« クモタ氏、あやまる | トップページ | 鳩と目が合う »

2021年3月23日 (火)

「ホーム」とは何だろうか

「これ、どうぞ着て」
 あたりまえのように云って、先輩は持っていた紫色のカーディガンをわたしの腕にかけてくれた。
「でも、あの」
 とためらって見せてはいるけれども、これまでに何度も先輩が着ていたカーディガンを褒め、讃え、挙句欲しいなあ……というまなざしを向けつづけてきた。
 紫に、少し赤みを加えたラズベリーの色と呼んだらよいだろうか、それはうつくしい毛糸のカーディガンだった。丈は短め、ゆとりはなく、全体に締まったフォルム。それを着た先輩は、ほんとうに素敵だった。
 おそらく、このひとこそ、わたしがこの世で最初に認めた「おしゃれなひと」である。

 高校3年の冬、学校で当番制の委員になり、寄宿舎に50日間暮らすこととなった。このとき同室だったのが1年先輩(短大1年)のナオコサンだった。文机もとなり同士、布団もとなり同士。
 背が高く、手足が長い。色白の美人。
 持ちものは、何もかも少し風変わりで、うつくしい。
 おしゃれにもうつくしいものにも興味はあったけれど、ナオコサンを眺めるうち、このひとのセンスがとびきりのものだということはわかるが、自分にその才はないのだ、ということを自覚するに至った。
 だけど、いいのだ。
 おしゃれなひとを見抜き、そのひとの着るものを認めることはできるのだから。……そう思った。
 ナオコサンがわたしに譲ってくれた(奪いとったようでもある)ラズベリー色のカーディガンは、長く長くわたしの宝物であった。持っているもののなかでいちばんうつくしいウエアであった。

 学校を卒業した後、ナオコサンはインナーウエア(下着)業界専門誌の記者となる。1年おくれてわたしは出版の道を歩みはじめたわけだが、残念ながら、道が重なる場面はなかった。
 記者となったナオコさんは1988年独立して、現在に至るまで国内外の衣服(ファッション・ライフスタイル)に関する……研究家、ジャーナリストとして活躍している。

 先週のことだ。
 みすず書房から厚みのある封筒が届き、なかに『もう一つの衣服、ホームウエア——家で着るアパレル史』があった。
 ナオコサンの著書だ。
 読みはじめたら、たちまち時を忘れ、気がつくと読みきっていた。
 右目から涙がぽろんぽろんとこぼれた。左目は、おそらく、急いで読まなければいけない本3冊と、ゲラに遠慮したものと思われる。
 これまでのナオコサンの本は、主として専門的に綴らており、自身の思いや有りようはあまり語られなかった。この本には、ナオコサンがくっきりと立っている。静かに語る低い声に向かって、わたしは幾度となく「わたしもわたしも!」と、「わたしはね……、こうしてるんだ」と、応えながらページを繰るのだった。
 そのうちに懐かしさとともに、あたらしい何かが押し寄せて胸がいっぱいになり、右目からぽろん、となったのだと思われる。
 ホームウエアをどうとらえるかは、自らが知らず知らず確立しているはずの「軸」を考えることにつながる。
 現に『もう一つの衣服、ホームウエア』を読みながら、わたし自身の「オンタイム(活動時間)」と「オフタイム(休暇時間)」の分け方を認識した。それはわたしにとっての「ホーム」とは何かを、思わせるのだ。

 私自身、寝るときにはどんな素材が好きかというと、究極はシルクニットだろうか。シルクでも洗濯やアイロンが一苦労なシルクサテンなどのすましたものではなく、イージーケアで肌にしっとりなじむニットがいい。(本文より)

