« 珈琲日記 | トップページ | 誇リヲモッテ歩クノダ »

2018年2月27日 (火)

白い睫毛

 出かけるとき、いちばん面倒なのは化粧である。
 いちにち家に居られる日、わたしは化粧をしない。まったくしない。
 ところがちょっとでも家から出る日は、する。
 まず、10倍の拡大鏡をとり出して、化粧下地というものを顔に塗る。このときいつも、化粧するのとしないのとで、いったいどれほどのちがいがあるのか……と考えたり、化粧を施したってぺらぺら喋ったりもぐもぐやったりしているうちにたちまち化けの皮が剥がれるのに……と考えたりする。
 そんな思いを抱きつつも化粧をつづける。
 所要時間は10分。かつて、もっと素早く簡単に終わらせていたのだが、「もっとていねいに!」と娘たちから注意され、3分で終わらないように気をつけるようになった(のろのろしているだけかもしれないのだが)。
 化粧の仕上げは口紅だが、それを塗り終えたとて、
「おお、キレイ!」
 なんていうことに、なりはしない。
 それでは、なぜするのだろう、化粧。

 礼儀を考えての、こと、だ。

 行く先で出会うひとたちへの敬意と云ってもよいかもしれない。
 髪も、化粧(メイク)も、服装も、少しずつ気を入れて準備して出かけることで、礼儀やら敬意やらの基準を一応満たすことができるのではないだろうか。
 玄関で見送ってくれる家人がいるときは、「ね、変じゃない?」とか「おかしくない?」という具合に、相手の眼を覗きこむようにして確かめる。
 娘に「うん、変じゃない!」と云ってもらえると安心するが、夫が「変じゃないよ」とか「おかしくないよ」と云うと、わたしは吠える。
「変かどうかは、聞いてないのよ」
 こんなとき夫は、毎度はっとしたような顔になり、しどろもどろで云う。
「とてもいいよ」
「……ふん!」

 今朝拡大鏡に向かっていたときのこと。

「きゃ!」
 そういえば、初めて拡大鏡を使うようになった日にも、同じように声を上げたのだった。ショックだった。シワ。浅からぬほうれい線。シミ。ああ、これから毎日「きゃ!」と叫んだりするのかしら。それはいやだと思っていたのだが、すぐと慣れてしまった。
 それがどうして今朝「きゃ!」であったか。
 白い睫毛(まつげ)をみつけた。
「白髪?」
 毛抜きを使って抜きながら、しみじみした。
 こうやってだんだんだんだん、お婆さんになってゆくのだな。
 やさしいシワの刻まれたお婆さんになれるように、いまからいい具合のだんだんだんだんの波をつくろうっと。そう思った。

2018w_2

睫毛とは関係のないはなしです。
前にも見ていただいたことがある
階段の踊り場の長ねぎです。
1本1本くるんで置いていたのでしたが……
2018w_4

ことしのはじめから、
古新聞でサックをつくって、
サックは使いまわしをするようにしています。
これ、なかなかいいんです。
熊谷のちちの丹精の長ねぎですからね、
こうして、大事にサックを穿(は)かせて……
こんなときのよろこびも、
「だんだんだんだん」のなかの一場面かもしれませんね。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま

もちろんです!
もちろんですとも!

投稿: かえるのしっぽ | 2018年3月 5日 (月) 20時31分

おきょうさん さん

かっこいい!

あらたな美貌(もちろんそれだけではないけれど)を
携えて、また明るく、潔く、健気に。
そして堂堂と。
周囲を明るく照らしてくださいね!

わたしたちも照らしてほしい……!です。
お誕生日が近づいていますね。
佳い3月を。

投稿: ふみ虫。 | 2018年3月 5日 (月) 18時20分

こぐま さん

血管年齢もともかく、
はるくんと、いちばんの仲良しである
こぐまさん!

いつも無邪気で、やさしい……。
それが魅力の源のように
わたしには思えます。

そして、それを十分に発揮してゆく。
これこそが目標ですね。
(うらやましい、こと、です)。


投稿: ふみ虫。 | 2018年3月 5日 (月) 18時16分

もも(^_^)ちゃん

大学生のように
疲れるほど勉強して、
あたらしい道を進もうとするももちゃん!

あなたの神経、細胞、
志は若若いしく、新鮮で、
まぶしいほどです!

がんばれ!ももちゃん!


投稿: ふみ虫。 | 2018年3月 5日 (月) 18時11分

えぞももんが さん

あら、口紅!
ということで、
わたし、ときめいてしまいました。

わたしもこの春、口紅買おう……。

大野さんへのメッセージ、
ありがとうございます。
とわたしが云うのはおかしいのですが、
えぞももんがさんの、メッセージは
わたしの胸にも直接的に響いています。

ほんとうですね!
必ず、必ず、道はありますね!

