« よんぴる 〈1〉 | トップページ | よんぴる 〈3〉 »

2020年3月31日 (火)

よんぴる 〈2〉

 紙が机からひらりと落ちました。
 落ちながら、紙から何かが起き上がりました。そして、はがれてゆきました。
 そうです。何かがはがれて、すっと机の下に吸いこまれていったのです。このことをツカサはまだ知りません。

 その日、パパとぼくがパスタを食べ終え、ぼくが食器を洗い、パパが宿題ドリルの採点をしているところに、ママが帰ってきた。
 ぼくはママの机に向かった。友だちのリュウイチなんだけどリュウイチじゃない、ちびの鬼みたいな男の子の絵をかくさなくちゃ。
 机の上を見ると、平べったいえんぴつが置いてある。
 あれ、絵は? どうしたんだった?
 きょろきょろしているところに、ママがやってきた。
「キミはドリル、ここでやったんだね」
「うん、借りた。それから平べったいえんぴつも借りた」
「あら、なつかしい。それねえ、おばあちゃんから、仕事のお守りにもらったの。ヨン……、ええと、何だったかしら。あ、よんぴる。よんぴるだわ」
「日本のじゃないんだね」
「おばあちゃんに聞いてみて、よくおぼえてない」
 ママが「よんぴる」と呼んだ平べったいえんぴつを持ち上げて3番めのひきだしにしまい、パスタを食べに行ったすきに、机の下をさがした。紙が落ちていた。
 紙には……、紙には絵がなかったんだ。
 いや、ちょっぴりだけど、あるには、あった。
 紙のまんなかあたりに、しっぽがある。先を筆のようにふさふさにした、ぼくが描いたしっぽだけが、残っている。
 あとは、どこへいっちゃったんだろう。消えたのかな。だとすると、どうして消えたんだ?
「おーい、ツカサ。ドリル、ひとつまちがってるぞー」
 パパに呼ばれ、ぼくはしっぽだけになった絵を巻いて、居間のソファの大きなクッションの下につっこんだ。何がなんだかわからないな、と思ったけれど、算数のドリルの問題をやりなおすうちに、わすれてしまった。

 翌朝、ママの叫び声で目がさめた。
「うわー、何これー」
 眠い目をこすって台所に行くと、ママが何かを思いだそうとしている。
「ネズミの仕業?」
 ひとつの答えを出したみたいに、つぶやく。
「ネズミって?」
 パパが聞く。
「昔ね、実家にネズミさわぎがあったのよ。1匹うちのなかに入りこんで、砂糖や塩の袋をかじったり、くだものを食べたりね。吊るしておいたトウガラシも食べちゃったの。だれの仕業かって大さわぎになったんだけど、ご近所さんがネズミが出たって知らせてくれて、それでわかったの」
「え、ここにもネズミがきたの?」
 ぼくにとってネズミとは、絵本や物語のなかの動物だというのに、家のなかにあらわれるなんて信じられなかった。
「でも、ネズミじゃないわね」
 ぼくに向かってヤクルトの容器を差しだしながら、ママが云った。
 ママが云うには、バナナとチョコレートだけだったらともかく、ネズミはヤクルトのふたをあけて、飲んだりはしない、しかも「これ、冷蔵庫に入れてたの」。

 ぼくたちはネズミじゃない誰か、摩訶不思議(まかふしぎ)な侵入者を想像しながら過ごすことになった。侵入者は大胆にも、たなのなかのおやつまで食べたり、電気のかさにフキンをかぶせたり、ひきだしからタオルをひっぱり出したりするようになった。
 いったいだれなんだ?
 パパとママとぼくじゃない、誰かがこの家に住んでいる。相手のことを知りたいような、知りたくないような、何とも云えない感覚だ。ひとりでいるとき、ばったり会ってしまったら……。
 ある日、ひとり、うちのなかで本を読んでいるとき、なんとなくひとの気配を感じた。
 ちっちゃな声がした。
「しっぽは?」
 声はたしかにそう聞こえた。
「しっぽを返しておくれよ」

 しっぽって何だろうと、ツカサは考えました。
 そのとき、ソファのクッションが目に入りました。何日か前、「よんぴる」とママが呼んだ平べったいえんぴつで絵を描いたときのことが浮かんできました。描いたはずの男の子の絵が紙からなくなっていて、しっぽだけが残っていた!
 それをはっと思いだしたとき、ツカサの目の前を、風のように横ぎるかげがありました。
                                      〈3につづく〉

Photo_20200331045301
東京の桜が満開になり、
そんなときに雪が降って少し積もりました。
写真は、雪が降りだす直前の桜の姿です。
桜の不思議。
雪の不思議。
ひとが手出しのできない事ごとを悟らされているようで、
この春、分厚いなあと感じています。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみ虫さま

寒の戻りの雪は花鎮めだったん
でしょうか

疫病も鎮まってほしいです。


一昨日と昨日
いつもよりずーっと
人のいない山里の
400年以上の古木の桜に会いに
四ヶ所まわりました。

お寺や神社の境内に
ひっそりとあり
まだ、蕾の御衣黄も
みつけました(*^^*)


おはなし、楽しみに
読ませていただいております!

