« くまがや日記③ | トップページ | くまがや日記⑤ »

2021年6月 1日 (火)

くまがや日記④

5月△日
 東京から埼玉県熊谷市に引っ越してきて3週間が過ぎた。
 改築計画のうち完成しているのはトイレだけ。家の裏手にある水道1本での家しごと、カセッロコンロでの調理、コインランドリーでの洗濯(「川へ洗濯」と呼んでいる)、市内の銭湯とスーパー銭湯をめぐっての入浴は、相変わらずつづいている。
「せめて台所と浴室が完成してから引っ越す、と考えなかったのはなぜですか?」
 この問いは、周囲から発せられたものではなく、わたしからわたしへのものである。
「ひとつには、大工さんの作業の近くで暮らしたかったから。ひとつには、不便を味わいたかったから。ひとつには、できるだけ早く熊谷の家に移り住みたい、そうするのがいいと感じたから、です」
 これが問いの答えとして成立しているかどうかはともかくとして、半分キャンプ生活を3週間つづけてきたいま、これでよかった、という感覚に包まれている。よく考えてかからないと炊事の火口が足りなくなり、家しごとに時間がとられて仕事をする時間がなくなり……、あわてる。あわてながらも、この混乱に救われている、と思うのだ。
 東京を離れたさびしさや、あたらしい生活環境への不安など、胸のなかでこねている遑(いとま)がないからだ。

5月△日
 東京に散髪へ。
 もとの家からは、玄関で息を止め、息を止めたまま楽に到着するほど近かった理髪店だったが……。
家からバス停留所まで/徒歩3分。
停留所から熊谷駅まで/バスで10 15分。
熊谷駅から新宿駅まで/湘南新宿ライン(高崎線)で55分。
新宿駅から三鷹駅まで/中央線(快速)で15分。
三鷹駅から理髪店まで/徒歩13分。
 これを単純に合算すると101分。あいだの移動や待ち時間を加えると2時間近くになる。
「いいじゃないか、2時間」
 この店をひとりで営んでいるカンジサンの持つ技術も人柄もとびきりのものであるが、それだけではない。この店の意匠と雰囲気のなかにひと月に一度身を置くことが大事なのである。

 散髪のあと、もとご近所のノゾミサンの家に行く。
 今月100歳のお誕生日を迎えたノゾミサンの母上にも迎えられる。
「お茶をいかが?」
 と云って、母上が紅茶を淹れてくださる。
 100歳のうつくしい先輩が淹れた紅茶を飲むというこの日を、忘れないでいよう。「うっとり」」をひとまず畳んでバッグにしまって立ち上がり、ベルジアン・シェパード・ドッグのサンと、ノゾミサンとさん2時間散歩。

 吉祥寺で大好きな古着屋で白シャツと、この1年探しつづけていたレースのスカートをみつける。うれし。

 帰りにも湘南新宿ラインの乗客となる。
 この列車に乗るときはグリーン車(1,000円奮発)、と決めている。快適。グリーン車の上の階? 下の階(ここではホームで、歩くひとの靴が見られる)?
 はたまた中間スペース? と迷うたのしみもある。この日は下の階。

 熊谷駅前の桜湯に寄って帰る。

5月△日
 この家に引っ越してきた日の夕方のことだった。
 夫に連れてゆかれた近所の自転車店の前に、真っ赤な自転車がいた。
「これ、アナタに」
「へ?」
「車の運転をしないからさ、これで市内を自由に走ってよ。平坦な熊谷だけど、これ、電動アシスト自転車。つぎに自転車を買うとしたら赤がいいって云ってたから、赤い自転車に、黒いカゴをつけてもらいました」
「へえーこれ、わたしのー?」
 と思っていたら、店のなかから店主が出てくる。
 夫が子どもの自分からお世話になっているという店主のイシカワサン、御歳88歳。うれしくなっちゃうなあ、昔馴染みのイシカワサンの店で買ってもらえて。
「弁護士になるつもりで勉強しとったんよ。ところが、自転車店やっとった親父が亡くなって、ここを継ぐことになってね。この道も、もうじき70年だ」
 このはなしを聞いて、ああ、このひとのところには自転車店(店主)という仕事がやってきたんだなあ。弁護士でもよかったかもしれないけれど、弁護士だったらおそらくすでに引退しているであろう。少なくとも、88歳のいま、こんなふうに生き生きと仕事をしていなかったのではないか。
 この春も、自転車店に担任のせんせいに引率された小学1年生がやってきて、自転車について学んでいったそうだ。
 店内の見学コースの表示が残っていて、それを見ると、日本語とわかりやすい英語で説明が書かれている。
(中学生も来たらいいんじゃないかしらね)。
 やはり仕事や役目というものは、ひとをめがけてやってくるものだなあ。このことを実感する。
 
