« 光を当てる | トップページ | 女はつらいよ »

2019年12月31日 (火)

ふみ虫とふみこ

ふみ虫 ことしも終わるね。
ふみこ 終わるね。ゆったりしていたいから、「2019年が終わって2020年になる」というところを、ぼんやり受けとめたい。
ふみ虫 と、云いつつ、クリスマスの翌日、お正月の支度はじめてたでしょ。せっかちだなあ、と思って見てました。さっきもお屠蘇仕込んでたの、見たぞ見たぞ。
ふみこ まあね。ついね。
ふみ虫 2019年、どんな年だった? 
ふみこ おもしろい年だった。友だちにもいっぱい会ったし、なつかしいひとからも連絡があって、来年早早会う約束をしたの。「生きて元気なうちに会いましょう」って。
ふみ虫 家のしごともたのしんでいるように見えたな。11月は、コズエ(二女)が独立したから、引っ越し、部屋替えにも燃えてたでしょ。畳の部屋をコルクに貼り替えたりして、あれ、すごい勢いだった。おかげでこっちの仕事が綱渡りになりました。どうする気だろう……って思ったよ。締切落とす気?って。
ふみこ あはは。今回、恐ろしくぎりぎりだったけど締切は守りました。
ふみ虫 恐ろし過ぎだよ。たしかに、全部間に合ったけど。余裕ってことは考えないの?
ふみこ 考えない。
ふみ虫 年賀状は出したの?
ふみこ よくぞ聞いてくだされた。1228日に1日かけて200枚書いて、投函した。深夜12時に宛名を書き終えて、もうこれでいいかな?って思っちゃってね。いつもならひとこと何か書き添えるのに、やめてね、地域ごとに束ねることさえせずに、抱えて走って、ポストにどさっと詰めこんだの
ふみ虫 ひとこと書かずに?
ふみこ そうなの。でも、宛名書き自分でしたから、そこに気持ちは込めたつもり。……だめ?
ふみ虫 だめじゃないよ。だめって云ったところで、もう投函したんでしょ?
ふみこ 投函しちゃいましたー。
 ところで、ことし、仕事はどんな感じだったの?
ふみ虫 こちらもおもしろかったよ。よく働いた、と云っていいんじゃないかな。その意味では、そちらの「しごと」とこちらの「仕事」も、勢いでバランスがとれた感覚だったけど、どう?
ふみこ そうだったね。
ふみ虫 教育委員の役目としては、今夏、小学校の教科書採択があって、勉強したー!という実感もあります。会議もいっぱいあったなあ。だけどほら、わたし、会議好きだからさ、充実してた。
ふみこ 前から聞こうと思ってたんだけど、どんなふうに会議が好きなのさ。
ふみ虫 公的な発言の場でも正直であろうとすることにも、メンバーの目を見てやりとりしていくことにも、意義を見出してるのよ。この会議を通して実現させたいこと(実現させたくないことも)をはっきりさせる。この目標があるからこそ、会議に賭けられる。
ふみこ そういうところは、家のしごとも同じだね。夢中になるっていう意味では、共通してるのかも。そうだ、セカンドスクール(小学校の6泊7日の宿泊学習)にも行って、なんだかたのしそうに帰ってきたよね。
ふみ虫 うん。わたしは最初の1泊だけ参加させてもらったんだけど、せんせいの力に目を見張ったの。子どもがみるみる変化していく様(さま)にも驚きました。前の年の中学のセカンドスクールのときにも感じたんだけど、教員という仕事は誰が何と云おうと素晴らしい! まわりの大人として、教職員を理解しようとして、応援して、守って、おもしろがる。これがどんなに大事かって思わされてるの。
ふみこ うちの場合、まず親の力不足というのがあるわけなんだけどさ、まわりの大人たち、学校のせんせいたちにうちの子どもたち、いっぱい育ててもらったからね、恩返しもしないと。そうだ、千川小学校の前校長・飯田信夫せんせいの本を「ふみ虫舎」から刊行したね。あれは、わたしもうれしかったわ。
ふみ虫 ことしのトピックスです。久しぶりの編集作業と本づくり。
ふみこ その仕事が本格的にはじまるとき、お酒辞めたんだったよね。あれ、いつ? 
ふみ虫 2018年の12月はじめ。それから飲んでないからね。
ふみこ 酔って眠くなってる場合じゃないって、こと?
ふみ虫 うん。時間を生みだしたいと思い、どこかを変えたいと思い。大酒飲みだったからねー。辞められてほっとしたの。ああ、依存症じゃなかった、って。
ふみこ でも、70歳まで辞めようと約束したのよね、ふみ虫さんとわたし。
ふみ虫 うん、うん。依存症じゃなかったかもしれないけど、途中でちょっぴりとでも飲んだら、またどっと飲んでしまうような気がしたし、そうでなくても、お酒を飲まないことで、日常的に時間がつくれたのは確かだったし。その分、仕事しようと思った。
ふみこ はい。家のしごともせっせとします。
ふみ虫 仕事のはなしのつづきをするね。
 尊敬してやまない庄野潤三せんせいのお宅に伺って、長女の夏子さん、長男の龍也さん、龍也さんの夫人の敦子ちゃんとお会いしておはなししたり、田辺聖子さんのお洋服をデザインした藤本ハルミさんとお会いしたり、驚くべき出会いもありました。
 12月に作家の青木奈緒さん、働き方研究家で聞き手の専門家でもある西村佳哲さんとの対談はとくに印象深かったな。友情の芽生えによって、仕事が深まることを実感した年でもありました。
ふみこ 「どくしょかい」というのを朝日カルチャーセンター(新宿)ではじめたでしょう? それはうまくいってるの?
ふみ虫 うん、何かやりましょうと、声かけていただいて、「どくしょかい」って答えて、実現したの。1期3回(ひと月1回)やってみて、1期で1冊読むというスタイルができたんだ。いま、『まつりちゃん』(岩瀬成子)を読み終えたところです。
 1月からの期では『貝がらと海の音』(庄野潤三)を読みます。だから、この講座、つづけようと思わず、「今期この本を読むのか、じゃ、参加してみるか」と思って参加していただけるといいなと思ってるの。
ふみこ いいね。お仲間って大事だよね。AIの時代になっていっても、仲間との活動を通して、AIのすることをチェックできると思う。「それ、ちょっとちがうんじゃないかな」と物申したり。「これはこうしたらどうでしょうか」と提案したり。でないと、AIのすることが人間のチェックなしに、落ち着いちゃう。
 はなしがちょっと脱線したけど、エッセイの講座はどうなの?
ふみ虫 10年つづいたの。通信講座を含めて、いま全部で60人の仲間ができたのね。2020年は100人まで仲間をふやそう、と思ってる。地方に住むひととも交流できるように。これは夢。
ふみこ 日常生活って、なんでもないことのようだけど、奇跡が積み上がってできているんだね。……ということがよくよくわかった2019年でした。
ふみ虫 まったく同感。
 ね、おせち料理いっしょにつくろう。

