« 笑い声 | トップページ | 冬眠 »

2020年3月10日 (火)

忘れていたこと

 2階の仕事場(ここには主に長女が通ってきて仕事をする)には、でんと、2段ベットが置いてあり、泊まりたいひとは誰でも泊まれるようになっている。
 ひきだし付きの収納ベッドと、ロフトベッドを組み合わせ、うまい具合に実現した2段ベッドだ。
 季節外の寝具がしまえるほか、着物、布類、ナイトウエア、ゲーム類が納まっている。

 このたびの話題は、ゲームのひきだし。
 ここには花札、百人一首、カルタ、ジェンガ、オセロゲーム、ダイヤモンドゲーム、トランプ、UNOが出番を待っている。
 このひきだしのなかで、いちばん古いのは、わたしが子どものころ大好きだった、雑誌の付録のボール紙製のカルタだ。ということは、56年ほども前のものということになり、小樽からやってきたのだなあ。
 絵札は分厚いボール紙、読み札は薄いボール紙。絵も愛らしいが、読み札のことばが……、わたしを泣かせる。
「あかいぼうしのらいおんたろう」
「たんぼでたにしがたんころりん」
「わらったわらったちいちゃんが」
 これを見ると、自分の本質がたいして変わっていないことが確かめられる思いがする。しかしもしかしたら、このカルタに夢中になっていたころのわたしに見えていて、いまのわたしには見えなくなったものもありそうで、恐ろしい。

 さて、このたびの主人公はカルタではない。同じゲームのひきだしのなかのダイヤモンドゲームである。
 ちょっと整理しようとこのひきだしを開けて、カルタを見て懐かしがったわたしだったが、なぜか手はダイヤモンドゲームの箱を掴(つか)んでいた。
 おおっ。
「新型コロナウィルス感染症対策」一色に染め上げられそうないま、こんな存在に救いを求めてもいいかもしれない。と、思ったのだ。
「ダイヤモンドゲームするひと!」
 日曜日の午後、女ばかり4人がそれぞれの作業に精出す居間のまんなかで、恐る恐る声をあげる。
「何、ダイヤモンドゲームって」
 と云ったのは三女だった。
 ああ、このひととはダイヤモンドゲームをあまりしないできたかもしれないなあ。
「やったことないの? ダイヤモンドゲーム」
 と、姉たちが云い、おしえたげるからやろう、ということになった。
「あ、やるのね」
 持ってきて誘ったくせにわたしは驚き、まずは3人のゲームを見守ることにする。
 自分の陣地のコマ(15コマ)を、向かいにある同じ色の陣地にいちばん早く移動させたひとの勝ち。移動の仕方に決まりがあり、コマの上を飛び越せるルールもあるが、王様コマ(頭の上にでっぱりのあるコマをひとつずつ持っている)の上は飛び越せない。
 気がつくと熱中していた。
 忘れていたことを思いだしたような気持ちになり、愉快愉快。

Photo_20200310085401
そうしてこの時期、
花をあちらこちらに飾っています。
玄関の白百合は定番ですが、
居間にも、洗面所にも飾っています。
写真はラナンキュラス。
大好きな花店に立ち寄るのも、
わたしには安らぎのひとときです。

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん 皆様こんにちは。

コロナで出れないおかげで
日々の過ごし方が変わってきましたね。


さて、産休に入って1週間。
仕事の最終日。部署の皆様から沢山の
プレゼントが。
主に子供に使えるグッツ。

そして女性の主任さんからは
部署の一員として助けてくれてありがとう
またここに戻ってきてくれたら嬉しいです
とお手紙が。

やはり、誰からも好かれる人は
気遣いが違うな、と嬉しく感心しました

投稿: たまこ | 2020年3月10日 (火) 11時59分

ふみこさま

ただいま猫電車の旅からもどりました~。
合わせていったのではないのに行きも帰りも
「まってたよお~」というように走り寄ってくれました。ふふ。

車窓からみたこぶしの花もう満開で空に向かって春!!
土手のあじさいの芽吹きも力強く
行く前は「どうしようかな~」なんて思っていましたが
すっかりパワーいただいてきました。

ダイヤモンドゲームなつかしいです~。
うちでもよくやりました。父は大体同じパターンの攻め
兄は毎回ちがって他人の駒をうまく使ってみたり
私が通ろうとするところに止まってみたり~。。どいてよ~。。なんてね。
性格が出て楽しかったことおもいだしました~。
確か王様は一つじゃなくていっぱいとべたんだっけかな~。
愉快愉快。。ね。

私もピンクのスイトピー束で買ってきました~。
花びらの曲線を見ると柔らかい音が出るから
昨日眺めながらひいてみました。
トイレにも飾ってあります。ふふ。
ベランダのモッコウバラも芽吹きもすごいです。
もうちゃんと花芽つけて守るように葉っぱでおおわれてます。
ではみなさんもふみこさんもいい一日お過ごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2020年3月10日 (火) 13時40分

