« 生きもの同士 | トップページ | 似た者同士 »

2020年6月30日 (火)

 昼下がり、通りから声が聞こえる。
「こおりー、こおりー」
 その声は歌うように、響く。
 わたしは台所で小さなボウルを取りだし、急ぎ足で廊下を抜けて玄関の扉をあける。
「氷屋さん、くださいな」
 くださいな、と云ってしまってから、「くださいな」は古臭かったな、と思う。
「氷屋さん、おねがいします」

 氷屋は驚くほど若い男だった。
 ミニバンの運転席から、会釈しながら降りてきた。
「どうも」
「暑いですね。きょうはご繁盛でしょう」
「いや、なかなか厳しいです。いまはどこの家にも氷はありますから……。えっと、削りでいいですか? おひとつ分で?」
「削りはひとつ分。あと、かち割り氷を3kgください」
「ありがとうございます」
 男はミニバンのうしろに積んだかき氷機で氷を削り、わたしが手渡したボウルにそれを溜めてゆく。
「おまけしときました」

***
 深夜小豆を煮た。
 氷を浮かべた器に白玉を入れ、明日(あす)になったらその上からこの小豆をとろりとかけて……と考えていたのに、わたしときたら、ついこんなことをつぶやいていた。
「ほんとはかき氷が食べたいな。宇治金時が食べたいな」
 そのせいだろう、蒲団の国で氷屋の夢をみた。
 いまは滅多なことでは氷を売りには来ないし、ましてや、ひとつ(1人)分の氷を削ってもらうなんてことは、ない。
 それでも夢のなかのわたしは、若い氷屋相手に慣れたようにものを云い、氷を受けとった。
 60歳を迎えるまで大酒飲みだった。
 何より好きなのがウィスキーで、ストレートで飲んだ。
 水割りがおいしいのは、本物の氷を持っている店だけで、家で水割りをつくると、たちまち氷が溶けて、ウィスキーの香りが曖昧になってゆく。それで薄めずに飲んだのだ。
 70歳になったら少しは飲むことに決めているが、ただいま断酒ちゅう。
 飲めなくてもさびしくはないが、ときどき、何かの拍子にウィスキーの色をふり返る。70歳になったら、ウィスキーを飲もう、本物の氷で水割りも、と思う。
 何のお話をしていたのだったか、そうだ、氷。氷の夢を見たのはウィスキーへの郷愁かもしれなかったが、宇治金時へのあこがれでもある。
 目覚めた日の午後、小豆はその日家にやってきたひととすっかり食べてしまった。氷を浮かべた器に白玉を入れ、煮た小豆をとろりとしたのを「あずき白玉」というのだろうか。
 ともかくそれは、ひんやりとして美味しかった。
 が、それでもわたしは密かに思っている。
「ほんとはかき氷が食べたいな。宇治金時が食べたいな」

 ことしは、夏ならではのおかずや菓子をつくり、涼やかな食べ方を工夫しよう。

Photo_20200630051801
「抹茶氷 あずき」というカップアイスを
みつけて買ってきました。
氷宇治金時にバニラアイスクリームがのっています。
こんなにして、ひとりおやつ。
えへへー。

〈お知らせ〉
Instagramアカウントを開設しました。
https://instagram.com/y_fumimushi

Instagramではイラストとその日のひとことを更新。
お持ちのInstagramアカウントからフォローしてください。
「ある日に描いたイラスト。ある日に生まれたことば」を、
お楽しみに。
Instagramユーザー名:@y_fumimushi

〈公式HP〉
〈公式ブログ〉

 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま

夢のおはなしにひとりおやつ。。
いいですね。

夢といえば。。しばらく室内楽もやっていないので
合わせたいな~と思っていたからか大好きな方たちと。。。。
楽器をかついでただただ電車に乗ってどこかへ行こうとしている夢
なんだかおかしかったな。どこへいこうとしてたのかな。。

と思っていたら「もうすぐ七夕なので何か曲を」と施設につとめる
友人から。。早速何人かで短めの曲をあれこれ。このあいだ
いただいたオルゴールの「星に願いを」もいいな。。
まさかね。。あのとき2月の楽譜のうけとりさんぽから
こんなながれができるなんて。。感謝ですね。

ふみこさ~ん。ウイスキーの氷をカラカラとゆする音もすきです~。
大切な思い出がふとよみがえったりして。。雨が葉っぱに落ちる音
とかも。。シベリウスさんの水滴という短い曲いま。。いいなって。
ではいい一日お過ごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2020年6月30日 (火) 10時27分

