« 5月のえへへ | トップページ | 凝り屋 »

2020年6月 9日 (火)

大昔のパン

 ある朝、起きて台所に行くと、棚の上に瓶が置いてあった。
 それは、ポツンとただ置かれていたのだが、触ることもためらわれ、わたしは手をうしろに組んで腰をかがめ、覗きこんでいる。
 瓶のなかには何種類かの葉っぱが見え、それが液体にくるまれて……。
 ことばを……、発しているように……、見える。
 液体のなかにプクプクと泡のようなものが揺れているのだもの、云いたいことがあるのにちがいない。
「ね、あなたは誰?」

 この家のなかに仕事場を持っている長女の梓が、連れてきた瓶だとわかったのは、それから2時間あとのことで、その間(かん)わたしは、何度も覗きに行き、「あなたは誰?」「このままでいいの?」「何か食べる?」と声をかけた。
 ちっちゃなちっちゃなゲンゴロウの仲間でもいるのじゃないかと疑って、虫めがねをあてて調べたが、みつからない。

「これは、テンネンコウボ」
 とは、梓の種明かし。
「テンネンコウボって天然酵母? ってことは、パンを焼くの?」
「そ。で、パンも焼いて持ってきましたー」
 目の前にまんまるのパンが5つならんだ。
 この春手に入れたばかりのピースオーブン(ガス台にのせるだけの小さな天火)で、あれこれ焼いているらしいことは知っていたのだが、テンネンコウボのパンとは! うらやましいこと。
「これはレーズンでつくった天然酵母で焼いたパン。で、瓶のほうは、うちの庭のミントとローズマリーで天然酵母を育てている途中なの」
 密閉できる瓶に葉っぱと水と砂糖を入れ、天然酵母(酵母液種)をつくるということのようだ。
「おかあぴーもやってみたいでしょ」
「それはやってみたいです」

 それから1週間、わたしは朝晩、瓶を揺すったり、フタをとって、なかみに向かっていいことばをかけたりして過ごした。

「ありがとう」「珈琲と豆大福」「ひかり」「昼寝」「大好き」「またね」

 初めて会ったとき感じたとおりに、瓶のなかではことばにも似たものが生まれていたのだ。……プクプクの泡は、瓶のフタをとった途端、シュワシュワーと饒舌になる。

「マッテテネ」「モウスグダヨ」「タノシミデショ」「ボクモヒルネ」「マタネ」

「サワー・ドウ」を思いだした。
 この魔法のことばをわたしは「大草原の小さな家」のシリーズ(ワイルダー作/岩波書店/福音館書店)の本で知った。小麦粉とぬるま湯だけでつくるすっぱいパン種が登場し、「イーストやミルクがなければ、おいしいパンがつくれないなんてことはありませんよ」とかあさんが云う。

「コロナ感染症対策」のもと、比較的いつもどおりに過ごしていると思っていたわたしだが、ハーブやレーズンを原料として酵母液を育てることに支えてもらっていたようだ。

 ところで、こうして酵母液ができあがったら、強力粉を混ぜてよくこね、10時間ほど発酵させて焼く。素朴なパンだが、食べながら、大昔のひともこんなふうにパンみたいなものをつくって、食べたかもしれないなあという想像が湧いた。
 あれがなければだめ、これがないからできない、ということは何ひとつないのかもしれない。

01_20200609093601

02_20200609093601
素朴なパンができました。
これは初期ので、いまは少しばかり、
進化しています(ポッ)。

〈お知らせ〉
Instagramアカウントを開設しました。
https://instagram.com/y_fumimushi

Instagramではイラストとその日のひとことを更新。
お持ちのInstagramアカウントからフォローしてください。
「ある日に描いたイラスト。ある日に生まれたことば」を、
お楽しみに。
Instagramユーザー名:@y_fumimushi

〈公式HP〉
〈公式ブログ〉

 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

素朴で倹しい暮らしを見せてもらったようで嬉しいです。

さて、自宅に戻ってきました。

長男のイヤイヤ期とやきもちもあり
てんやわんや。

その他家族も息子達が可愛いのは
わかりますが、まだまだ寮母さんは
引退できそうにありません。

実家の母にも相当あたりました。

でも、帰り際頑張ってねの一言に
救われました

投稿: たまこ | 2020年6月 9日 (火) 11時25分

ふみこさま みなさま

瓶の中身はいったい何か…ふみこさんか何度も何度ものぞきこんでみえる姿が目に浮かび、うふふと楽しくなりました。
天然酵母のパン、おいしそうですね。

ここ最近、張り切り過ぎた息子は自分の限界を学んだようです。無理しないよう自分の活動量を調整しつつ、今の状態はどうかと自分の体に聞くようになりました。

わたしは18年ぶりに日帰り一人旅してきました。ひとりきりで過ごす時間は気楽で、山や川の美しさを味わったり、道中出会った方々と会話を楽しんだりとよい旅になりました。

