« S氏略歴 | トップページ | 窮屈のひも »

2018年9月18日 (火)

不要不急

 ことし、どのくらい「不要不急」ということばを聞いただろう。
 はじめは少しも耳に留まらず、「ふろうふきゅう(不労不休?)」とか、「ふようふきゅう(不用ふ休?)」とか、出鱈目なことばをつくって、それを口のなかでつぶやいていたりした。
「不労不休」は、働きもせず休みもせずという意味で、ちょっとわたし的だ。
「不用ふ休」のほうは、なまけているふみこはいらないよ、という意味でもあるだろうか、いっそ相当わたし的である。

 関西での地震。山陰山陽での豪雨。台風に次ぐ台風。北海道胆振での地震。

 途切れなく襲ってきた天災の報道で、たびたび使われたのが「不要不急」なることばだった。
「不要不急の外出は避けてください」
 これをテレビ越し、ラジオ越しにくり返し告げられ、やっとわたしは「不要不急」が「重要でなく急ぎでもない」という意味であり、「できれば家にいて外出しないこと」の推(すす)めであることを認識した。
 自分のしていること、ことに外出の不要なるかならぬかを調べ、いますぐしなければならぬかどうかも調べ、わたしは混乱した。混乱しながら、みずからのなかで組み立てていた事ごとの優先順位を考えるようになっていった。

 自分で決定した優先順位。

 他者が請う優先順位。
 天が命ずる優先順位。

 この3つは、少しずつずれている。

 わたしの受けとめ方がまず、異なる。
 そうして。
 いまのいま、「天が命じる優先順位」に従いたい自分を感じている。命じる、というより、「天に許され、よろこばれる優先順位」というのが、気持ちとしては近いかも知れぬ。
 そこに照準を当てると、不思議なことに、自分がこだわってきたあれやこれやが、端からもろもろっと崩れるように欠けてゆくのだった。

 朝いちばんにすること。

 仕事(あるいは家のしごと)の手順。
 つねに玄関に生けている白百合。
 いつも使っている調味料や基礎化粧品。
 新聞や雑誌の読み方。
 買いものの頻度。
 ひととのつきあい方。

 つまり。

 こうでなければいけない。あれがなければこれができない。わたしはこうです。自らつくったルール。自らの、自らに対する見方。これまで大事にしてきたこれらのこと。大事にしてきたものたち。
 こうしたすべてが大事でなくなったわけではないけれど……、それよりいま、生きていることこそがこだわるべきたったひとつのことなのだと、思うようになっている。

 地上での生が消える日までは、少しゆるめに暮らそう。

 変化を受け容れ、味わい、こころをこだわりから解き放ち、生きている自分を愛そう。生きている自分の〈さだめ〉ごと愛そう。
 ことしつぎからつぎへと、被さってきた天災のもと、わからせてもらった、それがたったひとつのことだった。

2018w

ある日、テーブルの上にちっちゃな猫がいて、
こちらをじっと見ていました。
裏返してみると、留め金があり、
ブローチであることがわかりました。
「このブローチをみつけたとき、おかあぴーに
あげようと思ったんだけど、買ったら、自分のにしたくなった」
(長女の声)

……そういうの、たいそうよろし。
と、わたしは思ったのでした。

 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん
 
 いろんな方にご心配をおかけして、
 たくさんの温かいことばを置いていっていただきました。
 ここにお礼を置かせてください。

 ふんちゃん。
 いつか、娘と東京旅行に行けたらいいな…。
 飛行機が怖くて乗れない娘なので、新幹線で!


