« とくべつな日 | トップページ | サンドウィッチ »

2021年12月 7日 (火)

ひとりの朝。呼び鈴が鳴る。

 熊谷の古くて大きな家にぽつんとひとりでいるという日、なんとはなしに緊張する。
 そんなことが、1日じゅう半袖で過ごすころには、あった。
 いまはそんなことはない。
「ああ、きょうはひとりなのね」
 と認識しても、なんでもない。

12月□日
 ひとりの朝。
 玄関の呼び鈴が鳴る。
 扉をあけると、紳士が立っている。赤いシャツに上着、チェックのマフラーを巻いたあなたさまは……どなたでしたでしょう。
「イシカワリンテンです。ことしもお世話になりました」
 おお、石川輪店さん。ことし、わたしの赤い電動アシスト自転車を仕入れてくれた、自転車店のご主人だ。法律家をめざして歩もうとしたそのとき、父上が亡くなったため、自転車店を継いだ石川さん。89歳現役である。
2022年のカレンダーを持ってきました。どうぞ使ってください」
「まあ、どうもありがとうございます」
 よおし、クリスマスが近づくころ、こんどはこちらからお菓子を持っておしゃべりに行くとしよう。

12月□日
 ひとりの朝。
 門の呼び鈴が鳴る。
「クマガヤセイソウシャです。浄化槽の清掃にまいりました」
「はい、お待ちしておりました。よろしくお願いします」
 1年に4回点検が行われ、そのうちの1回浄化槽を清掃してもらうことになっている。きょうが、その日。
 夫からは任せておけば、すっかりしてくれるから、と云われていたけれど、「浄化槽の清掃って……?」という好奇心がおさえられず、裏庭に面した夫の仕事部屋から覗く。韓流スターみたいな青年作業員がふたつのマンホールをあけて、ブラシでなかをごしごしこすっている。

(キムさん——キム・ソンホ*にちょっと似て見えて、そう呼びたくなってしまった——寒いなか、カムサハムニダ)

 外に停めてあるバキュームカーから長いホースを引いてきて、壁にこびりついた汚れを吸いだしてゆく。
 東京では集合浄化槽が設けられているから、浄化槽保守点検の経験はなかったけれど、このあたりは各家庭に浄化槽がある。昔の汲み取りとはちがうが、汚れを吸いだすということだそうだ。

(わたしの腸も、年に一度でいいからこんなふうにこびりついた汚れを吸いだしてもらえるといいなあ)。

 清掃が終わると、わたしの出番だ。きれいになった浄化槽に家の水道から引いたホースで水を入れるのだ。

「1時間半くらいかかります。忘れないで、水を止めてください。浄化槽のマンホール、気をつけてしめてください」
「キムさん、アルゲッスムニダ」

 さいごにバキュームカーを見せてもらう。最新鋭。
「宇宙船みたいですね」
「……」
 キムさんは、わたしの感想には応えきれなかったらしい。作業用の手袋をはずすと、宇宙船の後部にそれを差しこみ、行ってしまいました。

12月□日
 ひとりの朝。
 門の呼び鈴が鳴る。
 門の前におとなりのトモイチロウサンが立っていた。
「農協の回覧板です。はい、これ」
 しばらく、立ち話。
 うちの門に出している「ふみ虫舎」の表札を指差して、
「フミチュウシャというのは、あなたの仕事の……?」
「フミチュウシャ? ああ、これはふみむしと読むのです」
「そうか、フミムシシャか。あははは」
「はい、あははは」

(待てよ、フミチュウシャっていう読み方、かわいいかも)。

*キム・ソンホ : いま、韓国ドラマ「スタートアップ」を観ています。キム・ソンホは、このドラマの出演の人気俳優であります。

Photo_20211207092001
あいかわらず、白いユリはかかさずに
飾っています。
Photo_20211207092002
先日、ネコヤナギを2本買いました。
ほら、芽が出てきました。

【ふみ虫舎番頭からのメッセージ】
「街の灯りがとてもきれいね、ヨコハマ〜♪
 ブルー・ライト・ヨコハマ〜♬」(古い!)

