« あかさたな……ふふん | トップページ | ぽかんスイッチ »

2018年6月19日 (火)

見直し、見守る

 どうして覚えがわるいのか。
 我がことながら、思わず同情。

 昔からそうだった。

 どうでもいいことはやけに鮮明に記憶している一方、大事な場面で核となることばをど忘れしたり、たとえば……電球の捨て方、のようなことだが、使用済みのを捨てようというたび「不燃ゴミだったか、有害ゴミだったか」とわからなくなったり。モノをとりに行って、何をとりにきたのだか忘れる!というのも、日常茶飯事だ。
 脳を調べられたりしたら、どこかに欠陥がみつかるかもしれない。欠陥があるとして、わたしにはなぜだか、自分が日日何とかやっているのは、この欠陥のおかげでもあるように思える。覚えがわるく忘れっぽい一面に、わたしは救われている。
 記憶が執念となる前に身からはがし、身軽になってつぎへとすすむ。わたしはずっとそうやってきたような気がする。

 しかし。

 このごろ覚えがわるいこと忘れっぽいことに甘え過ぎているように思うことがある。

 約束を果たす。

 自分の役割の作業をこなす。
 仕事を仕上げる。

 と、いったことは、わたしだってまあするわけだ。

 ひとつに手をつけそれに何とか片がつくと、すっかり終わったような気になって、その後どうなっているか追うことをしない。見直さない。見守らない。
 ひとからたまに「○○で(あなたの書いたものを)読みましたよ」と云ってもらうようなときにも、こちらは思いだせず「ああ、あれですか。ありがとうございます」と頼りなく返すことになる。こんなのは自分の仕事のはなしだからいいとしても。

 先ごろ「武蔵野市の緑の保全・活用を考えるシンポジウム」に参加したときのことだ。

 テーマは「玉川上水の自然を守り育てる」。
 武蔵野の森を育てる会、玉川上水を守り育てる武蔵野市民の会の活動に注目して、できるかぎりシンポジウムや講演会に参加して勉強している。
 そして先ごろのシンポジウム。
 このとき、ある発表を聞いてはっと(もっと云えばぎょっと)した。
「ある日玉川上水の美化運動に取り組んで、ひとまずきれいになった。きょうもこのような会を持てて有意義だった。だけどそこで終わらせてはいけないんです。長く見直し、見守りつづけないと、分水網と周辺のみどりの保全・活用は実現しません」
 まずは、とり組んだ事ごとをやりっぱなしにせず、自分のなかにとどめる努力が必要だとわからせてもらった。

 帰宅したわたしが、何をしたか。

 週末貼り替えをした2階の障子の様子を見に行った。見直しである。するとどうだろう。一箇所小さな破れをみつけてしまった。貼り替えを終えた障子をはめ込むとき、下手をしたのだ。やれやれ。そう思いながらも、障子紙の残りをハート形に切り(この和室は三女の部屋)、ぺたんと破れの上に貼りつけた。
 きょうのところはこれでよし。

Taue01

田植えが無事に終わったと、
熊谷の夫から連絡。
この写真は、ちちが田植えの「植え直し」を
している様子です。
田植え機で苗を植えたあと、ちちはこうやって
植え損ないがないか、見まわります。
田植え機の仕事のあと、やりっぱなしにせず、
見直し、見守る。
この姿にもおしえられる思いがします。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

真砂 さん

いつかみんなで集まって、
ああだこうだ、話せるといいですね。

ここの広場の「立体版」を静かに。
なんだか、できそうな気がしてきました。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月26日 (火) 07時54分

おきょうさん さん

はなしているとき、のことです。
目の合うひと、
微笑んで頷いてくれるひと、
答えを送ってくれるひと、
が、おきょうさん、さんでした。

(ね、皆さん、おきょうさん さんてば
華やかなくっきり美人でした)。

そういうわけで、助けていただき、
感謝です。
ほんとうにお会いできましたね。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月26日 (火) 07時50分

