« せっかくだから | トップページ | 「親切」は……。 »

2020年12月 1日 (火)

見せない

 友だちからやさしい手紙が届く。
「ふみこさん、ふみこさんは自分のことはあとまわしにしているのだろうなあ、とときどき思うのです。何か困ったときや、元気をなくしたときなど、どうか、人に頼ってくださいね。
 気の利かないわたしでも、いつでもお手伝いしますので」
 そう綴られた手紙を、ぎゅっと胸にあてて抱きしめる。

「頼りますとも」
「困ったことを打ち明けますとも」
「元気をなくしたときには、はなしを聞いてもらいますとも」

 そうつぶやきながら、「そう云われてみれば」と思うのだ。
 苦悩や悩みを、わたしはひとにはあまり告げないできた……。
 そういうのがこの国に生きるわたしたちのやり方でもあった。
 まわりの大人から、「苦しいときにはひとを頼っていい」とおしえられたこともなかったし、父や母が他人(ひと)に自分たちの内情を打ち明けたり、困ったときすがったり頼ったりするところを見たこともない。
「隠せ」と云われたわけではなかったが、「見せない」のが約束であったのではなかったか。
 友だちが「人に頼ってくださいね」と書いて送ってくれても、わたしには、どうやって頼ればいいか、ほんとうのところ、わかっていない。
 見せ方が、わからない。

「見せない」わたしは、ひとの困りごとを「見ない」わたしではないだろうか。

 8年間経験した教育委員の役割を通して、「経済的に安定しているように見える当市にも貧困はあり、食べるに困る家庭、食べていない子どもが存在する」ことを知った。
 実際に児童民生委員をしている方がたにおはなしを聞いたり、市の複数の課をまわって調べたりして「こういう事例がある」という情報は集められるが、それではどこにそんな家庭があり、お腹をすかせている子どもが誰なのかは……、結局わからなかった。
 わたしの調べが足りないのは確かだが、貧困が隠されていることをつよく感じた。

 コロナ禍の影響が、ほんとうにひとを追い詰めるのは、おそらくこれからだろうと思う。耐えに耐えた挙句、もうどうにもならない、という事態となる前に、もう少しひとが皆懐(ふところ)を開いて、「見せる」道を選ばないといけない。

ーー友だちの手紙が、おしえてくれたこと。

Photo_20201130233801
ある日、パンをトーストする
いい匂いがしてきました。
「自慢しちゃおうかな」
と云って夫が、こんなのを見せます。
学生のころもいまも大好きな、
パンの食べ方。
マヨネーズをくるくるっとやって……トースト。

〈お知らせ〉
12月6日(日)に、
雑誌「ハルメク」で文筆家・青木奈緒さんとオンラインのイベントを
します。
「書くこと」についての対談です。
ご興味のある方は、お申しこみ(会費2,000円)の上、
ぜひ、ご参加ください。

https://halmek.co.jp/corp/travel-event/330

〈公式HP〉
〈公式ブログ〉

 

 

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま


おはようございます。
今日から12月。。。クリスマスの飾りのつまった箱をあけ
いただいた方の温かい思いにわたしもつつまれていたところでした。

「見せない」ほうです~。
でも不思議と引っ越しを繰り返ししてきたバイオリンの師匠も
成り行き運営団長さんも自然にこんなことで困っているんですと
さりげなく話されるので。。最初は「ん~?」と思っていましたが
そうしてくださることで何か自分にできることはないかなと
近づけるきっかけをいろいろ作ってくださった感じがします。

だから私も困っても娘にも平気なふりをしていた頃は
うまくいかなかったけれど。。まねして「ちょっと~~
これ無理よね~も~」なんていえるようになってから
楽にいろいろチャレンジが楽しくなりました。
(たんに年とっただけかもですが。。ふふ)

さあ。。いただいたクリスマスカード眺めていたら
感謝の気持ちでいろいろな思い綴りたくなってきました~。
ではふみこさんもみなさんもいい一日お過ごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2020年12月 1日 (火) 10時49分