投稿: ふみ虫。 | 2018年3月 5日 (月) 18時06分

大野 さん

さぞご心配で、
悔しい思いもされていることでしょう。

でもね、わたしは信じています。
この結果が明るい未来につながるんだと。

それに、
帰ってきてくれて、
ほんとうによかった。
帰りたいと云えたり、
疲れたと打ち明けられることを
讃えたいではありませんか!

ときどき、様子をお知らせください。
この広場の皆さんは、
祈りに祈っているのですから。
王子さまのファン、応援者はいっぱいいます。

投稿: ふみ虫。 | 2018年3月 5日 (月) 18時02分

かえるのしっぽ さん

いまのわたしは、
年齢やしみシワを気にしている場合ではなく、
ただ一所けん命!でなければ。
と、思わされる春です。

かえるのしっぽさんも、
そうでしょう?
結果として佳きばあちゃんになれたな、と
いうふうにゆきましょう。

佳い3月を。


投稿: ふみ虫。 | 2018年3月 5日 (月) 17時58分

佐々木広治 さん

白髪というのは、
わるくないなと思います。
ひとをやわらかく見せたかと思うと、
きりっと見せたり……不思議です。

オードリー・ヘプバーンの晩年は、
ほんとうに素敵でしたね。
人格の気高さが、
隠しても隠してもにじみ出る……。
そんなうつくしさがありました。

投稿: ふみ虫。 | 2018年3月 5日 (月) 17時54分

ふみさまみなさまこんにちは~~

今日は千葉は嵐です。
この風のなか来て下さる生徒さんに、きょうはごほうびで毎回レッスン後にあげる飴玉をプラスもう1個サービスにしましょ。

でも、こん嵐は春の前触れ。近づいてきているのでしょうね。
この冬もみなさんそれぞれに本当にがんばっておりました。おつかれさまでした。

そのがんばりからの睫毛に白いもの・・こりゃあふみさま、マッキーの出番じゃないですか?((笑(笑))

もうすぐお誕生日なもので先日免許証の書き換えにいってまいりました。
事前に美容院にもいき、しっかりメイクして、撮影前のか5年前の鏡のチェックもしっかりして挑んだのに渡された免許証と、5年まえの私の写真と比べて
いやもうびっくり~~
5年って大きいわぁ・・・と、すっかり肩を落として帰ってまいりました。
今流行のプリクラみたいにとれるスノーで撮影してほしかった・・(笑)
でも、失われた5年かんの美貌((笑)と引き換えに、その5年で得たものもたくさんたくさんありますからね。

満足のいくしろい睫毛ということにしましょうかね。

お化粧も、ファッションも、すべては他人によく見せたいためのものではなく他人に礼儀をもって接するためのものだというふみさまの意見に本当に深く頷きます。

きちんと、しっかり、颯爽と、そして笑顔で。

どれも若くなくてもできるものばかり。
私も背筋ピンとはって笑顔でお誕生日を迎えましょっと。

投稿: おきょうさん | 2018年3月 5日 (月) 15時29分

ふみこさま。

こんばんは。
私、お化粧は、下地クリームを塗って、頬紅と口紅をちょこちょこっと塗るだけです。敏感肌なもので、いつのまにかこんなに簡単なお化粧になりました。だんだんだんだん、体格もよくなり、我ながら、こんなにふくよかだったっけ!って思っています。(ふくよか って言葉好きです。)
昨日、ガス給湯器が壊れて、今日見てもらったら、ガス会社の人に、
「えー、これ2000年のものですか?」ってくすっと笑われて、「いやー、すみません。こんなに昔のものみたことなくて・・・」って言われました。お風呂に入れないので、今日は、娘とはるくんと三人で銭湯に行ってきました。銭湯で、血液年齢調べの機械があったので、百円入れて調べてみました。46歳!  おーっ、血管年齢は若干若い!!
ちょっと、ほくっとして帰りました。
はるくんも帰りの車ですやすや寝てくれて、ラッキーでした。
では、またぁ。

投稿: こぐま | 2018年3月 4日 (日) 22時06分

ふんちゃん

 まつげも白くなるんだなぁと、初めて知りました。
 30代から白髪があった私は、すっかり白髪と友だちです。
 最初は、染めるものかなぁ…とも迷ったりしたこともあったのですが、
 その頃の1番目ちゃんに、「染めるなんて、そんなの偽りだ!」と大反対されたので、
 染めないでいようと決心がつきました。
 けれど、1番目ちゃんが中学生になって…、
 「なんで染めないの?友だちにおばあちゃん?って聞かれた〜」って
 言うんです!
 「ふんっ。おば〜ちゃんじゃなくって、おばちゃん!
  のばさないでって言っといて」
 なんて言い返してやりました!(笑)
 結局…、何を言われても、染める気はないんだなぁと自分で気付いた最近です。
 
