« 「ホーム」とは何だろうか | トップページ | きゅうり、はじめました。 »

2021年3月30日 (火)

鳩と目が合う

 気象庁が長年つづけてきた動植物の観測のうちのおよそ9割が、2020年廃止された。
 主として動物の初鳴き、植物の開花が発表され、わあっと弾み、季節感を引き寄せていたのだったが。ただし、観測対象として桜の開花と満開は残されているから、ことしも、桜の咲きはじめ、満開の時期は新聞とニュースで伝えられた。
 コロナ感染症拡大防止のため、外出を控えなければならない時期と重なっており、もうすぐ咲きます、とおしえられて、そうか、もうそんな季節か、と驚く思いが湧いたのだった。

 数日前、駅前の銀行に行く用事ができた。
 無事お金を出したり入れたりして銀行から出て、歩道橋をとんとんと上がったときのことだ。1羽の鳩が階段を上がった先にあらわれた。
 鳩は首をちょっと傾けて、わたしのほうを見る。
 目が合う。
 階段上にいる鳩、階段を上がるわたし、という場面で成立した鳩目線との遭遇である。どきっとした。俳句でも短歌でもひねれれば、いいのが生まれたかもしれないのに……、と思いながら頭を振って鳩と別れる。
 俳句も短歌も生みだせなかったけれど、このとき、自然観に委ねたひとの生について、思うことがあった。こうして鳩のはなしを綴っているのも、自然を求める、あるいは追従のこころの働きであり、それはいま、ぎりぎりとところまできているのではないのか。
 つまり鳩とひとを綴りつづける未来は、保障されていない。
 その未来は、いまやひとの在りようにかかっている。

 そうだ。
 気象庁の「生物季節観測」の長年の苦労に対して、お礼を云わなくてはならない。
 気象台の職員が、目で見て、耳で聞いて観測してきたことを想像していまさら感謝しているのである。
 そうしてこの「生物季節観測」を引き継ぐのはわたしであり、あなたであってもいいのではないだろうか。

01_20210330095601
干し芋をほうぼうからいただきました。
うれしいうれしい。
02_20210330095701
考えて、豚肉と炒めてみました。
ちょっと水に浸けてから、調理しました。
味つけは、しょうゆと酒のみ。
あ、さいごにバターをちょっぴり加えました。
……美味。

〈公式HP〉
〈公式ブログ〉

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふみ虫さま

すっかり、春になりました。
昨日、枝垂れ桜の老木と
山の中の古寺の枝垂れ桜
川添いの桜並木を
半日かけてめぐりました。

小さな蜂がたくさんいて
生きるために懸命でした。

平日でも、人はいましたが
みんな桜を見上げて散策されてるようでした。

私たち夫婦は
途中の見晴らしの良い山の上で
おにぎりを食べました。


なんだか久しぶりに外の空気に
触れた気がしました。

黄砂でぼやけた風景が残念では
ありましたが。

昨年はただただ閉塞感に包まれて
いましたが
ようやく春がきて
動き出したように思え

こちらも山里の時々、いく
神社に赴き、しばらく居ました。

疫病のこと、気にしなくてもいいような
山中。

山から街並みに入ったとたん
異界から出たような
現実に戻されたような。

時折、自然の中に身をおくのは
必要だなぁと思った日でした。

投稿: 寧楽 | 2021年3月30日 (火) 11時37分

ふんちゃん皆様こんにちは。
昨今はかすかに出る外出に、季節を感じるようになりましたね。文字通りかけがえのない、ですね。


さて、来週は入園式。子供と離れる寂しさより、よく2人の子供を見ていた。ストレスに負けず義家族に負けず、自分の体調も崩さず
頑張ったーと毎日言っています笑


さて、ふんちゃんにも娘さん達がいらっしゃいますよね。
これから自立するというとき、こちらから手を積極的に出すのは遠慮したほうがよいですよ。
子供は親がいなくなったあとも生きていきます。自活する力が必要です。
今週も帰ってきなさい、やってあげる、は
子供の成長を止めるほか、周りからも敬遠され結果
親亡き後ひとりぼっちで生きていく道筋を作ってしまいます。(うちのアラフォーの小姑は手遅れです)
差し出がましいことを申し訳ありません。

