« ふみ虫とふみこ | トップページ | 足湯 »

2020年1月 7日 (火)

女はつらいよ

 1月1日 元旦
 昼下がりから睡魔に包まれ、それを振りほどこうともせずにわたしは、蒲団の国へと出発した。ぬるい湯のなかに浸るようにとっぷりと眠った。
 そのため深大寺に初詣に行こうね、という約束も果たせぬまま、夜を迎えた。
 お正月の夜はたのしい。食卓を正月風につくってゆきながら、誰もかれもがはずんでいる。夫は実家を守りながら年越しをするためそこにいなかったが、娘3人はそろってさざめいている。女のさざめきは動物的で、口も動くが手も休みなく動いている。
 重箱のふたをとる。歓声。一応歓声。松風焼きがうまくできて、重箱のなかでふふん、と得意そうにしている。フライパンでつくる、驚くほど簡単にできる松風焼きなんだけれども。

 1月2日
 長女とふたり、調布の映画館を目指す。
 調布までの時間を読みまちがえたせいで、三鷹駅からタクシーに乗る。森に住んでいる妖精みたいなおじさんの運転手氏。妖精がひとの世で実験的に働いてみているのにちがいなく、その証拠をつかもうと、わたしはじっと目を凝らす。
 みつけた。
「そのハンドルにかけてある、ふわふわしたものは何ですか?」
「こ、これ、ですか?」
 妖精の運転手氏、びくっと肩を震わせる。
「これは、ハンドルカヴァです。このクルマを何人かの運転手で使いますので、ほかの皆さんに不快な思いをさせないようにね、これをかけてます。手垢手汗がつかないように。使ってみると、ふわふわして、なかなかいいのです」
 じつに妖精的。
 見ると、ギアも白い布製の何かでくるまれている。
「ギアカヴァはみつけられず、こうして、布をかけています。ゴムでとめています」
 ふーん、じつに妖精的。
「100円ショップに、ドアのノブカヴァが売っているのじゃないかと思いますよ。探してご覧になったら……」
 100円ショップをわかるだろうか、と思ったが、人の世でクルマの運転ができるくらいだから、わかるだろう。
 調布駅に到着。お釣りを受けとらず、ギアカヴァの費用に当ててもらうようにお願いし、クルマを降りる。

 さて、これから観ようとしている映画は、「男はつらいよ お帰り 寅さん」である。長女が映画館の少しくぼんだいちばん後ろの席を予約しておいてくれ、そこにはまりこんで、観る。
 年配のお客が多い。
 高齢のお母さん、お父さんに寄り添っている娘息子世代の姿も、たくさん。だけど、だけど若いひとの姿もあって、うれしくなっちゃう。
 1969年「男はつらいよ」第1作が劇場公開された。以来シリーズ48作がつづき、主演の渥美清の死により、49作の特別編をもって終わりとなる。

 88歳になった山田洋次監督がパンフレットにこんなふうに書いている。
「そして今、先行き不透明で重く停滞した気分のこの国に生きるぼくたちは、もう一度あの寅さんに会いたい、あの野放図な発想の軽やかさ、はた迷惑を顧みぬ自由奔放な行動を想起して元気になりたい、寅さんの台詞にあるように「生まれて来てよかったと思うことがそのうちあるさ」と切実に願って第50作を製作することを決意した」

 期待をはるかに超えた映画だった。
 ときどき、「寅さーん」と叫びたくなる気持ちを抑えて、いや、ほんとは抑えきれずに小さく叫び叫び、わたしは、いた。それが許される劇場環境でもあったのだ。誰もかれもが自由にあははと笑い、そろって嘆息し、ハンカチやら手ぬぐい、手袋やらで目を抑えた。
 暗闇の茶の間みたいな空間が生まれていた。
 亀有の映画館ですでに一度鑑賞している長女に云わせると、「亀有と調布じゃ、また、ちがった感じなのよ。どちらもあったかい茶の間ではあるんだけど」だそうだ。え、じゃ、吉祥寺や銀座でも観てみようかしらん。
「困ったことがあったらな、風に向かって俺の名前を呼べ。おじさん、どっからでも飛んできてやるから」
 だってさ。
 ありがとうね。

