« 背中 | トップページ | 不要不急 »

2018年9月11日 (火)

S氏略歴

 ソファというものを持たないで暮らしてきた。
 ときどき熱に浮かされて「やっぱり欲しいかもしれない……」と思うのだけれども、そのたび、もの置きの場になりそうなこと、一度坐ったら最後立ち上がれなくなりそうなこと、を想像して持たなかった。
 ことしのはじめ、またソファ熱がくっと上がった。
 家具のカタログをぱらぱらとめくっていた(床の上にあぐらをかいて)わたしの目に、ソファベッドなるものが飛びこんできたのだ。ふだんはオーソドックスなソファなのだが、座面のばすとベッドになる。これまでだって、この手のものは見てきたのだが、木製の枠組みといい、クッションの厚み色合いといい、よい! 思わず、あぐらをほどいて正座する。

 ここに寝ころび、居間のテレビで映画を観るというのはよさそうだなあ。

 泊まり客用にいいかもしれないなあ(泊まり客にベッドを譲って、自分がこれに寝る!)。

 結局、即決は思いとどまり、そのうちソファ熱は下がっていった。

 熱は下がりはしたけれども、頭の隅にソファへのあこがれのカケラが残っていたのだろうか、ある日、気がつくとわたしは家じゅうの椅子の配置を見直しいた。そうしてふたつの椅子を居間にならべて置いたのだ。椅子をふたつならべて置くと、ソファみたいだ。
「ここに薄手のクッションか何か……、あるといいかな」
 そんなことを思いめぐらしながら、机まわりを覗いていたとき、みつけた。

 横縞模様の麻のショルダーバッグだ。
30年くらい前、ギリシャの雑貨店でもとめたものだ。1800円だった。
 ショルダーバッグとしては使わず、乾物入れとした。これに入りきらないほど乾物を持てば持ち過ぎだし、入(い)りが足りなければ不足だという、ほどよい大きさであった。そんなふうにして干し椎茸、ひじき、切り干し大根、麩、かんぴょうとともに過ごしていたが、10数年後、ショルダーバッグ(以下S氏)は台所から異動となる。
 異動先は居間で、「本日の新聞」入れがその仕事だ。これ10年つづいた。あたらしい仕事をおぼえて役割を認知する能力が高く、たちまちその場に溶けこむS氏。
 いっとき袋部分にヌードクッション(クッションの中材)を入れて、わたしのお尻の下で働いてもらったこともある。なんだかあんまりな気がして、それは半年くらいでよし、その後、大事な仕事の資料を預かってもらうことにした。
 S氏はここでも実力を発揮し、数年ののち……、そうだ、このたびのことになるが、ひょいと机まわりを覗いたわたしにみつかってしまった。

 握り鋏をつかんだわたしは、
S氏を膝の上に乗せ、縫い目をほどきはじめる。
「ぎゃっ」
 という小さな叫びを聞いたような聞かなかったような気がするけれど、こういうときのわたしは、何がどうあっても動きを止められない。
 S氏はとうとう1枚の布になった。

 云うたらなんやけど(田辺聖子風)、見習うべきは
S氏の変わり身ではないだろうか。
 ワタクシはこうです、などとは主張せず(考えてみれば、本来の役割であるところのショルダーバッグとしては一度も使わなかった。これに対しては「ごめんなさい」である)、あらゆる変化に対応し、とうとう1枚の布となった。時に「ぎゃっ」と叫ぶような場面もあったかもしれないのだが、いまは、ふたつならべて置いた椅子の上で、品格を保ちつつ、在る。
 それを見習おうというわたしも、これから先、変わり身を厭わず、いや、むしろ積極的に変化してゆこう……。

 ところで。

 ショルダーバッグから乾物入れ時代までS氏についていた持ち手の紐がまた、うつくしかったのだ。白とブルーの編み紐で、使わなくなってからは、友人の家で驚くべき人生を送っている。
 そのはなしは、またいつか。

