« いちごとブロッコリ | トップページ | ふしぎの棘 »

2020年2月 4日 (火)

喧嘩腰

 1月が終わった。
 暦を指でめくりながら、2020年がはじまった日のことを思いだしてみている。
 同じこの暦に、すでに決まっている予定を書きこむわたしは、「平和」を念じていた。
 ——地球上でくり広げられている戦争、内戦、自然災害、そこから波及する日常生活の崩壊が、2020年は鎮(しず)まってゆきますように。

 しかししかし、地球上には残酷と飢え・渇きが渦巻き、オーストラリアの森林火災が深刻な影響をひろげ……、いま、わたしたちは「マスク、マスク」と呟き呟きうろたえている。中国で発生した新型のコロナウイルスによる肺炎が感染拡大し、日本にも上陸しているからだ。
 たったひと月のあいだに、もともとあった災いは鎮まる気配なく、そればかりかあたらしい心配が生まれた。
 こんなとき、ヒトたるわたしはどうしたらいいのか。
 まずは祈ることだろう。
 それだけ? と思いかけても、祈ることは忘れてはならない。と、思うのだ。祈っているうち、それが自分に及ばないように、という狭いこころが、徐徐にひろげられる。地球の上に生かされているわたしたち、という視点が、わたしたちの未来、という視点が生まれる。

 さて、しかし。
 祈るだけではないのである。
 いろいろの問題が持ち上がって、関係各所が相談をはじめる。わたしも、そういう場の当事者になることがある。
 このひと月のあいだにも、それはあった。問題を論じあうなかで、つい責め口調、なじり声が生まれる。喧嘩腰ではじまる相談や、情報のすり合わせが功を奏することは、ない。まわりがとりなしたり、冷静を促したりしなければならず、ことの核心からは、どんどん離れてゆくような。

 何かを訴える口は、もっと冷静に開けないものだろうか。
 告げる口は……。
 聞くヒトの耳は、より公平に開けないものだろうか。
 聞くヒトの耳は……。
 そうして穏やかに、温かく話し合えないだろうか。

 こんな場面で右往左往しながら、いまの大人には、コミュニケーションの練習の場が不足しているのではないか、と思わされている。
 怒声、興奮、攻め・なじりは、戦争のはじまりだ、とも思うのだ。

 家のなかにだって、それはある。
「いったい何度云ったらわかるってもらえるのかしら」
「手伝ってくれなくていいから、邪魔だけはしないでね」
 なんていうようなことを、ときどき(夫に)わたしは云うのである。
 まったくの喧嘩腰だ。

 戦争反対、を大真面目に唱えるわたしたちのあいだにも、戦争のタネはある。ひどい物言いをする。相手のはなしを聞かない、認めない。自分と異なる意見を認めない、許さない。こんな喧嘩腰は、戦争のタネだ。
 2020年がはじまってひと月、もっとも考えさせられていたのは、このことだったような気がする。

 よき伝達(コミュニケーション)とはどんなものだろうか。どのように練習できるだろうか。……戦争反対。

Photo_20200203161001
イライラをぶつけられる相手は、
この世で、夫、ただひとり(内緒です)。
しかし、夫は現在、
実家(埼玉県熊谷市)で両親の生活を支えながら
映像の仕事をしているので、困ります。
それで、ときどきお茶を点てています。
亡くなった母が、さいごのさいごまで
つづけたお点前を思いだし思いだし。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま

おはようございます。
ふふ。コミュニケーションの練習くりかえしてきました~。
そうなんです~。

異なる価値観にであったときあきらめずに
ねばりづよく共有できる部分を見つけ出していく練習
そうした対話を繰り返して得られる喜びにささえられて
なんとかかんとか障害物競走のように楽しんできたのかもしれません。

穏やかにではなく「も~なんでわからないの~」という
言外のやりとりもね。。でもそういう時間をもてたこと
そういう仲間のいることそこまで夢中になれるもののあることに
感謝です。多分。。粘り強く対話するちからは前よりついたとおもいます。

何でもやります企画運営&演奏係卒業して5月からゆったり
室内楽もっと深めたいコース作るようにお願いしているところ。。
フフ。それまで自分の基礎力たかめておこうとおもっていたら
バイオリンの師匠から真砂さんの好きそうなサロンのような
八角形のおうちの会場で演奏会5月にやりましょう!!
といううれしいお知らせが日曜日に。今日の立春にあわせて
ベランダの沈丁花の花も咲き始めてなんだかうれしいです。

