« 足湯 | トップページ | いちごとブロッコリ »

2020年1月21日 (火)

おしる湖(おしるこ)

 ことしも中学生とともに「ナイトハイク」に参加し、武蔵野市西久保のコミュニティセンターから多摩湖まで往復約26kmを歩いた。
 土曜日の深夜12時に出発し、日曜日の朝に戻る。厳寒の深夜歩くのは、寒くて眠くて……生半ではない、参加者それぞれが自分と向き合って一歩一歩を刻むのだ。
 行程のうちの10km以上(片道)を「多摩湖自動車道」なる散歩道が占める。車の通らない、自転車と、ひとのためのこの遊歩道は、武蔵野市・西東京市・小平市・東村山市・東大和市をひっそり貫いている。

 その日、部活の試合の参加や、インフルエンザの流行によって、中学生の参加は例年に比べて少なかった。しかし、参加の人数など、どうでもいいことのように思える。この「ナイトハイク」がこの地域に根付いてつづいていること、地域で活動する皆さんと、中学生の保護者の皆さんが協力して準備を進め、最新の注意をはらって当日のハイクを支えていることが、まぶしい。
 43年目の「ナイトハイク」は、昼間降っていた霙(みぞれ)が止み、風もなく冷えこみもさほどでないコンディションを与えられた。

 気がつけばわたしも7回めを踏みだしている。毎年、異なる風景が見え、胸に宿る感慨も少しずつちがっているのがおもしろい。さあ、ことしはわたし自身何を学ばせてもらえるのだろうか。そう思いながら、靴紐をきゅっと結んだ。

 ことし、もっとも印象に残ったのは、同じ班で歩いた中学2年生の男子生徒Mくん。
 彼は「ナイトハイク」初めての参加であったが、黙黙と歩いている。同級生とならんでいるが、その口数は少なく、しかし、どこか楽しげな表情だ。往路の半分を過ぎたあたりで、彼に、かすかだが足を引きずる様子が見えはじめた。
 サイズが合っていないのか、靴のなかで足が遊んでいるらしい、靴紐をきつめに締めてできる限り足を靴のなかに固定し、なんとか目的地に到着。
 どうするか。
 復路はリタイヤし、クルマ部隊に引きとってもらってはどうか、というムードが生まれかけた。
 復路を歩ききったのだから、それでじゅうぶんだ、とわたしも考えていた。ところが、まわりの大人、とくに行動隊の男性陣が、小さく首を振ってわたしに合図を送ってくる。
「自分で決めさせよう」
 という合図。
 そうか。そうね。
「クルマに乗ることを考えたらどうか」というコトバを、わたしは飲みこみ、Mくんを見守る。看護師が足の指に包帯を巻き、靴のなかにクッションをつくる手当てをしても、足は相当に痛そうだ。
「もう少しがんばれるか?」
 と、行動隊の班長が聞くと、
「がんばれます」
 という答え。
 このときのMくんの顔を見て、驚く。出発間もないころの楽しげな表情がそのままひろがっているのである。

 結局、Mくんは、全行程の26kmの約4kmを残す地点で、クルマに乗ることを自分で決めた。「自分で決める」ことが大事なんだ。と、わからせてもらった。
 そのことの値打ちをわかっているつもりでも、わたしはつい、先走って「クルマに乗るという選択肢もある」とすすめてしまいがちだ。
 踏ん張って、待たなければね。子どものまわりにはいろんな大人が必要なのだ。

 ことしもまた、「ナイトハイク」はわたしに学びと気づきをもたらして、終わった。参加者が皆元気でゴールできたことは、決してあたりまえではない。たくさんのひとの準備と支えが、無事を祈っていた人びとの存在が、運んだゴールだった。一緒に歩いてくれた武蔵野市にある亜細亜大学(主に野球部)の皆さん、ありがとう。目的地の多摩湖に大テントを張って、熱熱のおしるこを用意してくださった皆さん、ありがとうございました。ゴールの西久保コミュニティセンターで朝ごはん(豚汁と炊きこみご飯)をつくって待っていてくださった保護者の皆さん、ありがとうございました。行動隊の皆さん、見送りをしてくださった市長や教育長はじめ、たくさんの大人の皆さんも、ありがとうございます。
 そうそう、目的地は多摩湖なのだが、誰もがおしるこ目指して歩くので、いつしか、わたしの頭のなかで「多摩湖」が「おしる湖」という地名にすり替わっていたことを白状しよう。

