« わたしはバスを待っている | トップページ | 12月1日 »

2019年11月26日 (火)

臨時休業

 気に入りのパン店に立ち寄ろうとして、足が止まる。
 店のガラス扉の内側にカーテンが引かれ、そこに、「臨時休業いたします」の札がかかっていた。
 食パン1斤欲しかった。
 この店のはどれも、米、米麹の天然酵母を使って焼いたパンだ。
「おじさん、風邪だろうか」
 朝から午後4時ごろまでは、店には店員がいて、対応してくれる。4時から先、パンが売り切れるまでのあいだは店員がいないので、奥の厨房に向かって声をかける。すると、パン職人のおじさんが出てきて、対応してくれる。
 パン職人のおじさんは若く見えるがじつは高齢で、ひとりでパンを焼いている。調理パンにも種類がいっぱいあり、どれも美味しい。
 ことしのクリスマスには、おじさんのシュトーレンをいっぱい買って、友だちに送ろうか、と考えていたところだった。
「おじさん風邪だろうか」

 あれはちょうど、一昨年のいまごろのことだ。
 近所の蕎麦屋の天丼がどうしても食べたくなり、夕方家にいた夫と、二女と連れ立って出かけた。店に着いた途端、「やっぱり蕎麦」ということにならないように、「てんどん、てんどん」と歌うように自分に云い聞かせながら、てくてくと。
 夫もつられて、天ぷらでちょっぴり日本酒を飲もうと算段している模様。
 二女は、「じゃ、わたし、かつ丼を食べちゃう」と決心を述べる。
 そうだ、この日、めずらしくわたしたちは揚げものの気分になっていた。
 店に到着して、腰をおろすなり、女の店員が近づいてきて、「申しわけありません、きょう、揚げもの担当の職人がおりません」と云う。
「ええっ?」
 というわたしの声が切羽詰まっていたろうか、女の店員は「いえね、じつは体調を崩して、今しがた帰らせていただいたんです」とことばを重ねた。
 二女は月見蕎麦を、わたしはおかめ蕎麦を頼む。
 夫は板わさとレバーの煮たのを頼み、静かに日本酒を飲みはじめている。子どものころ、「おかめ蕎麦」というのを発見して、気に入りにして以来、大人になってもときどき「おかめ、ありますか?」とわたしは、やる。
 そんな「おかめ蕎麦」にもその日は弾まず、3人で静かに蕎麦をすすり、蕎麦湯も飲んで、また静かに帰った。
 それから1週間もたたずに蕎麦店は「臨時休業」となり、その後店は閉まった。

「臨時休業」の札を見るたび、どきりとする。
 蕎麦屋のあと、居酒屋が1件、定食屋が2件、臨時休業し、それから閉店した。いずれも、長年のご愛顧に感謝するという挨拶とともに、閉店に至った理由が貼りだされた。店主が病を得たり、亡くなったり、仕事をやめて故郷に帰ったり、という理由には「無理が祟(たた)って」という冠がのるような気がしてならない。歳月のうつろいにはちがいないにしても。
 どの店も家から歩いて10分圏内の店であり、わたしは店の味とともに、自分の居場所と、町の風景の一部を失ったのだった。

 パン店の「臨時休業」に気が揉める。
 同じこころで、わたしは思う。店を毎日毎日あけなくたっていい。たとえ1週間に一度だって、店がありさえすればいい。過去のものとなった蕎麦屋、居酒屋、定食屋の経営人(びと)も、そうだ。毎日毎日働き詰めに働いて……、そうして店は閉まった。
 店には、開けている時間以外に仕込みがあるのだもの。
「遅くも午前3時からパン作りをはじめる」と、パン店を営む友だちからおしえてもらったことがある。仕込みのため、店の休みの日もまるまる休んでなどいないことになるわけだ。
 もう少しゆるゆると働いたら、どうだろうか、と云ったところで、勤勉な皆さんは、「そうは云っても」と笑うだろう。
 が、やはり、過ぎてはいけない。
 過ぎないでください。
 大事だから。

 翌朝、駅までの道の上で、おそるおそるパン店のほうを見る。
 すると、店のなかにわたしの好きなジャーマンブレッド、胚芽食パン、惣菜パンたちがいっぱいならんでいるのが見えた。