投稿: 寧楽 | 2020年3月31日 (火) 10時16分

以前一度コメントを書かせていただきました
気持ちがぐるぐる。。。 でしたが、最近は起こることは必然!
と思えるようになりました

小学生の息子に久しぶりの読み聞かせ。
一週間が長すぎますぅ(笑)
来週も楽しみにしています♪

庭に沢山お花が咲きました
休校中、庭の畑で沢山遊んでいます
田舎生活、なんとも幸せです

投稿: みえ | 2020年3月31日 (火) 10時21分

ふみこさま

おはようございます。
日曜日の空からの贈り物。。びっくりでしたね。
中庭には親子の雪だるまが仲良くならんでいて
思わずふみこさんのバケツ君たちも活躍かな。。なんて。。
まだおおきな雪だるまくんはのこっていてなにかいいたそうです。

ふみこさんのお話の侵入者のようにね。。ふふ。
ふみこさん。おひがんの20日あたりベランダをみたら
猫がこっちをみてたの。。うちではかってないし
下から上がってくるには8階だし。。たぶん近くのおうち
で飼ってる猫がひょいとすきまからやってきたんだろうけど
わがやの3人で「えー!!」の瞬間でした。

「ちゃんとやってるか~」んなんていいたそうでした。
ではまたお話たのしみにしています。
(私の方のお話も海辺にいったり夢の中に行ったりすごいことになってます~やっぱり幻想曲はたのしです~)

投稿: 真砂 | 2020年3月31日 (火) 10時34分

ふんちゃん皆様こんにちは。
よんぴる楽しませてもらってます。

どこか昔懐かしい感じがする
不思議な物語ですね。


さて、今週末いよいよ出産です。
コメントをくれた皆様ありがとうございます。
コロナの影響で面会制限はありますが
がんばります。


出産に至るまで心身の疲労が絶えませんでした。
そんなときほど美しい景色は元気が出るものは色鮮やかやにいつも以上に
心に染み渡ります。

自宅に戻ってすぐ動けるように
実家でしっかり休んできます。

自宅に戻ってきてからの合言葉は
ここはシェアハウス、私は寮母です

投稿: たまこ | 2020年3月31日 (火) 11時36分

寧楽 さん

花鎮め。
佳いことばを、また、置いていただきました。
ありがとう。

山里の古木の桜。
寧楽さんがやってきて……、
どんなにうれしかったことでしょうね。

会話を想像しています。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月31日 (火) 12時57分

みえ さん

ええ、ええ。
「計量」のはなしのときに、
おたよりをいただきましたね。

ありがとうございました。

またおたよりいただき、
ありがとう!ございます。

読み聞かせをしていただいたこと、
うれしくうれしく、お礼を申します。

お庭の畑の皆さんにも、
よろしくお伝えください。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月31日 (火) 13時03分

真砂 さん

お彼岸の猫さん。
素敵だー。

メッセージを受けとめて、
しらべを整える。
素敵だー。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月31日 (火) 13時04分

たまこ さん

いろんな役目を持つようになった
たまこさん、週末は、もっとも大事な
お役目です。

いってらっしゃい。

佳いお産をね。

どきどき(ときめきです)。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月31日 (火) 13時06分

ふんちゃんへ

よんぴる楽しみにしています。
絵本だと挿し絵があるので 想像力の乏しい私は勝手にその絵が
お話の中のイメージになりますが「よんぴる」は文字だけなので
好きに想像して楽しませてもらってます♪

3月はどっぷりと与えられた時間を過ごしていました。
頭の中の9割が「痛い!」で占めてましたが、ようやく他の事も
考えられる位の痛みに落ち着いてきました。
簡単な食事の支度や少し頑張って洗濯もできます。
まだ普通に日常生活を送れないので、仕事は休んでます。
無理すると痛みが出るので、今は焦らずボチボチですね。

桜が咲いてますが通院の時に車から ちらっと眺めるだけです。
近所をお散歩したいけど今の私にはできません。
せっかちな私ですが、ここからが踏ん張り時!
もう少し与えられた時間をゆっくりと過ごしますね♪

投稿: ハチミツ | 2020年4月 2日 (木) 14時47分

ハチミツ さん

お痛みが、すこしおさまってきたとのこと。
ほっとしています。
決して無理をしないで、
生まれて初めての「ゆるみ」(ほんとうは「ゆるみ」じゃないんですが)
を学んでください。

