« 「ふみこ・へんてこ」 | トップページ | 笑い声 »

2020年2月25日 (火)

お金さん方、ありがとうございます

 財布を開いて、なかを確かめる。
 紙幣は、福沢諭吉、樋口一葉、野口英世のお顔が下向きになるように、それぞれ揃えて納める。
 一方小銭は、五百円硬貨、百円硬貨、五十円硬貨の場所、それから五円玉、一円玉の場所を分けて入れている。
 こうして夜寝る前に財布を整理し、かんたん家計簿をつけるのが日課である。お金を使い過ぎたような日も、まるで使わなかった日もあるけれど、どちらもうれしい。お金というものはじつにおもしろく……、大好きだ。
 と、こんなふうに云えるようになったのはごく最近のことだ。
 かつて、お金を怖がってでもいるかのような歳月が、わたしにはあった。
 実入りが不安定だった時代もあったが、そんなときでも、すぐとお金を使いきってしまう。それを、自分で「お金を怖がっていた時代」とふり返っている。怖くて、手元に残しておけないというような。怖くて蓄えておけないというような。おかしなはなしだが、そんなことが確かにあったのだ。
 お金、大好きだ、と思えるようになったきっかけは、「ありがとう」と思いながらそれを使い、「ありがとう」と思いながらそれを受けとる習慣を身につけたこと。お金と仲よしの友人がおしえてくれたのだった。

「お金をもらうときだけでなく、出すときも、ありがとうと云うこと。ふんちゃん、買いものをするときお店のひとにはありがとうと云うてるだろうけど、自分が出したお金にもありがとう、と云うといいよ」

 それから「ありがとう」を守ってきたら、少しずつお金と仲よくなった。

 さて、財布を開いて、なかを確かめていたとき、野口英世さんがこちらを見上げて、苦い顔をつくった(ように見えた)。
 え、どうした、どうした。
 引きだしてみると、下部が一部ちぎれていて、そればかりか、切れ目も入っている……。
 これは困った。
 この紙幣を、なんとかしなくては。こうなるともう、気になって仕方なくなる。翌朝、急ぎ気を入れて仕事を片付けるや、運動靴を履いた。近くの郵便局(本局)に出かけてゆき、ATM(現金自動預入れ支払機)で入金を試みるも、受けつけられない。
 そうか、やっぱりね。
 案内係に紙幣を見せて相談すると、「だいじょうぶ、お取替えできます」と請け合ってくれたので、番号札をとって、窓口前で順番を待つこととする。
 30分も待ったろうか。
「この紙幣をATMで入金しようとしたけれども、受けつけてもらえませんでした。入金をお願いできますでしょうか」
 通帳とともに、千切れて破けてもいる千円札をそっと差しだす。
 若い女性行員は、紙幣をじっと見る。
「ちぎれた部分はお持ちでないですか?」
「いつの間にか、これを持っていたので、それはないのです」
 それから数分待ったのち、「お預り金額」の欄に1,000と刻印された通帳を見せてもらい、一件落着。
 ほっとした。
 友だちの怪我の治療が済み、心配ないことがわかったというような気持ちだろうか。

 晴れた気持ちで、ちょっと足をのばして、最近歩いていなかった商店街を歩く。いつも間にできたのものだろう、一軒の中華料理店の客となる。ここで食べた塩ラーメンとミニ麻婆豆腐丼のおいしかったこと。おいしいだけでなく、盛りつけもうつくしく、うっとりする。……ごちそうさま。
 10年ほど前には日常的に通っていたなつかしい店で買いもの。
 文具店でボールペンの替え芯を求めながら、「文房具の種類が増えに増え、在庫を持つのに苦労する」というはなしを聞く。なるほど、店内を見渡せば博物館にも見えてくる。よし、また、ここへ紙でもペンでも買いに来よう。
 和菓子店では自分の分の大福と、家で仕事をしている長女にきんつばを求める。それと切り餅。

 紙幣復活のおかげでかなった、思いがけない散歩。
 散歩というよりも、それは小さな旅のようでもあり、財布をひきだしに戻しながら、「お金さん方、ありがとうございます」と云わずにはいられない。

Photo_20200225050401
小さな旅から戻って庭を見ると、
梅の花がいっぱい咲きはじめていました。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま

おはようございます。
紙幣復活さんぽよかったですね。

私の先週の週末の三浦さんぽもそんな感じだったのです。
演奏会の時違えて私の楽譜を持って帰ってしまった方が
三浦の方で送ってくださるともいってくださったのですが。。
「今河津桜満開で。。。」のメールやりとりのあと
きがつけばわずか1時間半後くらいには菜の花
と桜のなかを2人で歩いているなんて夢のようでした。

だから。。楽譜くんがここへつれてきてくれたんだね~と
感謝。感謝なり。。そうそういろいろな展覧会とかお話会
とかも何かの用事でちょとな~なんていうときに限って
偶然帰りにみつけたりってよくあります。不思議不思議
だからそんな用事にも感謝ですね。小さなサプライズの旅
何か今日もあるかなあるかな。。
ふみこさんちの梅の花の香りに包まれてみたいです~。では
いい一日お過ごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2020年2月25日 (火) 10時38分

商いをする者にとっても
大切な大切なものですね。

暮らしをくりまわして
いくのにも
無くてはならないものですもんね。

入ってきてくれても
出ていってくれても
ありがとう!です。


先週、母が膝の人工関節の手術を
うけました。

リハビリがはじまり
帰ったらひとりだからと
痛むそうですが
できる範囲でしています。

サポートに徹する日々が
また、やってきました。

お店をはじめたとき
子育てのとき
してもらったサポートへの
恩返し。

やりきろうと思っています(*^^*)

投稿: 寧楽 | 2020年2月25日 (火) 11時02分

真砂 さん

楽譜を受けとりに三浦まで。
菜の花と河津桜のなかを歩く不思議は、
真砂さんの、思いきりよく出かけた
器量がつくったものでもありますね。

いま、仕事からの帰り道。
バスを待っています。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月25日 (火) 11時56分

寧楽 さん

そういう気持ちで商いを
されていることは
じゅうぶん伝わっておりましたが、  

入ってきてくれても
出ていってくれても
ありがとう!です。

これを置いていただくと、
重みを感じます。
あらためて、
ありがとうございました。

サポートに徹する覚悟にも、
じーんとしました。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月25日 (火) 12時02分

ふんちゃん 皆様こんにちは。

私は来月頭から産休に入ります。
そのためお金と仲良くしなきゃと
家計簿をつけ始めました
以前していたのですが、お金の出入りが
把握できたのでおやすみしていました。

アプリはノートを試し、ノートに
記入する形をとることに。

実はこんなにキツキツにしなくても大丈夫では?という発見ができてよかったです。


さて、見直しをもう一つ。
通信量の見直しです。見てるつもりがなくても見ているものがあり、主人にアドバイスをうけ見直したところ
今月はまだ余裕があります。

他の時間に当てたり新しいことを
始めるきっかけになりました

投稿: たまこ | 2020年2月25日 (火) 12時48分

あまりにも お金が貯まらないので 今年は一大決心をして 以前聞いていた方法で貯金をしてみることにしました。1月1日から1円ずつ入れていくというものです。今日 2月25日は56円入れました。昨日は55円で明日は57円です。あー2020年になってもう56日たったのか、、、なんて考えています。主人は まとめて入れたげようか?と言います。それではだめなのです。毎日入れていつの間にか貯まっていた、、、に 憧れます。12月31日にはいくら貯まってるかな?、、とか それで何を買おうか?、、とかそういうことは考えないように 無関心をよそって 1年間続けてみようと思います。なかなか むつかしいけど、、、、
日めくりカレンダーのように1日1日が大切に思えてきます。

投稿: ann | 2020年2月25日 (火) 16時38分

たまこ さん

母に
「けちは罪悪ですよ」
と囁かれ囁かれ、育ちました。

これはわたしが母から受けとった
ことのなかの、もっともありがたい
「おしえ」です。

先日、好きなひと、好きでないひとについて、
インタビューを受けたとき、
迷うことなく、
「好きなのは、笑顔のうつくしいひと。
好きでないのは、けち」
と答えていました。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月25日 (火) 21時17分

ann さん

一昨年、近所の信用金庫に口座を開きました。
そうして、信金の前を通るたび(ATMがあいている時間帯)
1000円ずつ入金しました。
すると……。

もうひとつ。
かつて貯金のまったくできなかったわたしですが、
3年前から500円玉貯金はつづけていました。
最初の年は、30万円たまる缶詰に貯めました。
いまも、無理なく500円玉だけは貯金箱に。
500円をざらざらATMに入金するのは大変なので、
いまは10,000円貯まったら、
信用金庫に預金。

