« くまがや日記(15) | トップページ | くまがや日記(17) »

2021年9月21日 (火)

くまがや日記(16)

9月◆日 
 朝、洗濯ものを干そうと裏口を出たところで、足がとまる。
 数歩先に小さなカエルが佇んでいたのである。こちらはいつも通りの下駄履きで、カラコロと音をたてているのだが、カエルは薄鈍色(うすにびいろ)の背中を見せたまま動かないでいる。
 下駄を爪先立てて、音が鳴らぬようにして干し場に進むと、その横顔が見えた。
 アオガエルだろうか。
 まわりに合わせて(たぶん)青の色味を消し去っているせいで、その横顔には憂いの影がさしている。
 洗濯ものを干すあいだ、カエルは動かなかった。

 これまでも幾度となく他人(ひと)の憂いに接してきた。
 カエルが何を憂いているのか察することさえできないけれど、友人知人のかなしみを見守るのと同じやり方で、静かに自分の仕事をこなすこととする。

「あと1時間もすれば、アナタの悩みは消えているんじゃないかな。そうなるといいね」
(ヒトの場合には「3日もすれば」と念ずるところを、1時間もすればとやってみたのである)

 2度めの洗濯を終えて、ふたたび裏の干し場に出たとき、カエルはもうそこにはいなかった。

9月◆日
 東京都のある中学校に出かける。
 1時間目の道徳の授業を見学ののち、体育館で短いはなしをすることになっている。
 目の前に坐る制服姿の中学生たちは、かわいらしくもあるけれど、ぐっと大人に近づいているようでもある。彼らの4倍ほどの年齢となっているわたし……、本物の大人とはとても云えないように思えてきて、いきなり緊張す。
 本物とは云えなくても、一応大人であることをよすがに「ひとの喜びを、喜ぶ」というはなしをする。うらやましさが、時に妬み嫉みに転じて苦しむこともあるけれど、とにかくまずは「よかったね」と云おう。
 かたちから入るということ。
 そんなことをつづけるうち、ポイントがたまって、自分にも喜びが訪れる、と話すと、生徒さんたちの顔にささーっと光が差した、笑顔である。

「ひとの喜びを、喜ぶ」は、わたしが子育てのいちばんのめあてだった。

9月◆日
 図書館は、わたしの仕事の支えだ。
 熊谷市に転居して、もっとも気がかりだったのが、図書館との縁(えにし)。駅向こうの熊谷市立図書館に何度か通い、だんだんに馴染んできた。ことに駐輪場のおじさんの親身なことと云ったら……。
 きょうは小さな通用口から入館する方法をおそわる。
「ここからも入れますよ。いっていらっしゃい」

 予約しておいた本5冊が、ひとつのカゴのなかでわたしを待っていてくれた。

9月◆日
 柿が庭と、裏庭とになっている。
 無類の柿好きなので、実が視界に入るたびにわたしのこころははずむ。カラスやらムクドリ(?)やらもつつきにくるが、まあ、どうぞ。
「合戦」はいたしません。

Photo_20210921095301
ポストの足元の彼岸花
咲きました咲きました。

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

前回は一時退院をおめでとうと言ってくださり皆様ありがとうございます。
報われました。


ふんちゃんの今の生活は
子育てのご褒美みたいですね。

私も今は毎日精一杯ですが
この先のご褒美時間目指してがんばります。

次男くんと過ごした
やり直しプレゼント育休
ほんとに幸せな時間でした。

どこに行くにも坊やと一緒ですから。


さてあと一息がんばります。
無事に退院できますように

投稿: たまこ | 2021年9月21日 (火) 12時39分

ふみこさん

最近 自分は妬みと嫉妬の人だな、と思います。
人の喜びを聞いたあと、たいてい わたしは?わたしは?と 自分の出来なさをなげくんです。
イヤだー!と思います(笑)
人の喜びを 喜ぶ 私のこれからめあてにします。

投稿: 背の高い松の木 | 2021年9月21日 (火) 12時49分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは

