« 背の高い男 | トップページ | つねに動いている »

2020年12月22日 (火)

「これはチャンスの合図だわ」

「このたびは大変なことで、ふみこさん」
 背の高い男は云う。
 50歳のわたしが、仕事の選択について悩んでいたとき、目の前にぱっくり口を開いた淵があらわれた。覗きこんでいたら、底のほうから黒い雲に乗って上がってきたのが、背の高い男。黒っぽい拵(こしらえ)の、ぼんやりとした風情の青年だった。

「このたびは大変なことで、ふみこさん」
 男は一語一語切れ切れに、語りかけてきた。

 こんなふうにもったいぶって何かを告げようとする人物には用心しなければいけない。半世紀生きてきたのだもの、それくらいは、わかるのだ。
 だが、だからこそ、わざと驚いた顔をつくって、わたしはこう答える。
「うーん。ちょっと迷ってるけど、大変というほどじゃありません」
「いや、ここで選択をまちがえると、先がけっこうきつくなりますよ」
「ほ、ほんとうですか?」

「ほんとうですとも」
 と、男は前髪を、右手の人差し指で、なぞるようにかき上げながら云う。
「ほら下を見てごらんなさい。谷底には、ふみこさんの選択が靄(もや)のように浮かんで見えるでしょう。いち、に、さん、し、ご……」
 男の唱える数字は「はち」で止まった。
 下を見ると、たしかに小皿のようなものがいくつか浮かんでいる。薄い光を放って揺れている。
「あら、8ね。8種類も、選択肢があるということ? わくわくしますねえ」
「あなたは変わっていますねえ。怖くはないのですか? 選択をまちがえば、不幸になるというのに」

「怖くないですね」
 と云ってしまったその瞬間、背の高い男をがっかりさせたことを、わたしは感じとった。怖い、と答えれば、男はますますはりきって、わたしを煽(あお)ったろうし、もう少しそのまま煽られていれば、この男との戦いを優位に導けたのかもしれなかった。
 けれど、わたしの脳には、「戦い」、「競争」の観念がない。現代においてそれは欠陥なのかもしれないが、「ない」となれば、それなりに生きてゆくしかないのだった。

「怖くないですね。8つのうちのどれを選ぶかは、もう決まっているような気がするし、そもそも、仕事とか役割って、『選ぶ』ではないんじゃないかしら」
 そう云うと、男はかすかに慌てて口を挟む。
「『選ぶ』じゃなくて、なんだと云うんです?」
「そりゃあ、わたしをめがけてやってきてくれるんですよ」
「8つがあなためがけてやってきたら、どうするんです?」
「時として、8つとも素通りして行ってしまい、時によっては8つとも引き受けることになるわね。たいていは、ひとつ選ぶことになるんだけれども」
「……」
「ほら、見て。このたびは、8つのうちのこれがわたしの役目だわ」
 淵から、頼りなくも揺れながら上がってきた1枚の小皿。それを指差して見せた。
 指差しながらじつは、どぎまぎしていたわたし。
 自分で思っていたのとは、まるでちがう小皿が目の前で止まったからだ。けれど、わたしはなんでもない風に、がんばって笑顔をつくった。
「これがわたしのところに、きてくれたのね」
「……。えっと、あの、急ぎの用事を思いだしたので、これで失礼します」
 男は前髪を、指でかき上げながら云う。
「アナタ、わたしを落ちこませようとしてやってきたのでしょう? わかっちゃった。……これこそがチャンスなのね」

 男はいなくなっていた。
「チャンス」ということばによって溶かされたように、消えた。
 わたしの手のひらの上にのった8つのうちのひとつの小皿。この役目は、その後わたしを鍛え、学ばせ、気づかせ、とんでもなくおもしろがらせてくれたのだった。

 これはいまから12年前に、ほんとうにあったはなし。
 以来わたしは、落ちこみそうになるたび、「これはチャンスの合図だわ」と思うようになった。チャンスは、そんなふうにしてやってくるものらしい……のだ。

Photo_20201222085301
これが届いたとき、じーんとしました。
友だちのお母上のちぎり絵のカード。
以前、この広場でブロッコリの作品を
紹介させていただいたことがありました。
このたびは、ほら、大根です。

思えばことしもたくさんの
おたよりをいただきました。
切手を貼ったもの、広場に届けられたもの、
それはたくさん。
小さな友だちが描いてくれたアバビエの絵のおたよりもありました。