 さて週末、赤い自転車に乗って、探検。
 熊谷駅にも、八木橋(百貨店)にも、市役所、郵便局(本局)にも自転車でゆけるようになる。バンザイ。

Photo_20210601103201
田んぼの草退治の耕運ちゅう。
田畑の今後のことは、これからゆっくり
考えます。
仲間や友人知人に助けてもらいながら。

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

くまがや日記はいいですね。

仕事が人をめがけてやってくる。
今後のことはこれから考える。

肩の力を抜きましょうね、と言われているようで。
いい意味で風まかせな暮らしぶりに
とっても救われます。


さて、なんだか自分をさらけだして
ぶつかりすぎかな、家族と。
なんて悩んでいたある日恩師の先生より

帰る家が安心できる場所になったから
さらけだせるようになった
相手と同じように自分を大切に
という言葉をいただきました。

皆様にも御福わけです

投稿: たまこ | 2021年6月 1日 (火) 11時41分

ふみこさま

家ができあがりながら、生活や人々とのつながりを作りながら、不便かもしれませんが、なんて豊かな毎日なんだろうと。日記をよんでいると、
私の無駄な力が抜けていくみたいです。
ありがとうございます。

投稿: じゅう | 2021年6月 1日 (火) 12時05分

ふみこさん、みなさまこんにちは。
埼玉での新しい生活のこと、いろいろと教えてくださりありがとうございます。なんだか私も一緒に引っ越したような気分です…(笑)
湘南新宿ライン…懐かしい!です。
いつも揺られながら埼玉へ向かったのを思い出しました。埼玉の風景が思い出されます…!
不便なことを魔法のように愉しみ?に変えてしまうふみこさんの姿を思いながら、また埼玉でのお話を楽しみにしています。
最近は我が家の父の畑では新玉ねぎや、レタス、ブロッコリーが!なめくじさんとの格闘つきです…(笑)

投稿: みゅー | 2021年6月 1日 (火) 16時11分

ふみこさま

不便を楽しみながら過ごされているご様子、いいなぁと思いながら読ませてもらいました。
100歳の先輩が淹れてくださる紅茶。
ほうっとしました。
この間も、大きいばあちゃんが夢にでてくれて、嬉しかったです。
今回は、三輪車の後ろにばあちゃんを乗せて買い物に行ってる夢でした。
なんで自転車じゃないんだろ⁉️

おかしかったです🎵

投稿: こぐま | 2021年6月 1日 (火) 16時49分

ふみこさま みなさま

梅雨入りしてから
この何日かは晴天で だんだん暑くなってます。

畑仕事に毎日かようわが子が
収穫野菜をおすそ分けされることがあります。おかしな形の人参だったりニンニクの芽、大根
ジャガイモ…そしてきのうの戦利品は?はごぼうでした。

ちゃっかりしていて、カッコつけ なところを ちょっとセコい、と言ってしまったわたしに「大事です、大事です」
と言ってくださったセラピーの先生を思い出しました。

いつもは好物の上位にないそれらを煮込んでスープにしたら
朝には鍋が空っぽになっていました。
ことばを使えないコミュニケーション、人と通じ合うことが得意でない母と 特性のある子とのキッチンを介してのささやかなやりとりは時おり、そしてたぶんしばらく続きます。

これからどうするのか
どうなってゆくのか
そのことからはピントをぼかすようにして 今日と明日を思うようにしています。

気分転換に海までドライブしました。明るい空と海と山の緑を心に写して帰ってきました。

投稿: こんぺいとう | 2021年6月 1日 (火) 23時16分

おはようごさいます。

朝おきてみたら わたしったら
以前とおなじような内容を
お送りしてました。
失礼いたしました。
進化と同時に退化もする
そんなイキモノとして
どうかお許しくださいな。
(なんかスットコドッコイな夢までみました、やれやれ)
きょうの用事を忘れないようにしないと!! 