 バスに乗って深大寺へ。
 深大寺門前の「鬼太郎茶屋」で二女と待ち合わせて、お参り。
 おみくじ「凶」を引く。
 これから運が上向きになってゆくって、ことでござんしょ?
 熱熱そば饅頭を食べ、蕎麦を食べ、てくてく歩いて帰る。

 映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」。
 映画館で観て、よかった。
 女もつらいのよ、寅さん。
 女はつらいよ。だけどね……。
 だけどね、の先に、ひとそれぞれの感じ方、思い方、考え方、生き方があるんだと、わたしは思うのよ、寅さん。 ……寅さん。

Photo_20200107103101

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま。

女もつらいけど、楽しいです。
私、最近自由だなぁ~って思います。
やりたいこともできています。
本当に、生まれてきてよかったです。

ちょっとこの場をお借りします。

私が作った絵本 ねんねのかみさま
を絵本ひろばに投稿してみました。

ブログ こぐまの日記
から入れると思います。
時間があったらみてくださいね。

では、また😄

投稿: こぐま | 2020年1月 7日 (火) 11時11分

ふみこさま

おはようございます。
楽しいお正月のあれこれもっときいていたいです。
森の妖精さんにもあえて深大寺の秘密の場所になんて
話そうぞうしちゃいました。。ふふ。


お正月といえば。。4年前に「僕だいじょうぶだから」
といった甥っ子。母を安心させようと早くに結婚し5月にうまれた
息子をつれてみんなで集まれたのでにぎやかなひとときになりました。
久しぶりに抱く赤ちゃんかわいくてなんだかそれだけで
しあわせだね~となりました。泣いたり笑ったりもうパワー
はち切れそうでした。父の命日近くに生まれたのでこっそり
父もあの場にあそびに来てたのではと思います。
あのときはご心配おかけしおかけしましたが姉も毎日たくさん
歩くようにしているので心筋梗塞おこらずに元気にしております。
相変わらず兄はのんきにこれからどこかの温泉
いく人~なんていってました。ふふ。

後はのんびり旅の計画に夢中のお正月でした。
伊勢あたりから近鉄特急って名古屋だけでなく
奈良や大阪にもつながってるのね~なんて旅気分。
ここまでこれたことに感謝して伊勢の地を歩きたい
と思ってます。あ~おとぎオペラも忘れてた~。
わたしもふみこさーん。妖精にあいたいです~。

投稿: 真砂 | 2020年1月 7日 (火) 11時27分

ふみ虫さま

とても佳いお正月の
風景にこころ、掴まれます。

長男がちょっと無理をして
帰省し
娘夫婦もやってきて
賑やかなお正月でした。

風邪をひいた長男と
休日診療の病院をさがして
みてもらって
なんとか、無事また
自分の場所に帰りました。

妖精、います、います!

長男の部屋にも
自宅にいる次男のところにも
(*^^*)


ふみこさん、おみくじ
同じ。
私も凶でした。

大吉か凶、どちらかです。
ここ数年、なんなんやろ…(*^^*)

投稿: 寧楽 | 2020年1月 7日 (火) 12時31分

ふんちゃん 皆様こんにちは。
いつもの日常が戻ってきましたね。


連休の後半は実家に泊まり
普段とは違うこじんまりとした量のごはんを
つくりました。それがとってもリフレッシュ!つつましいっていいですね。

量が少な方食べ切ってもらうほうが
心が裕福になります。


そして買いたかったものを買い
少し夜更かしをし、本を読み進め
友達とランチをし
とってもうまく使えた連休でした。

自分に拍手を送りたいです!