これは、今後のハチミツさんの
支えになるかもしれない。ね。

日常生活って、愛おしいです。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年4月 2日 (木) 22時55分

ふんちゃん

 なんだか…、
 急に…、忙しくなりました。
 
 小学校、中学校の入学が重なり、
 それぞれの入学受付、準備品を買う、
 書く書類が多い…(^^;)

 わかっていただろうことなのに、
 目の前にくるまで、の〜んびり。
 休校で、お弁当がないので、朝ものんびり…。
 その調子で過ごしていたら…。
 ああ〜。
 あちこちの書類で、頭が付いていかず…、
 ぽかぽか忘れています。
 
 新年度からの仕事は、大学も開始日が遅れたので、
 始まりが遅くなりました。
 助かった〜!です。
 そうして…、新年度は、新しく舞い込んできた単発の仕事もちらほら…あり、
 その準備も…。
 と、頭だけ忙しくなっているきもちです。

 こんな毎日。
 ふんちゃんのおはなしが、とてもとてもうれしく、
 こころ休まる場所となっていました。
 ここそこにも、異界が広がっているかもしれない…。
 たのしいなぁ〜。
 ここにいる子どもたちにも、味わってほしいことです(^^)。

 子どもたちは、もう少しで学校がはじまります。
 ちょっとさみしかったりもしています。
 なんとなく、いるだけで、頼りにしていたのだなぁと思います。

 北海道は、どことなく落ち着いてきた?というきもちにもなるのですが、
 ふんちゃんのところが、大変になってきました…。

 まだまだ、いろんな「いつもと違うこと」が続きそうですが、
 ふんちゃん、みなさま、
 どうぞご自愛ください。
 わたしも、慌てながらも、こちらで、ふ〜っとしにきます(^^)

投稿: もも(^_^) | 2020年4月 4日 (土) 07時15分

もも(^_^)ちゃん

しあわせな「準備」を、
ぬかりなく……ではなく、
うれしく、ね。

落とすとね、
また、そこに発見があり、
決して落してはいけないことが
見えてくる。

その連続です、わたしなんかは。
「落ち」を許してもらったり、
自分で許したり(自分に甘いので)、
そうしていまだに、こんなふうです。

このところ、会議を重ねて、
児童生徒、保護者の皆さん、
学校の教職員、地域お皆さんの近い未来について、
考えています。

自分はいったい、何と向き合っているのか。
闘ってる? 誰と?
と、こんがらかりながら。

いのちと健康、愛とひかり……
とぶつぶつつぶやいています。

投稿: ふみ虫。 | 2020年4月 4日 (土) 22時32分

ふみこ様 おはようございます

平べったい よんぴる・・どんな鉛筆だろう
リュウイチは どこからやって来たのか
よんぴるがあったら 何を描こうか

子どもの頃 お土産でもらった
三角の鉛筆を 思い出しながら
お話を聞いています。


日本各地の桜。
いつもと違う 人々の様子に
不思議に感じているかもしれませんね
4月の下旬になると 北海道も桜が開花します。

ふみこさん
今、「飛ぶ教室」を読んでいます。
ケストナーがこの物語を書いたのは
ヒトラーがナチス政権を打ちたてた年・・・と
あとがきに書かれていました。

今度は 完訳本を読もうと思います。

投稿: えぞももんが | 2020年4月 5日 (日) 06時24分

ふみこさま。

お話の続きが楽しみです🎵
何話で完結するのかな?
はるくんは、続きが待てないので、完結したら一気に読んであげようと思います🎵

はるくんは、春休みの間、学童に通っています。新しいことで、戸惑いもあるみたいですが元気に行っています。
送り迎えの通学路は、息子と幼稚園に通った道です。感慨深いです。

さて、倉敷は学校を3学年ずつ2グループに分けて、1日おきに登校することに決まりました‼️ はるくんの小学校の入学式は、
4月9日です。 楽しみです。

投稿: こぐま | 2020年4月 5日 (日) 09時51分

えぞももんが さん

おお、えぞももんが さん、
驚きました。
わたしも昨年秋に、
『飛ぶ教室』を読みました。
いま、ケストナーを、読み返してみようと、
企てています。

初めて読んだときとは、
受けとるものがずいうん異なるだろうと、
予想しています。

『飛ぶ教室』のときは、
それはもう、びっくりしました。
椅子からころがり落ちそうになった……。

投稿: ふみ虫。 | 2020年4月 5日 (日) 10時12分

こぐま さん

「よんぴる」はただただ、
月曜日の夜にひそっと書いているので、
先はまるで、わかりません。

何を書こう、と考えずに
机に坐っています。

たのしい時間です。

はるくん、ご入学おめでとう。
元気で1年生になってくださって、ありがとうございます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年4月 5日 (日) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)