« ヒロシマ | トップページ | セドリックとの再会 »

2018年10月30日 (火)

時間を贈られました

 予定が変更になり、ぽっかり時間が生まれた。
 こういうとき、わたしはどうしたって家にいたい質(たち)である。
 ばんざーいと叫んで、家のなかで仕事をしながら、台所で何かしながら、片づけしながら……という、何が主体なのだかわからないような過ごし方をする。
 とつぜん贈られた時間だから、もうもうでたらめだ。

 この日はこんなふうだった。

仕事の資料を見る。
名刺整理。
昆布巻きをつくる。
散歩。


仕事の資料を見る
 雑誌連載「だから好きな先輩」来年1月号を、オードリー・ヘップバーンに定め、数日前に図書館で写真集を含め3冊の本を借りてきた。
 ときをつくってはページをめくる。読みこんだり、眺めたり、感じたりしているうちに、「さ、書こう」という気持ちになるのを待つ。
 オードリーの生涯、とくに少女時代には第二次世界大戦が大きく横たわっているので、時世を注意深く読みとらなければならない。出生地はベルギーだが、戦時中の大半を過ごしたオランダのアルンヘムの街にドイツ軍が侵攻してきた日の恐怖を、オードリーは生涯忘れなかった。晩年ユニセフの親善大使として、アフリカの荒廃した地を訪れ、子どもたちのための活動をつづけた動機はなんだろう。戦争体験もあるが、それだけではないかもしれない……。と、考えながら机を離れ、台所へ。

布巻きをつくる
 友人からもらった昆布をうれしく乾物の抽斗(ひきだし)にしまって、時が経ってしまった。手にしたとき、昆布巻きをつくろうと決めたのに。
 余裕がなかったからだが、それを認めたくなくて、「かんぴょうがない!」とか「牛肉を買い忘れた」とか、おかしないいわけをしていた。
 わたしの昆布巻きには、牛肉が登場する。
昆布を水につけて戻しておく。
かんぴょうは塩でもんで洗い、布巾で拭く。
牛もも肉を昆布で巻き、かんぴょうを4cm間隔で結ぶ。
鍋に③をならべ(重ならないように)、昆布の戻し汁と酢(少し)をたっぷり注いで煮はじめる。煮立ったら鍋ぶたをし、弱火にして50分ほどことことと(アクをとりながら)。
酒と砂糖を加えてまた30分煮る。
さいごにしょうゆを加えて、煮汁が少なくなるまで煮る。
結んだかんぴょうのあいだを、切り分ける。

名刺整理

 机の上の小箱がいっぱいになった。出先でいただいた名刺を、ことしの春の終わりごろからこの小箱に放りこんで整理していない。1枚1枚見ながら、分類。「ああ、ありがたい出会いだった」と思う人名あり、「こりゃ、誰じゃ?」と記憶に残っていない人名ありだ。
 わたしの名刺の分類法は、こんなふうである。
ING(仕事)
友人
武蔵野市
小中学校/研究発表会の講師
東京都市町村教育委員会連合会関係

大事に思っています

散歩

 昆布巻きを仕上げていたら、夫が熊谷の実家から戻ってきた。
「朝から何も食べてない」と云うのに対し、「だめだねえ」と笑ったが、考えたらこちらも朝からろくなものを食べていないことに気がついた。
「だめな者同士、散歩がてら早夕ごはんを食べに行きましょう」
「蕎麦屋で一杯やろうか」
「いやだ、蕎麦でいっぱい!」
 喉もこころも日本酒と蕎麦に向かって動きだす。

2018_w

散歩先は大好きな場所。
三鷹電車庫跨線橋です。
ここから中央線の線路を見下ろし、
電車に手を振ります。
2018_w_2

この日、電車が短い汽笛を鳴らして
通過しました。
……うれしい!