昨晩、縁側のカーテンを閉めようとして、明日は十五夜だと思い空を見上げたらきれいなお月様が出ていました。確か十五夜の前夜の月も季語だと思い歳時記を開いてみると「待宵」(翌日の名月を待つ思いがこもる)とありました。ただ残念ながら俳句歴三年の私にすぐ句にする事は、まず無理で考えていたら眠れなくなるので、諦めました。
こちらは、今日は夕方から少し曇るようですが十五夜お月様は見えるでしょうか?
みなさまの所でも見られますように。

敬老の日は、義母(91歳)をお祝いする日と思って来ましたが、いつの間にやら孫七人となり、お祝いされる身となり、ワクチン接種でしっかり高齢者枠となり、今年は孫達からの「祝敬老の日」のお饅頭を夫と美味しくいただきました。
コロナが早く収束して孫に囲まれて祝ってもらいたいものです。

「人の喜びを喜ぶ」心にしみます。少しでもそこに近づけるようになりたいです。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2021年9月21日 (火) 14時59分

たまこ さん

もうひと息。

退院の日までどうか、もうひと息。
……。

投稿: ふみ虫。 | 2021年9月21日 (火) 16時49分

背の高い松の木 さん

そうかなあ。
背の高い松の木さんは、
そんなひとではありません。

でも、ポイント貯めるというのは、
いいでしょう?

投稿: ふみ虫。 | 2021年9月21日 (火) 17時03分

岡山のこんちゃん さん

こんちゃんは、
お孫さんたちはじめ、
いろんな皆さんの気配や温かみを身にまとって、
しあわせ。

そんなこんちゃんの気配と温かみを
感じて、わたしもうんとしあわせです。

投稿: ふみ虫。 | 2021年9月21日 (火) 17時08分

ふみこさま こんにちは

今朝5時過ぎに起きると(いつもはもう少し寝ています)西の空に丸い月が沈んで行くところでした。
ふみこさんのピアスみたいなきれいな月でした。朝からご褒美をもらったようでうれしかったです。
もう一度今日見られるかな?と、お供え用に里芋を炊いて、お月見だんごも意してスタンバイOKです と、書いている途中で雨が降ってきました。どうか見られますように。

「ひとの喜びを、喜ぶ」
いろいろなことが変わる世の中ですが、「ひとの喜びを、喜ぶ」ことができる世界なら、優しい方にすすんでいきますね。
私も心にしっかり留めます。ついつい、自分が、自分が…と、なってしまうので。

彼岸花も綺麗ですね。子どもの頃は訳もなく怖い花でした。でも、よく見ると綺麗で、先日、畦に咲いていたのを写真に撮りました(まだ花には触れません)。
秋ですね。きちんと秋のお彼岸の頃に咲きますね。えらいなぁ。
季節が進んでいますね。

投稿: あすちるべ | 2021年9月21日 (火) 17時58分

ふみこさま

おはようございます。
蛙さんとの出会い。。もしかしたら。。。
急に寒くなったので「ちょっと~まだ9月だよね~
そっちはだいじょうぶ?」なんてふみこさんの様子みて
元気そうなので安心してかえったりして。。ふふ。

ふみこさんこちらもね。。いつものあささんぽで
たま~に会うしろねこさんがいてずっとこちらをみているの。いつもならさ~っと隠れてしまうので何かな
と思って猫さんが見ている方向をたしかめると
木の陰になっているところに彼岸花がさいていて
どうもそれを教えてくれたらしいの。わたしがきがつくと「ほらね」なんて満足げなねこさんでした。

さらにね。。その日の夜に不思議なことが。。
録画したはずの番組がとれてなくて「あれ~」なんて
いいながら。。いつとったか3年まえくらいの気になる番組「これだれとったの」なんて娘もいいながらつけると
こんど娘と共演する「雨の歌」がいきなりはじまり
ふたりでびっくりでした。どきどきして。。でもきっと
私たちを応援していてくれるんだとパワーをもらいました。では皆さんも素敵な不思議を楽しんでくださいね。秋ですね。(もう~あと4日なのでどきどき~)