こぐま さん

はるくんが、
東京を怖いところじゃないと
思ってくれて。

うれしい!です。

はるくん、こんどは岡山に会いに行くね。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月26日 (火) 07時36分

のりこ さん

ご参加ありがとうございました。

自分のことば知らずを恥じながらも、
ことばの持つ世界の奥深さにぐんとひっぱられる。
そんな冒険みたいなひとときでした。

ピアス。
垂れるタイプは片耳に。
……というのがわたしの定番です。
「ひとつないですよ!」
と云っていただくことも、
少なくないです(笑)。

ほんとうにありがとうございました。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月26日 (火) 07時34分

おきょうさんさま


そうだったのですね。。
こぐまさんと「おきょうさんて背が高い方でしたよね。。」
二人withはるくんといれば声かけてくれるはずなんて
きょろきょろしてましたが。。

私も何だか何を話したらいいかわからない感じで
もっともっとこぐまさんともふみこさんともおはなし
いっぱいしたかったのに。。なんだかぼーっとしてしまって
なんであーなっちゃったのかなーなんて
ほとんどおぼえていないかんじだったのです。

そうだ。いいことおもいつきました。
こぐまさんとふみこさんとのトークの受付
雑用私やりますー。おきょうさんさんはおはなし上手なので
司会なんてどうでしょう。。5年後くらいだったらオープニング
演奏なんてこぐまさんのオカリナと共演でなんて。。夢をかたる
のはなんてしあわせなんでしょう。。
ふみこさーん。おかりしました。もっともっとお話したかったーーです。
ありがとうございましたー。ありがとうございましたー。何回もね。

投稿: 真砂 | 2018年6月25日 (月) 18時24分

ふみさま

土曜日は
本当に本当に夢のような時間でした・・・・

ああ、真砂さんはじめ、こちらに訪れる方達もいらっしゃっていたならごあいさつしたかったです・・・。もう、なんだかいっぱいいっぱいで、終了後、あまりの感激でなんだか椅子でぼんやり~~放心状態。結局サインをいただく列の最後にならんでおりました。

いつも発表会では100人くらいのお客さんの前で話してもあがっちゃうことはめったにないのに、なんだか土曜日はてんぱってました~~~

まるでこれから初デート???みたいな((笑)
髪型は?化粧は?アクセサリーは?バックは?着ていくものは?

もう、そりゃそりゃ朝からてんてこまい。
なんど洗面所とクローゼットを行き来したことか・・・・

ときめいていたましたね~~・・・初めてお会いできる、ちょっとお話もできちゃうかも~~のシチュエーションに。

そして本題のトーク内容も青木奈緒さんとの対談はまるで楽しい絵本をゆっくり読み聞かせしていただいていたような・・。
ここちよい響き。そして、大切なことをしっかり私の中に種まきして行ってくださったようです。(こちらの↑お写真のように植えなおしかな~~)

求めた本もゆっくり何度も読ませていただいてます。これからの私のバイブルになりそうです。

イベントの後、友人と会ってお2人の本をプレゼントさせてもらいました。
とても喜んでくれました。サインも何冊もありがとうございました。

またこんな素敵な時間がもてたらいいなあ~~

そしたら今度はもう少しデート慣れした気持ちで伺いたいわ。そしてもう少しダイエットしておこう。期待してて真砂さん!((笑)

本当にありがとうございました

こぐまさま

お会いできまして本当にうれしかったです。私の想像していた通りのほんわかおだやかな、素敵なこぐまさまでした。\(^o^)/
はるくんもなんとまっすぐ育っていらっしゃる事・・・。
なんだか後になって帰り道でうるうるしちゃいました。それくらい温かい空気が会場に流れていました~~

投稿: おきょうさん | 2018年6月25日 (月) 16時40分

ふみこさま。

私とのトーク!
うれしいです。
そんな日がきたらいいなぁ~。
まずは、代表作を書かないと!