01_20191126013301
ことしも熊谷の家(夫の実家)の柿を
たんとたのしみました。
ほら、これは木守り(きまもり)です。
木のてっぺんに柿の実を1つ残すのは、
翌年の実りを願ってのこと、
野の鳥たちの冬の食べものを思ってのこと。

〈お知らせ〉

12月21日(土)
池袋コミュニティ・カレッジで
西村佳哲(にしむら・よしあき)さんと対談をいたします。
西村佳哲さんは働き方研究家。
2011年1月に奈良で開催された西村さんプロデュースの
「自分の仕事を考える3日間」
というフォーラム(8人のゲストのうちのわたしはひとりでした)において、
あたらしい視点を与えてもらいました。
いわば恩人のような存在です。
あの日から、はたらくことと、生きることを
できるかぎり一致させて生きてゆくという土台ができたように
思うんです。
仕事について、これからの仕事について考えているアナタ、
あたらしい何かを受けとめているアナタ、
ぜひご参加ください。
わたしもとてもたのしみにしています。
日時 : 12月21日(土)13 : 00ー14 : 30
受講料 : 会員 3,410円 一般 3,960円
場所 : 池袋コミュニティ・カレッジ
申しこみ・お問い合わせは……03(5949)5481
パソコン、スマートフォンからは「池袋コミカレ」で検索。
Photo_20191119101501
西村佳哲(にしむら・よしあき)
1964年東京生まれ。プランニング・ディレクター。
建築設計分野の仕事を経て、つくる/教える/書く、
おもにこの3種類の仕事を手がける。
デザインレーベル「リビングワールド」代表。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみ虫さま

寒くなりました。

このお便りは勝手に私あてと
思ってよろしいでしょうか(*^^*)

今年は臨時休業をたくさんしました

春は
長男の引越しにつき。

夏は
主人の趣味のイベントに
つきあい。

そして、父の一周忌。

ある常連さんが
「ママさん、休まなさすぎ
休んだらええよ」と
言ってくれて

ちょっと嬉しかった!
確かに仕込みがあるので
休みも完全に休んでない…

できるだけいつものようにを
心がけ
時々は臨時休業をするのも
ええかな
心と身体のために。


投稿: 寧楽 | 2019年11月26日 (火) 10時15分

ふみこさま

間違っていたら、ごめんなさい‼️
今日、お誕生日ですね。
お誕生日 おめでとうございます❤️

私は、仕事に就いたことがないので、
いつもマイペースです。
家族の仕事の話を聞きながら、本当に大変なんだなぁと思っています。
世の中の人は、みんな大変なことをしているんですね。
家族が、ほっとできる空間を作るのが私の仕事かな? と思っています。
では、また。

投稿: こぐま | 2019年11月26日 (火) 10時24分

ふみこさま。おはようございます。


おやすみといえば。。
そうそうこの前も猫電くんたら夕方からお仕事の日
上町の車庫でひなたぼっこしてたんですよ。
どのドアもあけて風をとおしてもらって。。。

ね。。私たちも心の風通しよくするために
ひなたぼっこって必要ですよね。
師走に向けて忙しくなるこの時期クリスマスノートを
眺めたりして晴れている日はひなたぼっこをベランダで
楽しみます。芽吹いたイチョウくんはね。結局。。。
やはりおおきくならないんだけど。。もしかしたら
この子はここでこうしていたいのかもっと思って
南天の木の横で今年はそっとすごしてもらってます。ふふ。
(南天の紅葉とイチョウくんの黄色が美しいです。)

ちょっと今日は寒いので11月26日いいふろの日
だそうで。。ゆっくりおふろもいいですね。では
ふみこさん。皆さん。いい一日をお過ごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2019年11月26日 (火) 10時48分

ふんちゃん 皆様こんにちは。

臨時休業どきっとしますよね。
あったものがなくなると
なくなってから寂しさが感じます。


最近喘息の発作が出てしまいました。

今まで薬で抑えていたのですが
今はやたら薬を飲まない身なかなか治らず。

私はいいから赤ちゃんを!を毎日
願っています。

そのことを祖母に話すと
私はいいから代わってやりたいと言っていました。


なんだか祖母と通じてあえた気分でした

投稿: たまこ | 2019年11月26日 (火) 16時39分

ふんちゃんへ

お気にいりのお店が無くなるのは
淋しいですよね。
また美味しいパンのある暮しに
戻る事ができて良かったです♪

お誕生日おめでとうございます!
いつも いつもありがとうございます。
健康で楽しい毎日を過ごせますように…。

投稿: ハチミツ | 2019年11月28日 (木) 05時07分

寧楽 さん

西村佳哲さんプロデュースの
2011年の奈良の会の日でした。
寧楽さんが、ご自分のお店の
サンドウィッチを
持ってきてくださったのでした。

あのタマゴサンド!