やっぱりゆっくりした時間って大事ですね。
ふみこさ~ん。いっぱいありがとうございます。心は春です~。

投稿: 真砂 | 2020年2月 4日 (火) 10時44分

真砂 さん

練習はつづきます。

練習のなかで、
伝達を学ぶなかで、センスを磨く存在に出会うたび、
はっとします。

若いひとあるときは子どもも)、
もちろん先輩も。
年齢にかかわりなく、練習が進んでいるひとたち。

わたしはまだまだだなあと、
思いながら、学習をつづけ……ます。

真砂さんは、きっと、
センスと楽器を携えて「場」をつくっておられるのですね。


投稿: ふみ虫。 | 2020年2月 4日 (火) 11時40分

ふんちゃん 皆様こんにちは。

家の中はどうしてもありますよね。

私は手伝わないならどこかへ行って欲しいと思っております。
(ふんちゃんみたいに言えたらいいのですが
気を遣って言えません泣


さて、残すところあと1ヶ月で産休に入ります。
今の家より実家のほうが
隙間風はあるし、物は裕福じゃないのに
そっちのほうが心が裕福です。
慣れているからでしょうか?


里帰りも楽しみです

投稿: たまこ | 2020年2月 4日 (火) 12時22分

たまこ さん

家のなかもだけど、
どこにでもある「タネ」を、
ひとは考えないと、と思うんです。

さあ、たまこさん、
しあわせの大仕事が待っています。

祈っております。
佳い日日を。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月 4日 (火) 15時57分

昨夜 テレビのロードショウで「戦場のピアニスト」を見ました。以前 映画館でも見たのですが 結構忘れていました。そういうことに知識はないので 上手に言えませんが 人が人に対してあそこまで残酷になれるものか と恐怖です。今 現在も色々なところで 様々な戦いが続いています。私も 最近は朝のウオーキングで朝日に向かって祈ります。鳥取の母の事 3人の息子と家族の事 そして コアラちゃんの事 世界の平和です。
今日は 主人が朝から同窓会に行ったので うちの家は とても平和です。

投稿: ann | 2020年2月 4日 (火) 16時29分

ann さん

戒めていないと、
自分も残酷になりかねない。
というか、争いのタネを隠し持っている……。

決して戦わない(闘わない)覚悟を
持たないとなあと、考えています。

明日は寒くなるそうですね。
寒さやウィルスに対しても、
攻撃的にならんように、と
思ってます。

おやすみなさい。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月 5日 (水) 23時06分

ふみ虫さま

「公平」というのが
難しいところですね。

人として、その時に
なにが求められてるか
考えていくことも
必要だなぁと
今回の騒動をみて
思います。

暖かい冬ですが
今日は雪空です。


赤楽に緑のお抹茶
映えますね。

私も時々、食後に
たてて一服しています。

投稿: 寧楽 | 2020年2月 6日 (木) 11時24分

寧楽 さん

心配や、愛情や、労わりがあるものの、
つい興奮してしまう……という性(さが)も。
落ち着いて、まずはうがい手洗い、と
自分に向かって云い聞かせています。

お薄というのには、
いろんな効き目がありそうで。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月 6日 (木) 19時06分

ふんちゃん

 ああ。
 今回も…。
 と思いながら、火曜日から過ごしていました。

 大きな戦いになる種は、わたしの中にもあるって。
 そう思うことが、ときどきあります。

 わたしは、夫以外に、子どもたちにも、
 (意図せず)やってしまっています…。

 2番目ちゃんのコトから始まり、
 お母さんの病が発覚し、
 わたしは、自分の自立を考えるようになったと、
 ここへお邪魔して、告白していました。

 なんというか…、
 ついつい、相手のせいにしてしまったり、
 文句が出てくるのって、
 自分で、自分のことをしっかりと納められてないから…
 なのだよなぁと思うようになったのです。
 もちろん、誰にも甘えず生きるのだ!というようなものではないのです。
 そこは、たゆたゆと、ゆらり、ふらりと、甘えもしながら…。
 なのですが…。
 