ふんちゃん皆様こんにちは。私ももうすぐ
コロナ禍の波に飲まれるとこでした。

私なりにこの4年むりやり前向きに捉えて
今は幸せなんだ贅沢な悩みだと思ったり。

助けてくれるのは人が多いのは幸せなこと、
と何度も自分の気持ちに嘘をつき切り替えを
試みましたがどうしてもだめ。
私は耐えきれませんでした。

でも、主人が一緒に戦い助けてくれたのです。
コロナ禍でお出かけも制限され、気分転換も出来ずストレスか溜まる毎日でした。
子供に辛くあたってしまったなー。
私がいなければ丸く収まったのにと何度も思いました。

毎週頼らせていただきありがとうございます😊
そして坊やが毎日今日はどこで寂しかった?なんて言ってくれて優しさに涙がでます

投稿: たまこ | 2020年12月 1日 (火) 15時02分

真砂 さん

ほんとうのところ、
「見せない」ひとばかりだと思うんです。
見せているように見えるひとにしても、
それが実情かと云えば……、
もっといろんなことが隠されています。

「見せない」について考える必要もあるけれど、
「受けとり方」を考えたい、です。

祈ったり、願ったり、がとてもとても大事かな。
そういう気持ちをこめて奏でたり。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 1日 (火) 22時39分

たまこ さん

うんうん、
よく耐えて、がんばってきて……。

経験を生かす機会も、めぐってくるはず。


投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 1日 (火) 22時42分

ふみこさま


「祈ったり願ったり。。」のお便りうれしいです。

この大変なコロナ禍のなかでうしなってはならないものは。。
心の余裕と思い一見不要不急のように見える音楽活動を
続けてきました。(ざっと計算してもすごい時間かけてる~~)
なんておもいながらの2020年でした。
でもマティスさんも「肘掛け椅子のような絵を描きたい」と
いっていたように観る人をほっとさせるようなそんなアートの力って
いいなあ~。なんとか大変な状況にある方々が偶然聴いた音楽
や触れた絵や自然の営みややわらかくそこにいてくれた人のあた
たかさのおかげでふっと力になれるような。。そんな場を
ずっと大切にしたいです。

ふみこさんの広場もふみこさんがおもってらっしゃることを
見せてくださるからいつもほっとさせてもらってます。
(一度だけ集会室のドア開けて練習したとき散歩中のかたがたが
足を止めて聞いてくださったときうれしかったな~)
ふみこさ~ん。いつもいつもありがとうございます。

投稿: 真砂 | 2020年12月 2日 (水) 08時22分

真砂 さん

あら。

広場の皆さんも、わたしも、
立ち止まって、聴いてるよ。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 2日 (水) 10時27分

ふみこさん
次男 大学 合格しました!昨日発表でした。
嬉しい!!です。
クラスメイトのほとんどが進学先を決める中、一年浪人する事を決め、コロナで卒業式もないまま帰ってきた…つらかったはずですが、明るくいてくれました。
報告です。嬉しい報告ができて、よかった…涙

投稿: 背の高い松の木 | 2020年12月 2日 (水) 12時26分

背の高い松の木 さん

ああ、なんてうれしい!

おめでとう、おめでとうございます。
背の高い松の木さんのところの王子さまがたは、
宇宙の王子だね。

興奮して……、からだがふるえてきました。


投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 2日 (水) 12時34分

背の高い松の木さん

おめでとうございます。
そして うれしいご報告をありがとうございますm(_ _)m

投稿: こんぺいとう | 2020年12月 2日 (水) 15時03分

ふみこさま

こんばんは。
見せないこと と 見ないこと。
ちょっと考えさせられました。
人を頼ることは、しょっちゅうしているような私ですが、人から頼られることあったっけ?って思っています。
人に頼ってもらえるような人間になりたいと思います‼️

背の高い松の木さん
ほんとうに おめでとうございます❤️

投稿: こぐま | 2020年12月 2日 (水) 19時44分

こぐま さん

頼りになる友だち、
作家、ばあちゃんだと、
いつも感心させられています。

それなのにそれなのに、
頼られることあったけ?
と云ってる、そこが、好きだー。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 2日 (水) 21時29分

背の高い松の木さん

 おめでとうございます㊗️
 本当にうれしいお知らせでした!
 ありがとうございます。

 ああ〜!
 うれしいです🌸

 

投稿: もも(^_^) | 2020年12月 3日 (木) 08時03分

背の高い松の木さんへ

合格おめでとうございます!!
息子も浪人したので見守る家族、特に母の気持ちは少し分ります。
今年は特に色々と大変だったと思います。息子さん頑張りましたね!!
春が待ち遠しいですね♪

投稿: ハチミツ | 2020年12月 3日 (木) 20時38分

背の高い松の木さん

合格、おめでとうございます!
うれしいお知らせ、ありがとうございます。
息子さんのがんばりが実を結びましたね。
楽しい楽しい大学生活になりますように!