***

広場の皆さま2019年、たいへんお世話になりました。
2020年もよろしくお願い申し上げます。きっと佳い年にしましょう。
                                      山本ふみこ

Photo_20191230220801
「年徳神」父がいたころは、父が大晦日に墨をすって
書いて、居間に貼っていました。
父の字を真似て、書いてみました。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま

ふみこさんとふみ虫さんの2019年振り返り対談たのしかったです。

おかげさまで。。熱もさがり元気です。
この熱のおかげで。。クリスマス休暇のんびり。ふふ。
「春にさーまた3人で旅したいな~」と
のんきにいってみたらあっけなく決定となりました。
やっぱりのんびりエアポケットみたいな時間って大事ですね。

そんなこといってられない状況の方々もどうか
心がほっとできることがすこしでもありますようにいのってます。

柚子と水仙の香りに包まれていると
ゆったりした気分になれてもうお正月気分です。
令和記念コンサートの時に思ったお互いの存在を大切に
生かし合えるように2020年もしたいです。
ふみこさーん。本当に今年もお世話になりました。

投稿: 真砂 | 2019年12月31日 (火) 12時52分

ふんちゃん みなさま

 大晦日ですね。

 ふみ虫さん、ふみこさんの対談も、
 読ませていただいて、
 1年って、あっという間だったように思うけれど、
 いろんなことがあるんだよなぁって思いました。

 わたしも、今年、本当にいろいろなことがありました。
 貴重な経験をさせてもらうことができ、
 ステキな出逢い、出合い…
 たくさんありました。

 そして…、
 ふんちゃん、みなさまに
 本当に、たっくさん、支えていただきました。

 ありがとうございます。
 大きな感謝をこめて…。

 佳いおとしを…

 また年明けに
 お邪魔しちゃいま〜す(^^)