Photo_20200121101301
目的地のおしる湖(いえ、多摩湖です)で、
写真を撮りました。
湖のむこうのほうに、白く、ぼんやり、
西武球場(ドーム)が浮かんで見えたのですが……。

〈お知らせ〉
「クラシコム」(北欧、暮らしの道具店)
URL:https://youtu.be/3UEUqfJEo-c
で、わたしにはめずらしい動画

「モーニングルーティーン」が公開中。
どうか、笑ってくださいまし。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま

土曜日雪ちらつきましたね。
あの後歩かれたのですね。おつかれさまでした。

多摩湖がおしる湖!いいですね。
そういえば・・・
おとぎオペラの方東大和市の湖のそばにすんでます~と
おっしゃってらしたからこんな遠くから。。。
それに参加している子供たちも年齢制限などの条件を
設けず踊りたい歌いたいまねしたいのみで
受け入れているらしく子供たちに喜びをの熱意に
こちらもパワーもらいぱなしです。

自分でやってみたいことを応援できる空間を
もっともっとひろげていきたいです。
とにかく魔法をかけるところでぴょんぴょんはねる
のがかわいくて私もやってみたら元気に。。ふふ。

ではみなさんもふみこさんもおとぎオペラの世界へ。。。
なんて。。いい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2020年1月21日 (火) 11時02分

ふんちゃん皆様こんにちは。

自分で決めさせる、大事ですよね。
先回りして手を出すことは自立の妨げになり
こっちから提案したら、相手は確実に甘えます。
甘えていけないということではなく
自立の妨げというとこで。


さて、最近大掃除で発掘された音楽プレーヤーを車内で聴いています。
音楽プレーヤーと聴くと味気ない気がしますが、
その時々で聞いていた環境や感情を思い出し
良い気分転換になります。


音楽のアルバムを手に入れた気分です

投稿: たまこ | 2020年1月21日 (火) 12時29分

真砂 さん

子どもたちのパワーや、
魅力、おもしろみ
(もちろん個人の領域にかかわるところも)、
悩み、向上心、そしてプライド。
それらが、大事だと思うことが
出発点ですね。

ともに歩き、
ともに奏でるために。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月21日 (火) 14時42分

たまこ さん

音楽プレイヤー。
そりゃ、なつかしいことでしょう。

わたしも、いま、記憶のなかの音楽に
浸ってます。

井上陽水とか、矢野顕子とか。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月21日 (火) 14時45分

ふみこさま。

YouTube 拝見しました!
すっごくいいですね。
憧れます。
ふみこさんが、ていねいに暮らしを紡がれている様子がわかります。
私も、ほんの少しでも見習いたいと思います。
なんだかんだ好きなことをさせてもらっていますが、片付けはからっきしだめなので、反省!
きれいな空間にあこがれます。
いいものを見せていただきました。
ありがとうございます!

投稿: こぐま | 2020年1月21日 (火) 17時34分

こぐま さん

いや、笑ってほしい。
へんなうた歌ってるところとか。

あこがれちゃう!

ありがとう。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月21日 (火) 20時39分

ふみこさま みなさま こんばんは。

あー、またもリンクした!という小さな感動とともに。

今日、保護者の方と急遽1時間ほど話し。
その子のために、と新たな提案をしたのですが、
「あくまでも私や学校の提案だから、ではなく
保護者の方と○○さんがどうしたいか決めてくださいね」
お話させてもらいました。
これは、先輩の先生からのアドバイスで、
どう話そうか考えていたことの最後に加えたことですが、
アドバイスいただいた時に、それはすごく大事!と思えました。