たまこ さん

豊かな産休生活がはじまって、
よかったよかった。

たまこさんが、
がんばり、
やさしさとともに育んだ時間が
そこにはありますね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月11日 (水) 01時00分

真砂 さん

行きも帰りも
「猫電車」のラッキー。

そりゃ、すごいなあ。

発見と、気づきの日日を
送られていますね、いま。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月11日 (水) 01時02分

ふみこさま

こんばんは。
ダイヤモンドゲーム。
ややこしいルールが苦手な私が一番好きなボードゲームです。
子どもの頃何度やったか。
ひとりでやるのも楽しかったなあ。
大人になってできた家族はややこしいゲームの方が好きなので、
今うちにはダイヤモンドゲームがありません。
またやりたい。
あの楽しさを思い出させてくださりありがとうございます。

美しいラナンキュラスの写真も、ふっと私を持ち上げてくれて
今5センチくらい宙に浮いている感じです。
良い心地で眠れそうです。

投稿: ささこ | 2020年3月11日 (水) 23時48分

ささこ さん

ダイヤモンドゲームに気をとられながら
する会話というのも、よかったんです。
ちょっと上の空で、
ちょっとほのぼのしてて。

そうか、ひとりダイヤモンドゲーム。

それ、してみたい。
してみよう。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月12日 (木) 11時31分

ふみこさま。
カルタのことば いいですね~😃
わらったわらったちいちゃんが

とっても好きです。

今日、ボルドーレッドのスクーターが届きました。早速、走ってみました。
慣れるまで、ちょっとかかりそうですけど、新しい気持ちで快適です‼️

投稿: こぐま | 2020年3月13日 (金) 17時45分

ふんちゃん

 本当に…、「感染症対策」がいっぱいになりました…ね。
 今日は、5番目ちゃんの卒園式。
 ギリギリ、保護者は同席できました。
 短縮卒園式で、30分で終わりました。
 それでも、一緒の場で、拍手ができたこと。
 うれしく思います。
 3番目ちゃんの卒業式には、出席できないのが、本当に残念。
 この混乱のおかげで、
 またまた当たり前のことはないのだなぁ…の連続でもあります。

 3月11日の前の晩。
 テレビで、福島から北海道へ自主避難してきたご家族が紹介されていました。
 辛い思いをして、泣く泣く、
 北海道まで来てくれたご家族。
 わたしの実家があった近くの場所で、
 カフェを開いてくださっていました。
 現在、19歳の娘さん。
 北海道に来てから、いじめられたことを、
 涙ながらにお話ししてくださっていました。
 せっかく来てくださったのに、
 「放射能がうつる…を避けられた…。
 自分はたのしくしちゃいけないのじゃないかと思っていた」と。
 たのしくしていいんだよ!
 幸せになるべきなのよ〜!
 と、ココロの中で叫びながら、
 声にならず、ただ涙が出てみていました。
 
 コロナさんが、もう少し優しい顔になったら、
 このカフェに、大好きな人と一緒に行こう!と
 思いました。

 ふんちゃん!
 「台所からこどもたちへ」のふんちゃんに、
 とっても、とっても励まされています。
 お母さんのことも、ゆっくり…ゆっくり…
 それでいいんだな…と思いながら、
 子どもたちとの台所をたのしんでいます。
 ゲーム!
 それもしたいなぁと思いました(^^)
 今こそ…たのしまなくっちゃ!ですね(^^)
 

投稿: もも(^_^) | 2020年3月14日 (土) 15時18分

こぐま さん

安全運転で、すーっとね、
お願いします。

はるくんも、赤い自転車も
安全運転で。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月14日 (土) 20時36分

もも(^_^)ちゃん

ももちゃんちの皆さんの
たくさんのおめでとう。

ここから叫びます。

おめでとうございます。

それにしても、いじめのはなし。
どうしてそういうことになるのか、
ひとは、そんなふうに、
どうかしてしまうことがあるんですね。
放射能への恐怖は、別のところへ向けるべきです。

しかし、何もしないでいる自分は、
同罪かなとも思うのです。
いじめてしまったひとたちに、
影響を与えられない大人であった……。
いじめられていたひとたちを
みつけない大人であった……。

いま、19歳の彼女の近くにいるももちゃん、
頼むね、という気持ち。
(おかしなメッセージ……)。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月14日 (土) 20時46分

ふんちゃん

 そうなのです。
 いじめてしまった子のことを思ったとき、
 かわいそうなことをしてしまった…と、
 わたしも、その子に伝えられなかったオトナのひとりでもあるんだ…と、
 そう思ったりもしたのです。

 お店におじゃまして、
 19歳の娘さんに、
 たくさんのありがとうを、
 そして、応援のきもちを、
 伝えたいなぁと思っています。

投稿: もも(^_^) | 2020年3月14日 (土) 22時34分

もも(^_^) ちゃん

うんうん。
わたしも、いつか、お茶のみに行くー。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月14日 (土) 22時45分

