« 黒豆 | トップページ | いいことを数えながら »

2019年1月15日 (火)

むにゃむにゃ、むにゃ

 年明けから『いつもいいことさがし』(暮しの手帖社)を読んでいる。
 子どもの成長をみつめ、子どもの病気、とくに小児がんと向きあいつづけてきた小児科医・細谷亮太せんせいの本だ。
 10何年か前に一度読んだけれども、このたび、細谷せんせいと小さな会をご一緒することになって、読み返しておこうというくらいの動機で、読みはじめた。
 読んでいると、自分がしあわせな子どもであったこと、部分的にではあるけれども不用意な大人を生きていることの両方に気がつかされて、どきどきした。
 子どものわたしは、いまよりずっとのんびりしてものの少なかった「時代」にも、「家族」にも、「環境」にも恵まれていた。
 にもかかわらず、感謝を忘れた結果だろうか、大人になってからは、自分の後輩にあたる子どもたち、自ら生み育てた子に対して、もっと注意深くてもよかったはずだと恥じ入る気持ちが湧く。ま、いいところもなくはないと思うのだけれども、肝心なところが疎(おろそ)かだという気がしてならない。
 まだしばらくのあいだ、大人人生はつづくわけであるから……むにゃむにゃ、むにゃ。

 さて近年、この現象は何だろうかなあ……と思わされることがある。

 袖振り合った相手が、その場でのあれやこれやを共有しているのにもかかわらず、まったく反応を見せない現象だ。
 ついこのあいだもこんなことがあった。
 風で飛ばされてきたらしいプラスティックゴミの大袋がいくつも散らばり、道を塞いでいた。これを道の側(はた)に寄せ、ふたりの幼子を連れた若いお母さんの通行を援(たす)けたのだったが……。このお母さん、わたしの顔も見ずに、すたすた行き過ぎてしまった。お礼のことばを云って欲しかったのじゃない(にっこり笑うくらいのことは期待したけれども)、そんなことより、その有り様(よう)では、ふたりの幼子に示しがつかないじゃありませんか!
 ひとはおかげさまで、とか、ありがとうと思いながら、云いながら生きてゆくものなのですよ。

 それから、あれだ。

 店でものを買う、食べもの屋で客になる、乗りものに乗る、どこかの観客になる、ほかにもいろいろあると思うけれど、そういうとき、じつに横柄なひとを見かける。こんな場面にも、お世話さま、ありがとう、という思い、ことば、佇まいがなくなってゆくようで、悲しい。こんなことでは、後輩の子どもたちにやさしいふるまいがおしえられない……むにゃむにゃ、むにゃ。

 そんな憂いが溜まっていたところに細谷せんせいの本だ。

 ページをめくるたび、やさしさがあふれてくる。ぽろぽろこぼれるやさしさを拾い集めながらしあわせな読書をつづけたのだ。

 やさしいことはとてもたいせつなことです。やさしくしてもらって、やさしくしてあげることを学ぶのは、そんなに難しくはないかもしれませんが、やさしさに触れずにやさしさを身につけるのは、なかなかできないことだと思うのです。むかし、自然が人間の干渉をはねつけていた頃は、弱い人間がおたがいに支えあわなければなりませんでした。冬でも寒くなく、夏でも暑くなく過ごせるほどに文明が進歩し、自然を克服しつつあると人間がうぬぼれはじめた頃から、人間の結束は弱くなり、バラバラに行動し、人にやさしくできない人の数がふえたのかもしれません。             (『いつもいいことさがし』より)