なんか夢ができてうれしいですぅ。

はるくん、今朝6時に起きて、「また東京行く?」
って聞いてきました。
とっても楽しかったようです。
保育園は、今日からプール開き。
もうすぐお迎えに行ってきます。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2018年6月25日 (月) 15時19分

山本ふみこさま

こんにちはー!
はじめまして。
ブログは毎週楽しみに拝読させていただいてましたが、コメントするのは足踏みしてました新参者です。

ずっとずっと楽しみにしていた先日の対談。
生のお姿とお声と醸し出すお人柄とお話と・・・
全てに感激のひとときでした。
打合せ無しとおっしゃっていましたが、お二人の息ぴったりのトークに吸い込まれ、あっという間に終わってしまった感じです。
素敵な時間をありがとうございました。

気づかぬうちに自分で勝手に重くして背負っていた荷を軽くし、背中を優しく撫でてくださるお言葉をたくさんかけていただいたようで、気持ちがとても楽になりました。
自己肯定しよう!と。

これからもついてゆきます。
ふみこセンパイ!

余談ですが・・・
イヤリングは片方だけでしたね。
落とされたのかしら?無くされたのかしら?と、少し気になってしまいました。

投稿: のりこ | 2018年6月25日 (月) 13時08分

こぐま さん

わたしも幸せでした。
はるくんだ!
と感激してしまいました。

どうもありがとうございました。
はるばる、はるばる……。

いつか、こぐまさんとのトークもしたい、
と思います。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月25日 (月) 10時53分

真砂 さん

土曜日には
池袋のコミュニティカレッジにいらして
くださり、どうもありがとうございました。

いろいろ勉強になりました。
あとから「あ、あの球を投げればよかった」
とめずらしく反省したりしましたが、
ことばをひしと受けとめた実感がありました。

ほんとうにありがとうございました。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月25日 (月) 10時51分

えぞももんが さん

セキレイ一家、それぞれに
旅立っていったのでしょうね
(と、思うことにします)。

カラスを観察していると、
彼らには彼らの悲哀があり、
苦労があるように思えてきます。

ヒトがいちばん勝手です。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月25日 (月) 10時47分

ふみこさま。

こんばんは。
昨日の対談。
とっても素敵でした。
青木奈緒さんも、言葉が美しい!
東京に行くのは、高校の修学旅行以来という母も一緒に行けてうれしかったです。
はるくん、はじめての東京でしたが、とっても喜んで今日は池袋のサンシャインで水族館をみて、大興奮でした!
今、家に戻ってすやすや寝ております。

ふみこさんにお会いできて、ほんとうにうれしかったです。
真砂さん、おきょうさん(真砂さんとお別れしたあと、お会いできました。)、はるくんをみてこぐまさん、と声をかけてくださった方、ありがとうございました。お会いできてほんとうにうれしかったです!!

思いきって、東京に行けたこと、快く送り出してくれた家族に感謝です。
これから、この東京旅行を見直したいと思います。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2018年6月24日 (日) 21時30分

ふみこさま

うれしいおたよりと昨日のお話ありがとうございました。
白い衣装のふみこさんの姿にうっとりし。。
おふたりのテンポのよい心地よいやりとりに包まれて
まだ今もぼっーとしてます。
素敵な時間をありがとうございました。

どのお話も興味深くずっと聞いていたいかんじでした。
中でも。。そのおうちの独特のいいまわしは宝物で
心の深いところを支えてくれるというようなお話きけてうれしかったです。

言葉や音やしぐさは懐かしい記憶のスイッチみたいで
その呼び起されたものに包まれるとほっとして
力が湧いてくる感じがします。
そしてふみこさんのお話の中にある何かに触れる時も
いつもそんな感じがしてかきたくなります。
ありがとうございます。

こぐまさんはるくんたちにもおあいできました。うれしかったです。
そんな機会をつくってくださってありがとうございました。
(おきょうさんさんもふたりでさがしたんですが。。わからなかったです
失礼しました。お会いしたかったです。。)