 ここに至って、わたしは唸る。
 ……シルクニット。
 わたしにだって寝るときのウエア=ナイトウエアは、ある。
 ナイトウエアへは夜の入浴後に着替える。
 白状するとわたしのナイトウエアは、ちょっとした活動服だ。入浴後にもうひと仕事するし、朝起きて、ナイトウエアのまま、ごそごそゴミ出しをしたり、届け物を受けとることも少なくない。そんなわけで、ひとから見て、ナイトウエアのようではないナイトウエアを、ずっと着つづけてきた。
 少なくとも朝とっとと着替えることにしたなら、わたしにもシルクニットの、すとんと頭からかぶって着るシンプルなワンピースが実現するかもしれないな。

Photo_20210323060201
ほんとうにおもしろい本でした。
右目から涙、と書きましたが、
両目からウロコのようなものも
落ちました。
先輩のナオコサンと、
この本をめぐって、
「ホーム」をめぐって、
できることがあるのではないかと
いう気がしています。

『もう一つの衣服、ホームウエア
(家で着るアパレル史)』
(武田尚子/みすず書房)
定価2970円(本体2700円+税)
http://www.msz.co.jp

〈公式HP〉
〈公式ブログ〉

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

ホームを考える。なるほど、ともすれば単調になりがちな毎日に煌めきを加えることにを考えるになりそうです。


私は11月か3月。冬から春を乗り越えるために、毎月クラムチャウダを作るご褒美を制定しました。
外にも出れず小姑と義母と籠る日々毎月20日をご褒美の日にしました。

一ヶ月は頑張れないかもしれないせど
20日なら頑張れる。あと10日もすれは一ヶ月終わる、というふうにね。
なかなか名案だと思いました笑

そして残すところ引っ越しまであと一ヶ月。
心身共に元気でいれた私花丸です!

投稿: たまこ | 2021年3月23日 (火) 11時12分

たまこ さん

クラムチャウダーがお好きなんですね。
なんだか、いいね。

みんなが「ハナマル」に
なれますように。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月23日 (火) 11時41分

ふみこさま


おはようございます。
お気に入りのホームウェアに包まれてほっとできる瞬間いいですね。
ふみこさんのおきにいりのカーディガンもどんな色なんでしょう。。ふふ。

心配や不安があるときこそそういう自分をやさしくうけとめてくれる
サポーター(ものであれ人であれ自然であれ。。)の力をかりて
すごすことも多いです。
昨日もボートこぎ大好き主人と千鳥ヶ淵のさくらさんに咲いてくれてありがとう
と感謝の言葉つたえてきました~。
「あたたかいピンクのふんわりした衣をありがとう~」
(朝9時からやっているので並ばずにのれました。)

「ホーム」わたしにとっては本来の自分に戻れる幸せもあるようです。
(余計な心配やとらわれや緊張をてばなすってけっこう大変だから。。)

「ホーム」をめぐってできること続きもふみこさんおはなし
楽しみにしてますね。ではいい一日お過ごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2021年3月24日 (水) 07時35分

真砂 さん

こんなかたちで「ホーム」を考える、
「ホーム」を見直す、
「ホーム」にときめくとは……思いませんでした。
うれしいこと。

ね、わたしもボート漕ぎ大好き
(だんな様はきっと、お上手なんですね。
学生時代の選手とか? わたしは大好きなだけ)。
姫路城のお堀で、小学校時代父から
特訓されたのです。

桜がやってきてくれて、
そうですね、
ほんとうにありがとう、ですね。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月24日 (水) 12時17分

ふみこさま

おはようございます。

ボートこぎのお話。ふふ。
主人もただ好きなだけです~。典型的なB型のみんなと一緒は
無理なタイプなので。。
ふみこさんのほうがなおじょうずなのでは。。
でもねこのとき朝早くだったのに。。女性一人でボートこいでいる
方何人もいましたよ。上手なかたも。。ちょっと悪戦苦闘しているかたも
それぞれの思いを抱えて。。何かを共有している30分。。
こういう時間ってなんだか日常からちょっとワープしてるみたいですきです。