投稿: ハクセキレイ | 2020年12月 3日 (木) 22時15分

ふみこさま、みなさま

山茶花や水仙の花が咲き始めました。
夏の日々草もまだ名残惜しそうに隣で
がんばって小さめの花を咲かせています。

父が旅立って2週間になります。

人生の大半を病と共に生きた父でしたが、
春先から誤嚥性肺炎で
入退院を繰り返し
口から栄養が十分に取れなくなり
徐々に体が衰えていきました。

きっと7月に旅立った母が
「お父ちゃん、もう十分がんばったから
こっちにおいで」
と父を呼んだのでしょう。

晩年までは自分の苦労を
人に「見せない」父でした。
ただ1人、母には父なりに
「見せて」いました。

不器用にしか見せられないとしても
ふみこさんのおっしゃるように
強く願い、深く祈りつつ受け止められたら・・・
きっと救われる人がいると思います。

冬になると
縁側にシクラメンを
置いて楽しんでいた父にと、
お別れの祭壇にもシクラメンを4鉢
飾りました。

笑顔の父を思い出せるように
今年は我が家にも1鉢求めようと
思っています。

追伸)背の高い松の木さん

ご次男さんの合格おめでとうございます。
明るい気持ちにしていただいて
ありがとうございました。

投稿: 円 | 2020年12月 3日 (木) 23時09分

背の高い松の木さん

朝いちばんで ふみこさんの広場に来たら
こんなうれしい報告が
おめでとう おめでとう
いつもと違う状況で
不安も 多かったですね
よかった よかった

追伸・・・ふみこさん、うちの主人の
大好きなパンの食べ方と いっしょ(笑)
プッと 笑いました。
 

投稿: えぞももんが | 2020年12月 4日 (金) 04時50分

ふんちゃん

 今ね…、
 この「見せない」に置いたつもりなのに、
 「せっかくだから…」のところに
 メッセージが置かれてしまいました。
 「見せない」ことに「せっかくだから」ということばも
 一緒に思いつき、書いたから、
 自分で混乱してしまったようです…。
 
 なんだか、あちこちに…
 書いちゃいました…。
 ごめんなさい。

投稿: もも(^_^) | 2020年12月 5日 (土) 15時03分

円 さん

シクラメンの鉢を、
ことしはわたしも、求めようと
思います。

白い花の……。
かすかに紅を引くような。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 5日 (土) 21時55分

えぞももんが さん

パンの食べ方。
えー、うれしい。
なんだか、こういうパンの世界に、
遠く、はるかなものを感じてしまいます。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 5日 (土) 21時57分

ふんちゃん

 改めて…。
 今日は、小学校の和太鼓発表会でした。
 コロナ禍…、どうなるのかなぁと思っていましたが、
 小規模校ということもあって、対策をしながら、
 規模を縮小しての開催となりました。
 毎年、とてもとても感動する時間です。
 和太鼓の大きな響きに、自然と涙が流れる…という感じです。
 すごいなぁ…。
 なんだか、とてもきもちよく涙を流せました。