 今週…月曜日から金曜日まで、びっちりと講習会に行ってきました。
 「公認心理師」の国家試験を受ける準備です。
 久しぶりにびっちり大学生みたいな生活に、すっかり疲れてしまいました(^^;)
 新しいことも学べたし、新しい出会いもあったし、
 同窓会みたいに沢山の人にも会えたし、愉しかったのだけれど、ぐったりです。
 朝起きて、少し家のことをすると頭が痛くなる…。
 えいっと、買い物に出かけたら…、
 自分がすっかりおばちゃんになったことを再認識するようなことがありました。

 一つめのスーパーで…、
 レジに並んでたら、後ろのおばあちゃんに「このむちむち黒糖って、何がむちむちなんだろうね〜」って話しかけられ、「むちむち」についてしばし話し込む。
 二つめのスーパーで…、
 中東あたりの方と思われる方が店員さんに、「たばこはどこ?」と聞いている。
 でもお店の人は、卵だと勘違いして卵のところに来たらしい…。
 あ!と気付いた私は、「もしかして…たばこ?」と聞いたら、「そう!そう!」
 となり、その場がちょっと“あ〜、良かったね〜”という空気になる。
 その帰り、水たまりをよけようとして歩いていたら、「そんな大股で〜」 
 とおじいちゃんに笑われ、「うひひひひ」と笑ってごまかして車に乗り込む。
 三つめのスーパーで…、
 久しぶりなので割とたくさんのものを買い込んだら、レジの人に「これから春休みも控えてるし、大変だね〜」と話しかけられ、しばし話し込む。

 いつもこんなにはなしかけられることはないんですけれど、
 改めて…、あちこちで話し込んじゃうおばちゃんになったもんだなぁと思って帰ってきました。
 「もしかしてタバコ?」って、あまり躊躇せずに首を突っ込めるようになったことも、
 私にとっては、“あ〜、おばちゃんになったなぁ〜”と実感をもつものでした。

 「だんだんだんだん」おばちゃん、おば〜ちゃんになっていく私を
 見つけた今日でした(^^)
 それがまた愉しく思えます。
 白いまつげを見つけたら、ここで私も報告しますっ!
 
 ちなみに…、
 私は、お化粧を全くと言っていいほどしなくなりました。
 やっぱり…礼儀としてのお化粧はするべきかなぁ…。

 追伸:こぐまさん。おめでとうメッセージをありがとうございました!
    次の火曜日に公立高校の入試があります。頑張れ〜!です(^^)

投稿: もも(^_^) | 2018年3月 4日 (日) 14時53分

ふみこ様 こんにちは

いまから いい具合の だんだんだんだんの波
そうですね ふみこさん
そうありたい

ある日突然 玉手箱を開けたように
Bonnと 白髪になって 皺皺・・になってしまったら
あんまり気にしない私でも
ショックを受けるかもしれません
だけど だんだんだと
自分で 納得しながら 暮せそうです

とは言っても 最近 口紅で悩みます
若いころとは 違ってきて
何色を付けたら 元気に見えるだろう?

サクラベージュ
チアーベージュ
スイートローズ

先日 メモした 色です


追伸・・・・大野さん 本当にいろんなことがあるけれど
必ず 必ず 道はあります。絶対。

投稿: えぞももんが | 2018年3月 4日 (日) 11時51分

ふみこさん
ご無沙汰してます。
人間関係に疲れて 体調を崩した次男が 帰ってきています。学校から連絡があり 主人が迎えに行きました。

オロオロしてます。

投稿: 大野 | 2018年3月 4日 (日) 08時27分

ふみこさま みなさま こんばんは

いやはや、すごい風でした!まさに暴風でした!
皆さんのところは被害はありませんでしたか?
明日は気温が上がりそう~一気に雪解けが進むのかもしれません。

今朝の会話。
「このアナウンサーの方って私たちより年下なんだよね~(明らかに自分の方が若く見えると思っている)」
「そうだね。(キッパリと)」
「私たちって、自分たちが思っているより、齢とっちゃってるのかもね~」
「そうだね!(更にキッパリと)」

一緒に過ごしてる歳月が長くなってしまった私たち。
若いころの写真を見るとびっくりするほど今より若くて~当然です(笑)
いちにちいちにちの積み重ねがだんだんだんだんなんだなぁ。。。と思います。

もうじき結婚記念日が巡ってきます。
「かわいいおばあちゃんになって下さい」と結婚式のパンフレットのコメントを覚えています。なので、かわいいいじわる婆さんになるべく、今日もガンバル!(笑)