 細谷せんせい、ありがとう。ありがとうございます。

 そうだそうだ、やさしさに触れることができて初めて、ひと(子ども)はやさしさを身につけられるのである。
『いつもいいことさがし 2』を手にとるころには、目に見えない存在に、自分が支えられていることがわかってきた。それは「むにゃむにゃ」と語りかけたくなる、わたしのなかの……〈見えない誰かさん〉だ。
 〈見えない誰かさん〉はわたしの言動を見ている。
 その目を、わたしは意識しないといけない。
 ひとがどう云おうとも、自分に不足があろうとも、自分が信じることを気弱に「むにゃむにゃ、むにゃ」としか唱えられなくとも、わたしはやさしさを撒こう(蒔こう)。やさしいことを後輩の子どもたちに伝えよう。そうして、そっと天を仰ぐのだ。

W

1月19日(土)に細谷亮太せんせいとの対談が
迫ってきました。
どうか、ふるってご参加ください。
せんせいのお話を聞くことのできる、
またとない機会だと思います(詳細下記)。

〈お知らせ〉

対談
: いまを生きるという発見
細谷亮太せんせい(聖路加国際病院・小児科医・文筆家)と
山本ふみこ

2019
119日(土)
13:00 14:30
池袋コミュニティ・カレッジ
(西武池袋本店別館 8階)

受講料
: 会員 2,808円 一般 3,348円
お申し込み・お問い合わせ
でんわ 03 (5949) 5481(直通)
パソコンから 池袋コミカレ  検索
 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま。おはようございます。

やさしさをいつもまいてくださってありがとうございます。
細谷先生といえば。。22年前に娘が生まれた時にいただいた
子育てダイアリー(おまけに各月ごとに細谷先生のエッセイが
かかれています。)ちょっとなつかしくてながめてみました。
奥さまが牧師さんのような両親というような大変な環境で育った
かみさん。。と4人の子供たちを紹介するページにすごく
のんびり楽しまないと損ですよと励ましてもらったのをおもいだしました。

そしてこのダイアリーは毎日絵を描く余白もあったのでなにやらおかしな
絵がたくさん。。。たぶんこのダイアリーの絵のおかげで瞬間瞬間を
ふふっと楽しむ喜びをつかむきっかけになったのかなと贈って下さった方と編集企画してくださった講談社様に感謝です。ふふ。
(娘思春期あたり絵を描く喜びも余裕も忘れ散々な日々もいい思いでなり)
(あーこの時もさ。。絵描いてたら笑えたなあー。。)

ふみこさんが描いて下さっているいまの熊谷通信の愛情あふれる
写真とひとこもひとこまのエッセイはお二人にとって宝物であり
同じような状況にある人をどれだけ励ましてくださっていることでしょう。
私もいつもふみこさんからあたたかなやさしいきもちをいっぱいいただいてます。2月にも演奏会を企画していてその打ち合わせが19日にあり
残念ですー。ふみこさん。細谷先生との時間楽しんでくださいね。

投稿: 真砂 | 2019年1月15日 (火) 10時10分

ふみこさま。

こんばんは。
今日は、町内のお葬式に行ってきました。
おじいさんにずっと出てもらっていましたが、今回は私が行ってきました。
お葬式ってなかなか機会がないので、会場で「受付の紙に名前を書いてもっていってください」と係の人に言われ、受付に紙だけ渡したら、
「あのー、ちょっと・・・」って受付の人に言いにくそうに言われ、
はっと気がつきました。ご香典を渡してなかった!
思わず笑いがおきてしまいました。
この町内にお嫁に来てから、27年になりますが、改めて、町内のおつきあいもいいもんだな、と思いました。
人と人がつながって、助け合えたらいいなぁと思います。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2019年1月15日 (火) 20時44分

ふんちゃん皆様こんにちは。
いつもいいことさがしですか。人柄が表れたようなタイトルですね。


さて、今年に入りようやく努力が実ってきたといいますか
計画を立てられるようになり、仕事が捗り
理解して尚且つトントン進むことが増えてきました。
まだまだ至らないところもありますが
努力は報われる、うまくいくようになってるの
座右の銘を体現できていて嬉しいです