一生忘れないと思います。

特別な干しぶどうを、
ひと粒ずつにして、ラム酒に漬ける。
それを生地に練りこんだ(?)レーズンパンも
絶品です。

臨時休業をしょっちゅうしてください、
というお願いです。
働き過ぎないで!
元気でいてください!
というお願いです。


投稿: ふみ虫。 | 2019年11月29日 (金) 00時31分

こぐま さん

ありがとう!ございます。

あのね、こぐまさんみたいに、
「はたらき」を紡いでるひとを、
ひとつの理想として、考える。
それが「はたらき」をとらえるテーマだと
思っているんです。

投稿: ふみ虫。 | 2019年11月29日 (金) 00時34分

真砂 さん

ベランダの銀杏さんは、
それでいいよね。

存在してくれてありがたいね。

投稿: ふみ虫。 | 2019年11月29日 (金) 00時36分

たまこ さん

「わたしはいいから……」のおふたりさん。
ぎゅっ。
(肩を抱きしめてる、つもり)。

投稿: ふみ虫。 | 2019年11月29日 (金) 00時37分

ハチミツ さん

誕生日を祝ってくださって、
どうもありがとうございます。

ご一緒に、てくてくと。

またよろしくお願いします。

投稿: ふみ虫。 | 2019年11月29日 (金) 00時38分

ふみこさま こんばんは

ご無沙汰しております。
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます♪
元気な一年をおすごしくださいませ。

パン店、開いていてよかったですね。
臨時休業、ドキッとします。後、お店の入り口に突然貼られた、見慣れない貼り紙も…(墨で書かれてあったときには、もう…)
実家近くの大好きな食堂も故郷に帰られて閉店したと聞いて寂しくなりました。
臨時休業とは反対の話なのですが、先日、地元の小さなお店が全国ネットの番組に紹介されたとかで、次の日から大行列ができています。今までもたまに小さな行列ができることはあったのですが、今回は3軒先のお店を越える行列がありました。売り切れ御免で定休日はしっかり取られているみたいのなので、安心はしていますが、お店の方、どうか無理をされませんようにと思わず祈ってしまいました。そして行列に恐れをなしてお店の前を通りすぎるだけなのですが、年末には何とか落ち着いてほしいです。

子どもの頃、お正月は三が日までお店は閉まっていたような気もするし、商店も市場もスーパーマーケットも定休日があった気がします。それがいつの間にか24時間もしくは深夜まで営業のお店が多くできて、そこでなんでもそろってしまう…、便利なのですが忙しないと思ってしまいます。そして夏前からささやかな抵抗で、通販を極力やめました。注文しても届いたら、なにか違うと思うことが多いような気がして、やっぱり現物を見よう!と。お買い物メモは必携です。見つからなかったらそれはそれで縁がなかったのねと。なくても困ることが少ないことも発見です。

「おかめそば」知りませんでした。具だくさんのお蕎麦なのですね。関西にもあるのかな。探してみたいです。

久しぶりに夜更かしです。おやすみなさい。

投稿: あすちるべ | 2019年12月 2日 (月) 00時12分

ふみこさま。みなさま。
12月ですね。この時期になる暮れのことを考えます。
お正月を迎えるための準備。
毎年、暮れの28日になると実家の庭で親戚が集まって、夜が明ける前から
餅つきをしていました。
80代の母が前日からもち米の準備をして、早朝まきで火をたき、もち米を蒸して、力仕事は弟やおじちゃんがぺったん、べったんとついていきます。
玄関で私やおばちゃんがつきたてのお餅を受けとります。
先に神さまの分。次にみんなの分。
暮れはお正月に向けてのにぎやかな声が響き、清々しさが漂っていました。
今年、母は86歳になり、弟もおじちゃんも肩や腰が痛いからと餅つきはやめよう、みんな休業になりました。
長年続けていたこの行事がなくなりました。
今日、米作りをしている新潟の友達にお餅の注文を出しました。
餅つきの1日は私にとって心から幸福感を感じられました。
1年は早い。
過ぎてみれば、あのことも、このことも、いいことだったとおもえるのです
少し私も自分に休業をあげよう。
お正月が来たら、録画撮りをしたまま見ることができなかった
「大草原の家」24話をゆっくり見ようと心はすでに新年に跳んでいます。
みなさま、楽しい12月をお過ごしください。