これはたのしみの領域。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月25日 (火) 21時24分

ふんちゃん

ここのところ、なかなかパソコンの前に座ることができませんでした。
こちらには、板切れから何度も何度もお邪魔して、皆さんの空気に触れてはあったかくなっていました😊

なかなか手に入らなくなったマスクを作りまくったり、なぜか眠たくなることが多く、うとうと寝る…を繰り返していたりしていました😅
今日こそ、家でゆっくりパソコンからお邪魔しよう!と思っていたのですが、
ちょっとふらっと来たスーパーが、あまりにも混んでいて、レジの待ち時間に、結局…板切れからお邪魔しています💦

こんなに混むなんて…。
確かに、子どもたちは、みな家にいることになりましたが、そんなに買いだめすることなのかな?と
今、とても不思議なきもちです。
あまり考えてなかったわたしは、
昨日も、適当に買い物をしていたので、
あらあら、卵が足りない、
2番目ちゃんのおやつが足りない…
とら買いに来ただけなのでした。
それが…。

なんだか、「非常事態」になっている北海道ですが、こんなに?です。

子どもたちが家にいることになって、
どうやって家事に巻き込もう?と
ニヤリとしているわたしです。
日頃、なかなかできないでいた、おやつやパン作りしちゃおうかなぁ…とか、掃除もやっちゃおうかなぁ?とか…
ちょっとワクワクもしています。
(こんな時に、誤解を恐れず書くならば…です)
友だちは、子どもの預け先などで、頭を悩ませていますが、さみしくなったり、困ったら、顔見に行ったりできるからね〜と、連絡しました。
集まることはダメだけど、個別でチラッと…は…大丈夫かなぁ?と思って…。
そうやって、お互い助け合いしたいとき、ですよね。
色んな考えが飛び交っていますが、
ゆっくり受け止めたいなぁと、
思っているところです。

ふんちゃんのステキなワンピースをみならって、わたしも卒園、卒業式に、ワンピースを求めました。赤くないけれど😅

ああ.のんびりと、ワンピースや、お金のお話をしてくださるふんちゃんにふれて、ホッとしています。
みなさんのお話も…。

ここで、温まり、元気をもらって過ごしています。

投稿: もも(^_^) | 2020年2月29日 (土) 11時14分

もも(^_^)さん

スーパーがそんなに混んでいるなんて。

東京のわたしのまわりは……、
まだ、そこまでではないけれど、
やがてそうなるかもしれません。

のんびり構えていようと思います。
のんびりというのは、
こんなときのやさしさとは、誠実さとは、
落ち着きとは……と、学ぶ決心の意味です。

さ、黒豆煮ようっと。
ヨーグルトに入れて食べるんです。

投稿: | 2020年2月29日 (土) 11時41分

ふんちゃん

ふんちゃんから、すぐにお返事きてた〜😄
と、テンションが上がりました…。

近くの大手スーパーでは、
トイレットペーパーと、ティッシュが品切れしてたんだって〜
びっくりしたママ友から連絡きてました。

「災害」ですね。

あの大きな地震のときもそうだったけれど…
家族とのんびり一緒にいられる時間をもらえたんだなぁと、
のんびりしています。

買い物から帰ってきたら、注文してた本も届いてたんです!

「思春期の子のこころがわからなくなぅたときに読む本」ってヤツ。
児童精神科医の渡辺久子さんが書いた本です。この渡辺久子さんは、とてもあったかいことを書いてくださる方で、以前、乳幼児健診の仕事をさせていただいたときに、何冊か読んでいました。
これから、のんびりこの本を読んで、
また自分の旅をしよう!
と思います😊

ヨーグルトにのっている黒豆食べた〜い!
わたしは、クリームチーズと黒豆をパンにはさんで食べたりしてました!

今日は、生ニシンをどうやって食べようか…
ワクワクしています🎶

投稿: もも(^_^) | 2020年2月29日 (土) 12時37分

もも(^_^)ちゃん

ありがとう、ももちゃん。

不足を学び、
不便をたのしもう!

そして、健康をそっと祈る。

そんな気持ちでいます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年2月29日 (土) 19時48分

ふみこ様 こんにちは

いつもなら 
「ふみこさん 今日から3月!!もう少しで 森にも
 花が咲き始めます」と わくわくが止まらないところですが

なんとも 先が見えない 3月の始まりになりました
マスクはもとより
トイレットペーパーも テッシュペーパーも
そして なぜかお米までスーパーから
姿を消した・・・と 友達が教えてくれました。

この現象は何だろう・・・

どうしようかな
なにか 気持ちが軽くなることを
考えよう
そうしたら ふみこさんが 
お金さんと友達になる方法を教えてくれました

そうだ・・・赤いビスコ缶に
「お楽しみ貯金」
まとまった 金額になったら 旅をしよう!

