« 率直 | トップページ | 手助け »

2018年12月11日 (火)

嫌われ者

 昔からなぜだろう、嫌われ者、ひねくれ者につい惹かれてしまう。
 ま、同族ということもあるだろう。それで肩をもちたくなるのかもしれない。

 さて、
12月のはじめのこと。
 ある会合に60人近い女のひとがあつまった。
 わたしはこの会の水先案内の役目を果たそうとしている。その場のひとの力を借りて案内をすすめてゆくのが、わたしのやり口で、この日も60人に紙きれを配って、家のしごと、ことに台所仕事の悩みを書いてもらう。
 60人から紙きれがもどってきて、そこにはそれぞれの悩みが打ち明けられているというわけだ。60人もいるのだから、さぞかしいろいろな種類の悩みが聞けるだろうと思ったのに……、そうでもなかった。悩みはあるひとつのことに集中していたのである。
 だんトツ1位は「マンネリ」を悩む声だ。

「献立がいつもマンネリ」

「ちょっと変わったものもつくってみたいのに、マンネリ」
「マンネリが過ぎて、料理がつまらない!」

 そうか、ここでは「マンネリ」は嫌われ者なんだな。

「マンネリ」mannerism = マンネリズム。
 一定の技法や形式をくり返し、型にはまって独創性と新鮮さを失うようになる傾向、と「広辞苑」にはあって、なるほどここでも嫌われ者として位置付けられている。
 俄然、わたしは「マンネリ」の肩をもちたくなる。
「マンネリ」のほうでも、それがわかるのかわたしにすり寄ってきて、「なんだかまたしても邪魔者扱い。……ひどいわ。わたしのどこがいけないのよ」と涙目になっている。

「ねえ、皆さん、マンネリでわるいでしょうか」

 とわたしは声を張り上げる。
「ねえ、皆さん、マンネリでわるいでしょうか。マンネリは新鮮さには欠けるかもしれないけれど、だからこその安定があります」
 となりで、たたんだハンカチーフを口元にあてて俯いていた「マンネリ」が、目を上げて、こちらを見て瞬きする。
「そう、安定はしています、わたくしは」

 自信をとりもどしてゆく「マンネリ」の顔を盗み見ながら思うのだ。

 この世の嫌われ者にだって、注意深く見れば別の一面がみつけられる。
「マンネリ」の場合は、手慣れた安定の存在という面があり、これは家庭料理をつくる者にとっては財産になる。
「マンネリでつまらない」なんて云わないで、むしろ「マンネリ料理をひとつずつふやしてゆこう」というふうに考えたらどうだろう。
 マンネリ料理は、どれほどわたしを支えてくれ、食卓を囲む人びとを安心させてきたか知れない。少しも独創的ではなく、新鮮さにも欠けるかもしれないにしても、だ。

 やや、
60人の皆さんに囲まれて、「マンネリ」がやけに堂堂と、何か語っている。頬をピンク色に染めて。

2018_2

夫が熊谷でつくった白菜。
立派です。
このほか、ほうれんそう、ブロッコリも
いい出来でした。
来週は、熊谷通信をお届けします。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま。おはようございます。

立派な白菜!おいしそうですー。
ふふ。これを使った鍋料理が冬一番ですよねー。
ほぼマンネリでもこころがあたたまりますから。。

そうそう。。。昨日もクリスマスの本ちょっとよみかえしたら
ありました。
「デンマークのクリスマスは変わらぬ習慣が繰り返し登場するからでしょうか
その中に浸っているとベーシックな自分に立ち戻れることが喜びです。
人はベーシックに戻った時ふだんより少し優しくなっていると思います。
優しい心やあるがままの心はときに思いがけない考えも生み出します。。。」(北欧育ちの飾り料理言い伝えベーシッククリスマスより)

だからマンネリ≒ベーシックから創造力もうまれるなんてね。
ふみこさーん。うちではね。一度に飾らないでクリスマスボックスから
一日一個気に入った飾りや本を取り出してあげます。今日はね小さい頃の娘さくの
「おばけツリー」笑えます。では皆様いい一日をです。

投稿: 真砂 | 2018年12月11日 (火) 08時27分

真砂さん

おはようございます。
くり返しを愛さないと、
音楽も文学も、料理もほんとは
できないですよね。

くり返してるけど、
どんどん変化しています。
それがひとを活性化させて
くれるようです。


投稿: ふみ虫。 | 2018年12月11日 (火) 11時07分

ふみこさん

子どもは 小さな人、自分より後に産まれただけ、と ふみこさんの本に教えてもらいました。。2人から 教えてもらう事ばかりです。
長男の野球の試合ではしゃいだり、圭梧のピアノに涙したり…ありがたい人生です。