知らない場所なのに、3人の方から道を聞かれあたふたしながら調べたり、バスが間違っていて、別ルートから行くなんてこともありましたが、なんとかなりました。意外となんとかなるもんだと思えたことが大きな収穫だったなぁと思っています。

今日はこれから梅ジュースを仕込もうと思っています。娘の夏バテに梅ジュースが効くんです。出来上がりが楽しみです。

投稿: ハクセキレイ | 2020年6月 9日 (火) 11時45分

ふみさまみなさまこんにちは~~

天然酵母を使うパンも素敵満載ですが、天然酵母と使おうと(作ろう)と思う梓さんもすばらしい!(おかげさまで早々にご本が届きました。ワクワクしながら少しずつ、もったいぶって読ませていただいております!)
もう本当に親子とか、家族とか、そういうしばりだけではなく、完全にしっかりとした道をあるいてゆく人との生活ですよね・・・。教えてもらったり、影響受けたり、アドバイスもらったり・・・

私も3月4月5月と、何が良かったかって、かなり大人族になってきた娘に
母ちゃんの日常をくりかえしくりかえし見せられたことかな・・と思います。
朝の家しごと、3食の準備、間に仕事、夜の家しごと・・
久しぶりにずっと家にいる生活の中で2人の娘も、私の生活を傍らで見学させられたのがね。面と向かって教えたり、させたりするのでなく、淡々と見せる機会てなかなかないですからね。ミヤネ屋みておせんべポリポリしてばかりではないのだゾと。((笑)

梓さんもきっとふみさまの生き方をずっと見続けてきた(親の背中を見て育つとはよくいったものだわぁ~(* ´艸`))からの天然酵母の素朴なパン制作だったような気がします。

そうそう、こちらはパンまではゆきませんでしたが、ピザが焼けるバーベキューコンロをネットでみつけ出し、思い切って注文して、実家の雑木林で炭をおこし、ピザ大会をしてました。手作りピザが空き家の実家で楽しめるなんて夢のようです。実家の家も、前までは、『すまないねえ、お掃除ありがとうな~~』なんて控えめな語りかけがドアを開けると聞こえてきていた気がしていましたが、なんだか最近とても嬉しそうで堂々とえばっている感じなんです。
『なんだなんだ!今度はピザか!!外でゆっくり食ってくといいよ』
なんてね。

この春はやれなかったことも多かったけど、やりはじめたこともすごく多い春でした。

さて、今日はもう暑い暑い

夏がやってきますね!!

投稿: おきょうさん | 2020年6月 9日 (火) 13時53分

ふみこさま。

天然酵母って、お話するんですね😃
楽しい‼️
今日は、息子が休みで、昼ごはんを作ってくれました。
夏とん汁。
きゅうりやみょうが、ごぼう にんじん、ごま油の入ったとん汁で、美味しかったです😌💓

はるくんも元気に学校に行けるようになりました。 私は、はるくんに先生のファッションを聞いて楽しんでいます😃
今日は、ねこがついた服だったって😄

投稿: こぐま | 2020年6月 9日 (火) 19時52分

真砂 さん

毎年 真砂さんとこのはなしを
しているような気がしますが……。

タチアオイの花がてっぺんまで咲くと
夏休み!

これがことしはちがってくるけれども、
タチアオイさん、どうか、子どもたちの夏を
たのしく彩ってください。
夏の安全を守ってください。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月10日 (水) 00時13分

たまこ さん

てんやわんやのしあわせが
この世の夏に溶けてゆく

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月10日 (水) 00時14分

ハクセキレイ さん

6月の冒険のおはなしを
聞かせていただき、ありがとうございます。

やるね、ハクセキレイ さん。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月10日 (水) 00時16分

おきょうさん さん

ほんとほんと。

ちっちゃな挑戦をいっぱいできた季節を
過ごしたひとも多かったはず。

気がつかないでいるだけで、
「新」がいっぱい咲いている!

ピザ、いいなあ。
天然酵母でいちど、ピザみたいなものを
焼きました。
かたちばかりでも、
庭で食べればよかったな。

……バーベキューコンロ。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月10日 (水) 00時19分

こぐま さん

夏とん汁のものがたり、
書かなければ、こぐまさん!

はるくん、よかった。
元気に学校の夏をたのしんでね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月10日 (水) 00時21分

ふみ虫さま

酵母菌を育てていた
アズアズはやりますねぇ(*^^*)

素朴なパンはいいです!