ふんちゃんはその辺
親がしてやれることなんてほんのすこしを
出版されているので大丈夫だと思いますが
通り道をした、若輩者からの経験談だと思って片隅においててくださいね

投稿: たまこ | 2021年3月30日 (火) 11時45分

寧楽 さん

ときどき自然のなかに
身を置く必要がある。

ほんとうほんとう。

なん年前のことになるでしょうか。
夜の若草山に立って、
過ごしたときのことがよみがえります。
自然に抱かれている記憶も、
わたしを守りつづけてくれています。

山をならんで歩きたいです。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月30日 (火) 22時38分

たまこ さん

ひとは、それぞれ異なる「宿題」を
もらって、生きているのだと、
わたしは考えています。

というわけなので、
たまこさんが、
こうするのがいい、と信じていることが、
皆さんに、そしてわたしに
あてはまらないこともあります。

わたしはね、たまこさん、
誰のことも(自分のことも)
「手遅れ」だとは
決して考えない生き方をしたい……のです。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月30日 (火) 22時50分

こんばんは。ご無沙汰しています。
一生懸命働いておりました。
娘は今度高3になります。
お母さん、春休みの間にどこかお散歩に行こうよと誘われています。
片道2時間ほどの散歩をたまに一緒にするのですが、その時間、娘がよく喋るのです。話したいことが、お腹の底の方から、あとからあとから浮かび上がってくるようです。茶の間では出てこないようなことをたくさん聞かせてくれます。娘は野道山道を歩くのが好きで、彼女の行きたい方について歩くのは発見も多く、楽しいです。思えば、彼女が小さい頃は私の気が急いていることが多く、時間ばかり気にしていました。もっと早くこんな風に時計なんか見ないで一緒に過ごせばよかったと、高校卒業を前に思っています。

投稿: cohata | 2021年3月30日 (火) 23時15分

ふみこさま

おはようございます。

「生物観測」のあささんぽ。。ふふ。
いつもいちょうの芽吹きの話きいてくださってありがとうございます。
去年も書いていて。。4月7日にかいてます~。
もう今日は下の枝のほうまで芽吹いてました~。

苔の上にあそびにきてくれたはなびらはてんてんだったのが。。
ピンクの模様のように。。
散って行く様も苔のがわからすれば。。「やあ~」って
あそびにきてくれてハーモニーを楽しんでいるようです。

ふみこさんのところにきてくれたほしいもさんも豚肉
さんとからみあっておいしそうです。
わたしもサツマイモちょっとのこっていたのでふかして
生ハム巻き付けておつまみみたいにして食べたらおいしかったです。

ではふみこさんもみなさんもゆかいなハーモニー楽しんでくださいね。

投稿: 真砂 | 2021年3月31日 (水) 07時36分

再度コメント失礼します。

ふんちゃんからのお返事をもらい
義母と小姑にやられて辛かった押し付けを
ふんちゃんにもしてしまい
申し訳ないことをしたと思いました。
本当にごめんなさい。


私には当てはまる宿題で皆様は
一理あるくらいの気持ちでいいですね。

小姑達もどうか手遅れになりませんように。


本当にすみませんでした。
それだけ言いたくて再度コメントでした

投稿: たまこ | 2021年3月31日 (水) 09時06分

cohata さん

cohataさんに、いい季節がめぐってきているのですよ。
お忙しいことには変わりなくても、
時どきを、うまく生きる術(すべ)も携えて。

わたしも、歩きながら話すのが好き。
娘たちとは、それぞれの大学時代から、
ほんとによく歩き語りをするようになりました。

たのしい季節がめぐってきましたね。
また、こっそりなかみも教えてくださいね。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月31日 (水) 10時14分

真砂 さん

苔のみどりと、桜の花びらのピンク色と。
想像するだけで、うっとりです。

うっとりを保ちつつ、
仕事にかかろう……。

ありがとうございます、 真砂さん。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月31日 (水) 10時19分