 佐々木広治さん
 いつも思慮深く、そして、新しい視点を与えてくださって、
 ありがとうございます。
 「たそがれたかこ」読んでみたいと思います。
 ゆっくり養生したいと思います。
 ありがとうございます。
 
 円さん
 温かいおことばをありがとうございます。
 ペニシア・スタンリースミスさん。
 初めて聞くお名前でした。
 いつか読んでみたいと思います。
 「笑顔になる理由」
 今なら、見つけられる気がしています。
 今日も、娘が朝、起きてきてくれた。
 ご飯を美味しそうに食べてくれた。
 他の4人の子どもたちも、元気に朝を迎えられた。
 そして、今、コーヒーが美味しい(^^)
 たくさんあります。
 時々、ありがたいなぁと思っていたことではありますが、
 今は、本当に身にしみて感じます。
 ありがとうございます。

 えぞももんがさん
 やっぱり…大変でした…。
 ようやくいい方向に向かっていると
 実感できるようになり、ホッとしています。
 こうして、えぞももんがさん、みなさんに支えられています。
 えぞももんがさんの森の写真を時々眺めて、
 私も森に行っているような気持ちになっていました。
 自然は、温かいですね。
 厳しさもあり、温かくもあり、
 ちゃんと自然を感じながら、感謝しながら、
 過ごしていきたいと思っています。
 ありがとうございます。

 

投稿: もも(^_^) | 2018年9月25日 (火) 09時27分

ふみこさん おはようございます

私も ももさんにメッセージおかせてください

ももさん どんなに大変だったでしょう
感情が無になってしまったと思っても
少しずつ 少しずつ
いい方向へ行っている

どうか ももさんも 休んでください

投稿: えぞももんが | 2018年9月25日 (火) 05時32分

もも(^_^)ちゃん

思いきったのんびり。
信じがたい怠け。
思いもよらない……、……。

そういうことをしてみてほしい。

2番目ちゃんのためもだけれど、
いちばんには、ももちゃんのために。

ゆっくりゆっくり、ね。

ふたりそろっての東京旅行も、
おすすめです。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月24日 (月) 23時11分

ももさん

「家族を守りたい。。。」思いの源は同じでも表現の仕方は人それぞれですね。

こころ優しいももさん、お母様方への感謝の思いと、物資の不足で難儀されている方たちへの申し訳ない思いで板挟みになってしまわれたのですね。

その物資、きっと大切に、大切に使われているんだろう、とお察しします。

北海道とは遠く離れているけれど、食べ物も、電気も、皆さんと分かち合っている気持ちを持っていたいものです。

その後、お嬢さんはいかがでしょうか?

まだ時期尚早だとは思いつつ、家族の病に病名がつかず、途方に暮れていたときに、助けてもらったベニシア・スタンリースミスさんの言葉を置かせてください。

佐渡島。昔、流刑となった上皇や僧侶などが、困難の時期を、同時に人として成長する機会に変え、様々な作品を残したことに思いを馳せ、紡がれたことば・・。

「人生で泣きたいことが起きても
それ以上に笑顔になる理由があることを
身をもって示せばいいのだと」

どうぞゆっくり養生なさってくださいね。


投稿: 円 | 2018年9月24日 (月) 23時11分

ももさん。

もしかしたら不適切で的外れなはなしになるかもしれませんが。

娘さんは、ももさんがいてくれたからこそ、安心して壊れてゆけたのかもしれません。
なにもできない、とおっしゃるけれど、そばにいて見守る、それがどれだけ支えや励み、救いになっていたか。また、見守るということはそうする本人にとって非常に力のいることでしょうし。
壊れる、別の見方をすれば、頼り任せられたとも、見ることができます。
だれにも頼れず任せられず、ぎりぎり耐えに耐え、回復しようがないところまでゆくひともいるとおもうんですよ。


娘さんだけでなく、ももさんも、ご自分を労り、養生なさってくださいね。


可能であれば、いつか、『たそがれたかこ』を読んでみてください。
入江喜和さんという、ぼくの大好きな漫画家の作品です。

投稿: 佐々木広治 | 2018年9月24日 (月) 20時10分

ふんちゃん

 何を…、どこから…、どう書いたらいいのか分かりません。
 けれど、ようやく、パソコンに向かおうと思えるようにまで回復してきました。

 大きな山なのか…谷なのか…
 越えられた気がしています。

 娘がどんどん壊れていき、
 そばにいる私は何もしてあげられず、
 ずっと緊張したままの時間を過ごしていました。
 ようやく、回復の兆しを感じられるようになり、
 自分の疲れを感じられるようになり、
 ゆっくりとコーヒーを味わうということも
 できるようになってきました。
 