おうちでパンやピザ
お菓子を作る人が多く
スーパーでは粉類が
不足気味でしたね

ひと家族に1つと
但し書きありで。

いろんなことが変化した
春でした。

近くの田んぼには水がはられて
蛙が鳴き始めました。

いつのまにか
季節が進んでいますね。

パンも生きてます
湿度が高いと
発酵もはやくなり
生地を扱うのも手間が
かかります。

私はサンドイッチ担当ですけど
(*^^*)

投稿: 寧楽 | 2020年6月10日 (水) 10時44分

寧楽 さん

パンと合うたび、
寧楽さんを思います。

パンは素敵。
パンは大事。
パンづくりは大変なんだぞ。

と自分に云い聞かせて
パンと合います。

天然酵母を扱いながらも、ずっと。

また 寧楽さんのサンドウィッチを
食べられますように。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月10日 (水) 23時09分

ふみこさま みなさま
おはようございます。

雨の朝です

あちこちで鮮やかな色あいのあじさいをみかけます。
わたしのお気に入りは深い青いろの紫陽花だけど どれもすこしずつ深みが違っています。

オクラの苗を虫に食べられてシュンどしましたが トマトやゴーヤは ぐんぐん育って きゅうりは小さな実ができてます。

パンの話で パンの歌があったなぁと「パンのマーチ」を思い出しました。

今年はどうしても 負の空気にのみこまれそうになって それぞれがそれぞれに苦闘している感じです。

わが子も絶賛大あれ中

そんななかで ときおり穏やかに過ごせたり眠れたりすると すこしゆっくり呼吸できる気がします。

わたしたちはみんな普通病なんです とある方の言葉ですが 普通ってだれもが息をするように言うけれども それがなにかわかってないのではないか
ホントは そんなのないのじゃないか
それなのに そのことばにしばられて苦しんでもいる

そんなお話でした。

わが子もそう たぶんわたしも わかってないのにわかったふうにしている

なんだかそんなことを考えました。

最近 わたしもパンです
作るのは…またいつか で食べるだけ

投稿: こんぺいとう | 2020年6月11日 (木) 08時48分

こんぺいとう さん

きょうはわたしも、あちらこちらで、
紫陽花に合いました。

その色合いが、姿が、
ことさらに感じられる「いま」です。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月11日 (木) 22時18分

ふみこさま


私も近くの森林公園のあじさい山の前で
久しぶりにぼーっとしてきました。
斜面いちめんに様々に奏でられるメロディーって
ドビュッシーの音みたいで柔らかくて心地よくて。。ふふ。

そのあとそうそう。。
タチアオイさんたちのところへ
もうてっぺんまで咲いているもの途中までさいているもの
さまざまで。。天に向かって上り詰めていく力強い感じ
もいいですが。。いろいろな位置で咲いてくれる感じが
寄り添ってくれてるみたいで好きです。
「今年は早くから子供たちの声するからちょっとまちがえて
早くからさきはじめちゃったよお~」
なんておもっているかもしれないですね。ふふ。
金管楽器の音みたいに導いてくれる感じ。。

金管楽器の音聞いてないな~。それぞれの音域や音色がちがうから
おもしろいのかな~なんて花たちをながめていろいろ。。
ふみこさ~ん。おつきあいくださいましてありがとうです。
(ちゃんとタチアオイさんたちにおねがいしてきましたからね。)

投稿: 真砂 | 2020年6月12日 (金) 08時46分

真砂 さん

ほんとほんと。

タチアオイさんたちも、
あれ? あれ? と、
うろたえているかもしれませんね。

音いっぱいの、
花いっぱいのおたより、
どうもありがとうございました。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月12日 (金) 10時39分

ふみこさん

私 ずーっと前から寧楽さんのたまごのサンドウィッチ食べてみたいと思ってます!
いつの日か きっと!と思ってます(^^)

ふみこさんのパンもとっても美味しそうです!

大野

投稿: 大野 | 2020年6月12日 (金) 12時23分

ふんちゃんへ

予定なら今頃 秋田で夫の引っ越しを手伝っているはずが・・・。

私は今、病院のベットで横になってます。月曜の夜に息子帰宅してから救急外来受診し そのまま入院となりました。虫垂炎でした。水曜に手術し今朝の採血結果に問題無かったので午後から退院になります。

痛みがまだありますがゆっくりボチボチ時間掛けて治します。

今年はまだ紫陽花に会ってません。
ふんちゃんのパン美味しそう。

普通の事って本当にありがたいと思って入院中 過ごしてました。
当たり前じゃなく日々 奇跡なんですね♪

投稿: ハチミツ | 2020年6月13日 (土) 10時21分

大野 さん

2011年の1月。
忘れもしない奈良のある会場で
食べたサンドウィッチ。

忘れられない味と、
出会いでした。

いつか、一緒に食べましょう!