2018sw
S氏。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま。おはようございます。


魅力あるS氏。頼もしいサポーターですね。ふふ。
「えー」なんていいつつも。。そっと体を休める
ふみこさんをささえてくれそうですね。

そうです。そうです。
私もサポータの存在って大きいなーと思って。。
今使用しているソファーを求めたのは大変なことが続いた後。。
ふらっと目にとまったソファーの色。オリーブイエローのイタリアの
生地。そして一人分のおおきさ。「大変だったね。。これで。イタリアシエナ
へ行ったつもりでゆっくりしてね。。」という声?をきき即決。
窓辺のマイデスクのまえに。。ふふ。寝転がるとね。空しかみえなくて
起き上がると窓のベランダガーデンの花たちにさそわれて。。
元気をもらっていい感じです。
(もっともいつの間にか娘これいいねと言いつつ共用というか。。のっと
られた感じも。。)

いろいろな物の力をうまくかりて。。
そう言えば。。庄野氏も食後はゆっくり寝転がるのを大切に
されていましたよね。。そういうゆったり天使とお友達に
なる工夫ってたのしいですね。楽しいS氏のおはなしで
今日は涼しい朝のはじまりはじまり。。

投稿: 真砂 | 2018年9月11日 (火) 08時11分

ふんちゃんへ

S氏を乾物入れに使われてた自由な発想にまず「うぎょぎょ!」です。
私は固定観念にとらわれがちです。もっと自由に!そうしていいんですよね。
「あらゆる変化に対応し...」が一番苦手な事だとも自分自身わかってます。
そんな中でのふんちゃんからの「積極的に変化してゆこう...」のお言葉 しみました。
持ち手の紐がどのように活躍されてるのか気になります。

すっかり秋の空気に変わりました。
カナダでは、暖房を使ってるそう。
バンクーバーでのビールティスティングが一番楽しかったです!
麦畑も多く、しかも広い。果てしなく続いてました。
まーすぐな道も見えなくなるほど続いていて改めて広い(この言葉しか浮かびません)所だなと。
色々な人種の方達が居て自然に馴染んでいるように見えました。
日本だと外国の方を受け入れられてないような感じもあるような、ないような...。
私の偏見かもしれませんが。
楽しい事もありましたが、考える事もあった旅でした。
夫の住んでる町も訪ねられたし、家で4日間過ごす事ができて良かったです!

七年前の地震の後、余震の度に動揺してました。また揺れてると。
不安な気持ちが少しでも減り、穏やかで落ち着いた気持ちになりますように...。
祈り続けたいと思います。


投稿: ハチミツ | 2018年9月11日 (火) 08時27分

ふんちゃん皆様こんにちは。
S氏の能力素晴らしいなー
新しい仕事をすぐに覚えて認知して即戦力になるところ。
今の私に欲しいなー。即戦力になりたいなー。

あと二週間で前任者がいなくなるので
完璧にしたいのです


ひさびさに坊や通信を話させてください。

坊や仰向けからひとりで座れるようになりました。
もうすぐ一歳、毎日お兄さんになります。

投稿: たまこ | 2018年9月11日 (火) 21時02分

真砂 さん

秋になりました。
なんだか、急激に。

北海道の今朝の温度が5度と聞いて、
もう少しだけ、寒さ、待って!と
思いました。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月11日 (火) 21時12分

ハチミツ さん

すてきなお土産話を
どうもありがとう!ございます。

最近、わたしね、
「自然に」
「馴染む」
みたなことが大事なんじゃないかと、
しきりに思わされていたのです。

お土産話をいただいて、
自分がまず、さりげなく、
心がけたらいいんだな、と。

うれしい気づきをいただきました。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月11日 (火) 21時15分

たまこ さん

たまこさんもぐんぐん成長。
坊やもぐんぐん、ぐんぐん。

進化し、育つ音が
聞こえるようだ!
と思いました。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月11日 (火) 21時16分

