« 練習 | トップページ | 赤いワンピースを赤く染める »

2019年6月18日 (火)

ツーピー ツーピー

「京やきぐり」というのをいただいて、夢中で食べている。
 この春、何気なく駅の売店で甘栗を買って以来、わたし、栗が好きだったんだなと気がついた。それから頭の隅っこに「栗」の字が彫りこまれたものか、くり、と聞き、栗、をみつけるとそわそわする。

 6年前になるが、苗字に栗の字のつく紳士と同じ任務に就いたことがあった。2年間にわたる任務を終えたとき、ひとつの仕事を終えた感傷が胸にひろがった。感傷のなかみとして、もっとも大きな位置を占めたのが、〈栗の字せんせい〉ともう簡単には会えなくなるさびしさであった。あのころせんせいは、6年間に及ぶ大学の学長職を終えたばかりだったが、えらそうなところが微塵もなく、密かに「もう少しえらそうでも、いいのに」と不満を感じるほどだった。知的でおしゃれで、ユーモアあふれる紳士。
 2年間の任務のあと、〈栗の字せんせい〉との仕事の充実と愉快を気づかせてくれたのも、栗たちだったなあ。栗の木を見上げては……、甘栗の袋の連なりを眺めては……、〈栗の字せんせい〉をなつかしんだ。洋菓子店で菓子を注文する最中(さなか)、「モンブラン」と云って、思わず涙ぐんでしまったこともあった。
 〈栗の字せんせい〉とは、以来2回、道の上でばったりお目にかかった。

 いただいた「京やきぐり」の箱型の紙の手提げを開けると、そこにはまんまるの焼き栗がいっぱい入っていて、思わず「きゃっ」と声をあげてしまう。
 それを籠にうつして小机の上に置く。
 うつくしい風情。……と思いながらも、食べたくてたまらなくなり通りがかりについ、手にとってしまう。立ったまま食べたりするのはいかにも申しわけないので、坐って、栗の皮をはずしにかかる。するっと剥(む)けるときと、鬼皮に実の部分(ほんとは鬼皮と渋皮が実で、実だと思って食べているのはタネなんだと!)を持ってゆかれて、ふたつに割れてしまうときと、ある。
 するっと向けて、まんまるい実がてのひらにのると、見えない誰かさんに「当たりです。いいことがあります」と云ってもらったような心持ちになる。

 日曜日の朝。
 これを書きはじめる少し前、「京やきぐり」をひとつつまんで、皮を剥いたら、するっと剥けた。そのときだ。庭からツーピー ツーピーと鳥の声が聞こえてきた。シジュウガラの歌である。
 栗のことも、シジュウカラの声も、おおいにうれしい。

 02
やきぐり。
こんなのがある風景も、しあわせ。
おいしさも、しあわせ。
皮がするっと剥けたら、それは「吉兆」。

 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま。おはようございます。


焼き栗のある風景。。いいですね。
あたたかい思い出とともに食べる幸せ。
しじゅうからさんもその栗たべたくなったのかも
しれないですね。「いいなぁーいいなぁー」って

そういえば。。
あの杉の木のホール誰からのプレゼントでしょう?
なんていっていたらそうかいた翌日ベランダの瑠璃まつり
が咲き始めたので。。ふふ。天国からのプレゼント?
なんてうれしくなりました。
咲き始めが遅かったのですが。。なんだかすごい勢いで
朝顔と競争しているみたいでパワーもらってます。
そこへふうせんかずらがひげをからませて
「ちょっとつかまらせてー」と三重奏みたいです。ふふ。

ではふみこさん。みなさまもいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2019年6月18日 (火) 10時33分

真砂 さん

天国の誰かさんからも。
遠くの誰かさんからも。
ごく身近な誰かさんからも。
思いがけない誰かさんからも。

プレゼントは、届けられますね。

自分の思いが、
プレゼントをつくることも
信じられそうな、きょうこのごろ。

投稿: ふみ虫。 | 2019年6月18日 (火) 11時54分

ふんちゃん皆様こんにちは。

ふんちゃんは風景をおもしろがる天才ですね。
ツーピーツーピーも合わせれば
立派な大吉ですね。


さて、坊やようやく
じーじが言えました。

じーじと呼ばれてとっても嬉しいじーじ達。
これも吉兆かな?