投稿: もも(^_^) | 2019年12月31日 (火) 16時14分

この時代に、同じ日本で、山本ふみこさんの今の言葉を聞くことができて幸せだなぁと思っています。
日々の暮らしのあたたかな視点がずっと大好きです。
それから、公共の教育という本当に大切な場で、あたたかく向き合って応援してくださっていることも。

ところで、エッセイ講座、通信講座も開かれているとのことですが、どこかにご案内があるようでしたら、教えていただけますか?これまでのブログの中で見つけられておらず、案内いただけるとうれしいです。

私ごとですが、今年は夢を叶えに、アメリカのヨセミテ国立公園にひとりで行ってきました。
もうすぐ50歳ですが、まるで20代の旅のようでした。
一年が過ぎて新しい一年がやってくる時節。それぞれの人生の旅が続きますね。

2020年もまたふみこさんの発信を楽しみにしております。

投稿: siki | 2019年12月31日 (火) 16時33分

ふみ虫さま

今年もたくさんの言葉を
ありがとうございました。

私がふみこさんを
一方的に知ったのが
もう10年も前のこと

お会いできたのは
その一年後。
今日の日まで
お互いにいろんなことを
経験し、その度に考え
心をすませ
またすすんでいく

その歩みに共に
いてくださったこと
深く感謝しています。

歳神様が一目散に
おいでになりますね。

どうぞ佳い新年をお迎えください


投稿: 寧楽 | 2019年12月31日 (火) 19時48分

ふんちゃん みなさま
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

今年の大晦日はおせち料理作りに参加しました。
しかも初挑戦の蓮根まんじゅうを笑


この嫁いでからの3年でだいぶ料理の要領も
上達しましたよ。
(腕ではなく、あくまで要領です笑


大掃除の主人と坊やと協力して
スッキリスケジュールが埋まっていくような
年末でした。


どうか今年と皆様にとって
健康で幸せな一年になりますように

投稿: たまこ | 2020年1月 1日 (水) 00時45分

ふみこさま みなさま

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

ふみ虫さんとふみこさんの対談を読んで
自分の2019年を振り返ってみました。
よたよたと走り抜けた一年でした。
(昨年は膝が痛くなって変形性膝関節症の診断が出てしまい、本当に走るのは無理になりました…)
自分の時間が少なくなってしまって、その分、
やれるときに!会える時に!!と少し行動できました。
手つかずで2020年に持ち越したものも沢山あります。
大晦日は紅白も見ずにダウンしてしまいました。

日常生活って、なんでもないことのようだけど、奇跡が積み上がってできているんだね。……ということがよくよくわかった2019年でした。

ふみこさんのこの言葉を胸に
今年はもう少し余裕をもって、考えて行動したいです。

2020年の一日目が暮れてゆきます。
今年が皆様にとって心穏やかな年になりますように。

投稿: あすちるべ | 2020年1月 1日 (水) 18時07分

真砂 さん

新年おめでとうございます。

元旦から仕事したりして、
日常と変わらないような気もするなか、
ふたひたと「新」が迫ってきています。

それを感じて、静かにわくわくしています。

佳い2020年にしましょう。
ことしもよろしくお願い申し上げます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 2日 (木) 11時06分

もも(^_^)ちゃん

新年おめでとうございます。

ももちゃんの昨年の大きな経験が、
わが身にも他者にも生かされる、
そんなことしになるのではないでしょうか。

目が離せませんね。
たのしみに眺めさせていただきます。

佳い2020年にしましょう。
ことしもよろしくお願い申し上げます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 2日 (木) 11時09分

siki さん

新年おめでとうございます。

お久しゅうございます。
……うれしいおたよりをありがとうございます。

昨年のひとり旅のつづきが、
きっとことしも待ち受けていますね。

エッセイ講座につきましては、
お名前と住所(郵便番号も)を書いて
下記までお問い合わせください。
案内をお送りします。

yfumimushi@gmail.com

佳い2020年にしましょう。
ことしおよろしくお願い申し上げます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 2日 (木) 11時16分

寧楽 さん

新年おめでとうございます。
10年……(しみじみ)。
また、奈良でお会いできたなら、いいなあ(本気)。

佳い2020年にしましょう。
ことしもよろしくお願い申し上げます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 2日 (木) 12時01分

たまこ さん

新年おめでとうございます。

たのしい年末の様子が伝わって、
たまこさん、さすが!と思いました。

ことしは大仕事が待っています。
祈っています。

佳い2020年にしましょう。
ことしもよろしくお願い申し上げます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 2日 (木) 12時02分