山本ふみこさま

こんにちはー!
ふみこさまと皆さまのお言葉に、いつもいつも心をゆさぶられています。

素敵な椅子のお写真、双子ちゃんが並んで笑っているように見えました。

本当にいつもいつもありがとうございます。

投稿: のりこ | 2018年9月12日 (水) 00時52分

ふみ虫さま。

多分、ですが、ふみ虫さまのご両親のお家に、ソファーがあったのでは?
陰に陽に、親の影響はあるようにおもわれて。


椅子、味わいのある形といろですね。
S氏もそれ用にあつらえたようにしっくりとあり。


それはふみ虫さまの趣味で統一されているからでしょうけれど。


ソファー。
ぼくはないかなぁ。
横になるとすぐ寝てしまうこともあり。


こちらも肌寒いくらいでそろそろストーブが必要なかんじですから、北海道はもうストーブ必須でしょうね。
ストーブが、円滑に使えるような状態であればよいのですが。

投稿: 佐々木広治 | 2018年9月12日 (水) 01時55分

ふみこさま。

秋のおたよりありがとうございます。

いきなりすぎてなんだか調子の出ない昨日でしたが。。
すごいうれしいことがありました。

「すずしくなったので出かけてメガネを直してもらったので
また楽譜をみようという気持ちに。。」と先日のおじいさんからの
生き生きとしたきもちがとどきました。
全然そんなつもりはなくただその時できることを
受け取ってもらっただけなのに。。たぶん地震の動揺で
本当に無心になれたからなのだろうなと。。
(なんだかよくおぼえていないんですー)

一歩踏み出してやってみてこんなふうになっていくことは
2年前そうぞうできなかったです。子供のプールでおよいでいたら
経験も技術もないのに。。大人のプールへながれこんでしまった
ような怖さがありました。でもいつもそんな気持ちをわかろうとして
下さろうとする方やふみこさんや広場のみなさんのおかげで
今ここにあること感謝をつたえたくて。。
(こぐまさーん。お話会届きましたよ。あたたかいものが)

ふみこさん。あ・り・が・と・う。
みなさん。 あ・り・が・と・う。

投稿: 真砂 | 2018年9月12日 (水) 10時00分

ふみ虫さま

かつて、ショルダーバッグで
あった
S氏の七変化。

する側とされる側?!の
柔軟さ、寛容さ(*^^*)

生活の知恵
いいとおもいます!

投稿: 寧楽 | 2018年9月12日 (水) 13時27分

ふみこさま、皆さま

いつもみなさんのお手紙に、ほっと一息つかせてもらってます。

はるばるギリシャからやってきて、お役を全うしているS氏。。。幸せそうだなぁ。

ずいぶん前に、旅先の岬で買った2枚の赤いランチョンマット。灯台と舟の織り模様が素敵で買ったのはいいんですが、家ではランチョンマットを敷く習慣はなかったので、結局、1枚は扉のない本棚の一角に垂らし、目隠し&アクセントに落ち着きました。

もう1枚の居場所も見つけてあげようかな。


投稿: 円 | 2018年9月12日 (水) 23時13分

のりこ さん

今朝、椅子に向かって、
「ふたごちゃん、おはよう!」
と挨拶。

「おはよう。いい1日を」(男声)
「あら、(ふたごだってこと)どうしてわかったの?」(女声)

ふたりは男女のふたごだったということが
わかりました。

まことにありがとうございました。
うふふ。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月13日 (木) 08時58分

佐々木広治 さん

実家はいつも、
応接セットみたいな感じで、
存在感ハンパない!という
佇まいでした。

なつかしくもありますが、
自分はもう少し、ひねりたい質(たち)かな。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月13日 (木) 09時00分

真砂 さん

いきなり大人のプールで泳いでいた!
みたいな経験、みんなどこかで
(規模にも場面にもちがいはあっても)
経験しているかもしれませんねー。

わたしも、あるかもしれないなあと、
ちょっとふり返ってみたりしています。
ひとりで仕事で旅することになった日のことが、
浮かびました。

ソラソド。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月13日 (木) 09時03分

寧楽 さん

わたしも、
「いいと思います」
と思っているかな。

そんな感覚の連なりですね。
ちっちゃいけど、
さもないことだけど、
連なると、生活山脈。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月13日 (木) 09時05分

円 さん

居場所をみつけたときの
感動!