投稿: たまこ | 2019年1月16日 (水) 20時45分

ひとがどう云おうとも・・・わたしは。 うむ、これ、これです。
あなたもご一緒にいかがと云うつもりなどなく、「わたしはこうしていこう、それでいい」と思うようになった自分を認めてもよいはず。
そのことを嬉しく思ったり、まだ覚束ないなと迷い、気持ちが揺らいだりしていますが。
ことさら声を上げることはなくても、相通じる気持ちを誰かが持っていてくれると実感できると心づよいです。書き記してくださりありがとうございます。

投稿: Liu | 2019年1月16日 (水) 20時50分

ふみこさん
みなさん

前回のお話…いいなぁ〜〜全部いいなぁ〜〜なんて コメントしようかな〜と 噛みしめてるうちに 次のお話になりました…

小児がん…圭梧は 小児がんでした。19日 すごく行きたい!けれど ちょうど 入試休みの圭梧が 香川に帰ってくる日でした。

おきょうさん、ふみこさんのお話のお話、こちらで聞かせてくださーい!

投稿: 大野 | 2019年1月16日 (水) 21時02分

真砂 さん

ダイアリーね。
わたしは日記をつけていませんが、
手帖はぎっしりつけていて、
同じものがずらりとならんでいます。
ときどき、折折に参加した後援会のはなし、
研修会の記録、自分のつぶやきを読み返します。

子どものころ、1冊のノートをつけきれなかった
わたしが……これだけは進歩かな。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月17日 (木) 09時48分

こぐま さん

こぐまさんのまわりは、
いつもやさしい微笑み、笑いが
あふれていますね。

そこから作品も生まれる!
やさしい作品が生まれる!

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月17日 (木) 09時49分

たまこ さん

努力は報われる。

……それも、
自分が思っている、設定している
報われ方でない報われ方が待っています。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月17日 (木) 09時51分

Liu さん

ひとがどう云おうとも……の
場面で鍛えておかなくてはいけないのは、
センスです。

わたしのテーマは、ですから、
つねにセンスです。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月17日 (木) 09時52分

大野 さん

わたしたちは、大野さんのおたよりにも、
学ばせていただき、
王子たちの成長に感動させられているんですよ。

あらためて、ありがとうございます。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月17日 (木) 09時54分

大野さんへ

あいよー!、まかされたよー!p(^-^)q

ふみさまへ
ちょいとおそくなりましたが、先程お申し込みさせていただきました!
あさってにもかかわらずセンターの受付のかたは丁寧に電話でお申し込み、引き受けてくださいました。
当日まで申し込み、直接お電話で受付、大丈夫のようです。
(^_^ゞ

投稿: おきょうさん | 2019年1月17日 (木) 16時33分

ふみこさま。

やさしいお返事、ありがとうございます!
対談、行きたかったなぁ~。
東京、やっぱり遠いです。

今日は、保育園で読み聞かせをしてきました。
ヴェノーヴァで、トトロを吹いたら、ひどい出来で、雑音みたいな
曲になっちゃった!
五歳の男の子が、「緊張しとったん?」って言ってくれて、
「そうじゃなぁ、緊張したんじゃろうなぁ。聞き苦しいものを聞かせて、
ごめんね~」と言って帰ってきました。
でも、子どもの一言で励まされました。
子どもって、たいしたもんですよ。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2019年1月17日 (木) 18時36分

こぐま さん

その「やりとり」は、
子ども(たち)とこぐまさんが
つくったものですから、
両方がたいしたもんですよー。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月18日 (金) 10時23分

おきょうさん さん

どうもありがとうございます。

おきょうさん さんにお会いになりたい
みなさんも、どうぞお申しこみください。

あー、たのしみになってきました。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月18日 (金) 10時24分

不肖、Liu、明日の対談を伺いに参ります。申し込みも整いました。こちらの広場でご縁ある皆様と袖振りあえることにも感謝して出かけます。
センスという言葉に、高く立てたアンテナを連想しました。明日は受信の感度をいっぱいまで上げてみます。