街角を散歩すると公園や家々に飾られた
素敵なクリスマスのイルミネーションに
出会える季節になりましたね。
年末年始、ギフトシーズンの到来です。
ギフトに添えるメッセージカード、
山本ふみこのポストカードはいかがですか。

どんな絵柄なのか、Sampleをご紹介します。
山本ふみこが過去に描いた挿絵や描き下ろした絵、
約800点のなかから厳選した12点です。
このカードを舞台にあなたの気持ちを踊らせてください。

Fumimushiポストカード12枚組 1,200円(+送料180円)

Fumimushiポストカード購入方法【その①】
オンラインショップ(BASE)で販売中。
https://fumimushi.thebase.in/
★ポストカード12枚のデザインも展示しています。

Fumimushiポストカード購入方法【その②】
下記のメールアドレスへ必要事項をご記入の上、ご注文ください。
fumimushisha@gmail.com
★必要事項:お名前/ご住所/電話番号/注文数
★代金の支払方法など、ご連絡いたします。
 
Fun_postcard_sample1   
Fun_postcard_sample2
Fun_postcard_sample3
Fun_postcard_sample4
Fun_postcard_sample5
Fun_postcard_sample6
Fun_postcard_sample7
Fun_postcard_sample8
Fun_postcard_sample9
Fun_postcard_sample10
Fun_postcard_sample11
Fun_postcard_sample12
Fun_postcard__sample2

〈公式HP〉
https://www.fumimushi.com/
〈公式ブログ〉
http://fumimushi.cocolog-nifty.com/fumimushi/
〈公式Instagram〉
https://instagram.com/y_fumimushi

|

「日記」カテゴリの記事

コメント

ふんちゃん皆様こんにちは。

ユリ心が洗われるようです。
穏やかにいなきゃなー。

最近坊や達に怒りすぎていたと反省し
怒りのコントロールを勉強中。

もっと良いところを見ようと
自分で考えだしたのが良いことをするたびにスタンプを押すこと。

坊や達も自己申告でスタンプ押して〜と
来るので良い案だな、と思いました

投稿: たまこ | 2021年12月 7日 (火) 11時32分

ふみこさん

赤い壁に白いユリが美しいです。先日、仕事の帰りに1人でビールを飲みに行ったお店で、天然生活に載っているふみこさんのおうちを見ることが出来ました!うっとりしました^ ^

せんせいは 9月に、視覚障害のある方の話を聞こう!という授業をしました。王子がゲストティーチャーで、zoomで参加しました。普段はほとんど連絡をとらない2人が 打合せをし、リハーサルをして…。相当嬉しい出来事でした😊
これは、子育てのご褒美だわ、と思いまして笑
自分に白いスカートを買いました。

投稿: 背の高い松の木 | 2021年12月 7日 (火) 12時31分

ふんちゃんへ

くまがやのお家は玄関と門とに呼び鈴があるのですね…。
門のある家に住んだ事がない私は「門の呼び鈴はどんなかな…?」と色々考えてました。
音も違うのでしょうね…。

白いユリの花とネコヤナギの組み合わせ
素敵ですね♪
ネコヤナギの芽が出てるー!!
世の中的には冬になってますが、
ふんちゃんのお家の白いユリさんのまわりに春とひかりを感じます。

今日は母の命日です。
4年になります。
あの年の私のふるさとは珍しく根雪が早く、そのうえしばれていてツルツルテカテカになっていて、まるでスケートリンクの上を歩いているようでした。
雪で到着が遅れた息子は焦っていたのでしょうね派手にコケたと後から聞きました。
最期の時にギリギリ間に合った息子は今にも泣きそうでした。
そんな場面を思い出してました。

秋田は晴れてたと思うと急に曇って雨や雪が降る事が多いです。
日本海側で初めての冬はどんなでしょう…。
今日スーパーではハタハタがたくさん売ってました。こちらでは特別な魚のようです。
今晩は「鮭の粕汁」を作ってみます。
結婚して直ぐの頃に夫にリクエストされましたが、北海道では三平汁を食べる事が多く馴染みがなく一度も作ったことがありませんでした。
義母の粕汁も食べた事がないし…正解はわかりませんが挑戦してみます!