たまこ さん

ありがとう、たまこさん。

辛かった「場」から、
そっと静かに離れ、
たまこさんのあたらしい場づくりがはじまりますね。


投稿: ふみ虫。 | 2021年3月31日 (水) 10時21分

ふみこさま みなさま
おはようございます。

目覚めたころは曇っていた空も晴れてきました。
ひとり静かな(TVに 気のきかないおしゃべりをさせながら)
朝のひとときです。

仕事に出かけるわが子を
黙って見ていられず世話をやいてしまうオットに ほっといてオーラで 苦手な朝を日々乗り切りつつのわが子
今朝は なんとかガマンしているオットをよそに 自分で支度して「行ってきます」
となりました。

わたしは田舎の里山育ちで
山に分け入り子どもの遊び場
「すみか」をつくったり
川で魚を追いかけたり 学校帰りに 野いちごや木いちごを探して道草ざんまいで あたりが薄暗くなって帰宅したものでした。鳥の鳴き声をたずねると
「あれはホトトギス」「ヒヨドリ」などと父と母が答えてくれたものでした。

あのころ なじみ深いお隣さんのようだった自然が いまは時おり見知らぬいきもののようで
より添うことも拒まれているかのようです。ひとが抱えきれないほどの矛盾を背負ってよたよたと歩いているさまを思い浮かべてしまいます。(それはたぶん自分自身の姿です)

きょうはチューリップでも見に行こうかなぁ…それとも…
あれこれ夢想するのもいいもんだ とユルんでいるわたしです。

投稿: こんぺいとう | 2021年3月31日 (水) 10時45分

こんぺいとう さん

こんぺいとう さん、
最近、生き生きしています。ね。
おたよりもたのしく、
光ややさしさが伝わります。
(お福分け、ありがとうございます)。

世話を焼きたくなる誰か。
ほっといてオーラを出す誰か。
それを観察するともなく観察する誰か。

こういう朝は、
しあわせの情景って呼ぶんだとわたしは思います。

ユルんでるこんぺいとう さん、
好きだー。

投稿: ふみ虫。 | 2021年3月31日 (水) 15時58分

ふみこさま

自然。
じいちゃんにまかせっきりだった庭仕事を最近やらなくちゃと思ってがんばっています。じいちゃんと大きいばあちゃんが、庭仕事をしていたときのことが思い出されて、なんだかなつかしい気持ちに支えられています。
もうすぐ、じいちゃんの1周忌です。
じいちゃんが植えていた花を枯らしてしまったものもあるんですけど、庭の隅っこに
シャガの花が咲いていました。はるくんが喜んで、瓶に生けています。
フリージアの花も咲き始めました😃
ちょっと庭仕事をやる気になったので、今日は、ホームセンターで花の苗を買ってきました。はるくんが、ブルーベリーの木を植えたいって言うので、2年生になる記念に植えてみました😃
じいちゃんも大きいばあちゃんも自然とともに生きていたように思います。
私もそうありたいです🎵

投稿: こぐま | 2021年3月31日 (水) 19時29分

ふみこさま みなさま

昨日、今春最初のツバメを見つけました。ちょっとかすんだ青い空に、つぃーと飛ぶ姿にウキウキしました。今年も変わらず来てくれてうれしい。わたし流「生物季節観測」をこれからも続けます。