投稿: こんぺいとう | 2021年6月 2日 (水) 06時20分

ふみこさま


おはようございます。
あら~。。素敵なプレゼント。真っ赤な自転車にのって。。
レースのスカートはいて。。緑のなかを走る走るふみこさん。。

「森へのパスポートー♪魔法の扉あきます~~♪。。」
の世界みたいでわたしまでわくわくしました。
あるくのもいいけど。。ちょっと坂道こがなくてもすうーっとすすむと
気分いいですよね。風や空とおともだち。。ふふ探検探検のつづきのおはなしまたたのしみで~す。

投稿: 真砂 | 2021年6月 2日 (水) 07時18分

たまこ さん

家族にも、ひとにも、
季節や時代がめぐります。

「さらけだす」季節、
いいね、いいね。
さらけだし方も、板についてきますよね、
きっと。

投稿: ふみ虫。 | 2021年6月 2日 (水) 10時05分

じゅう さん

「不便」のなかで、
ひとの思いやりや、
思いがけない助けが、
みえてきます。

あたりまえだと思っている日常は、
決してあたりまえではなく、
感謝しても感謝してもしきれないほどの
ものなんだと、わからせてもらっています。

投稿: ふみ虫。 | 2021年6月 2日 (水) 10時07分

みゅー さん

一緒に引っ越した気分……を
読んで、うれしく跳ねています。

だとすると、わたしも、
一緒になめくじと格闘!です。

みゅーさんのうちの、
小学生も中学生も、
ゆっくりたのしみながら大きくなあれ!

投稿: ふみ虫。 | 2021年6月 2日 (水) 10時10分

こぐま さん

素適過ぎる夢ですね!
三輪車のほうが、安全ですもの。
その風景がぽわんと浮かんで、
しばしうっとりしました。

こぐまさんはやさしいから、
そんな夢を呼ぶのでしょうね。

投稿: ふみ虫。 | 2021年6月 2日 (水) 10時12分

こんぺいとう さん

「キッチンを介してのやりとり」
ほんとうに、それは会話なんだと思いました。

こちらにキッチンがつくのは今月の15日。
それまで、おままごとのような
キッチン生活がつづきますが、
そこにも、とくべつな会話が育まれているはず。

と、こんぺいとうさん、
気がつかせていただきました。
どうもありがとう!ございます。

投稿: ふみ虫。 | 2021年6月 2日 (水) 10時15分

こんぺいとう さん

こんぺいとうさんは、
ご自分で気がついていないのかもしれないけれど、
毎回変化・進化のこんぺいとうさんです。

雰囲気が、
ゆっくりあたたかく、
やさしくなってゆくのです。
そして澄んでゆく……。

用事なんて、ときどき
忘れちゃえ!です。
(乱暴でごめんなさい)。

投稿: ふみ虫。 | 2021年6月 2日 (水) 10時18分

真砂 さん

いや、 真砂さん、
白いレースのスカートは
やさしげなものでなく、
自転車には乗れません。
タイトです。

紅茶色に染めて、
白いノースリーブのシャツと
合わせようかと、考えちゅう。
染めるとなったら、専門家にたのむつもりです。

白のままにして、
黒シャツと合わせるのも、捨てがたい……。


投稿: ふみ虫。 | 2021年6月 2日 (水) 10時23分

ふんちゃんへ

真っ赤な自転車いいですね!
「これ、アナタに」とさりげなく仰ったご主人素敵です…♪
行動範囲がひろがりますね。
新しい発見をまたこの広場で教えて下さい!楽しみにしています。
熊谷駅前の桜湯が気になる私です…。
武蔵野の帰りに寄られたのですよね、お風呂道具は持ち歩かれたのか、置いておくほどの常連さんになられたのか…。

5月末で退職しました。
去年10月から復帰し8ヶ月働きました。
また自分の勝手な理由で仕事を辞めるのは長く一緒に働いたスタッフの皆さんに申し訳なく思ってました。
そんな気持ちをかなり年下のスタッフさんに伝えたら「いいんですよ、○○さんの人生ですから…。」と返してくれました。
泣きそうになりました。