ふんちゃんと寅さんから元気を貰えたみたいですね。
またいつもの日常の活力にしてください

投稿: たまこ | 2020年1月 7日 (火) 12時34分

こぐま さん

若いひと、子どもたちに
「生まれてきてよかった」という思いを
贈れるようにしたいですね。

こぐまさんの日日の活動は、
活動の背中は、
若い人びと、子どもたちに、
人生のよろこびを伝えていると思うけれど。

そうでない大人も存在しています。
わたしも、ときどきそんな大人になっているのでは、と
思うと心配です。

ことしは、明るく未来を抱きたい!です。
ありがとうございます、気づきのおたよりを。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 8日 (水) 18時04分

真砂 さん

ひとは、人生のお福分けを
さし出し合って生きているんだなあと、
感じ入っています。

赤ちゃんを連れた甥御さんから、
真砂さんの地図上の旅の計画から、
お福分けをいただきました。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 8日 (水) 18時06分

寧楽 さん

ご長男のお正月の風邪は、
吉兆ですね。

寧楽さんとわたしお
「凶」のおみくじと同じで。

凶スタートで、ぐんぐん上がってゆきましょう。

誰かさんのためにも、
見えないみなさんのためにも、
そして自分のことも忘れずに。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 8日 (水) 18時10分

たまこ さん

こころの裕福。

おたよりを読んで、
ほんとうにね、と、
じーんとしました。

ことしも、また元気に歩きだしましょう。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 8日 (水) 18時12分

ふんちゃんへ

新しい年になり8日経ちました。
すっかり遅くなりましたが 今年もよろしくお願いします。
ふんちゃんの娘さんたちとの楽しそうなお正月のようすが
伝わって来ました。松風焼き美味しそうです!

我が家のお正月4人揃いました。
3日には家族新年会を外でしまいた。
そこで娘の言った言葉に夫が怒り出し先に帰ってしまいその後も
二人がギクシャクしてトホホ・・・な会になりました。

娘は4月から働く会社に今頃になり迷いが出てこのままでいいのか、
相談したかったと言ってましたが、私から見ても相談と言う
よりただの文句にしか聞こえませんでした。
夫はそんな話しぶりにブチ切れたのです。
普段滅多にそこまで怒らない夫なのでよっぽどだったのだと
思います。冷静に聞くことができなくなってました。
次の日 夫はなるべく怒らないよう言葉を選んで自分の考えを娘に
伝えてました。どの位 響いたかは分りません。
それから娘は東京へ、夫は山口へそれぞれ戻りました。
娘からは「せっかくのお正月だったのにごめんなさい」と
ラインが来ました。

相談って難しいですね。
自分の意見、考えを伝えてもただの押し付けにしか思えない
みたいです。親の考えが正しいと言ってるのではなく
一般的にはこう思うと伝えても なかなか上手く伝わらないです。
育て方が間違っていたのかな・・・と思ったり。
新年早々またぐるぐる色々考えました。
私たちは娘を応援してきたつもりなんですが・・・。

楽しい一年でありますように♪


投稿: ハチミツ | 2020年1月 8日 (水) 19時52分

ふみこさま
いつも楽しく読ませていただいています。
ありがとうございます。
今年から娘、孫、母と4世代、犬二匹、が一緒に住むことになり、毎日波乱万丈です。夫と静かな生活が一変、覚悟していましたが、穏やかな日々がいつか来るように祈る日々です。時間が必要です。
私も寅さんが懐かしくなることがあります。
昭和の時代を懐かしく感じます。
多くの便利さや快適さ豊かさも増えましたが、昭和の不便さ、人情の厚さ、四季の美しさが懐かしいです。歳を取ったて、ことでしょうか。

