« 赤えんどう豆 | トップページ | 土産ばなし »

2019年5月14日 (火)

くり返しについて思うこと

 ひとと話していると、不意に打ちあけ話になることがある。
 こちらがそれを受けとめているような気がするときでさえ、同時にこちらも打ちあけている。打ちあけ話というのは、そんな空気感を持っている。
 それに、相手が打ちあけ話をはじめると、聞くばかりじゃあ申しわけないような気がしてきて、お返しとでもいった調子で、それらしい話をすることもある。
 広辞苑で「打ちあけ話」と引いてみると、「【打明け話】隠すことなく全部語る話」とある。
 全部と云われるとむずかしく、打ちあけようとする本人にも何が全部であるか、ほんとうのところ、わからない。打ちあけたり打ちあけられたりというのは、草木のそよぎにも似て、風に吹かれてそよそよと音をたてて動くもののようにも思える。
 しかし、そよぎ、そよぐ、を漢字で書こうとすると、「戦ぎ」「戦ぐ」となる。やはり、抜き差しならぬ一面を持っているとも云えるかもしれない。

「この歳になって、気がついたのだけれどね、夫の考えとわたしの考えは、いつも相当にちがっていたのよ。わたしはずっと、夫に合わせてきたように思い、夫は夫でわたしに合わせてきたと思っているにちがいないの」
 と、先輩である友人のクックさん(仮名)が語りはじめる。
「ふんふん」
 わたしは声にも出し、首も振って応える。
 このとき、そりゃ、どこの夫婦もそんな風(ふう)なのでは……?と思ったが、それを云うのは、まだ早いというもの。
「ふんふん、それで?」
「これまでは、夫には仕事があり、わたしには子育てと家事があり、40歳からそこに週3日の仕事も加わって、忙しかったからね。あんまり突き詰めなくてすんでいた。ところが、この春から夫も家にいるようになったらね」
 コーヒーカップを口元に運んで、クックさんはかすかに喉を鳴らす。
「とつぜん突き詰めがはじまっちゃったのよ。どういうことかと云うとね、たとえば、食事をどうとろうか、とか、趣味はどんなふうにやってゆこうか、とか、ふたりの時間とひとりの時間の割合はどうするか、とか。それに、家事の分担も考えていいのよねって」
「変化、ですね」
「そうなの、大変化。これまで夫とわたしは合わせるともなく合わせてきて、まあ、適当に合わせてきたというほうがいいのかもしれないんだけど、日常のいろんな場面で、突き詰めずにはいられない事態になるの。いちいちね」
 クックさんの打ちあけ話風の語りを聞きながら、ああ、と思い当たる。わたしにも似たようなことがある。
 これまで、わたしは何より「日常」を大事に考えてきた。人生の柱として、日常をとらえてきたのである。だからこそ、くり返しを愛するわたしでありたいと希(ねが)ってもきたのだが、最近ときどき、ちょっと待てよ、と胸のあたりで声がする。
 日常のくり返しを大事だと考える気持ちに変わりはない。が、何もかも一緒くたに、愛すべきくり返しとしてはいけないのではないか。気づかないでいるだけで、くり返しのなかに悪しき習慣や、真の理解に届かぬまま捨て置かれるものが混ざっているのではないか。
 気づきはとつぜんやってくる。
 クックさんのように、60歳代後半になって突き詰めて気がつくこともあろうし、別の何か、たとえば人生上の困りごとを通して気づかされることもあるだろう。何にしても、気がついたら気がついたなりの私になってゆかなければならない。

 大発見をしたような気持ちになっている。

Photo_4
数日前の仕事帰り、夕焼けに出合いました。
「きょうも佳い日だった」と
云ってもらったような気がしました。

〈お知らせ〉
6月1日(土)13:00−14:30
池袋コミュニティ・カレッジ
対談 内多勝康 ×   山本ふみこ

「あたらしい自分を考える」
会員 : 1回 2,808円
一般 : 1回 3,348円
申し込みと問合わせ
03ー5949ー5481

「人生100年時代」。
人生における変化、変身について、考えてみたいと思います。
NHKの人気キャスターから転身、
医療的ケアの世界に挑む内多勝康(うちだ・かつやす)さんとともに!
お申し込み、お待ちしております。

_
内多勝康さん
国立成育医療研究センター
もみじの家ハウスマネージャー
元NHKアナウンサー

 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま。おはようございます。

「新しい自分を考える」の対談。
すごーくお話ききたいのですが。。
次の日が弦楽の演奏会なのでリハーサルがあり
残念ですー。

夫婦の考え方の違いもおもしろいですよね。
私はかなり近いと思って結婚したけれど、主人の方は
「考え方や視点がすごく違うから困った時ちがうほうが助かる
とおもって。。」なんてこと申してました。
で。ありえないような音楽集団の運営を最近すごくいいねといいだし
自分でもギター仲間を作りだした模様。ふふ。
私のほうも力を抜いてたのしめるようになってきたら
今住んでいるところでも集会室を借りてやってみたいという人
とおためし会なんていう展開に。。
会社を引退された方が多いのでなんだか役にたててびっくりしている
感じです。