火曜日からは新しい人生を歩き出した私。
構えすぎず、楽しみ、面白がって毎日を過ごしたいです♪
来週火曜から2~3週間夫の赴任先の秋田に行きます。行く前にPCR検査をしなくてはいけないそうです。
向こうでは夫用の軽自動車はありますが、慣れない車で知らない街を運転するのはかなり緊張するので、歩こうと思ってます。
さっき出掛けた時に万歩計を買って来ました。
去年腰を痛めてから歩く事が怖かったのですが、4月の息子の札幌への引っ越しの時にかなり歩き自信がつきました。
テクテク歩きます。

投稿: ハチミツ | 2021年6月 3日 (木) 11時48分

ふんちゃん

 こんにちは。

 今日の札幌は、すご〜い嵐のような天気です。
 小学校も集団下校の一歩手前「方面別下校」とか言うのになりました。
 同じ方面同士、固まって、先生先導のもと、みんなで帰るよ〜
 というものです。
 大変なのだけれど、
 なんだかこういうのもワクワクして、 
 いいなぁ〜と思っているわたしです。

 今日は、定期的に自分へのごほうびのために行っている鍼灸院へ行ってきました。
 いろんなことを話して、すっきりしてきました!!
 (鍼灸院なのに、話の時間の方が長い(^^;)

 ふんちゃんのくまがや日記のおかげで、
 わたしも、なんだかワクワクしながらいましたが、
 なんというか……、
 わたしも、変化の時期みたいで、
 わたしの中に、いろんな変化が起こっている感じです。
 (実際に目に見える変化はそれほどありません)
 ふんちゃんちの新しい風を感じ、
 わたしにも風が吹いているのかなぁ〜(^^)。
 わたしの中が、よりいっそう自由に軽くなるような感覚です。
 
 しごと、仕事、そのほかいろんなコト。
 今までも自分の好きなようにしてきたつもりが、
 そうでもなかったのかもしれないなぁ……と気づいて、
 あれこれやり方を試行錯誤しています。
 ここのところは、ネット上でまだ学会が続いているので、
 魚を焼きながら、学会の発表を聞くなんて、
 たのしいことをしています。

 ハチミツさんのお話を読ませていただいて、
 ああ、わたしもかまえすぎずにゆら〜りとたのしみながら、
 いきたいなぁと、きもちあらたに……でした。
 

投稿: 空色めがね | 2021年6月 4日 (金) 16時05分

ふみこ様 こんにちは

空色めがねさんのコメントの通り
今日は 札幌も嵐でした。
午前中、仕事先から
「徒歩通勤されている方は お休みしてもいいですよ」
と 連絡が入り いつもなら
カッパを着て 長靴を履いて
なにがなんでも出勤するぞ!と思うのですが
休ませてもらうのもいいかもしれない・・と
窓の外を眺めて 決めました。
降って湧いた お休みです。

ゆっくりできました。

ふみこさん 
小型トラクター でしょうか?
なんとも 楽しそうに見えてしまいます

応援しています!

投稿: えぞももんが | 2021年6月 4日 (金) 18時04分

ハチミツ さん

退職おめでとうございます。
よく修められて、ね。
お疲れさまでございました。

そうしてあたらしいことが
はじまりますね。
はじまりはじまり。

桜湯。
あの日は「寄るかも」と思っていたので、
最小限のものを持っていました。
持っていなくても銭湯には
入浴セットがあります。

投稿: ふみ虫。 | 2021年6月 5日 (土) 16時50分

空色めがね さん

変化しない日はないのかもしれませんよ、
空色めがね さん。

空色めがね さんのおたよりを
読んでいて気がついたのですが。
「変化」と名をつければそうにちがいないけれど、
毎日「変化」。
毎時間「変化」。
毎秒「変化」です。

「進化」にもなるといいのだけど、ね。

投稿: ふみ虫。 | 2021年6月 5日 (土) 16時54分

えぞももんがさん

トラクターを運転しているのは、
夫です。

わたしは、こういうのは、
「いたしません」。

このごろ、
「いたしません」
を云えるようになったんです。
なんでもかんでも、自分でしないで。

えぞももんがさんの、「おやすみ」は、
手仕事と料理と読書と、
散歩と手紙書きの1日だった……かな。

投稿: ふみ虫。 | 2021年6月 5日 (土) 16時57分

ふみこさん

私もです!このごろ やっと「いたしません」を言えるようになりました。
魚をさばけるようになりたいと何年も思い続け、練習したこともありますが どうしても こわい…。
勇気を出して「いたしません」って口にしたら 主人がさばいてくれるようになりました。