今 武田百合子さんの本を読んでます。その中に 面倒見てくださってるおばあさんに百合子さんがお願いする場面があります。
「天皇陛下の出てる新聞紙で お弁当を包まないでね。見つかると先生に叱られるから。お便所でお尻拭いたりしてはもっといけないってさ。」
もっと長いんですが こんな具合です。やっぱりそうしてたんだ!!!
と 主人に話すとあわてて出かけて トイレットペーパーを見つけてきました。私なら実行しかねないと思ったようです。昔はどうしてたんだろう??と考えていたところなので この文章はとても感激でした。でも 近所のスーパーにも並ぶようになりました。ヤレヤレです。
 うちは孫達が来るとよくUNO をします。みんな対等に戦いますが 泣き出す子もいます。今もお休みだけど もうすぐ春休みですね!!!!

投稿: ann | 2020年3月15日 (日) 11時50分

ann さん

わたしも、例の件で
うっすら古新聞を
イメージしはじめていたところでした。

何かを包むときでも、
どこかに敷く場合も、
新聞のひとの顔(写真)は避けるけど、
ときどき、このヒトはいいや!
なんて、つぶやきながら……ひどい。

トイレットペーパー、出てきたのですね。


投稿: ふみ虫。 | 2020年3月15日 (日) 19時05分

ふみこさま こんにちは

ダイヤモンドゲーム!昔、サンタさんがボードゲームを届けてくれたことがあって、その中に入っていました。なかなかうまくいかなくて、でも、楽しかったです。

新型コロナのニュースばかりで、普段から引きこもりがちの私ですが、もっと縮こまってしまってました。
買物に出ても、マスク売ってないかな?と先ずドラッグストア寄ってしまったり…。身内に基礎疾患を持った者がいて、仕事上もマスクが必要で、この間も電話で話しているとき、洗って2、3日(本当は一週間使いたかったそうですが)使ってると聞いて、何とかならないかなと探していました。結局手に入らず、10枚ほど手持ちのを送りました。
自分のマスクはもう手ぬぐいを半分に切って折りたたんでヘアゴムを挟んでガーゼマスクのようにしているのですが(てぬぐいの「かまわぬ」さんのHPに作り方が載っています)、必要としている人のところにいろいろなものがきちんと届いてほしいです。
新聞紙は ははのあれこれを包むのに大活躍です。包むときは…ふみこさんと一緒です。まさか包まれるとは思ってはれへんかったやろな~ごめんなさい…と、包んでいます。前の時はどうだったっけ?と思ったら実家は落とし紙だったのでさほど並ぶこともなかったようです。

そんなこんなで、これではだめだ~!と昨日、今日と自転車で少し遠出をしてきました。昔の都の跡を自転車で突っ切って(桜はまだですが菜の花が咲きかけていました)、帰りに違う道で小さな山を越え(昔、衣を干したところです)どうなるかと思いながら、なんとか帰り着きました。
田舎なので車はそこそこありますが、あまり人とも会うこともなく、でも、公園や広場もあって子どもたちの楽しそうな声が聞こえて、マスクもなしで気持ちよかったです。見事なハクモクレンを見つけて、うれしくなっていました。

ラナンキュラス、きれいですね。ウチのチューリップに小さなつぼみがつきました。花を見ているとやすらぎますね。

投稿: あすちるべ | 2020年3月16日 (月) 16時09分

ふみこ様 こんばんは

今夜は 遠くに見える 札幌中心部の
夜景がきれいです
テレビ塔のライトアップも 小さくですが 見えます

ダイヤモンドゲーム
私も 覚えていないんです

ふみこさん 知っていますか?
「人生ゲーム」は 年々 進化していることを
職業もいろいろ 転職のチャンスもたくさん
面白いです

気を抜くと ふ~~っと 凹みそうですが
そこは 気付かぬふりで 
まず 春が来ます!!  

投稿: えぞももんが | 2020年3月16日 (月) 22時02分

あすちるべ さん

外でぶらぶらしている時間が
わたしもぐっと減りました。
出かけるのは、仕事のときだけ。

あとは、近所の買いものです。

「近所」を発見する思い。
なつかしい店に行ったり、
入りにくい店にえいっと入ったり。
これは、もう「近所遊び」。

これもまた、よきかな。
……です。


投稿: ふみ虫。 | 2020年3月16日 (月) 22時23分

えぞももんが さん

「人生ゲーム」
昔、友だちの家でやりました。
自分の価値観が、あまりにずっこけていることに
気がつかされたりしたなあ……。

進化しているんですね。

「転職」で思いだしましたが、
仕事の縁はすべて、
向こうから訪ねてきてくれるものだと
考えているわたしです。
じたばたしているひとを見ると、
「いましている仕事こそ天職なのに」
と思ったりします。
それを変えたり、ふやしたりするときも、
その機会はもたらされるから、
「そのとき決めればいいんじゃないかな」
と、思うんです。

あ、余計なはなしを。

投稿: ふみ虫。 | 2020年3月16日 (月) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)