« 1年後には…… | トップページ | 「ホーム」とは何だろうか »

2021年3月16日 (火)

クモタ氏、あやまる

 かつてはわたしも子どもだった。
 ほんとうのところ、子どものまま62歳になっているようなところがあり、まるきり大人らしくなく、心もとないことこの上もない。
 しかし、わりあいわたしは正直者だ。
 ウソはときどきつくのだが、隠したって仕様のないことは隠さないし、ひとからバカだなあ、と云われたりするのなんかは、心地よくて好きなのである。

 子どものわたしは、自分の前に聳(そび)える大人が苦手だった。
 そして……。
 ものすごく失礼な云い方になるのを許してもらわなければならないけれど、聳えさせておけばすむ大人なんかは、怖くなかった。
 この感覚はずーっとつづいていて、大人になったいまも、こんなふうに思う。

「このひとは、どうしてえらそうにしないのだろう。このひとだったら、少しくらいえらそうにしても、尊敬しちゃうのだが」

 尊敬してやまないのは、いつもこのタイプで、一面でわたしは恐れもするのだ。
 賢く誠実であるのに、少しもえらそうにしないこのひとを、怒らせたら終わりだ……、と思って。

 こうした人物に、幸いなことにわたしは複数出会ってきている。
 このひとたちをひとまとめにして、団子にする(こういうところが大人らしくない)としよう。
 名前?
 名はクモタ氏。
 その名の由来は雲であるし、「でも、蜘蛛も連想するわね」と云われたところで、わたしは蜘蛛も好きだから、ふさわしいと云えよう。
 賢く、物事に対する理解が深く、常に他者に寄り添うクモタ氏が、ある日、わたしに語るのだ。

「かつて、かっとなって、場を顧みず発言したことがあるのですよ」
「まあ、クモタさんが」
「それでことがこんがらかってしまい、現場に迷惑をかけたのです」
「どう収められたのですか?」
「過ちを認め、とにかくあやまりました。伝えたかったことの真実を伝え直したのは、ずっとあとのことになりました。あれは、失敗でした」

 このときわたしは、思った。
 大人の失敗も、あやまる姿勢も、もっともっと子どもたち、若いひとに見せたい。
 同時に、ひとの失敗を攻め立てずに、そこで起こった失敗(とその背景)を学ぶ機会とする空気を、つくって見せるのも大人のなすべきつとめだと感じたのである。

Photo_20210315231501
わたしの手元にいまある、
「消印」を押されず送られてきた切手たちです。
こうした切手は、郵便局に返すのが
筋道だそうです。
それはそうなのですけれども、
はがきやカードに貼りつけて(模様として)
使うのはだめかなあ……と思ったりしながら、
缶のなかにしまっています。

〈公式HP〉
〈公式ブログ〉

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみこさま

おはようございます。

私も還暦をすぎてからなんだか0からのスタートみたいに
もっとおおらかに楽しみたいとおもってます。ふふ。

クレーの「忘れっぽい天使」みたいに「あら~わすれてた~」
「あら~どうしてこんな音がでるのかしら~」
「あら~同じよう作ったのになんでこうなるのかな~」
なんて。。のんきに面白がるようにすると。。娘も
あきれて?(大丈夫か?)みたいに一緒に困ってくれたり
アドバイスくれたりしていいぐあいです~。

でも娘が20くらいになるまではとにかく肩に力はいりまくって
私がしっかりしないとなんてかんじで。。あやまる雰囲気も
わらかないことを眺めるゆとりもなかったかもです~。


昨日もバイオリン仲間と「へ~その指番号でとるんだ~」
「こっちの弦でとったほうがなんかぼやけた感じがでてよくないかな」
「そうだね。いいね。。。」
なんてこのバイオリンくんたら一所懸命やってるのにまぬけな音だして
くれたりするので。。「わからないからおもしろいんじゃない~」
なんて。。楽しもうと思います。そうだ。。ふみこさん。。たしか
何年間まえにクレー展みたときに「失敗やまちがいかなとみえるもののなかにすごい豊かなものをみつけだすこと。。」
というようなことがかいてあって印象にのこってます。

ではふみこさんみなさんもいいいちにちおすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2021年3月16日 (火) 11時41分

ふんちゃん

 2番目ちゃん
 希望の高校に合格しました♫

 あんまりうれしくって
 ここに報告させていただいています。

 昨日の卒業式も、
 生徒2人だけの特別な卒業式。
 校内の先生、職員の方みなさんに見守られ、
 温かい卒業式でした。

 昨日、今日と……、
 涙、涙の時間を過ごしています。

 すごいなぁ。
 子どもの成長に、
 どれだけの人が支えてきてくれたのかと思うと、
 じんわり……、します。

 またおじゃましま〜す。

投稿: もも(^_^) | 2021年3月16日 (火) 17時22分

もも(^_^)さん

おめでとうございます!!
2番目ちゃんさん おめでとう!おめでとう!