我が家にも 立派な白菜がありますよ!90歳の母の育てた白菜です!里芋も たくさん!早く帰って料理したくなりました。

おきょうさん
圭梧は 1度聴いた曲は 両手で再現できるんです。感動します。親指骨折で、しばらく思いっきり弾けないのが つらいそうです。

投稿: 大野 | 2018年12月12日 (水) 12時36分

ふみこさま。

「マンネリ」 嫌われ者ではありますが、マンネリがあるからこそ、
ちょっとしたうれしいことで、テンションがあがるんだと思います。
 今日、保育園で読み聞かせをして、ヴェノーヴァを吹いてきました。
「前みたことがある!」と言っていた子どもたちでしたが、
ドラえもんの歌を吹き始めると、だんだん声がでてきて、歌いだし、最後には大合唱になりました。
 ヴェノーヴァは、ときどき、プーとか変な音を立てていましたが、
子どもたちには大うけでした。私も、とっても楽しかったです。
 もっと練習しなくっちゃ。
 明日は、はるくんの保育園で読み聞かせをします。
 ヴェノーヴァも吹きます。
 さて、どうなりますことやら・・・。

投稿: こぐま | 2018年12月12日 (水) 17時08分

大野 さん

あら、圭梧王子さまは、
音楽もできる……。
ひゃー。

これはおきょうさん さんからの
メッセージもたのしみなこと。

投稿: ふみ虫。 | 2018年12月12日 (水) 18時09分

こぐま さん

「マンネリ」が日常愛を支えている!
と、はい、そう思っております。

投稿: ふみ虫。 | 2018年12月12日 (水) 18時10分


ふんちゃん皆様こんにちは。

お手紙書き損じてしまったみたいなので再投稿させてもらいますね。

マンネリいいですね。
安定を作る材料ですから。安定があるからこそ
平常心に戻れるのです。


最近また一つ褒められました。
ほとんど聞かなくてもできるこね、と。
わからないところをピックアップして聞こうと思っていたのに笑
それでもできること増えてきました。
順調順調と言ってくださる先輩に感謝です

投稿: たまこ | 2018年12月12日 (水) 20時52分

たまこ さん

マンネリだけでもいけない
(というか、いや)ですし、
マンネリなしでは不安。

ほんとうは、「安定」に
まったく興味がないので、
かすかなマンネリと仲よくしたいと
努力してきたところが、
あるんです。
(打ち明け話)。


投稿: ふみ虫。 | 2018年12月13日 (木) 00時19分

ふみこさま。

「繰り返してるけど変化しています。。」の
お便りを読んで。。ふふ。

昨日も台所でジャガイモと牛肉で肉じゃがを作ろうと
していたんだけど。。昆布でだしをとっているうちに
冷蔵庫をのぞくといただいた赤ワインを発見。
前回は牛肉の昆布まき&日本酒だったので
牛肉の昆布まき&赤ワイン。。そしてジャガイモくんは
ポテトサラダに変身してもらいました。
これを作って夕方までの練習へ。。
(なんだかいつもより味わいのある音になったきがします。。)

ふみこさーん。赤ワインと牛肉の昆布巻きあいますねー。
それよりもね。おいしいものをイメージすると音までかわるなんてね。
(ちょっとそこのところはいつも通りで弾いてなんて。。もっと
迫ってくる感じ。。そうでした。そうでした。。)
なんて楽しい一日になりました。
ふみこさんが応援してくれている感じで昆布巻きに感謝なりでしたー。
ふみこさーん。味わいのある音聞こえた?