「外出を控えましょう」になっている今
考えた 明るいこと その一です。


追伸・・・・ふみこさん こんな時期に
私は インフルエンザにかかってしまいました。
今日あたり 復活です。

ももちゃん 鰊 今年も来ましたね!

投稿: えぞももんが | 2020年3月 1日 (日) 14時50分

ふみこさま。

お金、生きた使い方をしたいなぁと思っています。
コロナがすごいことになっていて、
春が近づいても、うかれられないなぁ。
私が大学生の頃、父に好きな言葉を聞いたことがあります。

ケセラセラ

でした。真面目な父だったので、ちょっと意外で、今でも覚えています。

なるようになる

いい加減な感じもしますが、今、心にとどめています。
父の施設からも面会中止の連絡がありました。早く落ち着きますように❤️

投稿: こぐま | 2020年3月 1日 (日) 19時36分

ふみこさま みなさま こんばんは。

安倍首相の要請通り、
明日から、といっても実質昨日から臨時休校になりました。

木曜に帰宅してからニュースで知り!
帰宅してからじゃぁなんにもできないよ、
そもそも市教育委員会からのお達しがなければ決まらないことだし…
と、翌日、少し早めに出勤しました。
前夜の職員室は、大騒ぎだったそうです。
金曜には、終業式代わりの放送から始まり、
テストやったり、授業の続きのまとめをしたり、
いつもだったら計画的に数日に分けて持って帰る荷物を詰めたり
(個人の荷物持って帰ってもらわないと、
新年度準備の教室移動ができないので)掃除をしたり。
子どもたち、おっきな荷物を引きずるようにして帰りました。
卒業式は、ごくごく関係者だけで行うとのこと。
3月で転退職する先生方は、子どもたちにお別れを言う機会もないのだなぁ。

でもね、こんないそがしい金曜日に
5年生が、卒業式に飾る予定の壁面を作ってくれていました。
「ご卒業、おめでとうございます」って、
鳩が羽ばたいてとんでゆく装飾とともに。
5年の先生方と子どもたち、すごいです。
泣いちゃいそうになりました。
前々日に、全校集会禁止のお達しが出ていたので、前日に
在校生の、卒業式に歌うはずだった歌の録音もしていて
卒業式のどこかで流してもらえたらいいね、って。
想いを届ける、ってすごいです。

私と言えば、あわててお便り作ったり、臨時休校分の宿題のこと考えたり、
持ち帰り品の準備やら、やれる学習やったり…自分のテリトリーのことで
精一杯でした。

おうちの方もたいへんですよね。
ももちゃんさんみたいに楽しんでくれたらよいですね。
いろいろ考えてしまうことはありますが、
無事、4月まで過ごせますように。

明日から、おべんと作りの毎日になります。
もしかしたら、定時出勤、定時退社の日になるのかな。
正しく緊張して怖れて、
でも、あわてず、必要以上に不安がらず、楽しさも忘れずに、
今年度のまとめをして(通知票やらやることはたくさん)
来年度の準備をしたいと思います。

大切にこの1か月を過ごそうと思います。


投稿: さのまる | 2020年3月 1日 (日) 21時15分

えぞももんが さん

不足の日日をそっと
生き抜きたい。

そう思っています。

東日本大震災のとき、
「不足」を学んだり、噛み締めて、
いま、見渡すと、かなり不足していて……
うれしいです。

うれしいというのは不謹慎かもしれないけど、
大丈夫、やってゆけると思えることが
うれしいのです。

東京は、いつもよりひとが少なく、
電車も(きょう電車に乗りました)混んでいませんでした。

元気出そうっと、と思って、
いちごを買って帰りました。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月 1日 (日) 23時37分

こぐま さん

ケセラセラ

なるようになるさー。

お父さま、いいことばを
ありがとうございます。

インフルエンザに加えて、わたしも、
ははに会えない日がつづいています。

友だちの赤ちゃんが生まれました。
お父さんになった彼が、赤ちゃんに会えないそうです。
退院の日まで待つとのこと。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月 1日 (日) 23時40分