投稿: ふみこさま | 2020年1月 9日 (木) 10時29分

ハチミツ さん

新年おめでとうございます。

新年のギクシャク、ブチ切れ、
とてもとても貴重だと思います。

家族って、そういうもんだよ。

って、寅さん風に云ってみていいかな。
その日のことを通して、
それぞれが考えたり、思い巡らしたりする
共通性が、わたしにはキラキラ光って見えます。

だから、おめでとうございます。

佳い2020年にしましょう。
ことしもよろしくお願い申し上げます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 9日 (木) 22時27分

あなたさま
(お名前を決めて、つぎに記していただけたら、
うれしゅうございます)。

にぎやかな舞台がはじまりますね。

大きな変化だと思いますが、
分厚い本を開くような気持ちです。

佳い2020年にしましょう。
ことしもよろしくお願い申し上げます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月 9日 (木) 22時29分

ふみこさま、みなさま

お久しぶりです。
コメントするのはとても久しぶりなのですが、
毎週楽しみにこちらにおじゃましておりました。

ここにはいつもたくさんの温かい言葉があって、
うーーっと固くなりそうな心をいつもほどいてくれます。
時々しか出没しませんが、2020年もよろしくお願いします。

お正月、何年かぶりに母と口喧嘩をしました。
なんであんなに腹が立ったのか自分でも不思議なくらいで、
すごくどーでもいいことで、ちょっと言い合いになり、
プンプンと私は別の部屋へ引きこもったのです。
しばらくすると中1息子と寡黙な旦那様が代わる代わる何度も部屋へきて、私をなだめてくれました。

大人気ないです。本当に。
自分の家に戻ってきて、じわじわと自己嫌悪。。。
母とは次の日には笑いあって喋れたので、しこりが残っているわけではないのですが、自分の幼さに自分で呆れました。

これは天からのお告げだなと。

今年の目標は、
まず、やさしい家族への感謝の気持ちを忘れない
そして、言葉づかいに気を付ける

なんだか低レベルな目標で恥ずかしいのですが、
言葉づかいを今一度考えたいです。

やさしい言葉をつかえる人になりたい。
同じ意味を言っていても、言葉づかいで相手への伝わり方も違うから。
分かってはいても、なかなかむずかしいのですが。

つい家族には、ぽんぽんときつく言ってしまいがちなので、
家族がニコニコしていられるように、
まずは、自分がニコニコ余裕をもちたいものです。


投稿: さゆ | 2020年1月10日 (金) 11時32分

ふんちゃん

 すっかり明けました…
 おめでとうございます。

 あっという間に、今日…という感じの新年の始まりです。

 お正月明けすぐにお母さんが入院しました。 
 もう少しゆっくり…の予定でしたが、
 みるみるうちにご飯が食べられなくなり、本人も心配になって…、
 早々に入院となりました。
 入院したら、ホッとしたのもあったみたいで、
 今は、いい顔をしているように見えます。
 まずは、今日まで検査、検査…。
 連休に少し家に帰ってきて、
 次は、手術できる病院へ転院予定です。

 今年は、お正月という感じがあまりせず、
 元旦から年末できなかった掃除をして過ごしていました。
 けれど、これはいいな…です。
 なんというか、こういうひとつひとつに支えられているという感覚を
 新年早々に感じられて、
 今年は、いい年になりそうだな…と思いました。
 ひとつひとつ、確認するように、掃除をして、
 買い物に行って…、ごはんを作る。
 
 また…年末には、2番目ちゃんに生理もきました。
 本当に警戒していたのですが、
 コワくなく迎えられたようで、本人が一番、
 そしてわたしも、主治医の先生も、みんなビックリして、
 安心しました。
 大きな、大きな山を越えたな…と、
 じわじわ時間が経ってから感じ、
 涙がじわり…となりました。
 これからも、まだまだ続く「大冒険」ですが、
 ひとつひとつ…進んでいけそうな、
 そんな強さ、自信がついてきたような気がしています。
 大きくなったなぁと思います。
 実際に背も伸びていますが、心身ともに大きくなったなぁ…です。