なんだかいろいろあって、大変な、でも達成感いっぱいの今日。
でも、最後に、しっかり、ふみこさんに「それでよかったんだよ」と
言ってもらえたような気がしました。

最近、うれしいことがあると、
1回、ぴょんと跳ねてしまいます。
今日も、ぴょん!と跳ねました。
アドバイスくれる先生が、
「あ、跳ねた!」と応えてくれます。
うれしいです。
そんなうれしさが、子どもたちにもあるといいな、と
思います。

『「自分で決めさせよう。」
踏ん張って待たなければね。子どものまわりには
いろんな大人が必要なのだ』…私だってその一人。
手帳にメモしました。

今日はぐっすり眠れそうです(^^)
ありがとうございます。


投稿: さのまる | 2020年1月21日 (火) 21時24分

さのまる さん

そうですねー。
まさに、ねー。

うれしいねー。

踏ん張って待つときも、
にこにこしていたい。
信じて待ってるよー。
ってね。


投稿: ふみ虫。 | 2020年1月21日 (火) 23時20分

ふんちゃん

 こぐまさんのおかげで、
 youtubeで、動くふんちゃんを見かけることができました!
 トイレの歌…、笑いました!
 想像していたよりも、ずーっとたのしかった!です。
 
 ここのところ…大変でした。
 よくここまできたなぁ〜と思い、
 今、見渡して、自分をほめているところです(^^)

 「イ」のつく風邪です。
 夫と1番目ちゃんから始まり、
 3番目ちゃんをのぞく、家族みな…かかりました。
 それでも、なぜか…わたしは軽症。
 恐がりの2番目ちゃんをなんとか近くの小児科へ連れて行ったついでに、
 頭痛がしていたわたしも一緒に検査をしてもらいました。
 そうしたら…、あっという間に陽性反応が…。
 びっくりしました。
 たしかに、だるかったし、頭痛もあったけど、
 寝込むほどではなくって、省エネでも動けたのです。
 これには本当に助かりました。
 そのおかげで、なんとか乗り切って、今は最後の5番目ちゃんを残すのみ。
 「イ」のつく風邪で、寝込まなかったのは初めてです。
 もちろん、省エネ運転だったので、動いては横になり、
 横になっては、ちょっと動く…のくり返しではありました。
 わたしが完全に機能しなくなってはどうにもならなくなるので、
 うまくカラダを使いこなした感じがあります。

 大量の野菜スープを作り、それを何度も別のものに作り替え…、
 くたくたのうどんをただただ煮込み、
 あとで味を好きにする。
 というような感じで…。
 スープは、ふんちゃんがよく教えてくださっているやつです!
 繰り回しスープ。
 いや〜、わたし、割といける〜と思いました。
 今は、お母さんが不在で、好きなように台所を使えるので、
 わがまま放題…で、やりきりました。
 夫は、かなりの重傷で5日間寝込み、まだ本調子ではありません。

 ただ…、入院しているお母さんのところには、全然行けず…。
 これには参りました。 
 仕方ないことではあるのですが…。
 なんとか弟に頑張ってもらいました。
 主治医の先生からの説明も弟のみで…。
 大事なことだったのに、それはどうにもできず…。

 お母さんのことがあって…、それがあって「イ」のつく風邪が、
 大流行したのかもしれません。
 家族のバランスが大きく崩れたのだから、仕方ないのだと思えました。
 そうして…、大変だけれど、穏やかな時間が流れました。
 
 お母さんが病となり、わたし自身の自立を考えさせられていました。
 2番目ちゃんの自立を見せてもらいつつ、
 自分の自立も考える…。
 そういう時期なのだなぁと思うのです。
 そうして、今回の「おしる湖」のおはなし。
 そうだなぁ〜とじんわりしました。
 自分で決める。
 これって、些細なことでも大切なことなのですよね…。
 わたし、自立していたつもりだったけど、してないところ
 たくさんあったなぁ〜って、今、ゆっくりながめられている気がしています。
 これからのゆっくり付き合う目標ができたきもち。
 