 「機嫌良くやんなさいよ」という映画の中のことばを思い出しては、
 機嫌良くやれないのは、無理してるからだなぁ…とか、
 自分に自信がないからなのだったなぁ…とか、
 自分の気力、体力、能力…などなどのコトたちを越えて、
 しようとしていたのだなぁ…とか、
 そんなことを思うようになりました。

 自分で納められるくらいの、がんばりをしよう。
 無理をしたって、結局、機嫌良くできなくなるだけだ。
 と、自分に言い聞かせる感じです。

 そうしないと、ついつい、「喧嘩腰」になってしまうし、
 グチグチばーさんになっちゃってる…。

 お母さん不在の家は、わたしの好きなようにできることが広がり、
 予想以上に、ストレスのない状況でした。
 こんな風に思う自分に、なんだか…ちょっと…、ひどくない?わたし。
 と思ったりもしていたのです。
 けれど、どうやらこれは、夫も同じきもちだったとわかりました。

 これは…、お母さんのせいではなく、
 少なくともわたしが、自分に自信がなく、お母さんに依存もしていて、
 勝手に小さくなっていたからなのだなぁと思うようになりました。
 お母さんにも悪いことをしていたなぁ…なんて。
 お母さんがいなくて、居心地が良いという、この事実を受け止めるまでに
 時間がかかりましたが、そういうことなのだと思えるようになって、
 楽になりました。

 な〜んも、わたしらしく、好きなように、
 のびのびとしていればいいのですよね。
 「いちごとブロッコリ」のお話ともつながりますね。

 そうやって毎日を過ごしていれば、喧嘩腰になることも少なくなるし、
 機嫌良くやっていられる。

 ここ最近は、ノートパソコンを台所に持ち込み、
 好きな映画を流して、そういうことを忘れないように…と支えてもらっています。

 なんてやっていたら、なんだか、張り切り過ぎていたようで、
 ま〜た高熱を出してしまいました。
 「イ」の時よりも、カラダがしんどくってびっくりしました。
 「イ」ではなかったのですが、しっかり寝込み、
 家族のお世話になりました。
 1番目ちゃんが、洗い物をすっかりキレイにしてくれて、
 2番目ちゃんは、自分で自分のお弁当を作ってくれて、
 3番目ちゃんが、5番目ちゃんの面倒を見てくれて、
 4番目ちゃんが、沢山の洗濯物を干してくれました。
 そんな姿を見ていたら、 
 たまには、こんな風になるのもいいなぁ…なんても思いました。

 好きなようにできる家になり、気付いたら、張り切り過ぎ。
 こらこら、慌てず、ゆっくりやりなさいよ〜と、
 自分に突っ込みを入れながら過ごしています。
 こんな時間にのんびりパソコンの前に居られるのも、
 ここに嫁いできて初めてじゃあないでしょうか…。
 
 少しずつ変ってゆくわたしを、また見守ってください。
 節分が過ぎた方が、寒くて、雪が降っている札幌より。
 

投稿: もも(^_^) | 2020年2月 9日 (日) 11時44分

ふんちゃんへ

素敵な写真ですね。
お薄でこころを落ち着かせられているのですね。
色々な作用があるんですね、きっと。

私は喧嘩腰なものの言い方をして夫に注意された事が
あります。相手にとっては嫌な気分になるんでしょうね。
ちゃんと分かって欲しいので ついやってしまうんです。
喧嘩腰と言うより嫌味な言い方をしてます。
家族だから…とつい甘えてしまうんでしょうね。

昨日 結婚式に無事に出席しました。
何とか自分で納得できる着付けができました。
着崩れもなく家に戻って来たのでほっとしました。
結婚式っていいものですね!
幸せな時間を皆で共有できるんですもの。
随分前の自分の時を思い出したり、この先あるかもしれない
子どもの式を思ったり…。いろいろな事を考えました。

茶道と書道は昔習ってましたが子どもの事が落ち着いたら
もう一度やり直してみたいと思っていました。
そろそろ その時なのかな~♪
よい先生に巡り会えますように!