投稿: Liu | 2019年1月18日 (金) 11時17分

ふみこさま。みなさま。


私も明日参加可能になり申し込み完了しました。
打ち合わせが1時間おそくなりなんとかなりそうでうれしいです。
すぐに退出できるように一番後ろの席はしっこに座ります(withばいおりんくん)
おきょうさんさん。Liuさん。そのほかの皆様。。。
そして。。ふみこさーん。お会いできるなんてうれしいです。
よろしくおねがいします。ぺこり。(今度は別館迷わないぞー)

投稿: 真砂 | 2019年1月18日 (金) 13時18分

ふみこ姐さま
皆さま

こんばんはー!
明日、参ります。
楽しみで楽しみで泣きそうです。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 範子 | 2019年1月18日 (金) 22時27分

Liu さん

まあ、どうもありがとうございます。
土曜日、お目にかかるのをたのしみに。

守っていただけるようで……、
うれしい。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月18日 (金) 23時58分

真砂 さん

どうもありがとうございます。

お忙しいなか、
バイオリンくんとともに、
ご参加……。

感謝です。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月19日 (土) 00時00分

範子 さん

こちらも、またお目にかかれますこと、
泣きそうにうれしい……です。

どうもありがとうございます。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月19日 (土) 00時01分

ふみこさま。
今、新幹線の中です。細谷せんせいとお二人の対談、胸が熱くなるような時間でした。
お話しからもらった言葉の数々、本日のことは忘れません。お会い出来たことに感謝。
ありがとうございました。

投稿: ユリの木の花子 | 2019年1月19日 (土) 16時44分

ふみこさま。おはようございます。

昨日のお二人の対談温かなひと時をありがとうございました。
思いがけず時間が変更になり参加させていただける喜びと
始まる前におきょうさんさんにお声をかけていただいて
ほっとしたので前よりゆっくり楽しむ事ができました。

ヨブのおはなしの「神様どうなっているのよ。。」のあたりに入った時の
細谷先生をみつめるふみこさんの目がキラキラしていきいきとしていて
素敵でした。おうちのブランコに弟さんとのっているときのお写真を
ふと思い出したりちゃいました。

心の奥にあるものを俳句という形のなかでみつめることで
救われたという細谷先生とエッセイをかくなかでうかびあがって
来るものつかめるものがあるというふみこさんのお話。物語の力。。
心地よくてもっともっときていたかったです。

私もここへきて4年になりたくさんたくさん書かせていただき
読んでいただいておたよりをいだだいたおかげで今の自分が
あります。昨日も終了後一言お礼をつたえたかったのですが
すぐに退出の時間になり失礼しました。
心穏やかな時間をすごしたおかげで次の打ち合わせもスムーズに
行きました。もっと書きたいこともあるのですが。。詳しい内容は
お話上手なおきょうさんさんにお願いします。舞台に御嬢さんと
3人のれば親子ではなく3姉妹のように若々しくロングドレスがお似合い
そうなおきょうさんさん。お声かけてくださってうれしかったです。
ふみこさん。皆さん。素敵な時間を本当にありがとうございました。

投稿: 真砂 | 2019年1月20日 (日) 07時56分

ユリの木の花子 さん

昨日はいらしてくださり、
ありがとうございました。
わたしにとっても、
温かくも貴重なひとときでした。

忘れがたい時間をみなさんと共有できたこと、
感謝しています。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月20日 (日) 20時00分

真砂 さん

昨日はどうもありがとうございました。

「心強い」のパワーを、
後部座席からいただいていました。

学びもありました。
何より、長年ひとり胸のなかで揺すっていた考えを、
細谷せんせいに受けとめていただき、
そのことで確認ができたよろこびがあります。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月20日 (日) 20時18分

ふみこさま

土曜日の細谷先生との対談、とても楽しかったです。ありがとうございました!

