« 8月の雲〈3〉 | トップページ | 背中 »

2018年8月28日 (火)

8月の雲〈4〉

8月※日
 熊谷市の実家で両親を支えながら暮らしている夫が、韓国へ撮影旅行に出る日。この旅の準備を、夫は密かに着着と進めていたらしい。気配でわかった。
 こういうときは口を出さないのに限る。
 これ、と云って、夫はファイルにはさんだA4サイズの用紙2枚を差し出した。
 1枚は「父・留守番予定」なるもの。
 1枚は「父宛て」「ヘルパーさん宛て」「お手伝いの皆さん宛て」「弟宛て」のメッセージが3〜5行ずつ書かれたもの。
 ははは入所施設で、ちちはヘルパーさんの助けを得ながら、かわるがわる訪れる弟一家や孫たちと、それぞれ8泊9日を過ごすことになる。わたしは緊急連絡先のひとりである。
「母屋の裏の蔵周辺で生活しているタローも支えてください」
 というくだりをみつける。タローは20歳の猫(オス)。

8月※日

「スベリヒユ、とってきたよー」
 長女がとり出して見せた草は、たくましい雑草のようだ。見たことのある、なつかしい草。ほら、畑にも庭にも、どっさり生えているのじゃなかったろうか。
「うちの庭にいっぱい生えてたの。調べてみたら、おいしいし、栄養がある草だとわかった。高血圧にも効くらしいよ」
 なるほど。数日前、久しぶりに血圧を測り、「おお、ちょっと高め」とわたしがつぶやいたのを聞いていたのだな。
 スベリヒユという草が、大変よろしい草だとわかったが、採ってきたキノコがじつは毒キノコであったとか、ニラと水仙の葉をまちがえて食べてお腹が痛くなったとか、そういうはなしもあるからね。
 ふたりしてかぼちゃとスベリヒユのおみおつけをつくったあと……。
「梓と母はスベリヒユという草を食べました。あとを頼む」
 というメモをそっと書いて、食器棚の皿の上にぺらりとのせる。

8月※日

 今朝、お腹も痛くなく、元気でいる。
 長女が持ってきたのはほんとうにスベリヒユであったのだ。ありがとうありがとう。メモは捨てました。

8月※日

 NHK杯将棋トーナメント2回戦・第4局「羽生善治×高野智史」をテレビで観る。
 日曜日の至福。
 羽生善治竜王を見られるだけでなく、解説が野月浩貴八段(B級1組)であったので、跳び上がる。野月八段はわたしを将棋の世界に導いてくれた恩人だ(数年前のNHKの将棋講座での指南——「野月浩貴のイチ押し初級アカデミー」はわかりやすく愉快、すっかりこころをつかまれた)。
 さて本日は羽生竜王と、デビューから3年の高野四段(C級2組)との対局だったが、じつに手に汗握る1時間半であった。投了後、勝った羽生竜王が苦い表情で頭を抱えたところにも、むつかしい内容が思われる。感想戦で、初手から打ってゆくときの高野四段のうれしそうな顔が印象に残った。なんという奥深い世界だろう。
 窓を開けると、雲ひとつない青空。
 駒の並ばぬ将棋盤のようで、頼りない。

2018

スベリヒユです。
味噌汁のほか、胡麻和えにもして
食べました。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

皆さん

いろいろなことがあった夏。
8月の最終週を、静かに、
祈りながらはじめよう……、と
思います。

投稿: ふみ虫。 | 2018年8月28日 (火) 09時00分

ふみこさま。おはようございます。


いのり。いのり。いのり。
私も音の中に今日というこのなかに
命あることへの感謝を感じて過ごそうと思います。

窓いっぱいに広がる雷の迫力&バドミントンダブルス女子の迫力
もなんだかすごくて。。昨日夜
ちょっとした感覚の違いでネットを超えないあの奥深さを
思いだしたりして。。ちょっとした押さえ方で音色がかわる
今の相棒に感謝。感謝なり。。

(おきょうさん。。木曜日も練習するので天にむかって
心をこめて弾きます。どうかお体にお気をつけてくださいね。)

投稿: 真砂 | 2018年8月28日 (火) 09時30分

ふんちゃん皆様こんにちは。

旦那様のメモいいですね。
それぞれに向けてあるところが 暖かみを感じますね。
引き続きをしっかりしてくれると安心しますよね。

私の今の先輩を思い出しました。


復帰して2週間目
歓迎会を開いてくれるという同期、困ったら聞いてよという同期にほっこり暖かくなりました。
うまく嬉しい気持ちを伝えられたかなー

自分が思ってるよりうまく行ってる日常に感謝です

投稿: たまこ | 2018年8月28日 (火) 12時57分

スベリヒユ。梨木香歩さんの『僕は、そして僕たちはどう生きるか』(2011年)の中で、ベーコンと炒めて食べるシーンがあり、当時は本当に食べられるの?と思って印象に残っています。
ここ1ヶ月ほどの間に、それを食す話があちらこちらから聞こえてきて驚いていたら、なんと! 
引っ越して後にしてきた庭は、この夏すっかり手入れを怠ってしまい、スベリヒユが勢力を拡大していたのに、一人で試す気力がなかった… 娘さんの暮らしがうらやましいなぁ