投稿: たまこ | 2019年6月18日 (火) 16時55分

ふみさまみなさまこんにちは~~~

またまたちょっとご無沙汰になってしまいましたね。

まったくこの6月は

ど~~しちゃったの~~~


というくらい次から次へと予定がどんどこどん

ふみさまの対談。
生徒さんの披露宴。
叔母の訃報。
3泊4日の北の国への次女応援旅行。
毎年1回楽しみにしている劇団のお芝居を新宿に。
きょーふの次女の進学3者面談。笑。
次女の受験希望校のオープンキャンパスにつきあわなくてはいけない。。
母のホームの入居が突然きまりさまざまな契約書類の作成
母の主治医の先生まで診断書を書いていただきに病院まで往復1時間車ぶっとばして行ってくるミッション。


もうプカプカ浮かんでいるしかないなと、その予定の波にのまれては浮かびのまれては浮かびしておりました。

私もアベンチャーズの一人に加われるんじゃないかしら?くらいのスペクタクルでしょ(笑)!

そして
明日が母のホームへの引っ越しとなります。がんばってきます。


その外にも
新しくなったパソコンにうまく楽譜作成ソフトはがダウンロードできないのでパソコンやさんに再度もちこまなくてはいけない(また音信不通になってしまったらごめんなさい)

カーステレオがぶっ壊れてしまったので車をディーラーさんにもっていかなくてはいけない

北の国からの旅行でマンションのカギをホテルに忘れてしまい、わざわざ送っていただいたのにお礼状も書いていない


まだまだやるべきこともつぎつぎベルトコンベヤーにのって流れてきます。
ちょっとふみさませきとめて~~~笑。

やきぐり占い。私もやってみたい。\(^o^)/

秋ではないけど栗!!このお話を読ませていただいて栗やモンブランが無性に食べたくなってしまいました~~~

すみません近況報告にたくんさんの場所をお借りしてしまいました。


この大量の6月の出来事のひとつひとつに思うこともてんこ盛りにあり、(とくにふみさま対談のおきょうさんのノート提出まだですね(汗)、
また、
コメントできなかたった、お祈りメールのお話(わがやも長女が就活中にて同じ境遇です)
おとうふやさんにコミュニケーションの練習しながらのお買ものにいけない子供たちのお話
、にも語りたいこと満タン。
もう、みなさんとどこかの喫茶店を貸し切って語らせていただきたい。もちろんコーヒーとモンブランたのみます。(笑)

また、何度か今週のうちに広場に登場させていただくかもです。

しかし焼き栗たべたいな~~~~( ´∀` )


投稿: おきょうさん | 2019年6月18日 (火) 18時32分

ふみこさま。

やきぐり、おいしそうです!
じいちゃんが、亡くなってから3回夢にでてきました。
1回目は、49日の前で、「わしゃあ、まだ家におりてぇんじゃ」
って言ってました。
2回目は、近所の人に「嫁さんに言いてぇことがあったら言うときねぇよ」
って言われたじいちゃんが、「わしゃあ、なんもゆうこたぁねぇ」って言う場面。
3回目は、「死んだ人の集まりがあるんじゃ」って言いながら玄関に花を活けているじいちゃん。

なんだか、天国に行っても楽しそうです!
わたしも、この世でいっぱい楽しみます!!