 〈お知らせ〉
池袋コミュニティ・カレッジ
対談 : 元気なこころのつくり方
医師・診療内科医・歌手 海原純子
随筆家 山本ふみこ

2018
1215日(土)13:00—14:30

受講料:
3,348
(池袋コミュニティ・カレッジ会員は2,808円)

お申しこみ・お問い合わせ

ホームページ <池袋コミカレ>で検索。
でんわ 03-5949-5481

池袋コミュニティ・カレッジ

171-8569東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店 別館8・9階

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

大野さん 大丈夫だよ!!

ふみこさん 私も 大野さんのお宅に向かって
叫ばせてもらいました

ありがとう

投稿: えぞももんが | 2018年11月 6日 (火) 05時26分

大野 さん

大丈夫だよ!

と、大野さんのお宅の皆さんにむかって、
叫ぶわたしです。

王子様、
順当に、必要な苦労をしていると、
信じています。

信じきれなかったら、
ほんとうにほんとに、
指示してね。

わたしは迷わず、けいご王子のもとに
すっ飛びますよ!

投稿: ふみ虫。 | 2018年11月 5日 (月) 22時41分

おきょうさん さん

わたしだって、
「あなたは男役!」と断言いたします。
背丈のことも、うつくしいお顔立ちも、
その条件ですが、なによりご気質がね!

広場の皆さんも、
ネックレス(しかもおきょうさん さんは
ネックレスだって、首にマジックインキで描く!)も
うるわしいお姫様でなしに……、
絶対的な「男役」だと主張されるのです。

このたびのおたよりに、
感謝いたします。

勇気が湧きます。

投稿: ふみ虫。 | 2018年11月 5日 (月) 22時35分

えぞももんが さん

わたしね、
「パリの恋人」が好きなんです。

えぞももんが さんは、
どうかな。

フレッド・アステアも好きだからなのですが。
オードリーが、うちに秘めたエネルギーを
解放し、はじけるところがいいのです!


投稿: ふみ虫。 | 2018年11月 5日 (月) 22時20分

もも(^_^)さん

これは、
じゅうぶんにももちゃんが認識しておられることと
思いつつ、わたしの経験から申させてね。

中学1年生、2年生が超えなければならない山。
「ちゅうにびょう」なんて云い方には、
不満があるけれど、でも……、
たしかにむずかしい時期だと思えます。

そこを、静かに、冷静に、
機嫌よく、寄り添うためには、
苦心が要ります。

ももちゃんの「納得」も、
ぎりぎりまで持ちつづけてほしい……です。


 

投稿: ふみ虫。 | 2018年11月 5日 (月) 22時15分

ふみさまみなさまこんばんは~~

『時間を送られる』
どんなプレゼントよりうれしいく素晴らしいプレゼントですね

もも(^-^)さんのお話で「モモ」の物語のことが広場で出ておりましたが、高校時代、ミュージカル部だった私の引退公演が『モモ』の時間泥棒のボスの役でした。(女子高のミュージカル部だったため宝塚的な世界をご想像ください。私は背丈があり声も低いので先輩方にすぐ「はい、あなたは男役ね」と、有無を言わさず決められてしまいました((笑))

「時間銀行があって貯蓄出来たとしても、思う存分寝てるくらいだよね・・。むしろ早く時間がたって、自由な大人になりたいよね~~」

なんて
当時の女子高生だった私たちは演じながら思っておりましたが、


今だったら・・・
もし時間銀行なるものがあったら、もう、定期預金でも外貨預金でもしちゃって、がっつり自分の時間を増やすわ・・((笑)
そして逆に本当に時間がほしい時はカードローンでもリボ払いでもいいから時間を借りちゃう・・((笑)

それくらい自分の時間ってなかなか持てないですよね。
何かのために、だれかのために、仕事のために、生きるために、気持ちがのらなくたって、忙しすぎたって、やらなきゃいけないことばかりに追いかけられてしまう・・(きっと時間泥棒が私達の時間を盗んでいるに違いない・・)