先週の朝顔で私の思い出を、、、、朝寝坊だった私は 夏になるといつも母に「こんな時間に起きててはせっかくの朝顔が見れもしない。今朝は 何個咲いていたのに、、、、」と 毎朝 毎朝 言われたものでした。その当時は 別に 見たくもないし、、と思っていましたが 70歳に近づくとさすがの私も早く目覚めるようになり 毎年夏の朝のお楽しみのために せっせと朝顔を育てています。こぼれ種でおおかたいけますが ブルーの小さな花ばかりにだんだんとなってくるので(これが原種かな?)今年は少し変わった色のも加えてみました。つるは伸びてきているけどまだ咲いてません。楽しみです。一緒に蒔いたつる紫もどんどん伸びてきています。母は今では腰が曲がってつるのものは育てなくなりました。でも いまだにマリーゴールド 千日紅 ほうせん花は前の年の種でたくさん育てて分けてくれます。
 かき氷は断然宇治金時が好きです。でも今どきは お店に入ったらクーラーきいていて かき氷も立派で最後まで食べるのがしんどい時あります(年のせい?)
 私もほっといたら 大酒のみになるでしょうね、、、ならずに済んだのは周りに私のような人がいないからかな?でも毎晩の晩酌は欠かせません。2週間分でごめんなさい。

投稿: ann | 2020年6月30日 (火) 11時24分

真砂 さん

そういえば。
楽器を持って街を歩いたことがあります。
市の吹奏楽団の一員だった長女に、
トロンボーンを届けたのです。

あのときのときめき、
誰かに何か聞かれたらどうしよう……
(と、身をよじったりして)と意識したりした気持ち。
楽器を持って歩くってすごいなあと思い、
あこがれもしています。

ああ、もうすぐ七夕ですね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月30日 (火) 13時37分

ann さん

annさんの朝顔は、きっと素敵でしょうね。
ことしは、朝顔を合言葉に、
みんなで明るい気持ちで過ごしたい、です。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月30日 (火) 13時39分

ふみこさま こんにちは

今日は朝から雨が降っています。

東京には氷屋さんの車が走っているの~!と羨ましく読んでいました。笑。
本当に氷屋さんのミニバンが走っていたら追いかけそうです(わらび餅は追いかけます 滅多に見かけることはなくなりましたが)。おいしい氷ってなかなか手に入りませんね。かき氷機を持つほどのこともないので、削っただけの氷もあると嬉しいのに…。梅シロップをかけたいです。

奈良はかき氷で盛り上がっています。氷室神社という氷の神様をおまつりした神社もあります。落ち着いたらぜひお越しくださいませ。予約が必要なお店もあるそうで、去年、友人と予備知識なしで行って、お店を探してたくさん歩きました。今年は友人に会えるかな?

今日で6月も終わり。夏越祓ということで、なんちゃって「水無月」を朝から作っていました。節分の巻きずしみたいに、ここ数年で言われているようですが、気のものかなと作ってみました。小麦粉と上新粉、お砂糖を水に溶いてレンジで、チン。甘納豆の小豆を乗せてもう一度チン。冷やして、さっき、お八つでいただきました。えへへー。おいしかったです。

ふみこさんのウイスキーのお話で、北村薫の短編集『水に眠る』を思い出しました。ウイスキーの切ないお話があります。私はアルコールがダメなので、飲める方がうらやましいです。別のお話にシャンディガフが出てきて、その頃出てきたノンアルコールビールで作ったことも思い出しました。他にもこの時代を思う話もあったはずと、いろいろ思い出して、さっそく読み直します。

投稿: あすちるべ | 2020年6月30日 (火) 16時19分

ふみさまみなさまこんばんは~~
本日は6月5週目の火曜日にあたるため、私のお仕事はお休みをいただき、
ただいま、チキンのトマト煮込みを作りながらお話させていただいてます(無事パソコンも長女のリモート研修終わり奪回できました(笑))
お昼間は久しぶりに長女の高校部活動のママ友さん(いまではママとか関係なく大親友)とからっぽ実家に食料、スイーツ買い込んで籠り、密をさけて思う存分おしゃべりしてきました。
あぁやっぱり相手のお顔の表情をみながら、電波の具合を気にすることなく、笑ったり、考え込んだり、心配したり、励ましたり・・・
そんなことは本当にいいもんだなあ・・・と実感の5時間でした。
本当に空っぽ実家くんには世話になっています。秘密基地のようだ。みなさんもご招待してマスクもせずにワイワイガヤガヤしたいなあ・・・・