 ふんちゃん。
 前回、わたしに、うろたえてもいいんだよと言ってくださいました。
 わたし…、2番目ちゃんが、大冒険に出発した、あの大変な夏。
 周りの景色が色あせて、変わって見えるほど、相当、うろたえました。
 泣いて、泣いて、うろたえて、ど〜んと落ち込んだ。
 そうして、2番目ちゃんの病院での大冒険は、わたしにとって、
 本当に貴重なゆっくりとした温かい時間でした。
 こうした時間を過ごさせてもらえたことで、
 毎日やってくるできごとを、ただ受け取れる自分になりたいなぁと
 思えるようになったのかもしれません。
 子どもたちみな、それぞれ変化の歳ですが、
 どの子を見ても、頼もしく、まぶしいです。
 
 子どもたちの自立とわたしの自立。
 あまりチカラを入れず、ゆっくりとした意識の変りようを
 自分自身で見守ってやろうと思っています。

 ああ、とりあえず、今回の「パンデミック」(笑)
 やりきりました〜!
 わたし…すごかった〜!!(^^)

 ふんちゃん、みなさま…
 どうぞご自愛ください。

投稿: もも(^_^) | 2020年1月22日 (水) 14時17分

ふみこさま。みなさま。
私も「モーニングルーティーン」楽しく拝見しました。いいなぁ、いいなぁ。
台所で真似をしてみました。「今日の私はお幸せ、明日の私もお幸せ」
そしたら、今度は孫が真似をしました。
「今日のパパはかっこいい。明日のパパもかっこいい」と二人で笑ってしまいました。ふみこさんからこぼれるユーモアーは自然体で最高です。

今日、書店に行ったら、「天然生活、三月号」にふみこさんが二ページにわたり登場してました。
ゆっくり、読みたくなり買って帰りました。笑

今年も「ナイトハイク」のお話を聞けてうれしいです。
四十三年も続いている武蔵野市にも感動してしまいます。
守るために危ないことは、忙しいからと様々なことがなくなりつつある中で、こんな町がある。しかも東京に。教えられます。
熱熱のおしるこ、豚汁、炊き込みご飯。保護者の皆さんの情熱を感じます。

年が明けて、王子が大学時代に友達とよく参拝に行っていた神社に参拝に行きたいといってきました。
元旦には東京まで、友達の力を借りてサッカー観戦も実現しました・
日頃、してほしいことをあまり言わないので、そこまで行きたいのならと
思い出の地へ車で三時間かけて行ってきました。
参拝するのには、二百六十七段の階段を上らなければなりません。
誰の手も借りずに王子は登り上げたのです。
この姿を見て「越された」と思いました。精神面の強さを「越された」とおもったののです。同時に「治ってきている」と泣けてきました。
社会復帰を目指して毎日のリハビリです。
登り上げたこの日、新しい希望を感じました。
ここまで来るのに、十年近く。長いプロセスがありました。

毎週、毎週、ふみこさんのこのページにも支え続けられました。
感謝してます。「ありがとう。ふみこさん、みなさま」

投稿: ユリの木の花子 | 2020年1月22日 (水) 16時11分

ふみこさま

おはようございます。
あら~。いつのまにかふみこさんの動画が!!

楽しい歌はもちろんですが・・
階段降りる音、お湯を注ぐ音、卵の殻をむく音。。朝のはじまりの
生活の音そして。。。大切なことを伝えようとしてくださるとき
のささやくようなやわらかなふみこさんの声にこころが
温かくなりました。

初めてお話会でふみこさんのお声を聞いたときの感動おもいだし
ちゃいました。温かいものに包まれると心が動いて
感情を素直に出せる感じです。
バイオリンでいうと。。。ハーモニクスという弦にかるくふれて
出すと笛のような天使のささやきのような音がでるのですが
そんな感じがします。。ふふ。

今日は朝から雨ですがふみこさんのお声を聞けてパワーもらいました。
問題いっぱい抱えている打ち合わせきょうあるのですが
やわかかなここころでみなさんを包んできますね。(さあー
やってみようじゃないの~ふふ。)
ではみなさんもふみこさんもいい一日おすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2020年1月23日 (木) 08時25分

ふみ虫さま

おお〜、動くふみこさんを
久しぶりに見ましたぁ

なんか、嬉しい。

ふみこさん、可愛らしいなぁ
(そんなこと、言うと失礼かな)