では、またぁ。

投稿: こぐま | 2019年6月19日 (水) 10時31分

たまこ さん

坊やちゃんがことばを獲得するのは、
皆がそうして、うれしいのは、
「吉兆」というより、
すでに「吉事」。

よかったねえ。

投稿: ふみ虫。 | 2019年6月19日 (水) 22時26分

スペクタクル おきょうさん さん

そういうことだろうな、と
予想していた以上のスペクタクルで、
でも、ひとつひとつがやさしく実っていることも
伝わってきました。

おからだに気をつけて、
くださいね。
約束です。

6月1日の会のこと、
ありがとうございました。
わたしも
「その後」のことが書けるようにしますので、
お任せくださいね。

自分に何ができるか。
まず知って、応援するこころを持つことだと
つよく思っているところです。


投稿: ふみ虫。 | 2019年6月19日 (水) 22時31分

こぐま さん

素敵なじいちゃん!

素敵なこの世の、こぐまさん。

橋は架かっていますね。

投稿: ふみ虫。 | 2019年6月19日 (水) 22時33分

ふみこさま、みなさま、こんにちは。
今日、畑でズッキーニ4本、ナス2つ、ピーマン3つ夏野菜を収穫しました
うれしいです。
もう一つの嬉しいことは、近々、近くのカフェで読書会があり、近所の中学生が一緒に行きませんか?と声をかけてきてくれたこと。
彼女は現在、不登校中。一緒に楽しい時間を過ごしたいと思ってます。
「京やきぐり」。まんまるでおいしそう!
栗は食べる楽しみだけでなく,皮を上手にむく楽しみもあったことを気づかされました。
今度、東京に行く楽しみが立田野のあんみつ。プラス、京やきぐりを買ってみたい。
この広場に集まるみなさんが好物を一品持ち合って、語りあうことがいつかいつか実現出来たらいいなぁーと美味しそうな栗を眺めながら夢を持ちました。

投稿: ユリの木の花子 | 2019年6月21日 (金) 17時00分

ふんちゃん

 栗! 
 私が中学、高校、大学と過ごした実家には、
 栗の木があり、毎年、たくさんの栗を食べていたことを思い出しました。
 売っている「天津甘栗」とは違い、
 なかなかキレイにむけることがないので、
 本当に時々、つるっとした栗になった時には、
 それはそれは、うれしくって、
 しばらく眺めてから食べたりしてました(^^)
 なつかしいな〜。
 栗に麻ひもを通して、首から下げて大学に行ったりもしたな〜。
 「ツーピー ツーピー」も
 幸せですね〜。
 毎年、夏に朝も夜中もうたっている鳥がいるのですが、
 夜中でも朝みたいにチュチュチュチュうたってくれるので、
 なんだか夜通したのしいのです。
 いい季節ですね〜。
 
 ユリの木の花子さんが書いてくださっていて…、
 ここの皆さんで集まれるとしたら…、
 わたしの好物…なにをもっていこう?と考えていたらたのしくなりました。
 なににしよう?
 チョコレートかなぁ?(^^)

 今週の「大冒険」日記です。
 ふんちゃんから、これはわたしが主役でもあるのだな…
 ということをきづかせてもらって、
 そういう視点で過ごしてみた一週間となりました。
 そうか〜。
 わたしも一緒にあっぷあっぷの時間を過ごして、
 今は、「大冒険」に慣れてもきて、
 アップダウンはありますが、わたしを取り戻せてきたように感じています。
 そろそろ、時々行っていた鍼灸院にも行くつもりだし、
 早めに帰って、家事をたのしんだり、
 その他のこどもたちと会話したり…、
 ひとつひとつが、これまた愛おしく感じられても居ます。
 梅しごともしました!
 梅シロップは漬け終わり、
 (とはいっても、子どもたちがほとんどをしてくれて、
 わたしは、材料をそろえただけ!)
 今日、病院に来る前に梅干しの梅も買ってきました!
 たのしみです。
 娘は、おなかの調子が不調続きで、
 苦戦を強いられていますが、
 院内散歩を1人でしていいよといわれて、
 張り切って出かけてみたり、
 少しずつ、気分転換が上手になってきたようです。
 