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月13日 (土) 11時34分

ハチミツ さん

退院されても、ゆっくりすること。

ハチミツ、変化のときを
迎えていますね。
たのしみたのしみ。

でもまずは、ゆっくり休養してくださいましね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月13日 (土) 11時35分

ふみ虫さま

あれは2011年でしたか!
もう、そんなに経つんですね。
しみじみ…


大野さんへ

ありがとうございます。
いつか!ですね(*^^*)
それまで、まだまだ
研鑽しておきます!

投稿: 寧楽 | 2020年6月13日 (土) 19時54分

寧楽 さん

そうなんです。

東日本大震災の起こる、
少し前ということになります。

あれから、ずいぶん鍛えられましたね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月13日 (土) 20時39分

ふんちゃん

 こんにちは。
 今日は、とても穏やかな日曜日です。
 やっぱり…、あっという間に一週間が過ぎたなぁ…でした。
 仕事が始まって、そのリズムに慣れてないからかもしれません。

 子どもたちは、学校に少しずつ慣れてきたようです。
 明日から、本格的に、みんな元と同じように毎日学校に通うことになります。
 なんだか不思議なのですけれど、
 子どもたちがいない時間ができたはずなのに、
 なんだか忙しい…。
 みんな帰ってきてから、それぞれがその日のことを話し始め、
 それがちょうどご飯支度と重なり、
 そのまま寝る支度へと突入する…感じになるからかなぁ…。
 それでもね…、
 コロナ休みの前よりも、
 子どもたちがわたしに話しかけてくることが増えたことに気づきました。
 わたし自身に、少し余裕が出てきたサインなのかもしれないなぁ…と
 思って、これは、続けよう!と思いました。
 わたしの仕事が始まって、2番目ちゃんは、ちょっと警戒している様子です。
 「5人も子どもがいるのだから、それだけで忙しいってことを
  ちゃんと意識しないとダメだよ。」
 と、注意されました(^^;)
 ああ、前々から、この子は、わたしが忙しくし過ぎていて、
 余裕がないことを感じとっていたんだなぁと感じました。
 この休みのおかげで、少し取り戻せてきたので、
 忘れないようにしよう…と思います。
 
 天然酵母のパン。
 わたしも、焼いたりしていました!
 レーズン酵母です。
 あの香りがとても好きで、
 そして、パンをこねるって、ねんど遊びのようでもあり、
 なんだか癒される感じもして、時々、やっていました。
 ふんちゃんのパン…とってもおいしそうです。
 今までは、ただの丸いパンばかり…。
 ハーブを入れるってやってみたことなかったので、
 次はやってみようと思います!
 
 寧楽さんのサンドウィッチと、
 ふんちゃんのパン…、ああ〜食べてみたいです!
 わたしは、最近、とにかく梅干しのおにぎりです。
 外出する時に持ち歩いて、ちょっとした時に、むしゃむしゃとやります。
 今年も、梅シロップを作りました!
 もう少しで、梅干しにも取りかかろうと思います。
 毎年の梅シロップ。
 ふんちゃんに教えてもらってから作り始めたのですが、
 毎年恒例になり、子どもたちが、とってもたのしみにしてくれるようになりました。
 最近は、ほぼわたしが手を出さずにできるようになって、
 これまたうれしい限りです(^^)

 これから…、3番目ちゃんの散髪をして、
 庭でお茶をしようと思います!
 
 ふんちゃん、みなさま。
 またステキな一週間になりますように…。
 

投稿: もも(^_^) | 2020年6月14日 (日) 14時19分

ふみこ様 おはようございます

美味しそうな まん丸なパン
「そうだった そうだった パンがある!!」と
食事の時間が 楽しみで仕方なくなりますね

そして わたしも いつか寧楽さんの
サンドイッチを食べるのが夢です

新聞の投稿欄に

「どこのお店にも マスクが無い」と
高齢の母に言ったら
「ガーゼで作れるでしょ」と 返事があり

「液体の石鹸がどこにも売っていない」と言うと
「固形石鹸は 売っていないの?」と聞かれた
と 書かれていました

ローラの母さんと 同じですね

これじゃなきゃダメと言うことはなく
これでも 大丈夫ですね


追伸・・・・窓を開けていたら 子どもたちの声が
聞こえてきます。ほっとします。

投稿: えぞももんが | 2020年6月15日 (月) 08時20分

もも(^_^)ちゃん

パンとご飯のあいだをいったりきたりしながら
生きていて、
幸せだなあと思います。

ご飯を恋しがり、
パンを愛でて、きょうも。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月15日 (月) 08時52分

えぞももんが さん

そうなんです、
わたしだって、ときどきやりますが。

あれがないとだめ、
これがないからうまくない、
とね。

でも、工夫する力、
想像するちからを
人間は与えられています!

(自分に云い聞かせています)。

投稿: ふみ虫。 | 2020年6月15日 (月) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)