「失敗と成功は同じものなんじゃないかと、思えてきたり」
ふみこさんからいただいたお便りの言葉をたびたび考えています。

最初、この言葉にびっくり仰天したのです。
わたしの中にはないものでした。

それからよくよく考えて、しみじみとこの言葉に励まされています。なんと心強いづよいことか。わたしが今やれることをただやればいいのだと。シンプルにそう思えたのです。

息子は遅刻で学校に通い、部活にも参加し、3学期は欠席が1日だけでした。クラス替えが辛いと言う息子。先生や仲間たちにも恵まれました。ありがたいです。

運動が大好きな息子は部活のテニスが楽しくて仕方ない様子。春休みに入り、庭でも練習しています。再び運動している姿を見られて、わたしもうれしいです。

一緒にテニスをやりたくなって、わたしもラケットを手に入れました。撃ち合うより、ボール探しをしている時間が長いデス……。

新学期が近づいて少しドキドキします。息子も娘も自分のペースで過ごすことができたら、それだけで花丸です。新しさを受け入れ、ゆるりゆるりといけますように。

投稿: ハクセキレイ | 2021年4月 1日 (木) 08時27分

ふみこさま

お返事 ありがたく。
かがみのようにわたしを映してくださった気がいたしました。
(チョット加工されてる?)
実際には鏡を見ると ヒッ となりますけども。
現実は受けとめませんとね、
わはは と 笑いとばして。

投稿: こんぺいとう | 2021年4月 1日 (木) 15時17分

ふみこさま 皆さま

週末、雨がやってくる前、
川沿いの桜並木を散歩していると
大きなランドセルに黄色い帽子、
だぶだぶの制服に身を包み、弾んでいる子どもに出会いました。
その後から追いかけてきて写真をとるお父さん、お母さん。。。
入学記念の前撮りされていたんですね~。
「笑顔で自分らしくいられたらいいね!」
みんなの願いが桜色に染まって景色が優しく見えました。

「生物季節観測」

観測の切断を回避すべく新しい方向性を検討中、ともありましたが、
何はともあれ、自分でも散歩中、生き物の気配に耳を澄ませ、
よく見ることを楽しんでみよう、と思っています。

散歩の相棒である犬は、この冬大病を経験し
リハビリを経てだいぶ普通に歩けるようになりました。
それでもやはり以前よりかはゆっくりなので
こちらも生物観察して充電しよう!と思います。

10年前、次男が山から採って持ち帰り、
種を植えて育てていた「あけび」。
これまで葉っぱは繁るも、花や実はさっぱり。。だったんですが
今年つぼみを発見、今少しずつ咲いてきています。
白に紫、ちっちゃなくす玉がはじけたように咲きました。
10年間の魔法が解けたようです。


投稿: 円 | 2021年4月 1日 (木) 16時18分

ふみこさま

鳩と目が合ってドキッとしたふみこさん。
私は今朝の散歩の途中、猫さんと目が合いました。ふみこさんのお話を読んだからか、私もドキッとしました。

人はいつでも人を中心に物事を見がちですが、地球上においては人も見られているのではないかしらん?と、思ったりします。

人が自然に目を向けるのと同じように、人の自然に対するやり様もまた、自然にすべて見られている。山も川も海も、生き物達も植物達も、みんな息を潜めてジーッと見ているように思います。
お散歩をしながらそんな風に考えたら、なおのことドキドキしました。

川沿いの桜の木は、ピンク色の中に緑色が増えてきました。
「はかないねぇ…」思わず声に出すと、前から歩いてきたおじさんに、ニヤリと笑われました。

投稿: みぃ。 | 2021年4月 1日 (木) 18時56分

こぐま さん

じいちゃんと、
「あの世」と「この世」に分かれて
暮らした1年。
それを、どうかどうか、
物語に綴っていただきたいと、
希っています。

いろんなメッセージ、
語りあいがあったでしょう?

投稿: ふみ虫。 | 2021年4月 3日 (土) 02時18分

ハクセキレイ さん

自分が変わってゆくために、
いろんな課題が置かれるのだなあ、
と、つくづく思わされているきょうこのごろです。

若いころは、ともすると、
ひとに変わってもらおうと、
考えることもありましたが。
そのままの価値に気づくまで、
時を要しました。

テニスラケット、
すばらしい!