 わたしはね…、
 なにをしよう?と考えるのをやめて、
 なにもしないで、したいことをする
 ということに決めています(^^)
 ここでやっていた勉強も、疲れたな〜と思い始めたので、
 やめました〜。
 いい傾向です(^^)
 今日、うれしかったことは、
 3番目ちゃんのお弁当作り!
 くるくるジャムサンド。
 たこ&かにさんウインナー。
 たまごやき(これは3番目ちゃんが前夜に作りました。最近の彼の流行)。
 たらこピーマン。
 ミニトマト。
 かわいかったな〜、です。
 やっぱりね、家事はわたしに元気をくれます。

 ここのみなさんのお話を読ませていただいて、
 あちこちで活躍されているみなさんを思い浮かべ、
 テレビドラマでよくある、
 あちこちで頑張っているわたしたちが繋がっている映像を
 想像し、ひとりにやりとしています(^^)

投稿: もも(^_^) | 2019年6月22日 (土) 14時21分

ユリの木の花子 さん

読書会。
そんなお誘いは、夢を超えた現実。
……のように思えます。
素敵過ぎ、と呼び換えることもできます。

また、おしえてくださいね、読書会のこと。

投稿: ふみ虫。 | 2019年6月23日 (日) 12時13分

もも(^_^)ちゃん

大冒険ものがたりが、
いきいきと、おもしろみを帯びてきました。

主人公ももちゃんは、
これまでタネを蒔きつづけてきたから、
ひとりでに梅シロップができてきたり、
卵焼きが置かれたり。

だからこそ、ももちゃんの大冒険ものがたりは、
豊かでもあります。

……そしてものがたりは、つづく。

投稿: ふみ虫。 | 2019年6月23日 (日) 12時18分

 ふみこさま、皆さま

 ふみこさんのお庭には、ツーピー、ツーピー、シジュウカラも遊びに来るんですね。いいなぁ~。

 ここらで最近(ここ10年)身近になったとりが、イソヒヨドリさん。 リルリル~、ルルリ~、と良く通る声が響くと、そわそわして、ブルーと茶色の姿(雄 かな?)を探してしまいます。

 ワンコのえさのおこぼれを食べにやって来るスズメさんにも癒やされてますが、イソヒヨさんはもう少し高いところで鳴いていて、身近だけれど、ちょっと神々しい、しあわせの青い鳥です。

 今週、年に数回のボランティアで「こども園」に行って、小さいお友達とえいごで遊んできました。

 風船アイスをコーンにのせて、ふわふわ、おっとっと~とお友達に運べたら、 ”Here you are!” ”Thank you!”だよ!という遊びのとき、風船アイスをぺろぺろなめようとする子、そーっと抱えて歩く子・・・いろいろです。でもみんな運ぶことに一生懸命なので、最後のセリフなんて当然とんでいって、ほぼみんな???ってなってました。代わりに先生が横から叫んでくれてました(笑)。

 楽しいひととき、エネルギーをたくさんもらって帰ってきました。

 皆さんのお便りにもたくさん力をいただいてます。いつもありがとうございます。

 

 

投稿: 円 | 2019年6月23日 (日) 12時35分

ふみこ様 こんにちは

栗の字せんせいは
どんな方なのだろう・・・
いろいろ 想像します

えらそうなところが微塵もなく
知的でおしゃれで、ユーモアあふれる紳士
・・・もしかすると
ドリトル先生のようなかたかな

栗の木を見上げては
甘栗の袋を見ては
モンブランを見ては
思い出してもらえることは
栗の字せんせいは とても幸せですね

ふみこさん 昨日はもう 夏至だったようです
夏の入り口に立ったばかりなのに
「これから すこしずつ 日が短くなっていく」
と、いうことを 考えてしまう・・・
のはやめにして 目の前の夏を大事に大事にと
言い聞かせます。


ふみこさん
ツーツーピー ツーツーピーは
好奇心旺盛なヤマガラの鳴き声。
シジュウカラによく似ています。

投稿: えぞももんが | 2019年6月23日 (日) 14時44分

ふみさまみなさまこんばんは~~

内多勝康さんとふみさまの対談につきましての
ノート提出させていただきま~~す


:::::::*******:::::;