投稿: 真砂 | 2021年9月22日 (水) 07時07分

ふみこさま。みなさま。
朝から晴れ、さわやかな秋分の日を迎えてます。
私の住む所には本屋さんがありません。
久しぶりに隣町の本屋さんまで
文房具、のりとちょっとおしゃれな便箋と封筒を買いに行きました。
久しぶりにゆっくり手紙を書きたくなったからです。
そして、ふみこさんに刺激されて
私も近くのポストまで歩数を数えてみました。
ポストは小森の小さな神社のある入口に昔のままの長い筒型のポストが立っています。
この季節になるとポストの回りにドングリが沢山こぼれます。
このポストのたち振る舞う姿が好きで、もし今式の角型のポストに変えるときがあったなら
撤去するとしたら私にゆずって

投稿: ユリの木の花子 | 2021年9月23日 (木) 10時08分

追伸
ゆずってもらえないだろうか?と郵便局の局長さんに手紙を書いたほどです。自分でも笑えます。
でも、永遠にこのポストはここにいると思ってます。
ポストまで玄関から156歩でした。
ちなみに海までは玄関から33歩です。

ひとの喜びを喜ぶ。
このことばは胸にしみます。
このことが出来ないと心底
しあわせになれない思いがするのです。
人を思い、それがまた自分につながる。
王子が人と同じ生活が出来なくなったその日からの積み重ねの日常の中で、ひとの喜びを喜ぶことを
素直に感じられるようになりました。

投稿: ユリの木の花子 | 2021年9月23日 (木) 10時17分

ふみこさま みなさま
こちらもたくさんの彼岸花と
こがね色の稲穂の風景が広がってます。
1年まえの今ごろを思うと不思議です。
苦しい不調であったのに実感は薄れているのですから。

長男がボーイスカウト活動をしていたとき 『幸せになるためのほんとうの道はほかの人たちを幸せにすること』ということばを知りました。
けれど自分なりの理解にはいたっておらず いつも心にあって思いはあっても霧が晴れたような一瞬の次の一瞬には こたえは遠ざかっています。
いつの日にか こたえに続く道を見つけられると信じる、
そこから始まる長い道のりです。
こんなだから えっへん❢なんて
軽々しくいっちゃまずかったな
と反省、です。
えっへん光線は まだまだヨワヨワです、ごめんなさい
ハチミツさん

投稿: こんぺいとう | 2021年9月23日 (木) 17時40分

ふみさまみなさまこんにちは~~~

秋なの~~?夏のおわりなの~~?
雨なの~~?晴れなの~~~?

と日ごとにかわるお天気ですが、おもに自宅にいることが多い私にとっては、
窓から見る空と、窓をあけて感じる風と、虫の声が、確実に季節がかわってきていることを教えてくれている気がします。


栞さん、GPSにて管理されてしまうのですか???びっくりしました。
ためしにうちの娘が管理されたら、
「またこいつ、自宅のテレビでアニメ三昧かよ・・・」とバレてしまうでしょうかね(笑)

自宅にて語学のお勉強。素敵な(そして厳しい?(笑))先生とマンツーマンなんて羨ましい。
うちの長女も韓国の彼氏さんがいたので(あら?過去形。(;^_^A)
結構言葉や、文字も読めるのでたまにハングルで書かれている文字に出合うと質問してみたりします。
長女は決してお勉強ができる方ではないのですが、なんていうか語学って、
5感の中では耳が良くて、あまり深く考えず、てきと~~~に感覚で受け取れる人の方が得意なような気がします。