ひとつひとつに励まされて、
ここまで歩いてきたのだなあ……。
どうもありがとう、ありがとうございました。

ふみ虫・ふみこより

〈公式HP〉
〈公式ブログ〉

 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

そうか、やってきてくれるのですね。
いい受け止め方知りました。ありがとうございます。


さて、子供が言うことを聞かない機会が増え子供に手を焼いていると、うるさいと言う小姑。なんとか静かに優しいママにいようと声のトーンを抑え冷静さを意識していました。

最近自分でもわかるくらい落ち着いて対応できています。小姑のおかげなんて思うほど私は人間ができていません。
自分と小姑に打ち勝ったのです。


さて、早いですが年末の挨拶を。
今年も胸を張って頑張りましたと、とくに
大きくふんちゃんに言えます。

励ましてくださっておかげで今年も生きてこれました。どうか来年もお便り(坊や達の通信も笑)書かせてくださいね

投稿: たまこ | 2020年12月22日 (火) 14時53分

たまこ さん

自分ががんばれた、と
思えることが、
何よりのご褒美ですね。

2020年もありがとうございました。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月22日 (火) 19時12分

ふみこさま

おはようございます。
「自分で思っていたのとは違う小皿。。」
を読んで4年半まえをおもいだしました。
いろいろなお誘いが飛び込んできてどうしようと思っていたとき
ふみこさんは「幸運期」と背中をぐーっとおしてくださったのでしたね。

最初にめざしていたところがいっぱいだったのも
何かの縁だったのだと。。でもこのとき「え~無理じゃないかと思う
楽譜だけどこれを逃すのももったいない。。」と思えたのも
不思議です。師匠にきいたら「どうしても弾きたい曲あるので
助けてくれませんか?」と最初におねがいしたらしい。
なんとかしなくちゃと思うと次の扉があくという不思議。。
(必死だったのでその時のことよくおぼえてない。。ふふ)

今は最初のオーケストラの団長さんとも記者の団長とも
枝分かれして新しいオケを創った方々ともいいお付き合いさせて
いただいています。いろいろなやり方を体験させてもらった
ことが何より今の自分を支えてもらっているなと思います。
(台本はあるけど。。役者がそろってないなら一人二役か。。
お話の内容変更したりつくってみたり。。ふふ。)
(いろいろ事情があるから一回ごとにメンバーを募集するやりかたも
ありなんだとか。。)今はね。師匠と大学生さんたちとのカルテットが最高なの。。

飛び込む前不安だったときももちゃんがコメントくださって
私の音楽に飛び込んでみたいってかいてくださったのですよね。
その前にこぐまさんが私の影響でオカリナはじめてみました
っていってくださったことなど。。この広場のみなさまのあたたかさ
のおかげです。なにかふっと。。もやもやしていたものが
このクリスマスの魔法溶けてでいいことがおとずれますように。。

今日もクリスマス会の音楽ひいちゃいますね。
ではふみこさんみなさんもいいいちにちおすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2020年12月23日 (水) 07時49分

ふみこさま

こんにちは。
はるくんがきてくれたおかげで、私の役目も増えたけれど、これもチャンスの合図だったんですね➰😄
くまこが転職してから、ほぼ毎日、はるくんが寝たあとに帰ってくるようになりました。はるくんは、寂しいと思います。
そのぶん、私がフォローしないとと思ってがんばっています。ときどき、ほんと大変だなぁ~😅って、くじけそうになるけれど、これが私の役目ですもんね‼️

今日は、午前中、広場で凧揚げとケイドロをしました😃ケイドロを本気でやったら、こけそうでした😅 足がくがく。
でも楽しかったです~😆

コロナ、大変ですけど、お体、気をつけてください😆

真砂さん

オカリナに挑戦するきっかけを与えてくださって、ありがとうございました‼️

投稿: こぐま | 2020年12月26日 (土) 12時49分

ふみこさま、皆さま

何か困ったことに遭遇したとき、どう受け取とめるか、何を選択するか?
ピンチをチャンス!と捉えて踏ん張りたいです。

私も来年50歳になるんですが、
最近、仕事の選択について
いろいろ考えているところでした。

子供の成長、両親の旅立ち、
今までのお仕事(外国からのお客様のご案内)が
できない現状、、、

特に旅立った両親からは
「せっかくだから命いっぱい生きてね」と
エールをもらっている気がして。。。

そんなわけで先週のもも(^_^)さんへのお便り、
キャリアについてのふみこさんのお言葉がとても心に響きました。

『社会のなかで積んできたキャリアを
どうでもいいとは思いませんが、
いちばん頼りになるのは、
ひととして、人生のなかで積んだキャリアと、
その積み方です。。。』

この広場に寄らせていただいて
楽しいお話や、困難なお話に
笑い、涙しながら
パワーをいただいているのは
皆さんのキャリアの底力だったのだと
気づきました。

ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。


投稿: 円 | 2020年12月27日 (日) 18時10分

ふみさまみなさまこんばんは~~~

素敵なお話をありがとうございました。
まさにこの年をしめくくるのにぴったりなお話だったきがします。

わたしのところにもお皿、8個も並んだらどれを選ぶかな~~
回転ずしだと、小心ものだから金のお皿はえらべなくて、いつも緑とか赤いお皿を選んじゃう~~(笑)