投稿: 真砂 | 2018年6月24日 (日) 17時21分

ふみこ様 おはようございます

見直し 分析・・・そういうことが苦手です。
そう言えば 高校時代 テストの後
「間違えたところを 見直して 自分の弱い部分を
なくすこと」と 何度も言われたのに
やったらやりっぱなし その場しのぎでやってきたので
あとで 痛い思いをしました。

朝 カーテンを開けて 外を眺めていると
セキレイ夫婦が尾を上下させ 忙しそうにしています
駐車場の塀の隙間に巣を作った様子でした
数日賑やかに 子育てをしていたのですが
そのうち カラスが巣を探して狙うようになり
ハラハラ 見守る私
時には 窓を開け 仁王立ちして カラスを威嚇して
サポートしていたのですが
数日前から セキレイ夫婦の姿を見なくなり
静かになってしまいました
カラスも 生きていかねばならないのですが
やっぱり 残念です

セキレイを見守る 1週間でした

追伸・・・・父も母も 「植え直し」の作業をしていたことを
      懐かしく思い出しました。こういう作業が 大切でした。 


投稿: えぞももんが | 2018年6月24日 (日) 06時42分

おきょうさん さん

「地域のみなさまはこどもたちの見守りを
よろしくお願いいたします」

というの、いいですねー。
とても素敵。
どの子もみんな見守られて。

そうでした。
まだ明日の準備にたどり着いていませんが、
というか、準備はしないと思うのですが、
着てゆくものくらいは考えようと思います。

お会いするのをたのしみにしています。
どうもありがとうございます。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月22日 (金) 14時15分

真砂 さん

裸足。
わたしがこよなく愛するもののひとつです。

通年裸足で過ごしていますし
(家では布草履を履きますが)、
裸足のひと、裸足的なひとが好きです。

ああ、ギャラリーに行けたらうれしいです。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月22日 (金) 14時12分

真砂 さん

おはなしを聞かせてくださって、
どうもありがとうございます。

自分が鳥の巣のなかで
まるくなって寝ているところを想像して、
昨日、うれしく眠りました。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月22日 (金) 14時10分

もも(^_^)さん

有給休暇。

いいなあ。
(勤めでないわたしには、
有給休暇なるものがことさらに、
凄みを感じさせます。
勤めていた時代も出版社で、
有給もへったくれもない!という有りさまでしたし)。

……そんなはなしは、どうでもよろしい。
くたびれたなら、家にいる。
こう思える幸が胸に迫ってきます。
そう云える幸が胸に迫ってきます。

東日本大震災を、
中学校の校長せんせいとした経験された方の
おはなしです。
「賢く、いつも落ち着いている女生徒が、
大きな揺れを経験したあと、校庭をころげまわって、
手足をばたばたさせて恐怖をあらわしていました」
そうだろうなあ、と思いました。

経験してみないとわからないとは、
こういうことです。
でも、わたしたち人間には想像力が与えられています。
共感力も。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月22日 (金) 14時07分

ふみさま~~みなさま~~
こんにちは。
あっという間にずいぶんと間があいてしまいました。

6月の北海道、
もう、本当に脱日常のの世界で、訪れた先は去年と同じ札幌大通り公園周辺だったのですが、
出会った人も、空気も、食べ物も、本当に素敵すぎていく先々で良い思いばかりしてしまったもで、なかなかこちらのもとの生活に戻れないまま、決められたお仕事と家事だけをなんとかふわふわこなす日々でした。
→おかげさまで今週末までにと決意したダイエットも、もろく崩れ去りましたそしてたべすぎ注意と言ってくださったふみさまの教えも崩れ去りました。パンパンの4日間でした((笑)

「見守り」ってよいことばですよね。
こちらでは、夏は夕方5時半になると街にゆうやけこやけのメロディーがスピーカーからながれ「地域のみなさまはこどもたちの見守りをよろしくお願いいたします」
とおだやかなナレーションがかかります。