 地震、娘のこと。
 本当にいろんなことを感じ、学びました。

 いっそ、山奥でひっそりと、
 テレビもない、携帯も通じないようなところで暮らせていたら、
 娘が壊れることもなかったのじゃないか、
 地震だって、
 「あ、大地が揺れたね」と
 お日さまが照らしてくれている時に動き、
 暗闇では休む。
 という暮らしができたら…と思ったりもしました。

 地震は恐かったです。
 怖かったですが、
 電気が通じないというだけのことに、 
 これほどうろたえた…ということに驚きました。
 私は、あるだけの食料で近所のみんなと過ごせればいい、
 明かりも、明るい時だけでいいじゃないか…と
 思って過ごしていましたが、
 2人のばあちゃんたちは、本当に懸命にいろんな物資を求め続けてくれました。
 大変ありがたいことだったのです。
 けれど、私は、落ち着かなくもなりました。
 やっぱりちょっと考えさせられることでもありました。
 お店に物がない時…、
 私は、何かを買う気にはなれませんでした。
 本当に困った人に行き渡りますように…と思って…。

 いつもは揺れるはずのない大地が揺れ、
 娘がこわれていき…、
 今まで見えていた風景が、私の中で変った気がしています。
 こんな時に、私を支えてくれたのは、
 やはり台所しごとでした。
 ここは、いつもと変わりなく…。
 
 ようやく落ち着いて、先が見えてきたからこそ、
 本当に一つ一つがありがたいと感じられるようになりました。

 どうやって書いたらいいのか…と言いながら、 
 こんなにも書いてしまいました。
 たまっていたのだなぁ…。
 
 聞いてくださって、ありがとうございます。
 
 回復してきた娘とともに、
 ゆっくり、養生して、暮らして行こうと思います。
 またお邪魔します。

投稿: もも(^_^) | 2018年9月24日 (月) 14時19分

真砂 さん

おはようございます。

にらめっこしましょ
あっぷっぷ。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月21日 (金) 09時35分

ふみこさま。おはようございます。


富山からおかえりなさーい。
出かける前なのにおたよりうれしかったです。

そうそう。。思い出したのできいてください。
数年前の鈴木さんのお話。「音とからだのにらめっこ」
ね。素敵なタイトルでしょ。。
これって。。人間納得したいからなんだかつぶやきたくなったとき
そのこころをコトバ(音)にのせるけれど。。からだでうけとめようと
してくれる人でなければこころはすれちがってしまう。。。
ふみこさんはいつも私のなんだかなあーという音まであたたかく
にらめっこしてうけとってくださって。。本当に感謝です。

いつかね。。この広場の「ふみこさんへの詩」という曲つくる
つもりでいるので。。ふふ。ゆっくりゆっくりまっていてくださいね。
(世田谷線の土手にさく彼岸花。けなげに走る猫電。ゆっくりね)

投稿: 真砂 | 2018年9月21日 (金) 09時24分

佐々木広治 さん

この広場のまんなかで、
「それ」を広治さんが静かに伝えてくださるから、
うつくいと思える。

……読んでみよう、と
思うひとが、たくさん。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月20日 (木) 16時22分

こぐま さん

若いひと、
ちっちゃな友だち、
これから生まれてくるひとたちに、

「死」の尊さ、気高さを。
そしてどんな「死」を経てゆくひとの「生」にも、
生きた時間の尊さ、気高さを
伝えたい(想いたい)、です。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月20日 (木) 16時20分

