェスとは
ちょっと違って一心に本を覗き込む人々の姿とか
その扱う分野によって流れるお店の空気とか
あーここで父と珈琲飲んだよねとかが好き。。

絵本が好きな友人のお店にはいると。。
なんと今日からいとうひろしさんの新作の原画展が!!!
「へーおしえてくれたんだねー」とこっそりつぶやいてみた。

ふみこさんも神保町さんぽ好きですか?
ふっと何かに出会えるっていいですね。ふふ。

投稿: 真砂 | 2017年11月 2日 (木) 08時49分

ふみこさま みなさま こんばんは

今夜は十三夜のようです(ここでお月さんの姿を確認に行く)。
薄雲が広がっているようでぼんやりとその居場所がお月さん色でした。
きれいなお月さん見てる皆さんがうらやましいぞ!(笑)

「この世の存在でなくなった相手とも、望みさえすれば<現在>があり、<未来>がある。」というところがとてもしみじみとしてしまいました。
そう、望みさえすれば。
はっ!とその気配を探していたりする時、自分がその相手との<現在>や<未来>を望んでいるのかもしれませんね。きっと。

週末は連休のようです。佳き週末を。

投稿: かえるのしっぽ | 2017年11月 1日 (水) 18時56分

cohata さん

学校図書にふさわしい、
きりっとしていて、ちょっと不思議な装いに、
学校の子どもたちがあこがれのまなざしを
向けている……。
ところを想像しています。

それから。
お嬢さんの、
「いってきます」と「おかえりなさい」のあいだの
成長を実感できる幸いについても!
想像して、うっとりしています。

投稿: ふみ虫。 | 2017年10月31日 (火) 16時20分

たまこ さん

おたよりから、
おだやかな、赤ちゃんとの日日の気配が
伝わってきます。

……うれしい。

投稿: ふみ虫。 | 2017年10月31日 (火) 16時15分

真砂 さん

招き猫さんたち4匹は、
いまや別れ別れです。
1匹ずつ、
「だいじょうぶ、だいじょうぶですよー」
とやってくれています。

一見だいじょうぶでない事ごとも、
自分に必要な経験であると、
信じる気持ちが大事!
ね。

投稿: ふみ虫。 | 2017年10月31日 (火) 16時13分

ふみこさん、みなさん
こんにちは。

まずは、たまこさん、おめでとうございますと言わせてください。
パソコンから香りがすればいいのになあと思います。ほやほやの赤ちゃんの香りをおすそ分けしていただきたいなあ。
どうぞ、お体を大切になさってください。


いちごさんがあの手この手で送ってこられるメッセージを、ふみこさんが受け取っておられるように、私も、暮らしのなかで「よいしらせ」に気づきたいなあと思いました。

私のこの頃は、

娘の成長(いってきますとただいまの間にどれだけ成長してくるの?!と毎日思っています)と両親の変化に向き合うことに、両手を一杯にひろげているような毎日です。

ひとつ前の「おしゃれ」のお話を読んで。
お仕事を持ってよかったことの一つが、「服を決めやすい」です。
これは学校図書館で着てもいいかな?というものを選んでいます。ねらいたいのは、まじめでちょっとふしぎ、です。


投稿: cohata | 2017年10月31日 (火) 12時05分

ふんちゃん皆様こんにちは。
その時欲しいと思ったメッセージや体験が
来るようになってるのが人生ですね。

さて、無事退院し
家で赤ちゃんの面倒を見ています。
面倒見れなかった期間が入院中にあったせいでしょうか。
お世話が愛おしく感じます。
今はちょっとでも体調が気になると夫婦で
改善するように努力しています。

改めて皆様お祝いのメッセージ
ありがとうございます。

投稿: たまこ | 2017年10月31日 (火) 11時51分

ふみこさま。おはようございます。

黒猫のクッションいいですね。
でも。ぼくたち新入り白猫まねきねこたちも
「それでいいんだよーだいじょうぶだいじょうぶ」
って見守ってますよおー。って。ふふ。

「だいじょうぶだいじょうぶ」といえば。。
いとうひろしさんの絵本。20年くらい前娘が誕生したとき
父からもらった絵本。夜泣きで大変な時も。幼稚園へ
なかなかなじめなかったときも支えてもらったことばです。

「ゆっくりのんびりあるいていけば、ほら、
ぼくらのまわりには、こんなにも、たのしいことであふれてる。」
といういとうさんのあたたかさ。「ルラルさんの庭」もすごく好きで
娘と庭でいろいろ空想の世界をとことんたのしんだり。。ふふ。

ふみこさーん。夢想する力信じる力ってたからものですよね。
「それでいいんだよ」ってほら朝からまたきこえてきました。

だから。おかあさんになったたまこさーん。
だいじょうぶです。ゆっくりおかあさんになってくださーい。
ゆっくりしてね。おめでとう、おめでとう。♪♪♪

投稿: 真砂 | 2017年10月31日 (火) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)