投稿: Liu | 2018年8月28日 (火) 15時00分

真砂 さん

演奏で、祈る。

そうか、いろいろ方法がありますね。

いろんな祈り方が……。

投稿: ふみ虫。 | 2018年8月29日 (水) 10時14分

たまこ さま

おお、ゆっくり道が拓けてゆくようで、
ありがたいです。
無理せず、がんばって……。

投稿: ふみ虫。 | 2018年8月29日 (水) 10時16分

Liu さん

以来、あちらこちらで
スベリヒユに気がつくようになりました。

長女、
うちの庭にも植えつけたので、
きっとふえるのではないでしょうか。

投稿: ふみ虫。 | 2018年8月29日 (水) 10時19分

ふんちゃんへ

予定通り月曜日の夜にカナダから無事 家に帰って来ました。
片付けなど済ませて ようやくここに来たら......。
留守中 色々な事があったのですね。
私も遅くなりましたが、祈ります。

おきょうさんへ

食べられますか?
眠れますか?
そちらはまだ暑いようですね、お身体休める時にゆっくり休ませてあげて下さいね。
深い深呼吸をして、リラックスする事も大切です。

投稿: ハチミツ | 2018年8月29日 (水) 14時36分

ふみこさま、皆さま

猫のタローくんも、入れ替わり立ち替わり、いろんな人が会いに来てくれてちょっとワクワク感があるんじゃないでしょうか。

いいですね。うちのワンコは家族以外にはなつかないので、旅行などで不在にするときは、お世話になってる動物病院にお泊まりになります。

みんなで少しずつ支え合う関係性が素敵だな、と思います。

スベリヒユ・・・。ちっとも知りませんでした。
ふみこさん、おなかが痛くならなくてよかったです。

うちも次男の愛読書の一冊が「山菜ガイドブック」で、よく知らない草を「天ぷらにしてほしい」とリクエストされます。写真と実物をとくと見比べ、食べるときもおそるおそる・・・。

もうひとつ。長男も小学生の頃、「ホトケノザ的?な草を学校帰りに友だちと食べてきた-」と報告したことがありました。「道草食ってきた」って。ぴんぴんしていたので笑ってすませましたが・・・いけませんね。しかも道ばたのホトケノザと春の七草の「ホトケノザ」は別物。子どもには分からないです。

8月の最終週、省庁の障害者雇用水増し問題が報道されています。

生産性ばかりが追求される世の中では息苦しさが募ります。
またひとつ、宿題ができました。

(おきょうさん、私も空の雲に祈らせてください。明日も。)

投稿: 円 | 2018年8月29日 (水) 15時47分

ふみこさま こんばんは

将棋は祖父との山崩ししたことがないので何がどう動くかわからないのですが、前にテレビで羽生善治さんと東出昌大との大逆転投了図対決を見て、なんて奥が深いのかと驚きました。深すぎて今のところ手が出せないのが残念です。駒の動き方だけでも覚えましょうか。

田舎の子なのにスベリヒユは知りませんでした。摘んだことのある野草は
土筆だけでした。

夫さんの撮影旅行もスベリヒユも将棋の手も信じて進むことが大事だなと思いました。まだ、私にはその覚悟が少し足りていないようです。

真砂さん
「センチメンタルサラバンド」ご相伴にあずかりました。美しい心に沁みるメロディですね。すてきな曲を教えてくださってありがとうございます。いつか真砂さんの演奏で聴きたいです。

おきょうさん
雲を見て、どうぞ安らかにと祈っています。
お体ご自愛下さい

投稿: あすちるべ | 2018年8月29日 (水) 23時38分

あすちるべさん

こちらこそです。
聞いて下さってうれしいです。
それに。。あすちるべさんがセンチメンタルと書いて下さった
おかげで。。この3楽章の題名をおもいだせたのですから。。
普通3楽章に題名付けないですが。。ブリテンさんの思いを
ふっと確認したくなりここにかかせてもらいました。
(ふみこさーんいっぱいお借りします。。感謝ですー)

だからね。。しょうぎのおもしろさにもにていたり。。
相手の一手で違う展開になったり。。相手の集中力から
パワーをいただいてひらめいたり。。。
だから音楽も相手の旋律の美しさでわーとこちらもパワー
もらえたりして一人で弾いていた時にはみえなかったものが
うかびあがるとうれしくなります。
では今日は仕上げのシンフォニーあすちるべさんにも
届くように奏でます。いつもありがとうございます。うれし。