そんな中、時間が少し送られて、自分のために自分の気持ちおもむくままに過ごせ、しめくくりは蕎麦屋でいっぱい!
ばんざ~~い!!わたしまで一緒に乾杯しちゃった気分で読ませていただきました。


大野さま

今日洗濯物を干しにテラスにでたら、曇りの予報だったのに、すごくきれいな青空が広がっていて、「ああ、弟はこの空の青さももうみれないのだなあ・・。みせてあげたかったなあ・・・。」とまたまた朝っぱらからメソメソおきょうさんでした。でも考えたら、この空の青さの中に弟はずっと溶けていらるのだからと、気をとりなおして温かいカフェオレを一杯、テラスで呑みました。
メソメソの涙も次の元気の肥料になってくれてるはず


もも(^-^)ちゃん
私も再来週にだんなさんと奈良にいくの~~
父や弟の眠るお墓のお寺さまの宗派の総本山の長谷寺に、ちょっとばかり早くお世話になってしまうことになった弟のことをお頼みしに行ってこよかと計画しました。
ご予算があまりないので、のぞみではなくぷらっとこだまでゆっくり行ってきます。
同じ時期に奈良の地を訪れられて、同じ風を感じることができてうれしいです。


えぞももんがさん

ヘップバーンからちょっとお話遠ざかってしまいますが私、高校時代に、ジジェームスディーンにめちゃはまり、どうしても「エデンの東」がみたくて、でも、平日しか上映されてなくて大塚の小さな劇場にいくために
制服を駅のトイレで私服に着替え一人で大冒険しながら、大塚まで行き、母の作ってくれた弁当を食べながら大感動しつつ映画をみたことを思い出しました。(なんて悪い女子高生だったのでしょう・・・。((笑))でも、今思い出しても今までの私の人生の中でキラキラ素敵に輝いたトップテンに入るくらいの1日だったなあ・・・と。すっかり忘れていたのに思いださせていただきました。ありがとうございます。

投稿: おきょうさん | 2018年11月 5日 (月) 17時33分

ふみこさん

とても温かい言葉をありがとうございました。先々週 先週と 私が上京し この週末は次男が香川に帰省しました。少しずつ彼らしくなっています。

ユリの木花子さん
大野を想ってくださってありがとうございます。隠れて泣いてばかりいる私です。ユリの木花子さんのコメントに 涙とまりました。

もも(^-^)さん
本当に…育てられてる、ためされてる、気がします。経済的なことを 考えずに 飛びまわっていますが
布団に入ると メソメソ母ちゃんですσ(^_^;)

投稿: 大野 | 2018年11月 5日 (月) 12時36分

ふみこ様

今日は 雲ひとつない晴天です
もうすぐ 外に洗濯物を干せない季節になるので
大物洗いをして ベランダに干しました。

オードリー・ヘップバーン。私も 大好きです。
18歳で田舎から出てきて 札幌でひとり暮らしを始めた時
夢は 映画館で「ローマの休日」を見ること。
新聞の映画館情報の欄で 「ローマの休日」を見つけました
地図で場所を調べ 小さな映画館にたどり着き
チケットを買って 館内へ・・・白黒の画面。
私は もぎりをしてくれたおじさんに
「あの・・・カラーで上映してないんですか?」と
勇気を出して聞きました
すると おじさんは 
「おねえさん 〝ローマの休日は” 今も昔も白黒だよ」
その言葉が 今でも忘れられません(汗)

ふみこさん
ご主人と 散歩がてら早夕ごはん!!
晩秋と言う季節も手伝って とてもいい時間です。

投稿: えぞももんが | 2018年11月 3日 (土) 14時48分

ふんちゃん

 ステキな…時間。
 やっぱりお散歩がステキ。
 
 東京経由の奈良への旅も、無事に帰ってきました。
 東京で、こんなにいい思いをしたのは初めて〜
 というくらい、愉しみ、離れがたかったです。
 ああ、この電車に乗ったら、ふんちゃんの居る街に着くんだなぁ〜と
 思ってみていたので、
 今回の写真は、とっても身近に感じました(^^)