ふみこさま。
おめでとうございます。
いつも、ありがとうございます。

投稿: ユリ木の花子 | 2019年12月 2日 (月) 10時33分

ふみこ様 こんにちは

お話を聞いていて
気になっていた お店を 思い出しました。
数年前まで 仕事に向かう時 いつも前を通っていた
喫茶店「スオミ」 
「スオミ」が 「フィンランドの・・」という意味だと知って
いつか 入りたいと思っていました
入り口には 
ランチ 
しょうが焼き定食
カレーライス サラダ付き
と書かれた 小さな看板

窓から見える カウンターの中には
年配の店主

昭和の雰囲気の小さな喫茶店でした
時おり 「本日臨時休業」の貼り紙がしてあって
そのたびに 「体調を崩されたのだろうか・・」
と、心配をしていました

どうしているかなと 検索してみたら
今年の2月で閉店・・・。

勇気を出して
入ってみるとよかった・・。
40年間営業していたそうです。

ふみこさん
今年も 12月になりましたね
一年を振り返ってもいいよ・・・
そんな言葉をかけられている気がします

 

投稿: えぞももんが | 2019年12月 2日 (月) 16時28分

あすちるべ さん

みんな働き過ぎているし、
お店も休まな過ぎているし、
もう少し、のんびりしたいです。

「ああ、きょうはお休みなのね」
という思いは、
「待つ」とか、「工夫する」とか、
そんなつぎの世界につながってゆきます。

いつでもかなう、というのは、
ある意味、つまらないな。

「おかめそば」ね、おたのしみそばみたいなの。
かまぼこや麩、それに卵焼きものっていて。

投稿: ふみ虫。 | 2019年12月 2日 (月) 18時31分

ユリの木の花子 さん

おばんです。

夫の実家の餅つきも、
ことしは休業です。

休業を決めたとき、
夫はうれしそうでした。
やりきったよろこびというか、
やめたり、休んだりもわるくないという思いも、
湧いたのかな。

ユリの木の花子さんも、
休業を。
「大草原の小さな家」ゆっくりと。

投稿: ふみ虫。 | 2019年12月 2日 (月) 18時34分

ふみさまみなさまこんばんは~~
大阪、行ってまいりました。
そして帰ってまいりました。
今回もなかなか楽しい旅でした。
応援に行った次女の吹奏楽部もそれはそれは頑張ってました。
やはり生で応援できてよかった!!

お仕事は私も主人も臨時休業。

たまにはいいですよね。

これでほぼ、次女もコンクールというコンクールはおしまい。
最後の定期演奏会を残すのみとなりました。

でも、この時期、思い切ってお休みをあわせ、秋の紅葉を楽しみながらの旅を味わうのも本当に素敵。
目的はなくても、また来年臨時休業で出かける予定をたててしまうかもしれません。

だって本当に、あっとうまに12月。

今年もあと1か月、そして猛ダッシュの12月になってしまったから・・・。


スーパーに行けば、クリスマスメニューの文字、郵便局に行けば年賀状の文字、大好きな和菓子屋さんに行けばお歳暮はこちらはいかがでしょう?の文字・・・

ああ・・・・・・。
もう少しゆっくりゆっくりさせておくれえ~~

投稿: おきょうさん | 2019年12月 2日 (月) 18時43分

えぞももんが さん

そうですね。

わたしにも、あります。

ああ、勇気を出して訪ねればよかった……、
時間をつくってあっておけばよかった……、が。

でも、かなわないこともある。
こころで思っているだけでも、
それはそれで、ひとつの記憶なんだとも、
思うんです。

投稿: ふみ虫。 | 2019年12月 2日 (月) 18時46分

おきょうさん さん

ご褒美旅から、お帰りなさい。

大阪で笑ったり、泣いたり、
感激したりしているおきょうさん さんが
見えるようです。

思いきって実行するための
「臨時休業」、
2020年は、いっぱいしようっと。
と、思いました。

投稿: ふみ虫。 | 2019年12月 3日 (火) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)