投稿: 寧楽 | 2020年1月23日 (木) 10時46分

もも(^_^)さん

がんばったねー。
讃えます。
「イ」の字でのがんばり、
でも、ちゃんと休んでください。

わたしは、どこかおかしいのか、
「イ」の字に罹ったことがありません。
おかしいかもしれないけど、
ことしこそ、罹るかな、というふうに、
思っています。

うろたえていいんだよ、
は、そういうももちゃんを抱きとめてみたかった
だけで、考えさせちゃったかもしれません。

大冒険によってたくましくなったももちゃんに、
たくましくないももちゃんも、
忘れないでほしい。
……なんてね、わかってもらえるかな。


投稿: ふみ虫。 | 2020年1月24日 (金) 01時25分

ユリの木の花子 さん

「越された」
というの、いいね、いいね。

2020ねんの「いいこと」はじめです。
(わたしにっっても)。

でも、まだ、「いいこと」は
たくさん待っているはず。
口に出して、「きょうもいいことが待っている」
って、唱えるとしましょうよ。

王子、気を楽に、超えていってください。


投稿: ふみ虫。 | 2020年1月24日 (金) 01時28分

真砂 さん

照れ。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月24日 (金) 01時29分

寧楽 さん

でしょう?

動く者同士で、
またお会いできますように。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月24日 (金) 01時29分

ふみこさま こんばんは

寒い中頑張って歩いた時のおしるこ、それは楽しみですね。
そして、10km以上続く遊歩道、東京の地理は詳しくないので思わず地図を検索してしまいました。一度歩いてみたいと思いました。気持ちよさそうですね。
自分で決めることの大切さ、それを先走って口出しすることも…ははが喋ろうとする話を私が取ってしまうことが多いので、待たなければ!と気づかされました。

天然生活、読みました。ユリの木の花子さん、ありがとうございます。次号予告にもふみこさんのお名前を見つけました^^

そして、「モーニングルーティーン」も拝見しました。天然生活に載っていた本棚~~!と、ちょっとワクワク。トイレお掃除の歌、思ってたよりテンポが速くて、そうだったのか~~!と感動でした。そうして、全体に流れる空気感、すっきりしたお部屋が素敵です。私の朝の様子なんてどたばたしすぎて、どなたにも見せられません。ちょっと反省。昨日から気付いたところを片付けています。目指せ、山本さんちの台所です。適量ってむつかしいです。
年末までには何とかすっきりしたお部屋に…。

投稿: あすちるべ | 2020年1月25日 (土) 00時01分

ふみこ様 おはようございます

暖冬で 極端に雪の少ないこの冬ですが
今朝は しっかり 雪が降りました
昨日は 吹雪もようでした。

「ナイトハイク」は聞いていて やっぱり
参加したくなる気持ちが むくむくと湧いてくる
行事です

そして この行事を 運営 サポートされている
方々の力もすごいと しみじみ思います
もちろん ふみこさんも含めです!!

「まわりには いろんな大人が必要」。
わたしにも 役割があると思える言葉です
ふみこさん 今週もありがとう

追伸・・・そとから 除雪車の音が聞こえてきます
  

投稿: えぞももんが | 2020年1月25日 (土) 07時16分

おはようございます。
動画 見せていただきました。本とか雑誌でお見掛けはしても 動く(失礼)ふみこさんは初めてで 感激しました。
この間まで 三男と同居していて 朝5時半には起きて ボリュウムいっぱいのお弁当を作っていました。それが急に 「1人暮らしする!!」と 出ていき なんか拍子抜けした感じです。私は90歳になってもこの子のお弁当を作ろう!! と意気込んでいました。でも 楽なことにはすぐに慣れるもので
起きるのもだんだんと遅くなり 反省、、、で 最近は 起きるとすぐに外に出るようにしています。ウオーキングです。40分程歩いて家の近くに戻り日の出に手を合わせ帰ります。
1日のリズムがついて中々いい調子です。家にいるのが好きなほうなので朝のうちに歩いておいたら 今日も運動したし と言い訳できます。
今朝 三男が8年前に夜店でとってきた金魚のうちの1匹が死にました。
30㎝くらいになっていて 本当はフナだったんだ、と思ってました。
後の2匹は少し小ぶりですが まだ元気そうです。
こうしてだんだん家もさみしくなってくるのかな?と 思ってます。