みゅー さん

みゅーさんが、
自分にできることから、まず……、
と云う「自分にできること」は、
みゅーさんが思うより、

でっかくて、
うつくしくて、
ひとのこころを揺さぶるものかも……

しれませんよ(予言)。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月20日 (木) 16時16分

さゆ さん

自分を愛したい。
(それも、自分でない誰かのためになりそうだから)。

やさしいひとになりたい。
(タイミングよく、ひとにやさしいことばをつがられるように)。

つよいひとになりたい。
(日常を、みんなの日常を支えられるように)。

( )のなかは、わたしの解説。

でも、当たっているでしょう?
そんな慈愛あふれる さゆ さんには、
自信を持っていただかなくては。

おやさしいおたよりを、
どうもありがとうございました。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月20日 (木) 16時14分

たまこ さん

正確に云うなら……。

自分のルールを自分に押し付け、
その状態で、ひとに接していた。

ということじゃないかな。
ひとに何かを押し付けるようなひとじゃないもの。
たまこさんは。

でも、自分自身を大事に。
労(いた)わることをしないとね。
自分への仕打ちは、
そのまま〈相手〉にあらわれますから。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月20日 (木) 15時44分

ふみ虫さま。

以前お知らせしましたが、最近すこしずつO・ヘンリーを読んでいて。
芹沢恵さんの新訳です。
意地悪なはなしや滑稽なはなしもありますが、あたたかくて胸にしみます。
なんでここまで、というほど。
涙が滲むこともよくあり。

あらためて読み、うまいなぁと。
また、技術だけではないなとも。
人間性ですね。
『賢者の贈り物』、『最後の一葉』。
あまりに有名で、ためにちゃかされることも多くあるもの。
でも、その美しさといったら。
それは、おもうに、他者のために、見返りをもとめずにおこなう、純なこころのはたらきだからなんでしょうね。

おなじ美しさか、『天空のラピュタ』。パズーとシータが滅びの呪文を唱えるところでは、毎回泣かされます。
他者のために、我が身をていする。
あんなに幼い子らが。

幼くなくとも、美しいですね。

この世で最も尊く、美しいもの、と私はおもいます。


投稿: 佐々木広治 | 2018年9月20日 (木) 13時36分

ふみこさま。

こんにちは。
この頃、はるくんが、「死んだらどうなるん?」
って聞いてきます。
「ばあばも、わからんけど、死んでも魂っていうのは、
ずっとそばにいるらしいよ。ばあばも死んでも、はるくんのそばに
ずっとくっついてるからね!」
って言いました。
もしかしたら、はるくんが生きていく世界は
もっと自然がきびしいかもしれないなぁ……と思いながら、
どうかしあわせに生きていってくれるようにと願わずにはいられません。
わたしも、生きていることにこだわっていきたいと思います。

投稿: こぐま | 2018年9月20日 (木) 13時31分

ふみこさん、みなさまこんにちは。随分とご無沙汰してしまい…とりあえず、バタバタとなんとか夏休みを乗り切りました。今年は大雪、大雨、土砂災害、何度も学校から不要不急の外出は控えてくださいとのメールを何度も目にしました。今年はいろいろなことも重なり、今を生きる大切さと、今を生きていることの感謝をものすごく感じる年だなと思っています。変化を受け止め、少しゆるめに…ふみこさんからの言葉が心に響きました。ありがとうございます、ふみこさん!いろいろな大変なことの合間にまた自分にできることを始めようと思っています。とりあえずは絵を描いてみようと!

投稿: みゅー | 2018年9月20日 (木) 09時42分

ふみこさん、みなさん、こんにちは。

今回の一文、
「生きている自分を愛そう。生きている自分の〈さだめ〉ごと愛そう。」
すごくすごく、心にしみました。

きっと自分を愛することで、人にも優しくできるのでしょうね。
私も自分を愛し、やさしい人になりたい。
変化を受け入れるつよさも持ちたい。

心からそう思います。

被害の大きさを考えると、全然違うとは思うのですが、
でも、天からのさだめには逆らえないということは、
この冬、大雪を経験して実感しました。
豪雨も地震も誰にも止められません。