今の私にとても心に響くお話ばかりで、今でもじんわりといろいろな言葉を思い出しながら、やさしく暖かく満たされた気持ちになっています。
ちょっと気持ちを立て直したいと思っていたところでしたが、終わって池袋を出る頃には、すっかり晴れやかな気分になっていました。

早速「いつもいいことさがし」を買い求め、「一日一生」については注文しました。
あさイチの村木さんの動画もラッキーなことに昨日見ることができました。
いつも読み返して、自分の気持ちを整えたり、やさしく暖めたりできる本が増えるのは幸せです。子どもにも伝えていける大人になれるようにしなくては!と思います。

投稿: 焼き海苔の の | 2019年1月21日 (月) 09時09分

ふみこ姐さま

土曜日は素敵な時間をありがとうございました。
またまた砂かぶり席でパワー満充させていただきましたー!

心地よい時間を過ごせたおかげで、あたり前の幸せに鈍感だったことに気づかされ優しい気持ちがもどってきました。

人と人とのご縁は円ですね。
祈りも願いも円くつながりますね。
ふみこさんに出会えたこと・・・
細谷先生にお目にかかれたこと・・・
心から感謝です。

投稿: 範子 | 2019年1月21日 (月) 09時24分

ふんちゃんへ

土曜日は残念ながら参加できませんでした。
でも、皆さんのおたよりを読み あたたかな空間と素敵なお話だった事がよく分かります。
私も、ふんちゃんにお会いしたいなーーー!!!
今年こそ絶対にお会いできると思ってます。
目印は何にしましょう?!(笑)

最近よく「自分は何がしたいのか」など考えてます。
このままでいいのか、このままがいいのか....。
まぁ考えてもよぅわからんのですが。
いろいろな思いが頭の中ぐるぐるしてます。

投稿: ハチミツ | 2019年1月21日 (月) 09時50分

焼き海苔の の さん

ふと、書いておこうと思ったことが
あります。

この広場の前身とも云える
オレンジページのブログ時代から
「焼き海苔の の」さんはおたよりを
くださっていました。
あらためて、長いことありがとうございます。
当時、広場において「のりこ」率が高く、
お願いして、
「焼き海苔の の」というへんてこな名前を
つけて、それを使っていただくことにしたのでした。

「焼き海苔の の」さんは快く「焼き海苔の の」さんで
い続けてくださいましたね。
感謝感激です(いまさら……ごめんね)。

土曜日もありがとうございました。
たのしく意味深いひとときとなりました。
あの場にいてくださった皆さんのおかげだけど、
心を寄せてくださった皆さんのパワーも、
びしっと利いていたような。


投稿: ふみ虫。 | 2019年1月21日 (月) 10時24分

範子 さん

おお、範子さん……!
というわけで、
「焼き海苔の の」さんも
のり子さんなんです。
いまも、のりこさん率高いのは、
縁(えにし)でしょうか。

土曜日、近くにいて、
ふつつかな姐を見守ってくださいましたこと、
どうもありがとうございました。
澄んだきれいな視線に支えられました。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月21日 (月) 10時29分

ハチミツ さん

きっとことしはお目にかかれます。
……と、信じています。

「自分は何がしたいのか」
と考えているとき、
それはもうはじまっています。
……と、信じています。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月21日 (月) 10時31分

ふみこ様 こんにちは

皆さんの 19日の対談の報告を聞きながら
いい時間だったのだと
また また 羨ましくなりました。

2010年 冬号の 暮しの手帖を
引っ張り出して 読み返しています
この回の 細谷先生の 「いつもいいことさがし」は
ストレスとうまく付き合う

おとなは子どもをよく見てあげなければならないと思います。
騒ぎ過ぎないように、
そして充分に関心をもって。

と、文は結ばれています

自分の 子育てはどうだったか・・・
見つめるところに むらがあり
いらないところで 騒ぎ過ぎていたかもしれません・・。

投稿: えぞももんが | 2019年1月21日 (月) 13時47分

ふんちゃん

 みなさまのお話を読ませていただきながら、
 あ〜!
 行きたかった〜!
 と、こころで叫んでいました〜(^^)