投稿: ハチミツ | 2020年2月 9日 (日) 13時30分

ふみこさま。

喧嘩腰で話すことはあんまりないんですけど、ふてくされてしゃべらなくなることはよくあります。 自分の怒りを、上手に伝える工夫をしないといけませんね~😅
明日は、はるくんは雪遊びに行きます‼️
県北のスキー場に保育園で連れて行ってもらえます‼️楽しみにしているみたいです。
先日は、ごぼう掘りにも連れて行ってもらいました❗️ もうすぐ卒園ですが本当に保育園でお世話になってありがたかったです。

投稿: こぐま | 2020年2月 9日 (日) 17時32分

もも(^_^)ちゃん

わたしね、
ときどき、自分に対して
「逃げまーす」
と声をかけることがあります。

さ、逃げよう!
という感じで、そっと、だけど大急ぎで
ずらかります。

何もかも受けとめるわけにはいkくぁないので、
逃げるの。
逃げちゃうの。

ももちゃんは、
「逃げる」なんて、考えたこともないと思ったので、
おすすめするというわけではないけど、
白状しました。

ももちゃん、ときには……。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月10日 (月) 09時30分

ハチミツ さん

おきもの、茶道、書道と、
つながりますねー。

素敵です。

日曜日、友だちと、
武田双雲の展覧会に行きました。
エネルギーということを考えました。

誰もが内に秘めているエネルギー。
それを外に溢れ出させる手段は
いろいろですね。

ハチミツさんは……。
そしてわたしは……。

ひとそれぞれだけど、
元は魂の力なんだなあ、と考えながら帰宅しました。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月10日 (月) 09時34分

こぐま さん

そうなんです!

いま、しきりに考えているのは
工夫とか、練習です。

コミュニケーション、伝達は、
練習系統のことだと考えています。
いま、練習不足の大人がふえているような気がして
(自分も含め)、練習練習と唱えています。

むずかしいことを伝えるときには、
常よりも慎重に、
常よりもやわらかく、
常よりもゆっくりと。

このあたりは、練習しないと、と。


投稿: ふみ虫。 | 2020年2月10日 (月) 09時58分

ふんちゃんへ

早速のお返事ありがとうございます。
武田双雲さんの展覧会のこと教えていただき すぐに
検索してちょぴり私も味わうことできました。
おなじくエネルギーを感じました。
ふんちゃんの「元は魂の力」との言葉もしみました。
いつもありがとうございます。
上善如水の意味も知ることができました。

投稿: ハチミツ | 2020年2月10日 (月) 12時15分

ふみこ様 こんにちは。
私も、ときたま、いや結構な頻度でやらかします。喧嘩腰を…
そして、自爆し地下に穴を堀り入る…
そんなことを、結婚して十数年も繰り返してます…私も夫にだけなんです。
自分でもうんざりします。いやだろうな~って。
意見が違っても粘り強く、伝えコミュニケーションを取っていく。そういう風にできる人、私にとっては菩薩の領域です。
私の中にいる鬼を納めるのが難しい。
練習、できたら いいですよね。
静かな時間の中で、集中してできることよいですよね。

投稿: みりん | 2020年2月10日 (月) 16時43分

ふみさまみなさまこんにちは~~~~

日が長くなりこの時間でも「こんにちは~~~」と言える明るさが嬉しいです。

今年もあっというまにカレンダーが2枚目ですね。
寒い日もありますが比較的暖かで春の気配も感じられる気がします。

どこに行ってもマスクはないし。
マスクあっても果たして防御効果がどの程度なのかはまったく不明だし、
おいしいお夕飯食べたり、好きな本を読んだり、雑誌を眺めたり、
母のところに行ってあれこれ穏やかな話をしたりしながら迎えた2月でした。

ふみさまの発言はすごく影響力があるから、こちらのサイトや、著書や、インタビューでは喧嘩腰発言はできないと思いますが(笑)
お釈迦様ではないのだから、たまにはフツフツもするでしょうし、
ぐちぐち愚痴りたくもなるでしょう。

そんなときだんなさま不在の状態は寂しいですね。
今はネットやら、携帯電話もラインなら無料だったりもするのだけれど、やはり面と向かって喧嘩腰は吐き出さないと誤解が誤解を呼んじゃいますよね。
微妙な乙女心の揺れも直接じゃないと感じとってもらえないし・・・・(;'∀')