それから。。近くの近代美術館で美術館の春まつりをのぞいてみました。
ちょうどその日から。。あら~だれからのプレゼント?
「絵筆の先からしっとりと散らない花がひらきます。こころの
つぼみもほころんで、あなたの今日がさきますように。」
ふみこさんもよかったらかっこよくボートこいでみてくださいね。
朝から楽しい気分をありがとうございました~。いい一日お過ごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2021年3月25日 (木) 07時35分

真砂 さん

思えば、日常的に
オールを握り、「漕いでいる」感覚があります。
大波小波。

ざぶんざぶんと。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月25日 (木) 22時47分

桜の時季を迎えましたね。春は別れと出逢いの季節です。

人生の師に出逢い、生涯の友に出逢った学生時代の思い出を
こうして、お分かちくださりありがとうございました。

山本さんのその頃を自分なりに想像しながら、繰り返し読ませて
頂きました。

そして、今も日常的にオールを握り、『漕いでいる』感覚をお持ちで、
大波小波をざぶんざぶんと…。
日常を丁寧に、そこから生ずる日々の暮らしを愉しむことを
改めてお教え頂きました。

私事になりますが17日夜、次兄を天へと送りました。
とても優しい兄で穏やかな笑顔が次々に浮かんで参ります。
家族にも友人にも恵まれた豊かな人生を送ったと思っております。
いつも、人生を愉しむことの大切さ、喜びを体現していたように
感じており、山本さんと重なる一面がございます。


投稿: Dimbula | 2021年3月26日 (金) 09時50分

Dimbula さん

お兄さまを見送られたこと、
お知らせいただき、ありがとうございます。
優しく、おだやかな笑顔のおはなしを
綴ってくださったおかげで、
今朝は、浄らな気持ちです。

ここへも覗きにいらしてくださっているよう
でもあります。

Dimbulaさん、
これからは、いつでも兄さまと
語り合えるのではないでしょうか。
よろしく申し上げていただきたいと
思います。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月26日 (金) 11時06分

温かなお言葉を頂きまして、感謝致します。
ありがとうございました。

あってはならないことですが、医療ミスが原因で突然母を亡くして以来、母を近くに感じて語り合うようになりました。

ことに子供達の節目節目に、ここに母がいてくれたならどんな言葉を
かけてくれたかな…。と思いながら 30年が過ぎようとしております。

投稿: Dimbula | 2021年3月26日 (金) 11時16分

ふみこさん、みなさま、こんにちは。
山の桜が咲き始めました。
息子も無事、卒業式を終え、春休みになりました。父も退職…といろいろなことが変わり、新たな生活にドタバタしている私です…。
ひとり時間がなくなって、ちょっと騒がしい我が家です。
ふみこさんに、そおっと言っちゃいますね。
私はちいさいころから、
くたくたっとしたガーゼが大好きで、
寝るときは、枕カバーから、布団カバーから、全てガーゼです(笑)
一番落ち着く私のアイテムです(笑)
ふみこさんのナイトウェア…きっとこんな感じかなあと思いながら読ませていただきました。
ふみこさんの大切な方、ナオコサンの本、すごく興味深く…いつか手に取り読ませていただこうと思います。
ナオコサンのような方がいらっしゃるって、素敵なことですね…大切な大切な…。

投稿: みゅー | 2021年3月26日 (金) 16時37分

ふみこさま

ホーム。
小さい頃は、よそいき と ふだん着 があって、デパートに行くときは、よそいきのワンピースを着ていたのを思い出しました。主婦になって、ふだん着とよそいきの区別があまりなくなっていました。
ちょっと、よそいきの服を買いたくなりました😃

はるくん、今日終了式でした😃
昨日から風邪をひいて、今朝も休みたいって言っていたので、学校に電話したら成績表を渡したいので来てほしいって言われ、結局支援の先生に来てもらって行けました‼️ 最後、学校に行けてよかったです❤️
学童にも行きたいって言って、夕方まで過ごして帰りました。
成長したなぁ~って思います。
春休みも、ゆったり過ごせたらいいなと思います。