今日も無事1日終わったね。おうちに帰りましょう。

あったかい家に帰る路を急ぐ。今日の夕飯なんだろう?そんな気持ちを思いださせるその響きは自宅にいながらにしてもなんだかホッとする瞬間なんです(もう、その夕飯を提供する側の立場になってしまってますが・・)


素敵な構想、理想の建物・・・たちあげるだけたちあげて、やりっぱなしで
みなおし、みまもりがなくさびれてしまっている公共施設や、詰め込みすぎて息切れしてしまった計画・・・。逆に、そこからうまれる利益だけを考えはじめて、合理的に動かすことだけを最優先に、もとのよいところがなくなってしまっている施設や、レストランとか・・・・。

ほんとに続けてゆく大切さ、みまもる大事さ。しっかりうけとめないとな・・・とおもうこと、多いです。


っていうことでそろそろ発表会準備なんです。今年は会場の関係で1か月早く本番・・・((笑)あ~~続けるって大変~~。

お父様の田植えのお写真に背筋がしゃんとなりました。そして、なぜか、亡くなった父のことも思い出されてちょっとウルっとしてしまいました。
お米1粒1粒にありがとうの気持ちを込め今日もお料理こしらえて、おいしくいただきます。


明日、楽しみでたまりません。
あさごはんも、ひるごはんもがっつり食べて元気にうかがいま~す((笑)


投稿: おきょうさん | 2018年6月22日 (金) 11時06分

ふみこさま。おはようございます。

一番つたえたかったことかきわすれましたー。
すずきまもるさん。はだしでの講演だったのです。
その裸足でうれしそうに鳥の巣のえをかいたり。。
みんなに近くで鳥の巣をみてもらうためグルグル部屋のなか
をあるいたり。。でもその表情は鳥の巣が大好きでうれしそうで
少年そのものでした。

鳥の巣は雛を育てるためものだから若鳥たちが巣立った後は
こうしていただいたりできるのです。。空を自由にとびまわって
いる方が安全なのだから。。だからおかあさんの子宮のような
感じなのかもしれません。。でもそれまでを何とか安全にひなを
守ろうとする懸命な姿がどこまでも美しい。。その形の鳥の巣の
形、大きさ。作り方がそれぞれなことがふしぎでおもしろい。。。

この展示が三軒茶屋の生活工房ギャラリーで7月21日から8月26日まで
入場無料でひらかれるそうです。

今回は世田谷のお話ネットワークさんが企画してしめきっていたところ
キャンセルが一名出たのでひょっこりいれていただけたみたいです。
お話ネットワークさんも個人やグループだけだでの活動を活性化する
ために年に何回かあつまっているそうです。
企画運営に感謝し昨日の報告追加させていただきましたー。
ふみこさーん。ありがとうございました。
(奥さんの名前もふみこさんらしくて。ふみちゃんとかいってました)

投稿: 真砂 | 2018年6月22日 (金) 08時22分

ふみこさま。

お言葉に甘えて。。
鳥の巣のお話笑いっぱいの楽しい3時間でした。

海外までいって集めた数々の鳥の巣の形や素材に
これは職人技と思えるものばかり。。
本や学校があるわけではないから不思議です。。

外敵から守るために入口がわからないしくみにしたり
鳥によってどういう形が安心を感じるかをかんがえぬいている
その与えられた生命本来のちからを知りたくて観察を
続けているそうです。
形はそれぞれ何だから私たち人間のこそだてももっと
自分たちの一人ひとりの個性を大切にみまもって
壊さないようにという方向の教育をのぞみそれを
絵本や本で伝えたいという強いおもい愛情をかんじました。

それはかこさとしさんの「子供さん」への思いともかさなり
この方にたくされたのだろうなとうれしくなりました。
鈴木さんの最初の子育て本「かおるちゃんがやってきた」
にサイン。私の名前から枝が伸びてたくさんのとりが
楽しそうな絵をささーっと2分くらいでかいてくださって
いまもにっこりながめてます。