氷、わかりますわかります。家庭の冷蔵庫では出来ないしっかりした氷。全然違いますよね。水割りのお味。(そっちかい?)
いつかふみさまが70歳を迎えウイスキー解禁になったときには、ぜひお祝いにひと瓶お持ちしますので飲み明かしたいものです。そんなときは氷もお取り寄せしちゃいましょう。2人ともお歳だから1杯をゆーーーーくり溶けにくい氷溶かしながら・・・・(妄想がとまりません(笑))
あ、もちろんかき氷も大好きです。これまた空き家実家から車で15分ほどのところに、日光の天然氷で作ったかき氷をたべさせてくれるカフェがあるのです。キーーーーーーンってならないの。蜜も手作りで・・。この3蜜は要請されも絶対避けられない(笑)
涼やかな夏の食べ物特集もぜひ!インスタにもぜひ!フォロワーさんもまた増えちゃう~期待期待。


梅雨の悪天候に一足先の夏の涼やかさをいただきました。ありがとうございました!


~おきょうさんの朝顔観察日記~~

6月24日
きょう、あさがさんのなえをおむかえしました。
いろはあか
すかーれっとおはら
というなふだがついてました
こりゃすいごいなまえだなあ・・・とおもいました。
なまえまけしないようにそだてたいとおもいました。あおいとうきのうえきばちもとくべつによういしました。

ほんば3まいつるはまだなし


6月30日
なえをうえかえてから1しゅうかんがたちました。
すかーれっとはすこしつるがのびてきました
あわててかってきたあさがおようのはしらをたてて、まきつくようにゆうどうしましたがすぐにぴよよんともとにもどってしまいます

きっとまきつきたいときにまきつきたいばしょをじぶんでえらんでまきつくつもりなんだなあ
さすが『すかーれっと』だな・・・
とおもいました。
きょうはあらしのようなかぜなのでかぜがあたらない、そうこのかげにうえきばちをうつしました。
すこしだけほかのうえきばちよりひいきしました。
すかーれっとおはらだからほかのおはなたちもゆるしてくれるとおもいます。

ほんば6まいふたばはきいろくなってきました。

投稿: おきょうさん | 2020年6月30日 (火) 20時09分

ふみこさま こんばんは

ふたたび、です。

さっき、北村さんの本を久しぶりに読み返したら、なんということでしょう。ウイスキーのお話にシャンディガフが出てきてました…。そして…水割りのお話でした。氷が出てこない…。なんというか自分の記憶の曖昧さに頭がくらくらします。…脳トレ、がんばります。

夕方に朝顔の様子を見たら、葉っぱの影に一つ、つぼみがありました。明日の朝咲きそうです。今年初めてです。もちろん赤いコです。3密どころか4,5密なのですが、がんばって成長してくれています。みなさんの朝顔のお話も楽しみにしています。

投稿: あすちるべ | 2020年6月30日 (火) 21時00分


ふんちゃん皆様こんにちは。

コメントされていなかったようなので再度。


なんとも風流なお話ですね。くださいな、が懐かしい優しい響きでいいですね。


さて、子供のような大人と子供と暮らして疲労の中、ささやかな幸せをみつけました。

ひとつは次男と私に新しい友達がご近所にできたこと。

そして、もうひとつは、長男が私の口癖をまねていたこと。
疲労困憊でネガティブなことも言ってしまうのにまねていたのは

よかったね〜と
1.2、がんばれ!でした笑

投稿: たまこ | 2020年6月30日 (火) 22時01分

あすちるべ さん

うわー、
なんちゃって「水無月」。

それなんとか真似してつくってみます。

甘納豆が効きそうですね。
冷やして……ね。
了解了解。

『水に眠る』も読んでみます。

……真似っこ。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月30日 (火) 23時38分

おきょうさん さん

秘密基地。
それ、いい!

東京は、まだまだ危うさに
満ちていて、さびしいかぎり。
さびしがってもいられない皆さんのことを
思って、締めつけられます。

でも明るい気持ちでいたいです。

朝顔日記、たのしい。
スカーレット・オハラで思いだしました。
6月にアメリカ中部ミネソタ州で起きた
白人警察官による黒人暴行死事件に向け、
国民の怒りが全米にひろがっています。
その影響で、映画『風と共に去りぬ』が
ストリーミングサービスの配信からはずされる、
という事態となりました。

映画や文学のなかには、
一部分に時代的な過ちが置かれたものが
数多くあります。
それを排除せず、過ちの認識を「ひととしての進化」として
喜び合ったり、
過ちを正すシンボルとすればいいのに。
と、希わずにはいられません。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月30日 (火) 23時50分

たまこ さん

まあ。

わたしも真似しなければ。

よかったねー。
1、2 がんばれ!