 女もつらいよ…
 本当ですよね。
 男も女もつらいよ…です。
 けどね…、なんだろ? 
 だからこそ、うれしいこともたくさん感じられるよ!ですね(^^) 
 うれしいこと、ありがたいなぁと思うこと…。
 たくさん。
 
 そうそう、最近、冬休みになり、1番目ちゃんが
 とにかくあちこち遊び歩き…、
 そうだ!寅さんみたい!です(^^)
 「今日、帰ってくる?遅くなる?ばんごはんいる?」
 というラインをすると、
 「帰る。ごはんいる」とか返ってきます。
 なんだかね…、それがとてもたのしいです。
 ああ、それぞれの時を過ごしている。
 勉強は全然してなくって、大丈夫か?
 ではありますが、あちこち見て歩いて、
 何かを感じ、何かを学んでいるはず…。
 頼もしいなぁと思います。

 今年も、いろいろ、いろいろありそうですが、
 盛りだくさん…たのしむぞ〜、
 と思っています。

 ふんちゃん、みなさま、
 今年もどうぞよろしくお願いします…。

投稿: もも(^_^) | 2020年1月10日 (金) 15時24分

さゆ さん

新年おめでとうございます。

いま、連載のエッセイを書き終えて
ここへやってきたのですが、
ちょっとびっくりしています。
「正月早早三女と喧嘩」のはなしを
書いたところだったからです。

久しぶりに喧嘩できたことが
(きっかけも内容も、わけわからん
喧嘩ではありましたが)うれしくて、
家の喧嘩はするもんだ、と書きました。

というわけで。

お母さまとの喧嘩を
寿ぎたく。
おめでとうございます。
まわりの皆さんも気遣ってくださって、
なんていいんでしょう。

そう思わなければ、もったいない。

佳い2020年にしましょう。
ことしもよろしくお願い申し上げます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月10日 (金) 21時06分

もも(^_^)ちゃん

物語に変化が生まれて、
目が離せませんね。

ももちゃん、
2番目ちゃんの大人の世界への旅立ち、
1番目ちゃんの変化、
それに対しては、
たじろいでも、ため息ついても、
いいんですよ。

よろこんであげる前に、
しっかり動揺しないと。
自分を労わらないと。

余計なことを書きました。
ことしは、すこおし弱いももちゃんも、
許してあげてほしくて。

理解が深いとはいえ、子どもを
親しいよそのひととしてとらえることで、
具合のいい距離感が生まれる
……かもしれないではありませんか。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月10日 (金) 21時20分

ふみこ様 おはようございます

ふみこさんの 感想を聞いて
やっぱり観に行きたい!と思いました。
「男はつらいよ お帰り 寅さん」。

2日に時間が合えば
観に行くつもりだったのですが
あれこれしているうちに
今日にいたります。

次男がまだ 小さかったころ
一緒に見ていた 寅さん。
「フーテンってなに?」と聞いてきました
「フーテンは・・・仕事をしないで
 好きな時に 好きなところへ ふら~~っと
 行ってしまう人かな」と答えたら
「いいなぁ フーテン」と 言っていたのを思い出します

寅さんなら 笑いながら見ていられるのですが
息子のその言葉に 一瞬 「フーテンはダメ」と
説教しそうになりました
そして 施設で過ごす父は 「男はつらいよ」の大ファン
特に「マドンナはりりーさんのが一番」と言います

ふみこさん
女もつらいけど 
風の吹くまま
気の向くままで 頑張ります

投稿: えぞももんが | 2020年1月11日 (土) 06時21分

えぞももんが さん

わたしは「太地喜和子」の回が
好きかな。

こんどの映画で、リリーさん健在。
とっても素敵でした。

それはそうと、
わたしは大分フーテンだな。

投稿: ふみ虫。 | 2020年1月11日 (土) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)