あすちるべ さん

新年おめでとうございます。

おたよりに、不思議なパワーを感じました。
ゆっくり休んで、ぼちぼちスタートしたら、
思いがけず、ことが進むような。

あたらしい自分にぶつかるような。

不思議な縁が待ちかまえているような。

だから、お正月はゆっくりね。

佳い2020年にしましょう。
ことしもよろしくお願い申し上げます。


投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 2日 (木) 12時05分

ふみこ様
 
あけまして
おめでとうございます

ずいぶん雪の少ない お正月を過ごしています。
クリスマスも 大晦日も
札幌は 積雪0でした。
いろんな年がありますね

ふみこさんと ふみ虫さんの 会話を聞きながら
ふみこさんが 駆け抜けた 一年は
一日が24時間では 足りなかったに違いないと
思いました

ふみこさん 私も 初めてふみこさんを
知った頃を 思い出しています
毎週楽しみにしていた 新聞のコラム
朝刊をカバンに押し込んで
JRの電車の中で 読みました
あれからずっと たくさんの言葉を
ありがとうございます

ふみこさん
佳い年に したいですね
しましょうね。

投稿: えぞももんが | 2020年1月 3日 (金) 07時15分

えぞももんが さん

新年おめでとうございます。
いま、夫の実家のある埼玉県熊谷市に
向かう電車のなかで、これを書いています。

えぞももんがさんと会話しながら、
揺れています。

佳い2020年にしましょう。
小さな努力を信じて。

ことしもよろしくお願い申し上げます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 3日 (金) 10時57分

ふみこさん、みなさん
あけましておめでとうございます。
こちらにおじゃまするのもひさしぶりです。

年末から実家で両親と私の家族とで過ごしてきました。
今、父が母をみて暮らしています。私がいる間は、なるべく母について、父には睡眠を取ったり、遊びに行ったりしてもらいました。

目の前の母をよく見て、淡々と受け入れることを意識して過ごしました。

お正月が開けたら、母には施設に入ってもらうように、はたらきかけてきました。結論が出せないでいる父にそうするよう勧め、母にも話して納得してもらいました。
お互いを気遣って心配して、お互いが言い出せなくなっているところを、ぷちっとつついてきました。

東京に戻る日、前の晩にはちょっとべそをかいた母が、何とか自力でトイレを済ませてみせてくれ、両親とも笑顔で送り出してくれました。
親ってありがたいです。

好きなこと、やりたいことばかりやってきた私だと思っているので、これからも、やりたいように両親の支えになる予定です。

実家では「臨戦態勢」で過ごしていたらしく、こちらに戻ってだらだらとテレビを見て、適当なごはんを食べているうちにいろいろほどけてきました。
久しぶりにおたよりができて嬉しいです。こんなおたよりで、なんだかすみません。
今年もどうぞよろしくおねがいします。

投稿: cohata | 2020年1月 4日 (土) 02時45分

ふみこさま。

あけましておめでとうございます。
私は、お正月は風邪引きで、ぐだぐだしていました。
年末からお正月は、毎年主人が、お節とお雑煮を作ってくれます。
私は、はるくんとのんびり遊ばせてもらっています。 主人には感謝です。

風邪が長引いて、本当にお医者さんの偉大さに気づかせてもらいました。
月曜日には病院に行きたいと思います。

今年は、お正月はどこにも行けなくて残念でしたが家族みんなが仲良く過ごせてよかったです。 はるくんは、じいじと将棋をしていました。負けたら泣いちゃうはるくんでした。
では、今年もよろしくお願いいたします‼️

投稿: こぐま | 2020年1月 4日 (土) 21時06分

ふみこさま。みなさま。
新年、おめでとうございます。
1月1日、奇跡がおこりました。
何年も自分の力では外の世界に出れなかった王子が高校の時のサッカー部の仲間に支えられ
みんなで東京、千駄ヶ谷、新国立競技場へサッカー観戦に行きました。
サポートしたのは、いつもの母ではなく仲間たち。ことばにはならない、ありがとうでした。
この日のためにリハビリの努力、夢は実現しました。

1月1日。もうひとつ初めてのこと。
86歳になる母にはじめて、お年玉をあげました。
母に対して、私はほんとうのやさしさをしてあげてきただろうか?とおもったのです。
しわが増えた顔からもらった笑顔。たくさん話を聞いてあげようと思いました。

日常生活は何でもないことのようだけど、奇跡が積みあがってできているんだね。
ふみこさん、わたしも同感です。
わたしにはプラス、もうちょっとの辛抱ともうちょっとの努力を忘れなさんなと心しました。