嬉しいですね😂嬉しいです😂

投稿: 背の高い松の木 | 2021年3月16日 (火) 17時46分

ふんちゃん皆様こんにちは。

過ちを認め謝る。簡単そうで難しいことですよね。でも、認められなくても寄り添う、少しでもいいから認めてみるはできます。
全くしないと、少ししたでは大きく違いますから。


さて、あと坊や達と過ごすのは2週間弱です。ちなみに検診大冒険から1ヶ月経ちます。さぁ、もう一息かーちゃんがんばれ!

投稿: たまこ | 2021年3月16日 (火) 21時47分

真砂 さん

バイオリンがつくる「まぬけな音」、
いいなあいいなあ。

そういうのがとても好きです。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月17日 (水) 14時27分

もも(^_^)ちゃん

2番目ちゃん、
よくやりました。

おめでとうございます。

ももちゃんも、
よくやりました、
ほんとうに。

おめでとう!ございます。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月17日 (水) 14時28分

たまこ さん

産休+育休が、
開けるのですね。

たまこさんなら、
いい感じのペースがつくれることでしょう。

2週間、たのしんでね。
のんびりね。


投稿: ふみ虫。 | 2021年3月17日 (水) 14時30分

ふみこさま みなさま

畑の大根に花が咲き、ネギ坊主も出てきました。さくらんぼの木にはひっきりなしに花の蜜をすう野鳥達がきます。

春だなぁ、、、
わたしは相変わらずぼんやりしています。

子ども達が幼いころ、わたしはあやまることも失敗をみせることも、なかなかできませんでした。

今は、、、得意です。そして、楽ちんです。わたしのやらかしごとから子ども達も学んでくれていたらいいな。ずっとねこをかぶっていられませんものね。それに、ちょっと抜けたところがある母の方が子ども達は気楽だそうです。

失敗したら次はどうしたらいいのかを考える。学ぶ機会だと考えたら、失敗も怖くないですね。その次が大事なんだと思えます。

ももさん 2番目ちゃん
合格おめでとうございます!
ご卒業おめでとうございます!

新生活、楽しんでくださいね♪

投稿: ハクセキレイ | 2021年3月17日 (水) 20時49分

ふんちゃんへ

大人の失敗…職場ではよく若い人たちにみせてます。
そんな時には素直に謝ります。
若い人たちの注意の仕方はさりげなく、やさしく的確に…傷つけない言い方をしてくれます。
ことばの使い方 素晴らしいなぁ!といつも感じて感謝してます。
言い方ってとても大切ですよね…。

先週突然娘が東京から帰省しました。
特に理由はなかったようですが、思いがけず帰ってきてあっと言う間に戻って行きました。
娘がリビングでリモートの仕事をする時間があり 映らなかったら居ても良いとの事だったので台所でご飯支度などしてました。
仕事のやり取りが聞こえてきて普段はこんな感じで仕事してるんだ…なんてそんな姿も垣間見れて嬉しかったです。

息子の引っ越し準備も進んでいます。
引っ越し先と荷入れの日も決まりました。
私も手伝いで同行するので飛行機チケット、ホテルの予約も済みました。
腰は無理すると痛むのでボチボチ手伝います。

ももちゃんさんへ

2番目ちゃん 合格おめでとうございます。
佳き春になりますように…♪

投稿: ハチミツ | 2021年3月18日 (木) 06時10分

ふみこさま

あやまる。
はるくんに感情的になって怒ったとき、
あとで あやまることがあります。
あやまる
って大事だなと思います。
ときどき、気づけなくて怒りっぱなし
のときもありますが😅

さて、はるくん1週間、登校班で学校に行けました。担任の先生が、お電話をくださって、学校でほめたんですけど、ほめたりなくて電話しちゃいました‼️って。
本当にやさしい素敵な先生でした😃
1年生、先生と出会えてはるくん、しあわせだったなあ~😆と思います。