わたしには、そういうことが
支えです。

ゆっくり2枚めの居場所を
みつけてくださいね。

みつけるのではなく、
みつかるのでしょうね、きっと。


投稿: ふみ虫。 | 2018年9月13日 (木) 09時07分

双子ちゃんへ

やっぱりこうなったら。。ね。。
(ふみこさーん。名前つけてあげなくちゃですー。)

S氏のSをお借りして。。
翔くんと笑子ちゃんとか
翔くんの椅子にすわると心が軽くなっていい事があります。
笑子ちゃんの椅子に座ると心がにっこりしますー。

すみませーん。どうぞふみこお母さんに素敵な名まえつけて
もらってね。決まったらおしえてね。
(どうぞ読み流してくださーい)

投稿: 真砂 | 2018年9月13日 (木) 13時04分

ふみこさま。

こんにちは。
S氏って、どんな紳士だろう、と思って読んでいたら、
ショルダーバッグでしたか!
楽しいですね。
ヴェノーヴァさんにも、V氏って名前をつけてみようかな。

昨日は、朗読をされている友だちと保育園で読み聞かせをしてきました。
友だちが、2歳の子どもたちに、
「ねんねのかみさま」
を素読みしてくれました。

なんと、2歳の子どもたちが静かに聞いてくれて、びっくり!!
朗読の力って、すごいなぁと思いました。
子どもたちに元気をもらって帰りました。

真砂さま。

こぐまのお話会、届いたようで、うれしいです!
いつもありがとうございます。
今日も、V氏と格闘してきました。
格闘が終わったら、「ふー、つかれたー!」
と自然につぶやいてました。
でも、楽しいです。

投稿: こぐま | 2018年9月13日 (木) 15時06分

真砂 さん

ふみこさんはお母さんでは
ありません。
ふみこさんは……。

内緒です。

ラムとシェリーより

投稿: 双子(ラム&シェリー) | 2018年9月13日 (木) 23時57分

こぐま さん

朗読ってね……。ね。

すごいなあ。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月13日 (木) 23時59分

ふみこさま。おはようございます。


先日は双子ちゃんからのお便りとどけてくださって
ありがとうございました。素敵な名まえですね。

昨日初台のオペラシティーで待ち合わせまでに時間があり
ふらっとイサム・ノグチ展へ。。。
二枚の板の愛(1950年)をみたら。。S氏とふみこさんを
思い浮かべてしまいました。二枚の板くんが立って
両手でささえあっているだけなのに。。この作品のあたたかさ
強さにひかれてしまいます。

ではふみこさんいい一日をお過ごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2018年9月15日 (土) 08時49分

ふみこ様 こんにちは

何から話していいのか・・・と思うほど
ご無沙汰していた気がします
でも 元気に暮らしていて
皆さんの言葉にも救われて
毎日 いろんなことに 有難いな・・と
思いながら 生活しています

ふみこさん この歳で 何なのですが
初めて土鍋でご飯を炊きました

久しぶりに 星をたくさん見ました

日々の生活で これをして これをして 次にこれ
納豆と ヨーグルトと 魚は必ず毎日食べなければいけない
そんなルールをたくさん作ってしまっていたけれど
そんなことは 無いんだな・・と 改めて感じました

そうですね・・・ 変わり身を厭わず 積極的に変化をしてゆく
とっても必要なことかもしれません

ふみこさん この間の スベリヒユ、
山形県では 「ひょう」と言って
「ひょっとして いいことがあるかもしれない」と
お正月に食べるそうです
「ひょっとして」と言うところが とってもいいと思いました 

投稿: えぞももんが | 2018年9月16日 (日) 15時12分

真砂 さん

どうもありがとう!
ございます。

イサム・ノグチね。

サラソド。

投稿: ふみ虫。 | 2018年9月16日 (日) 18時53分

えぞももんが さーん

どうもありがとうございます。

あの日から、えぞももんがさんの
おたよりを待ちつづけていました。


ふと、
えぞももんがさん……。
とつぶやいてばかりいました。

いえ、そうは云っても、
ブログに対する1回分の
おたよりをいただかなかっただけなのです。

どんなにほっとしたか知れません。

そうして、
その間、おんなじことを
考えていたなというのにも、
驚きました。
そのことをいま、書いています。
来週更新分をみていただけたなら……、
うれしいです。

えぞももんが さん。


投稿: ふみ虫。 | 2018年9月16日 (日) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)