 あったかい空気は、
 とても、とても伝わりました。
 なに…、なにを…、話していたのかなぁ…。
 あ〜、聞きたかったです。

 細谷先生は、
 新しい暮らしの手帖を求める度に、
 真っ先に読むところです。
 憧れの人が、2人でお話をするなんて…。
 1人興奮していました。

 今日は、本当にすごい吹雪の札幌でした。
 私は、ここのところ、
 とっても久しぶりに、しっかりと風邪をひき、
 今日はひきこもろう…と思っていたので、
 子どもたちの送迎以外は、
 家にいたのですが、
 かえって来た夫からの話で、
 世の中は、どれだけ大変だったかを知りました。
 ホワイトアウトと渋滞。
 雪国ならではの天気となりました。

 こうして、自然にもいろいろ教えてもらうのだな…と
 思う日となりました。

 久しぶりに、子どもたちがみな、学校でいなくなり、
 寂しいながらも、
 昼から布団で眠れる幸せを感じながら、
 自然の厳しさを感じる大切な時間です。

 こんな日。
 このあたりの大人たちは、子どもたちのことを
 本当によく見守ってくれます。
 ありがたい。
 私も、そんな「おばちゃん」になろう!

投稿: もも(^_^) | 2019年1月21日 (月) 16時00分

ふみさまみなさまこんばんは。
すっかり出遅れましたが(毎度のことか(笑))
土曜日はありがとうございました。
心にたくさんお水をいただいて潤って帰れました。
会場のみなさまの作り出すあたたかい空気の中、
本当に夢見心地の1時間半でした

真砂さん、Ⅼiuさん、そしてカフェにてごあいさつくださったふみさまブログ1読者のお方、おめにかかれ、言葉を交わせて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。
その他たくさんの広場のお仲間で参加されていたみなさまとも時間を共有できて本当によき1日でした。

ふみさまとも長年のお友達のようにお話できてまさかの『避暑地?何それ?』の長女とも(講演後におちあえるよう、カレッジにて待ち合わせしていました)会っていただけて本当に嬉しかったです。
ディズニーでミッキーミニーにはさまれて写真を撮れる1000倍くらいのうれしさでした。(笑)

講演の模様はみなさますでにたくさんご報告されておりますが
大野さんとも固い約束を交わしてしまっているので(笑)ここでおきょうさんの手帳のメモも載せさせていただきますね。

(学がないもので、わかりにくいと思います。昔からノートとるのが苦手だった私・・・・(泣))
→の次の言葉は自分にあてたメモです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※いつもいいことさがしより
『物語るということ』の項目をふみこさん朗読。

内容の中のりくちゃんがまた20年以上の時をこえて細谷せんせいの心をよびさます

→ひとことひとことが心に響くエッセイ。またしっかりよんでみよう


※旧約聖書の『ヨブ』の章についてのお話。いつもふみこさんの心の中にヨブ
が住んでいる。
厳しいけれど、でも信仰(宗教にかかわらずの「信じる」という意味での信仰)は人を助ける

※『酒井雄哉さんの1日1生』、前日1月18日のNHK朝イチ村木厚子さんのお話からのふりかえり。→偶然私も見ていてよかった~~

※ふみこさん、日常をまもることがいかにたいせつか。
       この世に無残な死というものはない『宮本輝さんの作品より』

※俳句・エッセイにするということ(細谷先生が俳人でもいらっしゃる)
心に浮かぶものを書き留めることが大切。その書き留める内容のちょっとしたきっかけをつかめるかどうかがその後の人の生き方をかえてゆく・・・