その中での生活は、不安でいっぱいで暗くなりがちですが、
でも、そんな時に、優しさに触れたり、笑えたりすると、
心がゆるんで、ゆるむことで、少し気力が戻る気がしました。

日常の中で、些細なことで落ち込んだり自分を責めてしまいがちです。
人のいいところは見えても、自分に自信がないのです。
まずは、自分を愛する。さだめごと愛する。
この秋は、そんな風に生きていきたいです。

投稿: さゆ | 2018年9月19日 (水) 14時39分

ふんちゃん皆様こんにちは。
自分の中のルールを他人に押し付けてしまい
最近くたびれてた私です。

なんで家事手伝ってくれないの!と勝手に周りに腹を立て…,
きっと言えばやってくれるのに言えない自分が悪いのに。
もっと実母のこんな思いに気づいて手伝ってあげたらよかったな。

さて今週で復帰して一ヶ月
少しは成長したはず!日一日と成長しますように。

投稿: たまこ | 2018年9月18日 (火) 21時34分

真砂 さん

うんうん。

地球をひとつの人体と思って、
生きたいです、ね。
ときには、鼻。
ときには髪。
きょうは胃袋。

というふうに思えば、
彼の地の大切さが身に沁みます。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月18日 (火) 10時43分

ハチミツ さん

きょうはこれから、
富山県南砺市に向かいます。

金木犀の香りに送られながら。

ありがとうございます、ハチミツさん。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月18日 (火) 10時40分

えぞももんが さん

朝いちばんのおたより、
ありがとうございます。

いまを大事に生きよう。

きょうもなんとか、生き抜こう。

けれど、いつもできるだけやさしい気持ちで。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月18日 (火) 10時39分

ふみこさま。おはようございます。


もうすぐ秋分の日。
日向ぼっこの空間で自然の音に耳を澄まそう
が行われてちょうど今年で30年ですね。

地球が一つの人体と思って聴く。。鈴木昭男さん。
そうすると少しは人体としての地球が長持ちするかもしれない。。
社会運動家じゃないから自分がそれをこころがけていきたい。。
というようなことを何年が前の横浜の会場で聞いたこと思い出しました。

昨日の室内楽でも古いビオラをお持ちの方がこられて
調弦しようとされたとき、「ちょっとまってくださいね。
ずっと使用してなかったので今調弦すると弦がきれそうです
からあなたの音にあわせましょうか。。」
という提案がなされちょっと音がいつものヘルツではないけれど
なんだか温かい音になりその方の嬉しそうな笑顔でこころが
ふわっといいいちにちになりました。

ふみこさーん。まあるいこころでわたしも一日をつくりたいです。
まあるい心で相手の心を聴く方をもっともっと大切にしようと
おもいます。
(こちらの方はきんもくせい暑すぎたなつのせいか。。ことしは
全然さいてなくて今朝も「大丈夫?」とこえかけてみました)

投稿: 真砂 | 2018年9月18日 (火) 08時23分

ふんちゃんへ

朝から素敵なお手紙ありがとうございました。
「生きてる自分の〈さだめ〉ごと愛そう。」こころに刻みます。

今朝 新聞を取りに行ったら何処からか金木犀の香りが...。
大好きな香りです。今日も穏やかな気持ちで過ごせますように...♪

投稿: ハチミツ | 2018年9月18日 (火) 07時22分

ふみこ様 おはようございます

不要不急を読みながら

そう そう こういうことが言いたかった・・・と
じんわりしました

ふみこさん 私がイヤと言うほど教わったのは
毎日 洗濯しなくてもいい
掃除だって 違う方法があるだろう

信号が全部 止まって
どうしたかと言うと
交差点で それぞれの車が 気を付けて
譲りあって 優しい運転になり
とてもスムーズに走っていました

驚きました

そして 一番思ったのは
ふみこさんと 同じく

「今を 大事に生きる」です

何があってもそうありたいです
ふみこさん ありがとう!

投稿: えぞももんが | 2018年9月18日 (火) 05時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)