投稿: ハチミツ | 2021年12月 7日 (火) 13時02分

ふみこ先生、みなさま

こんにちは、こちらも冬らしくなって来ました。朝は霧が出れば午前中は日差しがありますが峠を越えれば鳥取なので午後になるとやっぱり冬の曇り空になります。転勤で 一年ほど大山を眺めながら暮らした米子を思い出します。

体重5キロ、身長58センチ、今年は大根がよく育ちました。あまりに大きいので今切り干し大根にしました。私らしい切り干し大根で太さ、長さ、毎年バラエティーに富んでおります。

「このシャツどうするの?」と障子越しに夫に聞くと「このシャツってどのシャツ?」と聞かれ、「だからきのう着たあのシャツよ」最近私の頭の中には言いたいことがしっかりあるのですが口から出るのは、「あれ、これ、それ」が先で夫と珍問答が絶えません。
毎年、二人で年末に向けてする用事がいろいろあるのですが、今年は一つ歳をとったせいか寒いと動けず、足が痛いと動けずなかなかはかどりません。池の掃除も二人で見て見ぬふりをしていたら風の強い夜に何故か、ろ過装置のホースが外れ池の水が抜けてしまいました。空の上から掃除を怠けるなとじいちゃんが言ってるんだろうと夫と
話しながら掃除をしました。おかげで年末の仕事がひとつ片付きました。

いろいろな所で地震が起きています。寒さも厳しくなります。おまけに変異株、せんせい、みなさま、お気をつけ下さい。

投稿: 岡山のこんちゃん | 2021年12月 7日 (火) 15時48分

ふみこさま

おはようございます。

「ひとりの朝。。。」
小説のタイトルみたいで素敵です。

12月にはいりクリスマスの飾りを手に取り出すと。。
私もいつもわくわくします。

先週しろねこさんにまたあいたいな~とおもって
敷地内のうらみちをいくと。。
隣の学校から軽やかな木琴のような音がころころころがってきました。まっかなもみじがぱらぱらとまいおりて
はっぱたちと踊っているようでした。

そうそう。。うちの部屋にも
朝日があたると窓のところにステンドグラスのちいさな
サンタさんがつるしてあるので、数分だけ西の壁にサンタさんがうつります。ふふ。
空気のながれでくるっとまわると部屋の奥まで光のサンタ
あそびにきてたのしいです。

ふみこさんのおうちにも
きょうもまたあたたかなおくりものとどきそうですね。
ではふみこさん。みなさん。いいいちにちおすごしくださいね。

投稿: 真砂 | 2021年12月 8日 (水) 07時29分

ふみこさま みなさま
おはようございます。

投稿: こんぺいとう | 2021年12月 8日 (水) 10時08分

ボケっとしてたらポチッとしてしまいました、失礼いたしました。

うっかり鍋を焦がしてしまって
オットから生温かいメでじとっ見られ やっちまったと反省もつかの間まだアタマは切り替わってないようです。

毎日がとぶように またゆったりとアンバランスな感覚ですごしてます。新しいことに出会ったり経験することをおそれている自分もいます。

雨の日風の日、花を咲かせられないときは根っこを下へ下へ…
という渡辺和子さんのことばを
おもって。

みなさまがよりよき日々を送れますように。

投稿: こんぺいとう | 2021年12月 8日 (水) 10時21分

たまこさん
東京からの帰り道です。
今回は4日間東京でした。
お返事遅くなりました。

白い百合は、欠かさず飾って
います。
百合、百合、と思いながら
暮らしているんです。

投稿: ふみ虫。 | 2021年12月 9日 (木) 17時42分

背の高い松の木さん

まあ!
なんてなんて、素敵。
ご兄弟は、これからも、
何か一緒に活動できそうですね。

ご褒美のスカートも、
おめでとう!