私もこの先何を学びたいか?といったら、日本語以外の言葉かな・・。何かを真剣に学ぶ時間を得るなら、今の社会状況は最適な気がしますよね。


ま、でもまずは、私の中の緊急事態状態を乗り越えなくては。

結局宣言が延長されてしまったので、発表会はホールを使えなくなってしまいました。(泣)、
それでもあきらめきれずに講師仲間の友人に相談したところ、私の自宅近くにグランドピアノとちょっとしたスペースをレンタルしている場所があるというので急遽紹介してもらいました。

準備間に合うかわからないのですが、とにかくそのサロンにて、生徒さんの演奏を録画し、ラインで配信してゆく発表会を来週土曜日に企画することにしました。

でもまあ、今のデジタル化にはまったく浦島太郎さんのおきょうさん、
大学生や高校生の生徒さんをつかまえてあれこれ指南してもらっております。

施設に母が入居する前に、携帯からくらくスマホに変えた時に、何度も何度も同じ説明、用後、操作を説明してなかなかわかってもらえずヘトヘトだった覚えがありますが、まさに私は今当時の母のような状態でございます。彼女のオドオドをもっと私理解してあげればよかったなあ・・・。(;^_^A」

生徒さん:Googleフォト内でリンクを作ってそれをラインのグループチャットにペーストして共有すればいいと思います。、またはアルバムを作って落とし込んでいけば何度も着信しないでデータが送れると思います。Wi-Fi環境がないところで開くとギガを食ってしまうかもしれないので、自動で再生しないようにあらかじめ受け取り側のラインの設定がひつようかも・・・

私:・・・・・お願い日本語で話して・・・・(´;ω;`)


おきょうさん語学の勉強以前に学ばなければいけないことがわんさかありそうです・・・

がんばりま~~~す!

投稿: おきょうさん | 2021年9月13日 (月) 15時15分

投稿: ふみ虫/9月13日のおたよりを、いま、発見。 | 2021年9月23日 (木) 22時30分

ふみこさま

こんにちは~。
おきょうさんさんのおたよりを改めてのせてくださって
明日なんですね。ありがとうございます。
その日にむけておきょうさんせんせいが全力でむきあって
なんとかしてみんなの場をつくってあげたいという思い
わたしもそっと感じて一緒にここまでこれた感じです。

何回も中止になりそうになりながら。。
やはり不安の中でこそつかめる物を感じながら。。。
ん~~不思議なおくりものもうけとりながら。。

ふみこさんもお好きな高橋悠治さんの「雨の歌」ピアノ
演奏のCDのメッセージ。。。ふとみたらすてきなので
かいてもいいですか?
「お気に入りの場所に来たように自由に音があそびだすように。。」
そうか~出だしのところのあたたかな不思議な和音のつながり。。二つの扉があくかんじがして。。一つは森の中一つは。。何だろうって迷ってましたが。。
お気に入りの場所のみなさんの心の扉もそっとひらきますようにそんな感じでひいてみたくなりました。ふふ。
わたしのそんな思いきいてくださってありがとうございます。(おきょうさんさんも明日素敵な時間になりますように祈ってますね)

投稿: 真砂 | 2021年9月24日 (金) 11時14分

あすちるべ さん

学生時代の後輩から、
彼岸花みたいなひとだと云われ、
え? と思ったことがあります。

勝手に「潔い感じ?」と受けとめたら、
だんだんうれしくなってきて、
以来、彼岸花を親しい気持ちで眺めるようになりました。

なつかしい記憶。

投稿: ふみ虫。 | 2021年9月25日 (土) 09時11分

真砂 さん

秋の夜の不思議なものがたり。

その道をまっすぐ進んで、
どうか佳い日を迎えてください。

投稿: ふみ虫。 | 2021年9月25日 (土) 09時13分

ユリの木の花子 さん

33歩で海。

と知ったとき、
波の音がしました。

投稿: ふみ虫。 | 2021年9月25日 (土) 09時16分

こんぺいとう さん

「1年前」を正確に記憶しているひとは
少ないそうです。ね。

そのときの悩みも、
痛みも、思いだせないことがある……。
ひともうつろってゆくけれど、
やさしくうつろってゆけたなら、
どんなにいいかなあ。

投稿: ふみ虫。 | 2021年9月25日 (土) 09時19分

おきょうさん さん

大事な日の計画を
皆さんもおたのしみに。

リモート発表会です。

どんなかたちでも、
おきょうさん さんの手にかかると、
エネルギッシュ、愛情たっぷりです。

走れ、おきょうさんせんせい!