投稿: ユリの木の花子 | 2020年1月 5日 (日) 07時53分

cohata さん

新年おめでとうございます。

何よりのおたより。
しみじみ、うなずき頷き読ませていただきました。

「ぷちっとつついてきました」
というくだりには、
ほんとうに感心しました。
ことしは、これでゆこう!
ぷちっとね。

やりたいように、お願いします。
いろんな情報や、助言や、
マニュアルなんかは全部無視して、
やりたいように。

わたしも、そうします。

佳い2020年にしましょう。
ことしもよろしくお願い申し上げます。


投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 5日 (日) 13時23分

こぐま さん

新年おめでとうございます。

お風邪で外には出かけられなくても、
幸せというこぐまさん。

それこそ、
満たされた「時間」なんだと思います。

だけど、お大事に。
明日は病院でよく診ていただいてきてください。

佳い2020年にしましょう。
ことしもよろしくお願い申し上げます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 5日 (日) 13時26分

ユリの木の花子 さん

新年おめでとうございます。

そしてもうひとつ、
おめでとうございます。

元旦の奇跡は、未来への扉ですね。
扉はそして、開きました。
奇跡だけど、それは、王子さまの人徳でもあります。
お仲間たちの、愛情でもあります。

明るい、まぶしい年のはじまりです。
(と、預言者風に)。

佳い2020年にしましょう。
ことしもよろしくお願い申し上げます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 5日 (日) 13時32分

ふみさまみなさま~~
今年もいつもギリギリ登場のおきょうさんとなることと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

いやあ、12月はほっとんど『イ』のA型めに居座られ、毎日ダラダラ、倦怠感の中ですごしており新年を迎えてしまった感じです。
ですが、薬もたいして飲まず、ただひたすら本当によ~~~く寝まくったので、体に元気がすごく溜まってくれたような気がします。
こんなにのんびりすごしたのは4年前に大きな手術をしたとき以来だな。

ふみさまの言ってくださったとおり、おせんべやらお茶やら、よみたい本やらをレッスン室(おきょうさん療養部屋臨時特設会場(笑))に持ち込み
ひたすらごろ~~~んとしておりました。
ある意味最高の年の瀬だったかもしれません。

そして新しい年の始まり。
1日たっただけなのに、なんでこんなに『空気がすがすがしく、やる気に満ち満ちたパワーにあふれるのかな~~』
と、外に出て青空をみあげながら思いました。

新しい神様、来ましたね。

きっとみなさまのところにも来てますね。

この広場で『おきょうさん』と呼んで気にかけていただいたり、お話していただけたこともすごく力になりました。

たっぷりエネルギーチャージできたおきょうさん、さまざまなことに立ち向かっていけそうです。みなさまとともに、この年もよき年にしていきたいです!!

私も新年になってしまったけど
おきょうさんときょうこさんの対話。してみることにしましょっと。

投稿: おきょうさん | 2020年1月 6日 (月) 14時07分

おきょうさん さん

新年おめでとうございます。

少しゆっくりされたかな、と
思い(疑わしいけれど)、ほっとしました。

「イ」の字にも効能はある、というわけです。
あらゆる負の出来事、
一見そうみえる出来事には、
チャンスが含まれているんだと、
あらためておしえてもらいました。

おもしろい年にしましょう。

そして佳い年に。
よろしくお願い申し上げます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 6日 (月) 19時59分

ふみこさま、皆さま

今年の年越しはゆっくり、でした。
おせちをスキップしたのも初めての経験でした。

母屋の台所でお義姉さんとおしゃべりしながらおせちを作るのが恒例行事だったんですが、今年は双方時間がなく「買っちゃいましょ!」となりました。

子ども達の好む棒鱈と栗きんとんしか入っていない三の重はない代わりに、「ちょろぎ」など、今まで知らなかった縁起物の食材やお料理が入っていて新鮮、でよかったです。

先週いただいたお返事、何度も読み返しました。

父も母も山あり谷ありですが、会うとまだ笑顔を見せてくれます。
どこにあってもきっと安らぎのひとときがある、と信じようと思えました。ありがとうございました。

この場をお借りして、、、

ユリの木の花子さん。
いつも気づきをいただいていますが、このたびの
1月1日の奇跡のお話、嬉しく心が明るくなりました。
ありがとうございます。

皆さま、今年もどうぞよろしくお願いします。


投稿: 円 | 2020年1月 6日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)