私は、読み聞かせを充実させたいって思っています。
おはなしおばちゃん
になりたいなぁって。

庭でチューリップ🌷が咲いています。
なんだか うきうきしてきます。

ももちゃんさん
2番目ちゃん、本当におめでとうございます❤️

投稿: こぐま | 2021年3月19日 (金) 17時38分

ふみこさま みなさま
さくら咲く季節ですね。

遠くの山にもホワンホワンと桜がみえます。
父と母が好きだった春は
なんとなく切なくて わたしのなかではすこぅしニガテになってしまっていますが
寒さがなくなるのはありがたいです。

自分の思いをたしかに相手に伝えることは とても難しいことと思います。心をことばにすることも どういう言葉をえらぶかというのも。 思いあまっての言動を見聞きすることはありますし そのことに何か思いをいたすとしても 我が身におきかえてみればなかなかすんなりスッキリとはいきません。
なんだかなぁ…と感じるところがあったとしても それは相手の一部分であるのに全部を許せないもののように思い込んだり…わたしには たくさんたくさんあやまちがありました。

きょうはお昼に金柑の甘煮をいただいてしあわせ気分。
こんな自分であること 悪くないです。
精神の姿勢のよいひとを真似て とカッコつけようとしても 残念ながら おっちょこちょいな自分には まだまだはるかな標です。

ももさん
心から おめでとうございます。

投稿: こんぺいとう | 2021年3月19日 (金) 18時50分

えぞももんがさん

ひとに告げないでおくこと
告げないほうがいいこと
それを話せる場所があるって
うらやましく思います。
ひとをうらやむなんて…と恥じ入りながら いつか樹齢何百年もの木に会いにゆくゆめがあります。
この場をおかりしました ごめんなさい。

投稿: こんぺいとう | 2021年3月19日 (金) 19時22分

ハクセキレイ さん

失敗と成功の本質も、
ほんとうのところ、
はっきりしないことが少なくない……。

この世の有りようには、
「ひとが決めた」部分がたくさんありますし。

それから。
失敗と対極にあるのが
成功か、という問題も浮上しますよね。
失敗とは何だろうか。
成功とは何だろうか。

年年、そのふたつは同じものなんじゃないかと、
思えてきたりします。
愛情を持って、冷静に見ることが大事だなあ、と。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月21日 (日) 11時03分

ハチミツ さん

ご家族の、心豊かな動きが
伝わって、ときめいています。

きっとお忙しいことだと思うんです。
でも、働きどころがある、
頼られどころがあることは、
ありがたい、ありがたい……ね。

がんばり過ぎないでください。
腰とよく相談して……。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月21日 (日) 11時06分

こぐま さん

はるくん、わたしも讃えたい。
2年生になって変身!ということに
なりそうですが、たまには、
ぐずぐずしたり、
しょんぼりしてほしい。

それも、はるくんの(というかヒトの)
大事な要素ですもの!

こぐまさんも、
ぐずぐずしたり、
しょんぼりしたり、
たまには怠けて!くださいな。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月21日 (日) 11時10分

ふみこ様 こんにちは

半歩 冬に戻った 日曜日です。
ふみこさんの話を聞きながら
そうだな・・・と 思いました。

子どもに
大人が 怒ったり 泣いたり 喧嘩したり
おろおろしたり 失敗したりするところを
見せてはいけないのではなく

そういう姿を 見せてしまうことがあってもいい
それを みて 子どもたちが 感じ
自分は どうするのか 決めていく。
それが 「強くなる」に繋がりそうですね。


今日、吊るし雛を 片づけました。


こんぺいとうさん へ

春に向かい 木の幹に手をあてると
温かいんです。
なので 木のまわりから 雪が解け始めます。
カツラに話を聞いてもらる時
辺りを きょろきょろ 見渡し 
誰もいないことを 確認してから
打ち明け話・・・ちょっと へんですね(笑)

ふみこさん 私も 広場 お借りしました
ごめんなさい

 

投稿: えぞももんが | 2021年3月21日 (日) 11時17分

こんぺいとう さん

小声で、打明け話。

若いころから、
ひととの関係は「誤解が前提」になっている、
と思っていました。
それなのにもかかわらず、
なつかしい関係、尊敬するひととの出会い、
愉快な仲間とのやりとりを持つことができて、
ありがたくて仕方ありません。
何が前提だろうと、
いま持っている「やさしい関係」を
感謝することも大事なんだなあ……。

最近やっとのことで気づいたこと。


投稿: ふみ虫。 | 2021年3月21日 (日) 11時36分

えぞももんが さん

見せないほうが、ばれます。

ひとというものは、
隠しても隠しても隠しきれない
ものでできている。

……と思いませんか?