投稿: ふみ虫。 | 2021年9月25日 (土) 09時25分

真砂 さん

ありがとう、おたより。

そう、きょうがおきょうさん さんの
フェスティバル。
なんとなく、不思議な気配が地面から
立ち上がり、移動をはじめています。

広場に音があふれています!


投稿: ふみ虫。 | 2021年9月25日 (土) 09時28分

ふみこさま、皆さま

刈り入れ間近の稲穂と畔の彼岸花、
いが栗に柿・・・
秋の彩りはこっくり深くて
見ているだけで豊かになりますね。

「・・・そんなことをつづけるうち、ポイントがたまって、自分にも喜びが訪れる、と話すと、生徒さんたちの顔にささーっと光が差した、笑顔である。・・・」

生徒さんたち、ふみこさんのお話に自分を重ねて
聞いていたんだろうなぁ、と思います。

人の喜びを素直に喜べないときがあっても大丈夫、
ちゃんと相手をリスペクトできる魔法があるし、
そうすると自分にもいいことが起こるんだ、って
希望ですね。

大人にも効く魔法、教えてくださってありがとうございます!

おきょうさんさんの生徒さんの発表会、
たくさんの思いがこもった音、笑顔と涙で
あふれていたでしょうね。

デジタル機器の進歩にはお手上げですが
必要に迫られるこんな時代だからこそ
気が付いたら次のステップに進んでた、
ということもあって。

おきょうさんさんのご尽力が実を結んで
新しい世界が広がっていきますように!

投稿: 円 | 2021年9月25日 (土) 22時05分

ふみさまー
みなさまー

こんばんはー

こちらの広場でもたくさん応援していただき(すみません、再度登場させていただいたりしてしまい。)→思い切り力になりました。\(^o^)/
なんとかかんとか昨日、生徒さんの演奏を一人ずつ録画して、ライングループに登録していただいた保護者さんや友人らに送信するという形でふぇすてぃばるを中止にすることなく開催することができました。→主に作業は私の生徒さんの高校生が早業でやってのけてくれておりました。この子達の作る未来の社会はさまざまな可能性があって、いろいろか道が開けていて楽しみだなぁと、シュッシュと眼を見張る速さでスマホをお指で作業をする姿をみながら感じました。→おきょうさん浦島太郎をどうか見捨てないで…背中に乗せていって…笑笑。

緊急な事態の延長が決まりほぼ二週間で全面的に路線を変更して準備だったので、もうひさびさに、全集中のおきょうさんでした。

そりゃあもう大変でしたがさまざまな方々の愛や、優しさを感じれた濃い時間でもありました。 

そして、すべてを終えた只今の達成感。これは多分生徒さんの演奏発表の達成感以上に先生がいただけた素敵な達成感だと思います。ありがたや。

しかしながら…

つかれたよーーー(ToT)

今週一週間はかなりダラダラ、ゆるゆる、自分にあまあまで過ごそうと思います。
さきほどもリビングソファーでガッツリ2時間爆睡しちゃってました。(おかえりモネの撮り貯めてあったものをみながら。いつのまにか予報士でテレビ中継で活躍モネちゃんが気仙沼に帰る決心してた。(^_^;))

走り抜けているうちに、すっかり秋の気配が濃くなってきましたね。
熊谷の秋はそれはそれは素敵だと思います。くまがらや日記楽しみに。
そしてこの広場に集うお仲間と、一緒にふけゆく秋を楽しめる喜びを感じております。