 「見せない」
 私が、子どもの頃は…、見せないというよりは、
 見せ方が分からなかった…という方がしっくりくるかもしれません。
 家庭の小さな大変が、私を覆い、子どもながらにうつ的になっていました。
 けれども、それを誰かに見せる、共感してもらう 
 ということは全く浮かんでこず、ひとり鬱々としていたなぁと思い出していました。
 だからなのでしょうけれど…、
 今、仕事では、「見せてね」、「頼ってね」などと伝えてばかりです(^^)。
 「グチは言えないものだから」とか、「弱音は吐けないから…」という学生さんがなんと多いことか!と、本当に驚きました。
 「え?しちゃだめなの?」とわたしが聞くと、
 「そんなことをしていいのですか?」と返ってきたりして……。
 なので、「せっかく出会ったのだから…、ここではしようよ〜!」
 と、やっています。
 だれかれにでも言って、見せ歩くのではないのだから、
 こっそり…共感して、お互い支え合おうよ…と思うのです。
 子どもの頃のわたしにも伝えてあげたかった!(^^)
 不安や、困りごと、受け止めきれなかった経験など…、
 誰かと共有することで、ちょっと一緒にもってもらえたら…、
 それだけでも違うものだよなぁと思っているのです。
 慣れない人は、なかなかできません。
 が、それを崩してやってみよう!というのが、
 今のわたしの仕事でもあります。(と思っています(^^))
 せっかくだから…(^^)。

 そして…、前回、ビジネスライクに…というお話も、
 ありがとうございました!
 ふんちゃんちを見習って、そうしたいなぁと思い始めていたので、
 それぞれの子どもの部屋の掃除や寝具の取り替えなどは、
 ご自分で…。 
 出された洗濯はいたします。
 と、ふんちゃんが以前教えてくれた“寮母”みたいな感覚で、
 付き合ってみることにしました。
 子どもたちも大きくなっってきたので、少しずつ、
 そうやって手渡していきたいと思っています。
 ふんちゃん。いつもありがとうございます。
 
 しごとと仕事。
 どちらもやりたくて、そうすると時間が足りない!と
 感じたりして…。
 贅沢な悩みだなぁと、時々、にやっとしながら、
 うたた寝をして、あ〜、今日も休んじゃった〜 
 と、やっています(^^;)
 こちらは、寒くなってきました…。
 冬眠したいけれど、やらなくては…と時々、自分を励まし励まし…、
 けれど、うとうとしながら…、過ごそうと思います(^^)

投稿: もも(^_^) | 2020年12月 5日 (土) 14時47分

投稿: ももちゃんのおたより(ひっこし)/ふみ虫。 | 2020年12月 5日 (土) 21時58分

もも(^_^)ちゃん

そうなのですよ。
見せ方がわからなくて、
突如として爆発的に「見せる」結果となったりね。
こもり過ぎる感じになったりね。

……むずかしい。

どちらにしても、
ほどほどに見せないと。
ほどほどに隠さないと。

と、思うんです。

自分とのつきあい方ですかね。

おたより、ありがとうございました。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 5日 (土) 22時02分

ふみこさま みなさま
改めまして おはようございますm(_ _)m

見せないね といわれたこともあるし
見せすぎた と悔やんだこともあります。

相手がどう思うか 受けとるのか
結局のところは こちらの努力の及ばない領域なのですね。

このところ ないアタマで考えることがあってオットと一緒に四苦八苦しています。

それでも必要なことはしなくてはならない
と やっています。

どんなに夜が長くてもつらくても夜明けがくる
昼は夜のなかま

きょうは日曜だけど出かけてみようか
もちろんマスクを忘れずに


投稿: こんぺいとう | 2020年12月 6日 (日) 09時30分

ふみこさま みなさま こんばんは

ふみこさんからのラブレターに
こころがきゅんとなって
泣いちゃいそうになりました。
ありがとうございました。

以前、
「援助を求めるスキルは究極のソーシャルスキル」
という言葉に出会いました。
学校だけでなく社会に出ても大切だと。

「困っていたら、ひとりで抱え込まないで
困ってる、と声に出すことが大事。
誰かがサポートしてくれる」
とも教えてもらいました。

たくさん助けてもらっています。  でも、
ほんとうの芯のところ、深いところのことって
なかなか見せられません。
見せすぎてもいけないし。
でも、いざとなったら自分を守るために
助けを求めることができるのも
大切なのかも、と思いました。

背の高い松の木 さん
おめでとうございます‼
がんばった日々がみごと実りましたね。

投稿: さのまる | 2020年12月 6日 (日) 20時22分

ふみさまみなさまこんばんは~~~

師が走っちゃう初回の日曜日でございます。
あと3回日曜日がくると
ぽ~~んとやってくる令和3年!
ああ、本当に信じられない早さの令和2年だったな~~
(あ、振り返るのはまだ早い!とにかくあと3週ちょっと明るく楽しく走りましょう)