だからこそ、あやまりたいのでした。

きょうは、朝から大雨。
うかれています、家のなかで。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月21日 (日) 11時39分

ふみこさま。みなさま。
数週間前の出来事だった。
60歳近くになりムーミンの物語に心ひかれ始めていた私。
ムーミン展が企画されていることを知り、ぜひ!と片道3時間近くかけて夫と2人で車で県立美術館まで出かけました。
いざ、到着してみるとムーミンはやはり、このご時世の中でありながらも愛されていた。
2時間待ち。
帰ろうかなと思う反面、せっかく来たのだからと思う気持ちあって
整理券をもらい、外に出て再び入館。
それでも、数ある作品をゆっくりと鑑賞することはできなかった。
翌日、夫が発熱した。
更に下痢。
冷静に。冷静に考えなければならない。感染?ということばが気持ちを重くする。
出来ることをする。
医療の現場にいる娘、孫、幼稚園
保育園は休ませて待機する。
かかりつけの医院で夫は検査を受けた。
結果がわかる翌日の朝まで私は一睡もできなかった。
こういうことなんだ。と身に追い詰められるものを感じた。
結果は食あたりだった。夕食にと買い求めたお弁当が時間が過ぎてしまった。私は食するのをやめたが夫はもったいないからと2つ食べた。それが、わるさをしたらしい。
私は気が小さいから、数日、何でもなかった!と胸をなでおろしたと同時にしばらく何か課題をもらった気持ちでいた。
もし、近くに感染した人がいたとしたら、相手の立場になって思いやりをもてるか?
誰のせいでもない。
完璧な人なんていない。
小さなやさしさを持ち続けていけるか。
ムーミン展からもらった課題だった。
トーベ、ヤンソンさん
日常の毎日を前より大事に考えます。
日常の中には時には完璧を目指すことより曖昧さも大事なような気持ちもして来ました。
おどおど過ごしていた自分を抱きしめて、春の一歩を楽しみたいと思います。

投稿: ユリの木の花子 | 2021年3月22日 (月) 09時32分

ユリの木の花子 さん

まあ、そうでしたか。
その後、だんな様の体調は
もどられましたでしょうか。

「感染」についてですが、
最初からそれを「最悪の事態」と位置付ける
感覚がひとを追い詰めますよね。

感染は、誰もがしたくない……。
これまで、感染したいと考えているひとには、
あったことがありません。
だけど、もっと考えておかなければいけないのは、
気をつけていたって、
感染することはある、という事実。
この事実を前提としていないとなあ。

心配した体験を、
綴ってくださって、
どうもありがとうございました。

世のなかがぴりぴりしている……。
そのぴりぴりをつくっているのは、
事態でもあるけれど、
「わたし」でもあります。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月22日 (月) 11時01分

ふみさまみなさまこんにちは~~~

今日は昨日の春の嵐のなごりというかんじでしょうか~~カラリとはいいがたいお天気ですが、とりあえずお洗濯ものは外に干せました。

実は先週末は胃痛になやまされておりまして、胃腸だけは丈夫の自信があったのですが、たまにさしこんでくるイタタタ・・・の痛みと戦っておりました。

おかげさまで本日はほぼ復活。珈琲がのめておうどんに七味をいれられる幸せを感じております。(もう少し我慢すればいいのにね!(;^_^A)

お腹がこわれると元気がでなくて、食べても飲んでも調子が悪いとへこんでしまう・・。

『ひょっとして今さわがれているやつかも???!!』

なんて少し不安にもなりましたが、私は発熱もなく他、症状がなにも思い当たらなかったので絶飲食で乗り切ってしまいました。(これは私にとってはかなりのつらい荒療治!!((笑))

ゆりの木の花子さんのだんなさまもお辛かったと思います。
そして花子さんもご心配でしたね・・。でもふみさまのおっしゃるとおり、それがまさかの感染であったとしても、それは風邪やインフルエンザをもらってしまうのと同じように受けとめて大事をとり、心と体をゆ~~~くり休める機会と思ってその時の最善の策で乗り切っていくしかないと思います。誰も悪くないし、どこで感染したかなんて特定はできないし、それを恐れて一生引きこもって暮らすことなんて不可能ですものね。(可能だいとしても私はごめんだ~~。『ハイキュー展』に姉妹で名古屋まで1泊で予約して出かけた娘らをホイホイ送りだしておりました。とってもよい顔をして昨晩帰宅してきました。娘らは福岡まで追っかけるみたいです。)