投稿: こぐま | 2021年3月26日 (金) 18時24分

ふみこさま みなさま
こんばんは

オットと夜の散歩に行ってきました。風もなく 寒がりのわたしにもやさしい時間 まもなく満月のお月さまに照らされて 明るい散歩道でした。

最近 少しずつ仕事が忙しくなってきて 良いことなのだろうけど 1年前緊急事態のお休みとなってから少し前まで あまり仕事がない状態だったので
身体と気持ちがなまってしまって 職場の仲間もみんなたいへんです。
わたし自身はというと
夏から体調をくずして何ヶ月も
自分が自分でないようなふうだったので 疲れることもあるけれど なんだかリハビリな日々です(職場にはナイショですが笑)
「生きるのは苦しいものだな」
とは わたしの母方の祖父のことばですが いつも柔和な祖父の姿を思うと なんともいえない気持ちになります。

我が子は 土にまみれて働くようになりました。
直前までは どうなるのか
オットもわたしも悩みました。
うまくいえないけれど
体の中に大きな嵐を抱えて
でもなにごともないかのように日々を過ごす そんなふうでした。たぶんこれからも。

先日のセラピーでは 病院をやめていかれる先生に 息子が「お勤めご苦労さまでした。」と伝えたと  あとで先生から聞かされました。

ホー厶について
考えてみましたが うまくまとまらないので あれやこれやを綴ってしまいました。

もうツバメが勢いよく飛んでいます。ウグイスの拙いさえずりも聞こえてきました。
ときはめぐりゆきますね。

投稿: こんぺいとう | 2021年3月26日 (金) 22時22分

Dimbula さん

お母さまは、
身軽に、いつでもそこに。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月27日 (土) 11時29分

みゅー さん

ガーゼ。
わたしも大好きです。
こちらもこっそり申しますが、
くたくたのタオルをなしには
眠れなかった……な、わたしも。
なくても平気になったのは、
いつからだろう。

そしてナイトウエア。
ナイトウエアとはとても云えない
わたしのナイトウエアはですね、
そのままスーパーマーケットに行っても
誰も何とも思わないような。

ああ、打ち明けるだけではずかしい。

でもいつ何時、何があってもそのままで
ゆける!というのが、
わたし的といいうか。

変わり目の大事な春。
佳い日日を。
おめでとう。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月27日 (土) 11時34分

ふんちゃん、みなさま

 ようやく、ここへたどり着けました。
 わたしは、ワープしてきたのか?
 と思うほど、何をしていてここへこれなかったのか
 思い浮かばないほど、あっという間に、過ぎていっていました。

 2番目ちゃんへの、たくさんのお祝いのことばを
 ありがとうございます。
 本当に、本当に……、ありがとうございます。
 ふんちゃん、みなさまからのコメントは、
 板きれから読ませていただいていて、
 いちいち、うるっと、きていました(^^;)
 涙腺のゆる〜い春です🌸

 1番目ちゃんの予備校も無事決まり、
 もしかすると、2番目ちゃんの登校時間に合わせて、
 1番目ちゃんが出かけてくれるかもしれないので、
 登校がとても不安な2番目ちゃんにとっては、 
 うれしい兄の不合格なのでした(これもまたよし!です)。

 ナイトウエア。
 わたしも、いわゆるパジャマではなく、
 ちょっとそこへも出かけていけるような服にしています。
 今は、コロナさんがお元気なので、なかなか来れませんが、
 月に1度、親戚のおじさんおばさんが泊まりにきていたので、
 お風呂の後も、そのまま寝ても大丈夫な服を着ていたのです。
 オン・オフの切り替え……、
 そうか〜と思い直していました。
 わたしは、いつでも自分が好き!なものを着ていたいと思っていて、
 どこにもでかけない日こそ、
 お気に入りの服を着たりしています。
 (家族には、今日どっかに行くの?と聞かれたりもして…)
 もう少し…、オン・オフということを意識して
 服を選んでみたら、夜にもう少しゆるむことができたりして〜
 と、ちょっとたのしくなってきました。