6月2日の演奏会は大学生の男の子たち&娘とのアンサンブルなので
勢いに流されてたのしんでみます。
大切な人にもう会えない寂しさとその人が心の中に存在すること
の力強さを音にこめてみようかな。楽しみ。
ではみなさまいいいちにをおすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2019年5月14日 (火) 10時38分

ふんちゃん皆様こんにちは。

繰り返しの中にも
これは正しいと思い込んでいるものもあるかもしれませんね。

色々な人が関わることにより
気付きがあるんですよね。


さて、明日は坊や一年越しのお祭りです。
去年は感染症にかかってしまいまして。

この一年かーちゃんも坊やもだいぶ
成長しました!
今年でよかったんです。

結果は来週お楽しみに!

投稿: たまこ | 2019年5月14日 (火) 20時54分

真砂 さん

夫婦の考え方のちがいもおもしろいですが、
自分自身に対しても、
「知らなかったー」
と云いたくなることがあります。

アナタ、そんなひとだったのかー!って。

投稿: ふみ虫。 | 2019年5月15日 (水) 00時09分

たまこ さん

うんうん。
来週をたのしみにしています。

坊やちゃーん!

投稿: ふみ虫。 | 2019年5月15日 (水) 00時09分

ふみこさま。

「知らなかったー。」をきいておもいだしました。

結婚したばかりのころ
「人間の脳は死ぬまでに全体のわずか5%くらいしかつかわれていない
のではといわれる。。。」
とかいてある糸川英夫さんの本「1日一発想366日」という本。
60歳をすぎてバレエを始めたのだからバレエに関しては0歳
なのだから無現の可能性がある。。を読んでこの方は
バイオリンも制作しちゃうし。。なんだか自分にも
まだ見つかってない才能がかくれているんじゃないかなんて
ワクワクしたのを思い出しました。

しかしそんなにおもうようにひけるわけでもなく
その頃は気軽に合奏できるふんいきもなく。。まあいいかな。
なんてやるきくんも寝かしつけられてましたが
一気になんらかのきっけで目覚めたおかげで今があることに
感謝です。本当に。。まだまだ眠っている無限の可能性を信じて
そう思うとふみこさん楽しいですね。
ふと思い出したもので失礼しましたー。

投稿: 真砂 | 2019年5月15日 (水) 10時46分

真砂 さん

脳科学の分野が拓けてきて、
非常におもしろい
(「そうだったのか」という気づきも含め)と
思っています。

思っていますが、
ひとは「脳」だけで生きてるんじゃないからさ、
と考えてもいるわたしです。

練習という分野においての
可能性は、脳の存在を超えているのではないかしら。

投稿: ふみ虫。 | 2019年5月15日 (水) 14時30分

ふみこさま。みなさま。
まだまだ、眠っている可能性を信じて。真砂さまのことばに力をもらい、孫とピアノの連弾をしたいと60才のふたたびの挑戦を持った。これも、新しい自分に出会えたかな。まずは眠っていた頭と手と心はバイエルからおさらい直しです。

投稿: ユリの木の花子 | 2019年5月16日 (木) 08時41分

ふみこさん、みまさん、こんにちは。
クックさんとのお話をなるほど!と思いながら読ませていただきました。ボランティア活動などで、私より年上の方々とよくおしゃべりすることが多くなり、「我が家はこうで…」「うちはこんな感じで…」と、打ち明け話のようなお話を聞くことがよくあります。おしゃべりしているうちに、自分のことも聞いてもらったり…。つい最近も、日常普段と変わりなく過ぎて行く日々がすごく穏やかで幸せなことだなあ…感じたり。
でも私も歳をとって、子供も大きくなるにつれて、身の回りのことが、クルクルと回りながら進んでいるなあと感じることも多くなりました。
うまく、そのクルクルに乗り損ねないよう、そして乗り損ねても、またヨイショと乗っかっていけたらいいなあ…なんて、ふっと考える今日この頃です。
家族みんなで、クルクル、ふわっと日常を楽しんでゆきたいなあと!

投稿: みゅー | 2019年5月16日 (木) 14時14分

ふみこさま。おはようございます。

そうなんです。そうなんです。
糸川さんも「大曲にみえても最もやさしそうにみえる2小節を一日め
次にひきやすそうなところを。。。と分割して練習していけば弾ける
。。」とまるでパズルを組み立てるみたいに楽しんで挑戦される姿
に感動したんです。あとバレエは恥ずかしいから家のものには内緒に
したなんていうところも。。。いいなぁなんて。。

ユリの木の花子さんへ(ふみこさんおかりしますね。ぺこり。)