投稿: ふみ虫。 | 2021年12月 9日 (木) 17時45分

ハチミツさん

お母さまは、ハチミツさんご一家の
ことを近くで眺めて、
たのしんでおられますよ。
そうして、頼もしくも思われて。

うちの門と玄関の呼び鈴は、
同じ音です。
どちらで鳴ってるか、わからず。
玄関をあけると、おひとが
立っていたりして、びっくりしたり。

管理人として、がんばってます。

投稿: ふみ虫。 | 2021年12月 9日 (木) 17時49分

岡山のこんちゃん

珍問答もまたたのし。

わたしは、いま、湘南新宿ライン
(高崎線)のグリーン車(これだけは奮発するのです)でこれを書いて
います。
外は暗く、この電車、
どこへ行くのだろう、と
思ったりしています。
岡山に向かっていたりして……。

 

投稿: ふみ虫。 | 2021年12月 9日 (木) 17時54分

真砂 さん

本日のわたしの「ふふ」は、
午後、うちで仕事仲間と
栗のお茶を飲むひととき。

みんなが目をまんまるくして、
「おいしい!」
「栗だ!」
と叫びました。

こんなひとときを、
「しあわせ」と呼ばずにいられるものですか。

投稿: ふみ虫。 | 2021年12月10日 (金) 21時46分

こんぺいとう さん

こんぺいとう さんでも
鍋を焦がすなら……、わたしが焦がすのなんか、
あたりまえだい!

焦がしがち、
転びがちな、わたしです。

渡辺和子シスターのおはなしを
してくださって、
どうもありがとうございます。

ああ、シスターのご本を開こう……と
思いました。

投稿: ふみ虫。 | 2021年12月10日 (金) 22時04分

ふみこさま。みなさま。
1週間はなんと早いことか。
日曜日を迎えました。
遅くなってしまいました。
ふみこさん、お誕生日おめでとうございます。
私の1日も古き家の土間から始まります。
何年もこの玄関の土間で餅つきをしてきました。
気ぜわしくも新年を迎える新たな空気や声が家の中に響いていました。
数えてみたら家の中には32枚の
障子がありました。
11月あたりの暖かな日をみて
洗って数枚ずつ障子張り替えもして来ました。
浄化槽の清掃も暮れまでには毎年欠かさずでした。
夫の両親もいなくなり、同じことを同じようには出来なくなりました。土間での思いでは大事に守りながらも、何ものしない暮れを過ごそうと思ってます。
たとえば、ストーブの上に鉄瓶をのせつお湯の沸く音を聞きながら
読みかけの本をよんだり
焼き芋の焼いたり、しーんとした時間を過ごしてみたいと思ってます。
まだまだだけど、それはわかってはいるけれど、この古き家でよく
働いてきたなと思いました。
そう、思ったら先日、自分のために赤いセーターを買いました。
王子が母さんが赤をきるなんて珍しいねと言いました。
心の変化を読み取られたか?

この場をお借りします。
おきょうさんへ。
ピアノが自分の目の前に運ばれてきた時の喜びを今でも忘れません
嬉しくて、嬉しくてたまらない出来事でした。
近くに住む娘の家に私の家から
この度、ぴ

投稿: ユリの木の花子 | 2021年12月12日 (日) 10時59分

追伸
この度、ピアノが宙をまって
クレーンで運ばれてお引っ越しをしました。
私、娘が弾いて今度は孫が弾くために。私が大学卒業後についた先生のところに娘が通い、こんどは孫が通いはじめました。
ずーと、愛されているピアノです
楽しい曲がこれからも家の中に響くことを祈りながらピアノのお引っ越しは心に残る思い出になりました。