おきょうさんの中学時代のこと。親友のKちゃんが何の話をしていたかは全く覚えていないのだけど、Kちゃんの話を聞いて、自分なりのそつない、優等生的な答えを返していたんだと思います。いつもあたりさわりのない答えや、自分の悩みもたいして話さないわりと寡黙な(今ではうそでしょ?と誰も信じてくれない(笑)タイプのおきょうさんでした。)
その時いきなりKちゃんは下校途中の自転車をとめて

「あのさあ、おきょうはさあ、自分の悩みや、思いを、全然話してくれないよね。何でも言い合えるのが親友なんじゃない?おきょうの考えていることが全然わからないよ。いい子ぶらないでもっと本音を話してよ。私がききたいのはそんないい子ぶった答えじゃないんだよ」


と泣きながら訴えてきてくれたことがありまして、
それ以来かなあ・・・
わりかし何でもオープンに、隠さず、一人悩まずカミングアウト出来るようになったのは。

それから本当に高校、短大、社会人になっても、まずは自分をドバ~~~とさらけだしてしまうことが多くなりました。そうしたらすごく素敵な出会いを引き寄せられるようになってきた気がします。

寡黙に悩みや、不安や、愚痴などはぐっとこらえて飄々とカッコよく生きてはみたいのだけど、私はちょと無理かなあ・・

吐き出して聞いてもらうだけでかなり楽に生きられるんだなあということをKちゃんから教えてもらった気がします。(今ももちろん大親友です。)楽になると、その分他の人の重い荷物もひょひょいと持ってあげられるような気がます。

けっこう自分の人生、波乱万丈のような気がするのですが、でもきっと私の重い荷物も、知らぬ間にひょひょいと持ってもらえているので、面白楽しくスキップできてるのだと思います。もちろんこちらのみなさまにもです。いっしょにスキップしましょ。❤

背の高い松の木さま~~

パンパカパ~~~ン♪♪♪

おめでとう、おめでとうございます。

いろいろあった令和2年だけど、
こんな素敵な結果をだせた令和2年でもあったのだと
思える年となりましたね。

背の高い松の木さまが、また一段と背が高く伸びそうで楽しみで~~す!

投稿: おきょうさん | 2020年12月 6日 (日) 22時34分

こんぺいとう さん

お大変ななか、おたよりを
どうもありがとうございます。

しかし……、
夫ちゃまと、四苦八苦できる幸いも、
伝わってきます。

きっと、「解決」とは別の
賜物も受けとられますよ
(断言)。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 6日 (日) 23時09分

さのまる さん

わたしね、
楽天が過ぎるかもしれないけれど、
「世のなかは、けっこう案ずるより産むがやすしで
できている」
と考えています。

だからこそ、
助けを求めることも大事だと。

助けたり助けられたりで、
「産むがやすし」
が成り立つんですよね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 6日 (日) 23時12分

おきょうさん さん

Kちゃんは、
互いのキャッチボールの感覚を
おしえてくれたんだなあ、と
思いました。

一方通行じゃなしに。

このことって、
口で云うほど簡単じゃなく、
まず扉をあけないと、
はじまらないんだなあ。

学ばせていただきました。
(いつものことだけど)。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 6日 (日) 23時16分

ふみこさま。みなさま。
新しい朝が来ました。
マヨネーズがくるくる巻きのパンの姿にドキリと新しい発見でした
この食べ方が好きで孫からも
マヨネーズパン
マヨネーズパンとリクエストをもらってといました。
パンにバターをぬるようにマヨネーズをのばして。いつものパターン。
このくるくるを見て、あー、
くるくるぬりだってあったんだぁ
と、何故、くるくるにしなかったんだろう?
くるくるのほうがおもしろい。
ものごとの考え方、受け止め方はいくとおりもあり
1つではない。できれば楽しく軽くなる方がそんな受け止め方をしたい!と思います。
この発想はどうも幼少期に作られているのかも知れない。
体があまり丈夫でなかったので
いつも弱い子。弱い子と言われて来ました。
弱いと言われたくなくて、強い子
強い子になりたくて
泣くことも我慢して大人になって
も強く生きなければと抱えて
泣くことを忘れていたというか
泣けなくなっていた自分がいました。
この前、台所でドラえもんの映画の主題歌のフレーズが聞こえて来て、泣いていいんだょーって
そうか、泣いていいんだ
もー、私充分、頑張ってきた
泣いていいんだょと思ったら
ポロリと。
今日はトーストにマヨネーズくるくるに変えてみょう。