 そしてね…、
 本当は前回、書きたかったこと。
 オトナが子どもに失敗を見せるということ。
 本当に、大事にしたいなぁと思っています。
 失敗をがっかりして終わる、反省して終わる、だけではなくって、
 いい経験したなぁ〜、学べたなぁ〜、って姿を見せたいなぁと
 思っているのです。
 ウチにいる子どもたち……、どうやら、
 「怒られたくない」、「失敗したくない」きもちが大きいようなのです。
 なんてキュウクツなんでしょう!
 もっとさ、のびのびやって、怒られたら…、
 「ごめんなさ〜い!気をつけま〜す」でいいのに……と思ったのです。
 仕事で出会う大学のお姉さんたちも同じ。
 いつの間にか、怒られないように……文化が広がっているのだなぁと感じていました。
 率先して、失敗しよう!
 そう思ったら、わたしも、なんだかスカッとしました。
 どこかわたしも、キュウクツになっていたのかもしれません。

 そんなことを考えながら過ごしていた、
 涙腺のゆる〜い春です。

 ふんちゃん、みなさま、
 本当に、いつもありがとうございます。
 時々、この温かいみなさんの場所におじゃまして、
 新しい季節を迎えようと思います!
 札幌も、あったかくなってきました。
 今日は、ふきのとう味噌を作りました!

投稿: もも(^_^) | 2021年3月27日 (土) 15時30分

こぐま さん

そうでした。
デパートに行くときは、
よそゆきの服を着て、
レースのついた靴下にエナメルの靴。
……みたいな感じでしたね。
フェルトのハンドバッグなんか
持っちゃって。

はるくん、ご苦労さん。
えらかったね。
気楽にね……、お願いします。


(でも、めちゃくちゃお転婆だったので、
その足でドブに落ちたりしてた……な)。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月28日 (日) 23時58分

こんぺいとう さん

こんぺいとうさんにも、
王子さまのようにお伝えします。

「お勤めごくろうさま、です」

無理なく、
やさしい気持ちで生きようね。
と、思っています。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月29日 (月) 00時11分

もも(^_^)ちゃん

そうだ、それだ!
キュウクツ。

いつからこの世は、
こんなにキュウクツになってしまったのか。
ちょっと失敗すると、なんだかすぐ叩かれる……。

うまくなったのは、
自分のことを棚に上げること。
それも素早く、堂堂と。

ほんとうに大人がもう少し、
やわらかく、「許し」について
学び直す気持ちで生きてゆかないと、
子どもたち、後輩たちは
たまったものじゃない!
と思います。

「心配いらないよ」
と伝えつつ、ちょっとのんきに
やってゆきましょうよ、ね、ももちゃん!

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月29日 (月) 00時16分

ふみこさま

今朝のさんぽで。。

さくらさんたち。。花びらがふっかふっかの苔のふとんのうえで
その色あいがやわからで美しく「ここもいいね~」なんて
いってるみたいでした~。

みあげるととなりのいちょうさんの木
先端。。赤ちゃん葉っぱめぶいてました~。うれし。

それからそれから。。ふみこさ~ん。
ボートこぎって。。後ろ向きに進むから
手探りで進む感じもなんだかすきです~。
自由に進みながらも。。お互いのことを配慮したり
動けなくなっているボートをちょっと手助けしてみたり。。
そうそう。。自分のオールからでた波紋がひろがって
ほかの方の波紋と重なりそうになるときも好きです。ふふ。

朝からあんまり緑の芽吹きがうつくしかったもので。。
ふみこさんもみなさんもいい一日おすごしくださいね。
(あささんぽも私にとって「ホーム」かも。。ふふ。)

投稿: 真砂 | 2021年3月29日 (月) 07時41分

真砂 さん

あささんぽ!