うれしいねえ、たまこ母さま!

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月30日 (火) 23時51分

あすちるべ さん

ん?
氷なしの水割り?
読んでみますね。
わくわく。

朝顔さんたちも、ありがとう!

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月30日 (火) 23時52分

ふみこさん、みなさん、こんにちは。
大変しばらくぶりの投稿になります。

北欧暮らしの道具店を見ていたら
なんとふみこさんの記事が!
嬉しくなって読んでいくと、久しぶりに
ふみこさんの姿を拝見することが
でき、また久しぶりにこちらに寄らせて
いただきました。

私も最近、あんこを煮て白玉にかけて、子どもとおやつに食べたので、ここでもまた小さな共通点を見つけて嬉しくなりました。

しばらくこちらに来ないうちに、子どもも大学生と高校生になりました。子どもと過ごせる時間もあと少しなんだと、楽しみながら暮らしています。時間も出来たので、過去の記事を読みつつ、ふみこさんの世界でくつろがせてくださいね。
よろしくお願いします。

投稿: ぞみさん | 2020年7月 1日 (水) 00時03分

ふみこさま

おはようございます。
東京おちつかないですよね。。。
私も活動拠点は東京が多いのでやはり七夕演奏は中止になりました~。

でもね。。いろいろ七夕にふさわしい曲をと夢見る時間って
大事だったな~と。。どうしても地元の七夕音頭やりたいからって
踊りの振り付けをひょいひょい~くる~んくる~んぱんぱんぱん。。
って送られてきたときは笑いが止まらなくて。。。この時期踊りは
まずいでしょと思いながらもね。。私自身もいろいろ思い出したりして。

そうそう。。トロンボーン重いんですよね。10キロのお米袋くらい
あるんじゃないかと!!!バイオリンくんは軽くてよかったです。ふふ。
神奈川も東京も落ち着かない日々続きそうですがここへきて
ほっと一息させてもらっています。ふみこさんありがとうございます。
(昨日すんごい風だったのにあさがおくんたちしっかり蔓巻ついたままで感激のあさです~)

投稿: 真砂 | 2020年7月 1日 (水) 08時01分

ふんちゃん

 おいしいお話に、わたしも何かおやつ…と思い、
 北海道のお菓子やさん「六花亭」で、
 大好きな「大平原」というマドレーヌを買ってきました!
 昨日…、父の5回目の命日だったので、
 コーヒーと共に、父と一杯やりました(笑)。
 父もわたしも、アルコールに弱くって、
 父は完全に下戸。わたしは、だんだんと飲めなくなってきたという感じです。
 それでもね、ふんちゃんとおきょうさん さんの飲み会のときは、
 梅シロップとかを手に、ぜひ!参加したい!と思っております!

 こちらは、ここのところ寒かったのですが、
 今日あたり…ようやく氷が恋しくなる気温になってきました。
 今年は、どんな夏になるのかなぁ…。

 昨年の今ごろ、
 2番目ちゃんの大冒険で、病院通いをしていて、
 大学構内のお花を眺めていたことを思い出していました。
 初めて知った「オオウバユリ」。
 今ごろ、どんなになってるかなぁ…と気になっています。
 2番目ちゃんが、また落ち着かなくなって、
 病院へ行くことが増えそうなので、
 そのうち、見てこようかなぁ…と思っています。
 
 

投稿: もも(^_^) | 2020年7月 1日 (水) 15時39分

おはようございます

鳥たちのにぎやかな声が聞こえています。

わたしのオットはお酒大好きで あまり呑めないわたしからするとすこし呆れるくらいでしたが すごし過ぎがたたったのか いまは本人なりに自重しているようです。
それでも ほぼ毎日のように夕ごはんどきにはわたしに「ビールどう?」