でも、最近になってちょっと『金のお皿を選んでゆっくり1つを、愛でて味わってみるものアリなのかなあ・・・』とそんなこと思い始めました。金のお皿が私の方に向かってきてくれているのかもしれません。チャンス!!(笑)

たくさん数をこなして、毎日こなすことだけで走りまわってゼーゼーハーハーしていた生き方でしたが、ちょっともったいなくても緑のお皿はやりすごして、回ってきた金のお皿を思い切ってとっちゃうドキドキ。そんな時間もそろそろもちなさいなと言われているような気がして・・・

ま、カウンターに座って
「おやっさんおまかせね、今日は何が旨いの?」

なんてふうにはまだまだ、ま~~~だまだですけどね。(笑)


今日も
換気扇のおそうじ、玄関のおそうじ、カーテンの洗濯、納戸の整理、冷蔵庫掃除、お世話になった方へのお手紙書き、新年の家族のお祝い箸にひとこと書き添えること、たまったアイロンがけ~~
7枚のお皿がならんでおりましたが
最後に流れてきた
今日はコタツでみかんで、1日ゆっくりうたたね~~
の黄金のお皿をおそるおそるとってしまいました。

ゆっくり休めたので、明日からまたチャンスをつかむアンテナをピピピとたてられそうです。

大正解でした。(笑)

年末最後までトンチンカンなコメントすみません。

投稿: おきょうさん | 2020年12月27日 (日) 20時10分

この間孫が遊びに来たので お天気もいいし 「ばあちゃんとお庭でお茶にしようか?」?」と誘い2人でお茶してたら 6歳の孫が急に 「ばあちゃん
これは デート ちゃう?」「デートやで!!」私も調子にのって 「そやなあデートやなあ」と言ったら 急に家の中に入り紙切れに 「ばあちゃん 大好き。」と書いてきてくれました。男女2人でお茶したらデートでデートにはラブレターを渡さねば、、、と思っているようです。      
ちょっと ほっこりしたので 書いてみました。
来年もよろしくお願いします。

投稿: ann | 2020年12月28日 (月) 10時28分

真砂 さん

お返事できずにいたら、
もう、お正月の準備になりましたね。

クリスマスの調べをお届けくださり、
どうもありがとうございます。

お正月も、よろしくお願いします。
耳をすましていますから。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月28日 (月) 13時06分

こぐま さん

ほんとうに。
がんばり時ですね、 こぐまさん。

しあわせながんばりですから。
どうか、たのしみながら、
ときどき、ふーっと力を抜いたりして、
よろしくお願いします。

ね、「ケイドロ」って云うんですね。
わたしは「ドロケイ」。

……おもしろい!

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月28日 (月) 13時08分

円 さん

命いっぱい生きようね。

約束ね。

やさしくたおやかに
キャリアを積みながら。

オンラインで海外の皆さんとつながって、
旅行気分を味わってもらうとか、
旅の勉強するとか。
……できるのでは?

わからないくせに。
云ってみてしまいました。
えへへ。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月28日 (月) 13時11分

おきょうさん さん

すばらしい選択!
めったに おきょうさん さんには
できない選びです。

えらい!

掃除や洗濯は、
少しずつ、ね。
たのしみながら。
暮れにするって、決まってるわけではないしね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月28日 (月) 13時13分

ann さん

素敵過ぎ!

デートとラブレターの
ティータイム。

ご褒美ですねえ。

ふさわしいご褒美ですねえ。

いいなあ、素敵だなあ。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月28日 (月) 13時14分

ふんちゃん

 気付いたら…、年末ですね……。
 普段とあまり変わらない時間を過ごしていて、
 もう少しでお正月って、
 無理やり思い出しているくらいです(^^;)

 今日、先ほど、今年の仕事が終わりました。
 (在宅でリモート面談という仕事をしたのです)

 ふんちゃん。
 先日から、仕事との向き合い方など、
 いろんなことばをふりかけてくださって、
 ありがとうございます。
 おかげで、なんだかとってもたのしく、
 うれしくもなってきていました。
 「家の人に見せるシーズン」なんだなぁ……。
 たしかに……です。
 
 「ひととして、人生のなかで積んだキャリア」
 わたしは、社会のなかで積んできたキャリアらしきものは、
 ほとんどない気がしますが、
 「ひととして…」は、それなりに……と思えたりしてもきました。

 実際に、仕事で、2番目ちゃんの大冒険が生かされている
 ことに加え、
 今までのわたしの経験が、背中を支えてくれてるのだなぁと
 思う瞬間も増えました。
 たのしいことも、辛いことも、
 キラキラしたことも、どよ〜んとしたことも……みんなです。

 ここのところわたしに向って飛び込んできてくれる仕事を
 ひとつひとつ大切に受け止めて、
 また進んでみたいなぁと思っています。

 ふんちゃん。
 いつも、そ〜っと背中を押してくださってありがとうございます。

 真砂さん
 わたしのことばが、真砂さんに少しでも影響を与えていたコトを知り、
 ドキドキしました……。
 今でも、真砂さんの音楽を実際に耳にしてみたい!と思っています。
 いつか…、いつか……、叶いますように!!