投稿: 真砂 | 2018年12月13日 (木) 11時12分

山本ふみこさま

こんにちはー!
冬らしい寒さになってホッとしています。

久しぶりにパソコンを開いたら、つやっつやでスタイルのいい白菜が飛びこんできて、しばらくみとれてしまいました。
立派な冬の主役ですね~。

今日は私のことを書いてみます。
父と母の手助けをしたいと、実家に拠点を置く暮らしをはじめて3年近く。
義父母も少し離れた地で二人暮らしなので、必要に応じて助っ人をしています。
はじめの頃は自分の生業も調整しながらこなせていましたが、義父 母 父 義母の順に体の故障が続き、もぐらたたきのようになっていたら、私まで不調になり、少しお休みしているうちに仕事復帰の見通しは立たなくなってしまいました。
あんなに活躍していたスーツもヒールも家で静かにお留守番しています。

自分の役割に持ち点が10あるとしたら、今は妻2 母2 嫁2 子4 の配分というところでしょうか。
この形に慣れてきて、私の時間は“子4”の中から捻出できるようになりました。
年を重ねていく楽しさ辛さもどかしさを間近で学ばせてもらいながら甘えています。
『私が今やるべき仕事は老親のそばにいて、できることをすること』
そう思えるようになったら一日一日が大切で、小さなことに幸せを感じられるようになりました。
今の暮らしは、母の作る味噌や切り干し大根の煮物のような、義母の漬けるたくあんのような、マ~ンネリとした味わいです。

ふみこさんとこの広場の皆さんにはどれだけ助けていただいていることか。
たくさん栄養補給ができています。
いつもありがとうございます。
明日も楽しみ!待ち遠しいです。

投稿: のりこ | 2018年12月14日 (金) 11時10分

真砂 さん

美味しい調べ!

投稿: ふみ虫。 | 2018年12月15日 (土) 10時35分

のりこ さん

学びあり、味わいあり、
いろいろなものが織りこまれた
日日ですね。

どんな人生にも、
どんな選択にもそれはあります。ね。
その気持ちが
ひととひとのあいだに橋が架かる……。

そんなことをわからせていただきました。
ありがとうございます。

投稿: ふみ虫。 | 2018年12月15日 (土) 10時39分

山本ふみこさま

こんにちはー!
昨日はありがとうございました。
ふみこさんと純子さんを親しみ込めて姐さんと勝手に呼ばせていただきます。
お礼を申し上げたくてこの場をお借りいたしました。
ありがとうございました。

投稿: 範子(のりこ) | 2018年12月16日 (日) 14時02分

ふみこ様 こんにちは

「ねえ、皆さん、マンネリでわるいでしょうか」と
マンネリさんを 賞賛するお話を
60人の中の一人になって 聞きたかった・・・

新しいレシピに挑戦して 
食卓に出す時 いつも 勇気がいります
家族が 「なんだこれ?」と
微妙な反応を示して 箸が進まなかったら
そのピンチを 救ってくれるのは
マンネリさん。
いつもの煮物だったり 
和えものだったり

きっと ふみこさんのお話を
うんうんと 深く頷きながら聞いていたと思います

「おふくろの味」と呼ばれるものは
いいかえれば いつものあの味
マンネリ料理!!
勇気がわいてきました

投稿: えぞももんが | 2018年12月16日 (日) 15時09分

範子(のりこ)さん

昨日は、いらしてくださって、
どうもありがとうございました。

……たのしいひとときでした。

お会いできたことにも、感謝。
またきっとお目にかかりましょう。

投稿: ふみ虫。 | 2018年12月16日 (日) 19時16分

えぞももんが さん

テレビや雑誌で
おいしそうなものをみつけて、
ときどきつくってみます。
「これは絶対kいける!」って。

でも、結局自分のものになるのは、
1年に2レシピあるかないかです。
自分の「マンネリ」には加わらない。

それだけ、「マンネリ」って、
力があるんだなーとつくづく思います。

自信を持とう!

投稿: ふみ虫。 | 2018年12月16日 (日) 23時52分

ふんちゃん

 は〜い!
 私も、「マンネリ」好きです(^^)
 「マンネリ」で…、つまらない…とか、
 そういう退屈にも思える感じが好きです。
 けれど…なかなかそうはいなかい毎日。
 だから、憧れるのでしょうか…。
 ん…、
 もともと…変化に弱い私だからなのかもしれません。

 うちでは、「マンネリ」というのではなくって、
 「定番」となっているのが、
 ふんちゃんのたらこピーマン!
 そして、暮らしの手帖から教わった味噌スープ。
 風邪をひいた時のくずリンゴ。
 です。

 そして、今、おそらくインフルエンザであろう4番目ちゃんが、
 熱で辛くて、横で寝て居ます(^^)
 病院…。
 迷ったのですが、この子は体力があるし、
 薬も…、飲んでも少し早く治るかどうか…くらいみたいなので、
 行くのをやめました。
 辛いのに、寒い中連れて行くのも可愛そうか…と思って。
 じっくり、治してもらおうと思っています。
 というので、先ほど、くずリンゴを作りました。
 