ふみこさーん。幸せ。
ボーっとしちゃって上手く伝えられなくて。。。失礼しました。

投稿: 真砂 | 2018年6月21日 (木) 18時26分

ふんちゃん

 大きな地震…。
 大きく揺れたみなさまが、お元気であることを祈っています。
 1番目ちゃんが10か月の頃。
 初めて震度4の揺れを経験しました。
 それほどの被害でもないのに、とてもショックを受けたことを覚えています。
 日頃から、備えをしなくては…と思い、
 先日、「防災母さん」という本を読みました。
 少しずつ準備をしたいと思っていた矢先の地震でした。
 家族と話し合う機会を作らねば…と思っています。

 その頃、10か月の赤ちゃんだった1番目ちゃんが、
 今日は、家に居ます。
 大人でいうなら…「有給休暇」ってところでしょうか…。
 え〜っと、サボリです。
 昨日、9時過ぎに帰ってきて、「も〜やだ〜」と
 笑いながらではありますが、疲れた様子。
 休みたいというので、あっさり「いいよ」と言ってしまった私です。
 オトナだって休みたい時があるんだもの、コドモだってありますよね。
 この1番目ちゃん、ここのところ居間にいることが増えました。
 今も、私が台所にいると、食卓テーブルに座ってスマホを眺めています。
 そして、時々、話します。
 学校で、人とのコミュニケーションを取るのに、
 たぶん普通の人よりもエネルギーを必要としていて、かなり疲れる。
 ということ、
 勉強が全く分からない。いや、きっと興味がない。
 ということ、
 授業中に、外を眺めていて目が離せなくなる。
 ということ、
 などを話していました。

 いや〜、おばかだね〜って話していたのですが、
 コドモからオトナになる中間地点があるとして、
 その地点にいるんだなぁと思って眺めていました。
 
 2番目ちゃんも、中学に入って同じです。
 二人とも、外の世界に疲れていて、家に居たいんだと話していました。
 家族と一緒にいたいんだそうです。
 そんなんで、この2人との会話がかなり増えました。
 面白いですね。
 本当にいろんなことを考えている。

 私も…、やりっぱなしにしないで、
 時々、見直したりして、堅実にゆきたいなぁと思いました。
 この二人のおかげで、じっくり考えるということを思い出した気がします。
 ただただ、「やる(と思っている)こと」に追われて一日が終わってしまっている気がする日々を、もう少し見直さないと…と思いました。

 地震のニュースを見て、
 明日が必ずくると思いながら、過ごしていたなぁと思いました。
 当たり前なことは、ないのだよって、
 時々、何かに教えてもらいながら、ついつい埋もれてしまう。
 あ〜、今日も、元気で過ごせたなぁ。
 そんな風に、していたいなぁと思いました。
 

投稿: もも(^_^) | 2018年6月21日 (木) 14時51分

佐々木広治 さん

ほんとうですね。
ひとは、住民自治のなかで
進化してきていますね。

まだまだだというところもあるかもしれないけれど、
そこは、静かに讃えたい。
……です。


寒い時期も困りますが、
蒸し暑いこの時期の「避難」の辛さも
思われて。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月20日 (水) 22時38分

ふみ虫さま、みなさま、こんにちは。

今回の地震、被害が最小に留められたことに驚いています。
住民自治が生きていて、阪神淡路大震災の教訓が活かされているようですね。
本当に怖いのは二次三次被害ですが、それもなく。
今回も外国人を誹謗する声が上がりましたが、それに乗る方はなく。

他人ごとにしてはいけない、とつくづくおもいます。

投稿: 佐々木広治 | 2018年6月20日 (水) 08時37分

大阪の皆さん

新聞とテレビのニュースでしか
情報が入らず、どきどきしています。
どんなに恐ろしい一夜を過ごしたことだろう、
と案じています。

できることがあったら、
知らせてください。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月19日 (火) 15時53分