さのまる さん

学校はほんとうに大変。

わたしも、思いました。

異動、退職のせんせい方と子どもたちは
さよならを云えるのだろうか、と。

武蔵野市は、月曜日をさいごの日とし、
給食も出すことに決めました。
週末におうちで、いろいろ相談したり
準備したりできるように。
学校の準備のために、
少し時間を注ぐことができるように。

明日月曜日。
佳い日になりますように。

そして、さのまるせんせいへ。
どうかよろしくお願いします。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月 1日 (日) 23時45分

ふみこさま

お返事ありがとうございます。

学校の大変、は、一日だけ。
子どもたちと、おうちのかたの大変は
これからですよね。
子どもたちに会えないけれど、
「どうしているかな」と考えています。
大変と思わずに、めったにない機会!と
楽しんでくれたらよいと思うのですが
いろいろな家庭の事情がありますよね。

ふみこさんも、きっと大変でしたよね。
決める立場の方々は、とっても大変だと思います。

もちろん学校以外で、いろんな方々が、いろんな立場で、
命を守るために踏ん張ってくれているのだと思います。

次につなげるための、日々にします。
約束します。

今日は、通知表という名のラブレターの続きを書いていました。
がんばれー、子どもたち。
そして、見守るおうちのかたも。
学校以外で影響を受けている方々も。

投稿: さのまる | 2020年3月 2日 (月) 19時41分

ふみさまみなさま深夜にこんばんは~~

お金・・・・
昔からご縁のない生活を送ってきましたなあ・・・(笑)


でも、不思議と何かに守られてるかのように、ああ、もうだめかな?と思うお一歩手前で何とかなるというか・・・
これが本当にほしいなあ・・
こんなことやってみたいなあ・・・
こういうものを食べてみたいなあ・・・
すごく願っていると、お金がさほどなくても、なんだか向こうのほうからやってきてくださるよようなことが多い人生を送っております

結果
小さい頃からの夢であった音楽の教育の仕事もつけたし、
家族ももてたし
過ごしやすい大好きなおうちにもめぐりあえたし、
母も施設の優しいスタッフさんにかこまれゆったりしたお部屋ですごせてるし・・・

本当だったらもっともっとお金をかけないとやれないことだと思うのだけど、そしてそんなお金はぜんぜん持てていなかったのだけど、不思議と、いつのまにか周りが整ってきてくれたような気がします。

けちは罪悪

ふみさまのお母さまのお言葉、私の持っている書籍にもそのお話が書かれておりまして、それを読んだ時から、私もこれだ、けちは罪悪と思っていきている気がします。

自分のために、人のために、世の中のために

使ってなんぼの『お金』ですよね。

だって虹の橋を渡るときにはな~~~んにも持っていけないから・・・。

私の場合、持ちすぎてもだめな『お金』なのかもしれません。

以前夢中になってたゲームがあって、
木のみや、果実をそだてて集めて、すこしずつポイントをためて、ほしい家具や洋服などを買ったりするゲームだったのですがそれをためるのがすごく大変で、同じゲームにはまっていた生徒さんに話をしたら、
だったら、先生に高額ポイントプレゼントしてあげる~~
と操作してものすごいポイントをもらったのです
もう、うれしくて、欲しかったソファーやら、ドレスやら、ステレオやら、たくさん買って理想の自分を作り上げられたのですけど・・・(それでもまだまだポイントはあって困らないくらい)
なんだかちょっとも面白くなくなっちゃいました。
木のみを拾って集めて売って貯めて、
地道な努力があって、途中のワクワクがあって、時間と手間暇かけてやっと手に届いたときの嬉しさ。その気持ちをくれるのが『お金』なような・・・(私の場合は)

さて

世間があっというまにザワザワしてしまいました。

うちは長女も次女も卒業式。
一緒に門出を祝ってあげたかったけど、列席はできなくなりました。

でもそんな経験もなかなかね、できるものでもない。
来賓も保護者もいないなか、先生と生徒さんだけの卒業式。でもそれはそれで絶対心に残りますよね。

2人の旅立ちや出発に私もちょっときばってスーツを新調しちゃおうかな~~
と思ってこっそり貯めていたお金が浮いたので、
再来週、家族で格安温泉旅館を予約しちゃいました。

このさわぎなのに温泉かい?

いえ、
このさわぎだから温泉なんです。(笑)


投稿: おきょうさん | 2020年3月 2日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)