 今回は、東京駅からすぐのところに泊まりました。
 初めて東京駅をじっくりみて、夜にライトアップされている駅に見とれました。
 東京は、いつも人が多くって、歩くだけでドキドキしちゃっていたのですが、
 今回は、体力のない娘が一緒だったので、
 本当にのんびり、カメさんのように歩いていました。
 そうしたら…、なんとも不思議な感覚で、
 のんびり歩けば歩くほど、人がす〜っとよけてくれて、
 自分が歩くべき道があいていくような感覚がありました。
 あれっ?と思っていたら、
 娘も同じように感じていたようで、
 これもまたお互い、びっくりしていました。
 この旅の前に「モモ」を読み返していたから、
 余計に、そんな風に感じたのかもしれません。
  
 そうして歩いてたどり着いたビル。
 その地下に、事前に調べておいた自然食のお弁当屋さんがあります。
 そこへ行ったら…、そのフロアーには八百屋さんが入っていたり、
 出汁を飲ませてくれるお店があったり、
 娘が大好きなタイ料理のお弁当屋さんもあったり…。
 長旅で疲れていた私たちは、大はしゃぎでした。
 そこで、とても美味しいものたちを求め、
 これまたステキなホテルへ行き、美味しく頂いて休みました。
 大浴場もついていたので、そこでのんびり大きなお風呂を堪能しました。

 乗り物に揺られることも恐怖な娘が、
 この旅を愉しく終えられたことは、
 本当に驚きであり、娘に大きな自信をもたらしてくれました。

 まだまだ娘は、不安いっぱい不安定…ですが、
 一緒に揺れながら、
 これから彼女が、自分のことを好きになって、
 慈しみ、愉しめるようになることを祈って、
 いちにち、いちにちを大切にしていきたいなぁと思っています。

 大野さん。
 励ましのおことばをありがとうございます。
 大野さんのところの王子さまは、お元気ですか?
 こういう時間を与えられて、親もまた、成長をしていくのですね。
 今回は、だいぶん、成長したぞ!と思っています…私(^^)

投稿: もも(^_^) | 2018年11月 3日 (土) 14時47分

こぐま さん

検査、ご無事で何よりです。

広島。
とうとうね。

投稿: ふみ虫。 | 2018年11月 2日 (金) 22時08分

ユリの木の花子 さん

「あたらしいきょう」の、連なり。
それが毎日ということですね。

感謝したい「毎日」ですね。


投稿: ふみ虫。 | 2018年11月 2日 (金) 22時07分

みゅー さん

昆布巻き、つくってみてくださいね。
牛肉もわるくないです。

ワインが飲みたくなります。

日本海側の世界に、
うつくしく、厳しく、美味しい世界が
際立つ季節!
あこがれます。

投稿: ふみ虫。 | 2018年11月 2日 (金) 22時06分

ふみこさま。

今日は、バリウムを飲んできました。
異常なし。
午前中、ぽっかり時間があいたので、
ヴェノーヴァの練習。
夕方も、ぽっかりあいた時間に、
お話をひとつ、考えました。

なんだかバタバタ忙しい気分ですが、
細切れの時間も有効活用したいです。

10日。
20歳年上のお友だちと、ヒロシマに行きます。

投稿: こぐま | 2018年11月 2日 (金) 19時12分

時間を贈られる、すてきななことば。
熊谷からの夫さんが登場するとほっとするのです。何故かな?労いの声をかけたい。
お疲れさまです。どうどゆっくり。
だから好きな先輩、いつか本にならないかなぁ
新しい今日を愛おしみながら過ごしてます。