近年法人ネットワークを立ち上げる方々の数が増えている。さまざまな活動の中で病気を持つ家族の方に手を差し伸べたい方たちは、思い込みだけでなく、本当にその家族の方が望まれていることに力を貸してあげていただきたい

事故や病気は身近に誰にでもおこりうること
たちまち傍観者から当事者になる可能性

子供のことを考えることは自分のことを考えることでもあり。

寄り添うということを難しく考えるのではなく、
しっかり相手を知って手をさしのべるように。


違う人生(内田さんがアナウンサーというお仕事から今のお仕事にかわられての人生、セカンドキャリア)を歩めている自分を幸せだと思えるように今までがんばってきた。

いろいろ自分の歩む先にぶらさがっているニンジン。
それを食べてみるのことも大事だけど
時には運命が止めることもある。
そしてニンジンを食べなくてよかった思うこともある。
でもたべてみて本当に良かったと思うこともある。

運命の声を(風を)しっかりきいて道をえらぶということ。
あとは縁とか、勘にも頼って・・・。

新人からもう一度プロセスをふんでみれるのは楽しい。やってみることで社会を変えるとか、国を動かすとか、大きなことをめざすのではなく、まずは今、生きている自分を変えることができる。それだけで大きな事。意味があること。


壁を作ってしまうのは無知ということ、
まずは知らないと。
知ろうとすること。それが大事


ということで

「医療的ケア」の必要な子どもたち

内多勝康さん著

を求めてまいりました。
優しい言葉で大きな字で書かれておりますので読みやすく
たくさんのことを知ることができました。


https://www.amazon.co.jp/「医療的ケア」の必要な子どもたち-第二の人生を歩む元NHKアナウンサーの奮闘記-シリーズ・福祉と医療の現場から-内多勝康/dp/4623083985/ref=sr_1_1?hvadid=335328426699&hvdev=c&jp-ad-ap=0&keywords=%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%A1&qid=1561373183&s=gateway&sr=8-1


そして、
『そのことをすこしでもみなさまから多くの方々に広めていただきたい』

と聴講生のみなさまにふみさまがご自身の描いた絵の絵葉書を配ってくださいました。

::::::::::************::::::

う~~~ん
またもやまとまりなくとりとめもなくな表現でごめんなさい。

少しでもいらっしゃれなかった方のご参考になれば・・・

次はいつかな・・・
対談講座、楽しみにしています。

ありがとうございました。


投稿: おきょうさん | 2019年6月24日 (月) 19時49分

円 さん

イソヒヨドリ。

ヒヨドリの仲間なんでしょうか。
うちにやってくるヒヨさんは、
ちょっとずうずうしいところのある、
夫婦です。

メジロの夫婦を追っ払うのです。
からだが大きいから仕方ないのかもしれないけれども。

なーんて文句云ってても、
やってくれば、うれしいです。

イソヒヨドリさん、
きてくれないかなー。

投稿: ふみ虫。 | 2019年6月24日 (月) 22時18分

えぞももんが さん

夏至、忘れてたー。

あれ?
夏至って何か、食べるんでしたっけ?

あれ?
あれ?

かぼちゃは、冬至?

佳い夏をね。

投稿: ふみ虫。 | 2019年6月24日 (月) 22時22分

おきょうさん さん

ありがとう、ありがとうございます。

内多勝康さんとお会いして、
うれしかったなーと思うんです。
あたらしい扉の前に立つことができました。

ほんとうにやさしくて、
穏やかな内多さんですが、
ほんとは情熱的で、沸騰しやすい一面もあるという……。
だからこその決心、だからこその変革、
だからこその……だったのだなあ、と思いました。

とってもとても勇気づけられました。
100年時代、変身も視野に入れて。

おきょうさん さん、
ほんとうにほんとうに感謝です。

投稿: ふみ虫。 | 2019年6月24日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)