発見、探す、観察して文字化していくことは人をささえてゆく

※にしめてうまき やきどうふ
 につめてうまき やきどうふ

この1字の違いがおりなす味わいのちがいを感じ取ること。 

※細谷先生がお正月に読み初めた本(安楽死についての新書)の中より

人はうまれてすぐは人に依存しないと生きていけない→そして自立→そしてまた依存しないと生きていけない→死

なので、死ぬ前に依存することを躊躇しなくてもよい。

※長く注意深く生きる

※ふみこさん、「点と点が線になっていくおもしろさをこれからもあじわって、面白がっていきたい(人とのつながりや、自分の知識など)」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わかります?わかりませんかねえ・・・?すみません・・・((^_^;)
私の手帳にには↑のようなことがちょろりと書き留めてありましたが、私の心の中にはどさっとしっかりたまっております。


最後に細谷先生にいつも本にサインいただけたのですが、

いっぱいいいことみつけられますように

と書いてくださいました。

講演にこれなかった方々にむけても細谷先生とふみさまからのお言葉だと思います。


新年よい出だしとなりました。

本当に感謝感謝です。


ちなみに
次回の対談は内多勝康さんと6月1日との情報です!!


投稿: おきょうさん | 2019年1月21日 (月) 17時37分

追加~~~
そうそう
会場に30分前くらいに着いたのですよ。
会場にはたぶん30名くらいの受講者の方々・・・

講演後に長女と待ち合わせている兼ね合いで板切れをだしてちょいとラインいれたのですが、

みごとにみなさん
板切れサッってやってるひとがパッと見、見受けられませんでした(^_^;)

この現代に

30分の待ち時間の過ごし方

電車や、カフェや、バス停や、絶対そこここでサッとやる人があまたいる中で

すごい空間なんだな・・・

と思い、またその中に混ぜていただけてとても誇らしかったです。

投稿: おきょうさん | 2019年1月21日 (月) 17時45分

ふみこさん

皆さんのお話と おきょうさんのお話…あー 本当に行きたかったなぁ〜〜
柔らかな時間だったのでしょうねぇ
おきょうさんの メモ、会場にいる気分になれました!大野との約束を覚えていてくださってありがとうございます!

いつか ふみこさんや皆さんと会えるとしたら…私 圭梧と一緒に行きます!

焼き海苔の の さんのお名前が決まったときのやりとり、覚えています!久しぶりにお名前見て 嬉しくなりました^ ^

投稿: 大野 | 2019年1月21日 (月) 19時44分

おきょうさん
感謝 感謝 感謝。

投稿: えぞももんが | 2019年1月21日 (月) 22時14分

えぞももんが さん

思い返せばいろいろの……
不足があり、
過剰があり、
とんちんかんがあり、
勘違いがあり

でも大事に思っていて、
生きがいとともにみつめつづけて
きているよ。
……ということがあれば、
まずますいいことにしませんか?

(って、ここで相談しあって、
納得しようとするのも滑稽ですが。
でも、いいですよね。うん)。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月21日 (月) 23時29分

もも(^_^)さん

わたしの住むあたりも、
「見守る」大人がいっぱいです。
見習いたいと思いながら、
「見守る」ひとを見守り、
讃え、あこがれることもまた大事。
と思ったりしています。

一方通行でない「見守り」です。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月21日 (月) 23時33分

おきょうさん さん

いらしてくださっただけで
どんなにうれしかったか知れないのに、
記録を残してくださり、
ありがとうございました。

不思議な空気が会場に流れていました。
……ということに、あらためて気がつかせて
いただきました。

おきょうさんさんの弟さまも、
訪ねてきてくださり、
「なんだかおもしろい場面だなあ」
なんて声をかけてくださっているような
気がしていました。

感謝。


投稿: ふみ虫。 | 2019年1月21日 (月) 23時39分

大野 さん

いつだったか、そうとう以前、
高松市で開いた会に
圭梧さんといらしてくださいましたよね。

またお会いできたら、
どんなにうれしいか。

投稿: ふみ虫。 | 2019年1月21日 (月) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)