投稿: ユリの木の花子 | 2018年11月 2日 (金) 09時48分

ふみこさん、みなさまこんにちは。寒くなりましたね!こちら日本海側は毎日雨が降ってきたり、どんよりしたり…と冬のしぐれ天気になってきました。カニの時期です…!(笑)

時間を贈られる…ふみこさんらしい素敵な言葉ですね。オードリーの世界に入る時間になったのですね。母にきいて何作品か見たことがあります。詳しくはわからないですが、たくさんのことをなさってきたオードリーの生涯、たくさん学ぶべきことがありますよね。生き方も美しく、凛としているような印象があります。あと、ふみこさんの作る昆布巻きには牛肉が!びっくり!すごく美味しそうな!こちらまで匂いがしてきそうです。昆布巻きはすごく手がかかるお料理な気がして私は作ったことがないのです。いつかチャレンジしてみたいなあと思います。
池袋のコミュニティカレッジ…心療内科医の海原先生と対談されるのですね。私ぜひぜひ参加したいところです…どこでもドアがあるといいのになあ…なんて思ってます。
最近は片耳しか聴力がないこと、持病のことを周りの方達にふわっと気軽にどんどんカミングアウトして、みんなに助けてもらいながら生活するようにしています。人生楽しく!やりたいことをやりたい!来年はもっともっと自分の世界を広げていこうと思ってます。ちなみに子供達のために紙芝居も作りました〜(笑)

投稿: みゅー | 2018年11月 1日 (木) 11時25分

のりこ さん

日本は、どうかしているな。
……と思うけれども、
わたしもしっかり、どうかしている
日本人なのだと、しょんぼりして
しまいます。

でも、せめて自分の暮らしには
古臭いことをたくさん残すんだ!
合理性なんかばかりに大きな顔をさせないぞ。
と思っています。

わたしね、シマヘビを大好きなんです。

投稿: ふみ虫。 | 2018年11月 1日 (木) 10時19分

山本ふみこさま

こんばんはー!
汽笛を鳴らして走る電車、オレンジ色の風景、訪れたことのない場所なのにとっても懐かしい気持ちになりほのぼのしました。

私の実家の周辺は今、市の進める区画整理事業真っ只中で、あれよあれよという間に景色が変わってきています。
長いこと「区画整理反対」と書かれた看板が立て掛けられていた古い家はいつのまにか取り壊され、雑木林や竹やぶは少しずつ切り倒され、麦の穂が揺れていた畑は整地され、新しい道路沿いにはコンビニが建ち、あちこちに「宅地販売」の旗が揺れています。
もう、犬の散歩をしながら聞こえてきたうぐいすやかっこーの声を聞くことはなくなり、縞蛇とご対面してギョッとすることもなくなり、こっそりタケノコを失敬😜することもできなくなるんだと思います。
ここを住みかとしていものたちはどこにお引っ越しするのだろう?と、しょんぼりため息・・・
住みよいまちづくりって、むずかしいですね。

12月15日 お会いできるのを楽しみにしています。
いつもありがとうございます。

投稿: のりこ | 2018年10月31日 (水) 23時16分

真砂 さん

電車の夢をわかってくれるひとがいて、
うん、しあわせです。

ソラソド🎶

おやすみなさい。

投稿: ふみ虫。 | 2018年10月31日 (水) 23時05分

ふみこさま。おはようございます。

夢の電車&電車にすみたいときいて。。
ふふ。そうか。。
ふみこさんの文章を読んでいると心地よいわけの一つに
電車の揺りかごにのっているような温かくて守られている感じ。。
ちょっと困った事があってもどんどんけしきが
変わっていってほら大丈夫。。なんてほっとさせて
下さる感じ。この感じが私は大好きなんだなーって思い
書いてますー。