思いを伝えて下さってとてもうれしいです。
お孫さんとの連弾いいですね。心より応援してますね。
それに今の教材は工夫されていてたのしいのにもびっくりしました。
娘の時も教材メロディーのみかかれていて左伴奏からっぽなんです。
「はぁー。!!!」と思いつつも。娘は楽しそうにこんなのどう?
次から次へと楽しそうでした。だからバイエルはやってないんです。
庄野さんの奥さまのひかれていたブルグミュラーは毎回題名を
自分で付け替えを楽しんだり。。なんて感じでいいなあと
うらやましかったです。おかげであっけなく追い越されちゃいましたー。
ですからお孫さんが好きそうな曲からはいるのもいいかもしれないですね。
いっぱいいっぱい楽しんでくださいね。
それに。前回のコメントもありがとうございました。波の音のきこえる
おうち憧れますー。行ってみたいですー。

投稿: 真砂 | 2019年5月17日 (金) 08時26分

ふみこさま。

何気なくくり返していること。
ちょっと見直したいと思います。
昨日、子育てサロンの読み聞かせに行ってきました。
いつもとは違うことをしてみたいと思い、
エプロンシアターに挑戦してみました。

おおきなかぶ

をしたんですが、赤ちゃんもじっとみてくれて、
お母さん方も笑顔でみてくれました。
ちょっとうれしかったです!
読み聞かせでも、新しいことに挑戦していきたいなぁ~
と、ますます張り切っている私です。

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2019年5月18日 (土) 10時18分

ふみこさま。みなさま。真砂さま。
嫁いだころのこと、土地柄にも風習にもなれずに戸惑いの毎日の若きお嫁さんでした。
そんな頃、目の前の雄大な海を毎日眺め,亡姑が浜辺の歌を口ずさんでいました。自分は何かあると浜辺の歌をうたってきた、好きだなこの曲と話しました。浜辺の歌?忘れかけていた私。
練習すればピアノで弾けるかも。
ようやく曲ができた時、亡姑が「みんな、集まれ」と声をかけてピアノを囲み家族で私の下手くそな伴奏で浜辺の歌を合唱したました。あの日の時間がとても豊かに残っています。
年を重ねたら、のんびりとした時間がやってくると期待していたけれど、
降りかかるものは多く、しんどいなぁと思う日の方が多いのです。
だからこそ、ピアノのふたをあけました。
本当は浜辺の歌の変奏曲を弾けたら最高だけど。
悪い癖に自分をしばっていました。
弾いてもいいんだよ。楽しんでもいいんだよって。真砂さま、ありがとう。

投稿: ユリの木の花子 | 2019年5月18日 (土) 10時34分

ふみ虫さま

そよぐが
戦ぐ
初めて知りました!

そうかぁ、戦ってるのか…

気づきっていつ
どんなふうに自分のところに
やってくるのか
わからないですね。
なんでもない日常に
ひそんでることもたくさんで。

社会人として
歩きだした息子に

ひとり暮らし心得帖?!の
ようなものを
生活のあらゆることを
書き連ね
先程、いろんなものと
いっしょにおくりました。

「親のしてやれることなんて
ほんのすこし」

ふみこさんがおっしゃってた
とおりだなぁと
今さら、思っている、このごろです。

投稿: 寧楽 | 2019年5月18日 (土) 14時37分

ふみこ様 こんにちは

私も知らなかったーーー。

「そよぐ」は「戦ぐ」と書くこと

「風がそよぐ」の言葉に 戦うという字が
結びつかず 今 いっとき 学生に戻って
「戦ぐ」を 調べました

そうなんですね
まだ まだ 知らないことが 多すぎて
嬉しい様な 情けない様な
ワクワクするような 焦るような・・・。

ふみこさん
打ち明け話・・・聞くばかりでは申し訳ない様な気になり
こちらも それらしい話をする
その気持ち とってもよくわかります!

追伸・・・・内多勝康さんの 転身、奮闘 以前 テレビで
見ました。とても 興味深かったです。

投稿: えぞももんが | 2019年5月19日 (日) 15時03分

ユリの木の花子 さん

バイエルは、名曲揃い。
バイエルが流れるおうちは、素敵だー。

と、うらやましく耳をすませています。

投稿: ふみ虫。 | 2019年5月19日 (日) 22時12分

みゅー さん

「クルクル」に乗り損なって
ずっこける。
そんな姿を見せておくのも、
いいかもしれません。
(ていうか、わたしはそんなのばかり)。

投稿: ふみ虫。 | 2019年5月19日 (日) 22時28分

こぐま さん

挑戦。

こぐまさんの挑戦は、
気負いがなくてやさしくて、
ひとを包みますねー。

投稿: ふみ虫。 | 2019年5月19日 (日) 22時30分

ユリの木の花子 さん

あした浜辺を さまよえば……。

ピアノが聴こえてくるような。

ありがとうございます。

投稿: ふみ虫。 | 2019年5月19日 (日) 22時33分

寧楽 さん

ちっちゃなことが大事だものね。

母の思いは、ちっちゃなことの
重なりかもしれませんね。

……王子さまのもとに届いた心得長帖、
覗きたい。

投稿: ふみ虫。 | 2019年5月19日 (日) 22時36分

えぞももんが さん

「戦」の字への無理解も
思われますよね。

ごめんね、誤解してたよ!
って。

内多勝康さんにお目にかかるのを
たのしみにしています。
ご報告いたします。

投稿: ふみ虫。 | 2019年5月19日 (日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)