投稿: ふみ虫。 | 2021年4月 3日 (土) 02時22分

こんぺいとう さん

かっこいいご自分にも、
気がついていただきませんと……。

投稿: ふみ虫。 | 2021年4月 3日 (土) 02時23分

円 さん

なんてうつくしいおたより。

褒美のように(何の褒美かなんて、
それはいいことにして)、受けとりました。
どうもありがとうございます。

あけび。
開花。
10年間の魔法。

円さん、
ものすごくよい春がめぐりますね。


投稿: ふみ虫。 | 2021年4月 3日 (土) 02時26分

みぃ。 さん

見られていること、
やさしく、静かに意識したい……ね。

みつめあうというか。

道の上でみぃ。さんとすれちがった
おじさん、うれしかっただろうなあ。

投稿: ふみ虫。 | 2021年4月 3日 (土) 02時28分

ふんちゃん
 
 今日は、ちょっとどんよりな空で始まった朝ですが、
 少しずつ晴れていく雰囲気の外です。
 家の周りは、ありがたいことに自然がいっぱい。
 それが……、4月になったその日、裏の草原に重機が入り、
 突然、木が切り倒され、草っ原が一部、砂で平にされ始めました。
 びっくり。
 どうやら…、道路ができるらしい。
 ということがわかりました。
 家族みな、「え〜。やだ〜」
 便利になるはずなのですが、
 舗装されてない道を散歩するのが好きだったので、ちょっとさみしい…。
 家のみんな、雪が溶けて、思い思いに外に出て過ごしていて、 
 そうかぁ〜、
 春先って、自然を確かめてるみたいだなぁと気づきました。

 この春は、いつもに増して、何か変わるような…変態?というような…
 そんな予感がしています。
 わたしの仕事も、一つは春休みとなっていて、家で過ごす時間も増え、 
 改めて「家」とか「家族」とかをながめたりしていたようです。
 (自分でも後で気づきました)
 そうして…、
 「ご飯を作る」、「掃除をする」というような家のしごとに対して、
 いつのまにか、自分がずいぶんと狭い価値観にしばられていたのか…と
 気づきました。
 ご飯を作ったり、洗濯、掃除をちゃんとしないと、
 「母」としての意味?みたいなものがない…とか、そんなように……。
 けれど、考えてみたら、家族のだれも、
 そんなこと要求していない。
 むしろ、「休んだら?」とか「さぼったら?」とか
 優しいことばをかけてくれることさえある。
 「ステキな母」という理想に、自分がしがみついていたのか?
 とも思ったのです。
 そしてね……、
 こないだ、家族のグループラインで
 「おかーさん、家のしごとを一手に引き受けることをやめます宣言」を
 送りました(^^)
 これは名案!と自分でもウキウキしながら……。
 家族みんな、暮らしのリズムが違っているので、
 なかなかゆっくり話すタイミングがないなぁ…という感じですが、
 今は、便利ですね。こうやってSNSを使えばいいんだ!と発見しました。
 今まで、手伝ってほしいと思っていても、
 実際に何をして欲しいのか、伝えてもいないのに、
 してくれない!とするのは、おかーさんのわがままと気づいたので、
 これから、どうして欲しいかなど、お伝えしていこうと思いますって、
 長々とした手紙みたいなのを送りました。
 すぐに「やってよ!」というのはおかしいなぁ…と思っていて、
 少しずつ、家のしごとに興味をもってもらおうと、
 不定期で、“おかーさんのひとりごと”として、
 家のしごとのたのしさをラインで伝えようかと考えています。
 まずは、夫から…進んで掃除をしてくれるようになりました。
 ことばにするって、大事ですね。

 以前、ここでも話題になった「変態」
 この春、わたしは、その時の予感です。
 どうなるかなぁ……、たのしみです。

 

投稿: もも(^_^) | 2021年4月 4日 (日) 10時18分

もも(^_^)ちゃん

道路のことは、気がかりだけど。
……そうか、いろんなことが変わります、ね。

変革に拍手です。
「うまくゆく」
と唱えながら過ごすこと。
途中、うまくないことが起きたとしても、
「うまくゆく」。
きっとうまくゆきます。

投稿: ふみ虫。 | 2021年4月 5日 (月) 00時54分

ふみさまみなさまこんにちは~~

久しぶりにお天気のおだやかな週末を迎えられたかわりに、本日週初めの月曜日は朝から春の雨と強めの風がふいております。

少し春が先に進むのを一休みしている感じですね。よきよき。

シャツの上からカーデガンを羽織りました。

こんなお天気の時は鳩さんはじめ小鳥さんたちはどこで休んでいるんだろうな・・。
雨に濡れないよう、しっかり茂った木の枝につかまって仲間と寄り添って静かに過ごしているのかもしれませんね。想像しただけで心が優しくなるような気がします。