さて、では私の胃痛の原因として考られるのは?何だ?
と先日の再検査の要請がショックだった?→いやあ、再検査の結果が悪かったわけではないしねえ・・(4月の中旬に予約完了でございます。がんばって堂々と受けてきます(笑))

ストレス?心配事??
うーーん、ちょっとそれは思い当たることはあるので、その結果がはっきりしましたら、こちらでまた報告させていただきますね。ご相談かもしれませんね。こちらの場所は私にとって親戚一同の集まりみたいなものなので。

でも、本日体調はかなり元気なのでご心配なくです。

さて、
聳え立つ。体の大きさ的には私は聳えてはおりますが(笑)
仕事でも、家でも、外でも、しょっちゅう
すみませ~~ん
ごめ~~~~ん
申し訳な~~~い
が口癖のような・・・。
これはクモタ氏の陳謝とはまったく違う軽すぎる『すみませんでした』とおもいますが→『~~~』が言葉についちゃってるから。(;^_^A
もう少し自分に自信を持って余裕をもって威厳をもって生きていたいと思います。

毎日が失敗ばかりでございます。

娘らや生徒さん達はそのすっとこどっこいなおきょうさんから、よい教育を受けていると胸を張りたいとおもいます。(笑)

場所をおかりします!!
もも(^_^)ちゃん~~

2番目ちゃん
おめでとうございました。
よかった~~
私も過去に娘たちが

「よかったら来てみてくださいね」

そう言ってもらえる場所が1っか所でもあったと知らされたときの嬉しさはすごくよく覚えています。
これかもまたさまざまに色々なことがあると思うけど。
道が一つ示されたということはすごく安堵しますよね。もも(^_^)ちゃんおつかれさまでした。

この春、行きたい方向が決まらなかった道の人もいるけど決まった道の人の道もいる。それはそれで同じ道。変わりはないのですが、示された道を踏み出す時の安堵の気持ちはとてもよくわかります。

てくてくてくてくまた一緒に歩いていってくださいね。
私もすっころんだり、落とし物してあと戻りしたり、水たまり大ジャンプしたかと思えば、しばらく休んでおにぎり食べたり、
てくてくてくてく歩いていきます!

投稿: おきょうさん | 2021年3月22日 (月) 14時49分

鳥取から帰って来ました。母の姉が亡くなりそのことでばたばたしていました。母は5人姉妹の4番目でこれで上3人が亡くなりました。皆96、7歳まで生き抜き そしてキチンと順番に旅立っていきます。ですから 今94歳の母は 次は自分だと思っています。そのくせ最近少しぼんやりしてきた91歳の妹の心配ばかりしています。でもやはり自分が亡くなった後も気になるらしくハンコはどこそこ、通帳はここ、、、と急に言い出しました。私も ハイハイ、、と何気なしに聞いています。
そのくせ 一緒にホームセンターに行けば 小芋の種イモとか夏大根の種とか買い込んでます。小芋は作るの大変だからやめたら!!といっても聞きません。鳥取もすでに雪はないので良いお天気の日は ほとんど庭仕事をしているようです。チューリップ、水仙はまだですがクリスマスローズが満開です。
いつまで 1人暮らしが続けられるか?本当にわかりません。でも 出来ることならこのまま土に触れながら逝かせてあげたい!!と心から願います。

投稿: ann | 2021年3月22日 (月) 16時49分

おきょうさん さん

それはやっぱり疲れだと思います。
先週、整体のせんせいに、
首のコリは「胃痛を起こさせる」と
おそわったばかりです。

首と背中、ばりばりでしょう。
そこも、うまいことメンテナンスしてください。
(わたしも、定期的にメンテナンスを、
いまのいま、誓ったところです。
つい、定期的を怠り、ひどいことになってから
駆けこむので)。

おきょうさん さんは、
とにかく元気でいてくださらないと、
困ります〜〜〜(←真似っこ)。

報告、祈りつつ待っています。

いちばんよいよういなりますように。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月23日 (火) 01時03分

ann さん

お帰りなさい。

お疲れさまでした。
そう云うわたしのこころはね、
ありがとう、でもあります。

先輩たちをやさしく、
ありがたく、包み、認めたいからです。

94歳のお母さま、
91歳の叔母さま、
わたしは、その神神しいお背中を見ています。

愛しい先輩方よ!

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月23日 (火) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)