投稿: ユリの木の花子 | 2021年12月12日 (日) 11時05分

ふみこ様

こんにちは
雪がひとつもない 師走を迎えています。
それでも いま降っている雪が 夜には
雪に変わりそうです。


ふみこさんの玄関は
呼び鈴が鳴るんですね
「ピンポ~ン」と言うチャイムの音に
すっかり慣れてしまっているので
呼び鈴は どんな音色なんだろうと
考えています。

少しずつ 年末が迫ってきましたね
今日は 年賀状を作りました。

ふみこさん 暖かく 温かく
お過ごしください

追伸・・・家事をしている時 ラジオをかけています。
リンテンさんと言うラジオネームの方がいて・・・
そうか「自転車屋さん」だったのか!と
ふみこさんの日記で 今さらながら 理解しました。

投稿: えぞももんが | 2021年12月12日 (日) 15時49分

ふみこさま

見事なユリですね〜!
素敵です。
我が家は、6人家族なので、ひとりで朝を迎えることがなくなりました。
にぎやかです。
ときどき、部屋にひとりこもってラジオを聞いたりしています。
年末の準備は、まだ何もできてません。
はるくんが、さっちゃんを可愛がっているのを、うれしくながめています。
創作活動もしたいけど、なんだか気分がのらず、のんびりしています。
はるくんは、サンタさんに、みかん🍊をお願いしてるって。
そしたら、じいじが、みかんならじいじが箱で買ってやるよって。
みかんをいっぱい食べれるなぁ~。
元気に冬を過ごしたいです。

投稿: こぐま | 2021年12月12日 (日) 17時32分

ふんちゃんへ

二度目のお便りです。
私は今、秋田新幹線こまちに乗って書いてます。
暴風雪警報が出ていて予定通りに帰ることができるのか…と思いましたが新幹線に乗れました。前ほどオロオロと心配しない私になりました。
ふんちゃんありがとうございます♪
在来線は運休で初めてバスで秋田駅まで行きました。
時間は3倍以上、料金は2倍しましたが、何だか新鮮でした!朝7時過ぎみなさん会社や学校へ行くのに利用されてるのですね。

秋田新幹線は次の大曲までは進行方向と逆向きに進みます。仙台からの時には大曲から秋田まで逆に進むのです。
初めて乗った時には「?!」でしたが、今では慣れてきました。
盛岡まで新幹線なのにゆっくりペースですが、そこから仙台はすごいスピードでビュンビュン進みます。
ぼんやりと窓からの景色眺めてます。
大曲に着きました!
前に進みます!!

投稿: ハチミツ | 2021年12月13日 (月) 08時42分

ふんちゃん

 もしかして……、とってもお忙しい時間を過ごされているでしょうか?
 年末年始、そこここでソワソワ……急がしそうなたたずまいの人をみかけます。
 わたしは……、
 きっとご褒美だろうなぁ〜と思っているのですが、
 体調を崩しました〜。
 ここのところ、なんだかあれこれ食べたくなっては、
 つまみ食いしたり、食べ過ぎちゃうな〜とは思っていたのですが、
 胃腸の調子が崩れて、目の辺りがど〜んと重く、
 頭痛がして、だるくもなり……でした。
 これは!
 と、思って、仕事を休み、寝ました。
 ここのところ、睡眠時間も足りなかったかな〜と思っていたので、
 寝るぞ!と寝ました。
 週末、復活したと思っていたのですが、
 やっぱり何かひとしごとすると眠くなり、
 何かしてはごろ〜ん、食べてはごろ〜んとやっていました。
 今日は、仕事。
 張り切って出たら、雪が舞っていて……さむ〜い!です(^^)。
 今週は、根雪になるのかなぁ〜と思いながら、
 外をながめています。
 (仕事の合間に、ここにお邪魔しているのはナイショです(^^;))

 それにしても……、赤い壁に白いユリ!!
 本当にステキですね。かっこいい〜。
 年末年始は、わたしも、ユリをかざろうかな〜と思います。
 香りが好きなのです。
 ふんちゃんちを訪れる人は、当たり前だけど、
 ふんちゃんに会えるのですよね。
 なんか、いいな〜、元気出そうだな〜って思っちゃいました。
 これは、病み上がりだからかな……。