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月29日 (月) 10時56分

ふみこ様 こんにちは

ナオコサンのお話を聞きながら
昔の 後輩のことを 懐かしく思い出しました

おしゃれは こういう風にするんだな・・・と
いつも ほれぼれ眺めていました
「えぞももんがさんは いっつも同じような服を着ている」
と 叱られ 
きなり色の使いかたも伝授してもらいました

照明デザイナーになった後輩の活躍を
わたしも やっぱり ホロリとしながら
遠くから 応援しています

ふみこさん 今日は札幌も最高気温17度
昨日 今年初めての 福寿草を見ました

うれしくて 歳を忘れて スキップです

投稿: えぞももんが | 2021年3月29日 (月) 16時46分

ふみさまみなさまこんばんは~~~

あっという間に月曜日でございます。
でも『あっという間』と感じられるということは、

なんだか今月は長いなあ・・・・(´Д⊂ヽ

と感じてしまうよりはいいのかなあ・・・と思います。

そして桜は満開になり、そろそろ花びらを降らせにかかっている感じですね。見事としかいいようのない毎年の咲きっぷり、散りっぷりです。ぜひ見習いたい・・・。先週は道を歩きながら上を見上げてばかりおりました。

ホームウエア。

すごく素敵な響き。
ホームのためのウエア。いうなれば『自分のためのウエア』なんでしょうかね。

寛ぎ、眠り、に対しても敬意をはらうというか。

ここのところ、毎週のふみさまの言葉を追うと、すご~~~くおこがましいのですが、かなりの重なりをこのごろ本当に感じてしまって、

あたし、なんかみえない力宿ってきてる???引き寄せパワー出してる???
??!!!

とびっくりすることが多いです。

嬉しすぎ。

私もね、ナイトウエアは、ちょっとした活動着だったんです。

いつなんどき、災害がくるかもわからないし・・・

なんていうのはいいわけで、(;^_^A

ふみさまと同じように、朝がさごそゴミ出しにダッシュでいっちゃうときとか、家族の朝ごはん、送り出し、下手すりゃその日の仕事までその格好でいられるように・・・

着替えてないの?

っていうのがバレないような・・・(笑)


それが、昨年、ほぼ家にいることが本当に多くなってからは、私は自宅で仕事の職種なので、なんだか自分にけじめがほしくて、
ナイトウエアとホームウエアと仕事のウエアと、ちゃんと着替えてみるようにしてみていました。

そこで、ナイトウエア。私は無〇良品の『クルタ』というガーゼでできたインドの生活着を参考に作られたというものをナイトウエアに求めてみましたが、これがなんとも心地よくて・・・。

丈が長いからお腹も出ないし。(笑)

そして毎日ジャブジャブ洗ってもすぐにしっかり乾いてくれて、とても
快適に暮らしがまわりはじめてくれたようなきがします。

お風呂に入り、夜、寝るときだけに着るお洋服。

その特別感がちょっと素敵だな・・・とこの半年ぐらいで感じておりました。

ナオコサンの考える『ホームウエア』気になります。
ぜひ、この春の課題図書にしようと。


シルクニットのパジャマ・・

響きだけで素敵だわ・・・・ウットリ・・・

きっと手がでない高価なものとおもいますが、
知るのと知らないのの差は大きいと思います。
めざすところがわかれば、日々の生き方にも差がでてくるような気がしますし。

それまではクルタにくるまって。グースカ寝させて力を蓄えさせていただこうと思います。

投稿: おきょうさん | 2021年3月29日 (月) 18時35分

えぞももんが さん

きなりの伝授。
いいなあ。

こちらも、気温がぐんぐん上がっています。
コロナは心配だけど、
明るい気持ちでね!
というメッセージとして
受けとろうと思うんです。

桜は散りはじめています。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月30日 (火) 12時32分

おきょうさん さん

いや、重なりどおしでしょう。

タイツやスットッキングだと、
「とつぜん足湯」に困る……あたりから、
ほぼ同じ路線を。

こちらこそ、おこがましいですが。

シルクニットというのが、ね、
気になりますよねえ。
研究しましょ。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月30日 (火) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)