ふみさまのおっしゃる『よき伝達方法』を私も日々考えながら仕事をしたり暮らしたりしていきたいなあ。
身内にはついつい甘えるし甘えられる。

「まったく娘らは外面がいいんだから・・・」
と、よく外のお人にこぼしますが、『内面がいい家族同士』なんてちょっと怖いわ・・本当にくつろげてるか??自分を出せてるか?
と心配かもな~~と今回のお話をうかがって思いました。

ふみさまもゆっくり心の羽をのばしてくださいね。

なんなら千葉に向かって愚痴の一つもこぼしてくださいね~~がっしり体型のおきょうさんだんなさまのかわりに喧嘩腰発言でも大愚痴り大会でも、がっぷりおつで受け止めます。((笑)

投稿: おきょうさん | 2020年2月10日 (月) 16時48分

ふんちゃん…

 ここのところ、
 何度も、風船の空気を抜くようなことばを
 かけてくださるふんちゃん。

 このたびも…、
 ありがとうございます。

 逃げる…。
 そうか〜。
 とんずらこいちゃう。
 コレも、いいですね。
 映画のマザーウォーターの中で、
 小林聡美さんが、何度かそんなようなことを言っていました。

 定期的に、自分へのごほうびに行っている鍼灸院でも言われました。
 「目の前に見えるからって、今、その山を登る必要なんてないんですからね。
 自分が登れそうな山ならともなく、おっきな山を前に、何の準備もなく、
 さ、登らねば!と思うのはおかしいでしょう?
 山に登るには、それ相応の準備をしてから登るものですよね。
 それと同じです。
 高い山だなぁ、今のわたしには、それは大きすぎるなぁと思ったら、
 眺めてたらいいんです。
 ああ、なんて大きな山だろうなぁってね!
 そうして本当に登るべき山ならば、
 眺めているうちに、ふと、登れちゃうときがくるんです。
 がんばらなくても、自然に…。
 がんばらなくっていいんですからね。自分を整えていればいいんです!」
 と、笑顔で言われました。

 ふんちゃんのおことばに、
 それを思い出しました。

 ひとつひとつは、全然大変じゃないちいさなことばかりなものだから、
 自分が無理をしているということに気付けないでいるんですよね。

 けれど、わたしは、「逃げる」、「眺める」、「とんずらこく!」
 そして…、おきょうさん さんのいらっしゃる千葉の方向へ向かって、
 大きな声でグチる(^^)
 という方向へちょっと傾きながら、過ごしているくらいがいいのだなぁと
 思えました。

 ああ。ふんちゃん。
 いつも、ありがとうございます。

 みなさまも、どうか、ご自愛ください。

投稿: もも(^_^) | 2020年2月10日 (月) 17時18分

ハチミツ さん

それはよかったです。

うれしいな。

あたらしい世界が拓けてゆきますね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月11日 (火) 00時47分

みりん さん

おおお。

夫に対して、わたしは「すまない」
とは思ってなかったです。
むしろ、あなただけがわたしの
こころの「ぐしゃぐしゃ」を知っている、
当たり!
と思っています。

いやあ、みりんさん、
新鮮でした。

おたよりとてもうれしかったです。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月11日 (火) 00時50分

おきょうさん さん

外面のいいお嬢さま方を、
讃えて讃えてくださいね。

家のなかで云いたいことを云えない
(内面がよくて、外面のわるい)子どもも
少なくないのです。

「いいよ、いいよ、出すところがないなら、
ここでお出しなさいな」
ってなもんです。

暴れましょう。
できたら家のなかで、暴れましょう。
(どうかな、この標語)。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月11日 (火) 00時54分

もも(^_^)ちゃん

いつもならず者のことばを、
やさしく受けとめてくださり、
感謝しています。

どうもありがとうございます。

清清しく、ひゃーっと
逃げてるももちゃんを想像して、
すっとしました。

逃げておいでね。
いつでもね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月11日 (火) 00時56分

ふみこ様 おはようございます

まだ 大丈夫?
間に合ったかな?


もし 喧嘩をするときは
やっぱり 目を見ながら 一対一で
そう ふみこさんが言うように
相手の口から どんな言葉が出てきたか聞き
自分は何を聞いてほしいのか
ゆっくり 伝えたい

そうしたら 喧嘩腰ではなくなる・・。

ふみこさん 世界中
どこを見ても 喧嘩腰で 不安になります

戦争反対

投稿: えぞももんが | 2020年2月11日 (火) 05時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)