投稿: 真砂 | 2018年8月30日 (木) 08時02分

ハチミツ さん

お帰りなさい。
……うれしい。

旅の思い出、記録を、
ここへ、ぽつぽつと、
置いてくださいね。

どんなに厚みのある日日であったことか。

おきょうさん さんは、
大丈夫。
おきょうさん さんはやさしく、強い。
強いけれども、それはひとの弱さを認めての……
たおやかな強さです。

弟さんは、姉さんのなかに生きることを
決めたのかもしれない、な、と。

投稿: ふみ虫。 | 2018年8月30日 (木) 19時33分

円 さん

大事なことを書いてくださり、
ありがとうございます。

ひとひとりの力は小さいかもしれないけれど、
小さいひとりの意志は、決して小さくない。
……と信じています。
たとえ、かすかな微笑みでも、
たとえ、ことば少なの意見でも。

それを見逃さない(聞き逃さない)のが、
ひとひとりの良心だもの。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2018年8月30日 (木) 19時39分

あすちるべ さん

羽生善治竜王の、
好きなことば、たくさんあるのですが、
きょうは、これ。

「どんな場面でも 
いまの自分を認めること」

投稿: ふみ虫。 | 2018年8月30日 (木) 19時43分

おきょうさん さん

私も 祈ります。
どうしようもなく 苦しい時、こちらの広場のみなさんの言葉に救われた事を思い出します。
ふさわしくない、と 思わず、また お気持ちおきにきてほしいと思います。

投稿: 大野 | 2018年8月31日 (金) 01時37分

ふみこさま。

私、嘔吐下痢にかかり寝込んでいました。
昨日からやっと食べれるようになりました。
スベリヒユ。
どんなんだろ?知らなかったです。
ちょっと調子よくとんとん動いていたので、「調子にのるなよ」と
ストップをかけられた気分です。
今日も、ゆったり休んでいようと思います。

やさしくて強いおきょうさんさん。
今日、空を見上げました。
涙雨のように、ざーっと雨がおちてきました。
そして、すぐに晴れました。
祈りますね。

投稿: こぐま | 2018年8月31日 (金) 10時12分

こぐま さん

ああ、お疲れが出ましたね。
やさしいひとは、すぐ無理をする……。

祈りは誰のためにも、祈りなんだと、
ふと思いました。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月 1日 (土) 13時29分

ふみこ様 こんにちは

9月になりました
昨日 見た 半月より少し太めの月が
いつもより大きく濃い色で 秋になったなぁと
つくづく感じました

スベリヒユ、検索してみました
これは!子どもの頃 よく見た 
畑や道端にたっくさんはえていた
おなじみの雑草。
そうですか・・・高血圧にいいんですか
びっくりしました。
両親が畑を作っていたころ
「また これがはえてきた」と嘆いていたので
農家の敵だとばかり思っていたのです


図書館から 安房直子さんの本を借りてきました
「なくしてしまった魔法の時間」
すこし 物悲しく
秋の初めに 読むのに ぴったりでした。

投稿: えぞももんが | 2018年9月 2日 (日) 14時52分

えぞももんが さん

スベリヒユ。
あまりにも身近過ぎて、
食べるのに勇気を必要とした気持ち、
わかっていただけると思います。
(置き手紙を書いてしまうほどね)。

(サスペンスの観過ぎ・読み過ぎというのも
たしかにありますが)。

でも、これからは、
身近な草や実にもこころを向けようと
思うのでした。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月 3日 (月) 12時45分

ふんちゃん

 スベリヒユ…。
 とっても気になります。
 食べてみたい…。
 けれど、目の前のコレが本当にそうか?と
 自信が湧かない感じがするので、
 気になる…だけで終わってしまいそうなのが残念です(^^;)

 空を見上げながら過ごした一週間でした。
 おきょうさん さんを思い、
 娘を思い…。
 今年の夏は、本当に雨の多い札幌でした。
 いや…、夏はあったのだよね?ね?
 と確認したくなるような夏でした。
 もうすっかり秋のにおいがしています。

 先週、病院へ行き、
 2番目ちゃん娘のココロの不安に名前を付けてもらい、
 本人、家族共々、ちょとした「島」にたどり着いた気分です。
 まだまだ乱高下の激しい状態ではありますが、
 本当にステキな病院の方たちに出逢えて、
 共に支えてくれる人を見つけた気持ちです。
 少しずつ別室登校で学校にも行き出し、
 2番目ちゃんのペースを見つけられるようになってきました。
 しばらく…家にいてもいいのに…と思う母でしたが、
 行きたいのだそうです。
 頑張らずに、頑張れ〜。です。