わたしは その日の気分と体調でつき合ったり ひと口でやめたり です。

投稿: こんぺいとう | 2020年7月 2日 (木) 05時31分

つづきです

この災禍の嵐に たくさんの人たちが巻き込まれ いまも苦しんでいるということをあらためて思いながら
 わが身の幸せについてオットと考えさせられ話し合いました。

いま わが子は自分を見失いそうになりながら懸命に日々を生きています。

わたしとオットは戦友のように よろけながら なんとか子どもたちのためにとふんばっているところ

菜園のきゅうりがおばけきゅうりになりかかっていたのを救出してきて酢の物に
。まだ半分残ってます

友人も大量のいただきもののきゅうりをなんとかしたい というのでふたりで九ちゃん漬けのレシピをやり取りしたり

まだまだ 正常に戻らない日常を なんとか顔をあげて ホントは ツラいときこそ笑顔 といいたいところですが…

きょうも1日 がんばる人のことをおもって わたしもわたしの領分をこなします。

投稿: こんぺいとう | 2020年7月 2日 (木) 05時44分

ぞみさん

おたよりうれしく。
どうもありがとうございます。

ぞみさんが初めておたよりをくださったのは、
2020年11月22日のことです。
あれから10年……。

「北欧、暮らしの道具店」に感謝です。

お子さまたち大きくなられて、
そうですか、これからは別のたのしみ、
思いがけない世界がひろがりますね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年7月 2日 (木) 11時11分

真砂 さん

朝顔さん、よくがんばりました……。

投稿: ふみ虫。 | 2020年7月 2日 (木) 11時11分

もも(^_^)ちゃん

わたしね、昨日、
六花亭に頼んで、お菓子を送って
もらったところです。

道産子にとって、突過程はやはり
とくべつ。

お父さまのご出発から5年?
早いですね。
たのしくこちらを眺めておいででしょうね。
なんだか、わくわく感が伝わるようです。

「オオウバユリ」さんに逢いに行ってみたらどうかな。
何かが待っているかもしれません。

オオウバユリさんによろしく。

投稿: ふみ虫。 | 2020年7月 2日 (木) 11時14分

こんぺいとう さん

まあ、なんていいメッセージを。

わたしも……。

きょう、
わたしもわたしの領分をこなします。
がんばっている皆さんを思いながら。

どうもありがとうございました。

投稿: ふみ虫。 | 2020年7月 2日 (木) 11時16分

ふみこさま。みなさま。
今日は晴天になりました。
朝顔というと、ふみこさんの作品
食卓のこころの中の朝顔日記を思い出します。
立冬過ぎまで咲いた朝顔のお話しが印象的でした。
おきょうさんの思いと同じく
小学校1年生の夏休みに入る前
自分の朝顔の鉢を持ち帰るのですが、私の鉢だけつるは伸びずに咲かなかった。みんなの鉢を見る度にさみしく、子ども心に咲かない朝顔の思い出は残ったままでした
そのせいか、幼稚園に務め
クラスの子の鉢植えの花の苗が弱っている子がいると放課後に元気な苗と移し換えてあげました。
空に向かってぐんぐん伸びて
花を咲かせる朝顔が好きです。
今年は孫と種をまきました。
五日前も2度目をまきました。
発芽している朝顔をみて
芽が出てる
芽が出てると大きな声で喜びました。
夏が来ました。
今年の夏は心の中にも発見やときめきがありますように
咲けなかったのではなく
咲かなかったのではなく
咲かす。
自分の花を咲かしたいと思います
空に向かって、明るい花を一輪でも咲かす。って夏に向かって決めました。笑

投稿: ユリの木の花子 | 2020年7月 2日 (木) 11時27分

ユリの木の花子 さん

「咲かす」
こう、やさしい ユリの木の花子さんに
言われるとドキリとします。

あこがれもします。

夏のやさしい覚悟ですね。
あやかりたいです。

咲かせましょう。

ふ(指切り)

投稿: ふみ虫。 | 2020年7月 2日 (木) 23時07分

ふみこ様 こんにちは


「夏ならではのおかずや菓子をつくり
 涼やかな食べ方を工夫しよう。」
ふみこさんの 夏ならではの
料理を あれこれ 想像しています

野菜の直売所で野菜を買っている時間が
だいすきです(笑)
今日は
いんげんと ゴーヤと ズッキーニを買いました
いんげんはじゃが芋と揚げで
煮ようと思います。

ユリの木の花子さんの
咲けなかったのではなく
咲かなかったのではなく
咲かす。
の、宣言をきいて
私も 頑張ってみようかと思います
小さい花でもいいから 咲かす。


そして ももちゃん
オオウバユリの花のつぼみが
次々に膨らんできています。
これが一気に咲くと 真夏・・
と思いながら 森を歩いてきました。

投稿: えぞももんが | 2020年7月 5日 (日) 16時00分

えぞももんが さん

野菜といえば、
いま、みょうがをいっぱい食べています。

何かを忘れようとしているのか。

いえいえ、取捨選別。
怖いのや、いやなのは捨てて、
いいことばかり覚えていようと。

そんなことを云われているとも知らず
(知っていてすましているのかもしれません)、
みょうがの瑞瑞しさといった!

投稿: ふみ虫。 | 2020年7月 6日 (月) 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)