投稿: おきょうさん | 2021年9月26日 (日) 18時50分

円 さん

なんだかね、円さん、
「かたちから入る方法」を
もっと後輩たちに伝えたげても
いいのじゃないかと、思うんです。

受けとめていただき、
ありがとうございます。

投稿: ふみ虫。 | 2021年9月26日 (日) 22時02分

おきょうさん さん

全集中、お疲れさまでした。

と云いながら、
そういうときのおきょうさんさんは、
すごい! 
たのしんでる!
生きがい爆裂!
と思って、ここで弾んでいるのです。

少しはゆっくりしてください。
少しはね。

おめでとう!
おきょうさんさん。

投稿: ふみ虫。 | 2021年9月26日 (日) 22時07分

ふみこ様 おはようございます。

こんなに晴れの日が多い年は
今までなかった気がする・・
そう思えるほど
夏も 秋も お天気の日が続きました。
今朝も 秋晴れです。
本当に 気持ちがいいんです。


この広場で
ふみこさんの 日記を読み
みなさんの日々の暮らしを感じると
不思議に 自分の一日 一時間を
大事に過ごそうと思って 自分の生活に戻ります。

9月はまだ 夏に近い秋ですが
10月になると 一気に 冬の気配を
感じ始めます。

森でカツラの木の甘い香りが強くなりました。

「これ この匂い。
キャラメルみたいでしょ?」と
みなさんに教えたくなります。

投稿: えぞももんが | 2021年9月27日 (月) 08時33分

ふんちゃん

 えぞももんがさんに続いて……。
 本当に、天気のよいきもちのいい朝です。
 こんなに天気が続くのって、珍しいなぁ〜と思いながらいたら……、
 今週末に予定されている小学校の運動会のときには、
 傘マークが……。
 そんなもんだよね〜、なんていいながら、
 4番目ちゃんと天気予報をながめていました。
 当の本人は、できればやりたくない運動会。
 リレーの選手だけど、走るのには自信がなくって、
 しかも、足が痛い……。
 というので、やめればいいのに……と毎日つぶやいている6年生です。
 最近、この6年生が、不機嫌なときが多いのです。
 あっち痛い、こっち痛い……、イライラする……、
 のくり返し。
 ん〜、とながめていたのですが、
 ラインを使ってやりとりしてみました。
 毎日、嫌だったこと、良かったことを書いて送ってね、と
 お願いして、そこにわたしが返信するということを始めました。
 嫌だったこと、悲しかったことにも、フタをせずじっくり見てほしかったし、
 もちろん、それだけでは悲しいので、良かったことも見つけようよって思って…。
 兄弟が多いから、なんとなく抜け落ちちゃう小さなコトも多かったのですが、 
 このやりとり、いい感じで続いています。
 こないだはね……、
 「ありがとうと言われなかった。いいことしたのに」
 なんて書いてありました。
 あんまり正直で、笑ってしまいました。かわいい。
 けれど、これは大きなことだな……と思って、
 何度かやりとりをしました。
 とっても、たのしいやりとりになりました。
 「ひとの喜びを、喜ぶ」
 これも、伝えたいなぁ〜と思いました。
 これからも、しばらくこのやりとりは続けようと思います(^^)。

 カツラの木の匂いって、キャラメルみたいなんですね〜!
 かいでみたい……。
 
 ふんちゃんが、彼岸花みたい、って、
 とってもうなずいちゃいました!
 ほんとだ〜って、写真見て思いました。
 ステキです(^^)。

 家の周りの葡萄が、まだまだたくさん実をならせてくれています。
 外に出るたびに、食べています。
 先日は、栗を頂いて茹でて食べました。
 秋ですね〜。
 風も、しっかり冷たい札幌です。
 涼しいとかじゃなくなってきました(^^;)
 今年の冬は、どんな冬になるのかなぁ〜。

 今まで夏休みだった大学の仕事が、今日から再開です。
 なんだか……、いつもに増して、まとまりがないまま……、
 行ってきま〜す♬
 

 

投稿: 空色めがね | 2021年9月27日 (月) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)