投稿: かえるのしっぽ | 2018年3月 2日 (金) 19時05分

ふみ虫さま、みなさま、こんにちは。

ぼくは白髪症なので、もうたくさんあります。すでに若白髪とはいえなくなってきました。
髭とか鼻毛にもでてきましたし。

皺といえば、晩年のオードリー・ヘップバーンを連想します。
ユニセフで活動されていて、しわしわでシミだらけになりながら、笑顔が本当に可愛らしくて。
すごいな、とびっくりした覚えがあります。

可愛らしいかどうか、アーシュラ・k・ル・グウィン。今年亡くなってらしたんですね。
最近彼女の書くもののファンになったばかりでしたし、ショックでした。
宇野千代と、松本清張のときもショックでした。
とはいえ決して早世ではなく、優れた作品を残してくださいましたが。
SFは苦手でしたが、アーシュラ・k・ル・グウィンのは重厚で深く噛みごたえはありながら、夢中にさせられます。
ジャンルがどこだから、ではなく、よい物語、よい小説かどうか、それだけなのでしょうね。

人も同じく、皺とかシミではなく、どういう属性かではなく、人としてどうあるか、だけ。

投稿: 佐々木広治 | 2018年2月28日 (水) 21時17分

真砂 さん

それは素敵。

写真も撮れたなんてね。
それは、
お義父さまの写真帖の
「ひな祭りの贈り物」のページに!

投稿: ふみ虫。 | 2018年2月28日 (水) 14時26分

ふみこさま。おはようございます。

うれしいおたよりありがとうございます。
ふみこさん。実はね。このハプニングが起きたホール
実家のお墓のすぐそばだったのです。たまたま選ばれたらしい
んですが。。不思議ですよね。だからえっということが起きた時も
娘もくすっと笑ってた。その微笑みあう二人の瞬間を友人の友人が
「美しき瞬間」と写真に。。だからこの写真を義父のアルバムの
「ひな祭りの贈り物」の今年のページにはろうかな。どうかなどうかな。
やわらかなあたたかい奇跡のような贈り物に感謝です。
読んでくださりありがとうございますー。明日はもう弥生ですねえ。

投稿: 真砂 | 2018年2月28日 (水) 08時34分

真砂 さん

そうですね。
理解する、わかる、
よりもまず、大切に受けとめる姿勢から
ことははじまるんですね。

ソラソド。

投稿: ふみ虫。 | 2018年2月27日 (火) 18時17分

たまこ さん

矛盾しているようですが、
面倒だと書いておきながら、
装うことがわたしは好きなのです。
出かけるときの支えは、拵えと化粧……なんだわ。
と、いうことにたまこさんのおかげで、
気がつくことができました。

坊やちゃん、すっかり大きくなって。
丈夫に育ってくれて、ありがとう!

投稿: ふみ虫。 | 2018年2月27日 (火) 18時16分

真砂 さん

見えない存在に助けられる。
というのは、舞台の他にも、
毎日毎日、奇跡の連続だと感じます。

という波動が、いま、
真砂さんとつながりました。

投稿: ふみ虫。 | 2018年2月27日 (火) 18時13分

ふみこさま。つづきですー。

大切なこと書き忘れましたー。
やわらかな波というのは。。
会話であれ音であれ何だかわからないなあと思っても
その存在を大切にうけとろうという波を誠意をかえそうと
するように努めだしたらいい感じになってきましたー。

主人には「エー何言ってんのよお。。」みたいな波
を返すのでさらに大波が帰ってきてもー大変なの。
では皆様いい1日をwith やわらかな春の光

投稿: 真砂 | 2018年2月27日 (火) 12時29分

ふんちゃん皆さまこんにちは。
私もあまり化粧をしない質なのでよくわかります笑

でも、ある本に制服・化粧は
心の鎧、プロ意識の一部と書いてありました。

私も口紅だけでもいいから
心の鎧みにつけたいです。


さて、坊やは生まれて4ヶ月経ちなんと8キロ超えです!
男の子だから触れ合う時間に限りがあると思って
毎日大好きだよ、と伝えています

投稿: たまこ | 2018年2月27日 (火) 11時06分

ふみこさま。おはようございます。


服装と言えば、コンサートの時黒の衣装を着ることが多いのですが
やっぱり。。聞いて下さる方や作曲家への敬意を伝えるのに
ふさわしいような気がします。
黒に包まれると無になれて自由な感じもします。ふふ。

早春のささやきが聞こえてきそうな色もすてきですが
そのイメージから離れて自由に遊んで弾きたい
という気持ちでいると作曲者は舞台で助けてくれるから。。

なんてね。。いつもあれっというような感じで弾けたりすると
びっくりします。
あらあらなんの話でしょうね。
「だんだんだんだんだん」いや「さらに」何いいたいのおーなんて
言わないでふみこさん聞いて下さってありがとうございます。
音は波動だから。。もっとやわらかな波とどけたいな。
春の波の音もききにいこうかなっと。

投稿: 真砂 | 2018年2月27日 (火) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)