ちょっと丹後の赤松号ゆるすぎで待っている人は
絵本や本を読んだりおしゃべりできるコーナーがあるそうです。
飲み物も出して下さるそうです―。

ふみこさんの思い描く電車の国のおはなしも
いつかきかせていだだけたらうれしいですー。

ついでながら。。
ドボルザークさんも電車が大好きでJR東日本のCMでも
使われた4つのロマンティックな小品。ピアノ伴奏のガタンゴトン
もいい感じで昨日もひいてみました。せつなくなるようなメロディー
を歌えるようになるにはまだまだだなー。。どこまでいけるかなー。
なんて朝から失礼しました。みなさまいい一日をおすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2018年10月31日 (水) 08時27分

たまこ さん

……ゆりかごの歌。

なんて素敵な、
なんてやさしいたまこ母さん!

投稿: ふみ虫。 | 2018年10月30日 (火) 23時11分

ハチミツ さん

なつかしい場所を見ていただけて、
なんともうれしいこと!

たびたびここへ上ります。
電車も好きだし、あそこにはやさしさがあります。

虹に逢えたこと、
おめでとう!

投稿: ふみ虫。 | 2018年10月30日 (火) 23時10分

ふんちゃん皆様こんにちは。

時間贈られたいものです!いやね私にはあるはずなのに、
いつもとっとこ時間が食べられているみたいです。

食べられないようにするは、まず余裕を作ることでしょうかね*

さて、最近坊や。夜は眠くなるとあくびをして
ゆりかごの歌を歌うと寝ます。

新生児の頃から歌い続けて
ようやく聞いてくれた。成長したね、坊や。

投稿: たまこ | 2018年10月30日 (火) 21時21分

ふんちゃんへ

写真を拝見してびっくり!!
あそこは2歳位だった息子を自転車の前に乗せてヨロヨロしながらこいで行き、電車を眺めにいった場所です。懐かしいです。あの頃とあまり変わってないように見えます。
当時はまだオレンジ一色だった中央線の電車。
話すのがちょっぴり遅く(今 思えばその頃からマイペースだったんですね)ことばの教室とか通ってました。「かいじ」とか上から電車眺めて手を振ってました。

蕎麦屋で一杯は私の憧れです。
早めに実現したいです!
昨日は虹を見ました。久しぶりです。運転中で虹に向かって車を走らせてました。
カーブで曲がって虹にさよならでした。

投稿: ハチミツ | 2018年10月30日 (火) 13時03分

真砂 さん

丹後赤松号。
なんだかいいなあ、乗ってみたいなあ。

天橋立と西舞鶴を結ぶ赤い電車ですよね。
子どものころ、電車に住みたいという夢を持っていたんです。
丹後赤松号は、そんな夢の電車ですね。

投稿: ふみ虫。 | 2018年10月30日 (火) 11時42分

ふみこさま。おはようございます。

ふふ。お気楽なお散歩。電車を眺める時間。。with汽笛。
お二人でいいですね。
私も酒好き3人。丹後由良の駅で降りハクレイ酒造へ。
いろいろ試飲させてもらい。話を聴く。「今年のお米いいんですー」
という笑顔だけで酔ってしまいそうなのに、父と娘これ以上ない
仲良しぶりではしゃぐ。。
次の電車がくるまで由良川と鉄橋を飽きるまで眺めゆらゆらする私。
ホームに上がってミカン畑をながめていたら。。あらあら
一日4本くらいの丹後赤松号がやってきた。ひゃー。びっくり。
お好きな方はここで降りて足湯をどうぞ。。って赤松号くん30分も
まっているらしい。宿へかえってわたしも露天風呂へ。
どこまでも時間が広がっていくような時間。帰ってきて
「作家と温泉」なんている本よみかえす。。。

なんだかまだ温泉気分がぬけなくて。。すみませーん。ぺこり。
スイッチきりかえまーす。ふみこさんの昆布巻きおいしそう
なので今日作ってみますね。ふふ。楽しみwith日本酒。
日本の秋みなさんたのしみましょう。

投稿: 真砂 | 2018年10月30日 (火) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)