 今日、出勤してきたら、クリスマスケーキ引換券がありました。
 職場から、毎年プレゼントされるのです。
 たのしみで仕方ありません(^^)。
 大掃除は……、え〜っと、暖かい時期にやろうよ……と
 自分に言い聞かせながら、でも気になりながら……過ごしています。

 ふんちゃん、みなさま、
 どうぞご自愛ください。

投稿: 空色めがね | 2021年12月13日 (月) 11時53分

ふみさまみなさまこんにちは~~

青い青い空の晴れた月曜日ですが、なんとなく

『冬の空』

という雰囲気が伝わるような空になってきたなあ・・・とお洗濯を干しながら思っていました。


大きな一軒家に暮らすと、一人のときの玄関の呼び鈴は慣れるまではちょっと緊張するかもしれませんね。空き家の実家にたまにでかけるとピンポンがなるとちょっと緊張します。(たいてい外にとまっているうちの車をみて、ご近所さんが母の様子を尋ねにきたり、新聞やさんの勧誘だったりくらいなのですが。(;^_^A

でも、それもだんだんとふみさまの陣地がしっかりおうちに馴染んでくると、人と人との素敵なつながりのあたたかい呼び鈴の音になりますね。緊張も緩まれてくるでしょう。お菓子をもって自転車やさんと笑顔で語らうふみさまが目にうかびます。


浄化槽の清掃のお話から、先日私が空き家の実家に帰ったときのことを思い出しました。

私が実家に到着すると、実家の敷地に浄化槽清掃の車が止まっていました。実家も今はもう誰も人は暮らしていないのですが、ふた月に一回、清掃の方がきてくださっています。
普段はお願いして留守でもお掃除していっていただけるのですが、たまたま今回は私と鉢合わせ(。こちらの作業の方は韓国俳優さんのようではなく、そうだなあ・・・オダギリジョーさんが歳をとられたらこんな感じ?(笑)という感じの初老の方)

「いつもありがとうございます。母は施設で元気にしております。母が暮らしていたときから、お掃除、本当にありがとうございます。」

とご挨拶させていただきました。
そうしたら、

「いえ、お母さまがお元気と聞いてうれしいです。こちらに住まわれていたころは、伺うたびに手づくりのマドレーヌをたくさん袋につめていただき、持たせてくださりました。本当においしくて。お母さまがいらっしゃらなくなってもこちらで作業させていただくたびにお母さまのことを案じておりました。」と。

それから

「勝手に申し訳なかったのですが、マンホールのふたが錆びてきてしまっているのが気になったので、手持ちのスプレーで黒く上から塗装をかけておきました。これで錆びないとおもいます。」

とのお話。

作業が終わるころの私の到着だったので、私がきたから、塗装してくださったわけではなく、母の想い出とともに、こちらのお掃除を手抜きなくしていただいていたんだなあ・・(母が暮らせなくなり、かれこれ5年たちます)と。

なんだかじ~~んとしてしまいました。
母は、浄化槽清掃の方だけでなく、プロパンガスを替えに来る酒屋さんや、ヤクルトを毎週届けてくれる販売員さん、ダスキンを交換に来てくれる人など、
とにかく手作りマドレーヌをありがとうの言葉と一緒に渡していました。
私の発表会の時はスタッフさんと生徒さんたちの分あわせて400個くらい3日間焼き続けてくれてました・・・。


「でも、そんなにあげてばっかりじゃ、うちがはお金持ちには永遠になれないねえ・・。バターや卵や小麦粉だけで高級カーが買えたかもよ」
なんて2人で話ながら笑いあってました


「お母さんの優しい気持ちのマドレーヌはもうお母さんが思い出せなくなってしまったかもしれない人達の心にもいまもまだしっかりきざまれているよ~~。」

走り去る浄化槽清掃の車をお見送りしながら思っていました。

1度ビニールごしの面会の時には、その話をしたのですが、きっともう忘れてしまっているかもしれないので次回の面会の時にも話をしようとおもっています。次回はやっとビニールがとれたお部屋での面会になります。やっとです。