ひろばのみなさんには会ったことはないけれど
読ませてもらうと、あっこの方かな?
あたり!文章でお人柄が伝わってきます。書くことってすごいです
みなさんからいろんな思いをもらい心のつながりを感じます。

背の高い松の木さん
おめでとうございます。
嬉しいね!
心のそこからあふれてくる
喜びを私も感じました。

投稿: ユリの木の花子 | 2020年12月 7日 (月) 06時18分

ふみこさん、みなさん、こんにちは。

確かに、なかなか「見せる」ことができないですね。
見せない分、他者の弱さや困りごとを見ないできたかもしれない・・。
考えさせられました。

先日、『こんな夜更けにバナナかよ』を観ました。
以前にも観たのですが、先日テレビで久しぶりに観て、また違う感情が沸いてきました。でも、変わらず好きな映画でした。

この映画を通して、「人に頼ること、迷惑をかけることは勇気がいるけれど、もっと人に頼っていいんだよと教えてもらえた。その分、自分が頼りにされたときは、小さなことでも力になりたいと思った」と、出演されていた方が仰っていて、
本当にその通りだなと思いました。

特に2020年は、人に頼ること、弱音を吐くことの大切さが身に沁みた1年でした。私も誰かに頼りにされた時は寄り添える人でありたいです。

* * * *

背の高い松の木 さん

次男さん合格おめでとうございます!
嬉しいお知らせに、こちらまで温かい気持ちになりました!
心から拍手を送ります!本当におめでとうございます!

投稿: さゆ | 2020年12月 7日 (月) 13時36分

大学合格おめでとうございます!!息子が3人とも大学生の時 恥ずかしながら 私はお金のことばかり考えていました。スムーズにいった子や浪人した子や落第した子もいます。今思えば懐かしいです。
 先週は孫の事で マゴマゴしていました(??)大したことでもないのに若い人たちは すぐ助けを求めてきます。そして私達夫婦はホイホイと出かけていきます。甘やかしてるのかもしれないけれど 頼ってきた時にはできるだけの事をしてあげようと思っています。経済的には何もしてあげれないけど 体力的にはまだ大丈夫かな?と思います、、、
 そして 地域のどこかにじいちゃん ばあちゃんの助けを必要とされてる方がおられたら 何か出来たら、、、いいのに、、と本当に思います。

投稿: ann | 2020年12月 7日 (月) 16時06分

ふみこさん ありがとうございます!
昨年 池袋でお会いした時 「きっと大丈夫。絶対に大丈夫」と言ってくださった…本当に 大丈夫でした!!

場所をお借りします

みなさん 温かいお言葉をありがとうございます。本当にありがとうございます!嬉しくて、主人にもこの広場のみなさんのコメントを見てもらいました。
ふみこさんにお名前もらって、こちらでお話してきてよかった。報告できて おめでとうと言ってもらって…私の、生きる力になっています。これからもよろしくお願いします。

投稿: 背の高い松の木 | 2020年12月 7日 (月) 22時37分

ユリの木の花子 さん

くるくるは、機嫌がいい感じ。
ほおおっと、わたしも感心しました。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 8日 (火) 11時15分

さゆ さん

弱音を吐こう。

と、自分に声をかけると、
自分もわかってくれるかもしれない。
と、きょう、まさに思ったところです。

弱音を吐こう……。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 8日 (火) 11時16分

ann さん

誰にも彼にも頼れるわけではないですから。

頼り甲斐のある annさんです。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 8日 (火) 11時18分

背の高い松の木 さん

「おめでとう」の嵐でしたね。
しあわせーだね。

王子さまにもお伝え願います。

しあわせーだね。

投稿: ふみ虫。 | 2020年12月 8日 (火) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)