 おきょうさん さ〜ん
 いつも元気いっぱいのお話をありがとうございます!
 いつも、おきょうさん さんのエネルギーに圧倒されているのですが、
 ここのところ、休もう……休もう……と傾きがちなわたしに、
 エネルギーをくださいました。
 ありがとうございます!
 いつもたのしく、流れるように動いているきょうさん さんを
 思い浮かべて、わたしも流れてみようと思います!
 

投稿: もも(^_^) | 2020年12月28日 (月) 14時45分

ふみこ様 へ

クリスマスの雰囲気も好きですが
クリスマスが過ぎ
お正月までの この数日
過ぎていく年がおなごり惜しい様な
ほっとするような そういう気持ちになる
この時期も 案外いいなと思い過ごします

私も 年内の仕事が 今日で終わって
ほっとして 帰ってきました。

ふみこさんの お話
弱気になった時 読み返そうと思います

いろいろあった今年が終わっても
また新たな 何かがあるに違いない・・
そんな ことを ちらっと 考えてしまう

そういう時は 「チャンス!!」そう おまじないをかけます

みなさんとの 会話も宝物でした
ありがとうございます


投稿: えぞももんが | 2020年12月28日 (月) 16時58分

ふみこさま みなさま

「わたしをめがけてやってきてくれる」チャンスをわたしも恐れず抱きしめたいなぁと思いました。なんとなく、新しい年にはチャンスが幾度か訪れる予感がしています。

今日、無事に餅つきとお正月の野菜の準備が終わりました。疲れた足は棒のよう。なんとか、簡単な夕食を作って食べ片付けて、、、今日一日を無事に終えられそうです。

餅つきといっても杵と臼ではなく、餅つき機で一升分をごろんごろんと9回ほど。丸餅を23飾り(丸餅46個)みんなでまるめ、切り餅のために餅を麺棒でのばしました。それから、きび餅も。最後にみんなで、きなこ、あんこ、大根おろしで、できたての餅をいただきました。溢れるほどあったはずの餅があっという間にみんなのおなかに。(食い意地の張っている私は、このつきたて餅のためにすべてをがんばっています。)

もうそろそろ、餅つき仕舞いかと毎年話題になりながら、数を減らしへらしで続けてきました。両親と私たち三姉妹家族で、義親分も含めて七軒分のお餅を用意しています。今年は換気に気をつけ、マスクをつけながらの作業となり、それだけでいつもよりハードで。

明日は荷造り。夫の郷里へ送ります。この年末年始は帰省を見送り、結婚してから初めての自宅でのお正月です。寂しいけれどワクワクもします。

今年こちらの広場で、ふみこさん、みなさまのお話しを伺えて、いろんなことを分かち合っているような気持ちがしています。暖かなこの場所はわたしの心を癒やしてくれます。いつもありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

楽しい年末年始をお過ごしくださいね!

投稿: ハクセキレイ | 2020年12月28日 (月) 20時14分

もも(^_^)ちゃん

いろんなことで鍛えられ、
学んで学んで、
ことしキャリアを積んだひと。
(ももちゃんは、その代表)。

そんなひとは来年、
息継ぎを練習。
うまく息を継いで、
休んだり、遊んだり、ね。

ももちゃん、ことし、
ももちゃんからどんなに学ばせて
いただいたことか。

どうもありがとうございました。


投稿: ふみ虫。 | 2020年12月28日 (月) 22時57分

えぞももんが さん

なんにもない = 無事。
       = めでたしめでたし。

と考えたとして……それが実現したとしましょう。

その世界には動きがなく、
縛られることになるんじゃないかな。
と、わたしは考えています。

ね、えぞももんが さん。
やっぱり、風は通ったほうがいいし、
よく「動く」ことを「信じた」ほうがいいんじゃないかな。

なんてところにことし、
たどり着いたわたしです。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月28日 (月) 23時02分

ハクセキレイ さん

いいなあ、餅つき。

ことしは、ははを見送ったこともあり、
いろいろ考えて、お休みにしました。

来年から再開。

と、ハクセキレイさんの豊かなおたよりを
読ませていただき、決心しました。

ことしは近所のお米屋さんに注文したおもちを
食べます。
それも、なんだかたのしみなのです。
明日、とりに行きます。

ハクセキレイ、こちらこそありがとうございました。
また2021年、仲よくしてください。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月28日 (月) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)