投稿: ann | 2020年1月25日 (土) 11時26分

あすちるべ さん

それから「おしるこ」のスイッチが
入って、自分用に小豆を煮たりしています。
ストーブの上で。

小豆は思い立ったら(水に浸すことなく)
すぐに茹ではじめることができるから、
うれしいのです。


投稿: ふみ虫。 | 2020年1月25日 (土) 11時29分

ann さん

でっかい金魚さん、
ひとり減ってさびしいですね。

どこかに泳いで向かっているのが見えるようです。
ひらひら、と。

ひらひらと。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月25日 (土) 11時31分

えぞももんが さん

除雪車の音。
と聞いて、思わず耳をすませてしまいました。

こちらは、元気な冬の子どもたちの声。
家の前が小学校の通学路なので、
朝夕、響いてくるのです。

きょうは土曜日。
子どもの声はまばらです。

灯油を売りにくるトラックの合図の音楽。
大人の立ち話の声。
自転車の若者の歌声。
なんかが届きます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月25日 (土) 21時17分

ふみこさま。

昨日、はるくんと庭で、
ふきのとう
をみつけました🎵

はるくん、大喜びしてました。

投稿: こぐま | 2020年1月27日 (月) 09時13分

ふみふさまみなさまこんばんは~~

こちらはしんしんと寒いです。今晩は雪かもという予報は当たるかな?

ちょびっとまた風邪をひいいてしまいました。年末の『イ』といい、ちょっとおきょうさん免疫おちてますかね。

歩きもしていないのにお汁湖に行ってお汁粉食べたいです。

前回のナイトハイクのお話から、きっともう1年たってしまったのですね・・。なんて早いのかしら?
そして今年もたくさんの学びや決意をこのナイトハイクはもたらせてくれたのですね。本当の意味での『教育』とは、こんなことなんだろうな。
ということがこのお話をお聞きするたびに思います。

国語や算数以外にも学びはたくさんありますね。子供もも、大人もです。

自分で最後は決めさせる。大事ですね。私も長女の就活はほっといています。自分のゆく道はもう自分で決めてもよいお歳ですからね。
きっと風はそのうちふいてくるかな~~と。なのでしばらくはアルバイト生活となりそうです。

見守りながら、ヨロヨロしている子供をほうっておくことはできそうでできないこと。
ついつい手をさしのべたり、説教しちゃいそうになります。見極めはなかなか大変ですけど見て見ぬふりをし続けることも必要ですよね。


ユーチューブ!

うちにやってきた新型のテレビジョンがまさに今活躍するときがきました!
(笑)
板切れではなくテレビ画面からふみさまに会えてます。

きょーうのわたしはお幸せ~~

ってこんな歌だったのね。伴奏しにいきましょか?(笑)

影響受けやすいわたし。
拝見して以来毎朝蒸しタオルで顔を拭いて極楽気分になっております。

長女もふみさまを拝見して喜んでおりました。そして
有名なすごいお人なんだねえ・・と感心しておりました。(今更かい?
(;^_^A)


投稿: おきょうさん | 2020年1月27日 (月) 17時14分

こぐま さん

この数年、ふきのとうをみつけた
というお知らせを、こぐまさんから
伝えていただいています。

早いです!
ああ。春が近づいているのですね。

春を告げるこぐまさん、
ありがとうございます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月27日 (月) 21時26分

おきょうさん さん

「教育」のはなし、
「見て見ぬふり」のはなし、
あのさあのさ、と語り合いたいです。

どちらにも共通して、
「好きなように生きていいんだよ」
と見守る姿勢が必要なんだろうと思います。ね。

人生には辛いこともあるけれど、
おおむねたのしむためのものであり、
ひと同士助けあう(よろこびあう)ものなんだということを、
子どもたちに伝えたいなあ……。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月27日 (月) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)