3月のお彼岸に父と潤のお墓まいりをしたときは、周りの竹林からそれはまあ張り切った鶯さんの歓迎の声をきけました。


伊豆の温泉にでも来たような気分になるねえ・・

と、およめちゃんとだんなさんとしばらく聴き入ってました。また来年も聴けるといいな。

生物季節観測、千葉支部会員の一人としましては次は父の命日ころに咲く実家の庭のあやめの開花宣言かな・・・

な~~~んにも手入れも水やりもできていないのに、この時期になると知らぬ間に芽がでて花が咲く。自然の力は本当に素晴らしい。

もう少したったらいよいよスカーレットの種も撒いてみようと思います。

冬を一緒に越したビオラやパンジーも今庭で鮮やかに花が付き、こうして一緒に暮らしている生き物達とともに季節を感じることが出来る幸せ。

こういう事こそ大切に、こういう事こそしっかり感じて、こういう事こそ感謝して、
日々生きていきたいなあと思います。

新しいエプロンを買ってみました。

毎年お誕生日に母が
「いつもいろいろ世話になっているから、何か買いなさいね」
と少ない年金なのにお小遣いをいただき、
でもなんだか自分の物を買うのがもったいなくて、でも、母の気持ちだから受け取りたいのもあり、実家の補修費用の補填にしたりしていたのですが、

今年は、

私、エプロンがほしいな

とフッと思いがよぎり、

もともとエプロンなんてしないタイプだったのに、なぜかエプロンをキュッと締めたくなったのです。
小さな赤い花がうすくちりばめられて、北欧のほうの生地のような風合いの丈の長めのエプロン。

通販で求め、箱を開けた時、フワッとさわやかな風が届いたような。なんだか自分の中にも小さな花がたくさん咲いて、春がやってきたきがしました~~

私の周りの人々、物、自然・・・すべてのことごとに助けられ優しさをいただきなんとかそれを返していきたいな・・という気持ちにさせてくれる不思議なエプロンです。母に感謝しながら毎日キュッと締めて家のしごとをしております。


投稿: おきょうさん | 2021年4月 5日 (月) 13時51分

ふみこ様 こんにちは

今日は 少し空気が冷たいですが
良く晴れた 春の日になりました

生物季節観測、引き継ぐのは わたしであり
あなたであっていい・・のふみこさんの言葉に
「そう!!」と 大きく頷きました
そして いままで 気象台の職員さんに 任せっぱなしで
ごめんなさい

仕事から帰って ちょっと休んで
「もしかして 咲いているかもしれない・・・」と
たった今 自転車に乗って
森の入り口まで 行ってきました。

咲いていました。
キクザキイチゲという
白い花なんですが、「春のはかない野花」の一種です。
「ありがとう」と言って 帰ってきました

おきょうさんを 真似て
生物季節観測 北海道支部会員 えぞももんが 

投稿: えぞももんが | 2021年4月 5日 (月) 16時06分

おきょうさん さん

お父さま、潤さんのやさしさか、
生物季節観測・千葉支部会員の勢いか、
お彼岸にウグイスとは!

そしてスカーテット。
そしてエプロン。

物語はどんどん紡がれてゆきますね。

投稿: ふみ虫。 | 2021年4月 5日 (月) 21時56分

えぞももんが さん

出ました! 
生物季節観測・北海道支部会員さん!

キクザキイチゲは
イチリンソウの仲間なんですね。
わたしたちは、こんなにも、
動植物、虫や雲や風や光に
慰められ、励まされているのに、
一方通行はいけませんね。

こちらからも、皆さんを
守り、讃え、感謝しなくては。

ありがとう、皆さーん。

投稿: ふみ虫。 | 2021年4月 5日 (月) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)