私もそんな風に人の心にそっと生き続けられるようになってみたいなあ・・・と思いました。→まだまだだ。(;^_^A


場所をおかりします

ユリの木の花子さん
ピアノのお話。
すごく素敵です。
ピアノって本当に大切に扱えば100年でも200年でももつ楽器です。
そして指先を通して弾く人の気持ちが音に乗せられる楽器・・・。きっと花子さんや、娘様の指先の温かいぬくもりをお孫さんは感じながら練習されていくのでしょうね。将来3人でそのピアノを囲んでミニクリスマスコンサート開いたりできそう・・・。
(キッズ携帯より、ニンテンドースイッチより、ゴージャスなプレゼントだと思います。( ´艸`))
よいお話をありがとうございました。


こぐまさま
はるくんの『みかんがクリスマスプレゼントにほしい』お話。もう、それだけではるくんがまっすぐ良い子に育っていらっしゃるのが伝わります。6人家族のミカンパーティー。お幸せがたくさん!!

こちらのサンタは2年前は家族の新しい携帯用タンブラー、昨年は家族の新しい折り畳み傘、今年は家族の新しいあたたかいパジャマをスタンバっているようです。毎年家族が喜んでくれるプレゼントを考えるのは大変だけど素敵な時間だな・・と思います。

投稿: おきょうさん | 2021年12月13日 (月) 12時28分

もひとつおまけに場所をおかりします。

空いろめがねちゃん!

同じ時間に広場に来ていた感じですね。ちょっとうれしい。(そして月曜日ギリギリ((笑))

ご自愛ご自愛ですよ~~~~。

めがねちゃんの健康あってのご家族の健康!
たくさん寝て、食事はゆっくりと。

『あせるときほどゆっくりとたべなさい』
誰から言われたか忘れちゃったのですが、

あ~~もう時間な~~~い( ノД`)シクシク…

と思うときの食事のたびに思いだしています。

投稿: おきょうさん | 2021年12月13日 (月) 12時35分

ユリの木の花子 さん

「この家でよく働いてきたなあ」
という感覚を持ったことがありません。

忙しくはあったけれど、
「つい」そんなことになった、という感じでした。

わたしは、もっともっと働かないと。

ユリの木の花子 さん、
どうか佳い12月の日日をね。

投稿: ふみ虫。 | 2021年12月13日 (月) 13時21分

えぞももんが さん

ことしこそ、余裕を持って年賀状を、
と思って動きました。
が……、
刷ってもらって、手元に持っているだけでは
だめですね。

寝ているあいだに、
小人さんたちが宛名を書いてくれないかなあ。

でもでも……。
わたし、宛名書きというのが好きなんでした。
忘れるところでした。

わたしは、宛名書きが好きなんです。


投稿: ふみ虫。 | 2021年12月13日 (月) 13時25分

こぐま さん

サンタさんにみかんをお願いしている
はるくん!

もうすぐクリスマス。
佳いクリスマスをね。

投稿: ふみ虫。 | 2021年12月13日 (月) 13時26分

ハチミツ さん

ハチミツさん……大冒険。
どきどきしながら、読ませていただきました。

佳い12月の日日をお過ごしくださいね。
明るい2022年がやってきますように。

と、脅すような声で云っている自分に
気がついて、あははー! と笑いました。

明るい2022年にしますとも。ね。

投稿: ふみ虫。 | 2021年12月13日 (月) 13時29分

空色めがね さん

寝なされ寝なされ。
ほんとうは、冬眠の季節ですぞ。

大掃除は、年が明けて、
夜が短くなってくるころから、ぼちぼち、
それらしいことをしておくがよろし。

空色めがねさん、お大切にね。

投稿: ふみ虫。 | 2021年12月13日 (月) 13時33分

おきょうさん さん

ああ、お母さまのいいおはなしを
聞かせていただきました。

「R1」を配達やら、
なにやら用事で寄ってくださる皆さんに、わたしはお渡しします。
……マドレーヌかあ。

クリスマスの週だけ、やってみるかなあ。

……マドレーヌかあ。
できるか? ふみこ。

投稿: ふみ虫。 | 2021年12月13日 (月) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)