昨日の煮魚、本当に美味しかった…

長年 何もかも、自分がしなくちゃと思ってました。何でも出来るようにならなくちゃって思ってました。「いたしません」を言うのは まだ勇気がいるんですが、思い切って言ったあとは とっても気持ちがいいです(^^)

投稿: 背の高い松の木 | 2021年6月 7日 (月) 12時20分

ふみさまみなさまこんにちは~~~

降りそうで降らない、
降らなさそうでいて、急に降ってくる
降るといっていたのに、なにこの太陽・・・

6月らしいお天気に、空を見上げる、外を気にする、庭にでてみる
機会をいつもより多くいただき「こんなあいまいな感じもまたいいなあ・・」と思える1週間でした。

くまがや日記、今週も素敵でした・・・

寂しがる遑がない忙しさの効能。工夫したり、節約したり、身体をつかったり、頭を使ったり・・・ねえ、なんかすごくいことづくし!!
未完成の新居への早期入居は、旅の早割りのようにお得感満載ですね。
不便を楽しめるふみさまには本当に毎日がキラキラなんだろうなあ・・と、パソコンからも伝わってきます。


そして片道2時間、往復4時間のぶらり列車の旅。
ひと月に1回。これまた贅沢な(笑)いいな~~~

音楽の短大に通っていたころは、1年目は寮生活、2年目は自宅から通っておりました。千葉から埼玉の川越の学校まで、片道2時間でした。

今日はこの本を読もう!小さなレターセットを買ってお手紙書いちゃおう、カセットウオークマンでこのカセットテープ(自分で好きな曲を編集してある)聞こう!、色々暇つぶし持ってきたけど、結局ぼんやり何もしなかったなあ・・(それはそれで素敵な時間だったなあ・・)そんな時間って、今あまり持てない。なぜなら板切れもあるし車を運転する私にとっては社会状況もあってなかなか電車に乗ることがない・・なんだかすごく私も電車にのりたくなりました。わざと板切れ持たずに。
スタバでコーヒーとスイーツはがまんするから私もグリーン車に乗る~~~(笑)

そして目指す場所にはここちよいカンジサンの素敵なお店や、魅惑のご婦人ノゾミサンが淹れてくれるおい、そしてお散歩・・

こんな時間や感覚もまた、近くにいたらもらえなかった時間、気持ちなのかもしれません。くまがやのおとうさまおかあさまがふみさまに下さった素敵な時間なんでしょうね・・・ウットリ。

そしてそして


素敵な赤い自転車。ダイヤモンドより、ブランドバックより、高級フレンチ店でのディナーより、
スペシャル素敵な贈り物。(また「まわれまーわれメリゴーラン♪」脳内でなりひびいております。(笑))

運転、どうかお気をつけて、いろいろな場所にスイスイっと行かれてくださいね~~
赤い自転車さんのお名前が決まったらまた教えてください。

仕事や役目は自分に向かってやってくる
自転車やさんのイシカワサンのこのお話もすごく私の中で考えること、多くて・・・・このお話はじっくり私のなかで熟成させて、またみなさんにもおもうところを聞いてもらおうと思いま~~~す。


~~スカーレット2世にっき~~(今年はスカーレット2世が自分で日記をつづりたいと言っているのでそうしてもらいます)


きのうおかあさんがホームセンターでおおきなうえきばちとと、ここちよさそうなつちをかってきてくれました。
こんしゅうのあまりあつくないひに、おひっこしできるよていです。
たのしみです。
おかあさんはかぜがつよいひはすごくしんぱいそうにしょっちゅうようすをみにきます。そんなにきにしなくてもぼくはスカーレット2世のぷらいどがあるのでしっかりふんばってたおれません。せはまだのびていないけれど、まずはあしこしをしっかりきたえてからいっきにおおきくなろうとおもいます。なにごともいそがずに、ねをはることはたいせつだとおもいます。みえないところからです。

投稿: おきょうさん | 2021年6月 7日 (月) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)