真砂 さん

それはたのしみなこと。
また、ご様子、聞かせていただきたく。
お願いします。

鳥の巣をめぐる野鳥のたたかいについて、
先日読んだばかりです。
自然界の営みのきびしさと、
天の見守り(あ、ここでも見守り)を
感じたことでした。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月19日 (火) 15時51分

たまこ さん

たまこさん、地震へのおこころ、
ありがとうございます。

坊やのおせんべいのおはなし、
うれしくて身をよじってしまいました。

たのしい夏になりますように。

投稿: ふみ虫。 | 2018年6月19日 (火) 15時46分

寧楽 さん

その後いかがですか?
そりゃ、過労だ!
と思わず叫んでいました。

のび太せんせいは名医です。
寧楽さんを治してくださって、
ありがとう!ございます。
お子さま方も立派です。
わたしが寝込んだら……、
どうかなあと、青ざめながら想像しました。

ひとを見直す。
このことも大事。
思わぬ視点の気づきにも、感謝。


投稿: ふみ虫。 | 2018年6月19日 (火) 15時43分

ふみこさま

見守るといえば。。
そう2年まえのいまごろ三軒茶屋のワークショップに参加してから
その人たちの活動が活性化するように似たような活動をくんで
下さったりのおかげで、ほぼ火曜日はボランティア活動
のような一日を過ごすことがおおいです。


そのおかげで。。なんと。。
大好きな絵本作家のすずきまもるさんがあさって三軒茶屋に
鳥の巣のお話で来ることが分かりお会いできることになりました。
この広場にかこさとしさんの「水」の合作の本のことを書いた
おかげではないかと。。いつもふみこさんのこの広場に会いたい人の
事を書くと会えるんです。。ふふ内藤礼さんもそうだったし。。
ふみこさんありがとうございます。
鳥の巣を通しての自然の営みのすばらしさをかたってもらえそうです。

田植えの写真いいお写真ですね。さわやかな風を感じました。感謝。

投稿: 真砂 | 2018年6月19日 (火) 14時19分

ふんちゃん皆様こんにちは。
皆様、地震の影響で何か大変な思いをしていませんか?
親になって改めて人々が無事でいることに
なによりほっとりします。


見直し、見守る。私の両家家族がしてくれていることだな、と

運転や料理、子育て全てにおいて新米だけれど
見直し所は見直して、見守るところは見守ってくれます。
少しずつ少しずつ勉強する毎日です。

追伸。最近坊やがおせんべいが食べ物とわかるのか
口を開けて食べてくれます。その姿を見るだけでうれしや。

投稿: たまこ | 2018年6月19日 (火) 12時01分

昨日の朝、大きな揺れが
やってきたとき
私は胃のあたりの違和感と
たたかっていました。
病院へ行く準備をしていたとき
咄嗟に食器棚を押さえていました(*^^*)
ちょっと危ないですよね
あとで気がつきました。

今はひとりの母の安否確認をし
病院へいきました。

もう何年もみていただいてる
先生なので、顔をみて話をして
「疲れすぎたね。自立神経の乱れで
胃が捻れるようになって
痛みがでてるね。
いつものお薬と別のお薬をだすので
それをちゃんと飲んでください。」
とニコニコ。

昨日は一日中、眠っていました。
ほんとに一日中。
息子たちが洗濯をしたり
お風呂の準備をしたり
母、なにもしなくても
いけるやん(*^^*)と

仕事の帰りに娘がきて。
晩ご飯を作ってくれて
私のところへきたり
今朝も会社の前に店を少し
手伝ってくれてありがたかったです。

ひそかに のび太くん とよんでる
ニコニコ先生のいうとおり
おさまり、仕事しています。

生活を見直すこと大事ですね。
昨日の一件でほんとうに思いました。

ふみこさん、タイムリー(*^^*)


投稿: 寧楽 | 2018年6月19日 (火) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)