 昨日、ようやく、ようやく、国家試験が終わりました!
 無事に受験を終え、や〜、きっと受かるよね〜と
 全然、根拠はないのですが、終わったという開放感だけで、
 そう思えてしまう今です。

 明日は、娘のことで大きな病院へ私だけで受診してきます。
 経過報告です。
 一つ終わり、一つ動き出す…。
 やはりあっという間に終わってしまいそうな12月ですが、
 愉しみながら、過ごしたいなぁと思います。

 

投稿: もも(^_^) | 2018年12月17日 (月) 15時42分

ふみさまみなさまこんばんは~~

『マンネリ』
ってちょっとねえ。表現がねえ。
『定番、とか、一押しとか、殿堂入りとか…』
どうかな・・・
な~~んて記事を読ませていただいてからの
猛ダッシュで鶏肉団子スープを仕込み(食べる時間がまちまちの時の我が家の定番メニューです)
みなさまの記事を読んでいたら
ももちゃんが『定番』って使ってました。以心伝心。

「今日はうちのマンネリメニューよ~~~」
っていうより
「今日はうちの定番メニューよ~~~」

のほうが、家族もありがたみを感じてくれるきがします。((笑)

おかげさまで、ふみ様が楽しくお話会をされている時間に
二女のコンサート、行ってまいりました。
心があたたかくなる、行ってよかったコンサートでした。

またぜひ、ふみさまの講演会がありましたら次こそ伺いたいわ。


すみません今、生徒さんがじかんを間違えてきてしまいました。
ちょっとこれからレッスンしてきますがパソコンには無慈悲なあと12分で再起動しますの文字・・・

大野様~~
後程あらためて書き込みさせていただきます。
とりあえずここまでは広場まで送ってしまいます


投稿: おきょうさん | 2018年12月17日 (月) 16時34分

は~~い
2たび登場。戻ってまいりました。すみません。順番がさかさまになってしまってます。
でも案の定パソコンはこちらが願ってもいないのに再起動してしまっていて
送っておいてよかったわ。

さてさて大野様

私ね、自分が男の子を授かったら絶対的に気合いれてピアノ教えちゃったと思うのよね・・・。
ピアノの弾ける男子。最強でしょ。
音に敏感な感性豊かな王子。私も絶対つくしまうっちゃうだろうな~~
「ママはね、男の子がいたら絶対えこひいきするから、きっとダメダメ息子になっちゃうから娘2人でよかったんだよ」
と長女や次女に言われてますが、いや~~えこひいきしちゃうでしょ。(笑)

そして、野球ができる長男さん、音楽の才能あふれる次男君、
もう大野さん幸せものだえわよ~~。
骨折した指がはやく戻るといいな。でも若いから回復も早いですね。
あまり早くに無理しちゃうと指が曲がっちゃったり、痛みがのこってうまく大きい音のフォルテシモとか、怖くて鍵盤抑えられなくなっちゃうから、きちんとなおってからまたジャンジャン弾いちゃってくださいね。

片手が負傷してしまった生徒さんを教える時もなんか新鮮なんです。
片手だけの響きに耳をすますことがすくなくて、両手だとごまかされるところも際立って聴こえるから、いい勉強になるね~~って。「アラさがしじゃ~~~」
と元気なお手てのほうだいじめるレッスンしていま~~す。

大野さんがいらっしゃるその1週間前に長女と池袋に私の生徒さんが通う演技期の専門学校のお芝居を観に行ってました。
池袋3週連続、ふみこファミリーが賑わす。でしたねっ!

さて、またレッスンしてきま~~す。今日はこれから21時半までです。
でも今年も月曜日のレッスンは今日が年内最終。
感慨深いです。

投稿: おきょうさん | 2018年12月17日 (月) 17時24分

もも(^_^)ちゃん

いろいろなことを経験しながら
国家試験も受けて。
なんて立派な、つよくてやさしい
ももちゃんでしょう。

誇りに思います。
いえ、
あこがれます。

……味わいの深い2018年でしたね。
2019年は、きっといくつも
可憐な花が咲きますね。

投稿: ふみ虫。 | 2018年12月18日 (火) 00時30分

おきょうさん さん

あはは。
なんて、たのしいおきょうさん さん。

呼び名はどうでも、
大勢の皆さんが「マンネリ」を
悩んでいたので、肩を持ったのですよ。

定番ね。
そうね、そうね。

投稿: ふみ虫。 | 2018年12月18日 (火) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)