 今日も、曇りの空を見つめながら、
 おきょうさん さんと繋がっていることを感じています。

投稿: もも(^_^) | 2018年9月 3日 (月) 13時15分

もも(^_^)さん

ものすごーく「お気楽」な
たよりになるかもしれないけれど、
許してください。

2番目姫ちゃま(と、わたしは呼ばせていただいています)は、
大丈夫。
姫ちゃまには、ももちゃん、お父さん、
ご兄弟がついています。
きっと、この世の「不条理」が、
解けてゆく道筋を、ももちゃんは見せるんだと思う。
そう信じています。

しかし、
ときどき「真面目」を休んだり。
「浄ら」を投げ捨てたり。
「インチキ」を取り入れたり。
……姫ちゃまとなまけきる日もあったらいいね。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月 3日 (月) 15時26分

ふみさま、みなさまこんばんは

場所をおかります。

このたびはたくさんの温かいお言葉、たくさんの見守り、たくさんの祈り、
本当に本当にありがとうございました。
何度板切れを取り出してみなさまの言葉を握りしめたことか・・・。
そのたびに力と勇気をいただいたことか・・・・。
→やはり板切れってものすごい発明かもしないですぞ。(^_^;)

おかげさまで8月の最後の日、弟はみなさまが見上げて花道を作ってくださった空へ上っていきました。

こういうときは家族葬でひっそりとの時も多いとききますが、
お嫁さんとで話あって、
堂々と、『自分の今までの人生に自信を持ってもらい、価値があったんだよ、すごいことだったんだよ』と思わせてあげたくて、葬儀も父と同じ場所から堂々と送り出す決心をしました。
弟がかかわったたくさんの友人、かわいがってくれていた親戚、私の友人(よく一緒にテニスやスキーにいきました)わかる限りどんどん連絡をとって、板切れにて拡散もしてもらい、弟の旅立ちを知らせることにしました。お通夜に400人、告別式には100人の方々に盛大に見送ってもらうことが出来ました。よかったなと。

ただ、一人

施設でやっとの思いで暮らしている母だけには知らせずに。

最後の最後まで葛藤し、いろいろ悩み、たくさんの方に相談もして、
でも結局決めるのは私で、そして知らせないで送り出す答えを出しました。

今までこういう決断は常に弟がいっしょに相談にのってくれていたのに、その弟がいない・・

姉ちゃん悩んだけどそうしました。
これ以上母に悲しみを背負わす勇気が私にはなかったです。

寝れない、食べられない、後悔の日々・・・腰の曲がった生死の境をさまよって、やっとの思いで戻ってきた母には重すぎます。

明日またいつものように、ちょっとのお小遣いと、チョコレートとおせんべと、ヘアリンスを持って母を訪ねます。金曜日には病院へ通院です。大女優にならなきゃ。


弟の決意がなぜだったのか?何度考えても、いくらまわりの家族と話をしてみてもさっぱりで、答えはまったくみつからず、1週間悩んで、ふと、『ひょっとしたら、これはこの先に弟にふりかかる何かものすごい悪い大変なことが決まっていて、その何かを避けさせるために、神様と父ががサッとさらっていってしまったのかもしれないな~』と思いました。


お骨を納めながら、「ああ、もうここにはいないんだな~~いっちゃたな~~生き切ったんだな~~」とス~~~っと思えて、それからは涙も出ることがなくなりました。その前は相当なボロボロだったのに、不思議です。


今日からレッスンも再開です。生徒さんとの楽しいやり取りや、発表会までの怒涛の忙しさの中で少しずつ
痛い思いも癒されていくでしょう。
またガハハのおきょうさんに戻ります。

みなさんと一緒にまたこの広場で一休みさせていただきながら


生きていきます。


投稿: おきょうさん | 2018年9月 3日 (月) 18時19分

おきょうさん さん

まさか、ここにおたよりをいただけるなんて。
ほんとうにありがとうございます。

この広場に集うみなさんは、
もしかしたら、 おきょうさん さん以上に
弟君をわかる、そういう人びとかもしれませぬ。
それで、ほんとうに悲しみ、
けれど、いちばんには、その人生をまるごと……
まるごと言祝ぎたいと、
讃えたいと考えるわたしたちです。

これだけは譲れない。
ほんとうに佳き人生であったと、
讃えたい気持ちは。

これからこの世では、
おきょうさん さんやお嫁さまが受け継ぎ、
わたしだって、受け継ぐからね。

おきょうさん さんの弟君へ。
ほんとうにこの世でのこと、
どうもありがとうございました。
この世での日日、
お疲れさまでございました。

ときどき、
単純で、勘のいいとは云えないわたしに
わかりやすいメッセージを伝えて……。
お願い申します。


投稿: ふみ虫。 | 2018年9月 3日 (月) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)